独身43歳男です。ボーナスなしの月収約52.5万の内、手取り約40万で、諸経費を引いて自由になる金が25万です。一生独身の予定です。目下の目的は、(1)老後まで住むための小さな戸建て(中古も可)の購入資金(マンションは他の部屋からの騒音問題で散々悩んだ経験があるので却下)と、(2)老後資金として65歳の定年時に最低3000万は確保すること。いまからどのような資産貯蓄運用が最適でしょうか。いろいろアドバイスをお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一番シンプルなのは、毎月25万円ずつ定期預金しておくことです。

これから20年はあるので、6000万円貯まりますよ。
住宅は10年後からなるべく遅く完成物件を現金で買えばよいということになります。10年後には3000万円貯まっていますので、その範囲で買えばいいし、定年まで先送りしても良いと思います。今と状況が変わるかもしれませんが、住宅は建築中にお金を払うと業者が倒産したりして後悔しそうな気がします。

そういうと失礼ですが、現在月15万円で生活できるなら、65歳からの年金で生活は賄えるのではないかと思います。

現在の収入と生活が続く限り、楽に達成できます。株や投資信託やFXなどと言うものは、資産のごく1部で運用したら良いと思います。定期預金というとインフレに弱いという意見が必ずでるのですが、それは金融商品や保険を売るためのためにする解説で、日本の過去の実績から言えば1年定期でインフレには負けないことがわかっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございます。地味ですがシンプル着実な定期預金がよさそうですね。株、投資信託などにも興味を持ち始めて本を読んでいますがリスクという不安感があるのでもっと余裕ができて手を出したいと思います。家も大きな買い物ですからこれからいろいろ悩むと思いますが、とりあえず貯金優先です。

お礼日時:2009/05/28 12:53

現在は資産運用が難しい時期になっています。


株や投資信託、外債などはリスクが大きく、
多くの人たちが損をしています。
この先も株式市場など世界経済の混乱は
続くと予想しています。

25万円のうち、10~20%ぐらいは純金積み立てで
運用するのが良いと思います。
純金積み立ては中国などの外国でも注目されており、
近いうちにサービスが始まるのではないかと思われます。
また、残りの資金は堅実に銀行預金が良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございます。純金積み立ては耳にはしますが未知の分野ですので調べたいと思います。株、投資信託などにも興味を持ち始めて本を読んでいますがリスクという不安感があります。地味ですが当分はシンプル着実な定期預金にしようかと思います。

お礼日時:2009/05/28 12:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q転職などに役立つ資格

転職などに役立つ資格を取りたいと思ってます。

医療事務、介護事務、介護福祉士

の3つでどれを受講しようか迷っているのですが、この中でどの資格が一番、転職などに役立つのでしょうか…?

教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

 こんばんは。医療事務、介護事務の資格を持っており、医療事務経験者です。
●医療事務
 ご存知のように国家資格ではありません。民間の資格でしかも独占資格ではないので無資格でも出来ます。沢山資格があるので、正直診療報酬請求事務認定試験ぐらいの物でないと、あまり売りにはなりません。そしてこの世界ははっきりいって資格よりも経験ですので、無資格でも5年10年やっている人の方が重宝がられます。または専門学校で2年間ばっちり勉強した新人さんも有利です。私も某大手資格会社で取りましたが、この資格では全く売りにはなりませんでした。まあ一応ド素人ではないといった感じの扱いです。交替制ではないので、残業が多いのが特徴です(その割りに給料が安い(-_-;))。

●介護事務
 こちらも国家資格ではありませんし、独占資格ではありません。私が取った資格なんて合格率8割ぐらいじゃなかったでしょうか。それ程簡単に取れるので、これを持っているといっても特に強みにはなりません。しかも私がこの資格を勉強している時に講師が、この資格単体ではなかなか就職にはつながりませんと言ってました。ヘルパープラスとか介護福祉士プラスこの資格といった、トッピング的な資格だと思います。

●介護福祉士
 国家資格ですし、福祉業界は常に人手不足ですので、この中では転職に役立つと思います。ただ上の2つと違って事務職ではなく、介護職、現場職です。体力とコミュニケーション力が必要になりますし、場合によれば夜勤などもあると思います。体力的にはこの資格が一番キツイと思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんばんは。医療事務、介護事務の資格を持っており、医療事務経験者です。
●医療事務
 ご存知のように国家資格ではありません。民間の資格でしかも独占資格ではないので無資格でも出来ます。沢山資格があるので、正直診療報酬請求事務認定試験ぐらいの物でないと、あまり売りにはなりません。そしてこの世界ははっきりいって資格よりも経験ですので、無資格でも5年10年やっている人の方が重宝がられます。または専門学校で2年間ばっちり勉強した新人さんも有利です。私も某大手資格会社で取りましたが、こ...続きを読む

Q60歳定年時に老後資金として3000万円貯めたい

夫34歳(会社員)妻(専業主婦)子供3歳1人の家族です。収入は夫の給与のみ可処分所得486万円、50歳まで1.5%の上昇率その後60歳まで0%。現有預金900万円 夫の退職金2000万円程度 支出(年間) 生活費230万円(毎年1%の上昇)子供の就職後は生活費30万円減額 住宅ローン35歳から60歳まで定額135万円 マンション管理費(固定資産税含む)60歳まで平均35万円 子供の教育費は幼稚園から大学(私立文系)まで マイカー買い換え6年毎に200万円計上 35歳から5年ごとに海外旅行50万円計上 生保・損保保険料60歳まで30万円計上 子供28歳の結婚時に200万円援助  以上の試算で60歳定年時に老後資金として3000万円貯まるでしょうか。ざっくりの試産で結構ですのでご教示をお願いします。

Aベストアンサー

フリーのライフプランシュミレーションソフトがありますよ。上記内容を入力すれば、3000万貯まるかどうか分かります。
http://fp-software.com/

ものすごくざっくり支出だけ見ると
生活費230万
住宅ローン135万
管理費(固定資産税含む)35万
マイカー 33万(200÷6年)
海外旅行 10万(50万÷5年)
生保・損保保険料 30万
子の教育費 45万(1000万÷22年)
-----------------------------
計518万

いくつか生活費に含まれてるのでしょうか?
ぱっとみたところ、給与1.5%上昇、退職金2000万が確実なものでないと、むずかしいような気がします。私の計算違いかもしれませんが・・・(^^;)

Qブリーダ役立つ資格

うさぎのブリーダを始めたいのですが、ブリーダに役立つ資格を調べた所、ほとんどが犬のブリーダです。うさぎのブリーダに役立つ資格は無いのでしょうか???

Aベストアンサー

こんにちは。
うさぎに特化した資格はありませんが、うさぎも範囲に含む……という資格でよろしければ、愛玩動物飼養管理士はどうでしょうか?
国家資格ではなく、社団法人日本愛玩動物協会が主催する資格ですが、ペットトリマー等を養成する専門学校では必ず受験させる資格で、ペットショップ等で働く際に有効な資格です。
資格の対象となるのは、愛玩動物全て。
犬猫からハムスター、ウサギといった哺乳類から、鳥類、爬虫類まで幅広くカバーし、これらの愛玩動物の飼い方、病気、繁殖方法、動物愛護の歴史等について学びます。

どうしても国家資格……という事であれば、あとは獣医でしょうか。

参考URL:http://www.jpc.or.jp/

Q月収40万欲しい

私は大学時代から統合失調症になり働いてもうまく行かず、職を転々とし今は障害者枠の清掃で月10万円で親元で生活を送っています。今は職場の人間関係もよくそれなりに満ち足りていますが、このままでは将来、息詰まるのは目に見えています。結婚したいとかそういう欲はあまりないのですが、自分一人でいいから一生通して生き残れる 金額を稼ぎたいし、金にケチケチした生活は送りたくないのです。車の免許は持っています。もうプライドとか世間体とかはいいんです。風俗にでも職があればそれでいい。チマチマ稼ぐのも嫌なんです。何とかして大金を稼いで将来に備えたいんです。稼ぐ方法を教えてください。

Aベストアンサー

士業を。
公認会計士、税理士、司法書士、行政書士など。

公認会計士は月収40万円などというレベルは軽くクリアー。

税理士は、開業していいお客が定着すれば、大金とはいえないが、中金ぐらいは手にできる。中金←年収1,000万円ぐらい。
定年もないし、障害も関係ない。
開業してから3年程度は顧客が安定しないので、生活は不安だが、そこはもう、障害者年金でくりぬける。

司法書士は、うまくやれば、なんとかできる。

行政書士は、士業の中では一番合格しやすい(簡単という意味ではありません。他がより難しいです)。
独立しても相当の営業力がないと難しいと言われてます。建設業関係に強いコネを持つと、安定収入。小金は確実。小金←年収500万円以下。

Qアパレル業界に就職する時に役立つ資格について

現在、大学三年でアパレル業界への就職を考えている者です。もともとファッションに興味があったのですが、大学では経済を学んでいて、アパレルに関する知識がありません。しかし、就職活動がもう少しで始まるので何か資格を取りたいと考えています。そこで、次のことを考えています。
1.店舗勤務の時に役立つ資格
2.社内勤務の時に役立つ資格
アパレル業界で役立つ資格があれば、どなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません。1で書きましたMOUS試験は旧名称でした。現在はMOS試験と呼ばれ、マイクロソフトオフィススペシャリスト検定のことです。
簿記などはやはり、資格+実務経験があって初めて機能する資格ですが、新卒のかたの場合は経理部門配属を希望されるならば有利だと思います。
漢字検定も2級以上ならば立派ですし、どこの部門でも通用する資格ではあると思います。
色彩検定などは、私は受けたことはありませんが、カラーコーディネートについて少し勉強したことがあります。
色のもつ不思議なパワーに驚かされ、人生観まで変わりました。
アパレルの仕事にも、普段の生活にも役に立つと思いますので、ぜひ習ってほしいと思います。

Q月収40万円の手取りと貯金について

こんにちは。教えていただきたいことがあります。
サラリーマンで月収(額面)40万円の場合、手取り額はどのくらいになるのでしょうか。ちなみに、千葉県・既婚・子供1人です。
もちろん住んでいる市などによっても異なると思うのですが、とりあえずざっくりで結構ですし、だいたい額面の○○%が手取りです・・・といった回答でも結構です。
また、月収40万円くらいの家庭の方は、毎月、どのくらい貯金に回してらっしゃるのでしょうか。
あまり周囲には聞きづらい内容なので、この場で質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

さんこうに

http://www.tedorigaku.com/

貯金の額は将来設計、生活レベルにより異なります。

Q就職に役立つ資格!

 僕はもうすぐ高校を卒業して、専門学校にかよいます。それまでの間、結構時間があるので就職に役立つ資格をいくつかとっておきたいと思います。
 
 今は簿記3級を目指して勉強していますが、このほかにもとっておいて就職に役立つ資格、もっていたら有利などの資格があれば教えてください。できるだけ難しすぎないものでお願いします。

Aベストアンサー

コンピューター関連の学校に行って、将来事務系の仕事につくなら日商の簿記の資格は有益だと思います。
ただし、3級は誰でも取れるので2級程度は持っている必要があると思います。

私は大学卒業後に業務用パソコンソフトの開発の仕事をする会社に就職しましたが、その時も入社前研修として簿記の勉強を行い2級まで取らされました。
今後、どんな仕事を行うにしても、P/Lやらバランスシートは読めて損は無いので勉強しておいて良いんじゃないでしょうか?

Q老後の資金対策

老後、必要なお金は6000万円とも一億とも言われていますが、皆さんはどのように老後資金を作っているのでしょうか?

私は個人事業主で、主人が会社員(但し、会社の事情で厚生年金などは無く、国民年金に加入)している30歳の夫婦です。
現在の貯蓄金額は600万円で、お互いの収入手取り25万の内、毎月積み立てを10万円しています。借金はありません。
10年で最低1000万円は貯められるようにと頑張っていますが、正直、とてもキツイです。
しかし、予定通り10年1000万貯められたとしても、30年後の60歳には3000万円にしかなりません。老後に必要と言われるお金とはほど遠い金額です。積み立ての運用次第では、利子などが付いて多少は上乗せされるとは思いますが…。

平均貯蓄は40代で1000万円程度とか。周りの友人に話しても、30歳で600万円の貯蓄はすごいよ、って言われるばかりで、参考になりません。
現実問題として、6000万円とも一億とも言われるお金を普通の家庭が貯めることは可能なのでしょうか?
皆さんはどのように老後の資金作りを考えていますか?

なお、今後の計画としては、家を買う予定はありません(一生賃貸で暮らす予定です)。子供も考えていません。

老後、必要なお金は6000万円とも一億とも言われていますが、皆さんはどのように老後資金を作っているのでしょうか?

私は個人事業主で、主人が会社員(但し、会社の事情で厚生年金などは無く、国民年金に加入)している30歳の夫婦です。
現在の貯蓄金額は600万円で、お互いの収入手取り25万の内、毎月積み立てを10万円しています。借金はありません。
10年で最低1000万円は貯められるようにと頑張っていますが、正直、とてもキツイです。
しかし、予定通り10年1000万貯められたとしても、30年後の60歳には30...続きを読む

Aベストアンサー

我が家の場合は妻である私が個人事業主(36歳)で、夫が会社員(39歳)です。
借金なし、マイホーム無し。

月収は私が10万円ちょっと、夫が30万円で、私の収入から10万円を貯金、夫の収入から15万円を貯金。
あと、夫にはボーナスがありますが、夫のボーナスは全額貯金。
あと、株の利益や私のオークションの利益も貯金。

現在の貯金は5200万円(うち株式は1400万円)。

6000万円は2~3年うちに達成できそうですし、1億円も順調にいけば夫50歳・私47歳くらいには達成できそうな気がします。

こんな私たちですが、結婚当時(私が29歳時点)では、夫婦二人の貯金は600万円くらいでしたが、夫は奨学金という名の借金がありましたので、プラマイすると200万円くらいというところから始めました。
(奨学金は結婚直後に全額返済しましたので実質200万円からのスタートでしたので、夫が30歳でも私が30歳でも質問主さんより貯金が少なかったです)

質問を見る限り、支出は減らせそうにありませんので、収入を増やす方で検討してみてはどうでしょう?

現在ある貯金を投資にまわるとか、空き時間にアルバイトをするとか。
月に2~3万円の支出を減らすことは非常に難しいですが、収入を2~3万円増やすのは意外に簡単です。

実際に6000万円必要と言っても、そのうち1000万円くらいは年金で補填できると考えて、5000万円くらいを目標にしてみてはどうでしょう?

我が家の場合は妻である私が個人事業主(36歳)で、夫が会社員(39歳)です。
借金なし、マイホーム無し。

月収は私が10万円ちょっと、夫が30万円で、私の収入から10万円を貯金、夫の収入から15万円を貯金。
あと、夫にはボーナスがありますが、夫のボーナスは全額貯金。
あと、株の利益や私のオークションの利益も貯金。

現在の貯金は5200万円(うち株式は1400万円)。

6000万円は2~3年うちに達成できそうですし、1億円も順調にいけば夫50歳・私47歳くらいには達成できそうな気...続きを読む

Q転職で役立つ資格、事務職希望

転職で役立つ資格ってなんでしょうか?教えてください。ちなみに事務職希望です。

Aベストアンサー

私自身転職経験ありで、また中途採用を採用側で多くやってきた者です。

ご質問者の年齢、今の仕事、経験搭が何も無いので答が難しいのですが、まずあなたの今の能力をご自分なりに整理すべきでは無いでしょうか。
事務と一言で行ってもいろいろな仕事があり、募集する側の事情も様々です。
でも一般的に中途採用の多くは素人は相手にしていません。
最低限数年程度の実務経験が無いと難しそうです。経験なしならば新卒を雇ったほうが教育しやすいからです。

そうう条件を整理したうえであなたがしたい事務を具体的に考えてみることです。
たとえば経理とか人事、営業事務、社長秘書などというものもあります。受付も広くは事務の一種ですね。

これだけ例示しただけでも共通する資格というものは無いということがわかりますね。
本当に転職を考えているのならば、もっと具体的な方向をご自分なりに定めて、それに役立つ資格ということで考えないといけないと思いますよ。

Q老後資金

妻が老後の資金について過剰に心配しています。現在の貯金&資産、今後定年までに貯められる貯金、退職金見込み額、公的年金+企業年金の額から計算して、自分としては大丈夫だと思っていますが、アドバイスあればお願いします。

<家族状況>
自分:55歳(定年まであと5年、一部上場企業勤務)
妻:52歳、福祉関係の仕事(給料は低い)
子供: 20代前半、働き始めたところ、同居。

<資産> (自分の分のみ)
・自宅(首都圏):土地・建物とも40坪くらい、数年前に中古を購入&リフォーム。そこそこ広いが築30年のため建物の価値はほとんどない。土地のみで資産価値は2000万くらい。
・実家(東京23区):土地45坪、建物35坪くらい。建物は自分の代で建て替えており自分名義だが、こちらも築25年以上経過しているため資産価値はほぼ土地のみで2500万くらい。ただし、複数回のリフォームや増築をしており建物の状態は悪くない。土地は自分が相続予定。
・貯金: 現時点で6300万くらい、年度末には6600万くらいになる見込み。ローン等なし。

<今後の貯蓄見通し> (自分の分のみ)
・定年までの貯金と退職金で、計算上は退職時には9500万くらいになっている見込み
(今後、役職定年後は収入は減るが子供も学校を卒業しお金がかからなくなった)

<退職後の予定>
・母が存命だがかなり高齢であり定年時には他界している可能性が高い。その場合、自分は妻と実家に戻り、現在の家は借家として運用予定(不動産業者の査定では14~15万/月が見込めるとのこと)。
・年金は、公的年金・企業年金とも65歳から受給する計画を立てており、80歳までは35万/月くらい受給見込み。80歳以降は企業年金はごく僅かになるので20万/月くらいになる。
・退職後、65歳までは何らかの仕事をする予定。上記の借家に借り手が現れれば、10万/月くらい稼げればよい。

<妻の貯金・年金>
・詳細不明だが、生命保険会社の年金保険商品に複数入っており、それらと銀行預金を合計で1000万くらいは持っていると予想。不動産等の資産はなし。
・私の退職時に定年を待たずに妻も仕事をやめる見込み。給料低いが退職時には25年以上に年金に加入しているはずであり受給条件を満たしている。妻は10万/月くらいは貰えそう(65歳以降)

妻が老後の資金について過剰に心配しています。現在の貯金&資産、今後定年までに貯められる貯金、退職金見込み額、公的年金+企業年金の額から計算して、自分としては大丈夫だと思っていますが、アドバイスあればお願いします。

<家族状況>
自分:55歳(定年まであと5年、一部上場企業勤務)
妻:52歳、福祉関係の仕事(給料は低い)
子供: 20代前半、働き始めたところ、同居。

<資産> (自分の分のみ)
・自宅(首都圏):土地・建物とも40坪くらい、数年前に中古を購入&リフォーム...続きを読む

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>妻が老後の資金について過剰に心配しています。
ずいぶん心配性なんですね。
貴方の場合、全然心配することありません。
恵まれすぎくらいです。

夫婦で85歳まで生きたとした場合、60歳から85歳までで1億円あれば、ゆとりある生活ができると言われています。
8000万円あれば、贅沢しなければ十分生活できます。
なので、厚生年金なら、60歳時点で3000万円の預金が必要と言われています。

貴方の60歳での預金見込み(退職金込で)は9500万円、年金は7500万円見込め、しかも、65まで働き、おまけに不動産所得も見込めるということですよね。
しかも、奥様の預金が1000万円、年金が2400万円あるんですよね。
老後資金は、少なく見積もっても2億円以上見込める計算です。

今よく言われるところの「老後貧乏」の正反対、「老後金持ち」です。
なにひとつ心配することありません。
使いきれないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報