奨学金の支払いを延滞していたら簡易裁判所からの仮執行書付きの督促文が届きました。これは簡易裁判所に封書で異議申し立てをしなければならないのでしょうか?
それとも日本学生支援機構に連絡をしたらなんとかなるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、日本学生支援機構に連絡し相談してください。


おそらく今まで、日本学生支援機構の連絡を無視されていたのではないでしょうか?
事情があれば相談されることが大事です。
http://www.jasso.go.jp/henkan/entai/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。まず連絡してみようと思います

お礼日時:2009/05/27 21:08

 仮執行宣言付支払督促は,そのままで強制執行をされるという強い効力を有する文書です。

今のあなたの立場は,給料や,預貯金を差押えされても仕方がないという立場になるのです。

 その効力を止めるためには,簡易裁判所に異議申し立てをし,更に執行停止決定という裁判を得なければなりません。

 しかし,異議申し立てをすると,自動的に訴訟に移行しますので,その訴訟の呼び出しがあり,それに出頭しなければならなくなります。ここで,裁判所での話し合いをすることもできますが,相手が拒否すれば,敗訴判決を受けるということになりかねません。

 そのようなとても不利な状況にあるということを認識して,交渉されてください。
    • good
    • 0

私は法曹ではないので、ここに登場するべきできないのかもしれませんが、法律の素人として申し上げます。

その簡易裁判所と日本学生支援機構にご連絡を入れられたらどうでしょうか?ネットなどで調べた感じでは、急に取り立て(ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが)が厳しくなっているようです。ですから、規定通りに返させない場合などには、明確な事情(あくまで相手側の条件が絶対でしょうね)を証明(給与証明書など)など、減額(これはないでしょうね)とか納期の延長などの条件を訊いてみる必要があると思います。問答無用ということであれば、あとは法的な世界のことになってしまうと思います。私の調べたところでは、かなり強制的に取り立てる模様ですね。あなたの給与の差し止めというか、給料をそのまま機構側が持って行っていまうとか。
ちょっといま過渡的に状況が動いているようなので、早急に裁判所や学生支援機構(あまり丁寧な対応をしてくれないかもしれませんが)に相談し、納期延長などが可能(可能なはずです。返済されなければ何もなりませんから)とすれば、どのような条件か、またその間の利息がつくのかなどを訊かれるべきと思います。なにやら急激に強硬姿勢に変わっているようですから、はっきりとしたことが私にはわかりません。わからないのに回答してすいません。私の子供も借りているもので…。今後の専門家様などの回答を注目したいと思います。お力になれず申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます。自分も調べた所急に変わったらしいので少し怖い気がします…。色んな人に相談してみます

お礼日時:2009/05/27 21:01

引き続き支払う意思があるなら、日本学生支援機構に連絡し、支払い方法について話し合ってください。


相手が、応じてくれれば裁判所に行かなくて済みます。

異議があるなら、その旨を文書にし提出の期日までに簡易裁判所に郵送もしくは持参してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんとか話あって訴えを取り下げて分割支払いできちんと支払いたい次第です

お礼日時:2009/05/27 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本学生支援機構の奨学金について

日本学生支援機構の奨学金について
お世話になります。
大学院に内部進学が決まったのですが・・・。
現在、日本学生支援機構の奨学金(第二種)を受けており、大学院に進学後も奨学金を受けたいのです。
内部進学者には在学中に、大学院進学時にも奨学金を受けるための予約申請のようなことが、5月、6月頃にできると聞いたことがあります。
が、現時点で大学でそのような募集がなく、日本学生支援機構のホームページでも見当たりません。
予約申請のような話が記憶違いだったのかもしれませんが・・・もし、進学前に応募できるような制度というのは本当にあるのかどうか、お分かりになる方がいらしたら、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

http://www.jasso.go.jp/saiyou/
予約採用は在学中の窓口に申し込むことになっています。
募集を待たずに問い合わせてはいかがですか?

Q裁判所の管轄(地方裁判所・簡易裁判所)

私は、マンションの1室を借りています。

賃貸借契約書には
「本契約に関する訴訟については、○○地方裁判所を管轄裁判所とする。」
と書いてあります。

訴訟価額が140万円以下は簡易裁判所に訴訟を起こし、140万円を超える場合は地方裁判所に起こすというのが法律の規定ですよね(裁判所法33条)。

この賃貸借に関して140万円を超えない金銭の請求をする場合でも、簡易裁判所ではなく地方裁判所に提訴しなければならないのですか?

