普通徴収で毎回住民税をきちんと支払ってきましたが、今年の1月に急に職を失ったため4回目の納税ができませんでした。
それから4ヶ月が過ぎた今日5月27日に市から突然差押予告書が届きました。滞納してから今日までの間、催促状も督促状も一度も来ていなかったのにいきなり届いたのが差押予告書だったので驚いてしまいました。
その予告書を読むと「下記の滞納市税については、再三にわたり納付催促をしてきましたが、いまだに納付がありません。~」と印刷されていましたが「再三にわたり納付催促をしてきましたが」の部分にボールペンで一本線がひかれ消されていました。催促してないけど差押はするんだ、という意志が感じられました。
支払いたい気持ちはあるんですが、一度に12万円も払うのは到底無理です。それに差押予告書だけ入っていて納付方法も書かれていないのです。支払期限は5月29日になっていて(あと2日しかありません)、発行日は5月20日でした。発行日から1週間もたってから届いて、あさってまで払えといわれても無理です。
とりあえず明日連絡先に電話してみようとは思いますが、自治体がこういうやり方をしても良いものかどうか皆さんのご意見をお聞きしたいです。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

あなたは住所地にお住まいですか。


通常行政機関からの郵便物は2日で届くと考えられます。
おおよそ「その行政区域」に配送されるのですから、なぜ一週間もかかってあなたの元に届いてるのでしょうか。
「わざと自分のところに書類が届きにくくしてる」ような事をされてるのではないでしょうか。

だとしたら、あなたに督促状が届いてない理由もわかります。
届いてないのではなくて、宛所なしで返戻されてしまって「公示送達」されて督促状が届いたとして効力が発生してる可能性があります。

本当に納付書が同封されてませんか。
もし納付書が同封されてないなら、市担当は「アホ」でしょうね。
しかし納税に市役所までくれば納付できますから、納付書が入ってなかったというのは納税義務を全うできなかった理由にはなりません。

ちなみに、税金が納期限までに納付されない場合には「督促状の発送」がされます。その後は「催告書」とか「差押予告」とか色々と考えて送られてきますが、一番初めは「督促状」です。
そして督促状を発送してから10日を経過し、本税延滞金の全額が納税されてない場合には、徴収職員は「財産の差押をしなければならない」と規定があります(国税徴収法47条、地方税法でも準用)。

つまり「督促状」の送達がされてない場合には差押処分はできません。無効です。

まず「督促状」を受け取っていないということを市に抗議しましょう。

「催告はしないけど差押はする」という意志があるかどうかは不明ですが、督促状が送達されて一定期限が経過してれば「あなたが泣こうが喚こうが」差押処分はされます。

自治体がこういうやり方をして良いものかというご質問ですが、手続きとして「督促状が送達されてる」なら、まったく問題のない手続きです。

住所変更もなし、20日発送の郵便が27日についてる、もとより督促状が送達されてない、というなら当局に厳重に抗議しましょう。あなたには何の落ち度もありません。
そのことと納税義務とは別なので、納税をどうするかは考えましょう。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
説明が不足していたので補足いたします。
今、私は納税地には住んでいません。差押予告書は新住所に届きました(郵便局の転送ではありません)。納税地は札幌、新住所は東京です。差出人は札幌市東京事務所になっています。
督促状が届いた覚えはないのですが、あるいは届いていたのかもしれません。なんだか自信がなくなってきました。
納税はなんとかするつもりでいます。納付書は同封されていなかったので、差出人の事務所に問い合わせてみます。
ただ法的にどうなのか知りたかったので、質問してみました。

補足日時:2009/05/27 23:45
    • good
    • 3
この回答へのお礼

差押の前にまず督促状が届くはずということですね。督促状が届いていないとはっきり断言できれば役所に抗議したかもしれませんが、転居のどさくさもあり自分自身でもわからなくなってしまい情けない限りです。でも納税の義務は承知しておりますので、早速役所に電話し、今年度分と滞納分の総額を分割で払うことにしてもらいました。今回のことでいろいろと勉強になりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 21:37

法令上、再三の催促などはしなくても差し押さえは可能です。


しかし納付期限以降に「督促状」が送付されなければ、滞納処分(つまり差し押さえ)はできません。
督促状には一定期間経過後に滞納処分を行うと明記してあり、これだけが法令上正式に踏まなければならない告知手順です。
まず、督促状が法令通り発送されているかを確認するべきでしょう。
よくあるケースですが、無届転居などで一定期間所在不明にはなっていませんでしたか?
この場合は、役所が督促の件を公示することによって、督促状が送付されたものと法的にみなされます。

