今、高校2年生で化学の典型金属や遷移元素の分野をやっているのですが、この分野は完全に暗記の分野なのですか?
ナトリウムはアルカリ金属で価電子は1つで・・・のようなものは覚えなければいけないと思いますが、ナトリウムの単体や化合物の関係の化学反応式などは覚えなければいけませんか?
考えて導き出せませんか?
覚えるにしても、どの程度覚えていいものかも分かりませんし、勉強法も分かりません。
この分野はどこまで覚えたらいいのか、どう勉強したらいいのか教えてください!!
本当に困っています。 お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あと、化学反応についてですが、イオンをやってから考えた方がよろしいかと思います。



私の力量不足でこの場で詳しく教えるには難しいので、下記の本を読んでみてはいかがでしょう。「マンガ化学式に強くなる」で、148ページまで読めば十分です。

それでは失礼致します。最後に、勉強の中心はあくまで英数国であることをお忘れなく。
    • good
    • 1

大学受験で覚えなければいけない元素は、H、He、Li、Be、B、C、N、O、F、Ne、Na、Mg、Al、Si、P、S、Cl、Ar、K、Ca(元素記号1~20)と、Br、Iのハロゲン、イオン化傾向の順番であるK、Ca、Na、Mg、Al、Zn、Fe、Ni、Sn、Pb、(H)、Cu、Hg、Ag、Pt、AuとSrの炎色反応が紅色と言うくらいと言う事くらいです。

ゴロ合わせをご存知でなかったら、補足にでも書いていただけると助かります。
これ以上覚えるのは、大学で無機化学を専攻する人くらいです。
    • good
    • 0

いろいろな化合物を知り、それが電離した姿を考えれば覚えやすいかもしれません。



「金属は陽イオンになる」とH+ , OH- , O2- の組み合わせだけでも結構使えます。

ウィキペディアに載っている構造式はお勧めです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E9%85%B8% …
    • good
    • 0

>覚えるにしても、どの程度覚えていいものかも分かりませんし


全部丸暗記。ただし棒暗記は不可
たとえば、
>ナトリウムはアルカリ金属で価電子は1つで・・・
というのは当然覚える事柄ですが、ナトリウムはアルカリ金属(1族)ということさえ覚えておけば価電子の数が1個だというのは別個に覚えるような事柄ではないですよね。典型元素の場合価電子の数=族番号の一の位なのですから。

>ナトリウムの単体や化合物の関係の化学反応式などは覚えなければいけませんか?
反応式は覚える必要ありませんが、どのような反応が起こるかは全部丸覚えです。どんな反応が起こるかが分かればあとは反応式をつくればよいのです。

性質やら何やらを全て独立の事柄として覚えようとする棒暗記はなんの役にも立ちません。総合的に解釈してこそです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無機化学 色の覚え方について

私は今高校生3年で、最近化学がやっと無機に入ったのですが、覚えることが多すぎて嫌になります。
特に色が覚えられません。
たとえば水溶液中のイオンや、ハロゲン化物、硫酸塩などの色です。
そこでできればゴロで覚えたいなぁと思ったのですが、なかなか良いのが見つかりませんでした。
どんなのでもかまいません。なにかいいゴロがあったら教えてください。

Aベストアンサー

語呂合わせなど必要ありません。
金属イオンが主に発色の原因なので、それで判定すればいいのです。
典型元素は無色のものが多く、遷移元素には有色のものが多い。
同じ元素の同じ価数の化合物の色は、それぞれ似た色になるはずです。

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q体細胞分裂 ~ 染色体の数・DNAの数

生物の体細胞分裂のところでわからないところがあります。

体細胞分裂って、間期でDNAが複製され、
最終的に2つに分裂したそれぞれの核の中に、もともとと同じ数だけ入るようになるんですよね?

私が持っている学校で配られた有名な問題集の、
ある問題で、DNA量の変化のグラフを書く問題があって、
模範解答では、
  間期で段々もとの2倍になり、
  間期終了時には完全に2倍、
  そして、その後の分裂期ではずっと2倍のまま、
  次の間期が始まる時にもとの1倍に戻る(2つに分かれた為)、
このような解答になっていました。

しかし、「センター試験生物1が面白いほどわかる本」では、
  染色体数は、間期でも分裂期でもずーっと変わらない、
  例えば4本ならずっと4本、
  核相も2n=4なら間期でも分裂期でもずーっと変わらない、
ほかに、この本で、体細胞分裂後期の図があって、この細胞の染色体数を答えろという問題で、
  この問題はふだんの染色体数を図から判断し答えろという問題で、
  見た目は8本でも4本と答えなくてはならない、
といった内容のことが書いてありました。

お互い矛盾してませんか…?
例えばはじめ染色体数が2本のものなら、
上の問題集によると、後期は2倍になっているはずだから4、
下の参考書によると、後期でも本来を答えなくてはならないから2、
ということになりませんか??

