西欧の影響の下に近代化を果たしてきた今日の日本には、さまざまな問題が指摘されています。
そこで、今後日本はいかなる方向性をとるべきだと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

とても難しい問題だと思うのですが興味を惹かれました。


これだけグローバル化してしまった経済&文化…の中では江戸時代のような独立国家を築くのは非常に難しいと思っているのですが、僕は江戸時代中期以降ぐらいの日本の構造に戻すが一番いいと思っています。政治的、経済的、文化的に非常に優れた時代でもあるし歴史的には中央集権ということになっていますが、九州、関西…と地方の勢力も充分だったし、きちんと見ればいわゆるBundes Republic(地方分権)的なところが大きかったのではないかと思っています。貿易の利権を幕府が一手に引き受けて管理していた…というのもこれだけグローバル化が進めばその利点にも頷けるかな…と思っていたりします。
    • good
    • 0

 私は西洋一辺倒はこれからつづくかが疑問です。

アジアの台頭です。昔はイスラムのほうが、ヨーロッパより上というのをききました。アジアも台頭の中でということですね。
 日本の場合、冷戦でアメリカ側の保護の中でよかったのですけど、まだ戦争をひきずっていて、戦後の制度が残ってます。現在の経済は賃金の安い国はいいですけど、日本にはなかなか難しいです。内需などの対策は政治制度の問題です。何かとれるものはあると思います。企業戦略はそれぞれで、それに対して労働者の保護などです。西洋化よりもそういったことかもしれません。 
    • good
    • 0

あまりにも問題が多岐にわたりそうです。

一つだけに問題を絞るなら、戦後の工業化社会のなかで失われつつある農村社会の再建をいかにするかという農村問題が代表的です。高橋 裕「地球の水が危ない」(岩波新書)
>モンスーン・アジアにおいては豊かな水を中心とする自然環境の下、長い歴史をもつ水田稲作農業が20世紀半ば過ぎまで、自然と人間の共生システムを営々と何とか保持してきた。それが地球の総人口の約六割をこの地域で養ってきた重要な要因である。日本では、その共生システムが激しい都市化によって水田が次々と宅地化したころから崩れ始め、高度経済成長時代に急速に崩壊し、一九七〇年からの減反政策によって決定的に破壊された。それは稲作に基盤を置いた日本の水文化にとっても大きな曲り角となった。日本人はいったん破壊された伝統的文化の建て直しを迫られているといえよう。

 食糧自給率の上昇も、世界人口の増大に伴う食糧不足問題を考えられるので、減反政策を撤回して、農業人口の増加が期待できるもっと弾力的な農業政策をとる必要があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利点の反対語

手元に国語辞典がなく、ネットで調べても分からなかったので教えてください。

利点の反対語は「欠点」だと思うのですが
「難点」でも問題ないですか?
「欠点」と「難点」だと少しニュアンスが違うのでしょうか。
どちらも辞書で調べましたがよく分かりませんでした。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして。

「利点」とは「有利な点」「利益のある点」のことです。その文法上の反対語は、シンプルに「不利点」=「不利な点」「不利益をもたらす点」となります。

「欠点」は文字通り「欠落している点」ですから、原義は「不十分・不完全で非難の対象になるような点」のことです。その対義語は「長所」「美点」となり「利点」にはなりません。

「難点」は「欠点」と同じ意味でつかわれることもあり、また「難しい点」という意味で使われることもあります。同じく「利点」の対義語ではありません。

利点」に対する「不利点」「欠点」「難点」の位置付けを例をあげて説明します。

1.ここの利点は駅に近いこと、不利点は騒音。:
「駅に近いこと」と「騒音」が対照する形で同位置に並んでいます。
利益性と不利益性という程度は、利点=不利点となります。

2.ここの利点は駅に近いこと、欠点は騒音。:
「駅に近い」利点よりも、「騒音」という欠点がクローズアップされています。「欠点」は単に「利益がない=不利益」ではなく、「~がない、不完全な」状態ですから、不利点より欠乏部分が多すぎます。つまり「利点」のもつプラスの部分と比べると、「欠点」の方がマイナス部分が多くなってしまうのです。
利益性と欠乏性という程度は、利点<欠点となります。

3.ここの利点は駅に近いこと、難点は騒音。:
「欠点」よりはややゆるめの非難ですが、「不利点」より強い否定の表現になります。単に利益がないというより、困難をもたらす点があることを強調しているので、「欠点」と同じく、積極的なマイナス表現になります。
利益性と困難性という程度は、利点<困難となります。


従って、利点の文法上の対義語は不利点が最も適切なのです。ただ、使用状況次第で「欠点」「難点」などの語も、利点に対して使うのは自由な選択です。

以上ご参考までに。

はじめまして。

「利点」とは「有利な点」「利益のある点」のことです。その文法上の反対語は、シンプルに「不利点」=「不利な点」「不利益をもたらす点」となります。

「欠点」は文字通り「欠落している点」ですから、原義は「不十分・不完全で非難の対象になるような点」のことです。その対義語は「長所」「美点」となり「利点」にはなりません。

「難点」は「欠点」と同じ意味でつかわれることもあり、また「難しい点」という意味で使われることもあります。同じく「利点」の対義語ではありません。
...続きを読む

Q西欧、近代歴史学の3つのキーワード・・・?

主にドイツの近代歴史学でしょうか。1・産業革命、2・ヒューマニズム、3・国民国家という3つのキーワードが近代歴史学の特徴だと知りましたが、これはどういう意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近代以前の歴史学は大きく三つに分類されます。
偉人の生活・偉業を対象とした伝記的なもの。国家の盛衰を対象とした一国史。特定の戦争などを対象とした事件史。
近代歴史学でも、こうした伝統はそのまま受け継がれています。その他、社会史や文化史など、「国民国家」の枠組みの中で、特定の部分に焦点を当てた研究が出てくることになります。

近代以前は国の歴史を書くにあたって、国民という認識はそれほど大きくありませんでした。国の歴史=政治の歴史であり、それは王家と貴族の絡み、戦争の歴史に過ぎなかったと言えます。その時点での国家は「国民国家」と呼べるものではなかったため、同じ一国史でありながら、「国民国家」の歴史ではないというだけのことです。近代以降、「国民」が社会の発展、国力の増大に大きな役割を果たしていくようになり、政治の歴史に過ぎなかった一国史に国民の動きが関係していくことになります。また、政治制度において議会選挙が行われるようになっていくと、政治にも参政権を持つ国民が反映されていくようになります。

つまり、「国民国家によって一国史が作られた」わけではなく、「一国史が書かれていくなかで国が国民国家になっていた」ということです。

近代以前の歴史学は大きく三つに分類されます。
偉人の生活・偉業を対象とした伝記的なもの。国家の盛衰を対象とした一国史。特定の戦争などを対象とした事件史。
近代歴史学でも、こうした伝統はそのまま受け継がれています。その他、社会史や文化史など、「国民国家」の枠組みの中で、特定の部分に焦点を当てた研究が出てくることになります。

近代以前は国の歴史を書くにあたって、国民という認識はそれほど大きくありませんでした。国の歴史=政治の歴史であり、それは王家と貴族の絡み、戦争の歴史に過...続きを読む

Qniceの反対語

goodの反対語はbadですよね。
それでは、niceの反対語は何でしょうか?

Aベストアンサー

状況によって
・bad
・unpleasant
・nasty
・horrible

などが当てはまりますね。

Q日本近代史が好きなのですが日本史か世界史の選択で迷ってます

高校2年生の文系選択者です。
高1で世界史Bをやって、今(2年現在)は引き続き世界史Bと新たに日本史Aをやっています。
来年(3年生)の教科選択で日本史Bを取るか世界史Bをとるか悩んでいます。
今まで日本の近代史(幕末から第2次世界大戦あたり)が好きだったのですが、最近はヨーロッパ史にも興味があります。
日本史は近代以前はあまり興味がありません…。
簡単に言えば、世界の(日本含め)近代の歴史を学びたいのですが、この場合日本史か世界史どちらを選択するべきなのでしょうか。
大学も史学科に行こうと考えているのですが、まだどの歴史専攻など決まってません。
お答え頂けると助かります。

Aベストアンサー

大学で日本史を専攻している者です。
世界史Bと日本史Aを学んだと言うことなので、世界史が前近代、日本史が近現代を学んだのだと思いますが、どちらを選んでも、消化不良は否めないというジレンマに陥ってしまいますね。
お話を伺うと、近代史が好きだと言うことなので、興味のある世界史の近現代を学んだほうが良い様にも思います。でも、どうしても大学で日本の近代史を学びたいのでしたら、受験の負担を考えると日本史を学んだほうが良いと思います。
ただし、これはどちらを選択してもいえることですが、選択しなかった教科についても、独学で少し学んでおいたほうが良いと思います。世界史を選び、将来近代史を学んでいくにしても、日本の近代を知るためには、その前提となっている一連の日本史の流れを知っておく必要がありますし(そのほうが近代史の理解も深まります)、逆に日本史を学んでいく上でも、世界史を知っていることは大きなプラスになります(私自身は高校時代に世界史をあまりまじめにやっていなかった分、大学に入ってから少し苦労しました)。
また、もし将来教職を目指していたり、あるいはとりあえず教職免許だけはとっておこうとお考えなのでしたら、大学に入って全て勉強しなければなりませんし、教員の採用試験にも全て(なんと地理も!)出題されるので、今のうちから勉強しておくことをお勧めします。

結論を言えば、大学でどうしても日本の近代史をやりたいのならば日本史を、日本以外でも良いから近代史をやりたいのであれば世界史を選択した方が、受験の負担が軽くなってよいと思います。そして、その上で選択しなかった方の教科についても独学で学んでおくことをお勧めします(教科書や概説書を読む程度でもいいです)。
まだ3年次の教科決定までは時間があると思うので、ゆっくり考えて決めてください。学んでいくうちに今まで興味の無かった時代に興味がわくということも考えられますから。
ただ、大学に入ってから専攻の変更なども出来ると思いますので、あまり思い悩まずに、自分の好きな科目を学べば良いとも思います。そのほうが学習意欲もわきますし。

大学で日本史を専攻している者です。
世界史Bと日本史Aを学んだと言うことなので、世界史が前近代、日本史が近現代を学んだのだと思いますが、どちらを選んでも、消化不良は否めないというジレンマに陥ってしまいますね。
お話を伺うと、近代史が好きだと言うことなので、興味のある世界史の近現代を学んだほうが良い様にも思います。でも、どうしても大学で日本の近代史を学びたいのでしたら、受験の負担を考えると日本史を学んだほうが良いと思います。
ただし、これはどちらを選択してもいえることですが、...続きを読む

Q恐怖の反対語って何ですか?

恐怖の反対語って何ですかね?反対語データベースにものってなかったので気になりました。快感ってのは聞いたことあるんですけどなんか違うような。。。。っていうか反対語はないのでしょうか?

Aベストアンサー

『A Dictionary Of Synonyms And Antonyms』(類語反語辞典)という本(英語)で、恐怖(fear)の反対語を調べてみましたが、十数種類の単語が並んでいました。
その中で、最もストレートな反対語は、fearlessness(恐れないこと。大胆)です。
文学的な表現なので、どの語が正しいというようなものはないのかもしれませんけどね。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=fearless&search_history=%B6%B2%C9%DD&kind=je&kwassist=0&mode=0&ej.x=15&ej.y=10

Q何故、日本では近代史を教えないのでしょうか?日露戦争から先は何故か教えませんね。反日日本人に都合が悪

何故、日本では近代史を教えないのでしょうか?日露戦争から先は何故か教えませんね。反日日本人に都合が悪いからですか?太平洋戦争の後から所謂、左翼思想に少しでも浸らないとインテリではないという思想が日教組を中心に蔓延して来たように思います。日露戦争には世界は日本が勝利するなんて誰ひとり思わなかった。日本は自衛の為に戦争に踏み切りました。明治天皇も伊藤博文も勝てるとは思わなかったし、ロシアもまさか負けるとは思わなかった。負け戦さを覚悟した国の国債を誰が買うというのでしょうか。ところがアメリカに居ました。ロシアでのユダヤ人の迫害を苦々しく思っていたユダヤ系アメリカ人です。その他、タイムリーに起こったレーニンのロシア革命、更に、富国強兵に勤しんでいた日本政府の国策等、偶然が重なり勝ってしまいましまた。これは明らかな自衛戦争です。こういうことも学校では教えません。日教組が左、つまりロシア寄りだからですか?綱渡りの様にスレスレで生き延びた日本、黄色い猿とロシアは読んでいました。有色人種で白人国家に勝ったのは日本が初めてでした。反日日本人はこれすらも否定する。何故ですか、大東亜戦争もマッカーサーが議会でハッキリ日本は自衛戦争だったといっています。アジアの独立国は日本だけだったわけで独立国家たらしめたのは軍艦、軍用機、戦車など軍備にあったわけですから石油を断たれたら植民地になるしかないわけです。一年も経てば日本の石油は枯渇していたわけですからやらざるを得なかったわけです。 反日日本人に聞きたい。今の日本があるのは我々の父親、祖父、曽祖父の努力のお陰ではないのですか?こんなに自国を悪くいう国民は世界中を探しても日本だけではないですか?恥ずかしいとは思わないのか反日日本人?日本は侵略戦争はやってないのだが中国、韓国の手先になるのはいい加減にして欲しい。歴史認識をしなければならないのは我々日本人ではないか?

何故、日本では近代史を教えないのでしょうか?日露戦争から先は何故か教えませんね。反日日本人に都合が悪いからですか?太平洋戦争の後から所謂、左翼思想に少しでも浸らないとインテリではないという思想が日教組を中心に蔓延して来たように思います。日露戦争には世界は日本が勝利するなんて誰ひとり思わなかった。日本は自衛の為に戦争に踏み切りました。明治天皇も伊藤博文も勝てるとは思わなかったし、ロシアもまさか負けるとは思わなかった。負け戦さを覚悟した国の国債を誰が買うというのでしょうか。と...続きを読む

Aベストアンサー

日露戦争には世界は日本が勝利するなんて
誰ひとり思わなかった。
 ↑
当時の米国大統領ルーズベルトは、日本が勝つ
と言っていました。
ロシアは独裁だが、日本は民主国だから
というのがその理由です。


偶然が重なり
  ↑
偶然ではないと思います。
当時世界最強だった英国を味方にし、
明石大佐に、レーニンのロシア革命を支援させ、
開戦と同時に、ルーズベルトに調停を
依頼するなど、最善を尽くしています。



やらざるを得なかったわけです
   ↑
その通りです。
米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズベルトが巧妙に日本を戦争に引きづり込んだ
過程を明らかにした本を出版しましたが、これは事実上の発禁処分
にされてしまいました。

31代米国大統領のフーバーが、ルーズベルトを、
日本を無理矢理戦争に
引きづり込んだ狂気の男、と評した書見を残しています。
彼は、ルーズベルトは真珠湾を知っていた、とも書き残しています。



歴史認識をしなければならないのは我々日本人ではないか?
    ↑
この、世界でも希と思える反日日本人ですが
どうして誕生したのか。

それは、戦後の米国洗脳工作ウォー・ギルト・インフォメーション・
プログラム(War Guilt Information Program)と
当時盛んだった社会主義思想が化学反応を起こした
結果だと考えています。
資本論が一番売れたのはソ連でしたが、二番目は
日本でした。

日露戦争には世界は日本が勝利するなんて
誰ひとり思わなかった。
 ↑
当時の米国大統領ルーズベルトは、日本が勝つ
と言っていました。
ロシアは独裁だが、日本は民主国だから
というのがその理由です。


偶然が重なり
  ↑
偶然ではないと思います。
当時世界最強だった英国を味方にし、
明石大佐に、レーニンのロシア革命を支援させ、
開戦と同時に、ルーズベルトに調停を
依頼するなど、最善を尽くしています。



やらざるを得なかったわけです
   ↑
その通りです。
米国歴史学の権威チャールズ・A...続きを読む

Q反対語を教えてください

1. 「すでに」の反対語は?


2. 「整然」の反対語は?


教えてください

Aベストアンサー

>1番のすでにの反対語ですが、「いずれ」「さきに」の二択の場合は
>どちらでしょうか・・・・・?

時間軸で考えると分かり易いと思います。
”すでに”は、始まっているということなので今よりも前のことです。

”いずれ”はこれから始まるであろうことで今より先のことです。(起こる起こらないは別の話ですが)
”先に”は今の時点からすると先に始まっていることなので、正解は”いずれ”になります。

 今回はソシーラス使ってませんよ、エライエライ(自分で自分を誉めてます)

Q日本と西欧列強の植民地統治の違いについて

第2次世界大戦前の西欧列強の植民地統治についてお尋ねいたします。日本の朝鮮・台湾の統治と比較した場合の特徴的な違いなどありますか?

Aベストアンサー

植民地化には、3つの方式があります。
1つは、本当の殖民地
本国人を入植させ本国に統合、または本国と同一の文化を持った地区を作ってゆく方法
代表的なのは、ロシアのシベリアへの殖民、イギリスのアメリカへの殖民、スペインによるラテンアメリカへの殖民、ドイツ東方殖民などです。
植民地の人口が少ない場合によく行われます。
日本では、満州への殖民、台湾がこれに近い状況にあります。

2つ目は、本格的殖民は行わず、経済的支配のみを目的に行われた植民地
植民地をあくまで本国の利益を得るだけの存在として認識し、本国で必要とされる物資の供給と本国生産物資の市場としての機能のみを追及した植民地です。
特に植民地の文化が著しく本国とかけ離れており本国への統合が不可能の場合に行われます。
欧米のアフリカの植民地や東南アジアの植民地がこれにあたります。
ほとんどの場合、植民地が独立しても植民地化されている間に経済状態が本国依存の状態にされてしまっているため、本国依存からなかなか抜け出せません。

3つ目は、一定の文化を持った国や地域を占領という形で支配した植民地です。
この場合、ほとんどが軍事的支配を必要とします。
この手の植民地は、現在では無くなっています。
独立後は、旧本国と敵対関係になっている場合が多くなっています。
ロシアのカフカス地区・中央アジア地区、イギリスのインド、フランスの北アフリカ地区、アメリカのキューバ、中国のウイグル・チベット地区、日本の朝鮮・韓国などがこれにあたります。
最近のラテンアメリカの反米化もこれに近いものがあります。

日本では、2つ目のタイプの植民地を持ちませんでした。
また1つ目のタイプの満州は、3つ目のタイプを兼ねているもので、スペインのマヤ、インカ地区への殖民化と似た関係にあります。
いずれにしましても、日本の植民地化していた期間が、欧米に比べ短期間であった事が、特徴的な違いになっています。

植民地化には、3つの方式があります。
1つは、本当の殖民地
本国人を入植させ本国に統合、または本国と同一の文化を持った地区を作ってゆく方法
代表的なのは、ロシアのシベリアへの殖民、イギリスのアメリカへの殖民、スペインによるラテンアメリカへの殖民、ドイツ東方殖民などです。
植民地の人口が少ない場合によく行われます。
日本では、満州への殖民、台湾がこれに近い状況にあります。

2つ目は、本格的殖民は行わず、経済的支配のみを目的に行われた植民地
植民地をあくまで本国の利益を得る...続きを読む

Q中止の反対語は再開ではないようですが…

中止の反対語は継続や続行のようです。
では、再開の反対語はなにになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>再開の反対語は?

再開の反対語は存在しない。あえて、候補を挙げれば<休止>。

Q東欧と日本(西欧から文化が伝播した)

東欧はイスラムに支配された時がありますが、基本は西欧から文化が伝播してきます。

日本は中国から江戸時代まで文化が伝播します。その後、西欧から文化が伝播します。

ここ150年は日本はかなり進歩しましたが、同じヨーロッパ文化の東欧はそこまでいてません。

共産主義の時代という政治体制の差もありますが、日本が中国からもらった文化のメリットって何でしょうか。

Aベストアンサー

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_regions_by_past_GDP_(PPP)_per_capita

1820 1870 1913 1950 1973 2003
683 937 1,695 2,111 4,988 6,476 Eastern Europe

669 737 1,387 1,921 11,434 21,218 Japan

産業革命前の1820年に東欧と日本はどっこいどっこいで、
第一次世界大戦前は 東欧>日本
もはや戦後ではない1950年で 東欧>日本
1973年のオイルショックの段階で 東欧<日本で二倍の差
2003年で三倍の差

ここから読み取れれるのは、戦後の経済体制の選択で資本主義体制を取った日本のほうが経済的に発展した。
というだけで、「同じヨーロッパ文化の東欧はそこまでいてません」という前提が成立していない。
少なくとも、第二次世界大戦前までの東欧も日本も資本主義体制の段階では、東欧のほうが一人あたりGDPは大きかった(=経済的に成功していた)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報