国際結婚の離婚率が高い事を懸念しての相談です。
長男が中国人と結婚を計画しています。
マンション等の遺産相続権は当然長男にもあるのですが、妻や次男も同権利があります。
国際結婚をして、先々トラブルを回避したするタメに、長男と結婚者の連名で財産権を放棄する旨の文章に記名捺印させ、公正証書としておきたいと考えますが、これは法的に有効になるでしょうか?それともそのような遺言書が有効でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

相続発生前に、相続放棄をすることはできません。

公正証書を作ろうとしても、公証人から断られるのではないでしょうか。
息子の妻は質問者様の法定相続人ではないので、なおさら意味がありません。

「遺留分放棄」は相続発生前にもできます。家庭裁判所に申し立てをして許可を得ます。
そのうえで、配偶者と二男に全財産を相続させる公正証書遺言を残されるのが有効です。

ただし、遺留分放棄は強制されるものではありません。長男にその気がないのに、無理やり放棄させる権利は誰にもありません。
配偶者と二男に全財産を相続させる遺言をしても、長男には法定相続の半分(1/8)の遺留分がありますから、請求されたら支払わなくてはいけません。
生前贈与で名義を変えてしまうという手もありますが、家族間にしこりが残ってしまうかもしれません。
不動産はのちのち面倒になるかもしれないので、渡したくないと思われるのもわかりますが、何が何でも1銭も渡さないと意固地になるより、遺留分くらいの現金は残す方向で考える方が、トラブル回避になるのではないでしょうか。遺留分減殺請求の裁判を起こされたら、それこそトラブルではありませんか?(争族とうまいことを言った方もいらっしゃいます)

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法律用語入りの回答文なので、これから研究はしますが、先ずは有難う御座います。
絶対に配偶者に何も渡さないとの考えはありません。
配偶者にしても異国から日本にきて生活する訳ですから、相手(私の長男)が死亡したり(又、その時に、子供を抱えている等の事情ができる事もありましょうから)した際にはそれなりの保証をするべきとは考えておりますが、過剰な請求に対して、少しでも防御をしたいと考慮している次第であります。

お礼日時:2009/05/28 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ人との国際結婚は手続きが大変でしょうか?

アメリカ人との国際結婚は手続きが大変でしょうか?

Aベストアンサー

新郎・新婦を長年知っている人が、この人は、既婚でないと結婚役場で判事のまで証言してもらうだけです。そこで、結婚証明書をもらい、日本領事館へ結婚の届を出す、それだけです。

結婚の手続き自体は、簡単です。そのあとの、アメリカや日本で二人一緒に住むビサの手続きは大変ですが。

Q相互に理解・納得した上で両者が署名捺印したけど、相手方が写しを受け取らなかった示談書の有効性

わたしは、ある事柄で示談書を作成しました。
その示談書の内容を相互に理解・納得した上で、
わたしも相手方も、一つの示談書の書面上に
それぞれ署名捺印しました。
しかし、相手方が示談書の写しはいらないと言って
受け取ってくれませんでした。

俗に「示談書を取り交わす」といいます。
関係者のそれぞれが、作成済みの示談書(またはその写し)を
保管していないといけないように思います。

このように、示談書の内容を理解・納得した上で
署名捺印したものなのに、自分しか保管していない示談書でも
有効なんでしょうか?

Aベストアンサー

有効です。

お互いに譲歩して、争いを終わらせる契約なら和解契約です。また、一方的に非を認めさせた(認めた)ものなら、和解類似の無名契約として有効です。

いずれにしても、示談書は証拠にすぎません。契約の有効性とは直接的な関係はありません。

確かに、「示談書を取り交わす」といいます。そして、普通は示談書をコピーするなりして、両者が保管します。自分も証拠が欲しいのでそうするわけです。

むしろ、示談が無効になる原因としては、その内容が公序良俗に反するというものが多いです。

Q国際結婚手続き

国際結婚手続き

在日フィリピン人との結婚手続きについて教えてください。フィリピンに渡航せずにとりあえず日本国だけで婚姻届けをしたいのですが可能でしょうか?可能ならその方法を教えてください。
彼女は、婚姻歴なし(フィリピン、日本とも)、強制送還等もありません。年齢28です。ビザ年一回更新しているそうです。

Aベストアンサー

1年査証を取得しているようですから、比国人本人は日本に在留しているわけですね。
比国から婚姻要件具備証明書(独身証明書)を取り寄せて下さい。
比国人は『Single Certificate』と呼んでいます。
日本語への翻訳が必要です。現地日本大使館周辺にある翻訳業者に依頼する(→日本大使館の証明印を得る?)か、日本で翻訳して公証人役場を通すか、だと思います。
本人在留中なので、パスポート・外人登録証明書・婚姻要件具備証明書(独身証明書)を持参すれば、役場への入籍自体はこんな程度です。

入籍したら入籍証明書を持って、入管で『在留資格変更許可申請』になります。
入管への必要提出書類は細かいので、出会い→交際(スナップ写真等)→両親への紹介→プロポーズ→新居→生活実態をきちんとまとめておく事が重要です。

※ちなみに外国人との婚姻は(入籍という言葉を使いましたが)入籍になるわけではありません。備考欄に記入されるだけです。法的には配偶者と同等ですが…。

Q国際的な著作権保護問題について~ベルヌ条約と万国著作権条約~

今ウェブサイト作成における著作権問題に興味があり調べていたのですが、
各条約に関係して疑問が出てきたので質問させていただきます。

例えば、私が自分の撮った写真を掲載するサイトを作ったとします。
この写真の著作権を主張するために、方式主義も頭に入れて
どこかにcopyright表示も入れたとしますよね。
このとき、もしベルヌ条約にも万国著作権条約にも加盟していない国の
人間によってこの著作権が侵害されたとしたら、私は自分の権利保護を
主張できないのでしょうか?それとも他に何か救護手段があるのでしょうか?

何も知らない素人の質問で申し訳ないのですが、ご回答頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 加入していないその国では権利保護の主張はできませんが、その国から他国に輸出や翻訳されたものについては、他国が条約に加盟していれば、他国の輸入業者や出版者に権利を主張できます。

Q国際結婚の諸手続き

国際結婚の諸手続き

スリランカ人男性と日本人女性の婚姻について質問です。
先日、区役所へ行って、入籍するための必要書類(彼側、私側)をそろえ、これから入籍手続きに行こうと思います。

今後、日本に住みます。
区役所へ入籍後、何か彼側、私側ですべきことはありますか?

後から「知らなかった!」で、手続きに漏れがないようにしたいと思っています。

どなたかご存知であれば、ご教示ください。

Aベストアンサー

 どこまでどのように書類をそろえられたのか、質問者様の文章では不明瞭の部分もございますので(大使館や領事館や入管の話が全く出てこない)、最初からスタンダードな国際結婚の手順をご紹介します。

 (1)外国人(あなたの場合なら夫になるべき男性)の在留資格と滞在許可の期間、外国人登録を確認する(つまりパスポートとビザと外国人登録証をしっかり見る)。
 No.1の方も心配なさっておられますが、不法滞在外国人と日本人の婚姻でも、婚姻としては問題なく成立します。このために、婚姻は成立したが外国人側が本国送還されて一緒に住めないというような悲劇も発生します。
 また、不法滞在ではなくとも在留資格の変更に実務上制限がつく場合もあります。不安があるなら、まず、婚姻手続きの前に、ビザに詳しい弁護士もしくは行政書士の事務所に飛び込んで対策を相談しておくことが必要です。

 (2)外国人側の婚姻要件具備証明書を本国から取り寄せる。
 この書類は「独身証明書」などとも呼ばれます。専門家は「具備証」などと略称します。国によっては、違う呼び方をすることもあり、存在しない国もあります。その場合は、本国の何らかの公的書類で代用します(スリランカの事情については、私には分かりません)。
 具備証は、日本にある本国領事館・大使館に発行を要請する方法が主流ですが、国や事情によっては、本人が帰国して本国の役所に直接行かないと発行されない場合もありえます。

 (3)外国人の婚姻要件具備証明書に日本語訳をつけて(翻訳者の署名が必要ですが、ボランティアでも、本人が訳してもかまいません)、婚姻届と一緒に、日本の役所(市役所、区役所、町村役場)に提出する。日本人側の本籍地でない場所の役所で婚姻届を出す場合は、日本人側の戸籍謄本が必要です。

→これで、日本方式の「婚姻が成立」したことになります。ただし、お相手の本国の手続きもしっかりしておくべきです。

 (4)婚姻届を出した役所から「婚姻届受理証明書」を発行してもらう。

 (5)婚姻届受理証明書に、スリランカ公用語(シンハラ語かタミル語になるのか、英語でよいのかは分かりません。領事館・大使館に問い合わせてください)の翻訳をつけて、日本にあるスリランカ領事館・大使館に婚姻の届け出をする。
 これは、国によって方式に大きな違いがありますので、スリランカの法律による手続きを、領事館・大使館にきちんと教わる必要があります。

→これで、両国の法律による婚姻手続きが完了しました。

 もし、相手の男性と日本でずっと暮らしたいのであれば、相手男性の滞在資格を、「日本人の配偶者等」という資格に変更する必要があります。これは、入国管理局で手続きをしてください。
 基本的に(3)で婚姻届を出して受理されたあとの戸籍謄本(つまり、あなたの戸籍に相手男性との婚姻が明記されているもの)とあなたの住民票、あなたもしくは相手男性の収入を証明できるもの、男性のビザとパスポート、外国人登録証があれば、あとは入管で用意された書式で手続きができます。男性側の滞在資格によっては、「日本人の配偶者等」の在留資格に日本国内で変更することが難しい場合もあります。このような場合は、日本での婚姻手続きのあと、もとの在留資格が有効なうちに男性がいったん本国へ帰り、あなたが、日本の入国管理局で男性の「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明を取得して、それを本国の男性に送って呼び寄せる手続きが必要になります。

 どこまでどのように書類をそろえられたのか、質問者様の文章では不明瞭の部分もございますので(大使館や領事館や入管の話が全く出てこない)、最初からスタンダードな国際結婚の手順をご紹介します。

 (1)外国人(あなたの場合なら夫になるべき男性)の在留資格と滞在許可の期間、外国人登録を確認する(つまりパスポートとビザと外国人登録証をしっかり見る)。
 No.1の方も心配なさっておられますが、不法滞在外国人と日本人の婚姻でも、婚姻としては問題なく成立します。このために、婚姻は成立したが...続きを読む

Q長男の遺産、母親に相続権はありますか

母親が20年前に長男(私の兄)に土地建物を生前贈与。
私は次女。
数年前に兄が死亡。兄嫁と子供が全て相続。

母親には一切 相続権はないのでしょうか?。

兄の死後、兄嫁と母と私で同居していたが、
最近母親も死亡し、兄嫁に出ていく様言われ、
私はアパートに引っ越ししました。

兄嫁に全てが渡り とても腹立たしく思っています。
何か方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

相続権には、
相続順位があります。

相続第1順位
被相続人の直系卑属(ひぞく)
1.被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)
2.被相続人の孫
3.被相続人のひ孫

上記が相続の第1順位となっています。
ただし、2、3は順番に相続が発生します、
1の相続者が一人もいない場合、2がいれば2に相続権が発生し、1・2がいない場合で、3がいれば3に相続権が発生します、ですので遺言などで示されていない限り、状の直系卑属は同時に相続権は発生しません。
以下も基本的に同じです。

相続第2順位
被相続人の直系尊属
4.被相続人に子供、孫、ひ孫がいないときは、被相続人の父母(=直系尊属)が、遺産を相続します。
もし、父母が亡くなっているときは、被相続人の祖父母が、相続することになります。

質問者様のケースでは、お亡くなりになったご長男様に配偶者と子どもがいますので、
親であるお母様の相続権は発生しません。


ちなみに、
相続第3順位
兄弟姉妹とその子供
第1順位の直系卑属と、第2順位の直系尊属が誰もいないときは、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。
また、その兄弟姉妹の中で子供を残して亡くなっている場合、その子供にも相続の権利があります。
つまり、被相続人の”おい・めい”までは、相続権が条件付きで発生します。

相続権には、
相続順位があります。

相続第1順位
被相続人の直系卑属(ひぞく)
1.被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)
2.被相続人の孫
3.被相続人のひ孫

上記が相続の第1順位となっています。
ただし、2、3は順番に相続が発生します、
1の相続者が一人もいない場合、2がいれば2に相続権が発生し、1・2がいない場合で、3がいれば3に相続権が発生します、ですので遺言などで示されていない限り、状の直系卑属は同時に相続権は発生しません。...続きを読む

Q国際結婚の手続きについて

私の友人は日本に就学ビザで滞在している韓国人女性と交際しており、近々結婚し、日本で暮らすそうです。また、その女性は来年1月初めでビザが終了するそうです。そこで国際結婚するには・・・
・手続きには何が必要なのか?
・どこへ行けばよいのか?
・韓国から取り寄せる書類は?
など、初歩的な知識が無いので困っています。どなたかお分かりの方ご指導ください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

韓国側の届けに関しては、申し訳ないですがそこまでは把握してません。
(そんな訳で、「あなたはどんな人」も一般人に格下げしました)
この場で他の方から回答が来なかった場合は韓国大使館にお問い合わせ下さい。
(いつも韓国大使館に問い合わせてもらって、その後こちらに結果報告が無いもので・・・(^^ゞ)

同じかどうかわかりませんが、日本の例を紹介します。

報告的な婚姻届(韓国政府に提出時点で婚姻は成立)になりますので、届出義務者は日本人1人です。
提出先は在韓国日本大使館、本籍地(旧、新両方可)となります。郵送でも受付はしますし、書類に署名押印してあれば使者(例えば両親等)が持参してもかまいません。
が、一般市民の方が書く届は99%誤りがありますので(それが重大か軽微かは抜きにして)本人が大使館か本籍地に出向くのが理想です。それが適わない場合には日中(役所の勤務時間中)の連絡先を明記することが必要です。

Q先妻の長男と後妻の長男の法的違い

子供5人(男2人女3人)を残して母がなくなり、その後、父が再婚して男の子が生まれました。後妻の子供が結婚するとき、父は長男として結婚式を行い、その時出席した先妻の子供たちは「兄弟」ではなく「親戚」という扱いでした。私(先妻の長男)はそれに疑問を感じて結婚式には出ませんでした。後に父親に正したら両方とも長男だといいます。後妻の子供は兄弟全体でみれば三男ともいえるのですが、法的な扱い(位置づけ)はどうなるのでしょう。例えば父親が亡くなった場合の相続権などの順位はどうなっているのでしょう。

Aベストアンサー

>その時出席した先妻の子供たちは「兄弟」ではなく「親戚」という扱いでした…

父は、現在の妻 (あなたの継母) に遠慮したのでしょうね。

>法的な扱い(位置づけ)はどうなるのでしょう…

父から見たら三男に間違いありません。

>例えば父親が亡くなった場合の相続権などの順位はどうなっているの…

父からの相続に関しては、先妻の子も後妻の子も父の実子であることに違いはなく、相続順位は全く同列です。

強いて違いを探すとしたら、先妻の子 5人のうち誰かがもし子も孫もいないまま亡くなって兄弟間で相続が発生したときは、半血兄弟 (後妻の子) は全血兄弟 (前妻の子) の半分しか相続割合がないことです。

Q国際結婚の手続きに関して

今度国際結婚する事に成ったのですが手続きの仕方が分からないので教えてくださいまず離婚証明の事ですがこれは区役所で発行してもらえるのですか?それから、独身証明ですがこれは離婚証明と戸籍謄本を法務局に提出すれば良いのですか詳しい事ご存知の方教えてくださいよろしくお願いします

Aベストアンサー

一般的な流れについてです。
日本で結婚する場合は日本の法律に従います。

必要なもの
(1)日本人の戸籍謄本
(2)外国人の婚姻要件具備証明書(国によって違ったりもするようです。出身国の在日大使館、領事館に依頼)と訳文(翻訳者の署名が必要かもしれません。要確認)
(3)国籍の証明になるもの(パスポート、外国人登録証明書等)
(4)役所に置いてある婚姻届
(5)その他宣誓供述書とその訳文や外国人配偶者の出生証明書等
国によって違うこともあるようなので(役所によっても?)役所で必要書類を確認してみて下さい。

それから、出身国の在日大使館、領事館へ婚姻要件具備証明書等役所で必要といわれた書類の発行を依頼します。

必要書類をそろえて役所に提出します。

日本の役所で婚姻届が受理されたら、婚姻受理証明書を発行してもらい出身国の在日大使館、領事館へ婚姻受理証明書を提出します。

Q長男名義の不動産は長男が勝手に処分できるのですか?

昨年7月に母が、11月に父が他界しました。20年程前に借金返済のため便宜上長男名義になった実家の不動産の相続について教えてください。

実家には事業の失敗により多額の負債がありました。20年ほど前に、年齢的な事もあり父では銀行から借り入れが出来なかったため、銀行員である長男名義でローンを組み、両親と子供3人(長女、長男、二女)で返済してきました。
実家以外の父親所有の不動産は売却し、借金返済に充てました。ローン、不動産売却の全ての手続きは長男がしました。長男から長女、二女へ借金返済の説明は、月々の返済金額のみを言われただけで、実家の父親名義不動産が長男へ名義変更された事や、実家以外の父親所有の不動産売却についての具体的な説明、報告は全くありませんでした。また、この20年間、借金返済の経緯の説明は一切ありませんでした。長女、二女は何の疑いもなく長男を信用し、両親のためだと思い20年間言われるがままに毎月借金の返済をしてきました。
昨年両親が他界してから、長男のお金に関して不明瞭な点が多々出てきました。まず、両親が遺したお金を明らかにしない。香典等の金額を一切明らかにしない。実家の借金に関しても、今となっては不明な点が多すぎます。お金の事を訊くと逆上し、「お前達に言う必要はない」と、高圧的に長男夫婦だけで管理しようとします。
父親の死亡保険金も、長男が受け取り代表になる用紙を書かされ、その後長男が死亡保険金を受け取り、借金返済に充てたと事後報告のみで、詳細は全くわかりません。これは適法なのでしょうか?また、借金返済の便宜上、長男名義になった実家の不動産は、長男が勝手に処分できるのでしょうか?これまで借金を返済してきた長女、二女には相続の権利はないのでしょうか?
まだこれと言った確証はありませんが、両親や私達を騙し、これまでお金を取り上げてきたとしか思えないような、両親が他界してからの長男の言動は許し難いです。これ以上長男の勝手にはさせたくありません。長男が実家を勝手に処分出来ないよう何か方法はないでしょうか?

昨年7月に母が、11月に父が他界しました。20年程前に借金返済のため便宜上長男名義になった実家の不動産の相続について教えてください。

実家には事業の失敗により多額の負債がありました。20年ほど前に、年齢的な事もあり父では銀行から借り入れが出来なかったため、銀行員である長男名義でローンを組み、両親と子供3人(長女、長男、二女)で返済してきました。
実家以外の父親所有の不動産は売却し、借金返済に充てました。ローン、不動産売却の全ての手続きは長男がしました。長男から長女、二女へ借金返済...続きを読む

Aベストアンサー

 基本的に、長男名義の不動産は、長男が自由に処分できます。

 法律でそういうことになっていなかったら、例えば、処分に関係者全員の許可が必要だとしたら、銀行は担保を処分するにも大変な苦労をしなければならず、したがって、貸さないでしょう。

 銀行が「長男の名義にしてくれ」とか言うのは、そうすれば長男単独の意思で処分できるからです。

 さて、それを前提に質問者さんたちがその不動産について行えるのは、差し押さえ(仮差し押さえ)でしょう。

 以下の理由付けには、無理筋の気配もあります。

 ・・・ 詳細に事実を知らないとわかりません。例えば質問者さんたちが払って来たという証拠が全然ない場合など、何を主張しても結局無駄でしょうが、あえて理屈をつけてみました。

 いままで質問者さんたちが払っていたのは

(1)貸したのだから返せ。

(2)事務管理(払わなければ銀行に取られる)の費用であるから返せ。

(3)不当利得であるから返せ。

 と主張すること、でしょうか。

 判決が出るまで、処分禁止の仮処分みたいなのを受ける。 

 というようなことしかできないだろうと思います。

 基本的に、長男名義の不動産は、長男が自由に処分できます。

 法律でそういうことになっていなかったら、例えば、処分に関係者全員の許可が必要だとしたら、銀行は担保を処分するにも大変な苦労をしなければならず、したがって、貸さないでしょう。

 銀行が「長男の名義にしてくれ」とか言うのは、そうすれば長男単独の意思で処分できるからです。

 さて、それを前提に質問者さんたちがその不動産について行えるのは、差し押さえ(仮差し押さえ)でしょう。

 以下の理由付けには、無理筋の気配もありま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報