一体どこで理解を間違えているのでしょうか。
どうか教えてください…、
お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。

生物の体細胞分裂のところでわからないところがあります。

体細胞分裂って、間期でDNAが複製され、
最終的に2つに分裂したそれぞれの核の中に、もともとと同じ数だけ入るようになるんですよね?

私が持っている学校で配られた有名な問題集の、
ある問題で、DNA量の変化のグラフを書く問題があって、
模範解答では、
  間期で段々もとの2倍になり、
  間期終了時には完全に2倍、
  そして、その後の分裂期ではずっと2倍のまま、
  次の間期が始まる時にもとの1倍に戻る(2つに分かれた為)、
...続きを読む

Aベストアンサー

DNA量と染色体数では数え方が違います。

染色体数の場合、体細胞分裂では変化しない(娘細胞にコピーを分配)。
減数分裂では、第1分裂で半減する。第2分裂では変化しない(娘細胞にコピーを分配)。

DNA量の場合、間期のS期に複製が行われ倍加する。
体細胞分裂では分裂によって元と同じに戻る。
減数分裂では第1分裂で元と同じ量に戻り、第2分裂で半減。

もしもDNAの合成が行われたのち、細胞分裂が途中でストップして元の2倍のDNAを持った状態の細胞ができれば、染色体数が2倍になった新しい細胞の誕生と考えます。(コルヒチンで処理した場合です)

Q数学Ι 絶対値を2つ含む不等式

度々すいません^^;
不等式|x+1|+|x-2|<5はどうやって解くのでしょうか?
過去の質問で場合分けする、というのをみたんですけど良く分かりません。
絶対値が一つだったら分かるんですが…場合分け^^;
2個になるとどうとけば良いのでしょう?

Aベストアンサー

|x+1|と|x-2|を別々に考えます。

|x+1|は、
 x<-1のとき、-(x+1),
 x≧-1のとき、(x+1)


|x-2|は、
 x<2のとき、-(x-2)
 x≧2のとき、(x-2)


したがって、
(1) x<-1のとき
 |x+1|+|x-2|<5は、
 -(x+1)+{-(x-2)}<5
  -x-1-x+2<5
       -2x<4
        x>-2
 ここで、前提がx<-1の場合であることから、-2<x<-1 …(A)


(2)-1≦x≦2のとき
 |x+1|+|x-2|<5は、
 (x+1)+{-(x-2)}<5
     x+1-x+2<5
        3<5
 これは、常に成り立つが、
 前提が-1≦x≦2の場合であることから、-1≦x≦2 …(B)


(3)x>2のとき
 |x+1|+|x-2|<5は、
 (x+1)+(x-2)<5
   x+1+x-2<5
      2x<6
      x<3
 ここで、前提がx>2の場合であることから、2<x<3 …(C)


(A),(B),(C)をまとめると、この不等式の答え、
すなわち、-2<x<3が求められます。

|x+1|と|x-2|を別々に考えます。

|x+1|は、
 x<-1のとき、-(x+1),
 x≧-1のとき、(x+1)


|x-2|は、
 x<2のとき、-(x-2)
 x≧2のとき、(x-2)


したがって、
(1) x<-1のとき
 |x+1|+|x-2|<5は、
 -(x+1)+{-(x-2)}<5
  -x-1-x+2<5
       -2x<4
        x>-2
 ここで、前提がx<-1の場合であることから、-2<x<-1 …(A)


(2)-1≦x≦2のとき
 |x+1|+|x-2|<5は、
 (x+1)+{-(x-2)}<5
     x+1-x+2<5
        3<5
 これは、常に成り...続きを読む

Q東北大と北大のオススメする点

現在高校三年です。
志望大学を東北大学と北海道大学(どちらも文学部)で迷っています。
二年の夏休みには東北大のオープンキャンパスに行きました。緑が沢山で、学生さんは皆さん落ち着いた雰囲気でいいなあ、とずっと思っていました。
ですがここ最近になって、北海道大学にも魅力を感じています。

夏休みには両方のオープンキャンパスに行く予定ですが、色んな方の思う色んな良いところを聞きたいな・・・と思い、質問をしました。

なので、
・僕、私は東北大or北大生だ!
・地元に住んでるけどこんな良い点があるよ!

