鉄鋼試料0,425gを酸に溶かして過マンガン酸イオン(←分子量118,92)に酸化した。この溶液をメスフラスコで100MLまで希釈し、2,0cmのセルを用いて520nmで吸光度を測定したら0,80であった。520nmにおける過マンガン酸イオンのモル吸光係数は2235である。鉄鋼中のMn(←分子量54,94)のパーセントを計算しなさい。
考えても全くわかりません・・・・。
よろしくです!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

520nmにおける吸光度から、


A=εLC ε=2235、C(mol/L) L=2.0 (cm)
0.80=A=2235×C×2.0
C≒1.79×10^-4 (mol/L)
モル数に換算すると100mLなので、100mL/1000mLふくまれているから、
1.79×10^-4×(100/1000)=1.79×10^-5 (mol)
マンガンの「原子量」を乗じて、(分子量ではない)
1.79×10^-5×54.94≒9.83×10^-4 (g)
なお、マンガン原子と過マンガン酸イオンのモル数は等しい(MnとMnO4^-)ので、過マンガン酸イオンの式量(分子量ではない)を使用する必要はありません。
これを鉄鋼試料の質量で除すと、
9.83×10^-4÷0.425≒2.31×10^-3
パーセントに直すと
0.231%
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました!!!
本当にありがとうございました!!!!

お礼日時:2009/05/29 00:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンガン鉱石の酸処理について 困っています

鉱物採集を趣味にしています。

さて、加蘇鉱山などマンガン鉱山で採集してきた鉱石はどうしても表面が二酸化マンガン系物質で覆われています。
どうにか薬品などで綺麗にならないのでしょうか。

ネットで調べてもこれといったものはありませんでした。

出来れば薬局などで簡単に入手可能なもので・・・

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

手間なしブライトに浸けておくといいと聞いたことがあります。
実際には試していませんがご参考まで。

Q(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(2)過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(3)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムおよび、過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応を、電子の授受が明らかになるように、酸化反応と還元反応の2つの反応に分けて示せ

教科書を見てもわかりません↓
どなた教えていただけませんか?

Aベストアンサー

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+2
x=+7
酸化数が減少するので還元反応になります。

(2)酸化還元される元素に着目し、その元素の数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  <2>CO2
MnO4^- ⇒ Mn^2+ ※加算なし

この場合CO2の炭素元素に着目し、左辺の炭素数2に合わせます。

(3)それぞれの反応式にH2O、OH^-を加え、両辺の酸素元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- ⇒ Mn^2+ + <2H2O>

(4)H^+を加えて、両辺のH元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- + <4H^+> ⇒ Mn^2+ + 2H2O

(5)e-を加えて両辺の電化数を合わせます。この過程によりいわゆる
半反応式が完成します。
C2O4^2- ⇒  2CO2 + <2e->
MnO4^- + 4H^+ + <e-> ⇒ Mn^2+ + 2H2O


(6) (5)で完成した半反応式の電化数を合わせます。
今回の場合では還元側のシュウ酸の電子数にマンガンの電子数を合わせたほうが楽です。

C2O4^2- ⇒  2CO2 + 2e- ※変化なし【基準】
2MnO4^- + 8H^+ + 2e- ⇒ 2Mn^2+ + 4H2O ※両辺を2倍にする

(7)両方の半反応式を足して、電子が消滅したら酸化還元反応式が完成します。
C2O4^2- + 2MnO4^- + 8H^+ ⇒  2CO2 + 2Mn^2+ + 4H2O



(2)と(3)の一部もこの要領で解けると思います。
詳しくは高校化学1Bを確認してください。

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+...続きを読む

Qマンガンの色について

マンガンは黒色だけだと思っていたところ、緑色もある。ということが高校の教科書に書かれていました。

その他にマンガンなのに色がついてるマンガンってあるのでしょうか?
一酸化マンガン:緑
二酸化マンガン:黒

Aベストアンサー

マンガンを始め、遷移金属の化合物の色は、その酸化数や、どのようなイオンとなっているかで非常に多彩です。それが絵の具の原料などとして魅了させるところでもあります。

一酸化マンガン=酸化マンガン(II)は緑、二酸化マンガン=酸化マンガン(IV)は黒、というのは既にご存じのようですね。(カッコの中のローマ数字はマンガン原子の酸化数を示します。)
このほかに、マンガン酸イオンMnO4^2-[Mnの酸化数は+6]は濃緑色、過マンガン酸イオンMnO4^-[同+7]は黒紫色をしています。また、単体の金属マンガンMn[同0]は銀白食の金属です。

同様に鉄もいろいろな色を呈します。酸化鉄(II)や酸化鉄(II)鉄(III)は黒色ですが、酸化鉄(III)は赤色です。これは黒さびや赤さびと俗に呼ばれますね。

遷移金属はこのように色変化が美しいものです。「マンガンなのに色が付いている」ということが誤りで「マンガン(は遷移金属)だから多彩な色をする」と言うことがおわかりいただけましたでしょうか。

ただ、多彩な色を呈するとは言っても、元素ごとにある程度限られたものですが。

マンガンを始め、遷移金属の化合物の色は、その酸化数や、どのようなイオンとなっているかで非常に多彩です。それが絵の具の原料などとして魅了させるところでもあります。

一酸化マンガン=酸化マンガン(II)は緑、二酸化マンガン=酸化マンガン(IV)は黒、というのは既にご存じのようですね。(カッコの中のローマ数字はマンガン原子の酸化数を示します。)
このほかに、マンガン酸イオンMnO4^2-[Mnの酸化数は+6]は濃緑色、過マンガン酸イオンMnO4^-[同+7]は黒紫色をしています。また、単体の金属マンガンMn[同0...続きを読む

Qシュウ酸と過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定

この操作で滴定をするとき、滴定の初めのほうでは滴下した過マンガン酸カリウムの色の戻りが遅いのはなぜなのでしょうか?
いろいろなサイトをまわったところ
「Mnイオンが触媒となり反応が速やかになる」ということはわかったのですが、いまいちピンときません。
もう少し具体的に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

Mn2+がない状態では反応が遅い為に、加熱しなければ進まないというのが普通の説明のようです。つまり、滴定をはじめた当初は、MnO4-ばかりで、Mn2+(あるいはMnSO4)は生じていない為に、反応が遅く、加熱しなければ反応が進むのに長い時間が必要であるということです。

ひとたび、Mn2+が生じれば、それが触媒となり反応がすみやかに進むようになるということです。
ただ、Mn2+がどのように触媒作用を示すかということについてはあまり書かれていないようです。想像ですが、Mnはいろいろな酸化数をとるので、ひとたび生じたMn2+がMnO4-によって再酸化されたりすることによって、電子の移動が(すなわちMnO4-による酸化が)すみやかに起こるようになるということだと思います。

Q過酸化マンガンカリウムの毒性

過酸化マンガンカリウム溶液を野菜にふりかけて新鮮さを保つ方法があると聞きました。
過酸化マンガンカリウムは毒性がないのでしょうか?
それと
過酸化マンガンカリウムと過マンガン酸化カリウムは同一のものでしょうか?

Aベストアンサー

まずはじめにお詫びからです。#1で過酸化マンガンはあると書きましたがないようです。うっかり二酸化マンガンのつもりで過酸化マンガンはあると書いてしまいました。金属の過酸化物はアルカリ金属、アルカリ土類金属、ランタノイドであるようです。Mnなどの遷移金属では存在しないようです。

参考URLを2つ見ました。
ayagu様の示されたURLでは過マンガン酸カリとなっています。反応後、二酸化炭素と二酸化マンガンになると書いてあります。
hokuriku様の示されたURLでは過マンガンカリウム、過酸化マンガンカリウムの両方が出てきます。エチレンと反応した後、二酸化炭素と二酸化マンガンになると書いてあります。でもその後でまた過酸化マンガンカリウムが出てきます。二酸化マンガン、過マンガンカリウム、過酸化マンガンカリウムの区別がついていません。この中で実際に存在する物質は二酸化マンガンだけです。引用しておきます。

>E.G.G.は、特許成分高純度ゼオライト(多孔質の鉱物)と少量の過酸化マンガンカリウムの混合物を原料としています。この高純度ゼオライトが、冷蔵庫内のエチレンガスを強力に吸収します。
そして過酸化マンガンカリウムでエチレンガスを分解して、二酸化炭素と二酸化マンガンに変えていきます。使用後は無害な有機肥料の過酸化マンガンになるので安心して使用していただけます。
この黒いつぶつぶがE.G.G の秘密。
エチレンガスを強力に吸収します。

過マンガン酸カリウムのことだというのは確かでしょう。エチレンの二重結合を酸化しているのです。でもエチレンを酸化したら二酸化炭素になるというものではありません。この点はどちらも「?」ですね。(「酸化=燃焼」という思いこみがあるようです。)

エチレンは多分最も構造の簡単な植物ホルモンでしょう。成長ホルモンです。エチレンでさえなくなれば二酸化炭素になっていなくても効果はあったということになります。でもこの程度のものをアメリカから輸入して大々的に宣伝しなければいけないものでしょうか。
ゼオライトも過マンガン酸カリウムもすぐ手に入る物質です。コピー商品を作るのは簡単でしょう。

反応後の二酸化マンガンが安全な有機肥料であるという表現もおかしいです。二酸化マンガンは酸化剤です。肥料として使うことはないと思います。有機物ではありませんので有機肥料とは言いません。これは両方に共通ですね。
過マンガン酸カリウムを薄めて霧吹きで葉っぱにかけるというのもやらない方が良いでしょう。葉っぱと直接反応するでしょう。かならず二酸化マンガンが残ります。効果の面と安全の面との両方で疑問です。過マンガン酸カリウムは酸性条件では働きが強くなります。水溶液条件では何が入ってくるかがわかりません。これも直接散布しない理由です。この商品は気体のエチレンの吸着除去だけを目的にしています。

エチレンが成長ホルモンであるというのがわかったのはバナナが輸送中に腐ってしまう事の理由からでした。船倉内で熟したバナナの出すエチレンが他のバナナの熟すのを促進するらしいということからです。冷蔵庫の中に野菜や果物ををたくさん入れるとだめだというのはそこからの話です。

農業の現場で何が行われているかがわからないと言うのは不安に感じますね。
 

まずはじめにお詫びからです。#1で過酸化マンガンはあると書きましたがないようです。うっかり二酸化マンガンのつもりで過酸化マンガンはあると書いてしまいました。金属の過酸化物はアルカリ金属、アルカリ土類金属、ランタノイドであるようです。Mnなどの遷移金属では存在しないようです。

参考URLを2つ見ました。
ayagu様の示されたURLでは過マンガン酸カリとなっています。反応後、二酸化炭素と二酸化マンガンになると書いてあります。
hokuriku様の示されたURLでは過マンガ...続きを読む

Qクロム酸や過マンガン酸ってどういう構造なの?

化学で、酸化還元反応でクロム酸や過マンガン酸が出てきました。

金属に酸素がくっついて一つの陰イオンとして働いているらしいですが、

どうもピンときません。

どのような構造をしているのでしょうか?
また、錯イオンとは関係がありますか?

Aベストアンサー

こんな構造してます。↓英文wiki
http://en.wikipedia.org/wiki/Chromic_acid
左側が二クロム酸、右側がクロム酸。
二クロム酸はクロム酸の「無水物」ですね。
塩になるとクロム酸は、
[Cr^+6(-O^2-)4]^2- のテトラヘドラル(正四面体、メタンと同様な対称性)の構造になります。

過マンガン酸カリウムはこんな構造、↓同じく英文wiki
http://en.wikipedia.org/wiki/Potassium_permanganate
分かりづらくて済みません。一応、
[Mn^+7(-O^2-)4]^- のテトラヘドラルの構造で形はクロム酸と同じです。

どちらも錯イオンは構成していません。

Qマンガン電池の中身は二酸化マンガン?酸化マンガン?

40年程前にマンガン電池の構成物に二酸化マンガンと記憶していた。最近高校科学の本を読むと酸化マンガンとなっていた。二つは別のものと承知しています。会社、時代によって変化してきたのか?マンガン電池は2種類あるのか?酸化マンガンという言葉がこの程度の内容では二酸化マンガンの代名詞となっているのか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1w-palaceさんの通り、「酸化マンガン(IV)」と表記されているはずです。最後の"(IV)"は省略して言いよと言うカッコではありません。酸化マンガン(IV)でようやく一つの物質を表せます。
括弧内のローマ数字はマンガンの酸化数を表しています。

なお40年前でしたら、FeOを「酸化第一鉄」、Fe2O3を「酸化第二鉄」、CuOを「酸化第二銅」などの呼び方をしていたと思いますが、現在ではどちらも不適当な呼び名です。金属の酸化数を表す方法で順番に酸化鉄(II)、酸化鉄(III)、酸化銅(II)と表記するのが正式です。
これは「第一ナントカ」と言っても、金属の種類によってその価数が違っているため、統一性に欠けるためです。

Qシュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応

【問題】純粋なシュウ酸ナトリウムを三角フラスコにはかりとり、精製水に溶かした。
ここに硫酸を加えて80℃に加熱し、あらかじめビュレットに入れておいた過マンガン酸カリウム水溶液を滴下した。

このとき、シュウ酸はどういう状態なのですか?
シュウ酸ナトリウムは、精製水に溶かした時点で即ほとんどが電離して、シュウ酸イオンの状態になると思いました。そして少しずつシュウ酸(COOH)2として過マンガン酸カリウムと酸化還元反応を起こすものと思いました。

しかし、解答では、シュウ酸ナトリウム(COONa)2と過マンガン酸カリウムの反応式になっています。
なぜでしょうか?

Aベストアンサー

No.2のご回答にありますように、本質としては、シュウ酸ナトリウムが反応したと書いても、シュウ酸が反応したと書いても正しいと思います。

すなわち

(1)シュウ酸ナトリウムに硫酸を加えるとシュウ酸と硫酸(水素)ナトリウム?になった。
(2)硫酸酸性で、シュウ酸に過マンガン酸カリウムを加えると、シュウ酸が酸化されて二酸化炭素等になり、過マンガン酸カリウムは硫酸マンガンになった。

の2つの反応の内の(2)のみを表すか、両方をまとめて表すかといった違いです。

ただ、強いて言うならば、始めに加えたのがシュウ酸ナトリウムである以上、シュウ酸ナトリウムを出発物質とした、すなわち(1)(2)をまとめた書き方をする方が好ましいと思います。

Qマンガン電池を食べて減量??

格闘家が試合に向けて減量するときに、
マンガン電池の中のマンガンを食べて
脂肪を減らすと聞いたのですが、本当ですか????

マンガン電池のマンガンって食べられるのでしょうか??
病気にならないの?

Aベストアンサー

>電池のマンガンって食べられるのでしょうか

強アルカリ電解液が含有されているから
病気になる前に経路の体がただれて穴が開くはず。

自然に食事に入っているマンガンを摂取してる量は1日4mg程度で。
g単位で摂取しても中毒起こすみたいだし。
http://www.mbcl.co.jp/compendium/main.asp?field=01&m_class=09&s_class=0021

食べていいはず無いと思う(よい子は、まねをしてはいけません)

Qシュウ酸水溶液と過マンガン酸カリウム水溶液の反応について

 シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加え温める反応について質問です。
 ここで過マンガン酸カリウム水溶液は硫酸酸性でないければならないということですが、
 
 (1)硫酸酸性とはなんですか?
 (2)なぜ「硫酸酸性」でないとダメなんですか?

 ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「硫酸で酸性にした」という意味です。簡単。

(2)この反応ではシュウ酸と過マンガン酸カリウムの反応量の比が大事です。酸性にするのはこの反応にH^+が必要だから。
ただ、酸性にするのに酸なら何でも良いのでしょうか。
シュウ酸と過マンガン酸カリウムが反応するところに酸自身が割り込んで反応してしまう(=酸がシュウ酸を酸化したり、過マンガン酸カリウムに酸化されたり)するとこまります。
ということでどちらの働きもない硫酸が用いられます。
塩酸や硝酸ではどうなるでしょうか、お考えください。


人気Q&Aランキング