私は今、租税法を勉強しているのですが、いきなり壁にぶつかってしまいました。
繰越償却超過額というのが良く分かりません。
まず減価償却費の損金算入を行う際に、償却限度額を出さなくてはいけなくて、
償却限度額=期首帳簿価格×定率法償却率となっており、
テキストの説明では、税務上の帳簿価格を出す際に、
「繰越償却超過額がある場合の償却限度額の計算」では、
「税務上の期首帳簿価格=会計上の期首帳簿価格+繰越償却超過額」と
書いてあって説明が載っておりません。
そして、調べてみたのですが、
「償却超過額とは、減価償却資産について償却費として損金経理した金額のうち、その事業年度の所得金額の計算上損金の額に算入されなかった金額を いい、翌期の償却費として損金経理した金額に含まれます。」
と書いてあったのですが、これも分かるようで正直な所、分かりません。
何も考えずに足してもいいのですが、理解を出来ればしたいので、
何か例を上げて、分かりやすく繰越償却超過額の意味と足す理由を教えてくれませんか?
租税法があまり理解しておりませんので、質問も分かりづらいと思いますが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

☆「繰越償却超過額」の意味


例えば、取得価額1,000の資産について、前期において会計上100の減価償却費を損金経理したが、税務上の償却限度額が80だった場合に、20が償却超過額として税務上、所得に加算されます。
これが当期において繰越償却超過額となります。

★「税務上の期首帳簿価格=会計上の期首帳簿価格+繰越償却超過額」の意味
当期首において、会計上の簿価は900ですが、税務上の簿価は920です。
よって、会計上の期首簿価900に繰越償却超過額20を加算して税務上の簿価920を算出し、当期の減価償却をするということです。

☆「~翌期の償却費として損金経理した金額に含まれます。」の意味
そして、当期において会計上80を償却費として計上し、税務上の償却限度額が100だった場合、本来、償却不足が20生じますが、
繰越償却超過額20を当期において会計上損金経理した償却費に含めますので、
会計上は80+20で100、税務上も100なので±0になります。

条文上の考え方と、計算処理の仕方がちがうので、説明をよんでもピンと来ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
理解が出来ました。
しかし、租税法はかなり苦手です・・・

お礼日時:2009/07/03 16:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q菅総理の額のほくろは人相学上どうなんでしょうか?

菅総理や千昌夫の額のほくろには
人相学上、何か意味があるのでしょうか?

菅総理の人柄や
生き様が好きです。
ただ、いつも難問・難題ばかり降りかかってきて
ババ抜きのババばかり掴んでしまっているようで
見ててかわいそうです。

千昌夫も額の中心にほくろが有りました。
その千昌夫の人生も(私が言うのもなんですが)波乱万丈だったと思います。

奈良の大仏、七五三、インド人の化粧‥‥
何か意味があると思うのですが
宗教学?人相学?文化?歴史?
どこから攻めて良いのか全く検討付きませんが
どれも、なんとなく匂います。

菅総理が中々、苦戦しているのも
ほくろが、ど真中では無いからなのでしょうか?

御見識のある方
御教え頂ければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

千昌夫氏をどう見るかは人それぞれでしょうけれど、
管さんは我が国の首相です。
それ以前も与党時代には大臣を勤めており、離党後も党首、幹事長を歴任しています。
二世議員でない彼がここまで上り詰めるには、ものすごい才能と努力と運が必要だったはずです。
たとえ彼がこの後残念な形で政権を追われたとしても、不幸、不運とはとても言えないと思います。

もし彼の人相が「悪い」とする占い師がいるとしたら、私はその人を全く信用出来ません。

Q租税法の損金計上住民税利子割が良く分かりません。

租税法の損金計上住民税利子割が良く分かりません。
損金計上住民税利子割が損金不算入とは丸覚えしているのですが、なぜこうなるのか?よく分かりません。
覚え方として下記のように覚えていました。
~会計上の仕訳~
現金800/受取利息1,000
法人税、住民税及び事業税150/
☆法人税、住民税及び事業税50/

☆の箇所が住民税利子割で、住民税利子割が国から取られるので、損金に入らない。
損金計上住民税利子割50と別表4に記入する。

上記のように覚えていたのですが、
会計上の仕訳で、簿記ではあんな仕訳をした事ないのに、本当に企業はあんな仕訳しているの?
簿記でもあのような仕訳を教えてもらった覚えはないような・・・。
現金1000/受取利息1000
ぐらいしか記憶がないのですが、よく分からなくて頭が混乱しています。
誰かアドバイスください。

Aベストアンサー

現金           800 / 受取利息1,000
法人税、住民税及び事業税 150 /
法人税、住民税及び事業税 50 /
   という仕分けは切っていません。

会計上はおっしゃるとおり、
現金 1,000 / 受取利息 1,000
   という仕分けを切ります。


では、どこに 受取配当金益金不算入額 200 と 住民税利子割 50 という数字が反映されるかについて、

例えば、一年間の損益が受取利息1,000 のみである場合、

まず、損益計算書の税引前当期純利益は、1,000 になりますね。

次に、法人税法上の考え方(論拠)より、法人税率が40%であっても、法人税・住民税及び事業税(法人税額)が単純に400 にはならず、調整します。
具体的には、別表4で、税引前当期純利益から、法人税額算定のための「課税所得」を算定します。

上記の例では、税引前当期純利益 1,000 から 受取配当金益金不算入額 150 を減算し、住民税利子割 50 を加算し、900 が課税所得になります。

その 900 に40%を乗じて、当期純利益 540 を計算します。
法人税額は 360 になります。


結論として、法人税法上の受取配当金益金不算入額や住民税利子割は、会計上の仕分けに反映されません。
法人税額を算出するために、わざわざ税引前当期純利益を計算しなおす段階で、受取配当金益金不算入額 150 と住民税利子割 50 が反映されます。
また、法人税法上は、加算・減算の考え方であり、仕分けは切りません。

現金           800 / 受取利息1,000
法人税、住民税及び事業税 150 /
法人税、住民税及び事業税 50 /
   という仕分けは切っていません。

会計上はおっしゃるとおり、
現金 1,000 / 受取利息 1,000
   という仕分けを切ります。


では、どこに 受取配当金益金不算入額 200 と 住民税利子割 50 という数字が反映されるかについて、

例えば、一年間の損益が受取利息1,000 のみである場合、

まず、損益計算書の税引前当期純利益は、1,000 になりますね。

次に、法人税法上の考え方(論...続きを読む

Q私の額のほぼ中央にあるほくろのことについて

私の額のほぼ中央にあるほくろのことについてなのですが、
とある占い師の方に仏様につかえるしるしだと言われ、『もし興味があるのなら
占いの勉強をしてみたらどうか』と言われました。
私は、自分のことを占ってもらうのは好きですが、自分が占い師になるとはおもいませんでした。その方いわく『自分(私)が占いの勉強をすれば、苦しんでいる人を助けることができる』と・・・私としては、にわかに信じがたい話です。
確かに自分の経験では、占いによって気分がふっきれたりすることもありますが、私の占いが人を救うとは思えません。占いで自分があれこれ制約を受けるのも嫌です。もし、本当に私が仏様につかえることができるのならば、もっとべつのアプローチがあると思うのですよ。
私は騙されてるんですかねぇ?

Aベストアンサー

仏の眉間にあるほくろのようなものは「白毫(びゃくごう)」といって、
光を放つといわれる「毛」です。ほくろではありません。

人間の額に百毫のようなほくろがあるからといって、仏に仕える身の証明だとは思えませんが...

ただ、isbnさんのようなほくろの位置は、吉相だという話は聞いた事があります。ただし、ほくろの位置は体の正中線上にあることが理想だそうです。

あなたはそういう良いお顔の持ち主なので、別に占い師にならなくても、きっと人を幸せに出来ると思いますよ。

Q普通償却と特別償却

減価償却と普通償却って同じ意味でしょうか?違うのですか?
また。特別償却ってなんですか?辞書でしらべたのですが、よくわからなかったです。

Aベストアンサー

 減価償却とは広く会計上の用語で、普通償却・特別償却は税法上の用語です。

 減価償却についての説明は省略します。
 大雑把な回答ですが、普通償却とは、減価償却資産を法廷耐用年数を用いて計算したもので、特別償却は政策的に減価償却を割り増す制度のことです。

 特別償却については、覚えきれないほどいろいろなものがあります。興味があれば国税庁のホームページをご参考ください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/

Qコンシーラーでほくろって隠せる?

顔にある小さなほくろが気になります。
私はほくろが多く、顔に6こあります。目元と頬と口元と額。

膨らんでるわけでもそんなに大きくもないので、手術して取るのは大袈裟かと思っていますが、鏡をまじまじ見てると気になってしまいます。

そこで、コンシーラーって、ほくろも隠せるのでしょうか?
ファンデーションとコンシーラーの色が合わないとコンシーラーの部分が目立つとかありますか?

Aベストアンサー

こんばんは

思い切ってとってしまう方法もあります。
皮膚科で保険適用で簡単に取れますので。

コンシーラで隠す場合ですが、場所などにもよります。後はコンシーラの種類ですね。

固めのテクスチャーで、肌より濃い色を選び周囲を少しずつ同化するようにぼかしていきます。

試してみてくださいね。

ご参考になれば幸いです。


ハリウッドのエアブラシ。吹き付けるタイプです。↓
http://www.youtube.com/watch?v=bUkAtED0s1A

Q公認会計士試験 租税法に関しての質問です

CPA試験で06年から導入される【租税法】に関してですが、

質問1.(1)その内訳科目、所得税法、法人税法、消費税法は、税理士試験の科目試験内容と比べてどのくらいのボリュームなのですか?2分の1くらいでしょうか。3分の2くらいでしょうか?ちなみに、税理士試験では、所得税法・法人税法は共に600時間、消費税法は200時間の勉強時間が必要と聞いたことがあります。
 (2)CPA試験の租税法の勉強をして、税理士試験にどのくらい役に立ちますか?

質問2.企業法は、従来の商法に比べてボリュームはどう変わるのでしょうか?単に、総則・商行為がなくなるだけですか。

質問3.短答が導入された初年度はものすごく簡単(基本的)、次年度から急に難しくなったとも聞きますが租税法もこのように基本的・比較的簡単な問題が予想されるのでしょうか?

よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

私はまだ勉強中なので詳しいことは分かりませんが、現行の公認会計士試験制度では、3次試験で租税法が必要となります。それが、来年から○次というせいどがなくなるために、いきなり試験科目をなるわけです。だから、公認会計士の3次試験の問題の対策をやっておけば大丈夫ではないだろうかという考えが受験界では出ています。

Qほくろの多いのは遺伝?

私は顔に小さいほくろがいくつもあって、
体は3m~4mくらいの大きめのほくろが
けっこうあります。
左腕だけでも6個もついてます。

父親は小さいほくろが少しある程度で
ほとんどほくろはありませんが、
母親は顔だけでも大きく凹凸のあるほくろが
無数にあります
体もほくろだらけです。

私がほくろが多いのは母親の体質の遺伝の
せいなのではないかなと思ってますが
ほくろが多い少ないは遺伝するのでしょうか?

Aベストアンサー

ほくろの多さは遺伝するみたいです。
(Googleで「ほくろ 遺伝」で検索してみました)
でもまだ科学的に立証はされていないみたいですね。
私もほくろが多いのですが、母より父の方が多いので
父の方の遺伝子が強かったということでしょうか・・・

参考URL:http://www.tanpopomall.com/woman/kids/child_009.html

Q財務会計論において、帳簿組織の論点は重要性はひくいですか?

私は今、会計士の勉強をO原で行っている者です
そこで質問なのですが、財務会計論の帳簿組織の論点はがっちり押さえておくべき論点でしょうか?
私は今入門生であり基礎から学んでいますが、会計士のボリュームはとても多く、全ての論点を完璧に
仕上げる事は厳しいと言われているので、重要性の低い論点は捨て、重要度が高い論点は絶対に落とさないようにと
言われていますが、やはり「捨てる」という行為は私には心残りで「大丈夫かな?」と不安になってしまいます・・・
(私の性格は細かく典型的なA型なので完璧を望む傾向にあります)


帳簿組織を仕上げるくらいなら、まだ仕上がっていない退職給付やストックオプション、貸倒、有価証券等を優先して
仕上げるべきでしょうか?
会計士の試験(特に短答)やはり重要度が高い論点から完璧にしていくのが当然ですか?

又、短答に受かるにはこれだけは絶対に落としてはならないという論点はありますか?

出来れば会計士に受かった方に返答をお願いします!

なにとぞ、ご教授くださいませ

Aベストアンサー

私は昨年の短答合格者で生意気な事はいえないのですが、アドバイスさせていただきます。

確かに退職給付やストックオプション、貸倒、有価証券を優先して仕上げる事は大切なのですが、短答論点として帳簿はある程度はやった方がいいと思います。

論文には確かに出ない論点だと思うのですが、短答というのは一問の比重が大きくせっかく出来る論点を最初から切ってしまうのではもったいないからです。

今は苦手だとしても、上記の優先事項から仕上げてけばいつかは帳簿をやっておこうという気になると思います。ただ、それは直前でいいと思いますが。

短答で重要な論点はハッキリ言ってしまうと全部です。
私は切ってしまった論点ばかり出て本番かなりあせった記憶があります。(CFの営業収入、特殊商品売買など)
ただ、論点というか難易度の低いものからやっていくのが一番の近道です。
予備校の短答答練をやってくのでも十分だと思いますが、短答用の標準問題集なども予備校で売ってると思いますのでそれを購入してやるのも結構自信がつくと思います。

Qしみがほくろへ

しみがほくろへ
ニキビ跡があるのですが、そこがしみ→ほくろになったようで
最近顔にほくろが増えました。
しみがほくろになることはあるのでしょうか?
また、予防策などあれば教えて下さい

Aベストアンサー

ほくろが増えることはあります。ほくろの原因もメラニンだった
ような気がします。(違うかもしれません)

なので、しみがほくろに変わることも多分あると思います。

日焼けが原因でほくろは増えるので、日焼け対策が予防には
1番いいと思います(^^)

もし日焼けしても、すぐに冷やして専用のジェルを塗ったりすれば
あんまり黒く焼けないです。

今なくても、後からほくろが増えてきたりするので、
油断は禁物です!

Q減価償却費の自己金融効果

引当金の勉強してまして、非現金支出費用という点で減価償却費と共通すると。出てきたのですが。

引当金は、キャッシュがまだ出てないのに費用計上というのは、わかるのですが。で資金の内部留保効果ですか。

減価償却の場合、キャッシュが出てないのに費用計上、支出を伴わない費用、というのが、具体的にイメージできないです。

売掛金でコピー機かった時の事ですか?

でも初年度にコピー機の代金全額支払済みの場合もありますよね。あと4年使い続けるとすれば。2年目、3年目、と費用計上割り振っても、実際、過去にさかのぼれば初年度にまとめて払ってますよね?

後払いでしか想定できない。ちょっと全然わかんないです。

Aベストアンサー

なるほど、パニックていますね。(大作)
おそらくパニクっているところは、資産取得と費用の混同です。例えば、◆費用の二重取り??◆
あれ?じゃあ、資産取得の初めの費用と、自分の取得資産の使用の度の費用と、費用の二重取りに?なるんですか。コピー機の購入代金と、自分のコピー機使う度にまた費用計上。この部分ですが、会計は、コピー機を使用目的で買った場合、費用と考えません。これは、コピー機という資産を買った、と考えます。そして、使うと費用化していきます。では、どのぐらい使用したのかっと言う事をどう計ればよいか?という問題が出てきます。会計では、通常、ある一定期間という時間で測ってきます。つまり、コピー機買ました。この段階では、費用とみなさず、資産の購入と考えます。そして、会社は、このコピー機を使用目的で買ったわけですから、一体何ヶ月使ったの?っと勘ぐりをつけ、仮に、10年使用できるコピー機を、一年使ったなら、取得金額の10分の1を費用にしよう、その分を今期の費用として配分しようと考えます。
◆固定資産の時価評価??=減価計算◆
レンタル物に、使用の度に、使用料を払うのは、理解できるのですが。自分の財産を使う度に、減価するということは、使用の度に、固定資産を時価評価しつづけるということ?使用の度に、こまめに評価みなおす?
これは、今度は減損会計と言って、減価償却とは、別トピックになります。簡単に述べると、固定資産は、使用によって、価値が減ります。これで、固定資産の価値が減ってしまうと言うのは、コピー機の例でお解りだと思います。しかし、例を変えますが、倉庫業をやっていて中古倉庫を購入したとしましょう。倉庫も使用したら、減価償却が必要です。倉庫をどれぐらい使ったか、計測するのは困難ですから、時間で測ります。一年使えばこれぐらいと(減価償却)。。。しかし、隣に競争相手が、最新鋭の大型倉庫を作り、客を持っていかれてしまったとしましょう。そうすると、この購入した倉庫の価値が下がってしまいます。折角収益を得る為にお金を出して倉庫を買ったのに、思ったより、将来的に金が入ってきません。こうなると、今度は、減損と言う手続きが必要になり、資産を過激に使用しているわけでもないのに、将来的に金が入らないだろうということで、倉庫の価値が減ってしまうと会計では考えます。そうすると、価値を減らすべく、減損と言う手続きを経て、資産の価値を減らします。(ここは応用です。分らなくてよいでしょうが、減損という言葉ぐらいは覚えておけばよいでしょう。)
寿命が一万キロと仮定すると。
この車、今月2000キロ走った、先月1000キロ走った。今月は、先月より2倍劣化だな、残り7000キロ。先月は90%の価値があった。今月は70%の価値まで落ち込んだ。ということですか?
で新車取得時100万円支出した。今月30%磨耗したから、今月末でトータル130万円費用計上ですか?
いや単純に10ヶ月乗り回すとして、割振ると、今月20%磨耗と今月分減価割振る10%で、今月は30万円費用計上。でも現実のキャッシュアウトは、10万円割振った分だけ。20万円ゆーれい費用?

ここで重要なのは、考えるプロセスです。車買いました。お金100万円出て行きました。これで、私の会社も車を持ったぞーということになり、資産を持ったということになります。これは、費用ではなく、資産を購入したと考える。ここが最重要です。そして、営業マンがこの車を、今月2000キロ走った、先月1000キロ走った。っということで、ここで費用の発生です。合計3000キロ、トータルで走れるのは、1万ですから、30%使いました。100万円の価値があった車を3000キロ乗ったので、30万円分の価値が減った。っということは、30万円分の費用が発生した。しかし、お金が出て行かない。ここも重要です。お金が出て行かない費用と言うものが会計にはあると言う事をここで理解する。つまり、ここで結論。この場合、お金が出て行かない費用=資産をすり減らし費用なのですね。
解らなくなったら、固定資産を購入した時にお金を払う。しかし、これは費用ではないっという基本に戻る事です。会計書で、入門系を読むと、私なんかより詳しく説明しています。入門会計とかって書いてある本を一読すると、この辺ハッキリします。頑張りましょう。

なるほど、パニックていますね。(大作)
おそらくパニクっているところは、資産取得と費用の混同です。例えば、◆費用の二重取り??◆
あれ?じゃあ、資産取得の初めの費用と、自分の取得資産の使用の度の費用と、費用の二重取りに?なるんですか。コピー機の購入代金と、自分のコピー機使う度にまた費用計上。この部分ですが、会計は、コピー機を使用目的で買った場合、費用と考えません。これは、コピー機という資産を買った、と考えます。そして、使うと費用化していきます。では、どのぐらい使用したのかっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報