孤立原子における電子のエネルギー準位と結晶のそれとの違いについて教えてください。

A 回答 (2件)

一番大きな違いは、


孤立原子の電子のエネルギー準位は、量子力学によって飛び飛びの値になってるのに対して
結晶の中の電子は、エネルギーがすごく低い(一つの原子のみに束縛されている)電子の準位は飛び飛びですが、比較的エネルギーが高い電子のエネルギー準位は、実用上、連続的になっていると考えてよいです。結晶には、たくさんの原子がありますから、微妙にエネルギーがちがう準位がたくさんあって、見た目上、エネルギー準位が連続に見えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2009/06/17 15:10

>孤立原子における電子のエネルギー準位


…、これは「基準」でゼロです。
>結晶のそれ
電子だけの結晶は存在しません。どのイオン(アニオン、カチオン有り)のどの順位(原子軌道)の電子について考えるかで、変ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

参考になりました。

お礼日時:2009/05/28 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング