ハイビジョンで撮れるカメラCanon iVIS HF20を買ったのですが、どうも再生+編集に手間がかかるようなので、別のハイビジョンでない従来のデジカメを買おうか悩んでいます。

以下が買い換えようか悩んでる理由です。

・自分の使ってるPCがAVCHD規格のビデオを再生できるだけのCPUとGPUがないため、撮ったビデオの再生と編集ができない。
・AVCHD規格のDVDに焼いてもAVCHDに対応してるDVDプレーヤーも持っていないので、普通のDVDとして焼くしか使い道がないのでせっかくハイビジョンで撮った画質をDVD化する際に保てない。
・AVCHDに対応してるDVDプレーヤーやAVCHDビデオを再生できるだけのPCを持ってる方は今はまだ少ないと思われるため、相手に高画質のビデオを見せたいと思ってもすんなりとすれができない。

ここ一週間調べて上記のことが分かりました。何かおかしいところがあれば教えてください。

質問なんですが、AVCHDでないデジカメに買い換える場合、何かオススめのはないでしょうか?

条件
・とにかくできるかぎり高画質+高音質
・高音質を実現するために外付けマイクを付けることができるのが理想
・カメラで録画されたビデオをドラッグ+ドロップでPCに移せるのが理想(移せないのであれば、どのような方法でPCに取り込むのか教えてください。)

また、そのカメラが何の形式でビデオを録画するか(MPEG、MP4など)教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は現在、Xacti DMX-HD1Aを使用しています。

動画はMPEG4規格ですので比較的編集は楽です。
撮影した動画は編集して普通のDVDに焼きますが、将来のためにMP4ファイルはそのまま外付けHDDに保存しています。
ただ、やはり最近物足りなさを感じて、HF20かXactiDMX-HD2000かを買おうと思っておりましたが、
貴方様と同様にAVCHDの扱いをどうしたものかと躊躇していました。
PCもクアッドコアのを発注し、編集ソフトもいろいろ調べましたが結局Xactiを先日買いました。XactiはMPEG-4 AVC/H.264準拠です。
以上のとおりですので新しい方の使用感はお伝えできませんが、ご希望の条件でしたらXactiDMX-HD2000をお勧めします。
アクセサリーシューも付いていますし、外部マイクもつけられます。
ただしDMX-HD1Aの例ですが、音質は普通です。
動画の取り扱いについてはこちらを参考にしてください。
http://www.aqua-movie.sakura.ne.jp/page180.shtml
また、Sanyoのサイトから動画のサンプルが取れますので、再生が可能か試されるとよいと思います。
http://www.sanyo-dsc.com/products/lineup/dmx_hd2 …
なお、HF20とHD2000の性能についてはこちらも参考になります。
http://www.camcorderinfo.jp/content/Sanyo-DMX-HD …

この回答への補足

Xacti DMX-HD1Aの取説を見ると、このカメラもハイビジョンでビデオを撮れるようなんですが、これはAVCHDとMPEG-4 AVC/H.264のハイビジョンビデオより画質は落ちるんでしょうか?


XactiDMX-HD2000はMPEG-4 AVC/H2.64でビデオを撮るようなのですが、AVCHDと比べてどちらが画質がいいのでしょうか?

補足日時:2009/05/28 11:21
    • good
    • 0

あとハイビジョンで記録再生するための機器は買わずに、


当面はDVDレコーダーにダビングしながら標準画質のDVDだけを作成しておくのもいいと思います。
    • good
    • 0

AVCHDのビデオカメラはUSB端子付きのブルーレイレコーダーと組み合わせて初めて便利に使えるけど、


そこまでまだ出せないなら、DVDライターやリンクシアター&外付けHDDで記録再生だけならできます。
(DVDライターの場合は一番上のUXPモードが使えません)
(標準画質のDVDを作成する時はDVDレコーダーにダビングするのがいいと思います)
http://kakaku.com/item/10980210022/
http://kakaku.com/pc/player-others/ma_52/
    • good
    • 0

はじめまして。



機種は少なくなり、絶滅危惧種ではありますが、まだminiDV方式のビデオカメラがあるではないですか。
このHDV方式ならば解像度は1440×1080に制限されますが、AVCHDほどPCの能力を問いません。何せ単なるMPEG2TSですし、AVCHDのようにH264/AVCではありませんから。
欠点は絶滅危惧種であることと、取り込みに実時間かかることですが、反面長所はテープをそのまま残しておけるので、AVCHDのようにHDDやフラッシュメモリーの容量を気にすることもありません。
それにHDV方式(MPEG2TS)でも収録可能ですが、従来のDV方式(720×480)でも撮影は可能です。これでもDVDよりは高画質ですよ。

実はプロの現場では今もテープ撮影が主流です。
何故ならHDDのように衝撃に弱くない、フラッシュメモリーのように静電気でデータが飛ぶこともない、テープを入れ換えればバッテリーが持つ限り撮り続けられる。それに磁気テープは最低でも30年は持つことが歴史で証明されているからです。

で、参考までに。
http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-HC9/
販売価格も8万~12万程度のようです。
PCを買い換えたらまとめて編集でもいいですし、現在所有のPCでもDV方式ならばハードルも低くなると思われます。HDVの編集はソフト次第になりますが。
    • good
    • 0

まったく別角度なんですけど、PCをパワーアップするという選択肢はないんでしょうか?


せっかく高画質を残しておける機材を得たんですから、それを活かす方に投資するのが建設的じゃないかと思うんですけども。

高画質のソースを低画質にして配布することはできても、低画質のソースを自然に高画質化することはまだできないんですし。
#「超解像」技術の進歩で見分けが付かなくなるレベルを実現できるかも知れませんけど、そんなの必要ない機材が今お手元にあるんでしょう?

この回答への補足

それも一応考えていますが、新しいカメラを買うほうが安上がりなので質問してみました。

あと、できるだけ高画質といいましたが、ある程度高画質であればいいような気もするので。

補足日時:2009/05/28 00:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング