今年より青色申告で申告したいと思っている個人事業主です。
帳簿の付け方や簿記の知識は超初心者です。(よく分かっていません)

青色申告ソフトを利用し、仕訳日記帳から帳簿を入力しているのですが、水道光熱費やインターネットプロバイダ料金などのほとんどの経費を1枚のクレジットカードにて支払いをしています。

事業用口座と決めた口座からクレジットカード請求額が引き落とされるのですが、当然の事ながら、様々の経費が一括で引き落とされますので、銀行通帳には、クレジットカード○○○円として記載されています。

自宅兼事務所として事業を行っていますので、水道光熱費、通信費は按分をしなければなりませんので、仕訳時には、クレジットカードの明細から記帳を行っています。

水道光熱費○○円/未払金○○円(適用)○○月電気代
未払金○○円/普通預金○○円(適用)○○月電気代○○クレジットカード
水道光熱費○○円/事業主貸○○円(適用)○○月電気代家事按分

そこで、ふと疑問に思ったのですが、いろいろな本やインターネットサイトを見ていると、

「預金出納帳は実際の通帳を転記するだけでよい。」

ということです。

仕訳日記帳で明細を分けて記帳した場合、預金出納帳には、当然明細が分けられて記帳され、実際の通帳に印字されているものとは違ってしまいます。

つまり、通帳はクレジットカードの引落しは一括ですので一行だけなのですが、帳簿の預金出納帳は明細分がずらずらと記載されているという状況になります。

もちろん、最終残高は帳簿も通帳も同じなのですが、実際の通帳の印字と帳簿の預金出納帳の記載内容は違っても良いものなのでしょうか?

それとも、ただ単純に残高さえ合致していれば、預金出納帳はそれで良いのでしょうか?(もちろん、領収書やクレジットカードの明細でそのことは証明できなければならないのは理解しています。)

超基本的な問題だと思いますが、ふと疑問に思ったものが気になってしまい、処理が間違っているのかと不安になってきました。

何卒、ご回答をお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>様々の経費が一括で引き落とされますので、銀行通帳には、クレジットカード○○○円として記載…



【未払金 ○○○円/クレジット 4月分/普通預金 ○○○円】
だけでよいです。

>按分をしなければなりませんので、仕訳時には、クレジットカードの明細から記帳を行って…

そこが間違い。
電気でも電話でも、あるいは水道やガスにしても、毎月請求書が送られてくるでしょう。
電気などは検針票で兼用しているかも知れませんが、とにかく月々の使用量は毎月ほぼ一定の日に分かりますね。
月々の明細が来た時点で全額を
【水道光熱費 △△円/電気料 5月分/未払金 △△円】
などと仕訳をし、按分は 1年分をまとめて年末決算で行います。
【事業主貸 ◇◇円/家事関連費按分/水道光熱費 ◇◇円】

もちろん按分は毎月行っても間違いではありませんが、年に 1度のほうが手間が省けるでしょう。

>通帳はクレジットカードの引落しは一括ですので一行だけなのですが、帳簿の預金出納帳は明細分がずらずらと記載されているという状況…

明細分がずらずらと出てくるのは『経費帳』であって、預金出納帳ではありません。

この回答への補足

早速のお返事を頂いたにも関わらず、ご返信が遅れまして申し訳ございませんでした。

未払金は、勘定科目毎に消し込まなければならないと思っていたのが
間違いだったと気づきました。

水道光熱費○○円/未払金○○円(適用)○○月電気代
未払金○○円/普通預金○○円(適用)○○月電気代○○クレジットカード

と、いちいち普通預金に対して処理をするから、預金出納帳に青色ソフトが自動的に転記してしまっているのですね。

経費の処理も、教えて頂いた通り、請求書が来た段階で仕訳するように
します。

按分の件もありがとうございました。確かに年1回でまとめて按分した
ほうが処理は楽ですね(青色申告ソフトに決済時の按分処理がついてました。)教えて頂いた通り、按分は年1回の処理にしようと思います。

本当にありがとうございました。

補足日時:2009/05/29 07:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼で返信を付けるところを、補足としてしまいました。
重ねて、御礼申し上げます。

お礼日時:2009/05/29 07:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(気象)気温は平均のほうが、中央値(あるいは最頻値)よりも必要性があるのはなぜでしょうか? 年収は高

(気象)気温は平均のほうが、中央値(あるいは最頻値)よりも必要性があるのはなぜでしょうか?
年収は高額所得者が平均を吊り上げるため平均年収よりも中央値のほうが実態(一般人)にあっていると聞きます。
では気温も平均値よりも中央値のほうが大幅な外れ値が影響しないので良さそうに思えるのですが、実際気象庁は平均気温を出していますし、この「教えて」でも中央値をわざわざだす必要性はないようなことを言われました。
どうして中央値の気温は不要あるいは平均気温より必要性がないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。「お礼」に書かれたことについて。

>年平均ではなく年中央値のほうが異常気象のような外れ値を外せてより実際の普通の気温に近くなりませんか?

「外れ値を外す」というのは、「説明のつかない、都合の悪いデータを除外する」ということであり、それはある種の「データ改ざん」です。
それをするには、それ相応の理論的な根拠が必要ですが、その根拠をきちんと主張できますか?

「平均値」は、説明のつかない、都合の悪いデータも含めて、すべてのデータ群から「それを代表する指標」を求めるということです。
「外れ値といえるかどうか」は、「平均値」と「標準偏差」を使えば、確率の数値付きで評価・判定できます。「統計データ」はそういう使い方をします。

質問者さんは、ある種の「意図的なデータ」を求めたいとお考えのようなので、それは何らかの「仮説」を立てて、その上でその仮説に基づく「論理的」なデータ処理をされればよいと思います。

Qやよいの青色申告08で、按分した水道光熱費をクレジットカード払いした場合の記帳の仕方について

いましがた、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4407473.htmlの質問をしたものです。

クレジットカードがらみでもう一つ質問です。

事業と個人兼用のカードを利用。やよいの青色申告08を使っています。

今年の6月まで電気料金は銀行引き落としで支払っていました。
事業割合:家事割合=40:60として、仕訳日記帳の貸方勘定科目に「事業主貸し」として、記帳しました。
まずこれはあっているでしょうか?

今年の7月から電気料金はクレジットカードで払い始めました。
按分は今まで通りです。
この場合は「未払い帳」の相手勘定科目は「水道光熱費」でしょうか?「事業主貸し」でしょうか?未払い帳に記帳してもちゃんと按分されるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。

これからも事業をお続けになるのであれば、銀行口座は、家事用と事業用、
はっきり分けましょう。
そうでないと、要らない作業ばかり増えてきます。
複数口座をお持ちのようですから、今現在から、どちらか分けたほうが、考えやすく
なります。
(と言うか、ど素人の私は、そうでもしないと考えがまとまりません)

分けた、と言う前提でですが、事業用口座から引き落とされたようですから、
そのまま
 請求時 ○月○日 借方 ○○円/水道光熱費  貸方 ○○円/未払金
 引落時 △月△日 借方 ○○円/未払金    貸方 ○○円/カード引落 □□銀行
でおしまい、です。

これが家事用口座からの引き落としであったなら、
 請求時 ○月○日 借方 ○○円/水道光熱費  貸方 ○○円/未払金
 引落時 △月△日 借方 ○○円/未払金    貸方 ○○円/事業主借
となるはずです。

※間違っていたら、ご指摘ください。

もちろん、やよいで家事按分登録をしておく必要があります。

> 今気づきましたが、(事業用用途の使用が多い口座での)”口座引き落とし”
> だったら、仕分け日記帳ではなく、預金出納帳に記載するべきだったでしょうか?

どの補助台帳に書かれても、元帳(仕訳日記帳)に転記されますので、ご心配は
不要と思います。

No.3です。

これからも事業をお続けになるのであれば、銀行口座は、家事用と事業用、
はっきり分けましょう。
そうでないと、要らない作業ばかり増えてきます。
複数口座をお持ちのようですから、今現在から、どちらか分けたほうが、考えやすく
なります。
(と言うか、ど素人の私は、そうでもしないと考えがまとまりません)

分けた、と言う前提でですが、事業用口座から引き落とされたようですから、
そのまま
 請求時 ○月○日 借方 ○○円/水道光熱費  貸方 ○○円/未払金
 引落時 △月△日 借...続きを読む

Q中央値と平均値

最近、中央値というものがあることを知りました。
アンケートの統計結果でも中央値が使われるとか、、、
平均値よりも中央値の方がよい場合ってどういう時なんでしょうか??

ちなみに統計学などは全くわかりません。
平均値は全部を足してその数だけ割る、
中央値は全部の数の真ん中にある数字、
という事しかわかっていません。
(それすら間違ってるのかな。。。)

Aベストアンサー

中央値の理解はあってます。
こういう統計量を代表値といいます。全体を代表する値だからです。
一般には平均は代表値として向いていることが多いですが、そうでないこともあります。
次のような場合です。

あるグループの平均的な所得を知りたいとします。
内訳は10000万円の人が1人、100万円のひとが9人です。
平均をとると1090万円になります。
しかし、このグループの「平均的な人」の像からはかけ離れています。
中央値を取れば100万円になるので、「平均的な人」をよりよく表せます。

こういう事態が起こるのは、ここで見たように数値の分布に偏りがある場合です。
そういう場合は、平均より一見いい加減にみえる中央値の方が頑健なのです。

マスコミの人などはそういう知識がないので、どんな中身であろうと平均を使って済ませてしまいます。平均を使う場合には、分布の広がりを表すため、標準偏差を表示すべきなのですが、それすら知りません。

Q弥会計初心者です。現金出納長に入力したのですが、預金出納帳に反映されない。

弥生会計初心者です。トライアル版を使用し、現金出納帳に半年分入力したのですが、預金出納帳に数字が反映されません。どの帳簿、伝票から入力しても入力した取引は該当した帳簿に全て転記されます・・とあるのですが??よろしくお願いします。

Aベストアンサー

預金出納長には補助科目を設定してありますか?
もし、補助科目を設定していないならば補助科目を設定するか、
もしくは帳簿のタイプを補助元帳から元帳に設定変更してみて下さい。

Q平均値と中央値の関係

平均値は異常値に引っ張られ、データが大きくなったりすると聞きました。
中央値はそのような影響を受けないとも聞きました。

平均年収などは、一部の高給な人が平均年収を吊り上げているので
より現実に近いのは中央値だとも聞きました。

中央値<平均値

となるケースはあると思いますが、

平均値<中央値

となることもあるのでしょうか?

無効な数字がある場合は、除外してエクセルのaverageやMedianは
異常値をはじいて出してくれるのでしょうか?
(1,2,3,4 という数字の中に あ、か、さ、のようなひらがながある場合)

教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

データの分布が左右対称であれば、
平均値=中央値
となりますが、
不均等であれば、平均値と中央値はずれてきます。
代表的なものは年収で、大きく高年収側に偏った分布となり、
平均値>中央値
となります。

>平均値<中央値
>となることもあるのでしょうか?

当然あります。
たとえば寿命は、病気、事故などで若くして亡くなる人がいるのに対し、
長寿側は自ずと制限されます。150歳で亡くなる人は現実にはいません。
平均値<中央値
となります。

尚、エクセルはエラー以外の無効なデータは除外して計算してくれます。

Q個人事業 帳簿 預金出納帳の書き方

インターネットショップの個人経営で帳簿をつけ始めました。
ほとんどの取引を通帳からしています。
帳簿のつけ方がチンプンカンプンなので、とりあえず預金出納帳から手をつけています。

小売なので、日々の売上があり、ほとんどのお客様から口座に直接入金があります。(商品は入金後の発送)
とりあえず1日の売上を集計して記入してみました。
この売上を預金出納帳にどのように書けばいいのか悩んでおります。
 
 月日   取引先   概要   入金(預金売上欄)  出金
1月1日  空欄   売上集計  12345
1月2日  空欄   売上集計  12345

とりあえず上記のように記入していますが、いいのでしょうか?
売掛金かな?とも思いましたが、売掛金って納品してからお金をいただくことですよね。お金をいただいてから納品なので。。。
それともこんなところで悩む必要もないようなことなのでしょうか?

Aベストアンサー

#2の者です。

質問者様が使われているのはいわゆる「簡易な簿記」とされているもので、
これはこれで問題ありません(総勘定元帳はとくに必要はありません)。
売掛帳には、人別の入金額と発送済み商品の金額(売上金額)を入力できると思います。
そういうことでしたら、預金出納帳の相手科目欄は「前受金」とされたら如何ですか?
この場合、預金出納帳に入力された前受金が売掛帳の入金欄に対応します。
その年分の売上高は売掛帳の売上金額を合計すれば算出できることになります。

簡易な簿記で青色申告するときの青色申告特別控除は10万円です。
複式簿記で青色申告すれば青色申告特別控除は最大65万円もらえます。
#1さんが仰るように私も複式簿記による記帳をお勧めします。
日商3級程度の知識を身につければ充分対応できますので検討してみてください。
市販の個人事業者用の会計ソフトは当然、複式簿記で記帳することになります。
例えば「弥生の青色申告」でしたら1万円前後で売っています。
有料ではありますが、ソフトの代金は必要経費になりますし、
帳簿間の転記は自動、青色申告特別控除は65万円、
青色申告決算書も確定申告書も印刷できるということで、買って損はないと思います。

#2の者です。

質問者様が使われているのはいわゆる「簡易な簿記」とされているもので、
これはこれで問題ありません(総勘定元帳はとくに必要はありません)。
売掛帳には、人別の入金額と発送済み商品の金額(売上金額)を入力できると思います。
そういうことでしたら、預金出納帳の相手科目欄は「前受金」とされたら如何ですか?
この場合、預金出納帳に入力された前受金が売掛帳の入金欄に対応します。
その年分の売上高は売掛帳の売上金額を合計すれば算出できることになります。

簡易な簿記で...続きを読む

Q質的データの中央値の求め方

質的データの中央値の求め方を教えてください。
例えば、[2,4,3,2,2,1,3,5]の中央値は[2.5]ということはわかるのですが
[b,d,c,b,b,a,c,e]の中央値だと何になるのでしょうか。
統計学はまったくの初心者です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[b,d,c,b,b,a,c,e]

このデータは、名義尺度、つまり、順序づけができないカテゴリカリーデータであるので、分布の代表値としては、中央値ではなく、最頻値(モード、mode)を使用します。

最頻値は、文字通り、最も頻度の高い値です。

したがって、[b,d,c,b,b,a,c,e]の最頻値は、bとなります。

中央値は、データを昇順に並べたときに、ちょうど真ん中の位置にあるデータです。したがって、中央値を算出するためには、順序づけできるデータでないといけません。[順序尺度以上:順序尺度、間隔尺度、比例尺度]

まずは、名義尺度、順序尺度、間隔尺度、比例尺度の4つの尺度の意味を理解するようにしましょう。

Q専従者給与の預金出納帳の仕訳について

やよいの青色申告ソフトを使用しています。

専従者給与を現金で支払っています。
仕訳は現金出納帳に直接入力するか、または振替伝票で入力すると、現金出納帳に反映されます。

現金の処理はこれで良いのですが、その現金は口座から引出した現金のため、預金出納帳にも入力が必要になります。

預金出納帳は通帳を転記しますが、この専従者給与の現金を引出したときの、相手勘定科目を教えて下さい。

(1) 現金で支払っているので(現金を引出したという事実なので)、「現金」科目でよいのでしょうか?

(2) それとも、「専従者給与」科目でしょうか?

「専従者給与」の場合、振替伝票で仕訳(源泉税が発生するので)を入力すると、源泉税が控除されたあとの額が引出し金額になってしまい(源泉税が預り金になるため)、通帳の額と合わなくなります。
なので科目だけ「専従者給与」にして、通帳の通り、引出した総額を入力し、源泉税の内訳は現金出納帳に入力しています。

(3)専従者給与を支払っている方、預金出納帳・現金出納帳の入力の仕方を教えて下さい。

未経験のため、経験者の方、ご教示お願い致します。

やよいの青色申告ソフトを使用しています。

専従者給与を現金で支払っています。
仕訳は現金出納帳に直接入力するか、または振替伝票で入力すると、現金出納帳に反映されます。

現金の処理はこれで良いのですが、その現金は口座から引出した現金のため、預金出納帳にも入力が必要になります。

預金出納帳は通帳を転記しますが、この専従者給与の現金を引出したときの、相手勘定科目を教えて下さい。

(1) 現金で支払っているので(現金を引出したという事実なので)、「現金」科目でよいのでしょうか?

(2) そ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

専従者給与/○○預金

の仕訳は、あなたの預金口座から専従者の口座へ振り込んだことを意味します。
窓口でも ATM でもとにかく一札束を拝んでいるなら、

現金/○○預金
専従者給与/現金

の 2段階仕訳をしないといけません。

Q中央値ってなんですか?

中央値という耳慣れぬ単語が飛びだしまして…
中央値とはどのように求められる数値なんですか?
平均値とは違うものなのでしょうか?

よろしければご回答願います。

Aベストアンサー

検索しましょう。

たとえば5人の人がいるとき、その5人の年齢の中央値は3番目に
年寄りな人の年齢である。
ただし、データが偶数個の場合は、中央に近い2つの値の算術平均をとる。

中央値は平均値と類似した目的で使うが、用途によっては中央値のほうが
平均値よりも優れている。
これはたとえば年収の場合を考えてみるとわかりやすい。

貧富の差が激しい国では、一部の富裕層が平均年収をつり上げてしまっている為、
平均年収は「普通の人」の年収よりもずっと高い値になってしまう。
この為平均年収は「普通の人」の生活水準を推し測るには向かない。

一方中央値は、年収が低い順に国民を並べたときに丁度真ん中になる人
の年収を表している為、一部の富裕層の年収は中央値に影響せず、
中央値は「普通の人」の生活水準により近くなる。

実際例えばフォーブスの世界長者番付にランクインするような
億万長者が1万人の市に引っ越してくれば平均年収はつり上がってしまうが、
年収の中央値はほとんど変わらない。
ビル・ゲイツ等の大金持ちが引っ越しただけで、
「普通の人」の生活水準が変化するとはいえず、
中央値のほうがより直感に近い事が納得されるであろう。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%80%A4

検索しましょう。

たとえば5人の人がいるとき、その5人の年齢の中央値は3番目に
年寄りな人の年齢である。
ただし、データが偶数個の場合は、中央に近い2つの値の算術平均をとる。

中央値は平均値と類似した目的で使うが、用途によっては中央値のほうが
平均値よりも優れている。
これはたとえば年収の場合を考えてみるとわかりやすい。

貧富の差が激しい国では、一部の富裕層が平均年収をつり上げてしまっている為、
平均年収は「普通の人」の年収よりもずっと高い値になってしまう。
この為平均年収は「普通...続きを読む

Q預金出納帳に日付の異なる出入金

個人事業で複数の口座を事業用に使用しています。

去年の3月1日に事業用A銀行から同じく事業用のB銀行に振替をしました。


A銀行から3月1日にB銀行に振り替えた残高が、B銀行の通帳には3月4日に記帳されている状態となっていました。

ソフトで記帳をしているので、上記を預金出納帳にそれぞれ入力したのですが、日付がどうしても振り込んだ日、もしくは入金された日に揃ってしまいます。

A銀行の3月1日の取引、B銀行の3月4日お取引と、2行に分けることにより取引日付通りの預金出納帳はできるものの、相手勘定科目をそれぞれ、B銀行、A銀行とするため2重に振込金額が記帳されます。


ソフト制作会社に質問したところ、有料サポートを受けていないと回答できないと言われましたが、有料サポートを受けるよていはありません。


相手勘定科目を変えれば無事希望通りの日付の取引になりそうなのですが、まったくわかりません。

どうかお助け下さい。

Aベストアンサー

通帳の記載に合わせるのであれば、例えば次のような仕訳が考えられる。
1日 仮払金/A行
4日 B行/仮払金

金額的に多額でなければ、仮払金勘定を通して構わない。


なお、簿記としては、3月1日付で借方B行、貸方A行の仕訳を切るのが正しい。B行口座への入金が4日付となったのは銀行側の事情であり、あなた側は1日付で資金移動の処理を終えているためだ。

1日にB行口座で生じる差異は、原則として「銀行勘定調整表」で理由を明らかにすることになる。ただ、仕訳の摘要欄で、資金移動の実行日は1日だがB行口座の通帳に反映されたのは4日であったことを記載するだけでも十分だ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報