蛍光ペンの黄色で色をつけても、別の色消しペンで色を消すことができます。このペンの匂いを嗅ぐと、かすかにお酢の匂いがするそうです。蛍光ペンの色を消すことができる理由を教えてください。

A 回答 (1件)

カレーにアンモニアを入れると、色が変わるのって、ご存じでしょうか?


色を付けたり消したりするのは、化学では割と良くある実験です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワードの蛍光ペンだけ仕様が違うのはなぜでしょうか

WORD(2010)の「蛍光ペン」は、例えばその近くにある「文字の色」や「太字」「下線」などと比べて仕様が違うように思います。
ある文字を選択して文字の色や太字等を変えた場合、処理後もその選択は維持されます。
一方、「蛍光ペン」だけは処理すると同時に選択が解除されます。
そのため、例えばある文字を「青」にして「黄色の蛍光ペン」をかけたい場合、「色」⇒「蛍光ペン」の順にすると
うまくいきますが、「蛍光ペン」⇒「色」の順にすると選択がいったん解除されるので、もう一度選択しないといけません。
また、F4キーで同じ作業を繰り返す場合、文字色の変更なら何度も違う文字に対してできますが、蛍光ペンの場合はF4が何の反応もしないので、
毎回文字を選択して蛍光ペンを選ぶ作業をしないといけません。

この理由はなぜでしょうか?

Aベストアンサー

Word 2010に限らず、以前のバージョン、Word 2013でも同様ですね。
Word 95以来操作方法は変わりがないので、そのまま同じ仕様を継承しているということなのでしょう。

Word で文書の作成、編集を行う方法について、作業効率の面からみた場合に、慣れの問題もあると思いますが、いろいろの機能を都度切り替えながらの作業はできるだけ少なくして、同じ作業を連続して行う操作で作成、編集をするほうが、効率よく作業ができると思います。

文書の書式スタイルやレイアウトなどを先に描いて、それに従って作成していく人を多く見かけますが、この方法だと一般的に文書を仕上げるのに時間がかかってしまうのではないかと思っています。
とりあえず必要な内容を入力してしまい、あとから書式スタイルの編集、色の設定、レイアウトの編集など、同じ種類の作業をまとめて行うほうが、素早く文書を作成できるようになると思います。

質問のような機能を使っての編集なども、複数の機能を交互に切り替えて作業するのではなく、文字の色設定をすべて行ってから蛍光ペンの設定をまとめて行うようにする方法です。
 

Word 2010に限らず、以前のバージョン、Word 2013でも同様ですね。
Word 95以来操作方法は変わりがないので、そのまま同じ仕様を継承しているということなのでしょう。

Word で文書の作成、編集を行う方法について、作業効率の面からみた場合に、慣れの問題もあると思いますが、いろいろの機能を都度切り替えながらの作業はできるだけ少なくして、同じ作業を連続して行う操作で作成、編集をするほうが、効率よく作業ができると思います。

文書の書式スタイルやレイアウトなどを先に描いて、それに従って作成して...続きを読む

Q食用青色1号と黄色5号

国内で使用される食用青色1号と黄色5号はそれぞれFDAの青色1号と黄色6号としてそのまま米国で使用して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の食用青色1号
http://www.saneigenffi.co.jp/color/gob1.html
日本の食用黄色5号
http://www.saneigenffi.co.jp/color/goy5.html
http://kenko4u.com/archives/2005/09/_fcf.html

貴方が書かれたとおりだと思いますが、素人なので絶対とは書けません。

Q蛍光ペンのマーカーを消せる蛍光ペンを探してます

40年くらい前に蛍光ペンのマーカーを消せる蛍光ペンが存在して実際使ってました。文字の上に蛍光ペンでマーカーした時間違ったり、はみしだした時など消える蛍光ペンてなぞると文字だけ残りマーカーのみ消せる蛍光ペン(白か透明)がありました。今は無いのでしょうか。

Aベストアンサー

消せればいいのであれば、フリクションの蛍光ペンが今は主流です。
http://www.pilot.co.jp/products/pen/sign_marker/keikou_pen/frixionlight/

ペンでなぞって消すのにこだわるのであれば、
ツインタイプの
http://www.npk-net.co.jp/syouhin/pen/6440
http://www.ohto.co.jp/html/new_products/yk-100w.html

Qオイル(油)の黄色って何の色ですか?

オイルって大体が黄色ですよね。
以前植物オイルをスキンケアに使っていたのですが、
窓際に置いておいたら日に当たったからか黄色から透明になっていました。
酸化してしまったんだろうなぁと思うのですが、
油が酸化すると何がどうなって黄色から透明になるのか、
そもそもあの黄色は油の何の成分によってなのか気になります。
どなたか詳しい方、教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

私の経験だと、油が酸化していくと、透明→黄色→黒色と変化していくことが多かったと思います。身近な油だと最初から薄い黄色ですが、天ぷら油を使い続けると黒色になっていきますよね。
固形物ですがワセリンも白色→黄色→黒色になります。化粧品でよく使用される脂肪酸エステル系材料も比較的安定ですが、酸化が進むと黄色になるケースがあります。(加水分解後に脂肪酸のアルキルが酸化?)
油単体で黄色の時は色んなケースがありますが、1つの例として二重結合などの共役による光吸収が考えられます。また、不純物により色が着いているケースもあります。
さて、質問者さんのケースですが、その植物オイルに入っていた不純物が日光により分解して色が消えたのではないかと推測します。例えば、酸化防止剤とか植物由来の微量の色素など。その植物オイルに他の材料が配合されている場合は別の化学反応が起きている可能性もあります。

QWord2007で蛍光ペンを一気に消す方法

Word 2007を使っており、文書内の随所に蛍光ペンを使っているのですが、文書が完成したら蛍光ペンを全部消したいのです。
(蛍光ペン部分を文字ごと消すのではありません)

一か所ずつ消すのは非効率的なので、一気に蛍光ペンだけ消す方法があれば教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらに書かれている方法で、文書全体から消せるはずです。
http://office.microsoft.com/ja-jp/word/HP100144091041.aspx#3

>Ctrl キーを押しながら A キーを押して文書全体を選択します。
>[ホーム] タブの [フォント] で [蛍光ペンの色] の横にある矢印をクリックします。
>[色なし] をクリックします。

Qターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色

ターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色に変化します。
石鹸を洗い落とすとまたもとの黄色に戻るのですが、この反応は、化学的にはどう説明できるのでしょうか。

幼児教室でウコン染め体験をするので、知りたく思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらくはpHの影響だろうと思います。
中性では黄色で、アルカリ性ではピンクっぽくなるということでしょう。
重曹でアルカリ性にしたり、酢で酸性にしても同様のことが起こるかもしれません。
参考URLに説明があります。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/tennen/ukon.html

Q蛍光ペン(できれば黄色)とシャープペンが1本になったペンを探しています。

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。

電車で立ちながら、コンパクトの本に書き込みをしたいのですが、
蛍光ペンで線を引き、シャープペンで文字を書きたいのです。
立ちながら2本のペンを使うのは面倒で、1本にまとまったのがないかなと探しているのですが、
なかなか見当たりません。
一番目のの理想として、普通の複合ペンのように(4色ペンのような)、
カチカチとするだけで、蛍光ペンとシャープペンを入れ替えられたらベストですが、
蛍光ペンの太さとシャープペンの芯の太さは違うため、構造上無理かなと思います。
二番目の理想として、蛍光ペンとシャープペンが両極についているものです。
数年前に、蛍光ペンとボールペンが両極についているものは見たことがあるのですが、
シャープペンの場合、芯を出していく必要があるからこちらも構造上無理でしょうか。。。

蛍光ペンとシャープペンの複合ペンをご存知の方、
あるいは、いい代替策が思いつく方、アドバイスをお願いします(^^)

Aベストアンサー

 比較的高価な4色ペンなど多機能ペンの芯は、実は規格が決まっており、他社の替芯が使えます。

 一般的に4Cと呼ばれるもので、国内・海外ともに各種のペンと替芯が販売されています。下記をご参照ください。
http://www.sideriver.com/stationery/special/bung_clm070219bp.html

 ページ下部に、「4C芯を使うマルチペンの主要モデル」がありますが、1,000円程度から購入できます。
 このレベルの多機能ペンを購入し、替芯を蛍光のものに入れかえれば、お好みのペンが完成すると思います。

 ところで、自分はステッドラーのアバンギャルドを使っていますが、それまで3色ペンはすぐに無くしてしまい、結局は年間に何本も買っていたのですが、アバンギャルドを購入して以来、一度も無くさなくなりました。(あたりまえかw)
 モノを大切にするようになったからだと思いますが、そう考えると、案外と経済的です。

Q高校 科学基礎の酸化還元の反応の問題です。 問題11の(2)の所の 何故黄色の所から青色になったのか

高校 科学基礎の酸化還元の反応の問題です。
問題11の(2)の所の
何故黄色の所から青色になったのか知りたいです。
回答お願いします!

Aベストアンサー

元々はSO₂、KMnO₄、H₂Oでの反応式
黄色の左辺を良く見る! Kが抜けているから、これも反応式に足す。
2KMnSO⁴ が2MnSO⁴⁻ と2K⁺に分かれるが、2K⁺が書かれていない。
後で足す。

2Mn²⁺ + 5So⁴⁻ + 4H⁺ は未だイオン式。+イオンと-イオンが反応する。

2Mn²⁺は2価の陽イオン2個だから、2価の陰イオン2個と反応するから
2Mn²⁺ + 2SO⁴⁻  → 2MnSO⁴

2K⁺ + SO⁴⁻  → K₂SO⁴

4H⁺ + 2SO⁴⁻ → 2H₂SO⁴

これで過不足無くピッタリ。

Q蛍光ペンの消し方

ワードで文章の一部を色のついて長方形で囲む表示方法がありますが、これは蛍光ペンでしょうか。
これを消すのは、ツール、オプションの「蛍光ペン」のチェックを外せばよいのですが、他の人のPCで「蛍光ペン」のチェックが入っていれば、表示されます。この表示が出ないようにするにはどうするのですか

よろしく 至急ご返事願います

Aベストアンサー

ツール→オプション→表示項目→蛍光ペン

は表示する際の設定ですから、蛍光ペンを設定していても表示をしたくない場合などにチェックします。
表示されないだけで、蛍光ペンは設定されてますので当然他の、表示にチェックを入れているPCで見れば色が付きます。

蛍光ペン自体を消したいのでしたら、その箇所を選択→蛍光ペンボタン→なし

で蛍光ペン設定がなくなります。

Q蛍光検出器における蛍光強度が安定しない

今、OPA法でアミンの定量に挑戦しているのですが、中々蛍光強度が安定しません。
具体的には、始めは200あった蛍光強度が196、192、188・・・と下がっていき、50ぐらいまで下がったら再び上がり下がりを繰り返す状況となってしまっています。
アントラセンで行った時は正常に定量できたので、機械の方は問題ないと思うのですが・・・
あと、消光してしまった後に試験管に戻して再び測ると、また蛍光が復活するという不思議な現象も起こっています。

使っている試薬はOPA、2-メルカプトエタノール、ホウ酸緩衝液(PH9)、アミノ酸(グリシン)で、室温5分で行っています。

何が原因なのか検討もつきません。どなたか参考意見お願いします。

Aベストアンサー

OPAを使ったことがないのでわかりませんが、
話を読んだ限りでは普通のフォトブリーチングの様に感じられます。
どのような褪色過程を経るのか判りませんが
恐らく蛍光回復可能な褪色過程を経ているため、
褪色と回復とが平衡になるあたりで下がりきり
「上がり下がりを繰り返す」んじゃないかと思います。
アントラセンで正常定量できたのは、恐らく
OPA化アミンよりもアントラセンの方が褪色に強いからでしょう。
励起光を弱くするとか冷やすとかで改善するかもしれません。
もちろん改善しないかもしれませんが・・・
あるいは初めから褪色と仮定して、時間変化をプロットすれば
時刻ゼロでの濃度を見積もるといった感じでどうでしょうか。


人気Q&Aランキング