基本的に、滞納税についての強制徴収は「しなければならない」という義務規定ですので、それを回避するための努力を納税者側がしない限り、いずれは差し押さえに行き着きます。そうでなければ役所の怠慢です。
よって、未納と知りつつ放置した結果としては極めて順当といえます。
また、昨今、離職者の滞納はありふれていますから、役所側の処理能力からすれば既にパンク状態となっている可能性があります。
この場合、役所としては早く処理件数をこなして減らしたいところでしょうから、まず差し押さえを予告して相手の出方を見ているのかもしれません。
また、差し押さえは最後の手段であり、それを行っても回収できない債権は帳消しを許可される状態となりますので、あるいはそれを見越しているのかもしれません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。今回、役所に相談したらすんなり分割納付の手続きをしてくれたので、やはり差押予告は納付を促す手段の一つなのかもしれませんね。でも、やはり分割であっても納付できることになって正直ほっとしました。法的なことも丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 21:41

放っときましょう


その内取り立てに来ますけど

ここ重要「払う意思はあるけど今はこれだけしか無い」

で1000円位払います

それを何度か繰り返せば取り立て代が高くつくんで
放置されます
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。取り立てにこられたらきっと払ってしまうと思うので、来る前に相談して納付することにしました。

お礼日時:2009/05/28 21:48

住民税の4期と思いますが、もとの納税通知書は届いているようですし、4期の納期限が1月末でその20日後程度で督促状が発行となっているはずです。

督促状が役所に返送されない限り、発送後2~3日後には届いたとみなされます。また、返送されても役所の掲示板に公示されて同じく届いたとみなされます。督促状が出ていれば、滞納整理にとりかかるのに妨げはありません。まぁ、差し押さえ予告は警告みたいなもので、滞納金額や納税意欲などを勘案して実行に移すものと思います。

新年度の納税通知も6月には発行されるでしょうから、あわせて、今後の納付について相談されてみては?延滞金のつかないように納付計画づくりもしてくれるはずだし、離職の状況によっては延滞金減免の対象となるかもしれませんよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。アドバイスの通り、役所に相談して、新年度の分も含めた総額を1年間で毎月分割納付することになりました。

お礼日時:2009/05/28 21:29

役人とは江戸時代と変わらん人種だから…。


取り敢えず無地の納付書に納税番号など書いて支払える額(1000円~)だけ毎月払えばよし。
差押は嫌がらせみたいなもの。もっとも少額だから面倒なことはしないが。やっても固定電話の加入権か預金口座の凍結(引出しができない)くらいかな?
直接乗り込んで払える額を言えば延滞金はつくけど分割納付になる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。結局、役所に相談して分割納付にしてもらいました。

お礼日時:2009/05/28 21:24

 税ってそのあなたの生活レベルに合わせてあるわけでしょ?


 急に失職したのはしょうがないとしても、源泉徴収はきっとあるはずです。
 その査定の中で払えといっているものですから、
 それは無茶な話ですよね?
 
 何かあるかも分からないと、ある程度たくわえをしておくことも大事です。
 それを税に使うなんてもったいない?
 ここに書き込むネットのお金はどこから?
 あなたの家は?電話代は?
 税が払えない中で無駄なものが多そうですね。
 差し押さえされても別に督促しなくても払ってないわけですから、文句言える権利はないですよ。
 まさか、給付金は使っちゃいましたとか言わないですよね? 
 国民の権利は納税の上にあると思いますから、、、
    • good
    • 5

本当に真摯な気持ちがあるのなら、払えなくなった理由を説明し分割で少しずつ支払う方法を役所と話し合うなど4ヶ月あればできるはずです。

失職したのであれば電話する時間くらいあるでしょう。義務を果たさず、放っておいて催促されてから慌てふためくような方だから失職したのではないですか?

みんなもこの時期5月末(6月1日)期限の自動車税や軽自動車税などを支払って大変です。あなたはそれも払わなかったですか?

払っている立場からすると払わない方はお荷物です。
きちんと支払ってもらいたいものです。
    • good
    • 5

何の問題もありません。


夜中に取り立てに行こうが、早朝にドアを蹴ろうが、行政なら許されます。
私の知人は同様のケースで市役所に分割払いのお願いに言ったら「サラ金で借りてきてさっさと払え」と言われたそうです。
まあ、自殺して保険で払えと言われなかっただけマシですかね。
財産があるならそれを売って払うかした方が良いです。
銀行口座などもさっさと差し押さえられます。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q差し押さえで生活できなくなりました。

支払い予定を立てようと昨晩、残高を見ると銀行口座に入っているはずのお金がありません。

驚いて明細を見ると「差押」と記され20万強引き落とされていました。

何の差押かは不明。
どこからも通知や告知などの書類は来ていません。

今月の支払いも残っていますし、何より食べることも出来なくなりました。
しかもサラリーで決められたお給料ではないので来月からの生活も目処が立たない状況です。

月曜日に銀行に問い合わせてみるしかないのですが不安と焦りと怒りで眠れず質問させて頂きました。
こんなことってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

生活が出来なくなる程の差押さえは、出来ません。
差押さえ先へ、返還を申し出ましょう。
裁判所を通した給与等の差押さえでも、25%が上限です。 生活権があるので。

どこから取られたかが問題ですが、
税金などの場合は、その場で月々1万づつとかの支払いの約束をして、返還交渉してみてください。
公官庁の方が、交渉しやすいはず。
まあ、ほっといた人が一番いけないのですが…。

平日に、会社休んでも行くべき! っと思います。

Q市の税務課より市民税滞納による「差押事前通知書」が届きましたが、分割等の相談は可能でしょうか。

どなたかご教授下さい。
昨年度は私的にいろいろなことが重なり、市民税を一部滞納したままとなっていました。
本日会社より帰宅すると、「差押事前通知書」の文面が市より届いていました。
期限は今週の25日となっていますが、かなりの大金でとても一括で払える状況ではありません。
文言には、給料などを差し押さえると断言しています。
明日にでも市の税務課に相談すれば、分割や少し待ってもらうことなどは可能なものでしょうか。
給料差押などにでもなれば会社に知られるところとなり、困ってしまいます。
自分自身が招いたツケとは承知していますが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

相談して、分納誓約をすれば大丈夫です。
あとは、よく状況を説明してあげてください。
不動産や形ある物の差し押さえは手間がかかりますが、
預金の差し押さえは銀行にあらかじめ電話して、書類作っていけばほんの数分でできます。
給与は・・・やったことがありませんが、勤務先の人事部の決裁があるのかな?
もし差し押さえ予告に『給与等』としっかり書いてあるなら、
どのくらい押さえられそうか、既に勤務先に照会がされているかも?
照会のときには根拠を示さなくてはならないので、『滞納処分のため』とか、
『地方税法○○条による(滞納処分について書いてあるところ)』とか明記されます。あと宛名も小さな町村なら『税務課』ですが、でかい市区だと『収税課』『滞納整理係』『徴収対策特別機動班』などからの発信になるので、すぐ職場にばれちゃいます。

そうなる前に、督促とか催告とかが届いていたと思われます。
それらに返事をしないと悪質滞納者という扱いになってしまいます。
分納するときも、どうしても約束どおりにできないときがあったら、
先手をうって相談するよう心がけてください。

相談して、分納誓約をすれば大丈夫です。
あとは、よく状況を説明してあげてください。
不動産や形ある物の差し押さえは手間がかかりますが、
預金の差し押さえは銀行にあらかじめ電話して、書類作っていけばほんの数分でできます。
給与は・・・やったことがありませんが、勤務先の人事部の決裁があるのかな?
もし差し押さえ予告に『給与等』としっかり書いてあるなら、
どのくらい押さえられそうか、既に勤務先に照会がされているかも?
照会のときには根拠を示さなくてはならないので、『滞納処分のた...続きを読む

Q住民税の督促が来ないのは?

私は、現在アルバイト勤務です。

以前、正社員として働いた会社を辞めてからは、住民税を払っていない事に気づきました。辞めた次の年には納付書が送られてきたので就業した最後の一年分を払い、その後は未納のまま7年が経っています。

現在、年収にして約240万円あり、給与から所得税のみ天引きされているのですが

1. 住民税は天引きされないのでしょうか?
2. なぜ国民年金のように納付書が送られてこないのでしょうか?
3. 自ら納付しに行くのならば、毎月? 年に一度?
4. 収入の額に関係なく納付しなければいけないのでしょうか?

正直に思う所、払っていない人は大勢いるのではと思います。

国民年金がこれほど騒がれているのに、住民税はそれほどでもない
ということなのでしょうか?

延滞金がつくとか、将来の年金受取額の減額にもつながると聞き
今からでもさかのぼって、7年分支払う方がいいのでしょうか?
それとも督促がない限り、放っておいてもいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1. 住民税は天引きされないのでしょうか?
特別徴収であれば、給与から天引きされます。
給与明細で確認するか、給与担当者に聞いてください

2. なぜ国民年金のように納付書が送られてこないのでしょうか?
未納の場合、督促状が送られてきます。
送られてこないということは、完納している可能性が高いです


3. 自ら納付しに行くのならば、毎月? 年に一度?
普通徴収のことですね。
その場合、全納(年に1回)、または、分納(年に4回)を選べます

4. 収入の額に関係なく納付しなければいけないのでしょうか?
所得税と同じく、収入に応じて支払いますので、非課税の場合もあります。(控除項目にもよりますが、所得100万円くらいまで非課税)

Q市民税の滞納・差し押さえについて

お恥ずかしい話ですが、ご教授いただけますでしょうか。

市民税の滞納で「差し押さえ予告書」が届きました。

私は給与収入がありますが(正規社員ではありません)、家庭の事情により
その給与を口座に残すこともできない日々が長く続いております。
給与天引きではない市民税を支払えなくなって1年たった頃に、支払いを待ってもらおうと
役所に相談に行きましたが、「認められません」とお返事をいただきました。
その後、払えない状況が続き「差し押さえ予告書」に至りました。

一括納税できる額ではないので、書面にあった担当者の方に連絡をとったところ
分割としても2~3回で払ってほしいと言われました。
(滞納額は50万を超えているので、その回数ではとても支払えません。)
税金の徴収を市から県に委託された、とその方は仰っていたんですが
この場合、市役所の税務課に連絡し分割の回数を相談することは可能でしょうか。

自分が悪いので、何を言われても仕方ないですが・・・
正直、担当者の方の物言いに泣きたくなりました。

Aベストアンサー

差押を受ける財産としてなにがあるか考えてみましょう。
不動産、預金、給与。
給与については差押禁止額があります。全部持ってかれるわけではありません。
もとより、毎月納税してなくてはいけない額よりも多くは持っていかれるでしょうが、やむをえません。
今まで「後回し」にしてたぶんを「これからは最優先にしてもらう」ことになるからです。

住民税の滞納処分は国税徴収法に準じてます。
国税徴収法には「給与の差押禁止額」が規定されてます。
「どうしよう、どうしよう」とわぁわぁ言っていてもしょうがありませんので、給与の差押を受けることです。
変にどこかから借りてきて納税してもどんどん深みにはまっていくだけですよ。

国税徴収法(給与の差押禁止)
第七十六条  給料、賃金、俸給、歳費、退職年金及びこれらの性質を有する給与に係る債権については、次に掲げる金額の合計額に達するまでの部分の金額は、差し押えることができない。
この場合において、滞納者が同一の期間につき二以上の給料等の支払を受けるときは、その合計額につき、第四号又は第五号に掲げる金額に係る限度を計算するものとする。

一  所得税法第百八十三条 (給与所得に係る源泉徴収義務)、第百九十条(年末調整)、第百九十二条(年末調整に係る不足額の徴収)又は第二百十二条(非居住者等の所得に係る源泉徴収義務)の規定によりその給料等につき徴収される所得税に相当する金額

二  地方税法第三百二十一条の三 (個人の市町村民税の特別徴収)その他の規定によりその給料等につき特別徴収の方法によつて徴収される道府県民税及び市町村民税に相当する金額

三  健康保険法 第百六十七条第一項 (報酬からの保険料の控除)その他の法令の規定によりその給料等から控除される社会保険料(所得税法第七十四条第二項 (社会保険料控除)に規定する社会保険料をいう。)に相当する金額

四  滞納者(その者と生計を一にする親族を含む。)に対し、これらの者が所得を有しないものとして、生活保護法第十二条 (生活扶助)に規定する生活扶助の給付を行うこととした場合におけるその扶助の基準となる金額で給料等の支給の基礎となつた期間に応ずるものを勘案して政令で定める金額

五  その給料等の金額から前各号に掲げる金額の合計額を控除した金額の百分の二十に相当する金額(その金額が前号に掲げる金額の二倍に相当する金額をこえるときは、当該金額)

2  給料等に基き支払を受けた金銭は、前項第四号及び第五号に掲げる金額の合計額に、その給料等の支給の基礎となつた期間の日数のうちに差押の日から次の支払日までの日数の占める割合を乗じて計算した金額を限度として、差し押えることができない。
3  賞与及びその性質を有する給与に係る債権については、その支払を受けるべき時における給料等とみなして、第一項の規定を適用する。この場合において、同項第四号又は第五号に掲げる金額に係る限度の計算については、その支給の基礎となつた期間が一月であるものとみなす。
4  退職手当及びその性質を有する給与に係る債権(以下「退職手当等」という。)については、次に掲げる金額の合計額に達するまでの部分の金額は、差し押えることができない。
一  所得税法第百九十九条 (退職所得に係る源泉徴収義務)又は第二百十二条 の規定によりその退職手当等につき徴収される所得税に相当する金額
二  第一項第二号及び第三号中「給料等」とあるのを「退職手当等」として、これらの規定を適用して算定した金額
三  第一項第四号に掲げる金額で同号に規定する期間を一月として算定したものの三倍に相当する金額
四  退職手当等の支給の基礎となつた期間が五年をこえる場合には、そのこえる年数一年につき前号に掲げる金額の百分の二十に相当する金額
5  第一項、第二項及び前項の規定は、滞納者の承諾があるときは適用しない。


~~~~~~~~~
正直、担当者の方の物言いに泣きたくなりました」とのこと。
彼らは納期にきちんと払ってる人たちから「滞納者から取るように」仕事を委託されてるのです。
担当者があなたに何をどういったのかは不明ですが、それは「納税してる人が、あなたに言いたいこと」ですよ。
公務員の給与を減らせとか色々ありますが、滞納を徴収する担当者も相当いるのです。
あなたのような滞納者がいなければ、少なくとも徴収担当の人間を減らせるのです。
差押予告がきた、担当者の言い方に泣きたくなったとか寝ぼけたことを言ってたらいけませんよ。
あなたに税金を徴収に行く人の給与も我々が払ってるのです。
税金の無駄使いの一端をあなたがしてるのです。そういうことは考えたこともないでしょうけどね。
納税できなかったという事情はあるでしょうが、だからといって担当者のものの言い方に不満をつけるなど、筋が違ってます。

差押を受ける財産としてなにがあるか考えてみましょう。
不動産、預金、給与。
給与については差押禁止額があります。全部持ってかれるわけではありません。
もとより、毎月納税してなくてはいけない額よりも多くは持っていかれるでしょうが、やむをえません。
今まで「後回し」にしてたぶんを「これからは最優先にしてもらう」ことになるからです。

住民税の滞納処分は国税徴収法に準じてます。
国税徴収法には「給与の差押禁止額」が規定されてます。
「どうしよう、どうしよう」とわぁわぁ言っていてもしょう...続きを読む

Q住民税滞納で預金が差し押さえられたのですが

私は大阪に住んでいましたが失業。都会での生活を残念し全財産の80万程度を握り締めて実家に舞い戻りました。
それから3ヵ月程たった先日、大阪での住民税滞納による差押調書が郵送されてきて私の預金から約39万円を差押さえたとの通知。

あわてて役所に連絡し今仕事も無い状況を説明し、必ず支払うので分割でお願いしたいと頼んだところ 延滞金の約10万円はとりあえず還してくれるとの回答、しかし分割での支払いは出来ないとの事。

差押さえにより私の全財産は26万円になっているので10万円返してもらっても36万円程度。
役所の職員に、もしあなたが、全財産36万円で仕事が無かったら生活できますか?と質問すると、「私は無理ですね。でも今回、困っているのは私ではありませんから」との冷たい回答。
田舎の自治体にも国民健康保険料など支払わなければならない事になっているので、なんとか分割で支払える良い知恵はないでしょうか?

Aベストアンサー

どうして分納できないんですかね?

とりあえず、各自治体によって違うようではありますが人にはそれぞれにその時の状況というものがあるので
もう一度、役所に聞いたほうがいいのでは?
現に失業中なワケですし・・・言ってることがおかしいでしょ。
その役所の職員。
分納が出来ないなんてことないと思いますよ。
私も分納したことありますし・・・
たぶん、電話に出た職員がハズレだったのかなぁ・・・

それにしても、その職員の態度は問題ですね。
私なら、電話口でぶち切れでしょう。。。
今回、困ってるのは私ではないなんて言われたら「じゃ、死ねってことですか!?滞納分を借金してでも支払えってことですかね?
サラ金に手を出せってことなのか?」って言いますね。

その職員の名前とか覚えていないですか?
私なら、その職員を名指しで市長に意見をメールしますよ。
実際、したことありますよ。
区長からじゃないけど、返事が来て問題は解決しました。
試してみたらどうでしょう?
住民税は、延滞金がつくと大変なので払う意思はあることをなるべく早く伝えましょう。

どうして分納できないんですかね?

とりあえず、各自治体によって違うようではありますが人にはそれぞれにその時の状況というものがあるので
もう一度、役所に聞いたほうがいいのでは?
現に失業中なワケですし・・・言ってることがおかしいでしょ。
その役所の職員。
分納が出来ないなんてことないと思いますよ。
私も分納したことありますし・・・
たぶん、電話に出た職員がハズレだったのかなぁ・・・

それにしても、その職員の態度は問題ですね。
私なら、電話口でぶち切れでしょう。。。
今回...続きを読む

Q市役所に給与を全額差し押さえられました

下の質問の補足です。
税金滞納に対しての差し押さえの予告?ですが私は見てません(受け取ってない)
調べたところ、現在住民票がおいてある住居に送られていたようです。
そちらの住居で受け取った妻が処分してしまった可能性が高く自分の手元に届かなかったようです(日本語がわからないので)
ですから、何の予告もなしに銀行口座を差し押さえられて、本日受け取ったわずかばかりの生活費を根こそぎ持っていかれたのです。
市役所の奴らは数ヶ月前より口座照会をして、25日に一定の金額=給与が入ることを知ってました。
その上で、給与が振り込まれて即取り上げたのです。
偶然ではありません、計画的確信犯です。
毎月、決まった日に定期的に入るお金=給与の可能性が高いことぐらい幼稚園児でもわかります。
偶然25日に差し押さえした口座にお金があった♪なんてわけないですから。
ハイエナのように群がる役人どもめ・・・

さて、あらためて質問ですが
「給与の可能性が高いとわかっていて全額差し押さえることは許されるのか?」
「給与明細を呈示して差し押さえたお金は給与だと証明すれば取り戻すことは可能か?」
の2点についてお願いします。

下の質問の補足です。
税金滞納に対しての差し押さえの予告?ですが私は見てません(受け取ってない)
調べたところ、現在住民票がおいてある住居に送られていたようです。
そちらの住居で受け取った妻が処分してしまった可能性が高く自分の手元に届かなかったようです(日本語がわからないので)
ですから、何の予告もなしに銀行口座を差し押さえられて、本日受け取ったわずかばかりの生活費を根こそぎ持っていかれたのです。
市役所の奴らは数ヶ月前より口座照会をして、25日に一定の金額=給与が入ること...続きを読む

Aベストアンサー

給与の差押さえは可能です。

簡潔にいうと裁判所がGOサイン(許可)してからの差押さえになりますので
法的にも有効ということです。
ただ、給与差止めは給与の1/4と決められているものなので
全額差止めというのはちょっと考えづらいのですが・・・

上記のことも含めると給与3/4は取り返せるかもしれません。

Q市民税・県民税滞納の催告書がきました。

昨年8月結婚し約10ヶ月が過ぎようとした先日、
旦那の3年前の市県民税の滞納催告書が来まして、
未納額が53600円に対し30%以上の延滞金がついております。

旦那に聞いてみたところ、
元々催告書と言っても半年に1回くらいのペースでしか来ず
(結婚して初めて届く催告書です。郵便の転送もかけています)、
民間なら債権請求の義務を怠っていて、しかもヤミ金並みの延滞金で
行政の完全な怠慢なので払わなかったということです。
また当時旦那はアルバイトで月15万くらいの手取りでした。

差し押さえ通告がきたら裁判してもいいと言ってます。

ネットで少し調べたのですが、
民間では債権請求の時効は売掛金でも2年のようです。

お聞きしたいのは
1)民間の債権請求の義務は行政には適用されないのか
(適用されないなら、別に定める法律があるのか)
2)ヤミ金並みの延滞金も現在の民間では考えられない金額で、これも行政には適用されないのか(適用されないなら、別に定める法律があるのか)
3)もし5年の時効直前に差し押さえ通告が来て裁判する場合、
上記1)2)の民間では当たり前に法で規制されてる要項が当てはまっても負けるでしょうか。

裁判してもいいと言う旦那ですが
最終的には財布の紐を握っている私にまかせるそうです。

私達庶民は吹けば飛ぶような存在ですから
延滞金も込で払うはめになると思いますが
一応、最後のあがきでこちらに質問してみました。

回答いただける方は、任意で構いませんのでご職業をお教えください。
どうぞ宜しくおねがいします。

昨年8月結婚し約10ヶ月が過ぎようとした先日、
旦那の3年前の市県民税の滞納催告書が来まして、
未納額が53600円に対し30%以上の延滞金がついております。

旦那に聞いてみたところ、
元々催告書と言っても半年に1回くらいのペースでしか来ず
(結婚して初めて届く催告書です。郵便の転送もかけています)、
民間なら債権請求の義務を怠っていて、しかもヤミ金並みの延滞金で
行政の完全な怠慢なので払わなかったということです。
また当時旦那はアルバイトで月15万くらいの手取りでした。

差し押さえ通告がきた...続きを読む

Aベストアンサー

1「民間の債権請求の義務」というものがあるとしても、行政には適用されません。
2、延滞金利率は年14、6%で、法律で決められてます。
 滞納しなければかからないのが延滞金ですが、本税の30%近くになってるとするなら、滞納期間がそれだけ長いという意味です。
 納付しないでおいて「延滞金がつくとは何事だ!」と文句をいう方が間違いです。
3、租税徴収権の時効が5年であることはご存知のとおりです。
 時効消滅する寸前であろうと、まだまだ時効消滅まで期間があるにしろ、差押がされたことに対しての異議申し立ては、いきなり裁判所にはできません。
 異議申し立て前置主義があり、まずは差し押さえした市に異議申し立てをすることになってます。
 異議申し立ての内容としては、差押された財産が自分のものではないとか、既に完納してあるのに差押処分がされたなどです。
 「裁判してもよい」という覚悟は立派ですが、何に対して裁判をするのかが問題です。
 裁判とは、Aは○だと思うがBは×だという「争い」の決着を裁判官に求める手段です。
「税金が滞納してる」という事実があると主張する市に対して「税金の滞納はない」と争うということでしょうか。
これは、明らかに負けます。
 「財産の差押を受けたが、滞納していない」と争うとしても同じです。

租税滞納処分は、本人の了解なしで、かつ、裁判所の許可を必要とせずできます。

また「財産差押の予告書」に対しての異議申し立てはできません。
差押の通告書を「差押の予告書」という意味で言われてるならば、単なる通知であって行政処分ではないので異議申し立ての対象ではないからです。

実際に差押がされれば差押書あるいは差押調書謄本が本人に送達されます。
これに対して「裁判」をするならば、記述のようにまずは差し押さえをした者に異議申し立てをします。
その結果が不服ですと、その後に一般的な裁判手続きに進みます。

ご質問内容をみると「請求の仕方に問題があるから、おれは払わなくても良いのだ」と言われてるような気がします。
ちがったらごめんなさい。
租税の場合には、納期限が過ぎたら督促状が発布されて、その発布の日から10日と5年で、滞納税金の徴収権が時効消滅します。
そのあいだに「このように請求をしろ」という規定は存在しません。
あるのは「納税がされないならば、財産の差し押さえをしろ」という規定です。
ですから、「請求の仕方が悪いから、俺は払う必要がないのだ」というのは「とっとと財産の差し押さえをしろ」と当局に喧嘩を売るようなものです。

1「民間の債権請求の義務」というものがあるとしても、行政には適用されません。
2、延滞金利率は年14、6%で、法律で決められてます。
 滞納しなければかからないのが延滞金ですが、本税の30%近くになってるとするなら、滞納期間がそれだけ長いという意味です。
 納付しないでおいて「延滞金がつくとは何事だ!」と文句をいう方が間違いです。
3、租税徴収権の時効が5年であることはご存知のとおりです。
 時効消滅する寸前であろうと、まだまだ時効消滅まで期間があるにしろ、差押がされたことに対して...続きを読む

Q6年前の住民税の催告状がきました<至急>

6年前に住んでいた市から今日、市県民税の催告状というのが届きました。
そこには、
督促状等で納税をお願いしてまいりましたが
と書いてあり納税額を上回る延滞金がついていました。

古い記憶を辿って思い出してみましたが、
その年の未納月の翌月に他県に引っ越し、その翌年に未納のお知らせが届き、分納した記憶がありますが、
それ以降には全く、督促がきたこともありません。

まだ未納があるのならばもっと前に督促や未納のお知らせをもらっていれば、支払っていたのに
いきなり税金を上回る膨大な延滞金を付けて6年前の税金を今月末までに支払えというのは、ちょっと納得がいかないのです。
悪徳な金融機関でももっとマメに督促すると思うのですが・・・
決して税金を踏み倒そうとかおもっているわけではありません。
税金の倍以上の延滞金がついてから催告書を送ってきたのが納得できないのです。
今週末までには仕事の合間に市役所に電話をしようと思っていますが、
お役所は、未納の6年の間に督促状や未納のお知らせを送る義務はないのでしょうか?
同じような経験をされた方、お役所で市県民税に関わった方、税金に詳しい方お話を伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

6年前に住んでいた市から今日、市県民税の催告状というのが届きました。
そこには、
督促状等で納税をお願いしてまいりましたが
と書いてあり納税額を上回る延滞金がついていました。

古い記憶を辿って思い出してみましたが、
その年の未納月の翌月に他県に引っ越し、その翌年に未納のお知らせが届き、分納した記憶がありますが、
それ以降には全く、督促がきたこともありません。

まだ未納があるのならばもっと前に督促や未納のお知らせをもらっていれば、支払っていたのに
いきなり税金を上回る膨大...続きを読む

Aベストアンサー

役所の人間ではありませんが、仕事で役所からの税金滞納による差し押さえを取り扱った事があります。
質問者様側のお気持ちは分らないでもありませんが、客観的に通るかというと難しいと思います。

>未納のお知らせが届き、分納した記憶があります
すべて納めきったのでしょうか?
納めていなかったのに、「督促してくれば払ったのに」とは、第三者が聞くと言い訳にしか聞こえません。
転居先を追いかけるという余計な手間をかけさせておいて、「税金を踏み倒そうとかおもっているわけではありません」「膨大な延滞金を付けて支払えというのは、納得がいかない」と主張しているときけば、じゃあ、さっさと払っておいたら問題にはならなかったじゃないか、としか思えないです。

悪意の有無はともかく、未納であるということに違いはないんですよ。
そして「悪意がない」というのは、質問者様は、ご自身の事だから分かっているのであって、相手には分からない話でしょう。
「督促を受けていない」というのも、質問者様の言い分です。相手は「督促をしていた」と主張しているわけです。水掛け論ですよ。
それに分納というのは、その時点で払うべきものを払えていないから、お願いして分納させてもらうものであり、その時点で、既に余計な手間を役所にかけさせている、ひいては税金で賄われている役所のコストをわずかながらとは言え、増加させてしまっているのです。
分納が終わったか、終わっていないかを認識しておく一番の責任者は質問者様なんですよ。
支払わなければ延滞税がついていくのは当たり前の事、分納という譲歩を相手にさせたのに守らなかったのですから、ペナルティの意味もつくのは当然です。相手には、督促しなければいけない義務はないのです。

交渉の余地があるとすれば、質問者様は既に完納したと認識していたため、督促が来なくても不思議にも思わなかった、というケースでしょうね。
ただ、その場合でも、かなり難しいと思います。
質問者様側にも、領収書とか総額を納めたと思って当然の資料ってないでしょうから、「この書類を見たら完納したって考えていても不思議はないじゃないか!」と主張する根拠はないわけです。
