桓武天皇と上賀茂神社は何か関係があると聞いたんですが、いまいちわかりません。どのような繋がりがあるのか教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

上賀茂神社や下賀茂神社の縁起ついては、すでにWikipedia等でお調べのことと思います。

(1)上賀茂神社は、天平17年(745)に聖武天皇の病気平癒の祈願が行われ、病が回復したことから、皇室との関係が深まりました。
その後、天平勝宝2年(750)には、孝謙天皇より御戸代田(みとしろだ)1町が寄進をされ、ますます、皇室との関係は深まりました。
御戸代田とは・・・神社が直接支配をして、その田から採れる米を神様にお供えをする。いわば、神社が直接管理する田のことです。「社領」とも言われます。

(2)桓武天皇が、平城京から長岡京、そして、延暦13年(794)10月22日に最終地として葛野(かどの)の地に都を遷都し、人心を一新するとともに、新しい政権や政治を始めようとしました。

(3)延暦13年(794)11月8日、桓武天皇は、これまでのように、地名をそのまま都の名前にするのではなく、つまり、葛野宮(かどののみや)ではなく、天下泰平、天下安寧(てんかあんねい)を願い、「平安京」と名乗るように詔(みことのり)を宣言しました。

(4)この、桓武天皇が平安京に遷都をした時、御所の北に位置していた上賀茂神社を「王城鎮護」の神社とし一層の庇護を与えました。

(よもやま話)
(1)桓武天皇天平9年(737)に光仁天皇の子として平城京で生まれました。
(2)天応元年(781)4月に桓武天皇として即位するも、光仁天皇には他に7~8人の皇子がおり、家臣たちは派閥争いを繰り返していました。
(3)さらに、皇居よりも北の一段高い山懐に東大寺(大仏殿)があり、あたかも、皇居を見下ろすような位置にあり、寺が皇居(天皇)を見下ろすことに不快感を持ちました。
(4)しかも、平城京の近辺には幾つもの寺があり、僧侶たちも、次第に政治に口を出すようになりました。
(5)そこで、桓武天皇は密かに、側近の一人「藤原種継(たねつぐ)」と共に新しい都の建設を模索しました。
(6)宮廷に仕える公家たちの目をくらますため、種継と共に「狩」を装って、候補地選びに何度も出かけました。
(7)そして、藤原種継を支持する豪族が支配する長岡の地に都を建設することとしました。
(8)平城京では、川の水路を各家庭に引き込み、いわば、水洗トイレだったのですが、大きな川が近くになかったため、水量が十分取り入れられず、汚物などがドブに堆積してしまい、匂いはもとより、衛生状態も最悪でした。
(9)そこへいくと、長岡の地では、「桂川」や「宇治川」という大きな川があり、十分に水量もあり、各家庭への水洗トイレにも利用できるし、また、淀川を遡って桂川や宇治川を入ることができ、物資(生活必需品)などが大量に輸送できることから、長岡の地に新しい都の建設を進めました。わずか半年で皇居の建設は終了。
(10)延暦3年(784)、平城京から長岡京への遷都を実行。そして、僧侶の政治への口出しを恐れて、寺院は一切都の中には造らせませんでした。
(11)さらなる都の整備を進める中で、延暦4年(785)9月、片腕であり、都建設の責任者であった藤原種継が何者かに暗殺されました。
(12)桓武天皇は怒り、
「全てを、必ずや探し出せ」
と、命令。
(13)数10人もの関わった公家が捕捉されましたが、その一味の中に弟の早良親王(さわら)も加わっていたことが判明。桓武天皇は、早良親王を幽閉し、島流しにしようとしましたが、早良親王は桓武天皇を恨みつつ島流しになる前に病死。
(14)その後、平城京では、飢饉や疫病(天然痘)などが続き、桓武天皇の母や后(きさき)も相次いで病になる。さらには、便利であったはずの川が氾濫を起こして、平城京は荒れ放題になりました。
そこで、占ってもらったところ、早良親王の「たたり」だと言われ、直ちに、「鎮護」の祈祷をしてもらいました。
(15)やむなく、桓武天皇は2度目の遷都を決意。候補地としてあがったのは葛野(かどの)の地でした。
(16)今回は、十分な時間をかけて都の建設をし、延暦13年(794)10月22日、葛野の都に遷都。11月8日、平安京と名づける「詔(みことのりょ)」を宣言しました。
(17)平安京では、水害の心配もなく、また、京都の北にある小さな川を集めて「東堀川」と「西堀川」を人工的に造り、都の水利に役立てました。さらに、平安京では、「東寺」「西寺」の二つの造営を許可し、京の街の守りとさせました。
(18)平安京の市街地の整備が進む中、延暦25年(806)3月、桓武天皇は70歳でこの世を去りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしい回答ありがとうございます。
非常に参考になりました。

