「けいおん!」や「らきすた」を見ていていつも思うんですが。

女性と言うのはどうしてこんなに「幸せ」とか「うれしい」とか「ほんわか」を描くのが上手いんでしょう?

比較の話になりますが、やっぱり男性は「運命」とか「どん底」とか「勝ち負け」とかの描写の方が向いているように思います。
でもそれってズイブンだなと思うじゃないですか。

性別の違い、と言ってしまうと話が終わってしまうのですが・・・
潜在意識の底の方で男性は「不幸」、女性は「幸福」を求めているからこういう差が出てくるのでしょうか?

皆さんの思うところをお聞かせください。

A 回答 (2件)

男性は闘争心が強く、女性に比べ勝ち負けに拘るからだと思います。


競争社会で負けた時、失敗した時、自分の努力の足りなさや選択肢の間違いを認めず、
『運命』、『境遇』と言った他のものに責任を転嫁します。

現在景気はかなり悪く、苦境に立たされている人も沢山いるでしょう。
そういった『どん底』から這い上がるサクセスストーリーを見て、
自分と照らし合わせ、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ははは

こっちは又スゴイですね。書きっ放しの途中放棄ですか。
途中で書く気が失せてしまったのか、携帯だったので文字制限が来てしまったのか?

でもやっぱり男性心理の集中説明なんですね。
まあ女性じゃない男性には女性心理は謎過ぎなんでしょうか?
でももう少し女性側に突っ込んだご意見が出てくるだろうと期待してたんですがね・・・

お礼日時:2009/05/29 03:02

男は「頭で考え」女は「身体で考える」からでしょう。



物事はみんなそうなんですが「解決」というものを「手段」で得ようとすると泥沼にはまり込みやすいんですよね。
そういった「泥沼状態」を運命とか、どん底とか、勝ち負けとか、そういった「言葉付け」をすることで、再び解決しようと躍起になっているだけですよ。
堂々巡りなんですね。
「巨人の星」なんて、その最たるものです。
男だけ、手前の勝手なプライドで踊ってるだけの物語です、あれは考えようによってはね。
だから本当の「女」は描けない(笑)。
男は「複雑な暇人」なのです。

女性はもっと純粋な結論で動きますから、最後の最後は「ごちゃごちゃ」になっても、突然収拾がついたりして…驚愕します。
最後の最後は「だって、女じゃん?」で結論が可能だから、強いんですよね。
女性のほうが男性よりも「快感」を描くのは得意なんだと思います。
幸せとかほんわかとか、つまりは「快感」ですから。

男性は不幸を求めてるんじゃなくて「不幸が無いとね?」という風に勘違いしてるんでしょう。
不幸は人生のスパイスだ、と公言する人がいるくらいだから。
女性は「そんな物無くても食えるわい」と思ってるから、いらないんですよね、不幸なんて。
ただまぁ…意識分け?…ていうのかな?…そういうのも…あーこれ以上はいえないっ!。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

えー、わかったようなわからないような・・・

>女は「身体で考える」から
??身体じゃ考えられないですよ・・・?

>男は「複雑な暇人」なのです
んー・・・意味がわからない・・・

コレ書いてくださったの間違いなく男性ですね。
男性心理にはそれなりのコメントになってますが女性の方の解釈は・・・すいません私にはワケがわかりませんでした。

まぁ、各自ご自由に思うところを書いていただければ良いのでかまわないんですが。

お礼日時:2009/05/29 02:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング