1/10ラジコンカーのポリカーボネートボディにファスカラーをエアブラシで吹きたいと考えていますが、いかんせん初めてなもんでどのくらいの量を購入してよいのかわかりません。
単純にファスカラー白を吹くとして1台あたり何本必要になりますか?

ご存知のかたがいましたらご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エアブラシを使うなら、薄めて2回塗り位で、使う量は1本の半分くらいかと思います。

あまり厚塗りをしてしまうと、後でしわしわになってしまいますので、すこーし透けるかな?位でやめといた方が無難です。

FASKOLORにこだわりが有りますか? 電動なら良いのですが、グローエンジンでニトロ30%位でも侵されて、粘ってきます。いずれにせよ、乾燥時間を十分にとって下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、厚塗りはNGですね^^;
電動RCなので乾燥時間も十分にとってみることにします。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/06 13:16

一本で十分だと思いますよ。


但し、白を軽く吹いて押さえにシルバー辺りを押さえに使ったほうがいいので、二本必要と言えるかもしれません。
※押さえ(発色が落ち着きます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1本で十分なんですね。裏打ちしてみたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/06 13:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアブラシのトラブル(塗料)

ラジコンを塗装するのにファスカラーを使っています。
安物のエアブラシで小さいコンプレッサーのせいか、塗料がうまく出てきません。
解決方法などありますでしょうか?
エアブラシの先は0.3ミリだったはずです。

Aベストアンサー

私は質問者が使われているコンプレッサーと同じものを触ったことがあります。
正直、かなりパワーが低く感じました。
同様に使われているハンドピースもつなげたこともあります。
この二つの組み合わせで水性塗料はかなり難しいと感じたことを覚えています。
水道水を霧吹きするのにも不都合がある場合があったくらいなので。
水より粘性の低い塗料なら使えるかもしれません。
そこで、ハンドピースを色々変更して試したところ
水自体を安定して吹けたのは、手持ちのハンドピースでは、

・GSIクレオス プロコンBOY WAプラチナダブルアクション
・タミヤ スプレーワークベーシックエアブラシ
・エアテックス XP-723

あたりでした。
どうもハンドピースのカップの底の形状が関係していると思われますが、そこまで深く追求はしませんでした。
水性塗料であれば希釈を無水アルコールにすれば、うまく行くかもしれません。

個人的には、ハンドピースを変更する方法がいい気はします。
ハンドピースも選ばないといけませんが。

・タミヤ スプレーワークベーシックエアブラシ

は、エアが出っ放しですが、悪くはない感触でした。

私は質問者が使われているコンプレッサーと同じものを触ったことがあります。
正直、かなりパワーが低く感じました。
同様に使われているハンドピースもつなげたこともあります。
この二つの組み合わせで水性塗料はかなり難しいと感じたことを覚えています。
水道水を霧吹きするのにも不都合がある場合があったくらいなので。
水より粘性の低い塗料なら使えるかもしれません。
そこで、ハンドピースを色々変更して試したところ
水自体を安定して吹けたのは、手持ちのハンドピースでは、

・GSIクレオス ...続きを読む

Qポリカーボネイトに塗装可能な塗料

倉庫の屋根の明りとりに使われているポリカーボネイトの波板(?)なんですが、
これに塗装をしようと思っています。
自動車用の2液性ウレタン塗料が余っているのでコレを刷毛で塗りたいのですが
問題ないでしょうか?(以前、ウレタンシンナーでポリカーボネイトを拭いた時、白っぽくなってしまったので・・)
溶けたり、曲がったりしないでしょうか?
不可の場合、どのような塗料が向いていますか?
(ラッカー系、ペイント系、水性など)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ポリカーボは剥がれやすいのでポリカーボ用のプライマーを塗ってから通常の屋根用の塗料(水性)を塗ると良いのではないでしょうか。
一例
http://www.paint-works.net/tatemono/under/sealer/exlp/index.htm
http://www.sundaypaint.co.jp/products/sealer/sealer07.html

でも2液ウレタンそのままでもポリカーボが塗れる物もあります。
一例
http://isamu-aer.jp/products/air-urethane.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8A-DAYTONA-%E8%80%90%E3%82%AC%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-2%E6%B6%B2%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC-72710/sim/B003N7IU36/2
端材があればテストしてみてはいかがでしょうか。
プラスティック用の2液型アクリル・ウレタン塗料は工業用としてはわりと一般的な物です。
*ポリカーボを侵したシンナーは混ぜない方が良いと思います。

その他の関連情報
http://www.paint-works.net/ure/point/point06.htm

ポリカーボは剥がれやすいのでポリカーボ用のプライマーを塗ってから通常の屋根用の塗料(水性)を塗ると良いのではないでしょうか。
一例
http://www.paint-works.net/tatemono/under/sealer/exlp/index.htm
http://www.sundaypaint.co.jp/products/sealer/sealer07.html

でも2液ウレタンそのままでもポリカーボが塗れる物もあります。
一例
http://isamu-aer.jp/products/air-urethane.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8A-DAYTONA-%E8%80%90%E3%82%AC%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%8...続きを読む

Q4WDフロントワンウェイユニットの効果について教えてください

通販でフロントワンウェイユニットを買いました。
この部品はデファレンシャルの代わりに取り付けるのですから、私の認識では左右の車輪の回転数の差をなくしてまっすぐ走らせるようにする部品だと思っていたのですが、パッケージを開けてみると1個しかなくて、調べてみると、名前の通りフロントに組み込む部品だそうですね。何で後ろには取り付けなくてよいのですか。まっすぐ走らせるためには前後輪ともデファレンシャルを無くした方がいいと思いませんか。
だから、もう1個このフロントワンウェイユニットを注文しようと思っています。
これについて何か助言がありましたらお願いします。
あとキングピンという部品は、標準のねじの代わりに取り付けるのですが、標準のねじをキングピンに交換する事によって何が変わるのですか。ご存知の方、教えてください。
あと、標準のメタルをベアリングに交換した場合、取り外したメタルはどうしますか、捨ててもいいですか。その他メタル以外にも高性能部品に取り替えた場合、取り外した標準部品はどうしてますか。これは捨てる。これは取っておくなどの切り分けがあれば教えてください。できれば理由つきで。

通販でフロントワンウェイユニットを買いました。
この部品はデファレンシャルの代わりに取り付けるのですから、私の認識では左右の車輪の回転数の差をなくしてまっすぐ走らせるようにする部品だと思っていたのですが、パッケージを開けてみると1個しかなくて、調べてみると、名前の通りフロントに組み込む部品だそうですね。何で後ろには取り付けなくてよいのですか。まっすぐ走らせるためには前後輪ともデファレンシャルを無くした方がいいと思いませんか。
だから、もう1個このフロントワンウェイユニットを...続きを読む

Aベストアンサー

フロントワンウェイは左右輪の回転差を無くす物ではなくスロットルオフ時に前輪に駆動力が伝わらないようにして回頭性を向上させるためのものです。
コーナーへの切り込みが鋭くなりますが、スロットルオフで後輪にしかブレーキがかからないので姿勢が乱れていたり路面が荒れている場所だとスピンしやすくなったりします。

キングピンというのはフロントハブキャリアとナックルアーム部分を連結するのに使われるビスを「キングピン」というのであってよく使われるのは要するにただの段付きビスです。普通のビスとは形状が違います。アルミやチタンに交換すると若干の軽量化にはなるとおもいます。

ベアリング交換後のメタルは数個は予備に置いておいてもいいんじゃないでしょうか。メンテナンスで分解したときにベアリングが紛失するとか、ベアリングに砂が噛んで動きが渋くなったりしたときの応急処置としてメタルへの交換が必要になることが無いともいえませんので。
高性能部品に取り替えた後に残った標準部品も摩耗したり曲がったりして使えなくなった物は捨てますが、まだ使えるものは一応残しておいて、クラッシュして破損したときに新しい部品を調達するまでの間に装着することはたまにあります。
あと、上記のワンウェイのように車の性格を一変させるようなパーツの場合は取り外した標準部品は必ず保管します。走らせる場所によってはノーマルに戻した方が走らせやすい場合もありますから。

フロントワンウェイは左右輪の回転差を無くす物ではなくスロットルオフ時に前輪に駆動力が伝わらないようにして回頭性を向上させるためのものです。
コーナーへの切り込みが鋭くなりますが、スロットルオフで後輪にしかブレーキがかからないので姿勢が乱れていたり路面が荒れている場所だとスピンしやすくなったりします。

キングピンというのはフロントハブキャリアとナックルアーム部分を連結するのに使われるビスを「キングピン」というのであってよく使われるのは要するにただの段付きビスです。普通のビ...続きを読む

Qポリカボディーの塗装について

ミニ四駆のポリカボディーを塗装しようと思っているのですが、アクリル絵の具とタミヤカラースプレー(ポリカ用)は併用できますでしょうか?
アクリル絵の具自体は水には強いと思うのですが、カラースプレーの溶剤で溶けてしまうような気がしています。
大変お手数ですが、教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

塗料の基本や特性を理解していない回答あるね。
水性アクリル絵の具も、○○絵の具と謳っているだけで、厳密には塗料に分類される。

>アクリル絵の具とタミヤカラースプレー(ポリカ用)は併用できますでしょうか?
併用は可能。
基本、ポリカのクリアボディは、裏から塗装です。
塗装の基本として、シッカリと中性洗剤で洗って油分落として乾燥させることは必須。
アクリル絵の具の塗膜は固く柔軟性が無いので、ポリカに直に塗ると乾燥後はポロポロ剥がれ安い。
塗装の前に、下塗りプライマー代わりとして、タミヤポリカ用フラットクリアーを裏面全体に下塗りしておくと良い。
フラットクリアーは乾燥後の表面がザラ付いているので、その後に塗る塗料が定着しやすい。
アクリル絵の具でデザイン塗装?後、ポリカ用スプレーを重ねる際は、1~2回目の塗りは、極薄く染める程度にアクリル絵の具をカバーする塗膜を作る様にする。
その後は通常に塗れば良いです。心配なら、薄塗りを何度も繰り返せば良い。

注意:アクリル絵の具は水で薄め過ぎると、弾きが出やすくなる。チューブタイプの場合、薄めても5~10%希釈だと弾きや透けが出難い。
筆塗りなら、筆に水に含ませて水気をしごいたものに、絵の具を多めに付けてパレット上で混ぜる。
希釈する場合、出来ればタミヤアクリル塗料溶剤X20Aか、無水アルコールでの希釈が良いです。

タミヤのポリカ用スプレーは溶剤臭がきついので、屋外使用や換気に注意。
子供が使用する場合、マスクなどの保護具も併用するようにしてください。

塗料の基本や特性を理解していない回答あるね。
水性アクリル絵の具も、○○絵の具と謳っているだけで、厳密には塗料に分類される。

>アクリル絵の具とタミヤカラースプレー(ポリカ用)は併用できますでしょうか?
併用は可能。
基本、ポリカのクリアボディは、裏から塗装です。
塗装の基本として、シッカリと中性洗剤で洗って油分落として乾燥させることは必須。
アクリル絵の具の塗膜は固く柔軟性が無いので、ポリカに直に塗ると乾燥後はポロポロ剥がれ安い。
塗装の前に、下塗りプライマー代わりとして、タミ...続きを読む

QRCカーのボディのグラデーション塗装

グラデーション塗装をしたいのですが、缶スプレーでの良いやり方はないでしょうか?
やはり、エアブラシでないと不可能でしょうか?
一応エアブラシは持っていますが、ラッカー塗料用に使っています。
ポリカーボネイト用塗料で使う場合、薄める為の溶剤は何を使えば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

缶スプレーでの微妙なグラデーション塗装は結構面倒ですが、出来ない事はないと思います。

タミヤのポリカーボネイト用の缶スプレーの事だと思われますが、マスキングテープを利用する事で何とかなるのではないでしょうか?

マスキングテープの一方を2~3ミリ程度粘着面側に折り返し、貼り付かないようにしたものを使ってマスキングします。その部分は塗装面に貼り付いていない為、僅かに塗装面とテープの間に隙間が生じます。その部分に缶スプレーで塗装すると、僅かに塗料がその隙間に吹き込まれ、ボカシ効果が得られます。これを何度も繰り返し行なう事で、グラデーション塗装も可能だと思われます。実際、私の場合、飛行機の上下面の塗り分けのボカシ塗装などの場合に利用している方法です。折り返し幅を増やす事で、ボカシ幅も拡がりますし、テープを浮かす事で、調整も可能です。ただ、吹き付け方向は、折り返してある方向とは逆の方向から吹き付けるように注意して下さい。折り返し面側から吹き付けると、思わぬ所に塗料が飛散する可能性がありますし、ボカシ効果も得られません。

ポリカーボネイト用のビン入り塗料があるかどうか知りませんが、同じ油性の塗料だとしたら、Mr.カラーの薄め液が使えると思います。タミヤ―カラーのスプレー缶の塗料をMr.カラーの薄め液で薄めてエアブラシで吹き付けたりしています。

エアブラシはラッカー塗料専用という物ではありませんし、他の塗料(エナメル、水性アクリル等)にも使えますので、色んな塗料でお試し下さい。やはりグラデーションを綺麗に仕上げるのはエアブラシに勝るものはないと思います。

一応、エアブラシ経験者ですが、ポリカーボネイト塗料に関しては経験ありませんので、「一般人」「自信なし」とさせて頂きました。

缶スプレーでの微妙なグラデーション塗装は結構面倒ですが、出来ない事はないと思います。

タミヤのポリカーボネイト用の缶スプレーの事だと思われますが、マスキングテープを利用する事で何とかなるのではないでしょうか?

マスキングテープの一方を2~3ミリ程度粘着面側に折り返し、貼り付かないようにしたものを使ってマスキングします。その部分は塗装面に貼り付いていない為、僅かに塗装面とテープの間に隙間が生じます。その部分に缶スプレーで塗装すると、僅かに塗料がその隙間に吹き込まれ、ボカ...続きを読む

Qプロポとサーボの相性

ラジコン送受信機(プロポ)とサーボの組み合わせは
サンワのプロポにはサンワのサーボ、
フタバのプロポにはフタバのサーボを組み合わせるのが普通と聞いたのですが、本当でしょうか。
サンワのプロポにフタバのサーボを組み合わせた場合、どのような不具合が発生するのでしょうか。

Aベストアンサー

補足して
内部での信号のやり取りも各社仕様が違いますので
JRと双葉の組み合わせの場合にはニュートラル位置がずれます。
なので正転と逆転の稼動範囲が違う事になります。
(コンピュータープロポで設定は出来ますけどね)
で、JRと三和の組み合わせは上に書いた通りで電源の極性が逆なのですが
内部的な相性は良いのです。
これはその昔、三和の開発スタッフが独立してプロポメーカーを立ち上げ
後にJRとなった為で基本仕様は三和と同じなのです。

Q【初歩的質問】ラジコン用アンプの性能について

非常に初歩的な質問で恐縮です。
1/10電動RCカーのアンプについてなんですが、価格に比例して
どんな部分の性能に差があるんでしょうか?
例えば、フタバのエントリー用アンプで、MC230CRと、MC330CRがありますが、何が違うのでしょうか?
スペック表での違いは見ればわかりますが、それが例えば「この数字が大きいほど速い」というような、わかりやすい言葉で教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

アンプのスペックはRCカーの性能にとって、とても大きな
要素になります。決して恐縮する必要はありませんヨ^^

具体的にフタバの製品を挙げられているので、それに対し
て回答致します。

アンプの基本的な性能は、どれだけ多くの電流を流せるか
が最も重要な要素になります。
230と330(省略します)を例に取った場合、前進側の連続
最大電流は、230が90A、330が200Aですね。数値だけを比較
してしまうと、後者が倍以上良いという結果になりますが、
そのまま実際の速さに比例するわけではありません。

一般に、使用する負荷(モータ)で消費電流は変わります。
仕様の対応モータでは、前者は20T、後者は13Tとあります。
Tはターン数といって、モータの芯(コア)への巻線数を
示します。この数値が少ないほど高出力な野蛮なモータと
言えます。
当然野蛮なモータほど大食漢であり、電力を多く消費する
ので、330の方が野蛮なモータにふさわしいわけです。

キット付属の入門用モータ(主に25~28T)や、現在レース
等で主流の23Tのモータを使う限りは、流れても30A程度の
電流(大雑把ですみません)なので、230でも330でも十分
な余裕があります。従ってこれらの無難なモータを使う限
りは、両者に大きな差は生じません。
ただし上の数値で負荷率の面から見ると、前者33%、後者
15%となります。イメージとして捉えていただければありが
たいのですが、前者は負荷によってアンプが少しずつ発熱
してくるのに対し、後者はまだまだ余裕があります。
発熱は自己の性能を下げますから、休み無く連続して使用
すると、この差がスピードに表れます。
私のような余裕の無い人がアクセク働いてオーバーヒート
ぎみになるのに対し、裕福な人がポンとポルシェでも買う
ような人間社会の構図と同じですw

大脱線を元に戻します・・・

後進側の電流量は、後進を使う場合に必要ではありますが、
実用上あまり数値を気にする必要はないと思います。
中~上級者用の多くは、後進の無いアンプを使っています。

対応(適用)モータは、前述の前進側電流値の目安となり
ます。数値(ターン数)が少ないアンプほど、高性能だと
言えます。

重量は車両全体の重量に直接影響します。軽いほど理想で
はありますが、メーカによって重量物であるコードの重さ
を含んだり省いたりしており、数値比較はできません。

上級機種には、出力をプログラムできるものもあります。
状況に応じて臨機応変にアンプの出力を「味付け」する訳
ですが、今このあたりの説明は割愛します。

読み返したら、エラい長文になっていましたが、大雑把に
まとめますと、
「適用モータを見れば、大方の判断がつく」
コレだけでしたね^^

アンプのスペックはRCカーの性能にとって、とても大きな
要素になります。決して恐縮する必要はありませんヨ^^

具体的にフタバの製品を挙げられているので、それに対し
て回答致します。

アンプの基本的な性能は、どれだけ多くの電流を流せるか
が最も重要な要素になります。
230と330(省略します)を例に取った場合、前進側の連続
最大電流は、230が90A、330が200Aですね。数値だけを比較
してしまうと、後者が倍以上良いという結果になりますが、
そのまま実際の速さに比例するわけではありませ...続きを読む

Qエアーブラシの洗浄について

本格的に塗装にチャレンジしようと思いタミヤのHGエアーブラシを買ったのですが。塗装をし終わって、次の色で塗装したかったのでエアーブラシにシンナーを入れ、うがいを2~3回して最後に全部分解して綿棒で中の届く範囲すべて拭きましたが、塗料カップにクリアを入れたら前に使ったオリーブドラブの色が出てきてしまいました、クリアなのでそのまま吹きましたが、クリアを吹き終わってまた洗浄をするとまだ前のオリーブドラブの色が残ってしまっていました。うがいをしてもカップの中には色は出来ませんのですがニードルにべったりオリーブドラブがついてしまっています。カンペキに前の色を綺麗に洗浄する方法は無いのでしょうか??

Aベストアンサー

過去にも何度か質問者さんの質問に回答している者です。

エアブラシの洗浄方法ですが、塗料は何をお使いですか? 油性か水性で変わって来ますが、お薦めはラッカーシンナーを使う事です。(油性でも水性でも使用できます。)

塗装終了後、カップに残った塗料を廃棄するなり、元のビンに戻すなりして空っぽにします。その後、カップ内に付着している塗料をティッシュなどで拭い去ります。そのままでは本体内部に塗料が残っていますので、その状態で空吹きして下さい。残った塗料が出なくなるまで新聞紙などに吹き付けます。塗料がなくるなると、エアだけになりますので、そこまで吹きます。

次に、ラッカーシンナーをカップに半分程度入れ、ノズルを指で押さえ(ティッシュで押さえるのが汚れなくていいと思います。)エアを吹きます。(あまり勢い良く吹くとシンナーが吹き出してきますので、吹き出さない程度にエアを吹きます。)エアが逆流して、いわゆる「うがい」状態になりますので、それを暫く続けます。「うがい」が終わったあと、カップにあるシンナー(汚れた状態)はそのまま塗装するような感じで新聞紙に吹いて下さい。(これようのアイテムがあります。PS257と言うのがそれ⇒http://www.mr-hobby.com/cgi/goods.cgi?category=7)

シンナーに汚れが付かなくなるまでこれを3・4回繰り返します。ラッカーシンナーはパッキン類を劣化させる可能性がありますので、その後、塗料用のシンナーでうがいを繰り返します。

これでほぼ洗浄は終了となりますが、もっと綺麗にしたい場合は分解洗浄となります。ガラスなどの大き目の容器にラッカーシンナーを入れ、そこにエアブラシを分解したパーツを浸して洗浄します。大まかに書くと、ノズルキャップ、本体、ニードル、塗料カップ、カップの蓋に分かれます。(ニードルの取り扱いには細心の注意が必要です。先端を曲げたり破損しないように!) 浸けっぱなしは避けて下さい。本体はノズル先端からカップ取り付け部分までシンナーに浸します。ニードル位置調整ネジ部分まで浸す必要はありませんし、浸さない方が良いです。)数十秒浸したあと引き上げ、ウェス(ボロギレ)やティッシュで拭います。本体内部に溜まっているシンナーは綿棒などで拭って下さい。(手で軽く振動を与えればある程度は廃棄できます。)シンナーが乾燥したら組み立て、再度、エアを吹きます。これで本体内部に残ったシンナーもなくなります。(組み立て時もニードルには注意!)

洗浄に使ったシンナーは廃棄せずに、容器に戻し(フタ付きのガラス容器がベスト)再利用して下さい。筆などの洗浄にも使えます。汚れが酷くなってきてから廃棄すれば有効利用出来ます。

ラッカーシンナーはホームセンターなどで入手出来ますが、店によっては用途などを言わないと売ってくれない場合があるかもしれません。模型店には洗浄用のシンナーがありますので、それを代用することも出来ます。

分解洗浄はそう頻繁に行なう必要はありませんが、シルバーなどの金属粒子の塗料を吹いた後などは、分解洗浄をお薦めします。金属粒子が、うがいだけでは綺麗に除去出来ず、普通の塗料を吹くと、なにかキラキラ光った感じに塗装されてしまう事があります。ですので、金属塗料を使った場合は、充分な洗浄が必要です。

水性塗料の場合、塗料が乾燥していない状態なら、水で洗浄できますが、乾燥してしまった場合は水で洗浄できません。この場合、ラッカーシンナーを使って下さい。

過去にも何度か質問者さんの質問に回答している者です。

エアブラシの洗浄方法ですが、塗料は何をお使いですか? 油性か水性で変わって来ますが、お薦めはラッカーシンナーを使う事です。(油性でも水性でも使用できます。)

塗装終了後、カップに残った塗料を廃棄するなり、元のビンに戻すなりして空っぽにします。その後、カップ内に付着している塗料をティッシュなどで拭い去ります。そのままでは本体内部に塗料が残っていますので、その状態で空吹きして下さい。残った塗料が出なくなるまで新聞紙など...続きを読む

QESCの電圧カット機能について教えてください。

電動ラジコンを初めて1年ぐらいになり、
今まで使用していたブラシモーターのスポーツチューンやダートチューンから
ブラシレスモーターに切り替えました。
購入したのはG-ForceのTS50Aと同社のSuperVelocity 13.5Tです。
バッテリーはリポの5000やニッケル水素の4000ですが、
ニッケル水素バッテリーで使用すると、満充電にもかかわらずコース2~3周でスローダウン
バッテリーの問題か?と思ったのですが、そのバッテリーを別のブラシモーターのマシンへ
搭載すると十分なパワーがあります。
他のニッケル水素でも試したのですが、結果は同じ・・・
ESCの設定内容にも特にニッケル水素で設定する項目もなく、
怪しそうな電圧カット機能はリポ3.2V/1Sになっています。
リポとニッケル水素の切り替え項目は無く、マニュアルでは
ニッケル水素も使えると記載されています。
ESC中には、ジャンパーでバッテリータイプを切り替えて
使用するものもあるらしいですが、そのようなESCに買い換えた方が
よいのでしょうか?
今までニッケル水素をメインに使用していたので、
リポとニッケル水素のどちらも使用したいのですが・・
お教えいただけますようお願いいたします。

電動ラジコンを初めて1年ぐらいになり、
今まで使用していたブラシモーターのスポーツチューンやダートチューンから
ブラシレスモーターに切り替えました。
購入したのはG-ForceのTS50Aと同社のSuperVelocity 13.5Tです。
バッテリーはリポの5000やニッケル水素の4000ですが、
ニッケル水素バッテリーで使用すると、満充電にもかかわらずコース2~3周でスローダウン
バッテリーの問題か?と思ったのですが、そのバッテリーを別のブラシモーターのマシンへ
搭載すると十分なパワーがあります。
他のニッケル水素...続きを読む

Aベストアンサー

ここまで回答が付かないことからお分かりのようにみなさん{?}なんですよ。

ESC、プロポ間の初期設定も実行済みで問題なく
リポバッテリー使用時には長時間の走行が可能との前提で回答しますが私も{?}のままなのでご容赦。

TS-50Aはリポ、ニッケル水素の違いによる設定変更は必要ありません。
バッテリーの入れ代えだけで通常走行可能です。

あなたはESCの低電圧カット機能が原因とお考えのようですが本当にそれだけでしょうか?
他の保護機能が働いていると考えることはできませんか?
モーターに過度の負荷を与えすぎた場合はオーバーヒートプロテクションが働いた可能性もあります。
ギヤ比は適切か、駆動系は滑らかに動くか確認が必要です。
オーバースペックのモーターを繋いだ場合に過電流防止機能も働く場合があります。
使用モーターがSuperVelocity 13.5Tなのでオーバースペックとは言えませんが
ギヤ比との兼ね合いで作動しているかもしません。

他にあるとすればニッケル水素バッテリーからのコードですかね?
極端な曲げ癖のついたコードは内部断線していたりセルとの接続があやしくなることがあります。
冷えている時は問題無くても暖かくなると導通が不安定になり電圧低下を起こす可能性もあります。
他のシャーシでは問題ないとおっしゃっていますが
そちらの方がコードの取り回しが緩やかになり導通状態が安定するのでは?と推測します。

とにもかくにも現状ではESCの買い替えは待った方がいいです。
一つ一つ問題を切り分けて試行してみて解決していきましょう。

ここまで回答が付かないことからお分かりのようにみなさん{?}なんですよ。

ESC、プロポ間の初期設定も実行済みで問題なく
リポバッテリー使用時には長時間の走行が可能との前提で回答しますが私も{?}のままなのでご容赦。

TS-50Aはリポ、ニッケル水素の違いによる設定変更は必要ありません。
バッテリーの入れ代えだけで通常走行可能です。

あなたはESCの低電圧カット機能が原因とお考えのようですが本当にそれだけでしょうか?
他の保護機能が働いていると考えることはできませんか?
モーターに過度の...続きを読む

Qポリカーボネート用塗料の落とし方

ラジコンのボディを塗装したときにマスキングの隙間から塗料がはいってきてしまいました。
シンナーでふき取ろうとしたのですがダメでした。
どうすれば落ちるのでしょうか。

Aベストアンサー

その場合ですと、ヤスリで削って落とすしかないですね。耐水ペーパーで水研ぎをするといいですよ。はみ出ている部分は塗装ですか?それともポリカーボネートですか?塗装でしたら、ヤスリの後で塗装すれば十分ですね。もしポリカーボネートで、ヤスリ傷が気になる場合でしたら、さらに細かいヤスリを使用していき傷を目立たなくするといいですよ。プラスチック用コンパウンドというのもあります。

はみ出た部分も塗装されているのでしたら、はみ出た部分をさらに上塗りするという手もあります。これは色によって判断するといいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報