今年より青色申告で申告したいと思っている個人事業主です。
帳簿の付け方や簿記の知識は超初心者です。(よく分かっていません)

青色申告ソフトを利用し、仕訳日記帳から帳簿を入力しているのですが、水道光熱費やインターネットプロバイダ料金などのほとんどの経費を1枚のクレジットカードにて支払いをしています。

事業用口座と決めた口座からクレジットカード請求額が引き落とされるのですが、当然の事ながら、様々の経費が一括で引き落とされますので、銀行通帳には、クレジットカード○○○円として記載されています。

自宅兼事務所として事業を行っていますので、水道光熱費、通信費は按分をしなければなりませんので、仕訳時には、クレジットカードの明細から記帳を行っています。

水道光熱費○○円/未払金○○円(適用)○○月電気代
未払金○○円/普通預金○○円(適用)○○月電気代○○クレジットカード
水道光熱費○○円/事業主貸○○円(適用)○○月電気代家事按分

そこで、ふと疑問に思ったのですが、いろいろな本やインターネットサイトを見ていると、

「預金出納帳は実際の通帳を転記するだけでよい。」

ということです。

仕訳日記帳で明細を分けて記帳した場合、預金出納帳には、当然明細が分けられて記帳され、実際の通帳に印字されているものとは違ってしまいます。

つまり、通帳はクレジットカードの引落しは一括ですので一行だけなのですが、帳簿の預金出納帳は明細分がずらずらと記載されているという状況になります。

もちろん、最終残高は帳簿も通帳も同じなのですが、実際の通帳の印字と帳簿の預金出納帳の記載内容は違っても良いものなのでしょうか?

それとも、ただ単純に残高さえ合致していれば、預金出納帳はそれで良いのでしょうか?(もちろん、領収書やクレジットカードの明細でそのことは証明できなければならないのは理解しています。)

超基本的な問題だと思いますが、ふと疑問に思ったものが気になってしまい、処理が間違っているのかと不安になってきました。

何卒、ご回答をお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>様々の経費が一括で引き落とされますので、銀行通帳には、クレジットカード○○○円として記載…



【未払金 ○○○円/クレジット 4月分/普通預金 ○○○円】
だけでよいです。

>按分をしなければなりませんので、仕訳時には、クレジットカードの明細から記帳を行って…

そこが間違い。
電気でも電話でも、あるいは水道やガスにしても、毎月請求書が送られてくるでしょう。
電気などは検針票で兼用しているかも知れませんが、とにかく月々の使用量は毎月ほぼ一定の日に分かりますね。
月々の明細が来た時点で全額を
【水道光熱費 △△円/電気料 5月分/未払金 △△円】
などと仕訳をし、按分は 1年分をまとめて年末決算で行います。
【事業主貸 ◇◇円/家事関連費按分/水道光熱費 ◇◇円】

もちろん按分は毎月行っても間違いではありませんが、年に 1度のほうが手間が省けるでしょう。

>通帳はクレジットカードの引落しは一括ですので一行だけなのですが、帳簿の預金出納帳は明細分がずらずらと記載されているという状況…

明細分がずらずらと出てくるのは『経費帳』であって、預金出納帳ではありません。

この回答への補足

早速のお返事を頂いたにも関わらず、ご返信が遅れまして申し訳ございませんでした。

未払金は、勘定科目毎に消し込まなければならないと思っていたのが
間違いだったと気づきました。

水道光熱費○○円/未払金○○円(適用)○○月電気代
未払金○○円/普通預金○○円(適用)○○月電気代○○クレジットカード

と、いちいち普通預金に対して処理をするから、預金出納帳に青色ソフトが自動的に転記してしまっているのですね。

経費の処理も、教えて頂いた通り、請求書が来た段階で仕訳するように
します。

按分の件もありがとうございました。確かに年1回でまとめて按分した
ほうが処理は楽ですね(青色申告ソフトに決済時の按分処理がついてました。)教えて頂いた通り、按分は年1回の処理にしようと思います。

本当にありがとうございました。

補足日時:2009/05/29 07:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼で返信を付けるところを、補足としてしまいました。
重ねて、御礼申し上げます。

お礼日時:2009/05/29 07:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青色申告で個人用のクレジットカードを使用した場合の出納帳の記入の仕方について

2回目の青色申告をする個人事業主です。

前年は無かったのですが、今年は個人用のクレジットカードを使用して、新聞代や電話代・amazonなどからの書籍購入を行いました。
クレジットカードの引き落とし口座は、屋号入りの口座はダメだったため、事業用とは違う個人使用の口座から引き落とされています。

この場合のカードを使って使用した経費は、個人使用の預金出納帳を新たにつくり、そこにつけていかなけければならないのでしょうか?
もしそうだとすると、前年には登場してない口座のため、以前からその口座に入っていた金額はどのように扱ったらよいのでしょうか?
元入金を増やすような形になるのかなとも考えたのですが・・・。
ただその場合、前年期末と数字が変わってしまうことになりますが、そのようなことがあっても良いのでしょうか?

またこの個人使用の預金出納帳を作った場合の事業用の経費の仕訳は、「事業主貸」「事業主借」のどちらになるのでしょうか?

まとめると、昨年は、
・事業用の口座
・現金
だったのですが、今年から、
・事業用の口座
・現金
・個人用の口座(クレジットカード使用、以前から使っていた口座のため最初から残高有り)

この個人用の口座の処理の仕方で困っております。

もし分かる方がいらっしゃいましたら、何卒宜しくお願いいたします。
知識が乏しい中の質問で申し訳ありません。

2回目の青色申告をする個人事業主です。

前年は無かったのですが、今年は個人用のクレジットカードを使用して、新聞代や電話代・amazonなどからの書籍購入を行いました。
クレジットカードの引き落とし口座は、屋号入りの口座はダメだったため、事業用とは違う個人使用の口座から引き落とされています。

この場合のカードを使って使用した経費は、個人使用の預金出納帳を新たにつくり、そこにつけていかなけければならないのでしょうか?
もしそうだとすると、前年には登場してない口座のため、以前から...続きを読む

Aベストアンサー

>今年は個人用のクレジットカードを使用して…

「個人用」という言葉が引っかかるのですが、個人事業者である限り、事業資金の出入りする口座でも「個人用」に違いはありません。
ご質問文の「個人用」を以下は『家事用』と読み替えておきます。

>事業用とは違う個人使用の口座から引き落とされています…

【新聞図書費 (ほか適宜科目)/家事用クレジット/事業主借】
で問題ありません。

>個人使用の預金出納帳を新たにつくり、そこにつけていかなけければならないの…

前述の仕訳だけでよいですが、その口座から事業用の入出金が頻繁にあるなら、その口座も事業用と考えればよいでしょう。
科目名を銀行支店で区別するとか、支店が同じなら「普通預金 A」と「普通預金 B」でも良いでしょう。

>前年には登場してない口座のため、以前からその口座に入っていた金額はどのように…

その口座を記帳開始した時点で、
【普通預金 B/開始残高/事業主借】

>元入金を増やすような形になるのかなとも考えたのですが…

元入金は、もう 1年先の繰越時点まで変わりません。
当年中は、開始残高が事業主借となっているだけです。

>またこの個人使用の預金出納帳を作った場合の事業用の経費の仕訳は、「事業主貸」「事業主借」のどちらになるのでしょうか…

だから、その口座を 2つめの事業用口座と考えれば、「事業主貸」でも「事業主借」でもありません。

あくまでも家事用口座と主張するなら、記帳する必要などなく、貸借対照表にも載せません。
経費を支払ったらその都度、冒頭に書いた仕訳を起こすだけです。

>今年は個人用のクレジットカードを使用して…

「個人用」という言葉が引っかかるのですが、個人事業者である限り、事業資金の出入りする口座でも「個人用」に違いはありません。
ご質問文の「個人用」を以下は『家事用』と読み替えておきます。

>事業用とは違う個人使用の口座から引き落とされています…

【新聞図書費 (ほか適宜科目)/家事用クレジット/事業主借】
で問題ありません。

>個人使用の預金出納帳を新たにつくり、そこにつけていかなけければならないの…

前述の仕訳だけでよいで...続きを読む

Q申告済で年度をまたがるクレジットカードの仕訳は?

初めて利用させて頂きます。

個人事業で小さなショップではございますが、青色申告をしております。
H22分の申告はすでに終わっているのですが、
H23分の帳簿を記帳しようとしたところ、仕訳でつまづいてしまいましたので、
ご質問させて頂きました。

事業用のクレジットカードとして、個人名義ではございますが、
カードを用意いたしました。
そのカードで、経費を購入した分なのですが、たとえば

2010/11/22 ¥5000
2010/11/30 ¥6000
2010/12/01 ¥7000

 合計1,8000円が2011/01/10に事業用の口座から引き落とされておりました。

2010/12/05 ¥8000
2010/12/10 ¥9000 の合計1,7000円は2011/02/10に引き落とされておりました。


本来なら、未払金として処理しておけばよかったのかと気づきましたが、
H22分で未払金をたてておりませんでした。
その場合、2011/01/01に

経費/未払金 として合計金額を記載しても大丈夫でしょうか?
訂正などの手続きをしなければなりませんでしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますが、
ご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスを頂けましたら幸いです。

失礼いたします。

初めて利用させて頂きます。

個人事業で小さなショップではございますが、青色申告をしております。
H22分の申告はすでに終わっているのですが、
H23分の帳簿を記帳しようとしたところ、仕訳でつまづいてしまいましたので、
ご質問させて頂きました。

事業用のクレジットカードとして、個人名義ではございますが、
カードを用意いたしました。
そのカードで、経費を購入した分なのですが、たとえば

2010/11/22 ¥5000
2010/11/30 ¥6000
2010/12/01 ¥7000

 合計1,8000円が2011/01/10に事業用の口座から引...続きを読む

Aベストアンサー

経費/未払金
この仕訳は22年にたてておくべき仕訳です。
23年になって、口座から引落されたときに

未払い金/普通預金
です。

今回のケースですと、22年の経費が実際よりも少なく計上されてるわけです。
少なく計上してしまった分が23年に支出されてるので、さぁ、どうしようかということになります。

確定申告書提出期限は3月15日でしたので、その時点で解消されててもよい問題なんですけどね。
精密にいうと、22年分の決算を直して、更正の請求をします。
貸借対照表上の未払い金が増、損益計算書上の経費の増です。

金額的に多額だというものではありませんので、今年になってから事業用口座から引き落としされた額を「事業主貸」にしてしまう手があります。
事業主貸 / 預金
です。

事業主がカードで買ったもので、事業用の経費になるべきものだけど、未払い金計上もしてないし、経費計上もしてないので、たいした金額ではないので、自腹で買ったことにする。
という処理です。

経費にならないものを経費にするというなら「あかん」ですが「本当なら経費にできたのになぁ」と自腹にするのが別にあかんことではありません。
面倒ならこういう方法jもあるというだけです。学校の先生に聞くと「違う」と云われるかもしれません。

経費/未払金
この仕訳は22年にたてておくべき仕訳です。
23年になって、口座から引落されたときに

未払い金/普通預金
です。

今回のケースですと、22年の経費が実際よりも少なく計上されてるわけです。
少なく計上してしまった分が23年に支出されてるので、さぁ、どうしようかということになります。

確定申告書提出期限は3月15日でしたので、その時点で解消されててもよい問題なんですけどね。
精密にいうと、22年分の決算を直して、更正の請求をします。
貸借対照表上の未払い金が増、損益計算...続きを読む

