ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

桓武天皇と上賀茂神社は何か関係があると聞いたんですが、いまいちわかりません。どのような繋がりがあるのか教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

上賀茂神社や下賀茂神社の縁起ついては、すでにWikipedia等でお調べのことと思います。

(1)上賀茂神社は、天平17年(745)に聖武天皇の病気平癒の祈願が行われ、病が回復したことから、皇室との関係が深まりました。
その後、天平勝宝2年(750)には、孝謙天皇より御戸代田(みとしろだ)1町が寄進をされ、ますます、皇室との関係は深まりました。
御戸代田とは・・・神社が直接支配をして、その田から採れる米を神様にお供えをする。いわば、神社が直接管理する田のことです。「社領」とも言われます。

(2)桓武天皇が、平城京から長岡京、そして、延暦13年(794)10月22日に最終地として葛野(かどの)の地に都を遷都し、人心を一新するとともに、新しい政権や政治を始めようとしました。

(3)延暦13年(794)11月8日、桓武天皇は、これまでのように、地名をそのまま都の名前にするのではなく、つまり、葛野宮(かどののみや)ではなく、天下泰平、天下安寧(てんかあんねい)を願い、「平安京」と名乗るように詔(みことのり)を宣言しました。

(4)この、桓武天皇が平安京に遷都をした時、御所の北に位置していた上賀茂神社を「王城鎮護」の神社とし一層の庇護を与えました。

(よもやま話)
(1)桓武天皇天平9年(737)に光仁天皇の子として平城京で生まれました。
(2)天応元年(781)4月に桓武天皇として即位するも、光仁天皇には他に7~8人の皇子がおり、家臣たちは派閥争いを繰り返していました。
(3)さらに、皇居よりも北の一段高い山懐に東大寺(大仏殿)があり、あたかも、皇居を見下ろすような位置にあり、寺が皇居(天皇)を見下ろすことに不快感を持ちました。
(4)しかも、平城京の近辺には幾つもの寺があり、僧侶たちも、次第に政治に口を出すようになりました。
(5)そこで、桓武天皇は密かに、側近の一人「藤原種継(たねつぐ)」と共に新しい都の建設を模索しました。
(6)宮廷に仕える公家たちの目をくらますため、種継と共に「狩」を装って、候補地選びに何度も出かけました。
(7)そして、藤原種継を支持する豪族が支配する長岡の地に都を建設することとしました。
(8)平城京では、川の水路を各家庭に引き込み、いわば、水洗トイレだったのですが、大きな川が近くになかったため、水量が十分取り入れられず、汚物などがドブに堆積してしまい、匂いはもとより、衛生状態も最悪でした。
(9)そこへいくと、長岡の地では、「桂川」や「宇治川」という大きな川があり、十分に水量もあり、各家庭への水洗トイレにも利用できるし、また、淀川を遡って桂川や宇治川を入ることができ、物資(生活必需品)などが大量に輸送できることから、長岡の地に新しい都の建設を進めました。わずか半年で皇居の建設は終了。
(10)延暦3年(784)、平城京から長岡京への遷都を実行。そして、僧侶の政治への口出しを恐れて、寺院は一切都の中には造らせませんでした。
(11)さらなる都の整備を進める中で、延暦4年(785)9月、片腕であり、都建設の責任者であった藤原種継が何者かに暗殺されました。
(12)桓武天皇は怒り、
「全てを、必ずや探し出せ」
と、命令。
(13)数10人もの関わった公家が捕捉されましたが、その一味の中に弟の早良親王(さわら)も加わっていたことが判明。桓武天皇は、早良親王を幽閉し、島流しにしようとしましたが、早良親王は桓武天皇を恨みつつ島流しになる前に病死。
(14)その後、平城京では、飢饉や疫病(天然痘)などが続き、桓武天皇の母や后(きさき)も相次いで病になる。さらには、便利であったはずの川が氾濫を起こして、平城京は荒れ放題になりました。
そこで、占ってもらったところ、早良親王の「たたり」だと言われ、直ちに、「鎮護」の祈祷をしてもらいました。
(15)やむなく、桓武天皇は2度目の遷都を決意。候補地としてあがったのは葛野(かどの)の地でした。
(16)今回は、十分な時間をかけて都の建設をし、延暦13年(794)10月22日、葛野の都に遷都。11月8日、平安京と名づける「詔(みことのりょ)」を宣言しました。
(17)平安京では、水害の心配もなく、また、京都の北にある小さな川を集めて「東堀川」と「西堀川」を人工的に造り、都の水利に役立てました。さらに、平安京では、「東寺」「西寺」の二つの造営を許可し、京の街の守りとさせました。
(18)平安京の市街地の整備が進む中、延暦25年(806)3月、桓武天皇は70歳でこの世を去りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしい回答ありがとうございます。
非常に参考になりました。

お礼日時:2009/05/28 23:16

『桓武天皇の御代に都が京都に遷されて以来、皇城鎮護の神、


鬼門の守り神、総地主の神として崇められ、今日も建築関係等の
方除祈願が多くあります。 』
http://www.kamigamojinja.jp/history/index.html

桓武天皇
『井上内親王と他戸親王の不自然な死、治世のはじめに、
皇太子とした弟早良親王を藤原種継暗殺の廉で785年流罪とし
配所で死なしめたという暗い面も持ち合わせた。
怨霊を恐れ、延暦19年(800年)7月19日、早良親王を崇道天皇と
追号し、井上内親王の墓を山陵と追称し、皇后の位を復した。』


とあるように、桓武天皇は政情不安定で怨霊を恐れるあまり、
遷都を繰り返し、怨霊鎮魂の霊験のあらたかな上賀茂神社のある
京都の地に遷都し、上賀茂神社を第一の神として祭ったのでは
ないか。と想像されます。

この説については多数、書籍が出版されていますので、
いろいろ読まれてみるのもいいでしょう。

その他参考になりそうなサイト
http://inoues.net/tenno/kanmu_ryo.html
http://homepage2.nifty.com/nextgate/side_e_5.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になるサイトまで教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 23:15

745年聖武天皇の時代より皇室の病気治癒の祈願として


この神社はつかわれていた
794年平安遷都により桓武天皇が京都に都を移し
ここにあった皇室とゆかりの神社を天皇が行幸し(都の守護の祈願をし)
それ以来都の守護神社となった
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇家や徳川家の子孫たちについて

天皇家や徳川家の子孫たちについて

中国では孔子の家系が有名ですが、家系図も整えられているそうです。

ウィキペディアでは、「孔子の子孫と称する者は数多く、直系でなければ現在400万人を超すという。」と説明されています。

ごく自然な成り行きです。

ところが、どうでしょう。日本では、天皇家が万世一系を誇っているのに、宮家などの有名人を除いて、天皇の子孫を語る人を見たことがありません。また、その人口についても、全く信頼できる統計がありません。

天皇家や徳川家などの有力家系の子孫たちは、決してそれを忘れるはずはないと思います。しかし、現実に、マスコミにおいてみ、日常の生活においても、それを語る人に出会ったことがありません。

それで質問です。

質問1.天皇家や徳川家などの有力家系について、その子孫の人口などの統計や調査がありますか。

質問2.天皇家や徳川家などの有力家系の子孫たちは、その家系を第三者に話さないことになっているのでしょうか。それとも、家系自体、いつのまにか、忘れ去られて、当人たちも知らないのでしょうか。

質問3. 天皇家の子孫であれば、公務員や就職などで、当然に有利だろうと思います。それは、私自身、大きな配慮をしようと思うからです。すると、昨今はともかく、江戸時代、明治・大正・昭和の時代では、相当な有利な待遇を受けていたのではないでしょうか。

質問4. これは極論ですが、日本の公務員・企業幹部などの支配者階級は、全て天皇や徳川家などの有力家系で占められているのではないでしょうか。

質問5. もし質問4が事実であったとしても検証の方法はないと思います。と言うのも、部外者にこういった極めて問題のある情報を漏らすことはあり得ないと思うからです。この論理は正しいでしょうか。

質問6. 天皇家の子孫を自称する人が皆無なのは、何か法令や規則がありますか。それとも行政上の圧力がありますか。

(私は、天皇家や徳川家を否定する立場ではありませんし、ある程度の有利な状況があるのは自然なことだと思います。ただ、事実が全くわからないのは、不可解でなりません。)

回答は一部でもかまいません。個人的意見・推測でも結構です。よろしくお願いします。

天皇家や徳川家の子孫たちについて

中国では孔子の家系が有名ですが、家系図も整えられているそうです。

ウィキペディアでは、「孔子の子孫と称する者は数多く、直系でなければ現在400万人を超すという。」と説明されています。

ごく自然な成り行きです。

ところが、どうでしょう。日本では、天皇家が万世一系を誇っているのに、宮家などの有名人を除いて、天皇の子孫を語る人を見たことがありません。また、その人口についても、全く信頼できる統計がありません。

天皇家や徳川家などの有力家系の子孫たちは...続きを読む

Aベストアンサー

私の友人の何人かは藤原氏の末裔なのですが、そもそも藤原氏という認識すらなく、神社とかお寺の縁者なので、「***神社がうちの本家」「***寺の住職は一族」といった感覚で、戦前は華族だったというだけで、お公家の末裔という意識もないです。
私のような先祖代々の一般庶民とは違って、由緒ある家柄という意識はありますが、具体的な話になると、戦前は本家が子爵だったとか男爵だったとかで、そこまでは知っていても、その先は知らないという状態なので、系図を見れば天皇の血が入っていても、意識もしないし他人に言うこともないです。
たとえば俳優の加山雄三は村上天皇の血を引いていますが、誰も彼を天皇の子孫とは言いませんし、現在の皇室が彼を親戚として宮中に招くということも無いと思う、当人もせいぜい母親が岩倉具視のひ孫と認識してるだけだと思います。
お笑いタレント、サンドイッチマンの伊達みきおにしても先祖をたどれば藤原北家(奥州伊達氏の先祖)に繋がるので、神話では天智天皇の末裔とも言える。

質問4. これは極論ですが、日本の公務員・企業幹部などの支配者階級は、全て天皇や徳川家などの有力家系で占められているのではないでしょうか。

これだけは真実と思う。
地位が出来ると縁を結びたくなるのが人情で、田中角栄が異端と言われるのは、こういった上流階級と縁を結べなかったからと聞いたことがあります。
阿部さん麻生さんや鳩山さんは言うまでもないですが、菅さんも先祖をたどれば美作の名門菅納氏の出身で、菅原道真の末裔と称していますから全くの庶民でもない。

私の友人の何人かは藤原氏の末裔なのですが、そもそも藤原氏という認識すらなく、神社とかお寺の縁者なので、「***神社がうちの本家」「***寺の住職は一族」といった感覚で、戦前は華族だったというだけで、お公家の末裔という意識もないです。
私のような先祖代々の一般庶民とは違って、由緒ある家柄という意識はありますが、具体的な話になると、戦前は本家が子爵だったとか男爵だったとかで、そこまでは知っていても、その先は知らないという状態なので、系図を見れば天皇の血が入っていても、意識もしな...続きを読む


人気Q&Aランキング