先日amazonにて購入し、インストールは何とか完了したのですがいざDSでwi-fi設定をするとIPアドレスが取得できない、と表示されてしまいます。
沢山の類似の質問に目を通し、全て試してみたのですが一向に改善されません。

速度は2M、チャンネルも色々変えてみました。
802.11 b onlyにも設定してあります。
暗号化無し、ファイアーウォール解除も試し、セキュリティソフトは導入しておりません。

使用しているPCはwindows xp 、yahoo BB、ルータはNP-BBRLです。
解決法をご教授頂ければと思います。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

DNS自動取得   :しない


プライマリDNS  :192.168.0.1例
セカンダリDNS  :192.168.0.1例設定しないと52100が出
説明に書いて有ります
駄目な場合
プライマリDNS 
セカンダリDNS 
ローカルエリア接続--状態--サポート--詳細でで解ります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しかしエラーが出た時もDNSを同じように手動で入力致しました。

接続テスト時間がとても長くなったのですが、また結果的にエラー52100が出てしまいます。

折角再度回答頂いたのに申し訳ありません。
どうか解決策を引き続きご教授頂きたいです。

お礼日時:2009/05/28 22:29

一度ルーターを初期化して


ルーターとDSだけでやってみてください
当然コンピューターは一時接続できなくなりますけど ルーターDS間だけで確認して見て下さい

DSiはいいのですが DSは接続トラブル多いですね DSだけレベルが低いのですよね 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
初期化してみたのですが一向に改善されません。

どうしたものでしょう…

お礼日時:2009/05/28 22:30

http://jyu-denkou.com/topicsp/topics.cgi
DSの5200番エアラー
ここへ5200番エラー書き込みして有りますので参考
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全て手動入力して試してみたのですが、今度は52100エラーが出るようになってしまいました…
しかしご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 21:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmultiple definitionというエラー

現在Ubuntu LinuxのgccでC言語のプログラムをやっています。

https://sourceforge.jp/projects/cc1101driver/scm/svn/blobs/2452/trunk/20140411/code.h

このツリーのcode.hに ”const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {” というコードを追加してmakeを行うと次のようなエラーが出て実行ファイルが出力されません。



(エラー内容)

---------------(中略)-----------------
gcc -o exe main.o event.o env.o audio.o task.o comm.o menu_show_status.o mount.o net.o misc.o -lpthread
event.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
env.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
audio.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
task.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
comm.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
mount.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
net.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
misc.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
collect2: error: ld returned 1 exit status
make: *** [exe] Error 1






この const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {をコメントアウト正常にビルドできるのですが、




この問題を解決するにはどうすれば良いのかご教示頂きますようお願い致します。

現在Ubuntu LinuxのgccでC言語のプログラムをやっています。

https://sourceforge.jp/projects/cc1101driver/scm/svn/blobs/2452/trunk/20140411/code.h

このツリーのcode.hに ”const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {” というコードを追加してmakeを行うと次のようなエラーが出て実行ファイルが出力されません。



(エラー内容)

---------------(中略)-----------------
gcc -o exe main.o event.o env.o audio.o task.o comm.o menu_show_status.o mount.o net.o misc.o -lpthread
event.o:(.rodat...続きを読む

Aベストアンサー

お約束の「ヘッダに実体を定義してはいけない」ってヤツです。

code.hに記述した内容はall_includes.hに適用されます。
all_includes.h内で#include "code.h"していますからね。

で、all_includes.hの内容はそれぞれ
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
つまり、code.hに記述した内容も
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
それぞれのオブジェクトファイルにPVC_TCP_SIG_CODE[100]が存在します。

リンクする段階でどのオブジェクトファイルのPVC_TCP_SIG_CODE[100]を使用したらいいのでしょうか?????
というエラーです。

extern宣言して、実体をどこかのソースファイルのみに記述する。
というのが一般的な対処方法です。
# static宣言にすればとりあえずリンクは通るかもしれませんが…無駄が出ますねぇ。
# 今回はconstなので、メモリに無駄が出るだけ…で済むかと思われますが。
http://d.hatena.ne.jp/saitodevel01/20110321/1300685958

お約束の「ヘッダに実体を定義してはいけない」ってヤツです。

code.hに記述した内容はall_includes.hに適用されます。
all_includes.h内で#include "code.h"していますからね。

で、all_includes.hの内容はそれぞれ
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
つまり、code.hに記述した内容も
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
それぞれのオブジェクトファイルにPVC_TCP_SIG_CODE[100]が存在します。...続きを読む

QxpでSnort試してみるがエラー

winxp sp2 ADSL ルーター
snort2.3.0 idscenter11rc4
の環境でSnort試してみましたが、

ERROR: c:\Snort\etc\snort.conf(247) => Invalid option 'include' to portscan preprossor.
Fatal Error,Quitting..

とエラー表示が出ます。
IDS初心者ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エラー表示の箇所(c:\Snort\etc\snort.confの247行目?)を見て修正してくださいな。

存在しないファイルを指してるのかも知れません。

あるいは

RULE_PATH が設定できていないのかも。

参考URL:http://jem.serveftp.com/security/configure2-4.htm

Qbear the definitions

bear the definitions
という場合、このbearはどういう訳となるのでしょうか?


Bold and capitalized terms not defined herein bear the definitions in the Competition Packet.
という文で使われていました。

「ここで定義していない太字と大文字表記は、Competition Packetに定義されている」という意味でしょうか?

Aベストアンサー

yes

Qリモートアクセスに失敗します。原因を教えて頂けないでしょうか。

同じネットワークセグメントで、自分のPCからターゲットPCに対して、下記のコマンドをアドレスに入力して、ユーザー名、パスワードを入力すればログインできると思ったのですが失敗します。
ログインできるターゲットPCと、ログインできないターゲットPCがありますが、何が条件なのか把握できていません。
ログインできない原因を教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

ログインできない、ターゲットPC情報は以下の通りです。
OS:WindowsXP SP2
Windowsファイアウォール:有効(デフォルト設定)
ローカルアカウントの共有とセキュリティモデル:クラシック
ユーザー権限:Administrator

コマンド
\\192.168.xxx.xxx\c$

Aベストアンサー

クライアントPCでipconfig /all を実行し表示される内容をみるとどこが違うかわかりますよ。

Qウィンドウズのアップデートで10月20日に、Definition Up

ウィンドウズのアップデートで10月20日に、Definition Update for wWindows Defender-KB015597(Definition 1.93.26.0)が2回インストールされましたが、そのあとにもう一つ「更新プログラムをインストールしています(50パーセント完了)」とありますが、今日で3日連続表示され、インストールが進みません。なにか解決方法はないでしょうか?PCは初心者クラスです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>今日で3日連続表示され、インストールが進みません。
ちょっと状況がつかめません。
毎日の起動時に同じ内容が表示されることが3回続いた、ということでしょうか。それとも、72時間の間ずっと「(50パーセント完了)」の状態なのでしょうか。

前者なら
http://menushowdelay.blog13.fc2.com/blog-entry-523.html
とその中のリンクを。
後者なら、とりあえず再起動しましょう。

QIEEE802.11のセキュリティとこれからの動向について

IEEE802.11の規格において

雑誌を見て素朴に思った疑問なのですが、

(1)11.bではスペクトル拡散が伝送方式として用いられています.よって、PN信号を用いるので、セキュリティが高く通信中の電波を盗聴されないと思います。
ということは、WPAなどの暗号化は不要なのでしょうか?

(2)11a,11gでは、OFDMに伝送方式が変わっていますが、秘匿性を(WPAがあるので)必要とせず、とにかく早い通信をしたいという理由からでしょうか?規格が変わっていった流れを知りたいです。

私自身、実務経験などまったくないですが、今後こうした業務をやってみたいと思っています。
そんなわけで、素人ながらの的を得てない質問かもしれませんが、ご存知な方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.わざわざ拡散して通信するのはノイズ対策のためなのですか?
>→拡散することによって、ある周波帯域に局所的なノイズが発生しても軽減できる。

無線LANがスペクトル拡散を使ったのは、これが理由です。
局所的なノイズというより、他の通信機器や産業機器の電波からの干渉(混信)を受けても通信できるように、そして、他の通信機器や産業機器に対して影響を小さくするためにスペクトル拡散を使っています。
(拡散することで、電波の電力を広い帯域に文字通り拡散して、強い混信を与えないようにする効果があります。)
11bの使っている周波数帯は、電子レンジや温熱治療器、RFタグ、アマチュア無線、Bluetoothなどなどいろんな機器が共用している帯域なのでこういったことが考えられています。

一方、携帯のCDMAは、周波数や時分割で、ユーザ個々のチャネルを割り当てる代わりに、「符号」でチャネルを割り当てることにしたものです。これで、高速伝送と周波数の高い利用効率を実現しているものです。
携帯の周波数は、専用の帯域ですので、他のノイズや干渉からの影響を軽減するためというわけではありません。

>それから、スペクトル拡散は、軍事用に開発され秘匿性の高い通信方法として用いられていたと聞いたことがありますが、
>今までの話からすると、
>2.スペクトル拡散は、軍事面以外に秘匿性を重視するために用いられることはあまりないのですか?

スペクトル拡散で言う秘匿性とは、非常に広い周波数帯域に拡散して、そもそもそこで通信をしているかどうかわからないような状況を作るものと理解しています。

私の知る限りでは軍事目的以外で拡散を利用した秘匿性の確保というのは聞いたことはありません。

拡散することで得られる「拡散利得」を活かして、深宇宙通信に利用していたということがあります。

>1.わざわざ拡散して通信するのはノイズ対策のためなのですか?
>→拡散することによって、ある周波帯域に局所的なノイズが発生しても軽減できる。

無線LANがスペクトル拡散を使ったのは、これが理由です。
局所的なノイズというより、他の通信機器や産業機器の電波からの干渉(混信)を受けても通信できるように、そして、他の通信機器や産業機器に対して影響を小さくするためにスペクトル拡散を使っています。
(拡散することで、電波の電力を広い帯域に文字通り拡散して、強い混信を与えないようにす...続きを読む

QOn Error GoTo でエラーが発生する

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

   Do
   On Error GoTo ErrorTrap2
      '-エラーの発生するコード 2
   On Error GoTo 0
   Loop

ErrorTrap2:

End Sub

しかし、以下のようにSubで二つに分けるとエラーは出ません。

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

Call Macro2

End Sub
Sub Macro2()

    Do
     On Error GoTo ErrorTrap2
      '-エラーの発生するコード 2
    On Error GoTo 0
    Loop

  ErrorTrap2:

End Sub

「On Error GoTo 0」がうまく解除できていないのかと思い、いろいろ試してみました。
しかし、どういった理由かはわかりませんでした。
「On Error GoTo」は、Subでは、ひとつしか使えないのでしょうか。

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

   Do
   On Error GoTo ErrorTrap2
      '-エラーの発生するコード 2
   On Error GoTo 0
   Loop

ErrorTrap2:

End Sub

しかし、以下のようにSubで二つに分けるとエラーは出ません。

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

Call Macro2

End Sub
Sub Macro2()

    Do
     On Error G...続きを読む

Aベストアンサー

エラー処理の中でOn Error GoToを記述することはできません。


エラー処理の基本的な構造は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Exit Sub

ErrorTrap1:
  'エラー処理
  Resume Next

End Sub


エラー処理が2つある場合は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Do
  On Error GoTo ErrorTrap2
    '-エラーの発生するコード 2
  On Error GoTo 0
Loop

Exit Sub

ErrorTrap1:
  'エラー処理1
  Resume Next

ErrorTrap2:
  'エラー処理2
  Resume Next

End Sub


Resume Next でエラーが発生した行の次の行から再開します。
Resumeには他の構文もありますので、調べてみてください。

エラー処理の中でOn Error GoToを記述することはできません。


エラー処理の基本的な構造は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Exit Sub

ErrorTrap1:
  'エラー処理
  Resume Next

End Sub


エラー処理が2つある場合は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Do
  On Error GoTo ErrorTrap2
    '-エラーの発生するコード 2
  On Error GoTo 0
Loop

Exit Sub

...続きを読む

Qファイアーウォールの設定

TINYパーソナルファイアーウォールをインストールしました。IEを立ち上げると”TINY PERSONAL FIREWALL DRIVER:MAC TRANSFER DATA:INVALID BUFFER TAG”とメッセージが出てネットに接続できません。どのように設定すればいいのでしょうか?
ファイアーウォールを無効にしても接続できず、アンインストールすれば接続できます。
環境
WIN2000PRO/フレッツADSL

Aベストアンサー

TINYパーソナルファイアーウォールとフレッツ接続ツールは相性が悪いのでこんなメッセージが出ることがあります。

フレッツ接続ツールをアンインストールして「RASPPPoE」を使ってみてください。

参考URL:http://myth.cside1.com/article/raspppoe.html,http://www4.xdsl.ne.jp/~ibuki/raspppoe.html

Qステレオミキサーの「realtek high definition a

ステレオミキサーの「realtek high definition audio 6.0.1.5490」より新しいバージョンのものはありますか?更新したいので。

Aベストアンサー

こんばんは。

現状ですと、[R2.47]の"6.0.1.6083"が最新のようです。
RealtekのOHPからダウンロードできます。
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsCheck.aspx?Langid=4&PNid=24&PFid=24&Level=4&Conn=3&DownTypeID=3&GetDown=false

Qマカフィーのファイアーウォール

セキュリティーにマカフィーのソフトを使っているのですが、パーソナルファイアーウォールの[アクセスを拒絶しました]という表示ありますよね?画面の下からにょきっと生えてくるような。
あれがとても鬱陶しいです。このように質問などをテキストエリアやテキストボックスに書き込むのを妨害されててイライラします。酷い時は閉じても閉じても出てくるので・・・。お金払ってこのソフトを買ったのに、ここまで不便だと腹が立ちます。
ファイアーウォールの機能をそのままにして、その表示だけを非表示にするという設定には出来ないのでしょうか?
スイマセン、使いこなせてなくて・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん右下のタスクバーに赤いMのアイコンがあると思います。ここを右クリックします。
そしてパーソナルファイアウォール-オプションを選択。
「一般」のタグをクリックして「アクセスの検出時」をアラートダイアログを表示する以外にすればOKですよ。

参考URL:http://www.sourcenext.info/support/faqsearch;jsessionid=ED6C0BEC0E79EC24AEC021B0D075A0F8


人気Q&Aランキング

おすすめ情報