木造 3階建て 準耐火仕様で、床の仕上げを構造用合板24mmの剛床仕様で、その上にフローリング12mmで大丈夫なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

床には、一応規制はありません。


床の仕上げを構造用合板24mmの剛床仕様で、その上にフローリング12mmで大丈夫なのでしょうか?
普通の生活する分では、問題ありませんが、構造用合板24mmの剛床仕様は、最低のラインです。
普通、構造用合板28mmにフローリング12mmの仕様が一般的な標準の剛床仕様です。
ご参考まで
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舗装道路の材質の区別について

子供の頃からどうしてココだけ?と思っていました(今は30歳)道路の舗装が一区間だけ(それぞれ1キロ前後)アスファルトではなく、砂利とコンクリートの混合物なのです。(多分)だから、車でそこを通ると音がするので直ぐ分かる所なんです。1つ目は、すぐそばが水源地で水道局の大きな建物があります。だから、地盤のせいなのかな?なんて思っていましたが・・。2つ目は、高速道路のかなり以前から作られていた部分で、その辺りは、耐火煉瓦の採掘で有名なところです。こちらは、昔はこんな舗装でもOKだったんだろうなーと思っていたら、その前後の部分で舗装をきれいにしていました。(全部ぴっちりと言う訳じゃないけど)あれ?あれ?と思いだしたら気になってしまいました。専門知識のある方、どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

水源地の近くでしたら、道路の下に水路があるのかもしれません。水路も含めて全てをコンクリートで作っているのかもしれません。2つ目の部分は分かりません。もしかしたら、当初は高価なコンクリートで作る予定が、後で予算の都合でアスファルト舗装で他の部分を作ったののかもしれません。高速道路でしたら、加速、減速、カーブ等で、路面に大きな負荷がかかる箇所、例えば料金所の前後などは、強度の高いコンクリート舗装にしている様です。

Q準耐火構造の家の耐火性は本当はどの程度ですか?

地震などで火がでたら、両隣が火の海などというケースもあると思います。そんな事態になっても持つとは思えません。
だったら、普通の家と変わらないのではないかとも思います。
サイトを見ても、○十分の耐火性がある、などと書かれているだけで、どうもピンときません。
全くの素人ですので、わかりやすく教えてくだされば幸いです。

Aベストアンサー

要するに、消防車が来るまでもたす、住民の避難時間を確保するという考え方です。
何時間も直ぐ隣が燃えていたら、火が移らなくても隣の家は蒸し焼き状態です。(外から見れば問題ないのですが内部は住めた物では無い物件を直に見たことがあります。)
僅かの避難時間を確保することが生死を分けるのです。

Q【住宅の「耐火等級3級と耐火等級4級の違い」ってどれくらいですか?】 準耐火1時間、準耐火45分は

【住宅の「耐火等級3級と耐火等級4級の違い」ってどれくらいですか?】

準耐火1時間、準耐火45分は燃えても1時間は家屋が倒壊しない、45分は倒壊しないという意味ですか?

準耐火1時間の上は燃えない耐火になるんですか?

準耐火等級45分の下は等級なし?

けど、準耐火等級30分というのをどこかで見た気がします。

耐火等級4級と準耐火等級3級って時間で表示されていないのでどのくらいの耐火性能があるのか良く分かりません。

4級と3級って大きく違うものなのでしょうか?

1時間持ったところでもう住めないの同じなので耐火等級ってあまり気にする必要はないのでしょうか。

Aベストアンサー

準耐火性能は、通常の火災による延焼を抑制するために当該建築物の部分に必要とされる性能で、構造躯体が燃えても一定時間荷重を支持し続ける構造となります。一方、耐火性能は通常の火災が終了すまでの間、当該建築物の倒壊及び延焼を防止するために当該建築物の部分に必要とされる性能です。この性能を有する耐火構造は建物の荷重を支えている構造として、火災の加熱により崩壊せず≪形状を保持し続ける≫構造であることが条件です。もっと解りやすく言いますと、60分の準耐火構造は60分火炎にさらされて61分で倒壊してもOKですが、60分耐火構造は60分火炎にさらされても構造躯体に損傷なくそこに立ち続ける構造の差です。ですから、60分の耐火構造はそれ以下の時間で鎮火すれば、煤などの汚れや2次部材を補修すれば、住み続けることは可能ですが、60分の準耐火構造は、それなりの損傷を受けており、住み続けることが困難な可能性が高い構造といえます。

Q木造 準耐火建築物

地上2階建てなのですが、準防火地域で500m2<S≦1500m2の為「準耐火建築物」にしなければなりません。予算的に木造で建てたいのですが、木造で準耐火建築物は実際問題可能なのでしょうか?

私の解釈では(イ)準耐建築物で、内壁に関してはt=15の石膏ボード。床の裏側もしくは天井にt=15の強化石膏ボードを張り、防火被覆の取り合い部に当て木等の処理を行えば、「壁内の柱」もしくは「天井内の梁」は防火被覆しなくてもよいと思っていたのですが(H12告示1358号参照)。私どもの地域の主事の認識では柱・梁も防火被覆しかつ、壁・天井も準耐火構造にしなければいけないとのことでした・・。
この告示の柱・梁とは「真壁・あらわし梁」のことで、大壁・懐内の梁に関しては壁面等で準耐火構造をとれば(取り合いは当て木を行えば)問題ないのではと思っているのですが、やはり問題があるのでしょうか?
正直、梁・柱を一本一本防火被覆をするのはあまりにも現実的ではないと思うのですが・・。どうか教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お早う御座います cyoi-obakaです。

東京では、通常、イ準耐-2(耐火45分)は あなたの考えで審査されていますよ!
以下に、(財)日本住宅・木材技術センターのサイトを紹介します。
http://www.howtec.or.jp/kokomademokuzai/fireproof/1-2.html

同センターでは、『木造住宅用の防耐火構造の標準納まり図』を販売していますから、入手するといいかも?

以上、参考になればいいのですがネ?

Q耐火建築物の見分け方教えてください

既存のS造平屋の建物があるのですが、平成2年頃の建物なので確認申請書には耐火建築物の有無は記載されていませんでした。

地域、用途規模的には準・耐火建築としなくてもよい建物なのですが、実際に準・耐火建築に適合しているかどうか分かりますか??

屋根:フネンシングル
外壁:押出成形セメント板ァ60
です。
準耐火(イ-1)
準耐火(イ-2)
準耐火(ロ-3)
準耐火(ロ-4) 
のどれかにでも適合させたいのですが…
お願いします。

Aベストアンサー

現法の基準では、準耐火(ロ-3)
追加条件
開口部:網入りガラスの防火設備です。
確認しましょう

昔の基準では、「簡易耐火建築物」ロ号です。

ご参考まで

Q不適格木造2階建を準耐火構造に

こんにちは 木造2階建の建築物を福祉施設として使用するために、用途変更したところ 内部の壁一部両面を耐火材で被服しなくてはいけなくなりました。しかし、和室が多く真壁部分を被服するのはかまわないのですが、1階部分は2階の床下まで2階部分は屋根下までと聞きました。しかし、間の和天井の廻り縁の部分もしなくてはいけないのですが、天井をはぐるとなると、大掛かりになり困っています。このような場合、廻り縁の取り合いはどうすればいいのでしょうか。説明不足のようですが、お願いします。

Aベストアンサー

好む、好まないを問わず、質問の場合は大掛かりな工事となります。
木造の準耐火構造の規定に従って、主要構造部に耐火被覆をおこなった後、壁、天井の内装下地を行ってから巾木、天井廻り縁を取り付ける事となります。
真壁の部分は、大壁構造となり、和室の場合は付け柱、台輪、長押、畳おさえを付ける事になりますかね。
ご参考まで

Q建築基準法-準耐火構造は、耐火構造を含むか?

98年の法令集には、
「耐火構造もしくは、準耐火構造であるか、又は~」
と書かれていたトコロが、
2001年度版には、
「準耐火構造であるか、又は~」
となっています。

条文で書かれいている準耐火構造は、耐火構造を含むか?

