私は、有限会社勤務の会社員です。

雇用保険未加入なのが、私だけでなく、
同僚もなので、会社内全体で掛けていないみたいなのです。

遡って保険を掛けてもらうことはできるのでしょうか?
また、会社が倒産した場合や解雇を通告された場合
失業保険にかわるものがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>遡って保険を掛けてもらうことはできるのでしょうか?



遡って加入する場合は、加入手続きへ行ったその日から遡って2年間のみです。手続きが遅れれば遅れるほど、加入期間が少なくなってしまいます。


>会社が倒産した場合や解雇を通告された場合失業保険にかわるものがあるのでしょうか?

http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a1.html
加入期間によって失業保険の給付日数が大幅にかわってきます。
解雇だけでなく自己都合(上記HP内2)の場合でも影響があります。
また、退職者が出てから遡って手続きするとなると、必要書類も増えますし、保険料もきっちり2年ではなく年度で計算するので、今手続きすると平成19年3月分から徴収され、さらに労災保険料まで同様に徴収されます。

また、雇用保険の手続きをされていないとなると、同様に労災保険も支払われていないのではないかと思います。想像ですが・・・。
労災手続きをされてないとなると、通勤時や仕事中に怪我をして通院したり休業したりということになっても労災がおりません。

事業主さんが労働保険のことを理解されておらず、「社会保険=労働保険」「労働保険は任意」などのように勘違いをされている場合なら、まだ手続きしてもらいやすいと思いますが、「そんなもの掛けても無駄だ!!」と思っていらっしゃる事業主さんもいらっしゃいますよね。
気をつけてがんばって下さい。
    • good
    • 0

困りましたねぇ。

従業員2名ですか・・・

とりあえず、基本に戻って、自身が加入条件を満たしているかどうかを確認してください。
加入条件を満たしているのであれば、加入するべきですよね。

まずは、事業主にそれとなく相談してみる方法ですね。
それがだめなら、監督署・・・となりますよね。
事業主に言ってから監督署が入ると面倒ですね。
一度、電話で最寄りの監督署に会社名と個人名を伏せた形で相談されては如何でしょうか?

私も某社の横暴な対応に世話を焼き、労働基準局へ相談に行ったことがありますが、自社名や相手先の名称を明言する必要はありません。
いずれも匿名で相談に乗って頂けますよ。

そうすると、労働基準監督署が定期的に加入状況を確認しているふりで事業主に確認をしてくれるなんてことも可能かもしれません。
そこで事業主が驚いて、加入の方向に向かってくれれば良いのですけどね。

監督署も個人の労働者が不利にならないように考えてもくれると思います。(人にもよるでしょうが。。。。)
個人が不利になるといけないので、問題にしないなどということもありますから、上手く相談してみては?
    • good
    • 0

「雇用保険」でgoogleで検索すると、Wikipediaに詳細が記載されています。


基本的に、雇用保険は加入しなければならないはずです。
事業主が雇用保険に入っていない場合、場合によっては労働基準監督署などにご相談されると良いでしょう。
とは言っても、そういうことをすると解雇されていまうのではないかというところで不安になるところもあります。
匿名で連絡してみたりするのも良いのかも知れませんね。

労働者の権利でもありますので、検討されてみてはいかがでしょうか?

私は雇用主にあたりますが、この手の問題は、問題にされると会社の存続にかかわる問題なので、きちんと入っています。

ただ、私がサラリーマンであったころにかけていた雇用保険のお金は、雇用主側になった時点で掛け捨てになってしまい、無駄にお金を払った感じでして、返ってこないかなぁ・・・なんて、無理なことを考えていますw

社員さんは社員さんの権利を主張されることは当たり前ですよ。
ただ、このご時世なので十分にご注意ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%87%E7%94%A8% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

匿名で連絡ですか
当社は従業員が2人なので、
誰の連絡なのかすぐに発覚してしまいそうで怖いです・・・

でも、失業したときのことを考えると
保険を掛けてもらわないと、ヤバイですよね
相談してみます

お礼日時:2009/05/28 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失業保険をいくらもらえるかの質問です。勤続4年8か月の36歳正社員です

失業保険をいくらもらえるかの質問です。勤続4年8か月の36歳正社員です。月の給料は総額26万円くらいでした。いま辞めると失業保険はいくら貰えるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

・26万×6ヶ月で156万、156万÷180日で8666円(賃金日額)
 賃金日額×掛け率(50%~):60%位として・・5200円位・・実際は日額5000円前後?
・所定給付日数は、自己都合でも会社都合でも、90日です
・上記の金額はあくまで参考値です、掛け率がはっきりしない為・・詳しくはハローワークに

Q雇用保険はいつまで遡って掛けれるか?

こんにちは。
タイトル通りなのですが、雇用保険はどのくらいの期間、遡って掛けられるのでしょうか?

先日2年間勤めたパートを辞めたのですが、入社の条件として雇用保険に入れて欲しい、とお願いしていました。了承を頂き(口頭で)、勤め初めて半年経った頃経営者の方から「雇用保険の手続きをした。雇用保険は期間を遡って掛けれるから(入社時から掛けれることになる)。掛け金は少ないから(個人負担分も)会社でもつよ」と言われていたのですが、この度退職後に雇用保険を掛けていなかったことが判明しました。

経営者に「遡って掛けれるから今から2年分掛けてもいい。個人負担分(の掛け金)を振り込んでもらうことになる」と言われました。

そこで、
1)本当に2年間遡って掛けれるのか?
2)月平均8万4千円前後の収入でしたが、私の掛け金は2年分で幾らくらいになるのか?
3)遡ってでも掛けた方がいいのか?(良い点は?)
という点を知りたいです。

私が雇用保険を掛けたかったのは(以前こちらで質問させて頂きましたが)職場が変わっても継続して雇用保険を掛けることができる、と聞いたからです。失業保険を貰いたいわけではありません。

どうぞ宜しくお願いいたします。

こんにちは。
タイトル通りなのですが、雇用保険はどのくらいの期間、遡って掛けられるのでしょうか?

先日2年間勤めたパートを辞めたのですが、入社の条件として雇用保険に入れて欲しい、とお願いしていました。了承を頂き(口頭で)、勤め初めて半年経った頃経営者の方から「雇用保険の手続きをした。雇用保険は期間を遡って掛けれるから(入社時から掛けれることになる)。掛け金は少ないから(個人負担分も)会社でもつよ」と言われていたのですが、この度退職後に雇用保険を掛けていなかったことが判明...続きを読む

Aベストアンサー

taa01さん、こんにちは。
kurichan-ganbaです。
昨夜のうちに、書き込みしたかったのですが、偶然友人とバッタリ会って飲みに行き、帰ってそのままバタンキュー。
遅くなってすみませんでした。

さて、気を取り直して、
昨日書きましたとおり、地元のハローワークへ行ってきました。
あっ、でもこれ、自分の “職さがし” のついでに、ちょっと話を聞いてきただけですので、お気づかいなく。

では、報告です。

<お話を聞いた人>
(東京近県の)××公共職業安定所 適用課 ○○さん

本当は、具体的にどの職安の誰とお伝えしたいところですが、本サイト(教えて!goo)の規約により、話を聞いた本人である私自身の氏名を公開できない以上、相手方のみを公表するのはフェアでないと思いましたので、匿名にさせていただきます。
30代前半くらいの男性で、「労働保険適用指導官」の肩書きを持つ人です。名刺もいただきました。
ですので、話の内容は信用できると思います。


<雇用保険の被保険者の対象となる人>
1週間の所定労働時間(契約で定められた勤務時間)が、
・30時間以上の人: 一般被保険者
・20時間以上30時間未満の人: 短時間労働被保険者
・20時間未満の人: 被保険者として扱わない
※いずれも、1年以上引き続き雇用されることが
見込まれる人が対象となる。

すでに、他の方からの回答で示されていますが、taa01さんがパート勤務ということでしたので、再度確認してください。


<雇用保険の保険料>
(労働者に支払った賃金 × 下記の料率) で計算
・一般の事業: 事業主 10.5/1000、 被保険者 7.0/1000
・農林水産・酒造業: 事業主 11.5/1000、 被保険者 8.0/1000
・建設の事業: 事業主 12.5/1000、 被保険者 8.0/1000

※賃金には、労働の対償として支払ったもの全てを
含みます。(現金だけでなく現物支給も含む)
・含むもの:
(基本給、賞与、各種手当、通勤交通費、食事・社宅など)
・含まない:
(退職金、見舞・慰労金、業務交通費、制服・作業着など)

※賞与など、3ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金は、保険料の算定の基礎にはなるが、失業給付の算定の基礎にはならない。
(離職票に記載される賃金欄には含まれない)

なお、保険料の納入義務は事業主にあり、個々の被保険者について個別に計算するのではなく、会社が被保険者全員に支払った賃金総額について計算されます。


<遡って雇用保険に加入できるか>
これについては、xxxx123456さんやpoor_Quarkさんの回答通り、2年間遡って加入できます。
既に退職している人についても、対象になります。

ただし、この件に関して重要な問題が出てきました。
それは、遡って加入できる期間は、手続きをした時点から過去2年間ですが、
(taa01さんの場合、手続きをした時点の2年前から退職した日までが加入期間となります。)

ところが、事業者が支払う保険料は、会計年度(毎年4月1日~3月31日)ごとに1年単位で支払わなければならないのです。
今月中に加入手続きをした場合、加入期間は、平成14年の3月からになりますが、保険料は平成13年の4月分から支払うことになります。(平成14年の3月は、平成13年度になるため)
つまり、加入期間は過去2年間なのに、保険料は実質3年分払わなくてはならないのです。

これはどうにも納得しがたいことなのですが、雇用保険加入の手続きと、保険料支払いの方法についてが、根拠となる法律がそれぞれ別なので、仕方がないのだそうです。
(これって、ホントお役所って感じですよね。)
職安では、加入期間に含まれない期間についての保険料は、被保険者に請求せず、会社で負担するように指導するそうです。

今回一番の問題は、taa01さんの前勤務先が、taa01さんの分だけ手続きをしていなかったのか、
(新たに被保険者となる労働者を雇用したことを届出しなかったのか)
事業所自体が加入していなかったかで、状況が全然違ってくることです。
taa01さんのお話では、他の社員の方も加入していないとの事なので、後者の可能性が高いですね。
そうなると確かに会社側の負担は大きいです。
でも、会社は加入すると言っていた訳ですから、責任は会社にあるのですから。


<4点セットの問題について>
xxxx123456さんからご指摘の “4点セット” の問題
(雇用保険に加入することで、他の社会保険である、労災保険、健康保険、厚生年金保険にも加入せざるを得なくなるのでは、という問題)

これについて、お話いただいた職安の担当官は、

『労災保険は同じ労働保険として一緒に手続きをしていただく。(労災保険の管轄は、労働基準監督署)
しかし、健康保険と厚生年金保険まで加入しなさいと指導はしていない。社会保険事務所に事業者情報を流すこともしていない。
少なくても、ここ(今回話を聞いた職案)では、そんな話は聞いたことがない。』

と言っていました。
もちろん、職安によって対応が違うかもしれないし、全く情報が漏れないとも限りません。
でも、poor_Quarkさんもおっしゃっている通り、ただちに健康保険や厚生年金保険に加入しなければならなくなるとはならないと感じました。


以上が、私が聞いてきた内容です。
実際には、前勤務先の所在地を管轄する職安が指導、監督することになります。
もし、ご不安な点があれば、会社名を伏せて担当の職安に相談されてみてはいかがでしょう。

その上で、取りあえず会社は加入手続きをすると言っているのですから、お願いしたらいかがですか。

もし、会社から納得いく回答が得られない場合、職安に相談すれば、今度は指導という形で職安が対応してくれます。

気になる保険料の負担ですが、賃金など(交通費などを含めて)
10万円としても、2年間で240万円。
保険料率は、0.7%ですから(一般の事業の場合)
16,800円となります。

今後のことを考えたら、私は、加入した方がいいと思います。

以上、長々とすみませんでした。
お役に立てば幸いです。

taa01さん、こんにちは。
kurichan-ganbaです。
昨夜のうちに、書き込みしたかったのですが、偶然友人とバッタリ会って飲みに行き、帰ってそのままバタンキュー。
遅くなってすみませんでした。

さて、気を取り直して、
昨日書きましたとおり、地元のハローワークへ行ってきました。
あっ、でもこれ、自分の “職さがし” のついでに、ちょっと話を聞いてきただけですので、お気づかいなく。

では、報告です。

<お話を聞いた人>
(東京近県の)××公共職業安定所 適用課 ○○さん

本当は、具体的に...続きを読む

Q失業保険受給時の過去6ヶ月給料計算方法について

失業保険受給時の過去6ヶ月給料計算時、一週間の所定労働時数が20時間以上30時間未満の短時間雇用被保険者は1ヶ月勤務日数が11日以上で1ヶ月とみなされるのでしょうか?8月に退職する場合は、退職最終月8月分が有給を使用しても11日未満勤務であれば、計算時には最終月8月の給料は省かれ2月~7月までの過去6ヶ月分給料で失業保険受給額は計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>1ヶ月勤務日数が11日以上で1ヶ月とみなされるのでしょうか?
手当の金額の計算上はそうなります。
ただ、受給資格の要件としては1/2ヶ月としてみます。(よって短時間被保険者が受給資格を得るには12ヶ月間必要)

>8月に退職する場合は、退職最終月8月分が有給を使用しても11日未満勤務であれば、
手当の計算の1ヶ月というのは退職した日から起算して1ヶ月なので、
例えば8月8日に退職したならその日から遡って1ヶ月という計算になります。
また、ご質問内容から有給により手当の金額が下がってしまうのではないかと不安なのかと思いますが、
給与の全額を補償するのが有給なので手当の計算上は何の影響も御座いません。(有給は手当の計算の算定日数として含みます)

Q緊急です。会社都合での解雇、または自己都合での解雇の違いを教えてください。失業保険に詳しい方!

昨日会社から解雇を言い渡されました。その会社はハローワークで失業の認定を受け、給付制限期間にハローワークの求人で見つけた会社で再就職手当ての申請をしたところでした。もちろん会社を辞めることになるので手当ては受けられないと思います。

その会社は9月1日付けの入社、現在試用期間中でした。私自身が仕事でなにかミスをしたわけではなく(もちろん遅刻や欠勤もありません)、全くの会社の都合での解雇になります。監査役が申し訳ないと頭を下げていました。

この度教えていただきたいことは会社都合での解雇、または自己都合での解雇の違いです。会社側は解雇であれば、失業保険をすぐ受けられるがもし次に入る会社で前職を解雇された経歴がばれてしまったらまずいかもしれない。なので会社都合での解雇、または自己都合での解雇、どちらでも私の希望のほうで届けると言っています。

また退職の日時を9月末日か、10月かどちらでも私の希望を聞くと言っています。また突然の解雇の場合(9月末日での解雇)は法律で一ヶ月分の給与を支払う義務があるので9月末日での解雇を希望する場合は、もう一ヶ月分の給与を支払うと言われました。そのような法律があるのでしょうか?書類上は9月で退職で10月分の給与をもらうというのはなにかおかしい感じがするのですが。

会社都合での解雇、または自己都合での解雇の件をハローワークに問い合わせてみると、その会社に在籍したのは1ヶ月なので失業保険6ヶ月に満たないため、例え解雇であっても、すぐに失業保険を受けられるのではなく、前回の失業保険を適用、よって現在まだ給付制限中につき、その制限期間が終われば失業保険を受けられるとのことでした。

また次に入社する会社に解雇の理由を知られることはあるのか尋ねたところ、個人情報なので知られることはないとのことでした。これは本当でしょうか?またもし解雇の理由が絶対に漏れないならば、退職の理由は私の場合、どちらが有利になるのでしょうか?正直支払いなどがいろいろあり、お金に困っています。月曜日にまた会社とその話をしなければなりません。複雑な状況で大変わかりずらい文になってしまい、申し訳ありません。どうぞみなさまの知恵を貸して頂きたくお願い致します。

昨日会社から解雇を言い渡されました。その会社はハローワークで失業の認定を受け、給付制限期間にハローワークの求人で見つけた会社で再就職手当ての申請をしたところでした。もちろん会社を辞めることになるので手当ては受けられないと思います。

その会社は9月1日付けの入社、現在試用期間中でした。私自身が仕事でなにかミスをしたわけではなく(もちろん遅刻や欠勤もありません)、全くの会社の都合での解雇になります。監査役が申し訳ないと頭を下げていました。

この度教えていただきたいことは会社都...続きを読む

Aベストアンサー

会社都合の解雇ですね。
業務上の不正による懲戒解雇、とか、能力・適性の問題での解雇ではなく、会社の経営上(つまり、あなたに原因のない)の理由による、会社都合の解雇です。
そのように会社の一方的な理由により解雇することになりますから、ペナルティとして一か月分の給与を支払うのです。Ano.1様の回答のとおりです。
ですから、10月分の給与をいただいて、即時退社。すぐに求職活動再開、ということでよろしいと思います。

面接時に解雇理由について答えるためと、面接者が会社に確認連絡をした場合に備えて、解雇理由について会社と言葉を合わせられるようにしておいたほうがよいですね。言い方が異なっても、内容的に合致していればよいでしょう。

失業給付については、今の会社での加入期間が6ヶ月に満たないので、その期間での失業給付の申請はできません。
前職の退職時から1年間が、それまでの加入期間による失業給付の受給可能な期間です。前職での退職理由による給付制限期間があければ、給付がうけられます。今回の加入期間は、次回失業給付を受けなければならなくなった場合に加入実績として通算されます。

あえて『自己都合』の退職にするならば、
(1)10月分の給与は受け取れない。
(2)面接では、短期間に自己都合(自分のわがまま)で退職した、と言わなくてはならず、
(3)今回の失業給付の受給には影響なし。
『会社都合』なら(退職勧奨ということになるのかな?)
(1)10月分(1ヶ月分)の給与が貰える
(2)面接では、会社都合(自分に非はない)といえる
(3)今回の失業給付の受給には影響なし。

ですから、会社側は十分に誠意を尽くしてくれていると思いますし、会社側からすると何故あなたが躊躇しているのか理解に苦しむでしょうね。『解雇』されるということで戸惑っていらっしゃるのだと推察しますが、他にどうしようもない、最悪の状況というわけでもない、ということを理解してください。

会社都合の解雇ですね。
業務上の不正による懲戒解雇、とか、能力・適性の問題での解雇ではなく、会社の経営上(つまり、あなたに原因のない)の理由による、会社都合の解雇です。
そのように会社の一方的な理由により解雇することになりますから、ペナルティとして一か月分の給与を支払うのです。Ano.1様の回答のとおりです。
ですから、10月分の給与をいただいて、即時退社。すぐに求職活動再開、ということでよろしいと思います。

面接時に解雇理由について答えるためと、面接者が会社に確認連絡をした場...続きを読む

Q失業保険、いくらぐらいもらえますか

今年3月末に派遣で1年間働いてましたが契約期間満了の為に退社しました。
現在は、月に6万から7万ぐらいの収入になるアルバイトをしてますが、失業保険
をもらった方が得なのかもしれない事に築き、質問しました。

1カ月の収入は、10万から11万程度の収入で、勤続年数は1年です。
退社理由は、契約期限満了の為です。

また今、現在のアルバイトの会社は雇用保険がありません。

いくらぐらい失業保険もらえますか?

Aベストアンサー

貴方の年齢が分からなかったので、30歳位だとした場合、月額14万位で3カ月給付されると思います。
但し、このご時世ですから簡単には給付されません。
ハローワークから指定された会社に、面接に行かなければいけないとか、色々と・・・。

『失業保険 計算』で、検索すると色々出てきますよ。

Q会社が倒産した場合の失業保険給付について

雇用保険に入るように事業主に言われたのですが、どうやら会社は半年後経営者が変わりそうで、解雇も有り得ます。
会社倒産の場合や解雇された場合でも被保険者期間が6ヶ月に満たなくても失業保険は給付されますか?

Aベストアンサー

>会社倒産の場合や解雇された場合でも被保険者期間が6ヶ月に満たなくても失業保険は給付されますか?

加入期間が6ヶ月満たない場合は無理ですね。
ただ最高2年まで遡って加入することは出来ます、安定所に訴えて会社を指導してもらうようにします。
それでもとぼけるしぶとい会社もありますが。
下記を参考にしてください。

http://www.shuugyoukisoku.jp/roumukannri/syakaihokenn2.html

Q失業保険の6割の計算方法は

私の父のことですが

今までのお給料が月24万ほどです。
今年の8,9,10,11月が10万ほどです。

8,9,10,11月は、資格の手当てで+10万で合計20万の話だったのですが
会社からは、10万しか支払われていません。

父は、仕事をやめたいと言っているのですが
今やめたら、失業保険は、10万の6割りで6万しか支給されないのでは?
と思っています。

失業保険の算出方法は、前月のお給料を元に計算されるのでしょうか。
それとも、1年間の年収から計算されるのでしょうか。
年収だといいのですが。

Aベストアンサー

ANo.2です。
その後、どうだったのかな?
多分、失業保険は規定額(計算式の通り)しか出ないと思います。
が、現在の給与不払いを不服申立てをするべきでしょう。
雇用契約書があるならおそらく一方的に勝てますので。
なくても今までの(減額?される前)の給与支払い実績から不当な給与の減額と認められる可能性が高いのでハローワークに相談後、弁護士(法テラス)に相談してみてはいかがでしょうか。

Q休職中に会社が倒産。失業保険はもらえますか?

私は、今休職して半年なのですが、もし今の状態で会社が倒産してしまったのなら失業保険はもらえるのでしょうか?
勤続年数8年で、被保険者です。

Aベストアンサー

受給条件は一般的には

離職の日以前2年間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して12か月以上あること

となります、しかし

「雇用保険法」(基本手当の受給資格)
第十三条  基本手当は、被保険者が失業した場合において、離職の日以前二年間(当該期間に疾病、負傷その他厚生労働省令で定める理由により引き続き三十日以上賃金の支払を受けることができなかつた被保険者については、当該理由により賃金の支払を受けることができなかつた日数を二年に加算した期間(その期間が四年を超えるときは、四年間)。第十七条第一項において「算定対象期間」という。)に、次条の規定による被保険者期間が通算して十二箇月以上であつたときに、この款の定めるところにより、支給する。

つまり産休や育休で休職していた期間があれば、その期間は2年に加算してその中で賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して12か月以上あることということです。

ですから質問者の方の場合は

>平成18.12月より平成19.6まで産休+育休をとりました。

ということで休職期間が7ヶ月

>その後、平成19.7に仕事復帰、子どもの病気などで平成20.3より休職中です。

20年3月より進行中なのでXヶ月

つまり2年ではなく(2年+7か月+Xか月)となります。
ですから冒頭の文章は

離職の日以前(2年+7か月+Xか月)間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して12か月以上あること

となるということです。

>会社が倒産してしまったのなら

冒頭の文章は一般的な自己都合の場合です、倒産などの会社都合の場合は

離職の日以前1年間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して6か月以上あること

となります、ですからこの場合は上記とは2年→1年、12か月→6か月、(2年+7か月+Xか月)→(1年+7か月+Xか月)というように数字を読み変えれば同じです。

受給条件は一般的には

離職の日以前2年間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して12か月以上あること

となります、しかし

「雇用保険法」(基本手当の受給資格)
第十三条  基本手当は、被保険者が失業した場合において、離職の日以前二年間(当該期間に疾病、負傷その他厚生労働省令で定める理由により引き続き三十日以上賃金の支払を受けることができなかつた被保険者については、当該理由により賃金の支払を受けることができなかつた日数を二年に加算...続きを読む

Q失業保険の日額の計算方法を教えてください

昨年4月よりうつ病により休職し、健康保険の傷病手当を支給されています。
休職期間が長くなるにつれ会社に居ずらくなり、そもそもの休職(発病)理由が会社での人間関係ですので退職も考えております。
もしも退職した場合、健康保険の傷病手当の受給及び失業保険の受給の延長手続きが必要になると思いますが、失業保険が受給できるようになった時、日額はどのように計算されるのでしょうか?
傷病手当の受給中、会社よりの賃金は賞与を除き受け取っておりません。
自分なりに色々なサイトを見てまいりましたがどうも要領を得ません。
お分かりの方、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>失業保険が受給できるようになった時、日額はどのように計算されるのでしょうか?

金額について言うと、基本手当日額(1日あたりの金額)の正確な計算式は下記の通り。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate.pdf

良くわからなくて頭が痛くなるようでしたら、下記が簡易の早見表です。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/koyou/kihon_teate_hayamihyou/kihonteate_hayamihyou_h22.html

対象になるのは基本給や残業代も含めた定期的な賃金の全額です。
また早見表にあるように「賃金日額=離職前6か月の賃金合計÷180」 です。

>傷病手当の受給中、会社よりの賃金は賞与を除き受け取っておりません。

ということなら質問者の方の場合は実際に給与を受け取っていた時期まで遡ってそれ以前の6ヶ月の賃金合計になります。

Q雇用保険の給付制限期間の保険・年金は遡って変更できますか

1月末で退職をしました。
現在雇用保険の受給中です。
雇用保険受給の申請をしたら夫の扶養に入れないと聞き、国民健康保険・国民年金に加入しました。
現在も加入中です。
昨日、給付制限期間中は扶養に入れると知りました。
聞いただけで自分できちんと調べなかったとはいえ、ショックをうけています。
夫の会社の健康保険組合は給付制限期間中は扶養に入れる事もわかりました。
給付制限期間は2/19-5/18でした。
今から遡って2月から4月までを扶養に変更する事はできるのでしょうか。
変更が可能な場合は既に支払った国民健康保険料と国民年金保険料は
戻ってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

>雇用保険受給の申請をしたら夫の扶養に入れないと聞き、国民健康保険・国民年金に加入しました。

誰から聞いたのですか?
要するに夫の扶養を外れる手続きをして、国民健康保険・国民年金に加入の手続きをしたということですね。

>昨日、給付制限期間中は扶養に入れると知りました。

給付制限期間中の夫の健康保険の扶養に入れるかどうかは、夫の加入している健保によって異なります、しかし扶養になれない健保より扶養になれる健保の方が多いことは確かです。

>夫の会社の健康保険組合は給付制限期間中は扶養に入れる事もわかりました。

夫の所属している健保は数多い給付制限期間中にも扶養になれる健保のうちのひとつであったということですね。

>今から遡って2月から4月までを扶養に変更する事はできるのでしょうか。

それは夫の所属している健保に聞かなければわかりません、ただそう出来る可能性は低いと思いますよ。

>変更が可能な場合は既に支払った国民健康保険料と国民年金保険料は
戻ってくるのでしょうか。

これも市区町村の役所に聞いてみなければわかりません、そして当然ですが夫の健保で遡って扶養と認めてくれることが前提条件です。

ですから手順としてはまず夫の所属する健保に電話して事情を話して、遡って扶養と認定できるか聞く、出来ないといわれたらそれで終わりです。
もしできるといわれたら、市区町村の役所に電話して夫の健保で遡って扶養と認めるが、国民健康保険・国民年金は遡って脱退あるいは遡って第3号被保険者に変更できるかと聞く、出来ないといわれたらそれで終わりです。
出来るといわれたら夫の健保と、市区町村の役所に手順を聞いて手続きをすればよいのです。
ただ繰り返しますが可能性としては低いですよ、ダメ元でやるぐらいの気持ちでないとがっかりしますよ。

>雇用保険受給の申請をしたら夫の扶養に入れないと聞き、国民健康保険・国民年金に加入しました。

誰から聞いたのですか?
要するに夫の扶養を外れる手続きをして、国民健康保険・国民年金に加入の手続きをしたということですね。

>昨日、給付制限期間中は扶養に入れると知りました。

給付制限期間中の夫の健康保険の扶養に入れるかどうかは、夫の加入している健保によって異なります、しかし扶養になれない健保より扶養になれる健保の方が多いことは確かです。

>夫の会社の健康保険組合は給付制...続きを読む


人気Q&Aランキング