などなど、良い所を沢山教えてほしいです^^!よろしくお願いします!(※ちなみに、こっちの大学はここの大学に比べてここが劣るなど、大学の批判などはやめて下さい。)

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、仙台市は緑が多くて住むには良い町ですよね。

仙台ばかりでなく、いろんな都市に住んだ経験がありますが、
その中でも好きな都市のひとつが仙台です。

あなたがどちらにお住まいかはわかりませんが(東北、北大志望だから東北地方か
北関東、甲信越、冨山石川あたり?)、 よく言われるのは仙台市は大都会でもないが
100万都市であり、ファッションやブランド物の専門店にしても一応何でもそろっていて
住むのには困らない町です。

東京や大阪出身の学生にしてみれば地方都市だけれど、それでも生活するうえでは
不便ではない町。
いっぽう青森市や盛岡市、弘前や横手や酒田あたりの出身者にすれば、
仙台は本当に大都会です。
八戸高校や秋田高校あたりの出身者でも、仙台に住んでみて今までの生活の価値観が
変わったという声をよく聞きます。
このように学生の出身地によって感じ方はだいぶ違います。

でも実際に住んでみて「まちへ行けば」=中心街(青葉通、東一番丁通や東二番丁通附近)に
行けばの意味です、何でも買えるし、
近代的なビルが立ち並んでいるのに自然の豊かさを感じることができる、といった
このように仙台は不思議な都市だと思います。

青葉通の美しい並木が四季折々にいろんな顔を見せてくれ、広瀬川のせせらぎの音が耳に心地よく
響く、街の中に多くの自然が残っているからでしょう。

さらに郊外には自然がたくさんあるし(松島、山寺、作並や鳴子)、そういった景勝地や温泉にも
わずかな時間で行くことが出来ます。

学問をする上でも、旧帝大のひとつである東北大学という日本でも指折りの総合大学で、
学問を学ぶ上では仙台で4年間を過ごすのは素敵なことですよ。
伊坂幸太郎氏が東京に帰ってこない理由もわかります。
(だから今回の大地震で、仙台市が未曾有の災害に遭ったことはたいへん不幸なことです)

一方、札幌は仙台以上の大都市です。
札幌には住んだ経験はありませんが、真冬も真夏も四季を通じて北大キャンパスを経験した
ことがあります(昨年も2度北大へ行ってきたし)。

文学部は経済学部や工学部などと比べても札幌キャンパスの中では札幌駅から一番近いし
便利なところに位置しています(地下鉄の北12条駅からでもOK)。

5月から9月にかけては、大学生活を送る上では素晴らしいキャンパスですよ。
キャンパス内でサークルや仲間内でのジンパ(ジンギスカンパーティのこと)は最高です。
学食もたくさんあり(確か7つくらい)、いくらやラーメン好きな私には、そういったメニューを
楽しめる北大の学食は魅力です。

ただ雪国暮らしの経験のある私でも、真冬の札幌は寒かった!  あの寒さの中で授業へ出かける
北大生は偉いなと思うほどです(私なら冬場はアパートから出ないでしょう)。
冬場の寒さは覚悟したほうがよいですよ(笑)。

東北大も北大も、その地方での頂点の大学ですし地元での評判は絶対です。
すすきの(札幌)やぶんちょう(仙台)で飲み食いしていても、みなが北大生や東北大生には
優しいですね。
どちらの大学でも純粋な学生は結構います(学問だけで都会馴れしていない)。
どちらがといえば北大のほうが多いと思います。

札幌市自体が仙台以上にミニ東京という感じで、道内の全地域から人が集まってくるからです
旭川も釧路もありますが、北海道における札幌の比重は、東北地方の仙台よりもずっと
重いものがあります。

だから東北地方以上に北海道の片田舎(中標津、豊富、遠軽、倶知安、静内、厚岸)あたりから来る学生
(この辺の高校は毎年卒業生が100人以下で、北大の合格者も毎年1~2名の合格)は、本当に
純粋な学生が多い。
卒業生45人くらいの高校って、学年の結束力は強いからね。

だからそんな道内の人たちが集まる札幌でさえ、たまに行くと時間の流れを忘れてしまいます。
ゆっくりとゆっくりと時が流れ、東京や大阪での生活がうそのような錯覚に陥ります。

そんな時がゆったりと流れる大自然一杯の札幌で勉強できるもの良いと思いますよ。

文学部自体の学問内容については大差はありませんが、下の方も書き込んでいるとおり、
北大文学部は日本でユーラシア北方文化やアイヌ民族などの北方少数民族の歴史や文化の研究を
行っている唯一の大学です。

あと今年から北大の入試形態が変わっているので、新しい入試形態は調べてないけれど
昨年までなら北大文学部は個別試験は数学と地歴のどちらかが選択だったはず。
東北大は文学部といえども数学選択です。

東北大文系の数学問題は素直な問題であるものの、全問5問のうちの1~2問に考えさせられる
問題があったと記憶しています(全問5問というのは、私の記憶違いならばご勘弁を。
配点が低いから、問題はもっと少なかったかもしれませんが)

以上、参考になればと思います。

おっしゃるとおり、仙台市は緑が多くて住むには良い町ですよね。

仙台ばかりでなく、いろんな都市に住んだ経験がありますが、
その中でも好きな都市のひとつが仙台です。

あなたがどちらにお住まいかはわかりませんが(東北、北大志望だから東北地方か
北関東、甲信越、冨山石川あたり?)、 よく言われるのは仙台市は大都会でもないが
100万都市であり、ファッションやブランド物の専門店にしても一応何でもそろっていて
住むのには困らない町です。

東京や大阪出身の学生にしてみれば地方都市だけれど、...続きを読む

Q無機化学はなにを暗記すればいいんですか?

無機化学は暗記だと書いてありました。
参考書を開いたら、いろいろ書いてあります。
が、なにを覚えればいいのかわかりません。

例えば、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体

これをまんま覚えればいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別がつかないと思いますので、参考書を使うことをお勧めします。

現在あなたが持っている参考書が何なのかわかりませんが、多くの参考書には「重要!」「ここがポイント!」などの重要箇所があると思います。まずはそこを覚えましょう。

もしあなたの参考書が使いにくいのならば、別の参考書にしましょう。あまりマニアックなのは避けて、シンプルで基礎的な参考書にしましょう。東進ブックスの「岡野の化学をはじめからていねいに(無機・有機化学編)」などがお勧めです。

さて暗記するコツを教えましょう。無機化学で暗記する物は大きく分けて2つです。1つは物質の性質。もう一つは化学反応式です。物質の性質はほとんど丸暗記です。ですが性質が似ている元素のグループを知っていると覚えることが少し減ります。アルカリ金属・アルカリ土類金属・遷移元素・ハロゲン・希ガスや両性元素・酸性酸化物・塩基性酸化物などのグループは押さえましょう。またゴロで覚えるのも効果的です。私が使っているのは、両性元素は「ああすんなり(Zn Al Sn Pb)」。「ひ さん に働く」で「非」金属の酸化物は「酸」性酸化物。「禁 煙」したい「金」属の酸化物の「塩」基性酸化物。などなど。


化学反応式についてはほとんど暗記の必要はありません。反応の原理だけ知っていれば知らない化学反応式でも書けます。そのために必要な知識を書きます。

(1)イオン化傾向の大きい順番
K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb H2 Cu Hg Ag Pt Au(貸そう か な ま あ あ て に すん な ひ ど す ぎ るしゃっ(はく) きん)
(2)基本的な反応原理
・弱酸の塩 + 強酸 → 強酸の塩 + 弱酸 (弱い者は出ていけ!反応)
・弱塩基の塩 + 強塩基 → 強塩基の塩 + 弱塩基 (弱い者は出ていけ!反応)
・揮発性酸の塩 + 不揮発性酸 → 不揮発性酸の塩 + 揮発性酸

・イオン化傾向がA>Bのとき
 A + Bの陽イオン → Aの陽イオン + B

・酸性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・塩基性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

・酸性酸化物 + 水 → オキソ酸
・塩基性酸化物 + 水 → 塩基

・両性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・両性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

それでは、また何かあったらどうぞ。

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報