次のような並び替え問題がありまあした。

この小説の著者は誰だと思いますか?
(this/think/do/the author/is/who/novel/you/of)?

答えは「Who do you think is the author of this novel?」でした。

ここで疑問なのが、think以下の語順なのです。
僕は「the author of this novel is 」だと思いましたが、答えはisが前に出ていました。

ここで,Who is the auther ~ ?にdo you thinkを挿入したと考えればつじつまが合うのですが、Do you think who the author of this novel is?(thinkだと文がおかしくなるかもしれませんが・・・)のwhoを前に持ってきたと考えるとつじつまが合いません。

どなたか、僕に納得のいけるがご回答をください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

先にお答えした者です。

実は「スパイスガールズの曲で・・・」というご指摘を拝見して、「挿入」について今日同僚のニュージーランド人にも聞いてみたところ、これはお答えした内容を若干修正すべきだとわかりましたので、以下ご説明申し上げます。

■一筋縄では行かない「挿入」

この「挿入」の考え方は一筋縄では行かないようです。まず最初のご質問の文章を複数のネイティブに確認したところ、みな「正しい」と答えました。

 (○)Who do you think
    is the author of this novel?

それを聞いて、なるほど、do you think を単純に挿入すれば良いのだな・・・と安心していのですが、しかしそう単純でない言い回しがずいぶんあるようなのです。次の例を見て下さい。

 Why did he do it? + Do you think?
 彼は何でそうしたのか? + あなたは思いますか?

 →(○)Why do you think he did it?
  (?)Why do you think did he do it?

 What did he mean? + Do you think?
 彼はどういうつもりだったの? + あなたは思う?

 →(○)What do you think he meant?
  (?)What do you think did he mean?

これらの例は日本で市販されている参考書(もう20年近く前のものですが)から取ったものですが、ご覧の通り、「単純に do you think を挿入する」というようにはなっていません。それでは誤りとされていて、挿入に応じて元の「Wh-疑問文」の形が変わっています。

実は上記の「?」とされた例についても、ネイティブの意見を聞きました。すると面白いことに「『正解』の方はもちろん正しいけれど、『?』の方も間違いとは感じない。実際の会話ではどちらも使うよ」とのことでした。

■質問のポイントはどこにあるのか

こうなってくると、どちらが正しくてどちらが誤りという議論は不毛になってきます。そこでたまたま手に入った、もう一冊の高校生向けの参考書を読んでみました。

 What do you think he is looking at?
 彼は何を見ているのだとあなたは思いますか。

 挿入:文の途中に、話者や書き手の意見を挿入する
 ために、語・句・節を文の中のコンマやカッコで区
 切って示す構文である。・・・例文は疑問詞のあと
 に主節にあたる節が挿入されている例である。(山
 田泰司「シグマ英語の構文」文英堂、1983年)

この例文でも he is looking at という語順になっていますが、どうもここの説明の「主節にあたる節が挿入されている」という部分に何かヒントがありそうです。著者の山田教授は do you think を主節と捉えていらっしゃいますが、私自身の意見としては、この文章の主旨は「あなたは思うか」よりも「彼は何を見ているのか」というところに力点があると感じます。そこで再びネイティブに聞いてみました。

 What do you think is he looking at?

さあ、この「単純に do you think を挿入しただけ」の疑問文は、正しいでしょうか、誤りでしょうか? すると複数のネイティブ曰く「正しいよ!」とのことだったのです。

■「言葉は生き物」変化する英語

やはり「言葉は生き物」というか、正用法や誤用法というのは、時間とともに変わるということなのかもしれません。以下、まとめますと、

 1)Wh-疑問文に「あなたは~と思うか」などの句を
   挿入した場合は語順の変化が起きる、とするのが
   伝統的。

   What is he looking at?
   Do you think?
   → What do you think he is looking at?

 2)しかし現在では、語順を変化させなくとも、一
   般には正用法として受け入れられることも多い。

   What do you think is he looking at?

ということになります。そもそものご質問の「その小説の著者は誰かご存じですか」という文章は、すると以下のどちらも正しいということになります。

 Who do you think the author of this novel is?
 (まとめ1の例)

 Who do you think is the author of this novel?
 (まとめ2の例)

但し「まとめ1の例」の方は、ネイティブ曰く、ちょっと言いにくいそうです。最後の is の前が長いので、そのためでしょう。そもそものご相談のときの疑問は誤りではなかったというわけですね。

それから、スパイスガールズの件。「あんた、一体何様だと思ってんのよ?」という表現を考えてみましょう。あまりきれいな言葉ではありませんが・・・。

 1)Who do you think you are?
 2)Who do you think are you?
 3)Who the hell are you?
 4)What the hell are you thinking of yourself?

1)は伝統的正用法。2)も可能だそうです。3)で挿入されている「ヘル」というのはただの強調のための言葉で、もちろん地獄という意味はありません。何様だと「思ってんのよ?」ではなく「あんた一体誰? 何様?」というところでしょうか。4)は「自分のことを何だと思っているの?」というわけで、疑問詞に「何」を使っても良いことがわかります。

以上、すっかり長くなってしまいました。やはり英語はまだまだ奥が深そうです。最初の私の回答で皆さんを混乱させてしまったかもしれないと思い、反省致しました。自分の知識の範囲内で確信していたことを明快にお話しするというのは、ともすると気づかなかった別の例について考えてみる機会を奪ってしまうことになりかねないという、好例であったと思います。この点、皆さんにお詫びを申し上げたく存じます。今後も宜しくお願いいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。このHTsumakura様のご回答を拝見して、完璧に納得が行きました。やはり英語には日本人が処理しきれないところがたくさんあるようです。だって日本人は日本人ですから・・・。英語と言うのは、nativeの方々の言語ですから。これを機会にまた頑張っていきたいと思います。

お礼日時:2001/03/11 12:05

◆Naka◆


HTsumakuraさんのご回答通りだと思います。
さて、ではなぜ「間接疑問文」では、節の部分が「S+V」の語順になるかということなんですが、わかりやすく言うと「基本的に、間接疑問文の節は、疑問文ではない」というところにあります。
例えば、こんな(↓)例文を見てください。

Do you know where she lives?

これは確かに疑問文です。「?」もついています。しかし、これはあくまで「Do you know」に対する「?」であって、「彼女がどこに住んでいるか」という部分については、厳密な意味で「疑問文」になっていないのです。
ですから、

I don't know where she lives.

では、「?」は付きませんよね。

これに対して、「Who do you think is the author of this novel?」は、立派な「疑問文」になります。
ちょっと面倒なので「the author of this novel = he」と置き換えてしまいましょう。
すると「Who do you think is he?」となって、自然な文に感じられるでしょう。
さらに「do you think」もおまけ(挿入)なので、省きましょう。
「Who is he?」となりますね。これで何の疑問もないでしょう。

ですから、この問題は、「think」が「know」に代わっていたら、HTsumakuraさんのご回答にもある通り、「Do you know who the author of this novel is?」が正解となるわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご説明をありがとうございました。間接疑問文は疑問文じゃないんですね。

お礼日時:2001/03/11 11:50

HTsumakuraさんの説明ほんとにわかりやすいです、


なんだか漠然と思ってた事が霧がはれるようにスッキリしました。

ところでスパイスガールズの曲で「Who do you think you are?」
(あんたなにさま?って意味なのかな?自身無し)
って曲が有るんですけどこの場合
Who do you think you are?と
Who do you think are you?
では、ニュアンスがかわってくるのでしょうか?
何か、とんちんかんな事を言ってたらごめんなさい。

回答じゃ無くて恐縮です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

じゃあ、そのスパイスガールズの曲のタイトルってどういう意味なんでしょうかね。

お礼日時:2001/03/11 11:48

ニュージーランドの大学に勤務する者です。

このご質問は、次のように考えるとわかりやすくなると思います。

まず、以下の二つの日本文を考えてみて下さい。

 1)この小説の著者は誰だと思いますか?
 2)この小説の著者は誰だかご存じですか?

さらに、それぞれに対する返答を考えてみましょう。

 1に対する返答例)夏目漱石だと思います。
 2に対する返答例)いいえ、知りません。

このやりとりで明らかなように、1)の方は「小説の著者は誰か」という点が質問の主眼となっています。つまり「誰?」を聞く疑問文です。その一方で2)の方は、「あなたは~を知っているかどうか」というところが問われています。言い換えると、「イエス」か「ノー」かを尋ねる疑問文です。

以上をふまえて英語にしてみましょう。まず1)の方は「小説の著者は誰か」というところから訳しましょう。

 Who is the author of this novel?

ではこれに「あなたは思いますか?」という部分を足してみましょう。これはご指摘の通り、挿入句になります。

 Who do you think is the author of this novel?

「なぜ do you think は文頭に出ないの?」と疑問があるかもしれませんね。それは、この文章の主旨が「誰?」を問うものであるためです。だからこそ Who が文頭に出ているのです。

続いて2)の方も見ておきましょう。「あなたは~を知っていますか?」というのが質問の主旨ですから、イエスかノーかを聞く疑問文です。すると、

 Do you know (この小説の著者は誰か) ?

という構造になりますね。これは俗に言う「間接疑問文」というもので、直接疑問文とは語順が少し異なる点は、既にご存じだろうと思います。一応確認しておきましょう。

 Who is the author of this novel?
 この小説の著者は誰?(直接疑問文)

 Do you know who the author of this novel is?
 この小説の著者は誰か、知っていますか?
 (間接疑問文)

いかがでしょうか。以上の内容は既にご存じであったかもしれません。この説明で再度理解を深めていただくことができれば幸いです。今までにもいろいろな英語の質問をして、いつも頑張っていらっしゃいますね。応援しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。(本当に分かりやすい説明を)
ご指摘のように、疑問詞がつくときはyes、noでは答えられないから文頭にwhoがつくことは承知の上でした。やはり、これは do you think の挿入なのですね。実はこれは試験の問題で、非常に悪問だったのです(僕が思うに・・・言い訳?)。と言いますのは、これは日本語に合わせて5番目にくる語句を答える問題だったのですが、説明してくださったような疑問詞の性質や、間接疑問文などを知らない人がまんまと引っ掛かり、Do you think who is the author of this novel?とすると実は正解になってしまう問題だったのです。失礼しました。言い訳でした。

お礼日時:2001/03/10 23:29

あ・・あ・・


僕もあなたの回答に賛成です。
その回答文は不自然に感じます。
この場合、isは最後でしょう。

しかし文法的には自信無し。
Who is the auther of this nobel, do you think?
ではいけないのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

後ろにつけるのも1つの手ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/10 23:15

あまり自信はありませんが・・・


日本語で「著者は誰ですか?」を直訳すると確かに
Who the author is?
となりそうですが、ちょっと違和感があります。
たぶん、Whoというのは「誰が」という主語になる言葉なので
それを補語や目的語の位置にもってきたからだと思います。
だから本来は
Who is the author?
として「誰が著者ですか?」としてthe authorを補語の位置に
持ってくるべきなのでしょう。
これに"do you think"を入れれば解答文になります。

日本語では「誰が著者ですか?」よりは「著者は誰ですか?」
の方がしっくりくるので、問題文は「著者は~?」のかたちに
なっているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり挿入だと考えた方がよいのですね!

お礼日時:2001/03/10 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前、ラインで好きな人に嘘コク(嘘の告白)をしたら、はてなマークのついたスタンプが帰ってきました。 こ

前、ラインで好きな人に嘘コク(嘘の告白)をしたら、はてなマークのついたスタンプが帰ってきました。
これは、どーゆうことなんですか?

嘘コクの時の会話は、
私→あのさ、私、(名前)のことが前から好きだったんよ〜
相手→はてなのすたんぷ
私→嘘コクだよw
相手→やっぱりー。(女友達)にもされたわw
私→え、そうなん?ww
って感じです。

Aベストアンサー

きっと、相手も嬉しかったのでしょう。後が、悪いですね。
多分、既に嫌われてるか、バカだと思っていると思いますよ。

QWhat do you think と How do you think の違い

ある事柄について相手の意見を求めるときに What do you think...? と How do you think....? に微妙なニュアンスの違いがあるのでしょうか? それともどちらでもいいのでしょうか? 教えていただければ参考になります。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

同じような質問がありますので参考にしてみてください。 言いたいことによって表現の仕方も変わる情況がある可能性を含む回答なのでちょっと注意して読んでいただければいいと思います。

http://pc.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1042615

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=458805

http://pc.okwave.jp/kotaeru.php3?q=549544

どう思いますか?というフィーリングとどうそのように考えられるのですか?というフィーリングの違いがあると言うことも読んでいただく前に頭の隅において置いてくださいね。 これだけたくさんの人が書いてくれた回答ですのでうまく使っていただければいいと思います。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

参考URL:http://pc.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1042615, http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=458805

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

同じような質問がありますので参考にしてみてください。 言いたいことによって表現の仕方も変わる情況がある可能性を含む回答なのでちょっと注意して読んでいただければいいと思います。

http://pc.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1042615

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=458805

http://pc.okwave.jp/kotaeru.php3?q=549544

どう思いますか?というフィーリングとどうそのように考えられるのですか?というフィーリングの違いがある...続きを読む

Q英語の付加疑問文の使い方のイメージについて

英語の付加疑問文の使い方のイメージについて教えてください。

ある書籍の例文を引用します

It is interesting for you to collect stamps, isn't it?「あなたには切手を集めるのがおもしろいのですね。」
I told you not to go into the room, didn't I? 「俺はお前にその部屋に入るなと言ったよな。」

上記の付加疑問文って話者はどういった気持ちで聞いてるのですかね。。。念押しの確認ですかね?

例えば女性が集まって「これかわいくない?」みたいな共感してほしい事を言ったら英語にすると付加疑問文なのですか?それとも(疑問文?)

付加疑問文と疑問文の違いとか、付加疑問文がどういうシーンで活用できるのかがイマイチ分かっておりません。。
(そもそも付加疑問文は会話の中で重宝されたりしますでしょうか)

アドバイス頂ければと思います。

以上よろしくお願いします

Aベストアンサー

私はいつもこちらでお教えいただいている英語超初心者ですが、私も同じような疑問を持ったことがあるので回答させていただきます。

「どういった気持ちで聞いてるのですかね。。。念押しの確認ですかね」とのことですが、付加疑問文を上がり調子で言えば疑問の気持ち(つまり、正否についての相手の判断を求める気持ち)で聞いているし、下がり調子で言えば念押しの気持ち(つまり、同意や共感を求める気持ち)で聞いています。

「「これかわいくない?」みたいな共感してほしい事を言ったら英語にすると付加疑問文なのですか?それとも(疑問文?)」とのことですが、これは次の2つで言えると思います。
(1)This is cute, isn’t it?(共感を求める気持ちですので下がり調子で言います。)
(2)This is cute.(下がり調子で言います。「だよね?」、「じゃない?」などは付加疑問文だと教科書には書いてありますが、実際にはこのような内容、気持ちも単純な肯定文、否定文、否定疑問文で言うことが多いです。ですので、教科書どおりに言うなら(2)は正しくないですが、実際には(2)もよく用いられます。)

「それとも(疑問文?)」とのことですが、疑問文ははっきりと疑問の気持ちを表すので、「「これかわいくない?」みたいな共感してほしい」気持ちは表しません。ですので、「これかわいくない?」は疑問文や否定疑問文では言いません。

「付加疑問文は会話の中で重宝されたりしますでしょうか」とのことですが、会話ではただの肯定文、疑問文、否定疑問文がよく用いられて、付加疑問文は余り用いられません。理由ははっきりしませんが、付加疑問文を言おうとすると isn't it などの2語を言わなければならないため、長くなって面倒くさいということではないかと思います。

更にその背景には、会話では(あくまで会話ではということですが)、日本人は「だよね?」、「じゃない?」などをくっつけることを少しも厭いませんが、英米人は複雑な文が嫌いでできるだけ単刀直入にかつ簡単な文で言おうとする国民性のようなものがありそれが付加疑問文を使わない素地を作っているように思います。その代わりに、英米人は、付加疑問文のニュアンスを付加疑問文でではなく、抑揚、目の表情、ジェスチャーなどで表すことが多いように思います。

私は仕事で時々英米人の方と話をすることがありますが、付加疑問文は今までで1回聞いたことがあるだけです。そのときは、「えーっ!付加疑問文て本当に用いられるんだ」と思ってびっくりしました。もっとも、付加疑問文の好きな人と嫌いな人とがあるでしょうし、その人が属しているグループに付加疑問文を用いる人が多いかどうかも影響するでしょうし、英米豪加の国柄の違いなどもあるでしょうから一概には言えないと思いますが、一言で言えば付加疑問文はあまり用いられないと言っていいと思います。

私はいつもこちらでお教えいただいている英語超初心者ですが、私も同じような疑問を持ったことがあるので回答させていただきます。

「どういった気持ちで聞いてるのですかね。。。念押しの確認ですかね」とのことですが、付加疑問文を上がり調子で言えば疑問の気持ち(つまり、正否についての相手の判断を求める気持ち)で聞いているし、下がり調子で言えば念押しの気持ち(つまり、同意や共感を求める気持ち)で聞いています。

「「これかわいくない?」みたいな共感してほしい事を言ったら英語にすると付加疑...続きを読む

QHow do you think? と What do you think?

(1)How about you? と What about you? は同じと理解していますが,もし違いがあれば教えてください。

(2)それと,「どう思う?」は,
What do you think? であって How do you think? ではないと,今まで思っていましたが,
最近,How do you think? と書かれているのを見かけました。
どちらでもいいのでしょうか。
それとも何か違いがあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネットから面白そうなサイトを拾ってみました。

-----------------------------
「彼の離婚についてどう思う?」という文を作る場合、次のように述べると誤りである。

1) *How do you think about his divorce?

この誤りの原因は、日本語に引きづられて、「どう」→「どのように」→ howと短絡的に考えている点である。ところが実際は、英語のWH疑問文を作る場合には、意味が重要なのではなく、まずWHで問う部分が「名詞か否か」が最優先されるのである。

そこで、まず、平叙文を使ってthink の関連する文型を確認してみよう。

2) I think (that) he will regret his divorce.

(あいつは離婚したことを後悔すると思う。)

3) I cannot think why their marriage ended in divorce.

(どうして2人の結婚が離婚に終わってしまったのか理解できない。)

4)*I think happy about it.

(それを嬉しく思う。)

すると2)~3)からわかるように、think は文を目的語とすることがわ

かる。目的語になっているということは、こうした下線部の文が名詞の

働きをしているということになる。それに対して、4)でわかるように、think は形容詞が直後に続くことはない。

これを総合すると、think の次に来る部分を問うには、必ず名詞的なWH疑問詞が必要であり、非名詞的なWH語では不適切になる。



5)□ You think [名詞] about his divorce.

↑ │

└─ what ──┘

(*how)

つまり、名詞的なwhatならばOKで、非名詞的なhow は不可となる。

6) What do you think # about his divorce?

*How do you think # about his divorce?

では、4)のように、後ろに形容詞が来れる動詞はないかというと、feelが存在する。

7) You feel awful about his divorce.

(彼の結婚についてはひどく残念だと考えるわけだね。)

すると、その部分をWH化すると、非名詞的how になる。

8) How do you feel about his divorce?

*What do you feel about his divorce?

では、feelを使って他人の考えを聞く場合、how だけしか使えないかというと、そんなことはない。次のような動詞型があるからである。

9) I feel (that) he's going to enjoy it.

(それを楽しむと思うよ。)

ここでは、下線部の文は名詞の働き(目的語)をしている。よって、この文を基にしてWH疑問文を作ると、当然whatを用いることになる。

10) What do you feel # about his divorce?

まとめると、think とfeelはその動詞型によって、次のようなWH疑問文になる。

11) think + 名詞/文 → What do you think # (about it)?

12) feel + 形容詞 → How do you feel # (about it)?

名詞/文 → What do you feel # (about it)?

注意すべき点は、こうした疑問文のどれを使っても、「どう思いますか/感じますか」というふうに、日本語では疑問詞の部分は同一になる。だからと言って同一のWH疑問詞が使われるわけではなく、あくまで英語の動詞型によって、その選択が決まってくるのである。
-----------------------------------

誤感 "...... so that is my proposal. How do you think?."

正しくは "What do you think?"

今回はとっても初級ですけどよく見かけるケースですので挙げときます。「どう思いますか?」のつもりなんですが、この「どう」の部分を直訳してしまってHowとなってしまう間違いですね。Thinkとは「あるideaを持つ」という意味をとらえれば、how(どう)ではなくwhat(なに)であるということはおわかりですよね。

すらすらと練習してきたプレゼンテーションが終わり、How do you think?で終わられるとaudienceはガクンときます。傾向としては自分で作り上げた英文を、それまでのinputなどを通じてcalibrateする癖のついてない人がこの手の間違いを気がつくことなく長年使っているケースが多いですね。仕事で使う場合、なかなか誰も指摘しませんからね。

How dare can you think it that way!! なんていうのはありですが、この場合は「いったいどうすればそういう風に考えることができるんかい!(信じられん)」と、ある考えに至った過程を問うているわけですからHowですね。

---------------------------
日本人が起こす英語の誤りの多くは、日本語の表現を英語に直訳するのが原因です。世界の誰もが外国語を学習すると、自分の母国語の文法や表現が外国語にも適用できると思ってしまいます。例えば、あるアメリカ人が日本人の先生に日本語で「指の包帯はどうしましたか」と聞かれ、「燃やしてしまった」(「やけどした」は英語で I burned my finger と言います)と答えました。英語では「燃やす」も「やけどする」も "burn" というから日本語も同じだろうと考えたのでした。日本人が日本語の表現や文法を英語で適用する場合、次のような誤りがありえます。
誤文: How do you think about local elections in Japan?
   (日本の地方選についてどう思いますか。)
正文: What do you think about local elections in Japan? 又は、How do
you feel about local elections in Japan?
誤文: Please teach me your email address?
   (メールアドレスを教えてください。)
正文: Please tell me your email address?
誤文: We couldn't get a seat because the people were too many.
   (人が多すぎて席が取れなかった。)
正文: We couldn't get a seat because there were too many people.
違うのは言葉だけではなく、ネイティブの表現は考え方まで違います。このために多くの日本人の英語の先生たちは英語で話す時、英語で考えなければならないと言います。しかし、「英語で考える」ということも経験と想像力が必要だと思います。What do you think? (R.P.)
----------------------------

ネットから面白そうなサイトを拾ってみました。

-----------------------------
「彼の離婚についてどう思う?」という文を作る場合、次のように述べると誤りである。

1) *How do you think about his divorce?

この誤りの原因は、日本語に引きづられて、「どう」→「どのように」→ howと短絡的に考えている点である。ところが実際は、英語のWH疑問文を作る場合には、意味が重要なのではなく、まずWHで問う部分が「名詞か否か」が最優先されるのである。

そこで、まず、平叙文を使ってthink ...続きを読む

Q否定文、疑問文について

次の問題を否定文と疑問文にしなさい。
She went to school yesterday.
否定文→
疑問文→
It was a very interesting movie.
否定文→
疑問文→
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

She went to school yesterday.

否定文→ She didn't go to school yesterday.
疑問文→ Did she go to school yeaterday?

It was a very interesting movie.

否定文→ It wasn't a very interesting movie.
疑問文→ Was it a very interesting movie?

QHalf of the harm that is done in this world is du

Half of the harm that is done in this world is
due to people who want to feel important.
They don't mean to do harm but the harm does not interest them.

翻訳お願いします。

Aベストアンサー

この世界で行われる危害の半分は、(自分が)大切だと感じたい人間によるものである。

彼らは危害を加えるつもりはないが、危害はその気持ちとは関わりなく行われる。

Q「吗」疑問文と反復疑問文の違い

昔、学生の頃に『反復疑問文は「吗」疑問文より丁寧な表現』と教わりました。
詳しく知りたいと思い、いくつか参考書を読んだら、言っている事がバラバラでした。
文法上の違い(反復疑問文は副詞や介詞を伴わない等)は理解したのですが、
ニュアンス上の違いが何度読んでも分かりません。

<参考書A>
「吗」疑問文:聞き手は単純に訊いているだけ。例)你爱我吗?

反復疑問文:聞き手は是か否かの可能性は五分五分と思っており、
「吗」疑問文より明確にいずれかの回答を要求している。例)你爱不爱我?

<参考書B>
「吗」疑問文:全く分からない物を尋ねる。
例)这是花茶吗?(花茶かどうか全く分かっていない)

反復疑問文:知っているけれどあえて確認する時に使う。
例)这是不是花茶?(「花茶だろう」と思っているがあえて確認している)

<参考書C>
「吗」疑問文:問いかけに使用。例)这是日本菜吗?

反復疑問文:「吗」疑問文とほぼ同じだが少し柔らかい表現になる。例)这是不是日本菜?


特に反復疑問文について、Aの解説だとむしろ「吗」疑問文より詰問調であり、
Bのような「あえて確認する」ニュアンスもなければCのような「やわらかい表現」でもないと思います。

いったいどれが正解なのでしょうか?
それとも、他にもっと納得の行く解説があるのでしょうか。

実際の使用例を沢山見聞きするのが一番重要とは思うのですが、
解説として適切なものがありましたらお教えいただけると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

昔、学生の頃に『反復疑問文は「吗」疑問文より丁寧な表現』と教わりました。
詳しく知りたいと思い、いくつか参考書を読んだら、言っている事がバラバラでした。
文法上の違い(反復疑問文は副詞や介詞を伴わない等)は理解したのですが、
ニュアンス上の違いが何度読んでも分かりません。

<参考書A>
「吗」疑問文:聞き手は単純に訊いているだけ。例)你爱我吗?

反復疑問文:聞き手は是か否かの可能性は五分五分と思っており、
「吗」疑問文より明確にいずれかの回答を要求している。例)你爱不爱我?

<参...続きを読む

Aベストアンサー

説明し難しいな。確かに反復疑問文は二つのニュアンスをもっています。一つは例Bと例Cのように自分がある情報をしってたのに、たずねる物に合うかどうか敢えて確認できないことです。もう一つは例Aのように、是か否かの中に一つを選ぶことです。字面から見ると、ほとんど同じですが、話す時、声調によって、判断できます。柔らかい声で話せれば、B、Cの場合に合います。怒るみたいにひどい声で、Aの場合に合います。普段感情に関して、B、Cのようにたずねることがあまり出来ない、多くの場合は物に対して使用します。
中国語では「教学相长」という熟語が、意味は他人に教える時、自分もよく学ぶことです。今日私もよく勉強しました。ありがとうございます。

QDo you know ~?は文頭OKだが、 Do you think~ はXの理由を教えてください

文法の質問なのですが教えていただけますでしょうか?

下記の文中で、
Where do you think I met him yesterday?

do you think は文頭には持ってこれないと参考書にあります。

ところが、
Do you know where I met him yesterday? では、
Do you konw は文頭に置きます。

両者の違いを解説していただける方いましたら、お願いいたします。
また、これについて記載している文法書(または辞書)をご存知でしたら
おしえていただけると、大変ありがたいです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは日本語に訳して考えるとわかりやすいと思います。

まず、
(1)Where do you think I met him yesterday?
「私が昨日彼にどこで会ったと思いますか?」

この質問をされて、「うん、思う!」「いいや、思わない」と答える人はいませんよね!→Yes/Noで答えない→疑問詞で始まる疑問文

(2)Do you know where I met him yesterday?
「私が昨日彼にどこで会ったか知ってる?」

この質問には「うん知ってるよ!」「いや知らないよ」と答えることができます→Yes/Noで答えられる→Yes/No question(疑問詞で始まらない疑問文)

というふうに、Yes/No questionであるかどうかを考えると整理しやすいと思います。

Q以下の文は間接疑問文に分類されるでしょうか?

以下の文は間接疑問文に分類されるでしょうか?

Who do you think that man is?

や、

How do you think we can make our products more competitive?

などです。なぜこれらの文が間接疑問文かどうか疑問に思ったかといいますと、間接疑問文とは文中に疑問詞を含む文がある文の事を指すと習った覚えがあるので、文頭に疑問詞がおかれる場合「間接疑問文」ではなく単に「疑問文」として分類されるのではないかと疑いをもった為です。

その道に詳しい方、回答お待ちしております。

Aベストアンサー

ご質問の文も間接疑問文です。ただし Yes, No で答えられないタイプに分類されます。このタイプは疑問詞が文頭に出てきます。

A) Do you know what this is?
Yes, I do. / No, I don't.
これが何か知っていますか。
はい、知っています。/ いいえ、知りません。

B) What do you think this is?
I think it's something to eat.
これは何だと思いますか。
何か食べ物だと思います。(はい、思います。/ いいえ、思いません。ではとんちんかんな答えになります。)

A) Yes, No で答えられるタイプ。
know, tell(わかる), understand, etc.

B) Yes, No で答えられないタイプ。
think, suppose, believe, imagine, say, etc.

B) タイプの動詞の時は疑問詞が文頭に出ます。それからこのタイプでも、例えば、think が主文の動詞であるかとに変わりはなく、疑問詞の付いた文は think の導く文の一部になっているのでやはり間接疑問文に分類されるのです。


参考になれば幸いです。

ご質問の文も間接疑問文です。ただし Yes, No で答えられないタイプに分類されます。このタイプは疑問詞が文頭に出てきます。

A) Do you know what this is?
Yes, I do. / No, I don't.
これが何か知っていますか。
はい、知っています。/ いいえ、知りません。

B) What do you think this is?
I think it's something to eat.
これは何だと思いますか。
何か食べ物だと思います。(はい、思います。/ いいえ、思いません。ではとんちんかんな答えになります。)

A) Yes, No で答えられるタイプ。
know, tell...続きを読む

QDo you know a way ~? / Do you know the way?

質問を投げかけるときの冠詞の使い方なのですが、 それぞれのケースで the なのか a なのかよく分かりません。 ここではあえて how は使用しないで考えさせてください。

1.ある特定の場所に行くとき。(実際は色んな行き方がある)

Do you know the way/s to go to this store?
Do you know a way to go to this store?
Do you know any ways to go to this store?

2.ある特定のオペレーションの方法を聞くとき。(実際は色んな方法がある)

Do you know the way/s to delete dipulicated files on this computer?
Do you know a way to delete dipulicated files on this computer?
Do you know any ways to delete dipulicated files on this computer?

3.お好み焼きの作り方を聞くとき。(お好み焼きには色んな種類があって方法はまちまち)

Do you know the way/s to cook Okinomiyaki?
Do you know a way to cook okonomiyaki?
Do you know any ways to cook okonomiyaki?

4.出来上がったお好み焼きを食べながらその秘訣を聞くとき 

Do you know the way/s to make this okonomiyaki?
Do you know a way to make this okonomiyaki?
Do you know any ways to make this okonomiyaki?

5.特定の人物に対して

Do you know the way/s to make her happy?
Do you konw a way to make her happy?
Do you know any ways to make her happy?

6.特定の問題に対して

Do you know the way/s to solve this problem?
Do you know a way to solve this problem?
Do you know any ways to solve this problem?

7. secret の場合はどうなるのでしょうか?

Do you know the secret/s of her boyfriend?
Do you know a secret of her boyfriend?
Do you know any secrets of her boy friend?

質問を投げかけるときの冠詞の使い方なのですが、 それぞれのケースで the なのか a なのかよく分かりません。 ここではあえて how は使用しないで考えさせてください。

1.ある特定の場所に行くとき。(実際は色んな行き方がある)

Do you know the way/s to go to this store?
Do you know a way to go to this store?
Do you know any ways to go to this store?

2.ある特定のオペレーションの方法を聞くとき。(実際は色んな方法がある)

Do you know the way/s to delete dipulicated files on...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず質問したんですが、よくわからないですね。

http://answers.yahoo.com/question/index;_ylt=Ak9N__sp3Cj5CZqluYFOTobsy6IX?qid=20061113224445AAJfunk

いくつかききたかったら、あなたが除外している、How many ways do you know to ~?を使って聞くようですよ。もちろん、I know 12 ways.と生真面目に答える人もありますが、1つだけ答えたり、いくつか答えたりしている人もいます。用は、質問者の意図をどう汲み取るかというところに関係するような気がするのです。

それで、このようにいくつかの方法をたずねる言い方があるので、1つだけの回答で満足する場合の質問は、いくつかあるかもしれないけれど、ひとつだけでいいよということで、Do you know any way to ~?と聞くんじゃないかなと思います。(これもあなたは選択肢に入れていませんが)そして、答えは、Yes,I do.を期待しているのでなく、知っている方法の内容を答えてもらうことを期待していると思うのです。

道を尋ねる場合は、もちろん遠回りすればいくつもの行きかたがあると思うけれど、普通は、最短距離、最短時間、つまり合理的な道順を尋ねているのであるから、1つに定まって、Do you know the way to Tokyo station?のようになるのではと思ったりもします。
 
今のところ、道順を尋ねるなら、Do you know the way to ~?
方法を尋ねるなら、Do you know any(a) way to ~?
また、いくつか示して欲しければ、How many ways do you know to~?
といったところでしょうか。

とりあえず質問したんですが、よくわからないですね。

http://answers.yahoo.com/question/index;_ylt=Ak9N__sp3Cj5CZqluYFOTobsy6IX?qid=20061113224445AAJfunk

いくつかききたかったら、あなたが除外している、How many ways do you know to ~?を使って聞くようですよ。もちろん、I know 12 ways.と生真面目に答える人もありますが、1つだけ答えたり、いくつか答えたりしている人もいます。用は、質問者の意図をどう汲み取るかというところに関係するような気がするのです。

それで、このようにいく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報