プロバイダや警察は会社から業務妨害があったとして発信者情報開示請求された場合、情報開示をする義務があるのでしょうか。また開示してくれるとしたらどの程度の被害からなのでしょうか?
例えば警察に被害届を出して受理された場合は、必ず情報開示に向けて動いてくれるのでしょうか?個人では難しそうですが会社などが迷惑メールで業務妨害を受けたような場合は被害届を出せば個人特定はしてもらえますか?
会社が業務妨害として発信者情報開示請求をプロバイダに提出した場合、プロバイダは情報開示をする義務があるのでしょうか。
また警察にもプロバイダにも具体的な被害の証明は発信者情報開示請求を提出する時点で必要ですか?
被害届が受理されてどれくらいで割り出せるものなのでしょうか? 相手がネットカフェ等から書き込んだ場合はやはり特定に時間がかかりますか?
開示される時、発信者にはその事は知らされるのでしょうか?

質問ばかりですみません。
色々教えて頂けると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>個人への誹謗中傷(仕事内容ではなく個人的な事)を親会社や顧客にばらまかれた程度では事件とは見なしてもらえないのでしょうか?



「ネット」「名誉毀損」「逮捕」で検索してください。
思った以上に逮捕情報が多いことに気が付くでしょう。
仕事先へのメールは威力業務妨害にもなります。

被害届がでて、悪質だと判断されれば、警察は捜査するでしょう。
    • good
    • 0

警察がプロバイダーに開示請求する際には捜査令状をとって請求します


この場合、プロバイダーには開示義務が生じます。
ただし、その内容を被害者に教えることは基本的にはありません。

被害者がプロバイダーに開示請求するためには、開示の仮処分申請を
裁判所に起こします。理由が正当であれば、裁判所から開示命令が
だされます。

ネットカフェはIPアドレス特定できるでしょうから、範囲は絞りやすい
ですよね。犯罪なら警察は捕まえると思います。

この回答への補足

ありがとうございます。
現実の話として捜査令状が出せる程度の被害とはどの程度のものなのでしょうか? ひどい恐喝や命の危険を感じる程の中傷、会社においては多大な損失が出たなど、でない限り警察は動いてくれないのが現実ですか?
個人への誹謗中傷(仕事内容ではなく個人的な事)を親会社や顧客にばらまかれた程度では事件とは見なしてもらえないのでしょうか?
引き続きよろしくご教示お願いいたします。

補足日時:2009/05/28 19:23
    • good
    • 0

<プロバイダ責任制限法の趣旨>


インターネットや携帯電話の掲示板などで誹謗中傷を受けたり、
個人情報を掲載されて、個人の権利が侵害されるなどの事案が発生した場合、
プロバイダ事業者や掲示板管理者などに対して、これを削除するよう要請しますが、
事業者側がこれらを削除したことについて、
権利者からの損害賠償の責任を免れるというものです。

<情報の開示請求について>
「請求をする者の権利が侵害されたことが明らかであること」
または
「損害賠償請求権の行使のために必要である場合その他開示を受けるべき正当な理由があること」

以上から、
・被害届けの提出は開示請求を意味しないこと
・「損害賠償請求権の行使のために必要」な場合は請求権の行使に関して
 当該プロバイダに説明する義務が発生すること
・「開示を受ける正当な理由」を提示する必要があること
等、がわかります。

http://www.isplaw.jp/

「裁判をする」という明確な意思と根拠を提示しない限り開示されるとは考えられない
(プロバイダーも相手にする義務が無い)内容ですから、
弁護士を通すようなレベルでないと、開示は無理です。

参考URL:http://www.isplaw.jp/

この回答への補足

早急な回答大変感謝します。とても勉強になります。
反対に警察やプロバイダが情報開示にすぐ動くというのは、
どういった被害の程度なのでしょうか?
ネットに関連した犯罪に溢れる昨今、警察もかなり凶悪な犯罪や多大な損害を会社が受けた等でないと、そう簡単には捜査に踏み切ってはくれないと理解するのが良いという事でしょうか?
被害届は一応受理するものの警察はそんなに暇ではない、
という事ですね。

補足日時:2009/05/28 16:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臆病者(ヘタレ)に対して一番ピッタリな四字熟語なんて

臆病者(ヘタレ)に対して一番ピッタリな四字熟語なんて
分かりますか?

Aベストアンサー

何点か挙げてみますね

・羊頭狗肉(ようとうくにく) = 見せかけと実質とが一致していないこと
・風声鶴?(ふうせいかくれい) = ちょっとした事にもおじけづくこと
・八方美人 = 誰からも悪く思われない様、要領よく人と付き合うこと
・薄志弱行(はくしじゃっこう) = 意志が弱く、物事を判断する力に欠けること
・小心翼翼(しょうしんよくよく) = 気が小さくてビクビクしていること
・因循姑息(いんじゅんこそく) = 決断力に欠け、グズグズすること

以上6つのうち、一番近いのは「小心翼翼」でしょう。参考になったでしょうか?

Qプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求の本人確認について

プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求の本人確認について

プロバイダ責任制限法に基づいて開示請求を行う場合、本人確認のためにサイト管理者に免許書のコピーや住民票のコピーを送付しなければならないというのは絶対に必要な手続きなのですか?

Aベストアンサー

プロバイダ責任制限法には、そういった手続きを要求する記述は何もないですね。

ただ、プロバイダを運営している会社などの民間の会社が作った、「プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会」というものが作成した、プロバイダ責任制限法に関する「ガイドライン」というものがあり、その中に、プロバイダ等がとるべき本人確認の手続きがいくつか定められています。その中に、運転免許証のコピーの確認なども一例としてあげられています。

(参考:プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト)
http://www.isplaw.jp/

なお、一応総務省も協力していたりします。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2007/070110_1.html

なので、プロバイダが運転免許証のコピーの提出を求めるというのもある話だと思います。


さて、ここで問題となるのは、「ガイドラインにはそう書いてあるかもしれないが、法律には何も書いていないから免許証のコピーなど提出しなくともいいはずだ」とプロバイダに主張できるか、という点です。

一応、できる、とはいえます。でも、プロバイダが、「では開示請求は受け付けられません」と言って開示を拒んだら、それ以上のことはできません。できるのは、裁判所に訴えを起こして、プロバイダ責任制限法に基づく開示命令を裁判所に出してもらうことです。そうなるともっとやっかいな手続きになってしまうでしょう。

したがって、法律には書いていない手続きだけれども、プロバイダの言うことを受け入れて運転免許証を出す方が、実際には話が早い、という結論になります。

プロバイダ責任制限法には、そういった手続きを要求する記述は何もないですね。

ただ、プロバイダを運営している会社などの民間の会社が作った、「プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会」というものが作成した、プロバイダ責任制限法に関する「ガイドライン」というものがあり、その中に、プロバイダ等がとるべき本人確認の手続きがいくつか定められています。その中に、運転免許証のコピーの確認なども一例としてあげられています。

(参考:プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト)
http://www.ispl...続きを読む

Q定年退職者に贈る言葉(四字熟語)

みなさん、こんにちは。
 定年退職者へ贈る言葉として、どのような言葉が
ふさわしいか教えてください。
在職者一同から色紙に記入するので、
出来れば『四字熟語』で簡潔に表したいのです。
勝手いってすみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職後 社会に関わるのであれば
「率先垂範」
第二の人生が未定であれば
「深謀遠慮」
などいかがでしょう

Qプロバイダ関連法で開示された発信者情報の公表について。

プロバイダ関連法で開示された発信者情報の公表について。

インターネット上で脅迫などを受けた際に、
プロバイダー責任制限法に基づき
加害発信者にかかる情報開示請求を行った場合、
被害者は当該情報を基に特定した加害者の住所氏名を
被害を受けたサイト内で公表しても、
民事上の賠償責任を負うことはあっても、
名誉毀損で逮捕されるなどの刑事責任が問われる危険性は
実質上ないと考えても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

刑事責任となる可能性が高いです。

犯罪者の氏名住所を公開する行為は名誉毀損罪に該当します。
例外として、自分や加害者の友人に限定して事実を公開するような場合はその事実を知ることに関して公益性が高いため名誉毀損とはなりません。
しかしサイト内で知らない人にまで公開する行為は公共の利害とは無関係ですから名誉毀損になる、というわけです。

Q未熟者を表す熟語、ことわざを教えてください

若さや、能力のなさ故に思っていることやいいたいことが上手く伝えられない、
経験したこと、今思っていることを表現するのに、言葉の引き出しが見つからないことを熟語や諺で表現できますか。

Aベストアンサー

>未熟者を表す熟語

→若輩、未熟者、青二才、駆け出し、浅学非才
もっとくだけた言い方なら、「洟垂れ小僧ですが」「まだ尻の青い小僧(青二才)ですが」「まだ修行中の身なので」もあるかな。

→未熟者を表すことわざ・・・・・・・思いつきません。井の中の蛙は、ちょっと違うと思います。


>若さや、能力のなさ故に思っていることやいいたいことが上手く伝えられない、

→普通に「上手い言葉が見つかりませんが」「この表現で良いのかわかりませんが」「上手く表現できないのですが」
などではダメなのですか?
よくわかっていない難しい言い回しを使って滑ったら、かえって失礼になると思いますが。ときどき理系の友だちがやらかしますが、容赦なく「意味、わかって使ってる?」と突っ込むと、だいたい撃沈です。その友だちは国立の有名理系大卒ですが、私のみたところ、国語は中学一年生レベルで止まってます(爆笑)

Q発信者情報開示請求への回答について

ネット上の書き込みにより、とある不動産業者より、携帯電話会社を通じて発信者情報開示請求を受けています。先方は社員数100人くらいのわりと大きな仲介業者です。

その発言は「この会社の社員なんて馬鹿ばっかり」といった内容だったんですが(※特に人物の特定はしていない)、多方面に確認したところ、名誉毀損等で起訴に当たるレベルではないというご意見が多勢です。なお、すでに発言は先方もしくは管理者が削除しています。

ただ、いずれにせよ、請求への回答をする必要があります。この場合、どの対応がベストでしょうか?
(1)了承する
(2)了承しない

その行為自体に謝罪心はあるものの、もし全く起訴に当たらないレベルであり、お灸をすえられる名目のものであるならば、了承したことでヘタに影響が大きくなるのも…と思うところです。
また、通知の備考欄に謝罪等の文言を書いて返信するのは意味がありますか?

長文、失礼しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

了承しなくとも、質問者さんがプロバイダである携帯電話会社との契約を行なう際に、
「必要に応じて発信者情報、登録情報を開示します。」
って事に同意しているはずですから、携帯電話会社から相手先への開示は可能です。
そうでなくとも、裁判所からの開示請求や弁護士法に基づく開示請求があれば開示されるでしょうし。


> その行為自体に謝罪心はあるものの、もし全く起訴に当たらないレベルであり、お灸をすえられる名目のものであるならば、了承したことでヘタに影響が大きくなるのも…と思うところです。

どう考えても、当人が開示請求に応じなかったって方が問題が大きくなります。

少なくとも、今回開示請求に応じなかったって事実は「やむを得ず」、
・弁護士法に基づいた開示請求を行うために、弁護士へ相談、依頼する。
・裁判所からの開示命令を行なう訴えを起こす。
せざるを得ないって事の根拠になり、素直に開示請求に応じていれば必要なかった上記のような費用負担がかかったって事で損害賠償請求を行うための理由になり、別途不動産会社の名誉、信頼が毀損したって話での損害賠償請求と一緒にしやすくなります。


普通なら、プロバイダに対して名誉毀損情報の送信停止を請求、削除されてお終いなところ、わざわざ発信者情報の開示請求を行うってのは、争う気満々なのでは。
だとすれば、むしろ「開示に"同意しない"で返答しろ」、もしくは「1週間返答するな」って相手も思ってるのでは、と思いますが。


> また、通知の備考欄に謝罪等の文言を書いて返信するのは意味がありますか?

謝罪は別途行い、記録はしっかり残しておくのが良いです。

了承しなくとも、質問者さんがプロバイダである携帯電話会社との契約を行なう際に、
「必要に応じて発信者情報、登録情報を開示します。」
って事に同意しているはずですから、携帯電話会社から相手先への開示は可能です。
そうでなくとも、裁判所からの開示請求や弁護士法に基づく開示請求があれば開示されるでしょうし。


> その行為自体に謝罪心はあるものの、もし全く起訴に当たらないレベルであり、お灸をすえられる名目のものであるならば、了承したことでヘタに影響が大きくなるのも…と思うところです。

...続きを読む

Q英語の熟語

英語の熟語をお聞きしたくて 投票しました。
高校1年生の者です。
辞書で調べてみても 熟語をみつけることが出来なかったので
よければ教えていただきたいです。

take a look around
catch the moment
plenty of

Aベストアンサー

はい、辞書には載っていない熟語や言い回しなど
たくさんありますね。
単語一つ一つは載っていますからここから見当つけるしかないです。

さて、
take a look around
ですが、「look around」を「take」するんでしょ、
「その辺を見て回る」ことを「やってみろ」といってるんですよね。
さぁそこからは文脈を参考に思いつく言い回しに当てはめるだけです。
なにか捜し物をしているような場面なら
その辺を探して見ろ!だし
よーく見てご覧!だっていいし、
まわりを見てご覧よ(すごい人だかりだよ・・とか)、ということだってあります。

次の
catch the moment ですが、
「moment」を「catch」するんですから
瞬間を捕まえるわけです。
これも文脈から考えて
例えば写真家の話だったらシャッターチャンスの話でその瞬間をとらえることでしょうし、株の話なら売り時、買い時の話でしょう。
いずれにしろその瞬間を捕らえるということですね。

plenty of
は辞書に載ってないですか?
確認してませんが
たくさんの~
という意味です。
plenty of sugar でたくさんのお砂糖という意味です。

はい、辞書には載っていない熟語や言い回しなど
たくさんありますね。
単語一つ一つは載っていますからここから見当つけるしかないです。

さて、
take a look around
ですが、「look around」を「take」するんでしょ、
「その辺を見て回る」ことを「やってみろ」といってるんですよね。
さぁそこからは文脈を参考に思いつく言い回しに当てはめるだけです。
なにか捜し物をしているような場面なら
その辺を探して見ろ!だし
よーく見てご覧!だっていいし、
まわりを見てご覧よ(すごい人だかりだよ・...続きを読む

Q公務執行妨害・威力業務妨害・偽計業務妨害

公営交通職員は地方公務員ですよね、となるならば、公務中に「たとえば市バス運転中」に乗客その他第三者から明らかに違法な業務妨害を受けた場合「公務執行妨害」になるのですか? それとも「威力業務妨害」になるのですか?
ついでにすいませんが「威力業務妨害」と「偽計業務妨害」の違いも素人にわかりやすく教えていただけるとありがたいです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

95条で言う「公務」がいわゆる権力的公務
(たとえば警察や裁判所のように、国民に直接何かを強制できるもの)
に限定されるのかどうかは刑法論での一大論点ですけど、
ここは通説判例の「権力的公務に限定されない」って基準で、
市営バス運転手のバス運転も公務と考えていいでしょう。

また、公務執行妨害罪を定めた刑法95条は、単に公務の執行を妨害することだけじゃなく、
その手段を「暴行又は脅迫」に限定していることに注意が必要です。
従って、暴行、脅迫にならないような方法での妨害は公務執行妨害罪になりません。

で、その場合に業務妨害罪が適用できるかどうかもまた各説ありますが、
平成12年2月17日最高裁決定の判断では
「権力的公務なら不成立、非権力的公務なら成立」とされています。
(権力的公務だと、妨害に対して一定の抵抗が可能だからわざわざ犯罪とする利益がないって論理)

以上をふまえると、

>「たとえば市バス運転中」に乗客その他第三者から明らかに違法な業務妨害を受けた場合「公務執行妨害」になるのですか? それとも「威力業務妨害」になるのですか?

バスの運行についてなら、道路運送法も見ないといけないですが、とりあえずおいといて…。

まず、市営バスの運転という職務は、まぁ公務といえるでしょう。

次に、その妨害の手段が「暴行又は脅迫」にあたるかどうかが1つの基準になります。
暴行又は脅迫でなければ、公務執行妨害罪は不成立です。
逆に公務執行妨害罪が成立する場合は、業務妨害罪や威力業務妨害罪を考える必要はありません。
暴行又は脅迫によらない妨害なら次は偽計業務妨害罪や威力業務妨害罪を考えることになります。
(で、そこまで行かなくても、バス運行の妨害だと道路運送法27条や104条が出てくる)

>ついでにすいませんが「威力業務妨害」と「偽計業務妨害」の違いも素人にわかりやすく教えていただけるとありがたいです。

一般的な説明としては「何らかの実力行使によって、業務をやろうとする人の意思を押さえつける」のが「威力」です。
一方、人を騙したり誘惑したり、人の勘違いや知識不足などを利用するのが「偽計」です。

もう少しぶっちゃけた言い方をすれば(ぶっちゃけすぎかもしれないけど)
「人がきちんと業務をやろうとしている、もしくはそれを業務と思わせて、結果として業務を失敗させる」
のが偽計。
(たとえば売り場の布団に針を混入させる、ライバルの新聞社を妨害するために紛らわしい名前で新聞発行するなど)
「そもそも人にきちんと業務をさせない」のが威力。
(たとえば食堂で怒鳴り散らして騒然とさせる、上司の机の引出しに猫の死骸を入れるなど)

こんな感じでどうでしょ?

95条で言う「公務」がいわゆる権力的公務
(たとえば警察や裁判所のように、国民に直接何かを強制できるもの)
に限定されるのかどうかは刑法論での一大論点ですけど、
ここは通説判例の「権力的公務に限定されない」って基準で、
市営バス運転手のバス運転も公務と考えていいでしょう。

また、公務執行妨害罪を定めた刑法95条は、単に公務の執行を妨害することだけじゃなく、
その手段を「暴行又は脅迫」に限定していることに注意が必要です。
従って、暴行、脅迫にならないような方法での妨害は公務...続きを読む

Q四字熟語と漢字

四字熟語と漢字の良い覚え方とかありませんか?
四字熟語のほうは四字熟語の意味と四字熟語両方です。
おねがいします。

Aベストアンサー

覚えるだけでいいなら、何回も書いて覚えるが一番じゃないでしょうか(。>0<。)

問題集を何回もやるとか・・・。

あんまり勢いよくやろうとしても挫折しますよね↓

口に出して三寒四温~~~~!!とか叫ぶとか読む!!
私も漢検のときは、問題集と叫んでました。

もちろんテレビとか消して勉強ですよ

Qプロバイダ関連法により開示請求した個人情報の公表について。

プロバイダ関連法により開示請求した個人情報の公表について。

当方が当サイトを質問者として利用中に、
回答者の一人が当方の実生活を
不当に脅かす意思を伴う発言を行いました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5818446.html

警察など各種関連機関に相談した結果、
法的手段としては民事訴訟を提起する方法が
現実的であるという結論を得ました。

この場合は、プロバイダ関連法に基づき、
先方にかかる情報開示請求を行うことになりますが、
当方は入手した先方の住所氏名を
当サイト内その他の場において
広く公にすることは出来るのでしょうか?
それとも、開示された情報は訴訟提起の目的に利用が限定され、
むやみに先方の個人情報を公表した場合、
当方が名誉毀損罪に問われる可能性もあるのでしょうか?

弁護士の先生方、回答をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

たぶんご存知だろうが、当サイトは規約で「利用者または第三者の財産、信用、名誉またはプライバシーを侵害する、または侵害のおそれがある行為」を禁止している。
また、

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律
第四条3
第一項の規定により発信者情報の開示を受けた者は、当該発信者情報をみだりに用いて、不当に当該発信者の名誉又は生活の平穏を害する行為をしてはならない。

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律 逐条解説
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2002/pdf/020524_1_a.pdf
<33~34ページ第四条3項解説部分より一部引用>
 この規定に違反しても、直ちに刑事制裁等の対象になるというわけではないが、この規定に従わない情報の用い方をして、発信者に損害が発生した場合には、プライバシー侵害等の不法行為を構成することになり、発信者から責任を追及されることになる。
(中略)
 発信者情報開示請求は、あくまで、特定電気通信上で加害者不明の不法行為が行われた場合に、被害者に加害者を知るための手段を提供し、被害回復を可能にするための制度であるから、開示された情報の用途としては開示請求者の損害賠償請求権の行使等法律上認められた被害回復の措置を探ること以外に考えられない。従って、それ以外の目的で開示された情報を用いて発信者のプライバシー等の利益を侵害した場合には、すべて、不当に関係人の名誉若しくは生活の平穏を害したということになると解される。具体的には、発信者の情報をウェブページ等に掲載したり、発信者に対していやがらせや脅迫等の行為に及んだ場合が考えられる。
<引用終了>

こういうのを読む限りにおいては、止めておいた方が良いのではないかと思う。
(私は法律の専門家ではないのでこれがどの程度意味があるのか判らんが、少なくとも総務省はこういう解釈をしているらしい)


憂さ晴らしとか、ある種の回答者への威嚇とかではなく、本気で法的措置をとりたいのなら、こんなところで質問するのではなく、身銭を切って法律の専門家に直接質問に行く方が良いと思います。
あと、時間が経つと利用者のプロバイダがログを消去して相手が判らなくなる可能性がでてきますから、本当に行動する気があるならお早めに。

参考:プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト( http://www.isplaw.jp/ )

たぶんご存知だろうが、当サイトは規約で「利用者または第三者の財産、信用、名誉またはプライバシーを侵害する、または侵害のおそれがある行為」を禁止している。
また、

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律
第四条3
第一項の規定により発信者情報の開示を受けた者は、当該発信者情報をみだりに用いて、不当に当該発信者の名誉又は生活の平穏を害する行為をしてはならない。

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律 逐条解...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング