初歩的な質問で申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

引き直し計算をしているのですが、利率の変わり目について教えてください。
残元金が10万円以上、100万円以上で利率が変わりますが

例えば平成10年5月1日の時点で残元金が90万だったとして、平成10年6月1日に20万円を借入れると残元金は100万円以上になりますが、平成10年6月1日の時に利率を15%にするのでしょうか?
それとも平成10年6月1日の次の取引から15%にするのでしょうか?

業者から送付された引き直し後の計算書では次の取引からになっていましたが、どちらが正しいのでしょうか?

計算書のサンプルなども探しているのですが、なかなか見つけられず困っています。
ご教示いただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

no.1の回答者ですが、肝心なことを言い忘れました。


質問者の例では、それまで18%で計算していれば、平成10年6月1日から15%で計算すべきものと考えられます。以上補足します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ございません。
ご回答いただき、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/30 23:11

業者が、引き直し計算書を提出してくることはあまり例がないようですが、債務者の方で再計算する場合、


(1)予め基本契約のなかで「極度額」とか「限度額」○○万円と定めたときにはその額の上限利率で計算します。残高が減少したからと言って適用利率を引上げる必要はありません。
(2)そのような定めのない個別契約の場合には、残高が増大した時点で利率は引き下げますが、残高が減少したからといって金利を高く計算する必要なないようです。債務者に有利な扱いをするというのが暗黙のルールになっています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利率について。

奨学金を借りるため申請しなければなりません。
その中で利率の選択をしなければならないのですが
固定利率と見直し式の利率のどちらかなのですが
ちょっと経済に疎くて
今現在利率は低いのでしょうか?

低いなら固定利率で申請しようと思うのですが。

Aベストアンサー

今現在の市場金利は十分に低いと思います。
これから先、大幅に金利が下がることはあり得ません。
返済期間が長ければ、金利は上昇するものと思えますが、1年や2年でいきなり急上昇ということもないでしょう。
ただし、5年、10年先は判りません。

どの程度の期間奨学金を受け、どの程度の期間返済をするか、また、固定と変動でどの程度の利息差があるかを考え、
どちらにするかを決めるべきかと思います。

Q計算式を教えてください。100万円を年15%の利率で貸そうと思います。

計算式を教えてください。100万円を年15%の利率で貸そうと思います。月に5000円ずつ返済した場合返済総額はいくらになりますか?毎年の残金額によって利息額は変わっていくのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
利息の概算計算式は、元金×年利÷365×経過日数となります。

1000000円×0.05÷365×30(概算日数)=4110円
つまり、借りた日から30日後に1回目の返済をすれば、利息は4110円となるわけです。
で、5000円の返済ですから、利息4110円+元金890円。

その翌月は、残元金999110円×0.05÷365×30(概算日数)=4106円
5000円返済で、利息4106円+元金894円。

こんな感じで計算し続けると、420回目の支払で残元金が3662円となり、421回目が元金3662円+利息15円で、返済額が3677円となります。
厳密には、前月の返済から当月の返済までの経過日数で計算しますので、上記で書いたものとは若干数字が違います。

421ヶ月ですから、35年と1ヶ月ですね。永っ。(笑)

Q利率変動型の個人年金について

利率変動型の個人年金について、以下の条件に沿う個人年金を教えてください。

・個人年金保険料控除が受けられるもの
・利率変動型年金(国債の利回りまたは市中金利により利率が変動)
・最低保証利率がなるべく高いもの
・利率の見直しの間隔がなるべく短いもの
・円建てであること

今のところ、JAの予定利率変動型年金共済 ライフロードくらいしか見つけることが出ませんでした。
最低保証利率:0.75% 利率の見直し:1年毎

もし他にいい個人年金(最低保証利率がJAより高いとか、利率の見直しを毎月行うとか)があればご教授ください。

Aベストアンサー

素人の爺です。
自分の子供が加入する年金について調べたことがありました。

上記の条件を満たすのはJAのライフロードしかありませんでした。

但し(JAの担当者に確認してみてください)
*見直し利率が適応されるものはこれから積み立てる保険料に対し適応されますが、既に積み立てられた保険料については適応されません。あくまでその月単位からです。
*デフレが長期に継続すると、一般の保険会社の個人年金が有利な可能性があります。


追記(自分の子供の年金保険について)
資産運用の経験が爺にはありますので、一人には「個人型変額年金、毎月積み立て型」を選びました。運用成績は7年経過しますが、平均4~5%です。積立金の移転が瞬時にできますので、リーマンショック時やギリシャショック時など下落環境ですら資産を増やすことが比較的容易です。但し一般の生命保険控除の枠しか利用できません。毎月6000円の積立を40年間行うと60万×10年間の年金になります。(あくまで予定)運用成績が向上して目標の金額に到達すれば、そこで保険料の支払いを中止し一般の確定型個人年金に変換(例50歳で支払い停止60歳から60万×10年間など)することも可能です。

もう一人の子供は「確定型拠出個人年金」を利用しています。この場合月5万程度の積立です(控除枠の上限は月6万程度とおもいました)節税効果は抜群ですが、積立金の移動が瞬時にできないので(5日前後必要)どうしても資産運用の面からは不安定(不利になります)。リーマンショックは経験していませんが、ギリシャショック前の4月までは8%の運用成績(2年間)でしたが、この2ヶ月でマイナス利率の運用成績に急降下です。 欠点としては60歳まで積立金が引き出せないこともあります。
資産運用のツールとしての機能は劣りますので預貯金など安全志向の資産の積立の方(自分は違いますが)が多いとおもいます。
つまり資産を増やすより、この場合、節税対策の商品になります。

自分(爺)に資産運用の経験がなければ、ライフロードを選択していたと思います。

素人の爺です。
自分の子供が加入する年金について調べたことがありました。

上記の条件を満たすのはJAのライフロードしかありませんでした。

但し(JAの担当者に確認してみてください)
*見直し利率が適応されるものはこれから積み立てる保険料に対し適応されますが、既に積み立てられた保険料については適応されません。あくまでその月単位からです。
*デフレが長期に継続すると、一般の保険会社の個人年金が有利な可能性があります。


追記(自分の子供の年金保険について)
資産運用の経験が爺にはあ...続きを読む

Q計算式を教えてください。100万円を年5%の利率で貸そうと思います。

計算式を教えてください。100万円を年5%の利率で貸そうと思います。
月に5000円ずつ返済した場合、何年間かかりますか?返済総額はいくらになりますか?教えてください。

Aベストアンサー

EXCELを起動して、A1に「1000000」(元金)、A2に「=0.05/12」(年利を月利に換算した値)、A3に「431」(総支払回数。12で割れば支払年数になる)を入力する。その上でA4に

=PMT(A2,A3,A1)

こう入力すれば「-5000」(毎月の返済額)が得られる筈。A1,A2,A3を適当に入力してA4に合わせれば、利率や支払回数は簡単に得られる。

ただし、あくまで簡易計算であることを忘れずに。実際のローンなどと微妙に金額が違う可能性が大きい。

Q利率があがるのはなぜ?

すべて固定利率で毎年一定額+利息を返済していく借入が10本あるとし、その全体の平均利率が2%だとします。
そのうち利率5%の借入の返済が完了したのち、全体の平均利率が2.03%に上がってしまいました。

平均より高い利率の借入金の返済が終わったあと、その平均利率が上昇するケースはどんな場合(状況)が考えられますか?
私は上がることに理解ができませんので単に計算間違いでは?と思うのですが。

借入の詳細は書けないので、
全体平均より高い利率の借入返済後に平均利率があがることがあるとしたらどんなケースが考えられるかを教えてください。仮にそのケースにこちらがあてはまらなくても、そういうケースがあるかどうか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

借入残高が毎年変わるので、ありえないこととは言えないでしょう。

例えば、借入が3本あるとして、
昨年の残高と利率が次のようになっているとします。
A 700万円 1%
B 200万円 4%
C 100万円 5%
平均利率は、
(7万円+8万円+5万円)/1000万円=2%

今年はCが完済して、A,Bの残高が次のようになったとすると、
A 260万円 1%
B 140万円 4%
平均利率は、
(2.6万円+5.6万円)/400万円=2.05%

Q過払い金の請求で、もし借入金額が100万円で弁済額が200万円なら10

過払い金の請求で、もし借入金額が100万円で弁済額が200万円なら100万円が戻るってことですか?・・・・計算書の意味が解らなくて・・・・

Aベストアンサー

質問の意味が分かりずらいですが、100万円借りて 総額200万円弁済して完済した場合ですが、途中の利息がありますから、差し引きの100万円全部が返るわけではありません。
計算を簡単にするために 5年間で元本を20万円づつ返済したとすると 利息は一年目16.2万円(年央90×18%・・一ヶ月目で100万を切りますから15%ではありません) 二年目12.6万円(70×18%) 三年目9万円  4年目5.4万円 五年目1.8万円です。利息分の合計は45万円です。(この計算は、元本均等返済ですが 実際は元利均等返済ですから利息分が多くなり 50万は越すでしょう)
いずれにせよ、この計算でも 55万円しか戻りません。返済期間が短ければ戻り額が多くなり 長ければ戻り額は少なくなります。
また、司法書士に頼むと着手金と成功報酬で別に15万近くが引かれますから 差し引き40万円の戻りですが 実際の元利均等方式の戻り額は35万円前後でしょう。

Q郵貯の利率の自動継続について

平成8年に郵便貯金で3年満期の定期預金を行いました。
当時の利息が1%以上有り、現在とは比較にならず、
満期時におろさない限り、10年間は同じ利率で
自動更新される為,そのままにしておきました。
今年9年目です、更新すると満期時は10年を超えます。

今回更新すると利率はどうなるのでしょう?
(1)3年間当初の利率が継続されるのでしょうか?
(2)最初の1年だけ同じ利率が適用されるのでしょうか?
(3)3年間、現在の利率が適用されるのでしょうか?

上記(2)の場合、利率の高い1年目だけで解約すると
利率はどのようになるのでしょう?

Aベストアンサー

自動継続時の利率が適用されます。

10年間同じ利率というのは、定期貯金ではなくて定額貯金ではないですか。

参考URL:http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/stt10100.htm

Q利率の計算について教えてほしいのですが、 「10万円を年利9%の1年(

利率の計算について教えてほしいのですが、 「10万円を年利9%の1年(12回)ローンで借り入れた場合、毎月の返済金額は8745円」になるというのは、どういう計算からこの金額が出てくるのかわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん、めんどくさいw

4月に借りたとします。
借入残高は以下のように推移します。

4月:100,000円
5月:(100,000-8,745)(B)+(100,000×9%/12)(C)=92,005円(A)

まずA。Aはその月の返済完了時のあなたの借り入れ残高です。
Bは前の月までの金額に対して、あなたが支払った分を引いています。
100,000-8,745だと91,255円になりますが、それだけが借入残高でなく、あなたか借りてから支払うまでの1ヶ月分の利息がつきます。その分も借入残高に乗せられます。それがCです。
Cは前の月から支払うまでの借入残高100,000×9%(利率)/12(1ヶ月分なので12で割る)
その分を乗せると92,005円になります。

6月:(92,005-8,745)+(92,005×9%/12)=83,950円
7月:同じ考えなので式省略=75,834円
8月:=67,657円
9月:=59,419円


2月:=17,292円
3月:=8,676円
4月:=-3円

恐らく4月は8,745円ではなく、8,742円の支払いじゃないですかね?
端数は切り下げで計算しましたが切り上げや四捨五入だと4月の結果が数円違います。
ま~大した差ではないです。

う~ん、めんどくさいw

4月に借りたとします。
借入残高は以下のように推移します。

4月:100,000円
5月:(100,000-8,745)(B)+(100,000×9%/12)(C)=92,005円(A)

まずA。Aはその月の返済完了時のあなたの借り入れ残高です。
Bは前の月までの金額に対して、あなたが支払った分を引いています。
100,000-8,745だと91,255円になりますが、それだけが借入残高でなく、あなたか借りてから支払うまでの1ヶ月分の利息がつきます。その分も借入残高に乗せられます。それがCです。
Cは前の月から支払うまでの借入残高100,00...続きを読む

Q利率について

この度、ネット銀行を利用しようと思っているのですが、利率について質問させていただきます。
1ヶ月で0.105%
6ヶ月で0.115%
利率は満期になるとつくと考えています。
上の利率だと、1ヶ月の利率で預けてそれを6回繰り返すと利率は 0.105%×6回=0.63% になり
6ヶ月で預けるより1ヶ月ほうが得なような感じがするのですが・・・
質問内容がわかりにくくてすみませんが回答してだければ幸いです。

Aベストアンサー

あなたがおっしゃっていらっしゃるように1ヶ月の利率で預けてそれを6回繰り返すと利率は 0.105%×6回=0.63%という考えも出来ますけど、実際に表示されている金利は、それぞれ年利になります。年利とは、その条件(ここでは1ヶ月)で1年間預けたときの利率になります。よって、1ヶ月ごとに満期を迎える形で預け入れたのと、半年ごとに満期を迎える形で預け入れたのを比較すると、長期間預け入れたほうが最終的に受け取れる利息は多くなります。私も最初はあなたと同じように思っていました。預けてみてはじめて分かりました。次に短い期間(ここでは1ヶ月)預け入れた場合と、長い期間預け入れた場合のメリットとデメリットについて説明します。まず短期間預け入れた場合は、金利の見直しがあれば1ヶ月ごとに金利が更新されます。長期間の場合、金利の見直しがあっても、短期間と同じく満期を迎えるまで金利はその亜付け入れたときのものが満期を迎えるまで適用されます。だから、これから金利が下がっていくと思えば長期の方をお勧めします。その反対に金利が上がっていくと思えば短期のほうをお勧めします。でも、未来のことは私にも分かりません。あなたがいっている金利はソニー銀行の金利なんですが、ソニー銀行はものすごく金利の見直しが多いです。私は今年の1月からずっとソニー銀行の金利を記録してきましたが、1月7日から本日までの間に、19回も金利の見直しがありました。だいたい平均で1週間に1回の割合で金利を見直した事になります。私も、実際にソニー銀行で定期を組んでいるわけなんですが、なかなか上手いようにはいきませんね。長くなりましたが、参考になりましたでしょうか?もしまた分からない事がでてきたらまた質問して下さい。お金の運用とかこういったことなら私にお任せください。

あなたがおっしゃっていらっしゃるように1ヶ月の利率で預けてそれを6回繰り返すと利率は 0.105%×6回=0.63%という考えも出来ますけど、実際に表示されている金利は、それぞれ年利になります。年利とは、その条件(ここでは1ヶ月)で1年間預けたときの利率になります。よって、1ヶ月ごとに満期を迎える形で預け入れたのと、半年ごとに満期を迎える形で預け入れたのを比較すると、長期間預け入れたほうが最終的に受け取れる利息は多くなります。私も最初はあなたと同じように思っていました。預けてみてはじめて分...続きを読む

Q交際している彼。100万円程の借金返済に、3年以上もかかりますか?

3年程交際している彼がいます。
交際を始めるにあたって「(大手)消費者金融2社に100万円程度の借金がある」と言われました。

正確に把握はしていないのですが、ある程度銀行でまとめ、銀行分は完済したようです。
しかし消費者金融への借金は3年経った今でも完済していません。
彼は月の返済に5万程度費やしているということなのですが、そうすると2社の利息分を考えてももう完済してもいいのでは?と思っています。もしかしたらもっと借り入れているのではないか?などと疑っている状態です。(彼は借り入れていないと言っていますが)
つい最近、完済した銀行に借金の一本化を依頼したみたようなのですが、断られたとのことですし、他の銀行に頼んでも同じだったようです。

その理由について疑問があるのですが、ブラックリストか何かに載っているのが原因なのでしょうか?
もしくは彼が定職についていないのが原因なのでしょうか?(かれこれ6.7年バイト掛け持ちを続けています)

あと、2社から100万円の借り入れ程度で返済に3年もかかるものでしょうか?

今まで私も借金について肩代わりや協力はしない、一切関係ないと言い続けてきましたが、結婚を考え始めているので信頼してもいいのか、不安になってきました。

詳しい方、お力添えを宜しくお願い致します。

3年程交際している彼がいます。
交際を始めるにあたって「(大手)消費者金融2社に100万円程度の借金がある」と言われました。

正確に把握はしていないのですが、ある程度銀行でまとめ、銀行分は完済したようです。
しかし消費者金融への借金は3年経った今でも完済していません。
彼は月の返済に5万程度費やしているということなのですが、そうすると2社の利息分を考えてももう完済してもいいのでは?と思っています。もしかしたらもっと借り入れているのではないか?などと疑っている状態です。(彼は借り...続きを読む

Aベストアンサー

話を整理すると、
●3年前の時点で、消費者金融2社に、合計100万円の借金があった。
●月に5万程度の返済をして、3年経った。
●つい最近、銀行に借金の一本化を頼んだが断られた。
ということですよね。

返済のトータル額は、3年で約180万円ですね。
仮に年利30%とかなり高い利息を想定しても、元金が100万円であれば、十分に返済できている額です。

ここから考えられるのは、
●いままでの情報に何かウソがある。
●消費者金融が非常に高利である。
●完済間近である。
のどれかでしょう。

しかし、完済間近であるならば、最近になって、銀行に借金の一本化などを頼む必要はありません。
ということは、完済間近であるということはありませんね。

ということは、可能性としては残りの二つ。
高利か、ウソか。

法定限度を超えて高利ならば、弁護士を通じて処理すれば、超過して支払った利子は戻ってくる可能性があります。もしも高利であれば、対策をとったらどうでしょうか。

そんな高利ではないとしたら、少なくとも彼の言葉はつじつまが合わない可能性がありますね。

いただいた情報から考えると、この程度の結論にしかならないと思いますが……。

話を整理すると、
●3年前の時点で、消費者金融2社に、合計100万円の借金があった。
●月に5万程度の返済をして、3年経った。
●つい最近、銀行に借金の一本化を頼んだが断られた。
ということですよね。

返済のトータル額は、3年で約180万円ですね。
仮に年利30%とかなり高い利息を想定しても、元金が100万円であれば、十分に返済できている額です。

ここから考えられるのは、
●いままでの情報に何かウソがある。
●消費者金融が非常に高利である。
●完済間近である。
のどれかでしょう。

しかし、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報