(例)
建築基準法施工令120条の歩行距離の算定の条文です。
規制緩和によって、耐火構造は適用から除外されると考え、
「準耐以外」の数字をあてはめるのは、少しおかしくなります。
準耐→50m
準耐以外→30m
燃えやすい建物(準耐以外)の場合、歩行距離を短くして安全側に持っていくというのは、
解りますが、準耐より厳しい耐火構造まで、準耐以外として厳しくするのはおかしいです。

今まで書かれていた物が、なくなったと言うことは、準耐限定?
耐火と言えば、準耐火以上の能力を持っているので、準耐は耐火を含むと考えますが、それは私の推測です。

条文の解釈について、告示とか関連条文ありませんか?
常識として考えなければいけないとしたら、どっち?

Aベストアンサー

回答としては、準耐に耐火を含みます。あなたの推測どおりですよ。
今回の法改正において法文の書きっぷりが変わりました。簡単にいうと準耐なら耐火を含み、防火なら準耐と耐火を含むわけです。ちなみに難燃は準不燃と不燃を含み、準不燃は不燃を含みます。
他の条文においても同じような書き方に変わっています。見比べてみてください。
この内容をご存知無いところをみると建築○識等の本を見られるとか国土交通省主催?だったかの全国で行われた法解釈についての説明会に参加されなかったんでしょうね。
最近(ここ何年か)は、建築基準法が改正しっぱなしですのでそういったことに関連した情報をたえず耳をダンボにしてキャッチしといたほうがよろしいですよ。

Q準耐火建築の仕様で

2階建の鉄骨造でALC100mmを外壁に使用し屋根を折板(耐火認定)で考えた場合、ロ準耐-1として、問題無いでしょうか?
また、内部の柱、梁は、被覆する必要が無い解釈して宜しいのでしょうか?
何も仕上げがいらなければそのままでもいいかと思ってますが・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ロ準耐-1は外壁耐火構造(ALCt75以上)ですので、内部は鉄骨耐火被覆なしで大丈夫です。

Q店舗新築予定で準耐火建築か耐火建築にする必要性があるか?

現在、店舗新築(鉄筋)予定です。
適当なカテゴリーが見つからないのでこの場で質問させて下さい。

素人ながらある程度は調べたのですが、耐火建築にする必要があるのか準耐火建築にする必要があるのか又は非耐火建築で問題ないのかはっきりさせていただきたいのです。

敷地面積240坪に2階建ての店舗(物品販売業)を新築予定です。

用途地域:第一種住居地域
建坪率:60%
容積率:200%
※防火地域ではありません。

この条件で建てられる建物の床面積は
240*0.6*2=288坪(950m2)までですよね?

店舗の場合、床面積が500m2を超えると準耐火建築もしくは耐火建築にする必要があると聞きましたが間違いないのでしょうか?

今回の場合、準耐火建築か耐火建築いずれに該当するのでしょうか?

また、防火設備(防火戸、避難誘導灯、避難階段、鉄骨の耐火被覆)等の設置は必要なのでしょうか?

業務用のリフトを1つける予定です。(荷物の上げ下ろし専用でお客はもちろん、従業員も利用しません)

Aベストアンサー

#1です。追加がありましたので、追記します。

法22条地域の場合、木造の場合には延焼の恐れのある部分では、防火構造が要求されていますが、鉄鋼造では対象外にあります。
耐火構造ではないので、耐火被覆は原則として必要ありませんが、鉄骨でも軽量鉄骨や認定品ではボードでの囲いが必要なものもあるので、重量鉄骨が一番いいでしょう。

階段の規制は、2階が200平米を超えているので幅員120cm以上になります。
それほど厳しいものではありません。

Q準耐火構造仕様の石膏ボードについて

はじめて質問させていただきます。
準耐火構造 60分の間仕切壁で、片面のみ石膏ボードを張る場合、
強化石膏ボードを使わず、認定されているものはありますでしょうか?
下地はLGSです。
メーカーにも現在問い合わせているところですが、
どなたか知っている方がいましたら教えて下さい。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

ガラス繊維の入ったもの(強化)や表面が紙でなくガラス繊維になっているものでなければ認定品はないと思うのですが。
吉野石膏
http://www.yoshino-gypsum.com/kouhou/syousai/nintei_no.html
http://www.yoshino-gypsum.com/kouhou/taika/taika02.html
また、間柱間にGWを充填したり、両面貼りにしたり、構造自体で認定されています。
石膏ボード1枚で60分準耐火構造はないと思います。

参考URL:http://www.yoshino-gypsum.com/kouhou/syousai/nintei_no.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報