もし、その主張ができそうな何かがあるのならば、交渉してみるのもありでしょうし、法テラスなどで相談をなさってみるのもありだと思います。

役所の人間ではありませんが、仕事で役所からの税金滞納による差し押さえを取り扱った事があります。
質問者様側のお気持ちは分らないでもありませんが、客観的に通るかというと難しいと思います。

>未納のお知らせが届き、分納した記憶があります
すべて納めきったのでしょうか?
納めていなかったのに、「督促してくれば払ったのに」とは、第三者が聞くと言い訳にしか聞こえません。
転居先を追いかけるという余計な手間をかけさせておいて、「税金を踏み倒そうとかおもっているわけではありません」「...続きを読む

Q夫の税金の滞納で、私のものも差し押さえられますか?

法律に詳しくないので、どうぞよろしくお願いします。
共働き、子供がいます。
下記のような場合でも、夫が滞納を続けたら私にも差し押さえがくるのでしょうか。
・夫には滞納している税金があります。
相談に行き、分割にしてもらいましたが本人が払わないので私が払っています。
・夫は怪しげなビジネスにはまっていて、昨年仕事を解雇されて今現在も仕事につけていません。(というか探していません)
・謎のビジネスで何とかしようとし、収入もないのにミーティングだとかで飛行機を使ったり、宿泊しています。
・雇用保険はもらいましたがもうありません。
・貯金はあと20万円しかありません。
・彼は家賃・光熱費を出してくれていたのですが、ここ3月もらえていません。
・それ以外の食費、教育費、生活にかかわるお金はもともと私が払ってきたのですが、節約にも限界があります。
・私は自由になる収入が少ないため使ってしまうのが怖く、これ以上使いたくありません。
・私には税金の未納も借金もありません。
・夫は働いてほしいというと暴力を振るいます。なので分割した税金も、もらえない光熱費も払えるうちはと払ってきましたが、もうせいぜい2月先延ばしになるだけでしょう。
私としては、少ない生活費から子供のためにためてきた大切なお金です。
夫が頑張っていてどうしようもないなら喜んで運命を共にします。ですが週に1回くらいの活動で、あとは家でテレビを見ているだけなら、怪しいビジネスにつぎ込むために大切な貯金をこれ以上使うのは嫌なのです。
本当の無一文になっては、今の家を失った時(このままでは2月後にはそうなるでしょう)雨露をしのぐことも食事をとることもできなくなります。
それが怖いのです。が、反面私がかわりに税金を払うのをやめたら
滞納者として何もかも差し押さえられるのではないかと恐れています。

話を聞いてくれないのは、夫もまいっているからだと分かっています。ビジネスをするのも何とかしたいからでしょう。
しかし、今は働いてまず生活を立て直すべき時だと思います。
仕事が終わって家に帰ると毎日ごろごろしている夫がいます。
いつまで食べさせていけるのかと考えてしまいます。
負担が大きすぎて生きていくのが辛くなります。

差し押さえになるのかが毎日気になっています。

法律に詳しくないので、どうぞよろしくお願いします。
共働き、子供がいます。
下記のような場合でも、夫が滞納を続けたら私にも差し押さえがくるのでしょうか。
・夫には滞納している税金があります。
相談に行き、分割にしてもらいましたが本人が払わないので私が払っています。
・夫は怪しげなビジネスにはまっていて、昨年仕事を解雇されて今現在も仕事につけていません。(というか探していません)
・謎のビジネスで何とかしようとし、収入もないのにミーティングだとかで飛行機を使ったり、宿泊して...続きを読む

Aベストアンサー

本人名義の不動産・預金など債権が一番差し押さえの対象になりやすいものです。あくまでもご主人名義のものです。
次に、家財など動産類ですが、換価性なければ費用倒れになりますから高価と思うものでなければ対象にはならないと思います。ただ、嫌がらせで実行しないとも限りませんが、税金の場合その心配はほとんどないですね。冷蔵庫やテレビなど昔はよく差し押さえたものですが、近年生活必需品は差し押さえ禁止物なので税金滞納で押さえることはないです。ただ、複数のテレビがあり、その中に最新の薄型テレビなどがあると対象にはなります。
その他家財には名前がついているわけではないので、共有物といいますが、奥様にも所有権がありますから現実には押さえても換価性はないので、心配無用です。

Q市民税を1ヶ月滞納した場合は督促状が家に届き、その用紙で滞納金80円を

市民税を1ヶ月滞納した場合は督促状が家に届き、その用紙で滞納金80円を含む金額を納めるようになりますが、この督促状を無視して2ヶ月滞納(正確には1ヶ月と20日後には必ず支払います)した場合は家に電話があったり何か又督促状が届いたりするのでしょうか?又この場合の滞納金はいくらくらいになりますか?

Aベストアンサー

支払う日が大体決まっているのなら・・市役所の課税課に電話してその旨を伝えておけばよいと思いますが・・貴方のデータにその旨が記載されるはず

2ヶ月位だと、10万でも延滞金は付きません(10万で延滞金は1800円位で2000円未満の場合は未徴収なので)・・2000円を超えた場合、端数の1000円未満は切り捨てた金額を延滞金として徴収(2800円なら2000円が延滞金)
支払額は、住民税額+催促手数料(80円)だけです
延滞金は、納期限の翌日から年利7.4%、1ヶ月経過後年利16.4%になります
(年利7.4%は正確には、前年11月末の公定歩合に4%を足した数字です・・上限が7.4%)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報