もし、契約の規定に従って地方裁判所に提訴しなければならないのだとしたら、どのような狙いがあってそのような規定が入っているのですか?
簡易裁判所で訴訟をするとまずいこと、あるいは地方裁判所で訴訟をしたほうがいいことがあるのですか。
(契約の条文は、もちろん私が作ったものではないので。)

Aベストアンサー

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り離して「有識者」に処理させようということです。もちろん、全部が全部ではないでしょうけれど、簡易裁判所の和解協議では、裁判所側として司法委員だけが臨席して、裁判官は出てこないのが普通です。
「有識者」とはいいつつ、実態は会社役員で一線をリタイアしたおっちゃんとか、子育てがひと段落したおばちゃんとか…、要するに時間がたくさんある人(重ねて失礼!!)が就任しているので、素人的発想で和解協議にいろいろと口を挟んできて、法律的にドライに事件を処理しようとしている当事者-多くは請求を構えている原告側としては、迷惑この上ない(重ねて重ねて失礼!!)という実態があります。

>わざわざ褒められたことではないような条文を入れているとなると、どうしてだろう、と思ってしまいます。
実は、簡易裁判所の裁判官は「司法試験合格組み」の裁判官(判事、判事補)ではないのです。「簡易裁判所判事」ということで、地裁・高裁の定年まぎわの裁判所書記官が、選考などを経て簡易裁判所の裁判官になっているケースが多いようです。
それで、裁判を受ける権利の観点から(訴額が小さくても請求原因が特に複雑な事件については)正式な「司法試験合格組み」の裁判官の判断を受ける途も用意しておくというのが、実際のところでしょうか。
もちろん、質問者さまの指摘されるような「アナウンス効果」(?)も、あり得ると思います。

なお、私の回答の「(したがって、このような管轄合意がある場合、地裁に対する提訴後の移送の問題も生じないことになります。)」という点は、言い過ぎだったと思います。
違管轄の移送は問題になりませんが、ok2007さまがご指摘の「裁量移送」という話はありました。
訂正させていただきます。ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/zinbutu/sihoiin.html

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り...続きを読む

Q日本学生支援機構の奨学金申込について

日本学生支援機構の奨学金申込について教えてください。
今春、子供が大学に入学しました。日本学生支援機構の奨学金を借りたいと思っていますが、子供が大学の説明会に行けませんでした。(説明会は3日前に終わったとのことです。)説明会に出席していなければ奨学金の申込はできないのでしょうか。それとも、どこかに必要書類をもらいに行けば申込みできるのでしょうか。ご存じの方、どうか教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.jasso.go.jp/saiyou/daigaku.html

 提出は大学を通じてとなっています。一度大学の事務局に問い合わせてみてはどうでしょう?締切がまだのようであれば間に合うと思います。

Q簡易裁判所への申し立てについて

お世話になります。

明日、裁判所への申し立ての付き添いを予定しております。そこで質問です。弁護士さんを通さず自分たちで全て手続きを行おうと思っているのですが、裁判所への申し立てを行う際に、事前に裁判所へ予約等は必要となりますか?直接行って、申し立てをする事はできるのでしょうか?

何分、初めての経験で初歩的な質問で申し訳ないのですが、お教えいただくとありがたく存じます。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

○予約不要です。直接行って、訴状提出はできます。
印紙 切手(郵券)の額も訴状を見て教えてくれます。なお、訴状・証拠書類(甲1号証)は同文3部提出し、1部を返してもらうことになります。形式的に不備がある場合、書き直しが必要なこともあります。
○私の場合、事前に書記官に鉛筆書きで下書きした訴状を形式チェックしてもらいました。予納印紙、郵券(切手)の額についても聞きました。

Q大学の奨学金について教えて頂きたいのですが、日本学生支援機構の無利子ま

大学の奨学金について教えて頂きたいのですが、日本学生支援機構の無利子または明治大学の奨学金制度について詳しい方是非ご回答お願いします;

私の成績の状況
・評定平均 4.5~4.7(まだ明確にでていないため)
・親は父、母の二人ともおります
・所得に関しては決して高くありません。具体的な金額までは言えませんが、奨学金の所得制限にひっかかることはあり得ないだろう…というくらい低めです…
・大学は明治大学の商学部です(4月入学予定)
・日本学生支援機構の予約採用には申し込みませんでした…;

できれば無利子の奨学金を借りたいと考えております。が、やはりこの状況では厳しいのでしょうか

ご回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

成績的には問題ないんではないでしょうか。ただ大学ごとに奨学金を借りられる枠が決まっているので、他の希望者次第でしょう。しかし希望される多くが無利子を当然希望しますので、希望者の成績と親の所得などが考慮され決定されます。入学後に説明会などがあると思いますので、必ず参加してください。がんばってください。

Q簡易裁判所からの支払督促

友人は夫と子供2人 そして年金暮らしの姑と義弟(夫の弟)と暮らしています。  

友人の義弟のことですが・・・

義弟は9年前にス-パ-のショッピングカ-ドを使い20万をキャッシングしましたが一度も支払わずカ-ド会社からの封書(催促?)も無視していたようです。

先月末に簡易裁判所から義弟宛てに封書が届き、受け取った姑が何事かと問い詰め今回初めて義弟の借金のことを家族が知ったそうです。

請求額は延滞金を含め70万程あるそうですが、「9年前の話しだから時効の援用というものができるかもしれない」と親戚に言われ義弟は異議申し立てをしたそうです。

質問ですが・・・

(1)今回のようなケ-スで 本当に時効の援用ができるものなのでしょうか?

(2)異議申し立て後の流れなど 教えて下さい。

宜しく お願い致します。

Aベストアンサー

個人的には、他の方が書かれているように借りたものは返すというのが大原則で、返す努力もまったくしていない方に時効を援用してもらいたくないですが…

ショッピングカードということから大手のカード会社かと思われますので、いままで時効中断の手続きをとっていなかったのが不思議ですが、お書きになっているのがすべて正しければ時効を援用できます。
(つまり、最終借入日が9年前であったこと、今回初めて支払督促が来たことが正しければという意味です)

他の方が10年で時効になると書かれていますが、それは民事上の時効です。今回のように相手方が商行為としている場合は商事時効が適用され5年で時効にかかります。消費者金融なども5年で時効です。

請求書の時効云々というのもちょっと間違ってますね。あくまで私的な催告というのは時効直前に出した場合に、6ヶ月間時効成立を延長するに過ぎず、6ヶ月経てば時効は完成します。その間に裁判手続きをとって確定的に中断します。
催告書を出し続けても最初の催告から6ヶ月で時効になります。

通常大手であれば最終返済日から5年経つまでに支払督促等で時効を中断しているはずなのですが…

大手であれば時効を援用する旨電話ででも伝えれば放棄するはずです。(経験上)できれば行政書士にでも頼まれて時効を援用する旨の書面を出されたほうがいいとは思いますが。
本当に時効が成立していれば支払督促異議を出した時点で債権者方で取下げしてきます。そのまま手続きを続けても意味がないので。

個人的には、他の方が書かれているように借りたものは返すというのが大原則で、返す努力もまったくしていない方に時効を援用してもらいたくないですが…

ショッピングカードということから大手のカード会社かと思われますので、いままで時効中断の手続きをとっていなかったのが不思議ですが、お書きになっているのがすべて正しければ時効を援用できます。
(つまり、最終借入日が9年前であったこと、今回初めて支払督促が来たことが正しければという意味です)

他の方が10年で時効になると書かれていますが、...続きを読む

Q子供が大学進学控え日本学生支援機構の奨学金を希望しているのですが、第一

子供が大学進学控え日本学生支援機構の奨学金を希望しているのですが、第一種奨学金の学力基準(5段階で3.5以上)は必ずクリアすべき基準なのでしょうか。御教授ください。

Aベストアンサー

>第一種奨学金の学力基準(5段階で3.5以上)は必ずクリアすべき基準なのでしょうか。
そのとおりです。
クリアーできていないなら、第二種を希望するしかないでしょうね。

Q支払督促が簡易裁判所

内容は簡潔に書かせていただきます。



タイトル通り先日、支払い督促が届きました。

内容はア○ム社で元金が50万です。年利が18%、延滞損害金20%

契約は平成22年1月です。

支払いが滞り1円も返済していない状態です。

現在は実家に帰り、(契約時の勤務先、住所ともに違う)源泉上、親の会社にて給料をもらっている形になっています。

このまま異議申し立てをしなかった場合と、いま現状での対応としては何がベストなのでしょうか?

宜しくお願いします。

またこの計算だと返済総額はいくらになる計算なのでしょうか?

Aベストアンサー

いろいろな回答がありますが、返すという前提で回答します。

裁判所からの書類煮同封されている異議申立書に「分割希望」と書いて、裁判所に提出(郵送)してください。
異議申立によって支払督促は訴訟手続きに移行し、後日裁判所から審理の期日が通知されます。

その期日までに親御さんの協力なども考慮に入れて月々の返済可能額を十分把握しておくことが必要です。
業者側は今までの成績が良くないのでかなり強硬な態度で出てくる可能性もありますが年利18%で3年以内の返済計画なら和解受入をするでしょう。
ちなみに、現在残高が100万円として年利18%3年払いなら、月当り3万6千円ほどの返済が必要となります。

Q日本学生支援機構の奨学金の採用について 今年の春から専門学校に行く娘をもつ母親です 先日在籍する高校

日本学生支援機構の奨学金の採用について
今年の春から専門学校に行く娘をもつ母親です
先日在籍する高校から日本学生支援機構の二種の奨学金に申し込みをしました
入学時の増額も申し込みをしました
2月末に結果がわかるのですが、不採用になることはありますか?
色々見ていると、全員採用されると書いてあったり、不採用になる人も多いなど情報が様々で不安になってしまいます
実際のところどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

通常、所得制限さえクリアーしていれば採用されます。
なので大丈夫でしょう。
なお、一種(利子がつかない)の場合は、学校の成績なども審査に影響するので不採用になることがあります。

Q簡易裁判所 調停申し立て時の請求内容

簡易裁判所の調停申し立て内容について
請求するのは、ある契約の解除です。契約金額が請求額になります。
ここで質問ですが、調停申し立てにかかる費用(印紙代などの実費であり、交通費といったたぐいのものではない)を、請求額に含めていいものでしょうか?
裁判の場合は、申し立て費用については訴状や判決時に触れられるはず(おそらくですが・・・)
です。
調停申し立ての費用についても、申し立て書類に書いて相手に請求してもよいものでしょうか?

相手に求める内容として、
・契約金相当額
・申し立て費用
を記載して相手方に求めてよいものでしょうか?
(調停の場で、最後にどう扱われるかはまったく別)

道義的に(?)一般的に(?)慣例では(?) 記載して(請求して)よいのでしょうか?

実際に調停の場では、この申し立て費用はどのように扱われるのでしょうか?
調停では、そういうものは申立人が負担するのが通常であり請求するのではない、のでしょうか?
それとも有りうることでしょうか?

Aベストアンサー

印紙が1万円ならば「調停の趣旨」の金額は300万円です。
300万円の訴訟は印紙2万円です。
その訴訟で勝訴すれば2万円の他、先に言ったような訴訟費用を加算した金額が請求できます。
その請求は、新たな訴訟ではなく「訴訟費用確定の申立」と云う申立でいいことになっています。
それは裁判所書記官の仕事(裁判官の判断ではないです。)で1週間もすれば、総額が決定され相手に支払うよう命ぜられます。
以上で「調停不成立の場合、申立人が調停費用を求める訴訟を起こす」は訴訟ではなく決定を求める手続きなので簡単です。
また「仮に調停費用の1万円が戻ったとしても一万円のマイナスになるのではないでしょうか?」は、2万円の他に訴訟費用全額取り立てできます。
それはそうとして、laksさんは「請求するのは、ある契約の解除です。」と云っておられます。そして、その金額は印紙から300万円のようです。
300万円でありながら、1万円や2万円のことを考える前に、間違いなく勝訴できるように法律的な構成はできていますか ?
契約解除は法定要件が必要ですし、解除したからと云って、何故300万円となるのか、それらを間違いないようにして下さい。

印紙が1万円ならば「調停の趣旨」の金額は300万円です。
300万円の訴訟は印紙2万円です。
その訴訟で勝訴すれば2万円の他、先に言ったような訴訟費用を加算した金額が請求できます。
その請求は、新たな訴訟ではなく「訴訟費用確定の申立」と云う申立でいいことになっています。
それは裁判所書記官の仕事(裁判官の判断ではないです。)で1週間もすれば、総額が決定され相手に支払うよう命ぜられます。
以上で「調停不成立の場合、申立人が調停費用を求める訴訟を起こす」は訴訟ではなく決定を求める手続きなので簡...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報