ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

目視検査の仕事をしています。
今は医療現場で使われるちいさな容器の目視検査をしていて、
透明な容器に、黒や茶色の汚れ(といっても小さな点)があると不良品となるのですが、
これは単に見た目として、汚れがあると見た目てきによくないから不良品となってしまうのですか?

こういう目視検査は人によって行う以外の方法はないのでしょうか?
機械による多少のキズや汚れ、異物(小さな汚れのようなもの)混入などは仕方がないのでしょうか。

かなりよく見ないと分からないほどの汚れなどもあるのですが、そういうものでも
商品に悪影響を及ぼすものなのですか。
だとしたらどんな悪影響なのでしょうか(特に医療品以外のもの)。

また、目視検査を1日中黙々とやるのは意外と大変ですが、
その割には頭をほとんど回転させなくていいです。
そのため、こういう仕事は続けていても、何か自分にとってプラスになったり、
今後転職しようとした場合に、役立つ事を身に付けるというのは不可能なのでしょうか。
身に付いたとしても、黙々と作業をこなす根気強さくらいでしょうか。

座っての仕事でしかも頭も使わないので、身体がなまってしまうでしょうか。

あと、ずっと下を向いて作業を続けることによって、顔にシワが増えたり、たるんだり
ということはあるのでしょうか。

A 回答 (1件)

目視検査の検査基準や代替手段の有無は、品質管理の担当者が判断することです。

曖昧な情報だけで回答することはできません。

また、仮に目視検査と同じことをできる検査機を作ることが技術的に可能だとしても、そのための開発コストや製造コストと質問者さん(とその同僚)の人件費を比較して、どちらが安いかということも考えなければなりません。
さらに、技術的にもコスト的にも問題がないとしても、機械を100%信用しないというのはそれほど悪い考えではありません。

類似の質問をいくつかされているようですが、やらない理由を探すのに一所懸命になるのであれば、思い切って退職することをお勧めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目視検査をすばやくこなす為には?

今仕事で目視検査をしています。
自分なりには頑張っているのですが、なかなかすばやく出来ません。
どうしても慎重になってしまうのです。
かと言って遅すぎる事はないのですが、周りを見ているととても焦ってしまいます。
目視検査はリードフレームを検査しています。
ゴミ・キズ・変形等のチェックです。
正確に・すばやく検査出来るいい方法等あるのでしょうか?
慣れかとは思うのですが、何か訓練(?)やいい方法があればアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

製品検査の大事なことは、「不良品限度の見極め」だと思います。
リードフレームが何なのか分かりませんが、あなたの検査にもきっと限度見本のようなものがあるのではないかと思います。
そうでなければ逆に楽で、徹底的に粗探しのように検査してしまえばいいのですがそれでは生産サイドからクレームが出るはずです。

製品検査とは厳しく検査しすぎてもダメだし、テキトーにしてもダメ・・・・というところが難しいところではないかと考えています。
早く行なうにはやはり、限度見本を良く見て正しく不良品を定義できるようになることが第一かと思います。
自分の中で「このくらいのキズはOK、これ以上は不良品だ」という基準をきちんと確立できていないと現状のように迷ったり、必要以上によく見たりすると思います。

視力やメガネなどの矯正状態に問題があるのならまた別問題ですが(眼鏡屋ですので一応)、まずはこのようなことを念頭において業務を行ってみてはいかがでしょうか。

Q作業標準書、QC工程表、作業手順書の違いは?

機械加工・組立の仕事をしています
お客様から 作業標準書 QC工程表を
見せてほしいと言われることがあります
しかし 我社ではその時その時にそれらしいものを
作成して対応しています
作業標準書とは一般にどのようなもののことでしょうか?
作業標準書、作業手順書、QC工程表の違いがはっきり
わかりません
私的には作業標準書と作業手順書は同じで誰が作業をしても同じ物が効率よく成される標準の手順と考えています
ではQC工程表は検査基準書?チェックシート?・・・わかりません
皆さんはこの違いどのようにお考えでしょうか?
教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

>>作業標準書と作業手順書
同じものだと考えていいと思います。
作業手順書は手順を基本に書きますが、標準書では構成部品も記載されているようです。(手順書+図面と考えればいいかも)

>>QC工程表
工程順に記載され、各工程での検査(確認)内容が書かれます。

単純例
番号 工程   確認項目 方法  方式  記録の有無
1  受入検査  照合  目視  抜取り  有
2  加工    寸法  ノギス 全数   有
3  組立    外観  目視  抜取   無

また、工程フローも併記するのが一般です。記号例
○ :加工
∇ :保管(滞留)
◇ :検査

>>検査基準書
文字通り検査基準です。検査をするには、合格・不適合の判定基準が必要です。
その判定基準を書いたのが検査基準書です。

>>検査チェックシート
QC工程図で記録を取らねばならない工程は、検査チェックシートまたはデータシートに記録を残す必要があります。
なお、検査した後検査基準に基づき合格・不合格の判定が必要となるため、検査基準書と検査チェックシート(データシート)は一緒に作ることが多いです。

単純例 (検査チェックシート)
番号 工程   確認項目 方法  方式  判定基準  記録
1  受入検査  照合  目視  抜取り 図番一致
2  加工    寸法  ノギス 全数  10±0.1

本屋さんに行けば、具体的な記載例が載った本がいろいろあります。
立ち読みでもいいので、一度見てください。

初取引の工場では、会社概要、作業標準書 QC工程表をお出しいただくのが一般的だと思います。
また、ISO9001ではこれら規定類と記録が最重要視されます。

>>作業標準書と作業手順書
同じものだと考えていいと思います。
作業手順書は手順を基本に書きますが、標準書では構成部品も記載されているようです。(手順書+図面と考えればいいかも)

>>QC工程表
工程順に記載され、各工程での検査(確認)内容が書かれます。

単純例
番号 工程   確認項目 方法  方式  記録の有無
1  受入検査  照合  目視  抜取り  有
2  加工    寸法  ノギス 全数   有
3  組立    外観  目視  抜取   無

また、工程フロ...続きを読む

Q作業標準書ってなんでしょうか

はじめまして
機械加工・組立に関して
仕事で作業標準書を作らなければなりません
しかし 我社では作業標準書の定義がありません
具体的にどのようなことを記述すべきか
定義されてません
作成するたびに様式、記述内容が異なっている状態です
一度 作業標準書の定義づけをして はじめからやり直したいと考えています
そこで
1.作業標準書の定義
2.具体的内容
3.参考資料・ページ
についてアドバイスをいただきたく思います
どんなことでもかまいません
アドバイスお願いします

Aベストアンサー

作業標準書の作成と言うことですが、機械加工・組み立てと言うことから、ある程度の流れ(工程)があって、部品なり、製品の加工組立工程かと思います。

 作業標準書とは、これに記載されているとおりに作業を行えば、誰が行っても、その作業が行えるように、表記したもので、作業手順、使用治具、検査方法、測定器などを、図又は写真及び文面で、分りやすく表記する。

 又、作業標準書の補足として、ポイントカードの作成が、良い。
 ポイントカードは、この工程では、このような事に、注意しなさいとか、発生しやすい不良の写真などを表記し、ミスの軽減の役割が有る。

 先ず、作業標準書の前に、全体の物の流れを表した、工程図が必要になります。
 工程図には、加工から組み立てそして完成までを、順番立て、詳細を表記し、これが、作業の標準となるものになります。

 工程図を元にして、各工程や、装置の作業標準書の作成を行います。

 いずれにしても、現場だけでは出来ないことなので、品質管理、生産技術、現場、全体で良い製品を作る為には、ミスを発生しない為には、そして、効率の良い生産を行う為には、を考え、現場の作業者が分りやすいように工夫してあげなければなりません。
 尚、書類関連の一規格として、ISO認証がありますから、その形式にのっとって、資料の関連ずけを、お勧めします。

作業標準書の作成と言うことですが、機械加工・組み立てと言うことから、ある程度の流れ(工程)があって、部品なり、製品の加工組立工程かと思います。

 作業標準書とは、これに記載されているとおりに作業を行えば、誰が行っても、その作業が行えるように、表記したもので、作業手順、使用治具、検査方法、測定器などを、図又は写真及び文面で、分りやすく表記する。

 又、作業標準書の補足として、ポイントカードの作成が、良い。
 ポイントカードは、この工程では、このような事に、注意しなさいとか...続きを読む

Q目視検査の仕事による肩こりに困っています

工場での目視検査の仕事を最近始めました。
まだ5日目ですが、初日から肩こりがとても酷く、困っています。
座っての作業で、小さな部品を手に取り、キズなどをチェックしています。
そのため、部品をよく見ようとすることによって、どうしても頭が下がってきてしまい、
猫背ぎみになってしまうのが原因だと思います。
猫背にならないために、部品を目の高さまでもってきて、できるだけ頭を下げないようにすると
多少は軽減されるのですが、やはり集中していると自然と頭が下がってきてしまったりします。
(1)肩こりを解消するためには、どんな姿勢を心掛ければよいでしょうか。
(2)机と椅子の高さも多少は影響すると思うのですが、適切な高さはどの位なのでしょうか。

以前から働いている職場の人たちは、ほとんど肩こりはないようです。(仕事を始めた頃はどうだったかまでは知りませんが…)
その代わりなのか、目が疲れるとは言っていたりするのですが、私の場合は目の疲れは全くといっていい程ありません。
これらの違いはなぜなのでしょうか。

(3)慣れていくことによって解消するものなのでしょうか。(慣れるまではどの位の期間が必要ですか?まだ5日目ですが
本当に酷いため、このような状態が今後もしばらく続くようであれば、仕事を続けていく自信がありません。8時間ずっと激痛に
近い状態だったりするので…)
慣れというのは、そのうち肩の筋肉がその仕事での姿勢に慣れる?ことによって、肩こりを感じなくなるという事でしょうか。
それとも、仕事に慣れることによって、姿勢を加減できるようになり、肩に負担をかけない姿勢が自然に身に付いて、
その結果、肩こりがなくなるのでしょうか。
慣れるまでの期間に塗り薬や飲み薬などを使っても良いのでしょうか。
(これで慣れるまでの期間が延びるということはないですよね?)

ちなみに、この肩こりは仕事の最中はとにかく酷く、目視検査に集中できないほどなのですが、昼休憩の時や家に帰ってからなどはほとんど平気です。
(私はこの仕事を始める以前から、マッサージを受けた時などによくかなり凝ってますねぇとよく言われていたのですが、
その時は特に痛みもなく、自覚症状はゼロでした。)

今の所はひとまず鎮痛剤を飲んで多少ですが痛みを和らげている状態です。
鎮痛剤を使うのはあまりよくないでしょうか。
姿勢矯正ベルトは効果ありますか?
(4)他にも、この肩こりを解消するための方法を教えていただきたいです。

工場での目視検査の仕事を最近始めました。
まだ5日目ですが、初日から肩こりがとても酷く、困っています。
座っての作業で、小さな部品を手に取り、キズなどをチェックしています。
そのため、部品をよく見ようとすることによって、どうしても頭が下がってきてしまい、
猫背ぎみになってしまうのが原因だと思います。
猫背にならないために、部品を目の高さまでもってきて、できるだけ頭を下げないようにすると
多少は軽減されるのですが、やはり集中していると自然と頭が下がってきてしまったりします。
...続きを読む

Aベストアンサー

仕事したての頃は誰でも緊張度が高いのでそれも原因の一つ
と考えられます。
この場合は運動をされてはいかがでしょうか。
特に水泳などの全身運動は効果があると思います。
また、それほど酷い状態なら塗り薬や飲み薬を使用しないと
もたないでしょう。

Q製造業で手順書確認の再徹底はどうすれば?

製造業で手順書を作業前に確認はどう徹底したらいい?

製造業です。
この度納入先より、梱包仕様が違うとクレームを受けました。
なぜなぜと原因を調べると、手順書をきちんと確認していなかったことが原因でした。

以前にもこういったクレームがあり、朝礼とかで「手順書を作業時に必ず確認を」と言いましたが
恐らく皆見てないものと思われます。
ウチは製品ごとに手順書があり、150機種あります。
毎日ではないですが、する仕事は大体決まって振分けしてますので、以前やった事あるので大丈夫と認識してるのでしょう。

今回起きたのはめったとない商品ですので、いつもの癖できちんと確認できてないのが原因だったと思います。
手順書確認の徹底はどうしたら一番効果的でしょうか?
朝礼で、
「今回起きたクレームは手順書未確認が原因。どうしても思い込みで作業しがちになるが必ず作業開始に手順書の確認を
お願いします。」
とこいった形で注意喚起して、実際作業してるところに言って、「指図書確認した?」と聞くのが効果的でしょうか?

経験あるかた例文・アドバイスお願いします。

製造業で手順書を作業前に確認はどう徹底したらいい?

製造業です。
この度納入先より、梱包仕様が違うとクレームを受けました。
なぜなぜと原因を調べると、手順書をきちんと確認していなかったことが原因でした。

以前にもこういったクレームがあり、朝礼とかで「手順書を作業時に必ず確認を」と言いましたが
恐らく皆見てないものと思われます。
ウチは製品ごとに手順書があり、150機種あります。
毎日ではないですが、する仕事は大体決まって振分けしてますので、以前やった事あるので大丈夫と認識し...続きを読む

Aベストアンサー

>ウチの現場では作業が5つになります。
>(1)部品加工
>(2)組立
>(3)ナット締め・動作確認
>(4)外観検査
>(5)梱包です。
この作業の中で(3)ナット締め・動作確認を例に考えてみましょう。
ナットの締め付けのトルクが指定されていれば、トルクレンチを使いますよね。
トルクレンチが可変式で作業者が締め付けトルクの設定を間違えたら、どうなるでしょう?
御社の製品が分かりませんが、製品が圧力容器と仮定します。指定以下のトルクで締めていたら、お客様が設置した圧力容器は耐圧不足で吹っ飛びますよね。
可変式トルクレンチの設定ミスが原因だったら、どうします?
簡単です、トルク固定式のトルクレンチを使えばいいのです。
一つの可変式トルクレンチで10種類のトルクが異なる製品のナット締めを行うのと、10個のトルク固定式のトルクレンチを使い分ける、どちらを選びますか?
可変式トルクレンチでトルク設定を変えるたびに、トルクレンチテスタで設定トルクに間違いがないか確認する、1個目を作った後、トルクレンチを逆トルクにして戻しトルクを確認するなんて馬鹿げた対策ですよね。

>この中で今記録に残してるのは、部品加工時と梱包工程の日付、数量、時間、作
>業者名、不良内容、備考欄です。
>他にも増やすと手間かかります。
品質保証に携わる人間として言います。「手間がかかるから、やらない。お前はバカか(失礼)?」
発生防止、流出防止策が行われていないのに手間がかかるからやりたくないのですか? 私だったら部下を派遣、あるいはパートさんを採用して、チェック専任で従事させますよ。
クレームが発生した、原因は今までチェックしていない項目だった、同様の繰り返しのクレーム再発なら、チェック項目を増やすのは当たり前です。
要はチェック項目を減らしてもミスが発生しない仕組み作りです。

>今回のクレームは梱包工程に何らかのチェックを設けると防ぎようありそうですが、
>「手順書確認」という意味では、他の工程は記録を残せません。(チェックシート今の
>とこなし)
>全てに設けがんじがらめにしたほうが得策?

チェックシートが無いなら作りましょう。
同様のクレームが再発しているのなら、がんじがらめにするのも対策です。しかし、がんじがらめだったら作業効率、生産効率は落ちて残業が発生して人件費は増えますし、質問者様も作業者の不満を感じるのは辛いでしょう。
前工程、後工程、全工程・会社全体、あるいはお客様・サプライヤーさんに案を募るのが最善ですよ。
お客様・サプライヤーさんに教えて貰うのは恥ではありませんよ。要は「良い所に学び、悪い所を正す」です。

またまた、想像での回答、失礼します。

>ウチの現場では作業が5つになります。
>(1)部品加工
>(2)組立
>(3)ナット締め・動作確認
>(4)外観検査
>(5)梱包です。
この作業の中で(3)ナット締め・動作確認を例に考えてみましょう。
ナットの締め付けのトルクが指定されていれば、トルクレンチを使いますよね。
トルクレンチが可変式で作業者が締め付けトルクの設定を間違えたら、どうなるでしょう?
御社の製品が分かりませんが、製品が圧力容器と仮定します。指定以下のトルクで締めていたら、お客様が設置した圧力容器は耐圧不足で吹っ飛びますよね...続きを読む


人気Q&Aランキング