これまでの通勤手当は会社が算出した『自宅最寄り駅から勤務地までの再安値の交通機関』の
半年定期の代金が支給されており、定期代は決まった価格なので、特に領収書等の提出はありませんでしたが、規定が変わり、次回から定期券のコピーを提出することになりました。
実は数年前から、父の友人がその私鉄会社の株主優待券を定期代より少し安い金額で譲り受け、
利用していたのですが、会社に不利益を与えているわけではないし通勤ルートも同じため、特に届け出はしてませんでした。
今回規定が変わったので正直に現状を説明し「今後もできれば株主券を利用したいが、どうすればよいか?」と尋ねたところ、
「通勤にかかった金額を会社認定経路の金額を上限として支給します。
 購入しているのなら購入先の方より領収書をもらってほしいとお伝えください。
 領収書には日付、販売者の住所・名前・捺印・品名(○○電鉄 株主優待パス代として)
 などわかるように記載してください。これで通勤費の信憑書類とします。」
との回答でした。
これについては納得できますが、さらに、
「1.無償で譲渡された場合は通勤費支給せず給与明細にも記載しません。
 2.定期の範囲内で訪問できる業務交通費は会社に請求せず、あくまで実際かかった金額のみ請求してください」
と連絡がありました。
1.の条件だと、もし仮に自分自身や親兄弟が株主で無償で券が入手できた場合は、会社は通勤費を払わない、ということになります。
これっておかしくないでしょうか?
2.の条件だと、例えば業務上で会社が認めた通勤ルート以外の区間を利用した場合、交通費を支給しないということです。確かに自分自身が損をするわけではないのですが、株主券の利用は、会社が提供してくれた状況ではなく個人の裁量で手に入れたものです。
証明できるものはありませんが、株主券を提供してくれる方は私もよく知っている方で、お世話になっているので、何かの折にはおみやげやちょっとしたお礼を渡したりもします。
そうした個人で築き上げた人間関係の結果で入手できたいるものなのに、がめつく上げ足を取るようなコメントばかり。
株主券の方が定期代より万単位で安く、会社にとっては私が独自ルートでその券を利用することで経費削減になり、喜ばれてもいいはずなのに、そのあたりに関するコメントは一切ありません。
それどころか、領収書に中に収入印紙が必要ですが、父の友人から好意で譲っていただいてるので印紙
は用意して欲しいと訴えたところ、自分で用意しろと言われました。
通勤手当が法律上、必ずしも支給を義務付けているものではないのは分かりますが、どうしても腑に落ちません。
何か、会社に通勤手当の条件の変更・緩和を訴える手だてはないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>今回の変更は「会社が労働者と協議の上に決定した」わけではありません。

ある日突然通知がきました。

上記が、”コピーの提出を義務付けた”事を指しているのであれば、会社の裁量権
の範囲内であると思われます。
(定期券で不正をしていないかかを調査しているのですから、正当な権利であ
 ろうと思われます)
本件ならば、改めて労働者と協議しなければならない事項にはあたらないと
思われます。
(既に組合等と協議済みかもしれませんが)

>通勤費では全く得にはなってないです。印紙は自分で用意するつもりなので(知人に申し訳ないので)むしろその分マイナスです。

定期券のコピーの提出が必要ないのであれば、今までは得になっていたのでは
ないですか?
(>定期代は決まった価格なので、特に領収書等の提出はありませんでした:参照)
会社は、会社が呈示した区間の定期券は実費支給してくれますので、損をして
まで株主優待券にて通勤する必要はありません。
(会社はそれを望んでいません)

>自分には通勤ルート内の移動だから、と指定券や特急券の代金は支給されませんでした。

本件は詳しく分かりませんが、一般論で回答すれば
定期券として支給されているのは、”運賃”部分だけです。
他の人に、指定券と特急券が実費支給されているのであれば、運賃以外の部分
は質問者さんにも支給されて然るべきと思われます。
(定期券の範囲内の運賃は支給しないが正当であろうと思われます)