お礼日時:2009/05/28 23:16

『桓武天皇の御代に都が京都に遷されて以来、皇城鎮護の神、


鬼門の守り神、総地主の神として崇められ、今日も建築関係等の
方除祈願が多くあります。 』
http://www.kamigamojinja.jp/history/index.html

桓武天皇
『井上内親王と他戸親王の不自然な死、治世のはじめに、
皇太子とした弟早良親王を藤原種継暗殺の廉で785年流罪とし
配所で死なしめたという暗い面も持ち合わせた。
怨霊を恐れ、延暦19年(800年)7月19日、早良親王を崇道天皇と
追号し、井上内親王の墓を山陵と追称し、皇后の位を復した。』


とあるように、桓武天皇は政情不安定で怨霊を恐れるあまり、
遷都を繰り返し、怨霊鎮魂の霊験のあらたかな上賀茂神社のある
京都の地に遷都し、上賀茂神社を第一の神として祭ったのでは
ないか。と想像されます。

この説については多数、書籍が出版されていますので、
いろいろ読まれてみるのもいいでしょう。

その他参考になりそうなサイト
http://inoues.net/tenno/kanmu_ryo.html
http://homepage2.nifty.com/nextgate/side_e_5.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になるサイトまで教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 23:15

745年聖武天皇の時代より皇室の病気治癒の祈願として


この神社はつかわれていた
794年平安遷都により桓武天皇が京都に都を移し
ここにあった皇室とゆかりの神社を天皇が行幸し(都の守護の祈願をし)
それ以来都の守護神社となった
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桓武天皇と熊谷(次郎)直実

こんにちは。

1、桓武天皇と熊谷(次郎)直実は血筋は繋がっているのでしょうか?

2熊谷(次郎)直実は法然上人の一番弟子ですか?

私の友人の知人が「熊谷(次郎)直実」の子孫で「桓武天皇」の血をひいている。と言うのですが、桓武天皇の側室の四代目位が熊谷(次郎)直実子孫と・・・。

私はそれがホントでも(「熊谷(次郎)直実」と「桓武天皇」血筋が繋がっていても)「熊谷(次郎)直実」すごい有名人でないから、知人が末裔かどうか判る分けないと言うのですが?  
  
ご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

1・熊谷はそう自称しています。いくつか説がありますが、桓武平氏の傍流という説(一番一般的な説)、宣化天皇の傍流であり、後に平氏から養子を取り一門とした説があります。
ただし、全般にいえますがこれらは当人が捏造したりとかが多く、当てにはなりません。

2・一番弟子・・・という基準がはっきりしません。高僧ならば弟子というか門下というか支持者はたくさんいるのが常ですし、直実が仏門に入ったときはすでに結構活躍していましたから、それまで弟子がいないと言うのはほぼありえません。

さて・・・ここからが問題なのですが・・

>私はそれがホントでも(「熊谷(次郎)直実」と「桓武天皇」血筋が繋がっていても)「熊谷(次郎)直実」すごい有名人でないから、知人が末裔かどうか判る分けないと言うのですが? 

この一文を見ると、質問者さんはあまりこのあたりに関して深く詳しい知識をお持ちではないのかと思います。

戦国時代までの武家は、姓を名乗るのが一種当然です(なのっていないということは、土民上がりと認めるようなもの)。しかし、姓は天皇が与えるものですから、どうやって手に入れるかと言うと・・・
その一族である、と言うのです。
たとえば、信長は「平氏」の子孫であると自称しました。家康は、征夷大将軍の都合もあるため源氏であるとしました。しかしこれはほぼ100%捏造です。
こういった具合に、「自身は~の一族の末流である」とするのです。自身の家に箔をつける意味も強いです。
大きなものは僭称と戸籍売買ですね。そもそも、400年前に分かれた家の子孫かどうかなんて、間違いなく正当な藤原家である近衛家とかですら把握できないですから、自分たちが名乗れば本当になる世界でもあるのです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2192705.html

このあたり(私の回答も含めて)とか参考URLをごらんいただければ、お分かりいただけるかと思います。
なお、このあたりは現代の有名無名は関係ないです。当時武家であったかどうかですから(でも熊谷なんかは鎌倉御家人としては最も有名な部類だと思うんですけどね・・・彼より有名なのは北条氏と那須与一くらいで・・・)。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/熊谷氏,http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kuma_k.html

1・熊谷はそう自称しています。いくつか説がありますが、桓武平氏の傍流という説(一番一般的な説)、宣化天皇の傍流であり、後に平氏から養子を取り一門とした説があります。
ただし、全般にいえますがこれらは当人が捏造したりとかが多く、当てにはなりません。

2・一番弟子・・・という基準がはっきりしません。高僧ならば弟子というか門下というか支持者はたくさんいるのが常ですし、直実が仏門に入ったときはすでに結構活躍していましたから、それまで弟子がいないと言うのはほぼありえません。

さ...続きを読む

Q下鴨神社と上賀茂神社

京都で有名なこの2つの神社。なんで「かも」の字が違うのか知りたいんです。

教えて下さい

Aベストアンサー

手元にある『賀茂御祖神社略史』(下鴨神社社務所で求めた小冊子です)には、以下のように説明があります。

「鴨」と「賀茂」
カモの文字の用例については、古代から様々に用いられていたのを江戸時代の中頃より、「鴨」と用いる場合は、賀茂御祖神社(通称下鴨神社)。「賀茂」との場合は賀茂別雷神社(通称上賀茂神社)、或は両社を一度に表わす場合に用いることとなった。(『賀茂注進雑記』)
しかし、「賀茂社」の場合、両者と別雷社の区別がつかないため最近では、両社を表す場合は、「かも」、或は「カモ」とすることが例となっている。


それまでは峻別されていなかった(迦毛・甘茂・鴨・賀茂・加茂・可茂・賀毛・賀母・加毛・・・等の多種の用字例が見受けられるようです)のを、江戸時代中頃に「鴨」と「賀茂」に統一して使い分けるようになったようです。なぜそのようなことになったかの経緯にまでは触れていません。

わずかな手掛かりですが、御参考までに。
明日は両社の祭礼、「葵祭」ですね。

御参考までに。

Q桓武天皇について

桓武天皇が早良親王を藤原種継暗殺事件の黒幕として幽閉したことは有名ですが、それが桓武天皇が自分の息子を次の天皇にするために、弟の早良親王を幽閉したということが本当なのか、または本当に早良が犯人だと思って幽閉したのか、どちらが事実なのでしょうか?
ネットで調べてみてもそれぞれ違う風に書いてあるのでよく分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天武天皇系の男系皇族が政変などにより途絶えた為に即位した「光仁天皇(白壁王・桓武天皇の父)」は、后である井上内親王(聖武天皇皇女)を通して、女系ながら天武系の血を引く嫡出子の他戸親王を皇太子として据えるという条件付きの天皇位継承でした。
光仁天皇即位時の桓武天皇=山部王は光仁天皇の庶長子で年齢は35歳。その翌年に井上内親王と他戸親王は大逆事件で廃されて、山部王の立太子が行われます。翌々年には井上内親王と他戸親王は変死します。これは山部王立太子に動いていた藤原良継と藤原百川の兄弟による陰謀でした。

桓武天皇の即位は781年4月ですが、この時光仁天皇は存命で同母弟の早良親王の立太子は光仁天皇の意向だったようです(同年12月に崩御)。

天武系の諸豪族や平城京の諸寺の影響を断ち切りたい桓武天皇は784年に長岡京へ遷都、785年の藤原種継暗殺事件で「大伴継人の証言」により、早良親王を連座させ廃太子とし淡路へ配流します(大伴家持も死後にも拘わらず官位を剥奪されています)。そして、早良親王はその途次で絶食により憤死します。

この時点では、桓武天皇には冤罪であるという意識は無かったでしょう(証言があったという報告を受けていますから)。まさか弟が冤罪を叫んで絶食して憤死するとも思わっていなかったと思います。皇位継承を自分の血筋に公然と継がせることが出来ると言う点でホッとした程度ではないでしょうか?

ただ、早良親王は元々僧籍にあった人で東大寺や大安寺東院に住んでいました。平城京の諸寺と強いパイプを持っていたと思われ、それを桓武天皇が懸念していたことは想像できます。

また、桓武天皇は天武系の男系皇族が断絶したのを目の当たりにしたためか、やたらめったら子作りに励み、自らの血統を濃くするために自分の息子と娘たちの異母兄妹婚を積極的に行わせています。
こうした面からは、弟を殺すつもりはなかったにせよ、出来る限り皇位を自分の血統で継承していきたかった心情が浮かんできます。

その後、早良親王は平安京に上御霊神社の祭神として桓武天皇の勅願で祀られ(794年?)、「崇道天皇」の追尊を受けています(800年)。また、大伴家持をはじめとする種継暗殺に連座した人々は桓武天皇の遺詔で806年に罪を免ぜられています。

こうした対応は、怨霊の力が絶大だった為にそれを鎮める、と言うこともあったでしょうが、桓武天皇が実弟への自責の念に死ぬ直前まで苛まれていた現れで、彼の心の中では「冤罪」であったと思っていたのかも知れません。

天武天皇系の男系皇族が政変などにより途絶えた為に即位した「光仁天皇(白壁王・桓武天皇の父)」は、后である井上内親王(聖武天皇皇女)を通して、女系ながら天武系の血を引く嫡出子の他戸親王を皇太子として据えるという条件付きの天皇位継承でした。
光仁天皇即位時の桓武天皇=山部王は光仁天皇の庶長子で年齢は35歳。その翌年に井上内親王と他戸親王は大逆事件で廃されて、山部王の立太子が行われます。翌々年には井上内親王と他戸親王は変死します。これは山部王立太子に動いていた藤原良継と藤原百川の...続きを読む

Q【日本の歴史】天皇家と右翼団体の繋がりを教えてください。 「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」

【日本の歴史】天皇家と右翼団体の繋がりを教えてください。


「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」


なぜ右翼団体が正月に天皇家を参拝に行くのか日本の歴史教科書では教えない闇の部分がチラホラ見え始めて来た。

どうも戦後に天皇家と右翼団体は繋がりが出来て、天皇家は右翼団体を影で動かしていたようだ。

今は天皇家は右翼団体から離れたが右翼団体は未だにその歴史を覚えており正月に天皇家にお前ら忘れるなよと脅しの意味で参拝しているのだろう。

天皇家も右翼団体と繋がりがあったことを認識しているので排除できない。

排除したらこの昭和天皇が右翼団体を使っていたという事実を右翼団体に暴露されかねないので天皇家は広い心があるので右翼団体や右翼系暴力団の正月参拝を認めているという風に世間には思わせたいのだろう。

昭和天皇の皇后が右翼団体を使った事例を教えてください。

Aベストアンサー

>「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」

質問者様がそのようにお考えになる資料や根拠は何でしょうか。

質問者様の高潔で聡明なご人格を疑。
しかし、最近では公職にありながら、証拠も示さずに他人を強盗や殺人犯と罵る方もいらっしゃいます。


【民進党・クイズ小西「安倍総理は強盗殺人犯である。」】
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790718.html
(一国の総理大臣を犯罪者呼ばわりするのなら、証拠をそろえて告発すべきですよねぇ_____

こんな罵詈雑言を野放しにしている事こそ、現政権が表現の自由を許しているという証左でしかないんですが。)


https://www.youtube.com/watch?v=KuMVMc55zzE



>なぜ右翼団体が正月に天皇家を参拝に行くのか日本の歴史教科書では教えない闇の部分がチラホラ見え始めて来た。

右翼団体は 参拝 していないと思いますが。

一般人も右翼の人も日本が好きな外国人も、正月に皇族の方々への「参賀」に行っています。

一部の特殊なサンプルのみを語りたてて、対象への認識を歪ませるのは、詐欺や詭弁やパヨクや反日工作員の常套手段です。

あなたの国の歴史教科書ではどのような事を教えているのでしょうか。



>どうも戦後に天皇家と右翼団体は繋がりが出来て、天皇家は右翼団体を影で動かしていたようだ。

>今は天皇家は右翼団体から離れたが右翼団体は未だにその歴史を覚えており正月に天皇家にお前ら忘れるなよと脅しの意味で参拝しているのだろう。

>排除したらこの昭和天皇が右翼団体を使っていたという事実を右翼団体に暴露されかねないので天皇家は広い心があるので右翼団体や右翼系暴力団の正月参拝を認めているという風に世間には思わせたいのだろう。

ようだ。・・・
だろう。・・・
だろう。・・・

>「昭和天皇の皇后も右翼を使ったりしていた」

質問者様がそのようにお考えになる資料や根拠は何でしょうか。

質問者様の高潔で聡明なご人格を疑。
しかし、最近では公職にありながら、証拠も示さずに他人を強盗や殺人犯と罵る方もいらっしゃいます。


【民進党・クイズ小西「安倍総理は強盗殺人犯である。」】
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790718.html
(一国の総理大臣を犯罪者呼ばわりするのなら、証拠をそろえて告発すべきですよねぇ_____

こんな罵詈雑言を野放しにしている事こ...続きを読む

Q桓武天皇

桓武天皇と上賀茂神社は何か関係があると聞いたんですが、いまいちわかりません。どのような繋がりがあるのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

上賀茂神社や下賀茂神社の縁起ついては、すでにWikipedia等でお調べのことと思います。

(1)上賀茂神社は、天平17年(745)に聖武天皇の病気平癒の祈願が行われ、病が回復したことから、皇室との関係が深まりました。
その後、天平勝宝2年(750)には、孝謙天皇より御戸代田(みとしろだ)1町が寄進をされ、ますます、皇室との関係は深まりました。
御戸代田とは・・・神社が直接支配をして、その田から採れる米を神様にお供えをする。いわば、神社が直接管理する田のことです。「社領」とも言われます。

(2)桓武天皇が、平城京から長岡京、そして、延暦13年(794)10月22日に最終地として葛野(かどの)の地に都を遷都し、人心を一新するとともに、新しい政権や政治を始めようとしました。

(3)延暦13年(794)11月8日、桓武天皇は、これまでのように、地名をそのまま都の名前にするのではなく、つまり、葛野宮(かどののみや)ではなく、天下泰平、天下安寧(てんかあんねい)を願い、「平安京」と名乗るように詔(みことのり)を宣言しました。

(4)この、桓武天皇が平安京に遷都をした時、御所の北に位置していた上賀茂神社を「王城鎮護」の神社とし一層の庇護を与えました。

(よもやま話)
(1)桓武天皇天平9年(737)に光仁天皇の子として平城京で生まれました。
(2)天応元年(781)4月に桓武天皇として即位するも、光仁天皇には他に7~8人の皇子がおり、家臣たちは派閥争いを繰り返していました。
(3)さらに、皇居よりも北の一段高い山懐に東大寺(大仏殿)があり、あたかも、皇居を見下ろすような位置にあり、寺が皇居(天皇)を見下ろすことに不快感を持ちました。
(4)しかも、平城京の近辺には幾つもの寺があり、僧侶たちも、次第に政治に口を出すようになりました。
(5)そこで、桓武天皇は密かに、側近の一人「藤原種継(たねつぐ)」と共に新しい都の建設を模索しました。
(6)宮廷に仕える公家たちの目をくらますため、種継と共に「狩」を装って、候補地選びに何度も出かけました。
(7)そして、藤原種継を支持する豪族が支配する長岡の地に都を建設することとしました。
(8)平城京では、川の水路を各家庭に引き込み、いわば、水洗トイレだったのですが、大きな川が近くになかったため、水量が十分取り入れられず、汚物などがドブに堆積してしまい、匂いはもとより、衛生状態も最悪でした。
(9)そこへいくと、長岡の地では、「桂川」や「宇治川」という大きな川があり、十分に水量もあり、各家庭への水洗トイレにも利用できるし、また、淀川を遡って桂川や宇治川を入ることができ、物資(生活必需品)などが大量に輸送できることから、長岡の地に新しい都の建設を進めました。わずか半年で皇居の建設は終了。
(10)延暦3年(784)、平城京から長岡京への遷都を実行。そして、僧侶の政治への口出しを恐れて、寺院は一切都の中には造らせませんでした。
(11)さらなる都の整備を進める中で、延暦4年(785)9月、片腕であり、都建設の責任者であった藤原種継が何者かに暗殺されました。
(12)桓武天皇は怒り、
「全てを、必ずや探し出せ」
と、命令。
(13)数10人もの関わった公家が捕捉されましたが、その一味の中に弟の早良親王(さわら)も加わっていたことが判明。桓武天皇は、早良親王を幽閉し、島流しにしようとしましたが、早良親王は桓武天皇を恨みつつ島流しになる前に病死。
(14)その後、平城京では、飢饉や疫病(天然痘)などが続き、桓武天皇の母や后(きさき)も相次いで病になる。さらには、便利であったはずの川が氾濫を起こして、平城京は荒れ放題になりました。
そこで、占ってもらったところ、早良親王の「たたり」だと言われ、直ちに、「鎮護」の祈祷をしてもらいました。
(15)やむなく、桓武天皇は2度目の遷都を決意。候補地としてあがったのは葛野(かどの)の地でした。
(16)今回は、十分な時間をかけて都の建設をし、延暦13年(794)10月22日、葛野の都に遷都。11月8日、平安京と名づける「詔(みことのりょ)」を宣言しました。
(17)平安京では、水害の心配もなく、また、京都の北にある小さな川を集めて「東堀川」と「西堀川」を人工的に造り、都の水利に役立てました。さらに、平安京では、「東寺」「西寺」の二つの造営を許可し、京の街の守りとさせました。
(18)平安京の市街地の整備が進む中、延暦25年(806)3月、桓武天皇は70歳でこの世を去りました。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

上賀茂神社や下賀茂神社の縁起ついては、すでにWikipedia等でお調べのことと思います。

(1)上賀茂神社は、天平17年(745)に聖武天皇の病気平癒の祈願が行われ、病が回復したことから、皇室との関係が深まりました。
その後、天平勝宝2年(750)には、孝謙天皇より御戸代田(みとしろだ)1町が寄進をされ、ますます、皇室との関係は深まりました。
御戸代田とは・・・神社が直接支配をして、その田から採れる米を神様にお供えをする。いわば、神...続きを読む

Q【宗教】「今上天皇」って今は何の神様になっているんですか? 歴代の天皇陛下は亡くなると何かの神に昇進

【宗教】「今上天皇」って今は何の神様になっているんですか?


歴代の天皇陛下は亡くなると何かの神に昇進されるんですか?

昭和天皇は戦争の神様ですか?

今度の平成天皇が亡くなると地震の神様になるのかな?

明治天皇は何の神様だろう?売国奴の神様?文明開化の神様?鎖国を解放した自由の神様かな?

死んだら神様ネーム貰えるって羨ましいなあ。

Aベストアンサー

明治天皇と皇后である昭憲皇太后は日本一初詣の参拝者の多い明治神宮の祭神。。。要するに神様です。

Q桓武天皇が京を都に選んだわけを調べたい

同じような質問が前にもあったのですが、申し訳ありません。
私の高校は、卒業論文のようなレポートを書かなくてはいけなくて、私は桓武天皇と平安京というのを題材にしようと思っています。
なぜ京が選ばれたか、とか、平城京ではなぜだめだったか、とか遷都後の問題についてもやろうと思っているのですが、どういう本を読めばいいのかわかりません。
結構難しい本でもいいので、日本史に詳しい方、どなたか何を読んだらいいのかアドバイスください!!

Aベストアンサー

 こんにちは。

 「井沢元彦」さんの[逆説の日本史3 古代言霊編
平安建都と万葉集の謎」が,分かりやすくておもしろいですよ。逆説と言う題名が付いていますが,そんなにとっぴな内容の本ではないです。

http://www.gyakusetsu-j.com/data/data.pl

参考URL:http://www.gyakusetsu-j.com/data/data.pl

Q天皇家の天皇継承は男子である という原則があります。一方 男子のY染色

天皇家の天皇継承は男子である という原則があります。一方 男子のY染色体の遺伝子は 延々と祖先の遺伝子が伝わるのです。そこで天皇家の男子のY染色体遺伝子は何であるか 興味のあるところです。今のところ確認されたという話は聞いていません。どなたか ご存知の方はおられないでしょうか。 

Aベストアンサー

なかなか難しいでしょう。
男系が系図上確認できる皇族ではない方々というと、おそらく旧宮家の方々しかいないのではないでしょうか?(竹田恒泰さんとか)

誰と誰を比較するかもわかりませんし、何世紀もはなれてしまえば、系図と遺伝的祖先が一致するかも怪しいです。

Q関西の大学で、看護学部に入りながら、吹奏楽を続けないと思ってます。 吹奏楽団もいいと思いますが、その

関西の大学で、看護学部に入りながら、吹奏楽を続けないと思ってます。
吹奏楽団もいいと思いますが、その大学の吹奏楽部に入りたいと思っています。

この大学は、吹奏楽部あるよ!って言うのと、国公立かどうかも教えて欲しいです!!

また、数学の先生の資格の資格が取れる関西の大学も教えて欲しいです!吹奏楽部の有無も!!

私がこの大学の看護学部で、吹奏楽をやってます!って言うのも教えて欲しいです!

よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

京都大学という国公立大学に行けば吹奏楽部はある。人間健康科学科で看護の勉強もできます。

数学の先生の資格については下記を参照してください。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/03/02/1287056_1.pdf

Q女系天皇だと何か問題があるのでしょうか?

悠仁親王はまだ幼いので、女系天皇を認めるか否かの本格的な議論は、私が生きている間には起こらないでしょうが、女系天皇だと何か問題があるのでしょうか?

確かに、皇統はこれまで一貫して男系を保ってきました。

しかし、それは偶然男系を保ってこれただけで、男系が保てなければ女系で家を存続すると言うのが日本の伝統ではないでしょうか?

例えば、上杉謙信の後継者を争ったのは、上杉謙信のお姉さんの男子である上杉景勝と上杉謙信のお姉さんの女子の婿である上杉景虎ですし、
直江兼続は婿養子として直江家を継ぎ、本多政重を婿養子に迎えて直江家を告がせようとしまし、
吉川元春は母親の実家を継ぎました。

自分としては「男系優先・女系容認」というのが日本の伝統だと思うのですが、間違っておりますでしょうか?

Aベストアンサー

>私は竹田氏と同じく「万策尽きたら女系もやむ得ない」という考えです。
しかし、竹田氏が男系論者ということは、私も男系論者なのでしょうか?

そうなりますね。

>悠仁親王が男子に恵まれなかったら、悠仁親王から皇位をどれだけさかのぼっても男系男子がいない(まったくいないことはないかと思いますが、家系図が残っているなどの血筋を証明できる人はいない)と考えていたのですが、誰かいるのでしょうか?

ですから竹田氏初め、旧皇族の方がたくさんおられます。
戦後すぐに臣籍降下されたばかりなので、系図もばっちり残ってます。

>だったら、その男性を皇族に復帰させられる法整備を検討すべきなのに、なぜ愛子内親王が皇位を継承できるようにするための法整備を検討したのでしょうか?

男系論者⇒皇籍に男系が尽きた場合は旧皇族の男系子孫の方を天皇に
女系論者⇒臣籍に戻したものを皇族に戻すなんてありえない。男系男児が尽きた場合は愛子様およびそのお子を天皇に。

おおむねこういった意見だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報