夫は老齢基礎年金と老齢厚生年金をもらっており、妻は障害基礎年金と障害厚生年金をもらっているとします。夫が亡くなった場合、妻は障害基礎年金と障害厚生年金、および、遺族厚生年金を併給することができますか。
 また、上記のケースで、妻が障害基礎年金と老齢厚生年金をもらっていた場合は、障害基礎年金と老齢厚生年金、および、遺族厚生年金を併給することができますか。
 どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

障害厚生年金が 老齢厚生年金と同様と考えれば 老齢厚生と遺族厚生の併給が受けられるので その形でOkかも(厚生年金の加入年数がどうなっているのか、、?報酬部分と1級での25%加算がどうなっているのかは不明)


その場合でも 老齢厚生年金と遺族厚生年金の併給調整によって半分と3分の2といった減額された上での併給だと思います。

配偶者の厚生年金の4分の3の3分の2 つまり半分と 自分の老齢厚生年金の半分 だったら どちらか高い方を選択した方がよい事になりますね。



旧障害と 遺族厚生は併給されます。

いずれにしろ金額がどのようになるのか微妙ですから 計算してもらったほうが良いです。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。社会保険事務所に聞いてみます。

お礼日時:2009/08/19 05:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q粗供養にお礼状は必要ですか?

昨年末に夫の従兄弟が亡くなり、夫婦と姑(故人の叔母)で葬儀に出席しました。
そして先日四十九日があり、私たち夫婦はお供えのお金を姑にお願いし、姑だけが出席しました。
(ほかの夫のいとこ達も出席していません)
本日ご遺族の方から粗供養が宅配便で届きました。
そこで質問なのですが、この場合は粗供養に対してお礼状を出すほうがよろしいのでしょうか?
香典返しにはお礼はしない(不幸が続かないように?)と聞いたことがあるのですが、粗供養も同じように考えるのでしょうか?
またお礼状や電話で連絡する場合、どのような内容にすればよいのでしょうか?
有難うございます、では失礼ですよね?

Aベストアンサー

うちも大変似た状況がありました。

祖母の四十九日のお包みに対してお返しをしたところ、
お礼の電話が掛かってきました。

普通に、『本日届きました、わざわざ有難うございました。』
というお電話でした。
殆どの方がそういうごく一般的な、物をもらった時のシンプルなお礼でした。
礼状より電話の数が多かったと思います。
(礼状あったかな?あまり記憶にありません。)

仮に礼状を送るにしても、特に仏事用語を特筆されなくて結構だと思いますよ。
普段通りのお礼状として使う言葉で結構だと思います^^;

Q障害基礎年金と遺族厚生年金の併給について

こんばんは。お尋ねします。

社労士試験の過去問に下記のような問題があります。
「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合において、支給停止されるべき障害基礎年金の支払が行われたときは、その支払われた額については、遺族厚生年金の内払いとみなすことができる。(答えは○)」

「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合」とありますが、そもそも両年金は併給が可能で、選択の可能性がないのではないでしょうか?

「障害基礎年金と遺族厚生年金は併給可能」というルールと問題文のケースとの相違や、私の勘違いにつきましてお手数ですがご指摘いただきたく存じます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

年度によって違ったのでは?

Q面接後のお礼状は最終面接が終わってから出すべき?

一応、第一面接をクリアした企業があるのですが、お礼状はまだ出していません。

タイトルに書いたのですが、お礼状は最終面接がすんで、出すべきでしょうか?

しかし、最終面接がすんで出す手紙は内定通知のお礼状となってしまいますよね?

企業へのお手紙は「面接後のお礼状・内定通知のお礼状」と二回出すのでしょうか?

まだ内定を貰った事がないので、分かりません。
どなたかアドバイスを下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面接後・内定後ともに礼状の送付は必要ないと思います。
少なくとも、礼状が採用の後押しになるほど、世の中や会社は甘くありません。
礼状を出すためのパワーを、今後の面接に活かした方が余程いいと思うのですが。

Q遺族厚生年金における妻への支給停止について

お世話になります。

社労士試験の勉強中ですが、遺族厚生年金について質問します。

1.遺族厚生年金において、夫が死亡して子と妻が
受給権者である場合では、「子は遺族基礎年金の受給権を持つが、妻が遺族基礎年金
の受給権を持たないときは、妻に対する遺族厚生年金はその間支給停止される」とあり、
「妻と子が生計を同じくしないとき」がこれに該当すると教科書に書いてあります。

2.ここで、例えば夫、妻、子(夫婦の実子)の3人が夫の収入で生活していたが夫が死亡し、
夫死亡後、子が妻と別居しアルバイト等で自分で生計を維持するようになり、この別居
により妻の遺族基礎年金が失権した場合、妻は『遺族厚生年金の受給権は持ち続けるが、
永遠に支給停止のままである』と考えてよいでしょうか?

Aベストアンサー

度々お世話になります。

「永遠に」というのがどれくらいの期間を
指すのかがわかりませんが、
厚生年金保険法第66条第2項において
「妻が国民年金法による遺族基礎年金の受給権を有しない場合であって
子が当該遺族基礎年金の受給権を有するときは、その間、その支給を停止する。」
とありますように、子が当該遺族基礎年金の受給権を有している間、その支給が停止されます。
裏を返しますと、子が当該遺族基礎年金の受給権を有しなくなる(失権する)と
妻の遺族厚生年金の支給停止が解除され、妻に支給されるようになります。
子の遺族基礎年金は第40条第1項または第3項に該当(一番多いのは18歳到達)しますと
失権しますので、子の受給権が失権すると妻の遺族厚生年金の支給が再開されます。
(子の受給権が失権する前に妻が亡くなるとある意味永遠に支給停止のままということになります)

妻と子は同順位者ですので、子のある妻の場合は
妻も子も遺族厚生年金や遺族基礎年金の受給権を有してるのが一般的ですが、
遺族年金の支給は、遺族基礎年金が支給される者が優先されますので
妻に遺族基礎年金が支給される場合は、妻に遺族厚生年金が支給され、(子は支給停止)
子に遺族基礎年金が支給される場合は、子に遺族厚生年金が支給されます。(妻は支給停止)
子に遺族基礎年金が支給されなくなると、妻の遺族厚生年金の支給が再開されるようになります。

このように、子の受給権がなくなると、妻の支給停止が解除されることにご留意くださいませ。

【参考1】国民年金法(昭和三十四年四月十六日法律第百四十一号)
(失権)
第四十条 遺族基礎年金の受給権は、受給権者が次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。
一 死亡したとき。
二 婚姻をしたとき。
三 養子となつたとき(直系血族又は直系姻族の養子となつたときを除く。)。
2 妻の有する遺族基礎年金の受給権は、前項の規定によつて消滅するほか、第三十九条第一項に規定する子が一人であるときはその子が、同項に規定する子が二人以上であるときは同時に又は時を異にしてそのすべての子が、同条第三項各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。
3 子の有する遺族基礎年金の受給権は、第一項の規定によつて消滅するほか、子が次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。
一 離縁によつて、死亡した被保険者又は被保険者であつた者の子でなくなつたとき。
二 十八歳に達した日以後の最初の三月三十一日が終了したとき。ただし、障害等級に該当する障害の状態にあるときを除く。
三 障害等級に該当する障害の状態にある子について、その事情がやんだとき。ただし、その子が十八歳に達する日以後の最初の三月三十一日までの間にあるときを除く。
四 二十歳に達したとき。

【参考2】厚生年金保険法
第六十六条 子に対する遺族厚生年金は、妻が遺族厚生年金の受給権を有する期間、その支給を停止する。ただし、妻に対する遺族厚生年金が第三十八条の二第一項若しくは第二項、次項本文又は次条の規定によりその支給を停止されている間は、この限りでない。
2 妻に対する遺族厚生年金は、当該被保険者又は被保険者であつた者の死亡について、妻が国民年金法による遺族基礎年金の受給権を有しない場合であつて子が当該遺族基礎年金の受給権を有するときは、その間、その支給を停止する。ただし、子に対する遺族厚生年金が次条の規定によりその支給を停止されている間は、この限りでない。
3 (略)

度々お世話になります。

「永遠に」というのがどれくらいの期間を
指すのかがわかりませんが、
厚生年金保険法第66条第2項において
「妻が国民年金法による遺族基礎年金の受給権を有しない場合であって
子が当該遺族基礎年金の受給権を有するときは、その間、その支給を停止する。」
とありますように、子が当該遺族基礎年金の受給権を有している間、その支給が停止されます。
裏を返しますと、子が当該遺族基礎年金の受給権を有しなくなる(失権する)と
妻の遺族厚生年金の支給停止が解除され、妻に支給される...続きを読む

Q面接のお礼状

今、転職活動中で面接後のお礼状についてお伺いしたいのですが、どなたかアドバイスお願いします。

書類選考を通過し、本日面接に行ってきました。
そして家に帰ってきてからお礼状を封書にて投函したのですが、
先ほど会社から連絡があり2次面接があるので明日の午後また来て欲しいとのことでした。

この場合、2次面接のお礼状は出すべきでしょうか?
本来は1次面接よりも2次面接後にお礼状をだすべきなんでしょうが
連絡が来るまで2次面接があること自体知りませんでした。
2次面接後にお礼状を出すとすると、2日続けてお礼状を出すことになってしまいます。

こんな経験された方がいらっしゃいましたら、どう対処したか教えてください。よろしくお願い致します。
ちなみに、ハローワークの求人です。

Aベストアンサー

御礼状を送るという行為は、最近の就職活動のマニュアルとかの影響
かもしれませんが、
実際のところ、人事としても多数の学生をさばいているので、
御礼状を送ったことへのプラス評価マイナス評価はありません。

初回に感謝の気持ちで送ったのであれば、
それはそれとして、
二日続けて送らなくてもいいでしょう。

実際面接では、当日のマナーや話し方を見ますので、
御礼状を気にされるより、当日の面接でご自分の魅力をアピールできるように頑張ってください。

Q遺族年金の質問です。厚生年金から国民年金に変更

今回主人が退職することになりました。退職後は国民年金に加入することになります。
その際の遺族年金がどうなるのか教えてください。

夫→厚生年金200ヶ月(現在はまだ退職日がきてません)
妻→厚生年金51ヶ月その後夫の扶養160ヶ月
子供→一人 8歳

厚生年金での遺族保障は脱退するともらえないのでしょうか?
また主たる生計者との記載があるのですが今後私が主たる生計者になった時、主人の掛けてきた年金での保証はなくなるのでしょうか?

