いくつかあるんですけどお答え出来る方、宜しくお願いします。

1・特許の出願中に自己破産を申請した場合、出願中の特許はどうなるのでしょうか?


2・自己破産の申請中に新たな特許、実用新案、意匠権等の出願は出来るのでしょうか?


3・友人が仕事の都合で出願に行けないため、代わりに出願しに行くことは可能でしょうか?

どなたか教えて下さい、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>1・特許の出願中に自己破産を申請した場合、


>出願中の特許はどうなるのでしょうか?

「特許を受ける権利(出願中)」も財産として
取り扱いをされる可能性があります。
ただ、例え出願人としての権利が制限されていよう
とも、出願審査請求はだれでもできるので、
出願から3年過ぎる直前に、出願審査請求すること
を念頭に入れておいてはいかがですか。そのころには
自己破産に関するいろいろなことも安定している可能性
が高そうですから。

>2・自己破産の申請中に新たな特許、実用新
>案、意匠権等の出願は出来るのでしょうか?

絶対ではありませんが、まず問題ありません。

>3・友人が仕事の都合で出願に行けないため、
>代わりに出願しに行くことは可能でしょうか?

書類作成等、実質的な行為ではなく、単に提出行為
の代行だけでしたら、弁理士資格がなくともできます。
(と思いますが、窓口の人にそれを照明できるかど
うかは別問題です。)
念のため、その友人である出願人に、単に提出の代行
にすぎず、その委任である書類を作成してもらい、証
明書類として提示が必要かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れてしまってスイマセン。

分かりやすい説明ありがとうございます。


勉強になりました、本当にありがとうございます。

お礼日時:2009/06/06 03:07

知的財産権についての質問です。


必要のある書類と、特許印紙があれば可能です、
ただし代行手数料の授受は弁理士法に触れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れてしまってスイマセン。


手数料の授受は弁理士法に触れるんですか、結構細かいんですね。

分かりました。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/06 03:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書有効期限

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和50年に日本の特許庁に登録されております。

ここで質問したいのは、この契約書は今でも有効なのでしょうか。特許の有効期限は20年ですが、有効期限のない契約書しかも債権の話でもない契約書がいつまで有効なのか知りたいです。
いわゆる、「解除申し込み」による解除をしなければならないのでしょうか。そうなると、「寝た子を起こす」ことになり、到底、受け入れてはくれないと予想されます。

契約書を締結したA,Bの社長は現在では在籍しておらず、またこれらの問題にかかわった関係者も会社を去っています。

昨今、海外からの対象製品に関する引合いも多く、いつまでも「契約書があるから。。」で断っているほど、弊社も余裕はない状況です。できれば正々堂々、商売をしたいと思い、質問させていただきました。

回答をお願いいたします。

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和5...続きを読む

Aベストアンサー

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、おそらく大丈夫だろうと突っ走ってしまうと、
あとで、B社から訴訟などを起こされてしまった場合、
(誰かに変な知恵をつけられて裁判を起こす可能性もあります)
仮にあなたの会社が勝ったとしても、
そのためにかかる労力や手間、
さらには企業の信用力への影響は
計り知れないものがあります。
(銀行からの融資で難色を示されたり、
 取引相手から訴訟が落ち着くまで
 しばらく取引を見送りたいと言われることもあります)

会社間の契約というのは
一部の社員の独断で反故にしたり、
勝手に無効という判断をするにはリスキーすぎます。

もし、会社に顧問弁護士という立場の人がいるのであれば、
責任ある上司の方を通じて、
穏便な解決方法について
相談するのがベストだと思います。
そのために顧問料を払っているわけですしね。

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、お...続きを読む

Q実用新案を利用した物を公開してもよいのは、出願日以降?実用新案技術評価

実用新案を利用した物を公開してもよいのは、出願日以降?実用新案技術評価請求し、技術評価書が来た後?

実用新案を利用した物を出願の前に公開してしまうと、新規性が失われるということを知りました。
実用新案は「基礎的な審査だけが審査され新規性や進歩性は審査されずに直ぐに権利化」されるのはわかるのですが、
公開しても問題ないタイミングは下記のいづれかだと思うのですが、いつでしょうか?
(1)出願日以降
(2)出願から約6ヶ月後の設定登録以降
(3)実用新案技術評価請求し、技術評価書の返送以降

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「出願日以降」で問題ありません。
出願前に公開すると、そのアイデア(考案)は、出願前に皆に知られていた(公知になっていた=新規性を失っていた)ことにされます。
しかし、出願してしまえば、その後の公開は問題ありません。
実用新案技術評価の請求等は関係がありません。


先に述べたのは法律上(新規性の喪失)の観点からですが、商売上はいろいろ考えようです。
例えば、実用新案権に係わる商品を販売したい場合に、
 まだ生産・販売の準備が整っていないとすれば、出来るだけ競業者に知られるのを遅くしたいと考えるでしょう。実用新案公報が出されるのはしかたがない。
 競業者に先立って市場の主導権をとり利益を得たいと考えれば、(実用新案公報が出る前)出来るだけ早く販売を開始するという考えもある。
 「自己の実案権の効力や強さを確かめてから商品を販売したい」と考えるなら、実用新案技術評価を待つという堅実な時期選びもあるのではないでしょうか。

QESTA 有効期限内の有効期限延長についてお聞きしたいのですが

ESTA 有効期限内の有効期限延長についてお聞きしたいのですが
アメリカ経由でブラジルに行く事になりまして行きは有効期限内なのですが
帰りに経由する際は有効期限が切れてしまいます。
有効期限を延長する方法は何か有りますでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

有効期限の延長は出来ません、再度申請するしかないですね。

ESTAは、この9月8日より有料になりましたので、次回は14ドル払って再度申請してください。

またESTAの有効期限は2年間ですが、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますので注意してください。

Qトリプルタップについて、特許・実用新案・意匠の検索ができません。

トリプルタップ:一つのコンセント穴から、三つのコンセント穴に分岐できる商品でコードがないものです。
コードがあるテーブルタップではありません。

上記の商品の権利関係を検索しています。

特許電子図書館
http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl

にて、検索を行いましたが、テーブルタップはヒットがでるのですが、トリプルタップについては、一つも有効なヒットがありませんでした。
(2件だけヒットするのですが、探している商品とはちょっと違うようです)

オフィス用の通信誌や100円ショップでも見られる一般的な商品だと思います。
特許や、実用新案では無理かもしれませんが、意匠なら・・・と思い検索してもよい検索結果はでませんでした。

もしかしたら、トリプルタップという名前ではなく、別の権利上の特別な名称が用いられているため、ヒットしないのでしょうか。

もし、なにかご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスをいただければ幸いです。

また、特許電子図書館の検索方法については、ほとんど知識がありません。これから勉強をしていく、という状況です。
弁理士の先生にお願いするようなことでもないと思っているので、自分で検索を進める予定です。
権利の検索をする理由ですが、他者様の権利の侵害や新権利取得のための踏み台等にするつもりは全くありません。
こちらの権利が侵害されたため、無効審判をするための材料集めにしようと考えております。
どうか、お力をお貸しください。

トリプルタップ:一つのコンセント穴から、三つのコンセント穴に分岐できる商品でコードがないものです。
コードがあるテーブルタップではありません。

上記の商品の権利関係を検索しています。

特許電子図書館
http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl

にて、検索を行いましたが、テーブルタップはヒットがでるのですが、トリプルタップについては、一つも有効なヒットがありませんでした。
(2件だけヒットするのですが、探している商品とはちょっと違うようです)

オフィス用の通信誌や100...続きを読む

Aベストアンサー

特許出願書類で用いられる用語は、その書類作成者が任意で選択して使用しますので、業界での一般的用語が用いられているとは限りません。

特許調査はプロレベルになるには数年の経験が必要なほど、奥深いものです。特許電子図書館で質のある程度高い調査をするには、特許分類検索を活用するしかないのですが、それには特許分類の体系を理解する必要があります。IPC,FI記号、Fターム分類について、興味がおありでしたらまずは勉強してみてください。ただ、これら分類体系の解説を読んでも、具体的にどのようなものがそこに分類されているかは、実際に過去の多数の発明についてどの分類に属しているのかを見ていかないとわからないと思います。分類体系の解説と、その分類が付されている公報とをつきあわせつつ理解していくことが要求されます。

もちろん、ご自身が選んだキーワードで簡単にキーワード検索すれば、出願人がたまたま同じキーワードを使用していたものはヒットしますので、その範囲で検索できれば十分という場合には特許電子図書館のキーワード検索は有用です。

Qクッキーの有効期限取得(C#)

VC#(ASP.NET)で、クッキーを作成しているのですが、
クッキーの有効期限の取得方法をご存知の方、お教えください。

Request.Cookies["クッキー名"].Expiresで有効期限を取得しようとしたのですが、有効期限を取得することができませんでした。

最低でも、有効期限あり、有効期限なしの情報だけでも取得したいのですが。

そもそも有効期限は取得することができないのでしょうか?

Aベストアンサー

そういうものです。そもそもブラウザから送信されません。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa289495(v=vs.71).aspx
「有効期限とは?」の章参照

Q実用新案登録に基づく特許出願について

特許法について質問します。
46条の2で実用新案登録に基づく特許出願が可能になりました。
原則として、実用新案登録出願から3年以内にしなければなりません。
しかし、実用新案登録無効審判が実用新案登録出願から3年以上経過してから請求された場合は、最初の答弁書提出期間であれば特許出願に変更可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

46条の2第1項の規定は、優先権主張出願についての
41条1項の規定の構造と大体同じで、
「次に掲げる場合を除き……することができる」
があって、場合の列挙が続く点で共通の構造をしています。

なので、41条1項が正しく理解できていれば答えは簡単でしょう。

Q運転免許の有効期限

先日、運転免許の更新手続きをしたところ、
誕生日の一ヵ月後まで有効だった免許証の裏に、
有効期限の書かれた更新中のスタンプが押されたのですが、
押されたスタンプの有効期限は本来の免許証の有効期限よりかなり早い日付になっています。
この場合、どちらの有効期限が本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

情報が少ないので、ある程度、予想して回答すると

>更新中のスタンプが押されたのですが、

これは、新規の免許証ではなく今まで所持していた更新前の免許証ですね。

>押されたスタンプの有効期限は本来の免許証の有効期限よりかなり早い日付になっています。

これは、即日交付ではなく、講習または警察署の関係で後日交付か郵送ということだと思います。

>どちらの有効期限が本当なのでしょうか?

上記のことが間違っていなければ、スタンプの有効期限までには、新しい免許証が発行されているはずです。

そのため、スタンプの方が有効期限になります。

有効期限までに取りに行ってくださいね。

Q特許 → 実用新案 の出願変更の期限について

弁理士来年合格を目指しているものです。

実用新案法 10条(出願の変更)の1項では、「拒絶をすべき旨の最初の査定の謄本の送達の日から30日、又は特許出願の日から9年6月を経過すると、特許出願→実用新案の出願の変更ができない」と定められています。
ここで疑問なのですが、例えば特許出願後 9年3月後に拒絶査定の謄本の送達をうけることなんてあるのでしょうか?特許の審査請求は出願から3年以内でないといけないと思うのですが・・?それだった拒絶査定が(例えば)9年3月後なんてありえないので出願変更としている期間が長すぎると思うのですが?

Aベストアンサー

一番可能性が高そうな例としては、分割出願を繰り返し起こした場合を考えて頂ければいいのですが、それぞれ審査に3年程度かかるとしても、3~4回分割出願を繰り返せば、9年ぐらいは経過してしまいます。
この場合、分割出願は出願日が遡及しますので、10条の制限を受けることになります。

Q見積書の有効期限についてですが、有効期限を6ケ月を越えることは法律的に

見積書の有効期限についてですが、有効期限を6ケ月を越えることは法律的に問題ないのでしょうか。
有効期限は、どんな期間でもよいのでしょうか。見積書の有効期限に関する法令はあるのでしょうか。
中小企業と大企業とでは、差異はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

有効期限を6ケ月を越えることは法律的に問題ないのです。
有効期限は、どんな期間でもよいのです。
見積書の有効期限に関する法令はありません。
中小企業と大企業とでは、差異はありません。

Q実用新案登録申請を特許申請に変える手続き

 このたび実用新案登録申請を出しました。
 あまりお金をかけたくなかったので、弁理士に依頼せずにすべて自分で作成しました。
 1ヶ月半ほどで補正指令書が送られてきました。
 「物品の形状、構造又は組み合わせ」でないので、特許申請に変更することを勧める内容でした。
 補正書の書き方なら分かるのですが、出願変更の方法が分かりません。
 手続きや料金など、できるだけ詳しく説明いただけると助かります。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手続はパソコン出願ソフトに添付されたひな型などを調べればわかります。費用は、新たに特許出願をする場合と同じです。

通常の経済力を持った一般の方であれば、実用新案登録出願をする際にすでに出願料14000円及び登録料1~3年分{(2100円+請求項数×100円)×3}、つまり最低20300円を支払っているはずですよね。

でも、実用新案登録出願から特許出願に変更する際には、新たに特許出願料15000円を支払わなければなりません。そして、特許の場合は出願審査請求をして特許庁審査官の審査にパスしなければ登録されません。出願審査請求料は168600円+請求項数×4000円、つまり最低172600円です。そして、(街の発明家さんレベルの人の出願では滅多にないことなんですけど)晴れて審査にパスしたら、もう一度登録料1~3年分{(2600円+請求項数×200円)×3}を支払わなければなりません。つまり、特許権を得るためには新たに最低合計196000円を支払う必要があります。

要するに、素人さんが弁理士費用を節約したばかりに「物品の形状、構造又は組み合わせ」でないものを(登録もされないのに登録料を先払いして)実用新案登録出願するという極めて初歩的なミスを犯し、最低20300円という金銭と出願に要した手間暇を無駄にしたということになります。

今後の審査においても初歩的なミスで失敗してすべてをパーにする恐れは多分にありますので、これを教訓にして弁理士さんに相談した方がいいと思いますよ。

さらにtoshi531さんのことを思って発言しますが、特許を取ればそれまでに掛けたお金が返ってくるという自信はありますか? 自信がなければ、わざわざこれ以上のお金を掛けることはしないという選択肢もあるということを頭の隅に残しておいて下さい。そもそも、街の発明家さんレベルの発明が特許になる確率はおそらく数%足らずです。約20万円という金額は失敗しても「まあいいか」と思える程度のものではないと思うので老婆心ながら。

手続はパソコン出願ソフトに添付されたひな型などを調べればわかります。費用は、新たに特許出願をする場合と同じです。

通常の経済力を持った一般の方であれば、実用新案登録出願をする際にすでに出願料14000円及び登録料1~3年分{(2100円+請求項数×100円)×3}、つまり最低20300円を支払っているはずですよね。

でも、実用新案登録出願から特許出願に変更する際には、新たに特許出願料15000円を支払わなければなりません。そして、特許の場合は出願審査請求をして特許庁審査...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報