>1.の条件だと、もし仮に自分自身や親兄弟が株主で無償で券が入手できた場合は、会社は通勤費を払わない、ということになります。
これは論点がずれています。
御社は労働者が出社するための手段を社員全員に対して与えています。
その手段として、会社指定の経路の定期券代を支給しています。これは社員
に実費支給しているのですから、社員に対して利益の供与をしていませんか
ら通勤交通費(所得税の非課税)とする事ができるのです。
これに対し、株主優待券を利用して通勤できるにも関わらず、出社する為の
費用を当該社員に支給すれば利益の供与もしくは通常の給与と見なされます
ので所得税の課税となります。
つまり、株主優待券の有無に関わらず会社指定経路の定期券を購入した実費
を会社が補填するのであれば、通勤交通費(所得税の非課税)となるのです。
実費が発生していないのに、通勤交通費は支給できません。

>領収書に中に収入印紙が必要ですが、父の友人から好意で譲っていただいてるので印紙

印紙に関しましては、印紙税法の規定を鑑み金銭を受領した人(領収書を作成)
が納付(貼付)すべきものです。
質問者さんは、お金を払って当該株主優待券を購入しているのであれば、領収
書の発行者は質問者さんではありませんから印紙貼付の根拠が不明です。
又、仮に質問者さんが印紙貼付(印紙税納付)の義務があったとしても、会社
が印紙代相当を実費支給する根拠は無いと思われます。
(会社が必要としていない株主優待券を得る付帯費用まで会社が負担しても
 会社は当該金額を通勤交通費(源泉所得税非課税)として支給できません。
 源泉所得税の課税対象として支給するする事になります)

>会社に通勤手当の条件の変更・緩和を訴える手だてはないでしょうか?

会社の行為は正当だと思われますので、一般的に考えて質問者さんの意見を
受け入れる可能性は限りなくゼロに近いと思われます。

<参考:定期券の払い戻し>
定期券購入後に、定期券の購入間違いに気がついたのであれば下記の方法で払
い戻しを受けて下さい。
(一旦購入していますから、その間の所有権は質問者さんにあります。正規の
 所有権ですからその間に何をしても構いません)

JRの場合、間違って定期券を購入した場合は、定期券購入後3日以内は
 払戻額=定期券発売額-(経過した日数×往復普通運賃)-手数料210円
で払い戻しができます。(詳細は以下参照)
http://www.jreast.co.jp/kippu/22.html
他の公共交通機関も、何らかの措置があります)

上記はあくまで、定期券の払い戻し方法を説明している事を申し添えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事細かにありがとうございました。
ただ少なくとも業務上で、会社や皆さんが思うように通勤費では本当に得をしてるわけではないのです(休日にこの券があって便利だったことはあります。でも定期券も所有してれば休日に出かけるのにも使えて便利なので同じです)。
「定期券のコピーの提出が必要ないのであれば、今までは得になっていたのではないか?」と会社側も思ったのかもしれません。しかし業務上で通勤ルートと同じ路線で出かける機会は一年に数回程度です。少ない時は、半年間一度もありません。逆に、電車がなんらかの事故で止まり、他社路線に振り替え切符が発行される場合、株主券は振り替えをしてもらえず実費で乗るしかありません(通勤距離が長いので片道で軽く1000円を超えます)。半年の間に必ず一度や二度、下手をすればもっとあります。
にも関わらず、確認もなく、あたかも「今まで得してたんだろう?」と決め付けたような扱いだったので、皆さんが言われる通り会社の言うことが正当であっても、素直には承服しかねるところがありました。
印紙については定期券にしても株主券しても10万円を越える金額のため張るように言われました。商売でなくても印紙は金銭を受領した人が払うのは確かにそうなのでしょうね。。。自分で負担するつもりですけど。
1.の条件のもし自分や親が株主だった場合については、心情的には納得できないのが本音ですが、理論的には納得せざるを得ないと分かりました。
通勤ルート内の移動での指定券や特急券が支給されなかったのは、実際にはそれほど外出の機会もないのでかなり前の話なのですが、もし今後同じことがあったら、もう一度支給して欲しいを言ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 23:12

最初の質問文で


>私鉄会社の株主優待券を定期代より少し安い金額で譲り受け…
と書かれている部分と
>株主券の方が定期代より万単位で安く…
と書かれている部分とがあり、よく分からなかったのですが、

有償で譲り受けている物は私鉄の株主優待全線パスですか?
そして、今まで通勤時以外の社用で利用した場合には乗車区間の
普通乗車券分を旅費交通費として会社に請求していた、とか?

通勤費に固執する理由がわからないので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。論点がずれているといわれそうですが他にもいろいろとあり、そんなに得をしてるように言われたくないという思いが強かったのですが、半分勢いで書いてしまったと後でちょっと後悔しましたが消せないので…。>株主券の方が定期代より万単位で安く…半年の定期券との差額(勢いで大げさに万単位と書いてしまいましたが実質1万強)だけなら確かに得ということになりますので、「通勤費では得になってない」は大きな間違いですよね、申し訳りませんでした。単純にこの差額だけならそうですが、通勤費・交通費面以外のことも考えたら、業務してる上で自分自身が得した実感は本当になく、むしろ逆のことも多々あったので、通勤費のことだけ取り上げて「得でしょ」と言われたことが納得できず、そういう言い方をされたことで腑に落ちない、と思ってしまいました。会社からpet777様が最初に書いていただいたような説明もなかったですし、説明の上で言われたらその面だけなら確かにその通りだと思いました。が、下に書いたような振り替え分は実費だったりもありますが、どちらかと言うと他のこともいろいろあるから、そうしたことも考えたら、確かに通勤費面だけいえば得なのかもしれないけどそうは思ってなかったというか、他のことも考えるとこの分があるから他の面が多少緩和されてなんとかなってる、と思ってたかもしれません。通勤費に固執したつもりはなかったのですが、そう思われても仕方ない文章でした。すみません。

お礼日時:2009/05/29 06:43

> 何か、会社に通勤手当の条件の変更・緩和を訴える手だてはないでしょうか?



会社にもメリットのあることを強調なさってみてはいかがでしょうか。具体的内容については、従業員の皆さんでアイディアを出し合うなどなさってみてはいかがでしょう。

細かい論点のうち、「指定券や特急券の代金」については、それが業務上必要なものであったのならば、会社負担となるべきものです。仮にそうであったのなら、会社の対応が誤りだといえます。

印紙代については、印紙税法上の納税義務者と、印紙を用意しまたは印紙代を負担する負担者とは一致しなくて構いません。そのため、shun101010さんが印紙を用意なさってもまったく構いません。ただ、本当に印紙が必要な取引なのでしょうか?営業に関しない取引、したがって印紙不要な取引のようにも思うのですが、ご確認いただけますでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
通勤ルート内の移動での指定券や特急券が支給されなかったのは、実際にはそれほど外出の機会もないのでかなり前の話なのですが、その頃は続けて何回かありました。同行した同僚にも「この指定券代は自分は支給してもらえない」と愚痴ったこともあります。もし今後同じことがあったら、もう一度支給して欲しいを言ってみます。
印紙については定期券にしても株主券しても10万円を越える金額のため、領収書に必要だから忘れずに張るように言われました。確か鉄道会社で購入すれば、その会社が印紙を貼って領収書を発行するので理由は分かるのです。でもダメ元で「個人の方からなので会社から支給は無理か」尋ねたその回答のされ方が、あまり気分のいい言い方ではなかったのです。
>会社にもメリットのあることを強調… は、とてもありがたいアドバイスでありチャレンジしてみたい気はしますが、また一方的に「不当に利益を得ようとして売るのではないか?」的な言われ方をするのでは?という不安の方が大きく、正直訴える自信がありません。こちらからアドバイスを求めたのに申し訳ないです。
経営者側のご意見が多い中、ok2007様のご意見は嬉しかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2009/05/28 23:25

