若年層に多く感染例がみられてますが、その理由として、高齢者の人などは以前のインフルエンザから免疫がついたとか、高校生は集団の場が多いことから感染者数が拡大した、などの理由が挙げられています。しかしちょっと説得力不足な感じがしてしまいます。ホントにこれらが理由として若者に多く感染してしまってるのでしょうか。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

専門機関や学者でも「・・・の可能性がある、科学的な分析が必要だ」と言っている段階なので、ほんとの理由はまだ誰にも分からないと思いますが。

    • good
    • 0

中学~高校生くらいの年代だと、多少熱があったり咳やくしゃみ、


鼻水がちょっと出たりするぐらいでは簡単に休まないですよね。
それでいて、教室でくしゃみを1回でもしようものならクラスの
全員に感染の危険性があるんですよ。
つまり、伝染した方も伝染された方も無自覚のうちに感染が拡大
する可能性があるわけです。

ある程度年配になると、少しの体調変化にも敏感になるし、過剰
だと思うくらい自己防衛するので、感染しにくいのだと思います。
    • good
    • 0

>ホントにこれらが理由として若者に多く


>感染してしまってるのでしょうか。。

 新型なのでまだ、わからない部分もあるんじゃない

 今後 更に新型の研究が進めば
もしかしたら 新たな理由がわかるかもしれないかもよ

 ただ、過剰に反応するのはどうかと思うよ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング