アルキメデスの原理というのは、「液体中の物体は、その物体が押しのけた液体の質量分だけ軽くなる」ということですよね。

海水に浮かぶ氷山がある。氷および海水の比重をそれぞれ0,92および1,05とすれば、この『氷山』は全体積の何%を海面下に沈めている事になるか?

何でこれは、V×1.05=100×0.92ってなってるんですか?
海水をVにするんですか?『』つけましたが、氷山について出す問題なんですよね。
あと、なぜ海水に100を掛けたら押しのけた事になっちゃうんですか?押しのける時って引くのではないんですか?


海面上に出ている氷山の体積は氷山全体の何%か?氷山の密度は920kg/m^3、海水の密度は1020kg/m^3とする。

(100-v)×1020=100×920を解いて、
v=9.8%、
こうやってなってますし
あの100-vの部分ですね

A 回答 (2件)

整理して考えてみましょう。



1)海水上の氷山の体積の割合をV%とすると、海面下にある氷山の割合は(100-V)%となる。

2)氷山が浮かんでいるということは、水中に沈むことによって得られた浮力と、氷山自身の自重が釣り合っている状態である
(浮力は、アルキメデスの原理によって求められる)ので、
 氷山の自重=海面下の氷山の体積から得られる浮力となる。

3)仮に氷山全体の体積をMとすると、
  氷山全体の体積=M×100%(=1)
  海面下の体積 =M×(100-v)%
 
4)従って、
氷山の自重
 =氷山全体の体積×氷山の密度
 =M×100%×920
 =海面下の氷山の体積から得られる浮力
 =海面下沈んだ氷山の体積×海水の密度
 =M×(100-v)%×1020

となります。両辺のをMで割れば
 (100-v)×1020=100×920
が導かれますので、後はvについて方程式を解けばよろしいかと思います。

この回答への補足

ごめんなさい。前問でも、普通に100-vとかしなくてもできたからこれもできないんですか?
何か、海面下にある氷山の割合自体を100-vじゃなくて、vとしちゃえばイケそうですがどうでしょうか

補足日時:2009/05/27 23:10
    • good
    • 0

>何か、海面下にある氷山の割合自体を100-vじゃなくて、vとしちゃえばイケそうですがどうでしょうか



別に構いませんよ。海上をvとしても、海面下をvとしても
この問題の肝は、浮力と自重が釣り合うことから、体積の割合から
浮力を求める点ですから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング