先日、E39(DT25・525i)の足回りのフラフラについて質問をしたところ、ありがたいアドバイスをいただきE39の530i純正ショック1台分(走行3万キロ)を購入し、今日、箱を空けてダンパーを手で割と強く押してみたら、ぐ~っと下がって、やがてぐ~っと戻ってきました。4本ともです。これってヘタリでしょうか?ちなみにダンパーは純正のザックスで、バンプラバーも割りときれいです。もしかすると急激に力が加わったときにはグッと堅くなる設定かもしれませんが・・・。どなたか教えてください!

「BMW(E39)足回りダンパーが変??」の質問画像

A 回答 (2件)

それだけでヘタっているとは判断出来ません。

普通押し込んだロッドが戻って来るという事は『まだガスが抜けていない』という事ですので判断材料としては『いい方』の材料となります。ショックの抜けは車体に組み込んで実際に走行してみるか専用の計測器を使用して減衰力の測定をしてみないと判断出来ません。まあワタシなら『ショックだけは』中古を買いませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。ご指摘の主旨は理解できます。新品購入を悩んだのですが、今回は高い授業料となるかもしれませんが、組み込んで見ます。

お礼日時:2009/05/29 10:55

こんばんは。


私は素人ですからNo.1の方にかなうはずもありませんが、私もお書きになった情報だけでは完全にダメになっていないことがわかっただけで、それ以上の実用性に関しては判断しようがないと思います。また、お書きになった以上の情報は、特別な道具も持たないエンドユーザーは知ることはできないと思います。
中古を購入されたと言うことは、早ければ2~3万kmでまた交換するかどうかに悩むことになりますし、何よりハンドリングの繊細なBMWの味わいを楽しめる時間が短くなってしまいます。それに余計なことかもしれませんが、作業を頼めるのがディーラーしかないとなると、中古の部品持ち込みでもやってもらえるかどうかの確認も必要かと…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。後先考えずに購入してしまいましたが、トライしてみます。ご丁寧な書き込みに感謝申しあげます。

お礼日時:2009/05/29 11:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCVT地中線立ち上がりと気中開閉器

東電管内では地中ケーブルは変電所からの立ち上がり部分、送電線交差部分、電鉄踏切横断部分、高圧需要家への引き込み部分等様々な場所で使用されています。
地中ケーブルにすべき理由には大雑把にいうと他の高電圧の電線との隔離距離を保つためとか事故を発生させないように供給するため等があると思われます。

そこで地中ケーブル引き込み部分には必ず気中開閉器が設置されていると思っていましたが必ずしもそうではない例もあったのです。
その1つは電鉄踏切横断部分で高圧2回線がケーブルになって渡るのですが片側では2回線がそれぞれ気中開閉器を通って地中に引き込まれ反対側でまず1回線が気中開閉器なしで立ち上がり次の電柱でもう1回線が気中開閉器を通って立ち上がり横断が完了しています。
気中開閉器なしで立ち上がっているのはなぜでしょうか?ケーブル区間が短いからでしょうか?
あるいは地中に気中開閉器のような機能をする装置があるからなのでしょうか?

次はビルやマンションの高圧需要家の例ですが建物脇の道路で気中開閉器なしで構内第1柱もなしにダイレクトに地中に引き込まれていました。
大口高圧需要家は地下等に変電設備を持っているはずなのでそこに気中開閉器に代わる装置があるからなのでしょうか?

そもそも短絡・地絡等の線路事故対策で気中開閉器をケーブル区間の前後に設置するのでしょうか?

ややこしい質問ばかりですみません。

東電管内では地中ケーブルは変電所からの立ち上がり部分、送電線交差部分、電鉄踏切横断部分、高圧需要家への引き込み部分等様々な場所で使用されています。
地中ケーブルにすべき理由には大雑把にいうと他の高電圧の電線との隔離距離を保つためとか事故を発生させないように供給するため等があると思われます。

そこで地中ケーブル引き込み部分には必ず気中開閉器が設置されていると思っていましたが必ずしもそうではない例もあったのです。
その1つは電鉄踏切横断部分で高圧2回線がケーブルになって渡るのです...続きを読む

Aベストアンサー

>片側では2回線がそれぞれ気中開閉器を通って地中に引き込まれ反対側でまず1回線が気中開閉器なしで立ち上がり次の電柱でもう1回線が気中開閉器を通って立ち上がり横断が完了しています。

高圧ケーブルは架空配電線に比較すると電線の信頼性や耐久性が若干劣ります。
万が一の事故の際や定期的なケーブル入替えの際を考慮し、ケーブル両端に電源を切り離せる開閉器がある事が理想的なだけであり、必ずしも開閉器を取付しなければならないという取決めにはなっていません。
ましてそのような状況の開閉器はあくまでも単なる開閉器であり、自動化開閉器などは不要なため使用する事はまずありません。
しかし電柱の装柱の関係上、そこに開閉器を取付できるだけのスペースがない場合は近隣の電柱に線路用に開閉器を取付して兼用させる事があります。
その場合だと自動化開閉器の採用は有り得ます。
通常はあくまでも線路から切り離すための単なる開閉器が主です。

>次はビルやマンションの高圧需要家の例ですが建物脇の道路で気中開閉器なしで構内第1柱もなしにダイレクトに地中に引き込まれていました。
大口高圧需要家は地下等に変電設備を持っているはずなのでそこに気中開閉器に代わる装置があるからなのでしょうか?

建物内に自家変電所を持つ場合は受電点にPASが設置してあり、PAS一次側の接続点が責任分界点になります。
古い設備でなら開閉器無しでの地中高圧ケーブル引込は特に珍しいものでもありませんが、いずれ来る定期点検や改修工事を想定して開閉器の取付が進んだところは多いです。
また市街地などでよくある例ですが、高圧引込ケーブルを客先持ちで電力柱まで引き上げる場合があります。
その場合は責任分界点の関係上、電力会社で電力柱にGR付きのPASを取付する場合がありますが、設備が古い場合は時としてそうしない場合もあります。

建物内に借室による電力会社の変電設備がある場合は、通常はケーブル引込を落とす電力柱には開閉器を取付します。
これも通常は単なる開閉器です。
変電設備の一次側にも開閉器の取付はされています。
これらは全てメンテナンスのための単なる開閉器です。

ケーブルは架空で電線が張れないとか、離隔距離が確保できない場合にのみ採用されます。

>片側では2回線がそれぞれ気中開閉器を通って地中に引き込まれ反対側でまず1回線が気中開閉器なしで立ち上がり次の電柱でもう1回線が気中開閉器を通って立ち上がり横断が完了しています。

高圧ケーブルは架空配電線に比較すると電線の信頼性や耐久性が若干劣ります。
万が一の事故の際や定期的なケーブル入替えの際を考慮し、ケーブル両端に電源を切り離せる開閉器がある事が理想的なだけであり、必ずしも開閉器を取付しなければならないという取決めにはなっていません。
ましてそのような状況の開閉器はあくま...続きを読む

QBMWのE60とE39ってなんですか?

今度BMWの5シリーズ購入を考えているので2chで
調べていたのですがE60・E39という文字がでてきて何かと思ってBMWのHPで調べたのですが、いまいち理解できません。解りやすく教えて下さい。くだらない質問ですみません。

Aベストアンサー

モデルコードです。
国産車で、例えば○代目クラウンとか△代目スカイラインとか言うのと同じ感じ。

以下で簡潔にまとめられています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/M_Gmbh

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/M_Gmbh

Q柱上開閉器の開閉頻度について

配電系統について勉強しています。電柱の上にある柱上開閉器は事故時などに開閉をして、停電区間を最小にしたり、配電損失を最小にするように開閉器の開閉を決定するところまで勉強しました。
ここで疑問に思ったのですが、開閉器はどの程度の頻度で開閉しているのですか?調べても開閉頻度について載ってなかったので教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

No1です。
>開閉器は通常の負荷電流の時は開閉できるが、事故時の電流は開閉できない。遮断器は事故時の負荷電流でも遮断できる
基本的にはそのとおりで良いと思います。開閉器でもある程度大きな電流を遮断することはできますが、遮断器ほどの性能はありません。
そもそも配電線の事故では変電所の保護リレーが動作して、遮断器で切るので、開閉器で事故電流を遮断することは無いと思います。

QBMW E39 純正からのオーディオ換装

00年 純正オーディオ(CDチェンジャ 10スピーカー)です。
音に関してはステレオで聞ければよいくらいの期待度です。

オーディオの知識ありません。純正のオーディオを全て(CD、OBC、アンプ)撤去して、当初はスピーカだけを活かして、市販のアンプ内臓CDプレイヤーヘッドユニットに交換(AUX口付き+MP3使用)しようと考えています。2-3年後にスピーカーも変えるつもりです。(一気にやるのは大変なので、、、)

以下について経験ある方、概要でよいので教えてください。
→今後検討するための方向性を知りたい。実際の詳しいことは今後自分で調べるか、ショップに聞きます。(何を調べたらよいか、聞いたらよいかがわからないので、、、)

1、純正アンプから各スピーカーに2本づつ(20本)の音声配線が行っています。
  市販のヘッドユニットだと左右前後までの4系統(8本)の接続しかできません。
  アンプを別途は設置せずに、これはどのようにすれば良いのでしょうか?
  何か分配器となるものがある? アンプを別途いれるしかない?

2、上記1に絡むかもしれませんが、BMWの配線はパッシブ??(意味わかりません)なので市販のものはつながらない???この意味は?

3、スピーカーが8Ωらしいのですが、市販のヘッドユニットとそのままつなげられる?

なお、OBCユニット(センターモニタ)の取り外しやステーなどの加工については不要です。(DIYできます)
現在、DIYで純正のカセットの音声出力をCUTしてMP3プレイヤーの出力にして聞いています。
DIYの作業自体は好きでわかれば結構できるつもりですが、オーディオの知識がほぼ0なので困っています。

よろしくお願いします。

00年 純正オーディオ(CDチェンジャ 10スピーカー)です。
音に関してはステレオで聞ければよいくらいの期待度です。

オーディオの知識ありません。純正のオーディオを全て(CD、OBC、アンプ)撤去して、当初はスピーカだけを活かして、市販のアンプ内臓CDプレイヤーヘッドユニットに交換(AUX口付き+MP3使用)しようと考えています。2-3年後にスピーカーも変えるつもりです。(一気にやるのは大変なので、、、)

以下について経験ある方、概要でよいので教えてください。
→今後検討するため...続きを読む

Aベストアンサー

お考えされている通り2本から6本の分岐となります。
ネットワークは各スピーカーに対しての再生周波数を割り当てるフィルターになっています。
車載用3WAYネットワークで検索されると商品が見つかると思います。
製品にもよりますが調整が出来る物が販売されています。

Q【電気】「開閉器」と「配線用遮断器」は同じ意味で同じものですか? 配線用遮断器には過電流遮断器が付

【電気】「開閉器」と「配線用遮断器」は同じ意味で同じものですか?

配線用遮断器には過電流遮断器が付いてる?

開閉器には過電流遮断器が付いていない?

分電盤に過電流遮断器が付いているのに過電流遮断器機能付きの配線用遮断器を付ける意味ってありますか?

開閉器でいいのでは?

Aベストアンサー

> 「開閉器」と「配線用遮断器」は同じ意味で同じものですか?
別々な役目がある電気機器として考えます。

1)開閉器
「開閉器」は負荷機器を頻繁に開閉できるように製作されています。
「開閉器」にもいろいろな種類があります。通常は手動で入/切
して設備や装置を運転/停止させますが、それぞれ電気的寿命や
機械的寿命が決まっています。なお、配線用遮断器に比べ開閉頻度
や開閉寿命が長くなっています。
その他、過電流検出機構がありませんので、過電流が流れても開く
ことができません。
ただし、5~10倍程度の過電流であれば開路することができますの
で、過電流継電器を追加接続しますと開路することが可能になりま
す。

なお、負荷機器の運転条件(状況)により異なりますが、モータなど
を遠方にて開閉できる「電磁開閉器」があり、この機種ですと、
モータの負荷電流を数百万回(電気的寿命)開閉できるものもありま
す。

問題点として、開閉器以降の配線で種々の理由で短絡事故が発生し
ますと数千A以上の過大な電流が流れます。
開閉器はこのような過大な電流は遮断できず、大きく損傷すること
があります。

2)配線用遮断器
配線用遮断器以降の配線で種々の理由で短絡事故が発生しますと
数千A以上の過大な電流が流れます。
配線用遮断器はこのような過大な電流でも安全で確実に遮断できる
ように製作されています。

過大な電流と言っても設備(変圧器容量など)の違いにより、数千A、
数万Aから百万A以上になるため、配線用遮断器には幾らまでの
短絡電流であれば、安全で確実に遮断できるかを決めてあります。

また、大きな短絡電流を遮断した場合、遮断機の開閉機構もある
程度、ダメージを受けますので規格上、短絡電流を遮断できる回数
は3回となっています。

通常、想定される電流として定格電流がありますが、定格電流の
開閉回数は500~1,500回程度とされています。
これにより負荷機器の開閉は開閉器が担当し、配線用遮断器は普段
は入れたままとし、点検の時に切る。或いは、工場にて仕事が終わ
る夕方に切るような頻度の少ない使用方法が良いとされています。

> 配線用遮断器には過電流遮断器が付いてる?
配線用遮断器は過電流遮断器の一つですので、特に、断りが無い
限り過電流遮断機構が内蔵されています。

> 開閉器には過電流遮断器が付いていない?
開閉器には過電流遮断器は付いていません。
開閉器は、ある程度の過電流であれば開路することができますので
別に過電流継電器を設けることにより過電流も遮断できるようにす
ることも可能です。
また、先に示した電磁開閉器がありますが、モータの過負荷保護と
してサーマルリレー(熱動形過電流継電器)を一体化して接続してい
ます。この場合は、過負荷などの過電流であれば、検出して開路す
ることができます。

なお、開閉器にある程度の短絡電流であれば遮断できる機能を付加
した一体型の機種も「マニュアルモータスタータ」として製作、販
売されるようになりました。

> 分電盤に過電流遮断器が付いているのに過電流遮断器機能付きの
> 配線用遮断器を付ける意味ってありますか?
> 開閉器でいいのでは?
分電盤に種々な設備や機械、装置があり、それぞれ運転条件、状況
が異なりますので、開閉器で良いとは言えません。

簡単な例として、複数の部屋に電源を供給している分電盤に過電流
遮断器が1台あり、各部屋には複数の開閉器で区分した例です。
一つに部屋で事故があり短絡電流が流れますと、開閉器では検出で
きず、また、過電流も遮断できません。
この結果、分電盤に設けた過電流遮断器(配線用遮断器)が開いて電
源から切り離すことができます。
だだし、事故を起こしていない他の部屋まで電源がなくなります
ので、停電の被害が波及します。

この状況は特にテナントが入るビルなどでは問題となりますので、
分電盤の主回路用として大きな容量の過電流遮断器(配線用遮断器)
を設け、各テナントには個々の過電流遮断器(配線用遮断器)を設け
停電の被害が波及しないように計画(保護協調)、製作されます。

> 「開閉器」と「配線用遮断器」は同じ意味で同じものですか?
別々な役目がある電気機器として考えます。

1)開閉器
「開閉器」は負荷機器を頻繁に開閉できるように製作されています。
「開閉器」にもいろいろな種類があります。通常は手動で入/切
して設備や装置を運転/停止させますが、それぞれ電気的寿命や
機械的寿命が決まっています。なお、配線用遮断器に比べ開閉頻度
や開閉寿命が長くなっています。
その他、過電流検出機構がありませんので、過電流が流れても開く
ことができません。
ただし、5~1...続きを読む

Qシルビア180SX部品(ブーツ類)に詳しい方◆E-KS13/E-S13/E-KRS13/E-RS13

240SXを所有しています。

近々の車検整備において、テンションロッド/ドライブシャフトのブーツ破損を指摘されました。

現在では、どちらもブーツ単体での部品供給がなく、
セットで6万円以上は掛かるとの事でした。


ところが、以前はブッシュ単体での部品供給があったらしく、
工賃込みでも2000円程度だとか。。。

(モノさえ特定できれば、数百円の代物)


なので、テンションロッド/ドライブシャフトのブーツ単体の部品を入手したいと思っています。

但し、型式や車検証からは、部品を特定することが出来ません。(記載なしまたは不明なため)


そこで、シルビア(S13)・180SX(RS13)の情報をお持ちの方がいましたら、
これらに関する部品/型番/入手経路などをお教え頂けると助かります。

型式[E-KS13/E-S13/E-KRS13/E-RS13]辺りが同時期ではないかと見ていますが、
[E-PS13/E-KPS13/E-RPS13/E-KRPS13]でも共通部品がある様ですし、
社外品の型番などが分かれば、入手ができるかと。。。

(参考としては、http://www.monotaro.com/car/partsSearch/)

前期・中期・後期の部品でも、同型または流用が可能であれば問題ありません。


よろしくお願い致します。

240SXを所有しています。

近々の車検整備において、テンションロッド/ドライブシャフトのブーツ破損を指摘されました。

現在では、どちらもブーツ単体での部品供給がなく、
セットで6万円以上は掛かるとの事でした。


ところが、以前はブッシュ単体での部品供給があったらしく、
工賃込みでも2000円程度だとか。。。

(モノさえ特定できれば、数百円の代物)


なので、テンションロッド/ドライブシャフトのブーツ単体の部品を入手したいと思っています。

但し、型式や車検証からは...続きを読む

Aベストアンサー

先ずは海外サイトに行ってみましょう。
欧米露など色々と存在しますから。

そこに行くと、整備マニュアルが見れます。
それを見て、部品を特定しましょう。

サイトによっては同型品番違いに対応している所もあるので、根気強く探しましょう。

大体の場合は、プロショップやディーラーで入手できると思います。
それでも駄目なら、外国に友達を作るかです。

要は、海外目線という事です。
一応、輸入車ですから。

Q松下電工 電磁開閉器の結線について

動力三相200V電力においてモーターを動作させるために松下電工製の電磁開閉器を使用して回路を結線したのですが押しボタンスイッチのONを押しても電磁開閉器が動作しません。どなたか対処方法をご教示下さい。
電磁開閉器はナショナルFK-10KN(2.2kw)
開閉器ケースに記載されていた結線図のとおりR・S・T線を結線。
押しボタンスイッチとコンデンサを接続。
モーターはまだ接続していません。
単純に押しボタンでON/OFFするだけの回路です。
開閉器・スイッチ・コンデンサともに新品です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

[電磁接触器]と[サーマルリレー]が一体となったものを[電磁開閉器]と
いいます。
正規の配線をして動作しない場合の原因として単純に考えますと、
[サーマルリレー]が動作している(トリップ状態、OFF) 状態になっている
と思います。
多分、輸送時や取付時の振動やショックで動作してしまったものと推定
します。
[サーマルリレー]の調整ダイヤルの近辺に[リセット棒]があると思います
ので、リセット(復帰)動作を行なって下さい。
リセット棒の位置やリセット動作の方法の詳細は、取扱説明書を参照して
操作して下さい。

それでも動作しない場合は、テスターなどにより、
(1)配線の導通をチェックして、接続通りがもう一度調べます。
更に電圧を印加し
(2)どの端子まで電圧が印加されているか。
(3)押釦SWを押した時、コイルに電圧が印加されているか
など、接続点を順番に点検して行けば、容易に原因がつかめると思います。

QBMW525 E39のユーザー車検を受けたい!

私はBMW525i 96年式ディーラー車に乗っていますが、この度ユーザー車検に初挑戦しようと思っております。

そこで懸念される事が2つあります。

ひとつは当525はヘラ製の後期型純正タイプ?のイカリングHIDライトに換装しておりますが、光軸がいささか低いような気がしてます。
いざ、上下左右調整する必要がある場合、どこをどういじれば調整できますでしょうか?
ざっと見ましたが分かりませんでした。

ふたつめは、19インチ 扁平30 幅255のタイヤを履かせておりますが、スピードメーターが狂っていないか否か気がかりです。

経験者の方おられましたらご教授くださると幸いです!

Aベストアンサー

当方、車種は違いますが、(ボルボ850)今年の、8月にユーザー車検を行なってきました。光軸の調整または、スピードメーターの測定はなかなか素人には難しいと思われます。車検場の近くにテスター屋さん(?)車検の検査等に関して、対応してくれるお店が有ります。そのお店に、スピードの測定と光軸調整をしてもらった方が、早いと思われます。当方、浜松ですが、1箇所、¥1000で調整もしてくれます。
スピードメーター等は、メータにテープにてマーキングして貰えば、本番の時に、焦らないで困る事もないでしょう。また、当日、車検に落ちてもその日の内なら何度でも、再検査可能ですので、落ちた箇所を確認した後に、お店に行って、調整してもらえば、さらに、安価に済みますが・・・。

Q開閉器(電気)について

開閉器とは何かをネットで調べていたら、次のような説明が出てきました。
開閉器とは平常時の負荷電流を開閉でき、
かつ電路の短絡状態における異常電流も投入できる装置。
平常時の負荷電流を開閉できるというのは理解できました。
でも次の短絡状態における異常電流も投入できるという説明がわかりません。
異常電流は遮断しなければならないものではないのでしょうか、
それをわざわざ投入するなんて意味がわかりません。
開閉器に異常電流を投入するわけですよね。そうして短絡事故を防ぐわけですよね。
ということは開閉器があれば遮断機はいらないのですか?

だれか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・開閉器は基本的に負荷電流を開閉(投入、開放)が出来ます。
・遮断器は事故電流の遮断が出来ます。

小さな電流は開閉器でも開閉できますが、大きな電流(例えば1000A以上電流)は投入できても、開放(機械的にブレード、接触子は離れますが、大きな電流のよりアークが継続してブレード、接触子を溶断します。 アークが繋がった状態で事故電流が継続します。)出来ません。開閉器を投入の場合には大きな電流は流れますが、ブレード接触子が繋がった状態となります。(ブレード接触子が溶断しません。但し、短時間耐電流以上となると熱エネルギーにより溶断)

問題は開放(切り)の時ですのでアークを遮断する遮断器
ABB(空気遮断器)高圧力のエアーによりアークを吹き飛ばす。(昔のCB)
MBB(磁器遮断器)磁力によりアーク径路を延ばし遮断。(昔のCB)
OCB(油入遮断器)電気絶縁油中においてアークを消弧。(昔のCB)
VCB(真空遮断器)真空中のバルブ内でアークを消弧。(現行の6kV VCB)
GCB(ガス遮断器)SF6ガス中においてアークを消弧。(昔の超高圧などでは2気圧方式など有り。)

大きな電流を如何に切るか、アークを遮断するかが重要問題です。

開閉器は大きな異常電流も投入できますが、その後の対応は上位にある遮断器による遮断(電流を切る)が必要となります。

説明文はあくまで開閉器の電気的能力を説明していますので、事故電流の入り(投入)を推奨してはおりません。
機器の費用(金額)、断路機能、がありますので適材適所で使用が必要と思います。

・開閉器は基本的に負荷電流を開閉(投入、開放)が出来ます。
・遮断器は事故電流の遮断が出来ます。

小さな電流は開閉器でも開閉できますが、大きな電流(例えば1000A以上電流)は投入できても、開放(機械的にブレード、接触子は離れますが、大きな電流のよりアークが継続してブレード、接触子を溶断します。 アークが繋がった状態で事故電流が継続します。)出来ません。開閉器を投入の場合には大きな電流は流れますが、ブレード接触子が繋がった状態となります。(ブレード接触子が溶断しません。但し、短時...続きを読む

QBMWのE39(525i)を購入予定なのですが・・・?

E39の525iを購入予定です。確か96年6月~の登場になると思いますが、何かの雑誌で「前期型はパワーがないのでやめたほうがいい」と書いてあったのですが、前期型とはいつまでのことでしょうか?また、後期型と何が違うのでしょうか?教えてください。また、シフトレバー正面のダッシュボードに10cm四方の四角い画面がついたものと、そうでないものがありますが、これも前期・後期の違いでしょうか?どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://autos.goo.ne.jp/catalog/grade/20151502.html
これを見れば大体分かると思います。
後期は見た目も全然違いますね。バンパーとかライトとか。
外車は見た目が同じでも毎年良くなるので新しければ新しいほうが
故障しにくくなり、性能もよくなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報