TIGアーク溶接に関して質問させていただきます。

一般的なTIG溶接となると、TIGアークにより母材(ここでは一般的な鋼材)を一旦溶解し、そこへ溶加棒などを溶かし込む、という方法だと思います。

今回は溶加棒を使わず、TIGのアークのみを鋼材に当てた場合、母材はどのようになるでしょうか?
具体的には、
・アークをあてた後の母材の形状はどうなるか?
(凹ができる?元の母材形状と同じ?)
・アークをあてた後の母材の材料特性はどうなるか?
(脆性になる、割れるなどの問題は生じるか?)
・アークをあてた後の母材の強度特性はどうなるか?
(元の母材と強度特性は変わるのかどうか?)

以上です。

溶接に詳しい方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

TIG溶接の仕事をしています。

16歳です。(職業訓練校卒業生)

溶接棒がなければビードは整いません。
凹←でこぼこではなく溶接世界ではビードって言われます。
そのまま走れば、元の現状・割れが生じまです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング