私は、平成13年5月に自己破産し8年になるのですが昨年6月に(破産後7年経過)車を購入するためアプラスという信販会社にローンの申し込みをしたところ審査結果はNGでした。
また、つい先日も電化製品をネットで購入しようと思いセディアとソニーファイナンスという信販会社に申し込みした時も結果はNGでした。
自己破産後のローンについてはネット等で色々検索してみましたが、5年程でクレジットやカーローンが利用できたという方もいれば、10年経ってもカードが作れないという人もいて、何年くらいでローン等が利用できるのかよく判りません。
またローンの申込をしてNGになった場合、その事が履歴に残って他の会社で申込をしても審査に通らなくなるというのは本当でしょうか?
ちなみに私は破産前から同じ会社に勤めていて勤続17年、年収は約400万程です。
それと自己破産時に借入していたのは、アコム、プロミス、三洋信販、日立信販、南日本信販、レイク、JCB、DC等です。
長い文章になりスミマセン、どなたか詳しい方いらっしゃいましたらご回答宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>5年程でクレジットやカーローンが利用できたという方もいれば、


10年経ってもカードが作れないという人もいて、何年くらいで
ローン等が利用できるのかよく判りません。

自己破産時の借入先により、ローンが利用できない期間が
異なるようです。
http://www.1276.jp/saimuseiri/loan/blacklist.html
上記ページによると、銀行系の金融機関からの借り入れがなければ、
官報公告から7年で借入ができるようになるはずです。
一度信用情報を開示されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

>何年くらいでローン等が利用できるのかよく判りません。



先ず、質問者さまには言い方がキツイですが・・・。
金融機関では、「ブラック前科があるのは一生信用しない」のが原則です。
この基本原則を理解した上で。
各個人信用情報機関は、金融庁指導で(ブラック登録日から)最大5年間「ブラック殿堂入り」とします。
ですから、一般には5年過ぎれば「晴れて、また借金が出来る」という事になります。
が、先にも書いたように「ブラック前科者は、信用しない」という原則があるように、各金融機関では「顧客情報」があります。
この顧客情報は、グループ会社間で相互に情報を共有・活用します。
この顧客情報内の危険人物情報は、10年でも20年でも消えません。

各サラ金は、現在では各都銀グループに属しています。
アコムは三菱東京UFJグループ、プロミスは三井住友グループなどなど。
当然、サラ金の事故情報は関係する銀行にも情報が渡っています。
どうしても新たな借金をしたい場合は、事故を起こした金融グループとは100%関係の無い金融機関へ申し込むしか方法はありませんね。

>ローンの申込をしてNGになった場合、その事が履歴に残って他の会社で申込をしても審査に通らなくなるというのは本当でしょうか?

これは、都市伝説の一種で「根拠の無い大ウソ」です。
同時に複数申込みを行なって、一つが審査不可になっても、無関係です。
そもそも、審査基準は各会社で異なりますし、個人信用情報機関の情報に審査結果はありません。
(登録する事も可能ですが、個人情報の観点から各金融機関は登録しない)

>どなたか詳しい方いらっしゃいましたらご回答宜しくお願い致します。

自己破産で被害を与えたサラ金は、多岐にわたっていますね。
先にも書きましたが・・・。
どうしても新たな借金をしたい場合は、事故を起こした金融グループとは100%関係の無い金融機関へ申し込むしか方法はありませんね。
各サラ金のHPから、このサラ金が属している金融機関を調べて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧に教えていただき本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 23:07

> 何年くらいでローン等が利用できるのかよく判りません。


俗にブラックリストと言われる、事故情報等を共有する信用情報機関は一つではなく複数有ります。
自己破産の登録情報の扱いが同一ではなく異なっている事が年数の違いとして現れます。
> 5年程でクレジットやカーローンが利用できたという方もいれば、10年経ってもカードが作れないという人もいて
どちらも正しい。
5年の所や10年の所があるから。
また、「自己破産時に借入していたのは、アコム、プロミス、三洋信販、日立信販、南日本信販、レイク、JCB、DC等」の各会社とその系列は、会社が存在する限り記録を保存すると考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産後、ローンが組めるようになるまで。

私の婚約者は、自己破産をして丸5年経ちました。免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きましたが、実際に自己破産されてカードを作れるようになったり、ローンを組めるようになった方はいらっしゃいますか?また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?実際にカードが作れなくても、現金払いで生活していく程度の収入は有りますし、彼氏も企業の正社員として働いています。カテゴリはここでよかったのか、わからないのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッシュカードならばすぐにでも作れるでしょうし、キャッシュカードがあってその口座に残高があれば『J-Debit』というシステムに加入しているお店などでは、現金がなくても買い物等はできますから。)

5年から7年…というのは、『延滞等の金融事故があった場合=事故情報』の話です。
自己破産の場合は、『官報』に記載される情報なので、最長10年です。
『事故情報』と『官報記載情報』は扱いが違いますから、それを混同しないようにしてください。

全国銀行個人信用情報センターは「破産・民事再生手続開始決定等の場合は、当該決定日から10年を超えない期間」。
CICは「破産・失踪・再生手続開始の決定日より7年以内」。
CCBは「破産関連は宣告日より7年間」。
全国信用情報センター連合会は「破産に関する情報は、手続開始日(宣告日)から10年間」。
テラネットは「本契約不履行に係る情報は発生日から5年を超えない期間」。
となっています。

銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」と消費者金融系の「全国信用情報センター連合会」が10年であり、この2機関は、クレジット・信販系の「CIC」と(CRINというシステムにより)情報交流をさせていますので、ローンであれクレジットカードであれ「10年は無理」と思っていていただいた方がいいです。

> また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?
私には収入がないのにクレジットカードを作ったり、ローンを借りたりして、『どこから返済』をするのですか?
『夫』の給与が『返済財源』となるのではありませんか?
『返済財源』の主に『自己破産』の履歴があれば、当然にクレジットカードも作れないと考えるのが普通だと思いますけれど。

ただし、法律で「個人信用情報機関に破産の情報や金融事故の情報が載っている人にはお金を貸したり、それに準ずること(クレジットカードの発行など)をしてはいけない」と定められている訳ではないので、それぞれの金融機関やクレジット・信販会社の判断基準によっては、ローンが組めたり、クレジットカードが発行されたりといったことがないではありません。

ただ、ご質問者さま個人が誰かにお金を貸したとして、その借金を踏み倒されたとします。
その借金を踏み倒した相手に、ご質問者さまは再び、三度、お金を貸してあげよう…という気になりますか?
『(自己破産に至った理由の如何を問わず)自己破産による免責を受け、結果として借金を完済しなかった』ということは「借金を踏み倒した」のと同じことです。
免責を受けても借金そのものがなくなった訳ではないので、債務者に余裕ができ、返済の意志があれば返済をすることはできるんです。
ご質問者さまの婚約者さまも「今からでもかつての借金の返済はできます」よ。
でも、『今さら』返済をしたところで、「何の得にもなりません」からされないでしょうね。
それゆえに『自己破産による免責を受けた』=「借金を踏み倒した」と言われてしまうんです。

あと、既回答者さまも仰られている通り、かつての自己破産によって免責を受けた先のご利用は、一生涯無理だと思っていただいていいです。
世間一般で言われているような『ブラックリスト』は存在しませんが、内部資料としての『ブラックリスト』は存在し、『永年保管』としている企業は多いですから。

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッ...続きを読む

Q【新車購入】ローンの審査が通らなかったらどうなりますか?

初めて皆様のお知恵をお借りします、宜しくお願い致します。

この度、新車を購入する事になりメーカー直系(ディーラー系列?)のローン会社を利用する事になりました。
購入はいわゆるフルローンで税金諸費用等も含めてのローンで、車は乗り潰すため72回で組んでいます。

しかし、審査時に保証人を希望されて兄妹を立てたのですが、転職1年未満で年収も私より低かったせいか、審査に通りませんでした。(他の人を立てて欲しいとの事)
身近な親族はおらず、父は3末に自営業を辞め、母はパート勤めを始めたばかりで恐らく保証人として無効かと思います。他に保証人のアテがありません。

<本題です>
購入を延期する事自体は全く私として問題ないのですが、すでにディーラーで「ローン審査が通過する事」を前提条件に「新車注文書」を記載・押印しています。

この場合、ローンが通過しなかった事を理由として購入を辞める事は出来るのでしょうか?

何が心配かというと、ローンが通ってないのにディーラーが見切り発車でメーカーにオーダー(製造開始?)しており、支払いや補償、賠償を要求されるのではないか? というのが心配です。

初めて皆様のお知恵をお借りします、宜しくお願い致します。

この度、新車を購入する事になりメーカー直系(ディーラー系列?)のローン会社を利用する事になりました。
購入はいわゆるフルローンで税金諸費用等も含めてのローンで、車は乗り潰すため72回で組んでいます。

しかし、審査時に保証人を希望されて兄妹を立てたのですが、転職1年未満で年収も私より低かったせいか、審査に通りませんでした。(他の人を立てて欲しいとの事)
身近な親族はおらず、父は3末に自営業を辞め、母はパート勤めを...続きを読む

Aベストアンサー

ローンが通らない場合、キャンセルできます。
ディーラーには現金で言っておいてよその信販使って、じゃなくてディーラーの取り扱っているト○タファイナンスとかのローンですよね。
そこでフルローン(頭金なしや72回というのはあまりやりませんが)でということで車の契約書にもローンを書いて契約したんですよね。
問題なしです。
この場合、事前審査で保証人をほしいと言われ、保証人を立てたが保証人として成立しなかったということですからあなたはできるだけのことはしています。

基本的に(社内的に)ローンがOKになってから注文書計上する(注文書入力)ことになっています。
でもその前に計上することはよくありました。(昔は。ですが今現在もあると思います)
いくらクーリングオフが聞かないといってもローンが通れば契約ということですので大丈夫ですよ。
それでキャンセル料を払えというのは聞いたことがありません。
今回、車を押さえてあるだけか、特別なオプションがあれば発注しているのかわかりませんが、登録というのはしてませんね。
メーカー系のローンなら必ず所有権をつけますから。
ローンが通っていないのにありえませんね。
特別なオプションがある場合には、さらに慎重にしかもフルローンですから、ローンが通ってから発注するのは当然です。
店長もその点はわかっています。
わかっていてセールスにほんとに大丈夫か?とか言いながら計上しているはずです。
セールスも保証人はいると言ってましたから大丈夫だと思います。とかなんとか言って。

いくらかしつこく他の保証人をお願いしますとか言われると思いますが、ほんとにいないならいないでそういえば大丈夫です。

ディーラーによってメーカー系のローンしか使えない(セールスが紹介することは禁止されている)ところもあります。
そういうところでなければほかの信販系を紹介されるときもあります。
メーカー系のローンは意外と厳しいです。
信販系のほうが通りやすいです。
そこを紹介されるのならそこを利用してもいいと思います。
金利はメーカー系より安いですから他の信販系かなんかないですか?って聞いてみてもいいですね。
それか自分で調べて事前審査お願いしてみるのもいいでしょう。

今回の件、あなたには非はありませんよ。
契約してもらったけどローンが通らなかった。なんていうのは日常茶飯事的にあることです。

過去に問題のあった方で、保証人つけてくれと言われ弟を保証人に審査したら保証人がブラックだったって笑えない話もありました。

ローンが通らない場合、キャンセルできます。
ディーラーには現金で言っておいてよその信販使って、じゃなくてディーラーの取り扱っているト○タファイナンスとかのローンですよね。
そこでフルローン(頭金なしや72回というのはあまりやりませんが)でということで車の契約書にもローンを書いて契約したんですよね。
問題なしです。
この場合、事前審査で保証人をほしいと言われ、保証人を立てたが保証人として成立しなかったということですからあなたはできるだけのことはしています。

基本的に(社内的に...続きを読む

Qイオン銀行カードローン

結婚前に自己破産(かれこれ8年前くらいです)をしています。結婚したので試しに数ヶ月前にイオンクレジット(WAON一体型)を申し込みしたところ、ショッピングとキャッシングも両方付いて発行されました。カードにはキャッシングも付いていますが利息が高いので使ってはいません。もし使うことがあるのであれば多少金利が安いイオン銀行カードローンの方がいいかなと思い、申し込みをしてみました。在宅確認の電話がきて、これから仮審査に入りますと言われましたがイオンカードを取得できたとゆうことはイオン銀行カードローンの審査も通りやすいのでしょうか?
他には何も申し込みはしていません。ローンももちろんありません。イオンカードで10万ほどショッピングで使っていますが、返済はきちんとしております。あと、仮審査の結果はどのくらいで届きますか?何かイオン系カードに詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂けると幸いです。
ちなみに専業主婦です。S60 C30がイオンカードの枠です。

Aベストアンサー

こんにちは。

イオンカードセレクト、イオン銀行カードローンどちらも利用していますが、イオンカードローンの方が、金利が低い分、審査は厳しくなります。

クレジットカード発行は、イオンクレジットカードサービス株式会社が発行し、イオン銀行カードローンは、イオンクレジットカードサービス株式会社が保証会社になります。

過去の自己破産対象業者の中に、信用情報機関の全銀協加盟業者は、入っていますか?

もし、全銀協加盟業者も入っていて、お持ちのカードが、イオンカードセレクト(WAON付き)でしたら、最近全銀協にも加盟しましたので、自己破産が分かった上でのカード発行…


イオンカード(WAON一体型)が、お持ちのカードでしたら、イオン銀行カードローン審査時に初めて自己破産が分かるようになります。


また、イオン銀行カードローンですが、奥様は専業主婦様と言う事で、審査は、旦那様の属性(年収、旦那様の借り入れ状況等)が審査の中心になりますので、奥様の審査後→旦那様の審査になります。

審査は全銀協確認後、保証会社のイオンクレジットカードサービス株式会社が、信用情報機関の旦那様情報JIccとCICを照会します。


つまり、イオン銀行カードローンは、旦那様が他社借り入れ少なく、支払いも良好でしたら、心配ないと思いますよ。

ただ、奥様の破産情報で審査結果がどうなるか?は微妙ですね?

こんにちは。

イオンカードセレクト、イオン銀行カードローンどちらも利用していますが、イオンカードローンの方が、金利が低い分、審査は厳しくなります。

クレジットカード発行は、イオンクレジットカードサービス株式会社が発行し、イオン銀行カードローンは、イオンクレジットカードサービス株式会社が保証会社になります。

過去の自己破産対象業者の中に、信用情報機関の全銀協加盟業者は、入っていますか?

もし、全銀協加盟業者も入っていて、お持ちのカードが、イオンカードセレクト(WAON付...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報