主人が死んだと想定するのはいい話ではないかもしれませんが、私一人の収入では厳しいものがあるので私自身の覚悟と安心が欲しいのでお願いします。
純粋に質問に対してお答えしてくださる方ぜひお願いします。

Aベストアンサー

> 子供が18歳までに他界した時の遺族年金がどうなるかを聞きたかったんです。

あと100か月たたないうちなら,通常なら遺族厚生年金は支給されません。
ただし
厚生年金の被保険者である間に初診日がある病気やけがが原因で、初診日から5年以内に死亡したとき
には支給されます。
つまり,会社を辞めないうちにうつ病が発症してそれを原因として病院で受診して(ここまでは会社を辞めるまでにしておかないと支給されません。),その初診日から5年以内に自殺なんていう状況であれば支給されます。支給額は,老齢厚生年金の額が年金定期便で送られているかと思いますが,それを使って計算してください。以下の計算式になります。
(平成15年3月までの平均標準報酬月額*7.5/1000*300
+ 平成15年4月以降の平均標準報酬月額*5.769/1000*300) *1.031*0.981*3/4

遺族基礎年金は,ちゃんと国民年金を支払っていれば支給されます。786,500円+子の加算(226,300円)=1,012,800円ですね。

Q面接後のお礼状について

1次試験終了時にお礼状はだしたのですが2次、3次も引き続きお礼状を出したほうがよいのでしょうか。それともお礼状は普通一度だけでよいのでしょうか。

Aベストアンサー

 私の場合、2次、3次全部別の人が面接官だったので、面接官の名前で個人宛にお礼状を送っていました。そうすれば、名前を覚えているという印象も付きますし、しつこくもならないので良いのではないかと思います。

Q胎児がいる妻の遺族基礎年金

お世話になります。

遺族基礎年金の受給権で分からないことがあるので質問します。

妻が妊娠して胎児がお腹にいるとき(夫婦に他に子はいないとします)に夫が死亡した場合、妻は「子のいる妻」となり夫が死亡した時点で妻に遺族基礎年金の受給権が発生するのでしょうか?(それとも、子が出生した時点で妻に受給権が発生するのでしょうか?)

ものの本には、「子が出生してから妻に遺族基礎年金の支給が開始する」と書いてありましたが、年金を受け取る権利がいつ発生するかが知りたいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 夫が死亡した時点で妻に遺族基礎年金の受給権が発生するのでしょうか?

違います。

> 子が出生した時点で妻に受給権が発生するのでしょうか?

その通りです。

Q内定を頂いた企業に、内定承諾書と 一緒にお礼状?添え状?を 出すことを知りました。 お礼状と添え状

内定を頂いた企業に、内定承諾書と
一緒にお礼状?添え状?を
出すことを知りました。

お礼状と添え状は同じものですか?
これはパソコンで打ってはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

お礼状と添え状は 一体と考えてよいです。
例えば 「前書き このたびは内定をいただきありがとうございました・・・(中略)・・ つきましては、内定承諾書をご送付申し上げますので 宜しくご査収ください 後書き」と書けば 一体となります。(前書き 中略 後書きの内容は 調べて然るべく考えて書いて下さい。)
できれば 自筆のほうがベターです。

Q国民年金の老齢基礎年金の受給権者について

国民年金の老齢基礎年金の受給権者について

国民年金の老齢基礎年金の
・受給権者
・受給資格期間を満たした者
とでは、どう違うのでしょうか?

どちらも、「保険料納付済期間、保険料免除期間、合算対象期間を合わせて25年以上ある人」だと思うのですが、これ以外に両者の間で違いは何かあるのでしょうか?(何か違いがあるらしいのですが、その違いが分かりません)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

「受給権者」は、受給できる資格が出来たとき(25年以上の対象期間があり、なおかつ受給年齢に達したとき)、年金を受け取る手続き(裁定請求)を行い、受給資格の確認が行われ、認められた方のことです。現時点で年金を受け取る権利のある方です。
認められると、「裁定通知書」「年金証書」などが送付されてきます。

20歳から国民年金を納めていれば、45歳で25年以上の納付期間があり、将来年金を受け取ることができる権利を有するのですが、45歳から年金を受け取ることは出来ませんよね?


人気Q&Aランキング