会社が通勤費を出すことで社員が金銭的に得をしているので


あれば、それは通勤費では無いです。

この回答への補足

質問した者です。すみません、書き方が悪かったです。説明不足でした。
通勤費では全く得にはなってないです。印紙は自分で用意するつもりなので(知人に申し訳ないので)むしろその分マイナスです。
業務上の交通費ですが、質問したような状況は過去に数回ありましたが、逆に損をしたこともありました。
業務上で他の社員と通勤ルートで指定券や特急券を利用した際に、他の社員には乗車券以外に指定券や特急券の代金も支払われましたが、自分には通勤ルート内の移動だから、と指定券や特急券の代金は支給されませんでした。
そうしたこともあったので、今回の2.のような条件が素直に受け入れられませんでした。
それさえクリアされたら「通勤費を出すことで社員が金銭的に得をしているのであれば、それは通勤費では無いです」というアドバイスはよく分かります。
ありがとうございましたm(_ _)m

補足日時:2009/05/28 17:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、お礼としてコメントするつもりが補足に入れてしまってました。改めて、ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 23:27

あなたが腑に落ちないだけで、会社は、会社が労働者と協議の上に決定した規定を遵守しているだけで、それ以外の何者でもないのです。


つまり、想定していない通勤費の対応手段が不明と言うことです。もっと砕いた言い方をしますと、規則は規則だ・・で、終わりなんです。

公共交通機関の最短コースを利用するのが一般的な交通費支給基準です。あなたが株主優待券を使用するのは勝手ですが、支給されるのは実費ですから、その証拠となる定期券コピーの提出を求めているだけです。
さらに、実費支給の規定があれば、あなたが無償で入手した優待券のようなものでも、領収書でも添付されれば支給はされます。

会社は、損得で判断してるのじゃないのです。税務処理のためのものだけです。

交通費は、実費支給を賃金規定で決定されている以上、変更は、労使双方の合意が無ければ、簡単に変更できません。あなた個人だけが、優待券をお使いだから不満も出たんでしょうが、他の方から不満が出なければ改定なんてされないでしょうから、優待券など返上することです。

ルールを守らないで、勝手なことをしてる。そんな風に見られてると思いますよ。

この回答への補足

規則は規則、は分かります。そういう回答がくるのではとも思いました。
今回の変更は「会社が労働者と協議の上に決定した」わけではありません。ある日突然通知がきました。
自分以外からも株主券の利用についてや別の通勤ルートを認めて欲しいなどの問合せはあったようです。
誰も悪意をもってそれを訴えているわけではありません。
変更自体に異論があるわけではなく、押さえつけるような言い方をするだけではなく、もう少し柔軟に対応できないか?と思うのです。
記載しましたが、通勤手当は支給しなくても違法にならないことも知ってますので、下手にクレームを付けて、今の時代にこんなことで「ルールを守らないで、勝手なことをしてる」と思われて心象悪くしたくないですから。
おっしゃる通り、無償で入手したものでも領収書を添付すれば支給はされるようですね。そんなことする気はないですが。後ろめたいことしてびくびくするのは嫌ですから。

補足日時:2009/05/28 17:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q究極の株主優待を教えてください。

珍しい株主優待。一風変わった株主優待。楽しい株主優待。面白い株主優待。

株主優待はいろんな観点でみると楽しいので興味があります。

株主優待は上場会社,非上場会社が発行していて種類が豊富です。

生活に密着していて持っているだけでとてもお得な究極の株主優待を探しています。
取得費用が安ければいうことはありません。

究極の株主優待は,たもかくが発行している株主優待かもしれないと思っています。
株主は,会社に会社発行の新規株式(8万円),または発行済み株式(3万円前後)のどちらかを申し込むことによって買うことができます。
株主優待は,40万坪を越える敷地を自分の庭のように使える権利(山菜,キノコ採取可能)等があり,取得金額からみると究極の株主優待といってよいのではないかと思います。
会社からの情報は,まぐまぐの週刊たもかくでだされています。

他にも究極といえる株主優待の情報がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

新潟県の会社に多いのが新潟米ですね。株数で3~5kg貰えます。
これは1社保有だとトクしませんがイロイロ持つ事で株主優待米生活も可能です。電鉄株は全線定期を貰える迄買うのが大変です。

Q住宅手当・通勤手当・家族手当・その他諸手当

タイトルの手当てに関して、正規の計算法や決まりはあるのでしょうか?
例えば○○円だったら安いとか、○○円だったら高いのような

企業によって金額は全然違うと思うのですが、経営側で定額で決めちゃっても労働基準等に問題が生じることはありませんか?

Aベストアンサー

決まりや正規の計算方法などはありません。
支払わなくてはいけないものではありませんので、会社が勝手に決めていいです。
労働基準法などの問題は基本的にはありません。
(一度支給したものをいきなり止めるというのは問題になります)

労政時報などの統計でいいますと、支給している場合はだいたい以下が平均のような感じです。
・家族手当:配偶者10,000~15,000円、子供1人あたり5,000~6,000円
・住宅手当:15,000円~20,000円
通勤手当は公共機関を利用した場合の実費がほとんどでしょうね。
その他の手当てで多いのは、特殊(危険)勤務手当、食事手当、寒冷地手当、単身赴任手当などなど様々ですね。

金額は勝手に決めていいのですが、税務上や給与計算上でいくつか気をつけなければいけない点があります。

給与計算で言いますと、家族手当、通勤手当、住宅手当は原則として割増賃金の基礎から省けますが、例えば家族手当をちゃんと家族構成に合わせて支給していない場合や、通勤手当を実費相当以上に支払っている場合などは、割増賃金の基礎に含めなくてはならなくなります。
割増賃金の基礎とは、残業代計算の元となる単価ということですので、下手な支給方法だと、残業単価も上がってしまうということです。
社会保険の標準報酬月額は無条件で上がりますから、社会保険料は会社、個人ともに負担増になります。

税務の点で言えば、例えば通勤交通費は、普通の公共機関利用なら月10万円までは所得税が非課税ですが、実費以上に払っていたりしたら所得税がかかってしまったりします。
「通勤手当という名をかりて課税しないで利益を供与している」と税務署が見ることもあるという意味です。
あとから否認されると、それはもう大変です。

まぁ、この辺の税務とか給与の問題はここでは書ききれないので、それなりの人からアドバイスもらったほうがいいでしょうね。

決まりや正規の計算方法などはありません。
支払わなくてはいけないものではありませんので、会社が勝手に決めていいです。
労働基準法などの問題は基本的にはありません。
(一度支給したものをいきなり止めるというのは問題になります)

労政時報などの統計でいいますと、支給している場合はだいたい以下が平均のような感じです。
・家族手当:配偶者10,000~15,000円、子供1人あたり5,000~6,000円
・住宅手当:15,000円~20,000円
通勤手当は公共機関を利用した場合の実費がほとんどでしょうね。
...続きを読む

QANA株主優待券買取について

11月からの、ANA株主優待券の買取について質問です。
5月下旬に発行された株主優待券は(有効期限が6/1~2012/5/31)、11月に入っても現在と大差ない価格(8000~9000円台)で買い取ってもらえるでしょうか?
買取してくれる店舗に何軒か問い合わせをしてみましたが「日々変動は有り得ます」といった紋切り型の回答で参考意見程度にしかなりませんでした。

今年から有効期限が変わったことと、11月は下旬に新しい優待券が発行されるので
月またぎで手持ちの優待券の価格が大幅下落するのでは?と考えているのですが
詳しい方、是非教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

年末年始に需要があるので、そんなに大差はないと思います。
ヤフオク等で売った方が高く売れると思いますが。

Q通勤手当での定期券購入について

私の会社では通勤手当として1カ月分の定期券代が後払いで毎月の給料と一緒に振り込まれています。

現在毎月購入していますが、定期券は3カ月、6カ月分を購入すると毎月購入するよりも割安になるとのことなのでまとめて買うことを検討中です。
そこで疑問に思ったことなのですが、長期定期券を購入した場合の割引された分は会社に返却しなければ不正になるのでしょうか?
また、もし返却するのであれば、何時するべきなのでしょうか?

数カ月分の高額な定期代を自分で立て替えて購入しなければならないのと紛失するリスク等を考えると、差額の返却義務があるのなら長期定期券を買うメリットがないので1カ月ごとに定期券を買っていた方が良いように思えます。

通勤手当についての具体的な規定は今のところありません。
通勤手当の使い方についてどなたか詳しい方がいらっしゃいましたらご回答お願い致します。

Aベストアンサー

規定がなければどういう運用方法をとっても
基本的には本人の自由なんですけど、

1か月ずつ渡している。ということは、
それだけの自由度を会社が担保している
ともいえるわけで、

たとえば、6カ月定期を買って1か月もしないうちに、
転勤が決まっても、解約やそれにかかる費用は
自己責任となりますよね。

Q株主優待、高配当狙いで

3月の権利落ち日は3/28です。
株主優待、高配当狙いで高配当、高株主優待銘柄は28日までに買いが増えて値上がりしていくものなのでしょうか?
逆に29日になると売りが増えて下落していくものなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その傾向はありますね。
G20も無難に終わったこともあり、
高配当株に限らず、日経平均など
全体的に上げ相場となるでしょう。

円高気味なのが多少気になりますが、
1週間は上げ、3/29からは多少下げ
の傾向はあるでしょうね。

私的には配当落ちで買い増しが、
私の定石になってます。

Q自動車通勤の場合の通勤手当

自分の自動車で通勤する従業員への通勤手当の計算は、どうするのが合理的でしょうか?
自動車にかかる原価は、ガソリン代以外にも計算し始めると、オイル・タイヤ・その他各種消耗品、更には車体の減価償却費まで及びますが、普通どの辺までを考慮して出しておられるのでしょうか?
お教え下さい。

Aベストアンサー

当社では、
 2000CC以上
 1000CC~2000CC
 1000CC未満
の三種類の区分に、区分別係数を乗算します。

 2000CC以上の場合、1kmあたり18円を支給します。
 1000CC~2000CCの場合、1kmあたり16円を支給します。
 1000CC未満の場合、1kmあたり13円を支給します。

142円/リットル(税別) のレギュラーガソリンの場合
 2000CC以上の場合、8.28km/リットル
 1000CC~2000CCの場合、9.31km/リットル
 1000CC未満の場合、11.46km/リットル
以上の燃費であれば、多少の維持費相当分が支給される計算です。

この値は通常1年に一回見直されます。

質問者さんは、支払責任者(担当者)として質問されているのしたら
係数にて支給するのが、合理的かつ事務処理時間削減に寄与できます。
(区分を分けなければもっと事務処理時間が削減されます)

ただ当社の規則作成時の基本理念は、
 ○合理的(会社にも個人にも)
 ○事務処理時間の削減
 ○ガソリン代+数千円/月(維持費相当分)
と考えて作成しています。

一般的には、(会社の利益を考えれば)ガソリン代のみになるのは避け
られないですね。

当社では、
 2000CC以上
 1000CC~2000CC
 1000CC未満
の三種類の区分に、区分別係数を乗算します。

 2000CC以上の場合、1kmあたり18円を支給します。
 1000CC~2000CCの場合、1kmあたり16円を支給します。
 1000CC未満の場合、1kmあたり13円を支給します。

142円/リットル(税別) のレギュラーガソリンの場合
 2000CC以上の場合、8.28km/リットル
 1000CC~2000CCの場合、9.31km/リットル
 1000CC未満の場合、11.46km/リットル
以上の燃費であれば、多少の維持費相当分が支給される計...続きを読む

Q海外にも株主優待はあるのか?

日本国内では、様々な企業が、株主優待を株主に贈って喜んでもらっていますが、本来株主優待というものは、どんな立ち位置なのでしょうか?

企業の宣伝なのか、おもてなしなのか、心にグッとくるサービスなのか?


それにも増して、気になるのが、海外にも株主優待というものは存在するのか?です。

中国やアメリカにも株がありますね。

いけばシンガポールやマレーシアなどなど韓国なども。

こういった海外にも株主優待というものはあるのでしょうか?


ヨーロッパにもたくさんの企業があります。

ヨーロッパでしたら、株主優待があるとどんなものがあるのか?楽しみではないでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にはありません。アメリカの場合は、株主優待よりも株主の配当を増加する会社がほとんどです。日本の株主優待はガラパゴス化といわれているくらいですから(笑)。稀なケースとして有名なのはスターバックスです。ただ内容的には非常にわずかで、下記の記事によるとコーヒー1杯無料だったり、3ドル50セント分(日本円で400円弱)のギフトカードだったりという感じですね。
http://seattletimes.com/html/businesstechnology/2003594481_starbuckscoupon01.html

ヨーロッパの場合もアメリカ同様、株主優待はせず、高い配当水準を保つ会社がほとんどです。

Q通勤方法が不規則な場合の通勤手当の認定について

当社では常勤職員に対して通勤手当を支給しています。
支給額は、届出に応じ最も経済的かつ合理的な経路を決定し、月額給料支給に併せて当月分として支給しています。

今回、同じ職場に勤務する者同士の入籍・同居(Aの住居にBが転居)が明らかになり、同手当の額の改定が必要となったのですが、
 ・その職場は、シフト制を取っており、各人で勤務する日及び時間帯が異なる。
 ・Bは運転免許を持っておらず、勤務日・時間帯が合うときはAに同乗して通勤している。
 このため、Bの通勤に要する額・通勤方法とも一定ではなく、同一の通勤方法を用いることを前提とした支給規定しかない当社としては、扱いをどうしたらよいか、悩んでいるところです。

なお、当社規定では便乗の場合、その自動車の所有者にのみ手当を支給することとなっており、所有者でない同乗者分は支給されません。

実態に併せ規定を改定すれば良いのですが、非常に稀なケースで期間も限られている(2人とも3月末で退職が決まっています)ので、そこまでする必要があるのかという声があります。
また金額的には本人たちの選んだ方法が、勤務履歴等から判断すると最も経済的なのも事実です。

そこで、同様の事例をご存じの方や、お詳しい方にアドバイスいただきたいのですが、よろしくお願いします。
  

当社では常勤職員に対して通勤手当を支給しています。
支給額は、届出に応じ最も経済的かつ合理的な経路を決定し、月額給料支給に併せて当月分として支給しています。

今回、同じ職場に勤務する者同士の入籍・同居(Aの住居にBが転居)が明らかになり、同手当の額の改定が必要となったのですが、
 ・その職場は、シフト制を取っており、各人で勤務する日及び時間帯が異なる。
 ・Bは運転免許を持っておらず、勤務日・時間帯が合うときはAに同乗して通勤している。
 このため、Bの通勤に要する額・...続きを読む

Aベストアンサー

>通勤に要する額・通勤方法とも一定ではなく

 のような、通勤方法自体、認められなかったです。
 人事の社員からは、万が一交通事故があった場合、労災が認められない。と聞きました。
 会社に提出してある通勤経路と手段が違うと、労災申請出来ないそうです。
 会社が独自で認めてしまうと、事故等で労災が下りないと逆に会社に請求されたりするんじゃないでしょうか?
 心配し過ぎかもしれませんが、通勤手当の問題よりも労災の問題の方が大きいですよ。

QANA株主優待の使用期限

11月末期限のANAの株主優待を持っています。正月の航空券を株主優待で購入しました。
ANA窓口に株主優待を提示しないといけないのですが、1月の航空券を11月末期限の優待券の提出でしょうか?

期限までに窓口に提出すれば、1月分の予約にも充当できるのか1月期限の優待券を用意しなくてはいけないのか教えてください。

また、提出できるとしたら提出した後の予約変更は期限後(11月末以降)でも可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

・ご利用上のご注意 に下記のようにあります
 「本券の有効期間内にご搭乗ください。有効期間外のご搭乗の場合、株主優待割引は適用されません」
http://www.ana.co.jp/ir/kabu_info/yutai/dms.html#notice
 >本券の有効期間内にご搭乗ください・・1月搭乗なら1月期限の優待券を用意
 >予約変更は・・期限内(1月中)なら可能

Q通勤手当 バス申請しておいて、自転車で通勤

4月にバス通勤で申請をしていました。年度の途中から自転車に切り替えました。自転車にする時、職場の駐輪場利用の費用を払う必要があるので、その用紙と費用を事務方に払いました。しかし、その申請は駐輪場の観点の申請だったようで、事務方に出さなくてはならない、経路変更申請ではなかったそうで、結果、数ヶ月のバス手当が支払われていました。

そのことが事務方のトップに指摘されました。自転車申請したのか、バスで来てるはずだとなっていたのだから虚偽申請に当たると叱責されました。

返還すべきものは返還するつもりですし、様式に種類がある事を確認していなかったのは私が悪いのですが、事務方には、自転車に変えると駐輪場を申請した際に、経路変更届を渡す義務はないのでしょうか。この届は事務方からもらうものです。

自分ばかり責められるのが納得いかなくて、第三者の方のご意見が伺いたいです。(私が悪いということも含めて)。

Aベストアンサー

事務方にも落ち度があるでしょうね。
「バス通勤止めたのですか。通勤経路の変更申請がいりますよ」
と一言あって欲しいですね。

しかし「それを伝える義務がある」とするのは、事務方には気の毒でしょう。

バス代を貰って自転車通勤し、バス代をパクろうという人でしたら、駐輪場を使う手続きなどしませんから、会社も「悪気はないんだろうな」とわかってるはずです。

「李下に冠を正さず」というではないですか。
疑わしい行為をしてしまった点は、あなたの落ち度と言えます。

あなたに指摘したのはトップなのですね。本当にトップなのでしょうか。
虚偽申請などという「インチキを故意にした」という見方での指摘は、トップらしい態度とは思えません。
トップにはいるが、人間性において信頼されるとか、求心力が少ない人ではないかと思いました。

「バス通勤を申請してて、駐輪場の利用届も出すなんて、バカ正直なんだな。
 通勤経路の変更届を出すように伝えなかった奴もバカなのかもしれんな。
 インチキしてバス代をパクろうってつもりじゃなかったんだろ。
 すまんが、規則なので、バス代を経理に返金しておいてくれな」

とでも言えないんですかね。
「お前は故意にバス代をパクろうとした。悪人だ」という決めつけ目線など、トップのする判断ではないです。

事務方にも落ち度があるでしょうね。
「バス通勤止めたのですか。通勤経路の変更申請がいりますよ」
と一言あって欲しいですね。

しかし「それを伝える義務がある」とするのは、事務方には気の毒でしょう。

バス代を貰って自転車通勤し、バス代をパクろうという人でしたら、駐輪場を使う手続きなどしませんから、会社も「悪気はないんだろうな」とわかってるはずです。

「李下に冠を正さず」というではないですか。
疑わしい行為をしてしまった点は、あなたの落ち度と言えます。

あなたに指摘したのはトップな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報