粘性の高い液体において,物理的に考えて一番速く泳げるのは次の泳法のうちどれでしょうか?
1.クロール 2.平泳ぎ 3.バタフライ 4.犬かき
また,普通に泳ぐ場合と潜水して泳ぐ場合で答えは違ってくるのでしょうか?
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらお教えください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現在の「水」中での速さは


1.クロール>2.バタフライ>>3.平泳ぎ>>>>>4.犬かきです。
だいぶ前に、理論的にはバタフライがクロールより速くなると言われたことが有ります。
理由は、手足で水を掻く動きが左右対称で力が入りやすく水をつかまえ易い、手足の戻し運動の
抵抗が少ない、体のうねり動作も合理的であると言うことだったと思います。
しかし、今もってクロールを越えられないのは、上下動が激しくクロールを越すのに必要な
エネルギーを人体が供給できないことが原因と考えられます。
この点、クロールは左右ローリング運動ですのでエネルギーロスも少なく合理的です。
バタフライもノーブレッシングで泳ぐとその時は上下動が小さくなり、ふわーと浮いた感じで
滑るように進みます。ただ息が続きません。

さて粘性の高い液体で泳いだ場合どうなるかですが、液体を掻くにはより大きな力が必要で
片手片足ずつよりは両手両足で同時に掻くバタフライ様式が利点は有ると思われます。
しかし、高粘性のために抵抗も増え、必要なエネルギーも増加します。
ただでさえも、エネルギーロスの大きいバタフライはこの点では不利になります。
ただ、粘性がかなり高いと上下動はあるていど抑制される可能性もあります。
クロールにはそれ程の変化は無いのではと思います。抵抗の増加は同じです。
つまり、体が十分なエネルギーを供給できればバタフライが有利になり、速くなる可能性が有ると考えます。

平泳ぎと犬かきは問題外です。しかし、潜水となるとクロールもバタフライも前に進むことが難しくなるので。
平泳ぎ>バタフライ(手はゆっくり前に、バサロキック方式で)>クロール=犬かきでしょうか。

なんかTVバラエティー番組で実験をやって貰いたいテーマです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
興味深く回答を読ませていただきました。
粘性の高い液体においては両手両足で同時に掻くバタフライが推進力を得やすいのですね。
なので、単純に速さで考えるとバタフライが優秀ということになりますが、効率(エネルギーロス)の面も考えると決してそうではないようですね。

一方、潜水では平泳ぎが速いようですね。これは普通の水の中でも同じでしょうか?

お礼日時:2009/06/02 21:30

競泳、クロール、バタフライと背泳(平泳ぎは苦手)、をやっていたという経験から


考えてみました。

バタフライは両手で水を掴んで掻ききる時に入る力の感触からそう感じます。
クロールに較べ水中で大きく上下しているのは泳いでいても良く分かります。
バタフライでは両手は水上で前に持ってゆきますが、疲れてばててくると水面をかする
ようになります。こうなると前に進みません。それで潜水では進まないだろうと考えました。
クロールも似たようなモノです。これに対し、平泳ぎは潜水泳法の方が速い訳ですから。

粘性が高いと平泳ぎも手を前に突き出すとき、脚を引き戻すときにより大きな抵抗を
受けるわけです。しかし、抵抗を受けるときの動作はゆっくり、掻きと蹴りの時には
速くすればより高い粘性のメリットを活用できるのではと思います。

話が変わりますが、風の谷のナウシカの話は地球ではない地球と似た星での話と考えています。
あんな不格好なグライダーや飛行艇が軽々と飛べるのは、大気の粘性の高い星なら可能だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びの回答ありがとうございます.
私は泳ぎがあまり得意ではないので今まではイメージしにくかったのですが,今回実体験の話を聞いてよくわかりました.

「風の谷のナウシカ」が粘性の高い大気を設定していたのは知りませんでした.また見てみたくなりました.

お礼日時:2009/06/05 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダンゴムシは害虫ですか?駆除した方がよいですか?

ガーデニングをしているときに、ダンゴムシが時々出てきます。
葉を食べる芋虫やナメクジは退治していますが、ダンゴムシが害虫かどうかわからないので駆除したものかどうか決めかねています。
ちょっと調べてみたのですが、「落ち葉などを分解する益虫」という意見もあれば「作物を食べる害虫」という意見もあります。
うちは野菜はほとんど植えておらず、花と木がメインの庭です。
ダンゴムシがよいことをする方が多いならそのままにしておこうと思うのですが、それ以上に害を及ぼすのであれば駆除しようかと思います。
ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%82%B7
数によるのでは
地面で這っているうちはよいですが。
植木鉢などで数が多い時は減らします。
枯葉を貯めて腐葉土を作る方に移し変えたり。

Q仮に水中でシロナガスクジラ(体長30m,体重190t,泳ぐ速度50km/h)に衝突されたらどれ程の衝

仮に水中でシロナガスクジラ(体長30m,体重190t,泳ぐ速度50km/h)に衝突されたらどれ程の衝撃が加わりますか。できれば計算式と共に回答お願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
ダラダラ試算を書きましたが、「類似例」で示せばよかったのですね。

「水中」であることを無視すれば、50 km/h ≒ 14 m/s なので、「約10mの高さから自由落下させて、地面と衝突する」ときと同等です。
「クジラの頭に、10mの高さから落ちたときの衝撃」と言えばよさそうです。

「クジラの頭の弾力性」がよく分かりませんが、コンクリートの床のような硬さなら大怪我(うちどころが悪ければ死亡)、ソファやクッションのような衝撃吸収ができれば無傷もしくは軽傷でしょう。
陸上競技の棒高跳びでは、5m程度の高さから落ちて当然無傷です。

(計算式)
加速度:重力加速度 g=9.8 (m/s²)  (1)
t 秒後の速度:V = g*t (m/s)(t=0 での初速度をゼロとする)  (2)
t 秒後の落下距離:y = (1/2)g*t² (m)(t=0 での初期位置をゼロとする)  (3)

V = 14 (m/s) となる時刻は、(2)より
  14 = 9.8 * t
より
  t ≒ 1.43 (s)
この時間に落下する高さは、(3)より
  y = (1/2) * 9.8 * (1.43)² ≒ 10 (m)

従って、高さ 10 m から自由落下させると、地面と 14 m/s = 50 km/h の速度で衝突する。

No.2です。
ダラダラ試算を書きましたが、「類似例」で示せばよかったのですね。

「水中」であることを無視すれば、50 km/h ≒ 14 m/s なので、「約10mの高さから自由落下させて、地面と衝突する」ときと同等です。
「クジラの頭に、10mの高さから落ちたときの衝撃」と言えばよさそうです。

「クジラの頭の弾力性」がよく分かりませんが、コンクリートの床のような硬さなら大怪我(うちどころが悪ければ死亡)、ソファやクッションのような衝撃吸収ができれば無傷もしくは軽傷でしょう。
陸上競技の棒高跳びで...続きを読む

Qダンゴムシを退治したい!

庭にダンゴムシが大量にいます。
先日、植えたばかりの豆を、よってたかって食べている現場を目撃してしまいました。

駆除したいのですが、食用の作物が多いので、駆除剤などの薬品類はできれば使いたくありません。

自然のモノを利用してヤツらを退治できる方法があれば、ぜひ教えてください。
なければ、なるべく人体や作物に影響のない駆除剤を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ずばり!木作酢をばら撒きましょう!霧吹き等がいいと思います。

Q粘性と粘性減衰係数の関係について

粘性と粘性減衰係数の関係について
流体の粘性から粘性減衰係数を求める式というのは存在するのでしょうか?
あるならば教えていただければ幸いです。
さらに参考となるサイトのURLを載せていただければ尚ありがたいです。

Aベストアンサー

[参考サイト]
(1) http://homepage3.nifty.com/skomo/f27/hp27_6.htm
(2) http://www.jsme.or.jp/monograph/dmc/1998/100/121.PDF
あたりでどうでしょう。
文献(2)は,#3の式をもっとも初歩的な式として紹介した上で,乱流の場合など詳細に検討しています。学会発表なので信頼できそうです。

Qダンゴムシのような虫

大きさは1cmぐらいですがダンゴムシのように背中にすじがある虫を家の中で見かけました。ダンゴムシみたいに丸くなくて平べったい感じです。
お風呂場、押入れ、部屋あらゆる所で見かけてとても気持ち悪いです。害虫で検索してもどれも違うみたいで・・。もしこのような虫をご存知の方いらっしゃったら教えて下さい。どのような害があるか、又は駆除の方法など。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゴキブリの幼虫ではないでしょうか。

ゴキブリの幼虫は羽が無く、皆がよく知っているスタイルとは少し違い、ゴキブリとわからないで見かけてもそのままにしている人がいるようです。

下記サイトにいろいろな種類の写真が載っていますが皆羽が無く団子虫の様にも見えます。

駆除薬はたくさん売っていますのでお店で相談されてはいかがかと思います。
また、ゴキブリで無いにしても、バルサンの様な薬剤なら大抵の害虫は駆除できます。(ゴキブリは意外としぶといですが・・・)

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/dentan/other/roach_ham.html

Q気体の粘性と水の粘性

「気体の粘性率は一般に温度とともに上昇する」というのは、気体分子の熱運動が温度とともに激しくなり気体分子間の相互作用が大きくなるためであるということはわかるのですが、水の場合はなぜ温度とともに粘性率が減少するのですか?分子間力と水の密度になにか関係があるのでしょうか?教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

水の粘性の温度変化は実感するのが難しいです。でも熱い天ぷら油と冷えた天ぷら油とでは明らかに違います。熱い方がサラサラしています。温度が上がると分子の絡み合いが解けて動きやすくなっていると考えていいでしょう。当然密度は小さくなっています。
他の液体でも分子間の距離が大きくなり、分子の絡み合いが小さくなって流れやすくなっていると思います。
水の場合はクラスター構造が壊れていく効果も入っていると思います。
温度を上げることによって徐々に沸点に近づいていくと考えると分子間の結びつきが徐々に弱くなっていくというのは一般的に言えることではないでしょうか。その意味では気体の方が考えにくいと思うのですが。

Qキュウリを食べるダンゴムシ

家の花壇にキュウリを植えています。3本の支柱で上部を束ねて,つたわせるようにしていて,下には乾燥防止にわらを敷いています。5月下旬に植えたので,やっと初めの1本を収穫したところです。毎日成長を楽しみにしているのですが,最近ダンゴムシが増えてきて小さなキュウリを食べているようです。赤ちゃんダンゴムシも多く見られます。
どのように駆除したらいいでしょうか?
木酢液を週1回撒いているのですが,量が少ないのでしょうか?
わらの中に落ち葉が少なからず混ざっているのが良くないのでしょうか?落ち葉を取り除き,わらにするだけでも効果がありますか?
ご示唆下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デナポンという誘因剤が売られています。
私も使っているのですが粒状の薬です。
これを置いておくと誘われて食べて死んでくれるのです。
かなり効果があります。
ただ、私の家ではダンゴムシが多いので大量死して白くなっているので見た目は悪いです(^.^)。
ただこの薬は雨に弱い欠点があります。
あと、ホウレンソウに薬害があります。
薬を置いた上にプリンの容器などの側面穴をあけた物を乗せるなどの工夫すれば雨や拡散対策になります。
更に紙コップの底面5mmぐらいのところで切り取りその上に薬を乗せそれを土に埋め込みその上にプリン容器などのカバーをすれば薬が地面に入らないのでホウレンソウ対策に効果があります。
この薬は少々離れていても食べに来てくれるので花壇のまわりに置いても効果が得られるでしょう。
ネキリムシにも効果があり、ゲシゲジやヤスデも死んでくれます。
効果には書かれていないのですがムカデもたまにお亡くなりになってます(^.^)

Q粘性係数と動粘性係数の違いは?

粘性係数を密度で割ったものが動粘性係数になることは分かりますが,その物理的意味が分かりません.
たとえば,
(1)粘性係数が大,動粘性係数も大,
(2)両方とも小
(3)粘性係数が小,動粘性係数は大
(4)粘性係数が大,動粘性係数は小
という物性値の物質があると思うのですが,
それらの流れやすさや流れ方などが,どう違ってくるのかを教えて頂きたいです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

ご明察のとおり、動粘性係数は、粘性係数を密度で割ったものに過ぎませんので、これらだけを比較しても、あまり意味はありません。しかし、流れを扱う流体力学では、動粘性係数がよく使われます。流体力学では、レイノルズ数と言って、長さ×速度÷動粘性係数で表される、無次元数があります。このレイノルズ数こそは、本当に物理的な意味があります。たとえば、円管内の流れの様子は、レイノルズ数が同じなら同じになります。

Q引越し予定の賃貸物件に大量のダンゴムシの死骸

はじめまして。よろしくお願いします。

今回引っ越しをすることになりまして、物件が決まったのですが、内覧の際に家の中にダンゴムシの死骸がたくさんありました(40匹くらいはいたような)。
築40年の戸建を大幅リフォームした物件です。

そのときあった死骸は、不動産会社の方が処理してくれました。
生きているものはいなかったのですが、もうほぼ借りることが決定していたため、不動産会社の方の許可を得て、バルサンを焚きました。

その後私は遠方の自宅に戻り、不動産会社の方がバルサンを撤去に行ってくれたのですが、さらに10数匹のダンゴムシの死骸と、ゴキブリの死骸2、3匹が出てきたそうです。

もう審査も通って借りることは決まってしまったのですが、これは住み始めてからも家の中に大量のダンゴムシが侵入してしまうということなのでしょうか?
もしそうであれば、よい駆除方法など教えていただけないでしょうか。

引越しを間近に控え、本当に困っています。どなたかお知恵をお貸しください!

Aベストアンサー

ダンゴムシは湿気のあるところを好みます。多分、庭に発生したダンゴムシが家に侵入してきたものと思われます。
まず、庭にダンゴムシが発生しているか確認してください。ダンゴムシは庭では夏場しか繁殖しませんが、暖かい部屋であれば年中生息します。一刻も早く退冶する必要があります。ダンゴムシの退冶には一般の園芸用の殺虫剤でもいいですが、私は「マラソン」という殺虫液が安く、水で500倍~1000倍程度に薄めて直接噴霧器で散布しますと殆ど死滅します。同時にダンゴムシが侵入してくる通路があるはずです。多分床下からと思われますが、出来ればその通り道にも散布しておけば自然にいなくなると考えます。要するに建物の周りの排水をよくして、湿気を取り除くことが必須です。また、建物内に水漏れがないか、確認してください。ゴキブリも同様に侵入口をふさぎ、窓枠の隙間を閉鎖すれば入ってこない。

Q『構造粘性』とは何でしょうか?粘性にも色々あるのでしょうか?

『構造粘性』ということばを聞いたのですがどのような原理で(?)出てくる粘性なのでしょうか?

粘性にも色々あるのでしょうか?

言葉は平易で十分結構ですので
どなたかレオロジーに知見のあるかたご教授下さい

Aベストアンサー

弾性体の変形挙動がフックの法則で表される様に、流体の流動挙動は
ニュートンの粘度式、粘度=ずり応力/剪断速度=一定、で表されます。

水や粘性の小さな溶液は近似的にニュートン流動を示しますが、
コロイド溶液やポリマー濃厚溶液では粘度が剪断速度の関数となり、
一定とはならず、剪断速度の増加と共に減少することが多くなります。
この現象を構造粘性( structural viscosity ) と言い、Ostwaldが提唱
した言葉と言われています。

コロイド溶液やポリマー濃厚溶液等の複雑な体系の中には構成粒子や
分子間の相互作用によりある種のセミマクロな構造ができています。
この構造に外部からずり応力等の刺激が加わると、初期の段階では
構造が応力を支えるため剪断速度の変化は僅かです。しかし、ある
応力以上でこの構造が壊されると粘度は剪断速度の増大と共に減少
します。

ある種のコロイド溶液では剪断速度と共に逆に粘度が上昇し、逆構造
粘性またはダイラタンシー( dilatancy ) と呼ばれることが有ります。

ダイラタンシーに付いては下記のQ&Aを参照ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4834450.html

弾性体の変形挙動がフックの法則で表される様に、流体の流動挙動は
ニュートンの粘度式、粘度=ずり応力/剪断速度=一定、で表されます。

水や粘性の小さな溶液は近似的にニュートン流動を示しますが、
コロイド溶液やポリマー濃厚溶液では粘度が剪断速度の関数となり、
一定とはならず、剪断速度の増加と共に減少することが多くなります。
この現象を構造粘性( structural viscosity ) と言い、Ostwaldが提唱
した言葉と言われています。

コロイド溶液やポリマー濃厚溶液等の複雑な体系の中には構成粒...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報