いつもありがとうございます
健康保険のことについて教えていただきたくよろしくお願いいたします。

私は21年1月31日付けでA社を退職し、
21年2月23日付でB社に就職し政府管掌社会保険に加入しました。

私はてっきり健康保険は末日の在籍状況で判断されると思っていたので、健康保険にも厚生年金にも空白の期間はないと思っていたのですが、
先日かかりつけ医院から「2月20日に受診された際無保険だったので、書類が返ってきた。差額の7割を払いに来て欲しい」と連絡がありました。金額は4千円程度なので払ってもいいんですが、2月分の社会保険料として給与から控除されているのになんでかな???と思い質問しました。

今後こういうことがないとは言えないので後学のためにも知っておきたいと思います。
退職時に任意継続しておけばよかったのでしょうか?けど、23日しかなく、A社から退職関係書類が届いたのもB社へ就職が決まってからだったし、今更任意継続手続することはどうしても不可能なのでしょうか?
逆に任意継続できたとしても、保険料は給与から引かれる2月分と、任意継続の2月分をダブルで納付しなければならないのでしょうか?
ダブルで納付するくらいなら4千円追加で払った方がいいと思うのですが、健康保険に空白の期間があることで今後何かデメリットはあるのでしょうか?

いろいろ質問しましたがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

・保険料は月末時点で加入している健康保険で発生します(月単位)


 >21年1月31日付けでA社を退職し
  ・1月分の保険料はA社で加入されている健康保険で発生
 >21年2月23日付でB社に就職し政府管掌社会保険に加入
  ・2月分の保険料はB社で加入されている健康保険(協会けんぽ:旧政府管掌保険)で発生
・保険証が使えるかどうかは、加入日と喪失日で決まってきます
  ・A社の健康保険は、1月に退社した為、2/1からは使えない(2/1喪失)
  ・B社の健康保険には、2/23から加入しているので、使えるのは2/23からになります(2/23加入)
  ・上記より、2/1~2/22は保険に加入していない期間になります
   この期間に診療を受ければ、無保険の状態になりますから、自由診療で保険診療を受けられないので、診療機関の請求額を全額自己負担することになります
   今回は、A社の健康保険証で受診、保険診療分を請求したが、2/1に喪失しているので、保険診療分(7割)が支払われない→貴方宛に請求 の流れです
・本来は、A社を退社後、任意継続をするか、国民健康保険に加入して、B社の保険に加入する間の空白期間を無くするべきでした
 この場合、上記の保険証で保険診療が受けられる事になります
 保険料は、任意継続の場合は1ヶ月分徴収されます・・2月分はB社の分と合わせて2重払いになります
  国民健康保険に加入した場合は、多くの場合保険料は発生しません・・2月分はB社の分の支払だけになります
・任意継続の手続きは、離職から20日以内です・・間に合いません
 国民健康保険の手続きは、離職から14日以内です、これからの加入も可能ですが、保険証の使用可能日が14日以内に手続きをしなかったので、手続きをした日からになってしまいます・・2/20の分に関しては保険診療に出来ない
・今回の2/20の分に付いては自己負担にして下さい
・今回の空白期間に関しては、今後に関しては特に影響はありません

・追加
 国民年金の加入手続きはされましたか
 加入手続きをされていない場合、記録上は2/1~2/22の間は空白になっています(ねんきん定期便等の加入期間の記載上)
 2/23に厚生年金に加入されているので、年金の支給等には影響はありませんが



  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とてもわかりやすかったです。
任意継続したら2か月分保険料がかかるのですね~。
国保でも、14日以内の手続でないと過去に遡って保険診療を受けられないとわかりとても勉強になりました。
年金の方は加入記録を見たところ2月分から加入になっていましたので心配ないと思います。
今回は4千円を支払って終りにしたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 15:52

空白期間は、A社でも、B社でもなく、国保になると思います。


保険料は新たに発生しないでしょう。
とにかく、まず最初にその4千円は払わなければなりません。
で、現在のB社の人事の担当のかた(おそらく社会保険労務士かその程度の知識はある)に相談して、役所で還付手続きすればよいと思います。手間と金額をはかりにかけて判断してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
保険料は月単位で日割りしないのに、保障は日割りで考えるってなんか納得いかないですね~
今後のためにも参考になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/28 15:48

恐らく2月20日時点では無保険だったのでそのような書類が届いてしまったのだと思います。



不確かな記憶で申し訳ないのですが、多分一旦4千円を医療機関に支払い、社会保険事務所か協会けんぽで所定の手続きをすれば還付してもらえるかも知れません。
4千円を支払う前に、B社の属する社会保険事務所か協会けんぽに問い合わせることをお勧めします。
ちなみに、今更任意継続の手続きは出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今更任意継続はできないですよね。。。
とりあえずデメリットがないなら、4千円払って終りにしたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/28 15:45

健康保険「料」は月の末日で判断しますが


保険診療を受けることが出来るかどうかは
資格喪失日と資格取得日で判断します。

自費扱いになります。
療養費請求も出来ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
保険料は日割り計算しなくて末日で判断するのに、1ヶ月未満の空白期間の間は診療が受けられないんですね。
びっくりです。今後の参考になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/28 15:44

先に言っておきます。

私の言うことは役に立つとは思えません。
以前、友人がオートバイ事故で病院に救急車で運ばれ、入院になりました。
彼は無保険でした。若い担当医にそのことを言うと、
「後から(健康保険)入るならそれでいい」と言ってくれ、
実際にそのようにしてくれました。
また、そのときあってはならないことですが、彼には酒も入っていました。
それについても「もうしないと約束するなら、私は気がつかなかったことにする」とそう言われました。
なにぶん、相手のない事故ではありましたが…。
保険の制度や仕組みの話でなくてすいません。
たとえあなたへの請求が正当なものであっても、
上記のようなお医者さんもいらっしゃるということが私にはうれしかったのを思い出しました。
友人は社会的ルールを破ったのですから、
それは悪いことに違いありません。それぞれの判断なのでしょうけれども…。
関係なくてすいません。
あなたのご質問には、ちゃんと答えてくれる方がいらっしゃると
思いますので、これは無視していただいて結構です。
失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かかりつけ医だったもので、保険証の確認もかなりあいまいだったのでこのようなことになってしまったのだと思います。
医者も一人の人間ですね。
社会的に悪いことでも、本人さんにとっては神様のような対応だったでしょうね。
美談にはならないけど、心温まるお話ですね!

お礼日時:2009/05/28 15:57

初めまして 二児の母です。



一度 7割払っても 戻る事になります。
B社の健康保険組合から 7割戻る形になるはずです。
それには 書類が健康保険組合から郵送なりあると思います。

今更 任意継続は出来ません
既にB会社の健康保険組合に加入しているので、他の保険組合には加入出来ません。

2月分の給料からは 保険各種が天引きされてないなら、2月末日に何の団体にも加入してない と言う事になりますので、空白期間が出来てしまった と言う事になります。
となると デメリットは 国年も納める必要があります。
1ヶ月分ですが 国保も納めなくてはなりません。

ですので 再度給料明細を確認し、病院に支払い、B会社の事務の方に病院の領収書を添付(念のためコピーは控えた方がいいかも)し 諸手続をして頂いたらどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
2月分給与から2月分社会保険料が控除されています!
年金の未納期間があるか、ネットでしらべました。未納はなかったです。
B社の健康保険加入前の受診でも還付されるのですね!
ちょっと聞いてみたいと思います。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/05/28 15:39

4千円払ったほうが安いです。


今後のデメリットはないです。
過去の事ですし、2月23日以前にに質問記述以外に医療機関にかかっていなければの話ですが。

2月の給与の社会保険料については、今働いている職場に聞くしかありませんが、私が以前勤めていた会社は、月の途中入社でも丸々1ヶ月分支払った記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
今の職場では2月分の社会保険料は徴収されています。
徴収されて当然と思っています。月末に在籍したわけだし。
今後デメリットがないのならこのままにしておこうかなと思います
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/28 15:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康保険に扶養者として加入条件を知る方法

共働きでしたが、年度の途中で妊娠を機に辞めた場合夫の健康保険に加入する条件は健康保険組合によって異なるのでしょうか?
夫が、福利厚生の部署とは違う地域で勤めているためうまくコミュニケーションが取れておらず加入条件が曖昧です。
もし加入条件が各組合で異なる場合は、どこで調べれば条件が分かりますか?

Aベストアンサー

>もし加入条件が各組合で異なる場合は、どこで調べれば条件が分かりますか?
 ・ご主人の健康保険証に健康保険の電話番号が記載されています
  そちらに電話をして扶養の要件に付いて詳しくお聞き下さい
 ・その回答により、貴方が扶養の要件を満たしているのなら
  ご主人に扶養に入る為の書類を会社から取り寄せて貰い、記入提出して下さい
・健康保険の扶養に関しては、健康保険(特に○○健康保険組合)により若干の違いがありますから
 詳細に付いては、その健康保険の事務局に直接確認するのが一番です

Q会社を退職し、健康保険を任意継続する予定です。任意継続期間も健保の健康

会社を退職し、健康保険を任意継続する予定です。任意継続期間も健保の健康診断や、保養所を借りたりなど勤務していたときに受けていた待遇は継続期間も受けれるのでしょうか。健保に聞くのが早いと思うのですが、まだ退職を迷っていますので…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>任意継続期間も健保の健康診断や、保養所を借りたりなど勤務していたときに受けていた待遇は継続期間も受けれるのでしょうか。

全て受けられます。
待遇は、全くいっしょです。
但し保険料は、在職中の倍ですよ。

国保は調べましたか?

自治体によれば、国保の方が安い場合があります。

但し、各種の恩恵?は健保の方が上です。

人間ドック補助金、保養所の補助など。

Q健康保険、厚生年金の加入条件について

パートの健康保険、厚生年金の加入についてお尋ねします。
加入条件は、賃金ではなく、労働時間と解釈したらよろしいでしょうか?

ひと月12日の就業日数で、9か月就労。トータル146万の給料。
この場合は、健康保険、厚生年金は未加入でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

>パートの健康保険、厚生年金…加入条件は、賃金ではなく、労働時間と解釈したらよろしいでしょうか?

正確にはどちらでもなく、「常時使用されるかどうか?」で判断します。
なぜかといいますと、「被保険者(加入者)」は、以下のように規定されているからです。

『適用事業所と被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962
>>厚生年金保険に加入している…【適用事業所】に常時使用される70歳未満の方は、【国籍や性別、年金の受給の有無にかかわらず】、厚生年金保険の被保険者となります。

>ひと月12日の就業日数で、9か月就労。トータル146万の給料。
>この場合は、健康保険、厚生年金は未加入でよろしいでしょうか?

上記のリンクにありますように「一般社員との比較」が必要です。

また、「労働日数・時間」が少なくても「常用的に使用関係がある」場合は、被保険者になります。(加入させます。)

(リンクより)
>>パートタイマーであっても事業所と常用的使用関係にある場合は、被保険者となります。
>>常用的使用関係にあるかどうかは、労働日数、労働時間、就労形態、勤務内容等から【総合的に】判断されます。

>>労働時間と労働日数が…それぞれ一般社員の4分の3以上であるときは、原則として被保険者とされます。
>>【ただし、この基準は一つの目安】であり、これに該当しない場合であっても就労形態や勤務内容等から【常用的使用関係にあると認められる場合は】、被保険者とされます。

---
なぜこのような「あいまい」な規定になっているかと言えば、「社員の4分の3未満の場合は【加入義務なし】」とハッキリ「線引」してまうと、

・事業主が保険料負担を逃れるため、「ギリギリの労働条件」をパートタイマーに強いている

ようなことを「日本年金機構(年金事務所)」が発見しても、「加入を促す」指導ができなくなってしまうからです。

『Q. 私は、パートタイマーとして勤務しています。社会保険に加入する義務はありますか。』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=1059&faq_genre=024

※最終的な判断は、所轄の「年金事務所」が行いますので、あくまでも参考情報としてお考えください。

>パートの健康保険、厚生年金…加入条件は、賃金ではなく、労働時間と解釈したらよろしいでしょうか?

正確にはどちらでもなく、「常時使用されるかどうか?」で判断します。
なぜかといいますと、「被保険者(加入者)」は、以下のように規定されているからです。

『適用事業所と被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962
>>厚生年金保険に加入している…【適用事業所】に常時使用される70歳未満の方は、【国籍や性別、年金の受給の有無にかかわらず】、厚生年金保険の被保険者とな...続きを読む

Q健康(組合)保険任意継続の保険料納付に関して

今年8月末で会社を退職しました。今は転職活動中です。
退職と同時に「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書」を会社に提出しましたが、その後、保険料納付に関しての書類が届いておらず(納期も分からず)、保険料を支払っていない状態なのです(健康保険組合からも全く連絡無し)。
この状態だと資格は既に喪失になっているのでしょうか?
明日インフルエンザの予防注射に行こうと思っているのですが、10割負担になってしまうのでしょうか?

※ちなみに「任意継続被保険者取得資格申請書」の中で
”保険料納入方法”という欄があり、前納しない(毎月払いになります)にチェックを入れていました。

Aベストアンサー

組合によって仕組みやレスポンスに差があると思うのでなんとも言えませんが、私の場合は任意継続の申請書と一緒に口座振替の用紙を渡され、月払いを希望するのであれば申請書と一緒に提出するようになっていました。
また、任意継続の新しい保険証と一緒に、今後1年間の振替日が書かれた書類も一緒に届きました。

任意継続の保険証が届いていなければ、組合に確認されるしか無いと思いますよ。

申請書は組合に持参されましたか?郵送ですか?
郵送であれば、配達記録郵便や書留など証拠が残るものにされましたか?
してなければ、郵便事故の可能性もあるかもしれません。
組合からの発信にしても同じ事が言えるでしょう。

インフルエンザの予防注射については、他の方が言われている通りですので、保険証の有無は関係ありません。
明日行かれても問題ないです。

Q健康保険や厚生年金の加入条件の一つである労働時間が週30時間以上が、平成28年10月からは週20時間

健康保険や厚生年金の加入条件の一つである労働時間が週30時間以上が、平成28年10月からは週20時間以上に緩和されました。
月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)や勤務期間1年以上などの条件とともに、従業員501人以上の企業において適用されるというものです。

雇用

・31日以上の雇用が見込まれること。
・1週間の所定労働時間が20時間以上であること。


上記 改正ですが小規模法人(500人以下)の場合で20時で加入は出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

平成29年4月から、「労使の合意があれば」501人以下の企業でも導入可能だそうです。
単に権利として請求できるわけではなく、まず会社の全従業員が経営側と交渉するところから始めなければなりません。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/

Q政管健康保険→任意継続→政管健康保険の保険料について

今月末で退職する社員がおり、次の就職先がGW明けからなので6日ほど無資格の状態になります。
その間、任意継続をするつもりらしいですが、保険料は月額なので5月分は二重払いになります。
この二重払いはどちらかから戻ってくるものなのでしょうか?
それとも二重に払わなくてはならないのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>この二重払いはどちらかから戻ってくるものなのでしょうか?
政府管掌健康保険の場合、社会保険事務所に健康保険料を納付するので、二重払いになった分は社会保険事務所から戻ってきます。

>それとも二重に払わなくてはならないのでしょうか?
無資格の期間をなくす為には、そうせざるを得ないと思います。それと#1さんの仰るように国民年金の手続きも必要になります。これも健保と同様二重払いになりますが、市区町村役場に連絡して手続きを取れば二重に支払った分は戻ってきます。

Q育児休業給付の給付の際の健康保険加入条件について

ちょっとややこしくわからない事があるので質問させていただきます。

タイトルどおりなのですが、出産の為2月20日付けで1年と8ヶ月正社員として働いた歯医者(歯科医師国保)を産休として休んでいます(多胎妊娠です予定日は5月23日)。産休に入る際、引き続き歯科医師国保で保険を継続して厚生年金を自分で払っていくか、旦那の健康保険(社会保険組合)の扶養に入るかどちらでも構わないから選んで欲しいと院長から言われました。

自分で厚生年金を払っていくのはしばらく働けないのでという事で旦那の社会保険の扶養に入ろうと、歯科医師国保から抜けて旦那の会社の健康保険の扶養に入ろうとしたところ。。

扶養に入ってしまうと、出産後の育児休業給付金が支給されない。と旦那会社の事務の方に言われたそうです。その件で扶養に入る手続きは一旦ストップしてもらっています。

ここでわからない点があります。


・育児休業給付金は雇用保険から支給されるはずですが健康保険の加入条件などあるのでしょうか?

・もし旦那の健康保険の扶養に入って育児休業給付金が支給されないとなると困るのですが、、その際一度抜けてしまっている歯科医師国保を喪失取り消しをして継続して加入している事にできるのでしょうか?

・誰に聞いても正確な情報が得られず困っているのですが、このような状況の相談に乗ってくれる機関があれば教えていただきたいです。


以上、私自身もよくわかっていない状態で書き込みさせていただきました。不明な点があれば補足させて頂きますので詳しいかた回答お願いしたします。

ちょっとややこしくわからない事があるので質問させていただきます。

タイトルどおりなのですが、出産の為2月20日付けで1年と8ヶ月正社員として働いた歯医者(歯科医師国保)を産休として休んでいます(多胎妊娠です予定日は5月23日)。産休に入る際、引き続き歯科医師国保で保険を継続して厚生年金を自分で払っていくか、旦那の健康保険(社会保険組合)の扶養に入るかどちらでも構わないから選んで欲しいと院長から言われました。

自分で厚生年金を払っていくのはしばらく働けないのでという事で旦那...続きを読む

Aベストアンサー

過去に13ヶ月休職して育児休業給付を受けたスタッフがいます。職場復帰する事が条件なので出来なければ返還しなければならない事があります。(子供を預ってもらえないので働けない等)

歯科医師国保を喪失取り消しをして継続して加入している事にできるのでしょうか?
※ 資格喪失の取り消しは出来ないので再加入になります。(被保険者番号が変ります。)

大きな会社ですと休職中も給料が支給されたり社会保険から休職手当がでますが歯科医師国保は出ないので雇用保険からの支給となります。

条件等あるのでハローワークに相談されるのが良いと思います。
参考URLです。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html

Q会社を昨年、退職し、健康保険は任意継続で、社会保険を毎月支払っています

会社を昨年、退職し、健康保険は任意継続で、社会保険を毎月支払っています。

今、月に2万3千円ほど支払っております。

会社員の時よりは、年収は下がっております。

月に2万3千円は、きついので、国民健康保険に切り替えたいのですが、

その時の料金はどれくらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

国保の保険料は市町村によって、全然違います。
高いところは安いところの3倍くらいになります。

役所の国保の担当部署で保険料を計算してもらい、今の保険料と比べたらいいと思います。
また、国保の保険料は前年の所得が影響するので、来年は今年より保険料安くなります。
なので、今年国保のほうが高くて任意継続しても、来年、また計算してもらえばいいでしょう。

Q失業時の国民健康保険の加入条件について

国民健康保険について教えていただけないでしょうか?
この度退職するため社会保険から国民健康保険へ切り替える
のですが、家族の国民健康保険に加入したいのですが、
父は定年で収入がありません。
このような状態でも家族の国民健康保険に加入できるのでしょうか?
ご存知の方、基準等教えていただけないでしょうか?
ポイントを必ず差し上げます。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 現行制度では、国民は生まれたときから亡くなるときまで、何らかの医療保険に加入しなければらならない制度になっています。会社に勤めている場合には、社会保険や共済組合、健康保険組合に加入しますが、退職した場合にはそれらの保険に加入することは出来ませんので、それらの医療制度に加入できない方が加入するのが、国民健康保険です。

 従って、収入条件はありません。加入条件がただ一つ、他の医療制度に加入できない場合です。前年所得が一定額以下の場合には、保険税が安くなる制度もあります。又、定年退職などの場合で年金を受給される場合には、国民健康保険の中に退職者制度があります。これに該当する方は、社会保険などの被用者保険の加入期間が20年以上、又は40歳以降10年以上の加入期間があり、年金を受給している人です。これに該当する場合には、医療機関での自己負担割合は、社会保険と同様に本人2割家族の入院2割外来3割となり、国民健康保険税計算は一般の国保と同様です。

 加入手続きは、退職した会社から健康保険・厚生年金資格喪失証明書を作成してもらい、その証明書と印鑑、退職者制度に該当するのであれば年金証書を持参して、役所の国民健康保険担当課で手続きをします。家族が既に国保に加入している場合には、その保険証も持参して下さい。

 又、国保に加入する方法もありますが、任意継続制度も選択できます。社会保険の加入期間が2ヶ月以上あれば、退職時から2年間は加入している社会保険を継続することが出来ます。この場合は医療機関での自己負担割合は、本人2割家族は入院2割外来3割と社会保険加入時のままですが、保険料の会社負担が無くなりますので、退職時の保険料の2倍程度になります。

 一般的には、退職した場合には1年間は任意継続をして、2年目から国保に加入した方が、保険料負担が安くなる場合が多いようです。国保は前年所得を基準に算定しますので、退職時の前年所得はある程度あることから、1年目は国保の方が高くなる場合が多くなります。国保の保険料計算は、役所の国民健康保険担当課で概算で計算をしてくれますので、得な方を選択すると良いでしょう。又、国保に加入をしても、社会保険時代からの継続して治療をする必要のある疾病がある場合には、その疾病にいしては2割のままで治療を受けられる継続療養制度もあります。

 現行制度では、国民は生まれたときから亡くなるときまで、何らかの医療保険に加入しなければらならない制度になっています。会社に勤めている場合には、社会保険や共済組合、健康保険組合に加入しますが、退職した場合にはそれらの保険に加入することは出来ませんので、それらの医療制度に加入できない方が加入するのが、国民健康保険です。

 従って、収入条件はありません。加入条件がただ一つ、他の医療制度に加入できない場合です。前年所得が一定額以下の場合には、保険税が安くなる制度もあります。又...続きを読む

Q健康保険任意継続から国民健康保険への変更

こんにちは。教えてください!
私は、10月14日付で退職をし国民健康保険よりも少しだけ任意継続のほうが安かったので任意継続にしました。
国民健康保険は、前年度の収入により算出されますよね。とういことは、確定申告してまだ職が見つからなかったとすれば、4月からは国民保険にしたほうが単純に保険料は安くなると考えていいんですよね?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>4月からは国民保険にしたほうが単純に保険料は安くなると考えていいんですよね?

その可能性はあります。
ただ、国民健康保険料は市区町村により改定月が異なっていますので、いつから保険料が変更になるかは、お住まいの市区町村に聞いてみたほうがよろしいでしょう。
そして、改定月が近くなったらもう一度保険料を市区町村に聞いてみてはいかがでしょうか。

また、任意継続被保険者は2年間やめることができません。やめるには下記の条件が必要となります。

ア.新たに就職し、社会保険の資格を得た場合。
イ.保険料を納期までに納付できなかった場合。
ウ.死亡した場合。

のいずれかとなります。
ですから、途中で任意継続をやめ、国民健康保険に加入する場合は、「イ」の方法のとり、保険料を収めないでおくと納期日の翌日で資格が自動的に喪失することとなりますので、その後に国民健康保険に加入することとなります。
ただし、保険料を納め忘れたりした場合も、資格喪失となってしまいますので、注意が必要です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報