Qカード払いの勘定科目

弥生会計を使っています。
クレジットカード払いをした時の勘定科目の書き方及び仕分けの方法が分かりません。
以前質問をされた方のを読んでみましたがいまいちピンと来ないので教えていただけますでしょうか?
例えば5/30に事務用品を¥10,000買ったとして、7/2にカードの請求が¥10,000来ました。
どの帳面にどういった勘定科目で書けば良いのでしょうか?
初歩的な質問ですみません。

Aベストアンサー

私ならこうするという話ですが、決算はさむならば

5/30
事務用品費 10,000/未払い金 10,000

7/2(実際に落ちた日?)
未払い金 10,000 / 預金科目 10,000

決算をはさまないならば、実際に口座から
引き落とされた日に

事務用品費10000/預金科目10000
で仕訳を切ると思います。

 

Q年をまたぐ売掛金の記帳について

当方、個人事業主です。

昨年12月までに売掛金が発生した取引で
売掛金の入金が1月だった場合、

売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく
「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば
計上した事になるのでしょうか?

この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。

また、年明け1月の記帳には上記の取引案件の入金は
売掛帳に記載しなくても良いのでしょうか?
通常、売掛金の入金の際は、源泉税で引かれた分の記帳も
あわせて売掛帳に記帳しておりますが、それはいつ、
どの帳簿に記載すれば良いかもご教授下さい。

初めての経理で困っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳はしません。通常時と同様に記帳しておけば計上した事になります。


・昨年12月25日に売上48万円が発生した場合、

12月25日
〔借方〕売掛金480,000/〔貸方〕売上高480,000
売掛金元帳の借方に480,000、相手科目は売上高
売上高元帳の貸方に480,000、相手科目は売掛金


・代金が1月29日に振り込まれた場合、

1月29日
〔借方〕普通預金431,580/〔貸方〕売掛金480,000
〔借方〕仮払税金 48,000/
〔借方〕売上値引    420/
売掛金元帳の貸方に480,000、相手科目は諸口
普通預金元帳の借方に431,580、相手科目は売掛金
仮払税金元帳の借方に48,000、相手科目は売掛金
売上値引元帳の借方に420、相手科目は売掛金
※仮払税金は元入金でもOK
※売上値引は支払手数料でもOK


以上、税込経理方式

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳...続きを読む

Q売掛金が入金されたとき、どう仕分けたらいいのでしょか?

連日質問すいません。現在弥生会計08を使用し、自分なりに決算をして本日税務署に持っていったのですが、数字が合わずやり直しになってしまいましたのでまた質問させてください。


(1)昨年度の売掛金が、預金口座(普通預金)に入金されました。
→預金出納帳に「相手勘定科目:売掛金」「摘要:掛代金回収」の入力でいいのでしょうか?

(2)昨年度の売掛金(¥10,000)が、預金口座(普通預金)に入金されました。
しかし振込手数料(¥500)が引かれ、¥9,500の入金でした。
→預金出納帳に¥9,500は入力したのですが、振込手数料はどこに入力したらいいのでしょうか?
現金出納帳にでしょうか??
それとも、「複数の仕分けは振替伝票で」と聞くのですが、振替伝票に入力するのでしょうか?
振替伝票の場合、貸方・借方それぞれどんな勘定科目で入力したらいいのかも教えていただけると大変助かります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

預金出納帳に9,500円が入力済ですから、残りの振込手数料500円については振替伝票で入力してください。
借方 支払手数料(又は雑費) 500/貸方 売掛金 500

これで、売掛金の貸方が10,000円となり万事OKです。

なお、ご質問の内容では、現金出納帳は関係ありません。

<仕分け→簿記では「仕訳」です。(仕分は事業仕分の場合)>

Q初青色申告。経費はカード決済、仕訳はどうすればよいでしょうか?

〆切間近に申し訳ありません。

昨年の7月から会社を独立して個人事業主となりました。
開業届も青色申告の届けも済んでいます。
とはいいつつも仕事内容も変わらず
給与としていただいていたより少し多めの額を報酬としていただいているような感じで、
確定申告の気分で帳票を用意し始めたら思ったより大変で
混乱してしまいました。

ソフトは「やよいの青色申告07」を使用しています。
簿記の知識は学生時代に資格を取りましたが20年ほど離れていますので
初心者同等だと思います。

通勤に使用している定期代、会社との連絡に使用するプロバイダ代、
携帯電話(仕事用)などが全てカード決済となっています。
カードは私用のものと兼用です。
銀行口座は報酬が入ってくる口座とカード決済の口座は別です。

たとえば携帯の支払いですが
7月の利用代金10006円として
携帯会社の請求書は8月分。(Web明細が毎月10日ごろ発行)
実際のカードの決済日は11/6でした。

この場合の仕訳は
8/10 通信費10006/未払金10006
11/6 未払金10006/普通預金10006
   普通預金10006/現金10006
としなければいけないでしょうか?

それとも
8/10 通信費10006/未払金10006
11/6 未払金10006/現金10006
で大丈夫でしょうか?

プロバイダに関してはカードの請求書しかありません。
ご利用年月日が8/31、カード引き落としが11/6なので
カードの明細を添付するしかないのでしょうか?

長くなりましたがよろしくお願いいたします。


   

〆切間近に申し訳ありません。

昨年の7月から会社を独立して個人事業主となりました。
開業届も青色申告の届けも済んでいます。
とはいいつつも仕事内容も変わらず
給与としていただいていたより少し多めの額を報酬としていただいているような感じで、
確定申告の気分で帳票を用意し始めたら思ったより大変で
混乱してしまいました。

ソフトは「やよいの青色申告07」を使用しています。
簿記の知識は学生時代に資格を取りましたが20年ほど離れていますので
初心者同等だと思います。

通勤に使用し...続きを読む

Aベストアンサー

>通勤に使用している定期代、会社との連絡に使用するプロバイダ代、
携帯電話(仕事用)などが全てカード決済となっています。
カードは私用のものと兼用です。

事業用の口座から私用分も事業関連分も引き落とされると
言う事ですね?

その場合は、

>8/10 通信費10006/未払金10006
11/6 未払金10006/普通預金10006
   普通預金10006/現金10006
としなければいけないでしょうか?

カードの請求明細にカード利用日?と言うような
項目があり、そこにそれぞれの請求金額が記載されていると
思います。

そのカード利用日に
借り方  貸し方
通信費  未払金

実際に口座から引き落とされた日(カード決済日)に

借り方  貸し方
未払金  銀行口座

と仕分けします。

そして事業以外の私用分については、経費には
なりませんから、
カード使用金額が口座から引き落とされた日(カード決済日)に

借り方  貸し方
事業主貸 銀行口座

と仕分けすればOKです。

プロバイダ料金も同様です。一例を上げれば

8/31付け(利用年月日)で

借り方  貸し方
通信費  未払金

11/6付け(カード決済日)

借り方  貸し方
未払金  銀行口座

それから事業用口座ではなく個人用の口座から
カード使用分が引き落とされるのなら

経費になる分に関してはカード利用日に

借り方  貸し方
通信費  事業主借

私用分の仕分けは不要となります。

これだけでOKです。

>通勤に使用している定期代、会社との連絡に使用するプロバイダ代、
携帯電話(仕事用)などが全てカード決済となっています。
カードは私用のものと兼用です。

事業用の口座から私用分も事業関連分も引き落とされると
言う事ですね?

その場合は、

>8/10 通信費10006/未払金10006
11/6 未払金10006/普通預金10006
   普通預金10006/現金10006
としなければいけないでしょうか?

カードの請求明細にカード利用日?と言うような
項目があり、そこにそれぞれの請求金額が記載されていると...続きを読む

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Q電気代を個人口座から引落した時の帳簿記入は?

個人事業での帳簿のつけ方について質問です。
自宅で仕事をしているので電気代と家賃を按分して経費にしたいのですが、この2つは毎月、個人口座の方から引き落としになっています。
それを帳簿につけるとき、
(1)按分した金額を現金出納帳に直接記入していいのでしょうか?
(2)その場合、引落された日付で「電気代○月分 ●%」とするのでしょうか?それとも1年分を合計して12/31付で記入するのでしょうか?
(3)電気代は前月の分を翌月払うようになっているのですが、
12月分は1月の引き落としを待って記入してよいのでしょうか?

初めての申告なのでどこまで細かく考えればいいのかわかりません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>預金出納帳をもう一冊作って個人口座使用分…

家庭用の口座なら「預金出納帳」など要りません。

【再掲】
事業用の口座から口座から支払っているのなら「預金出納帳」に記載します。
家庭用の口座から支払っているなら、「事業主借」勘定で処理することになります。

>現金出納帳に「事業主借」として記帳するのが楽なのですが…

その電気料等は、とにかく口座引き落としなのでしょう。現金で支払っていないものを「現金出納帳」に載せてはいけません。
現金出納帳に事業主借として載るのは、家計からの「実際の現金」で、事業用経費を支払った場合です。

【再掲】
【水道光熱費】○○円/家事関連費(電気料)/【事業主借】○○円

これは現金出納帳には現れず、『経費帳』に「年末決算」として記載します。

Qカード支払いの場合の 帳簿のつけかた 教えて下さい

弁当屋をしてます。 年収は 150万円位です。 

複式帳簿の つけ方が 分からないので 普通の経費のノートを

つくって 毎年、確定申告してます。

今回より クレジットカードを つくったので 仕事用の品物を インターネットの

通信販売で 購入して カード支払い しようと思います。

その場合 経費のノートには 支払い期日を いつに したらよいでしょうか。

銀行からカード会社に 引き落とされる日付けで 良いのでしょうか。

Aベストアンサー

カード支払いの場合、現金と違って、支払実行は1~2か月後の口座引き落としですよね。

経費の計上は、
例えば1月1日に買った場合 (借方)000費/(貸方)未払金

口座振替が3月10日としたら (借方)未払金/(貸方)普通預金

の仕訳となります。

カード購入は「つけで買う」ことです。

経費ノートには「1月1日に000を購入」とカード・現金のいづれにも関係なく
記入しましょう。

売上も経費も発生する度に計上なさった方がよろしいでしょう。

Q現金出納帳に記入するんでしょうか? 銀行振込

何年も事務をやってなくて出納帳の書き方を忘れてしまったので
経験者の方ご回答お願いいたします。

※振込帳または振込用紙と通帳を銀行窓口へ持って行き
振り込んだ場合です。
領収書として振込の控えをもらうので他の領収書と一緒に
綴っているんですが、これを現金出納帳に書き込んでよい
のでしょうか?

例えば銀行窓口に通帳と印鑑を直接出して地代を10000円振込ました。
振込手数料は525円です。

10000 現金/ 9475 地代家賃
        525 支払い手数料

それとも直接窓口から振り込んで現金が手元に出る訳ではないので
記入しなくてもよいのでしょうか?
ちなみに通帳には 振込・手数料という風にしか書かれて
いないのでどこに振り込んだかわかりにくいです。
(銀行帳はつけておりません)

昔やってた事務で確か書き込んでた記憶があるの
ですが定かではありませんので何方か回答お願いします。

Aベストアンサー

多分ですが、
かつては現金化の仕訳をしてらっしゃったのだと思います。

この場合正しくは同日処理で

現金 10,000 / 普通預金 10,000

地代家賃 9,475 / 現金 10,000
支払手数料 525

です。

また、小口現金を用意してらっしゃらない点、
当座預金ではない点などから、
もしかして、企業会計ではなく、収支会計なのではないでしょうか。
そうなりますと、現預金を合わせた出納帳になっていたりもします。
いづれにしても、出金について、支払先と内容は記帳されなければなりませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング