ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!

先日娘とシンガポールのラッフルズに宿泊した時の夜、30年も前に学生時代に英文学の時間で習ったサマセットモームの小説の中にでてきたある場面の情景が思いだされてなりませんでした。小説名など全く覚えてないのですが、コロニアル風の家かホテルの設定で、ラッフルズホテルのように天井が高く、暑い国なのでよろい戸があり、部屋が薄暗く、天井にはシーリングファンがあって、、、と言うような、まさにラッフルズの風景そのものでしたので、その小説がなんだったのか知りたくて仕方ありません。娘もその小説を読んでみたいと言っておりますので、どなたかご存知の方、宜しくお願い致します。どんなことでも結構です。

A 回答 (1件)

おぼろげな記憶ですが、「雨」という短篇ではないでしょうか。


あるいは、似たテーマの短篇だった可能性もありますが、「雨」が入っているモームの短編集に入れられるような作品のひとつではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答有難うございました!「雨」と言う小説、一度みてみます、
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/29 11:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q堺市を舞台にした小説

大阪府堺市を舞台にした小説には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

森鴎外『堺事件』大岡昇平『堺港攘夷始末』など、wikipediaの堺市のページで紹介されていたものは見たのですが、他にも何かありましたら教えてください。特に浜寺公園周辺を舞台にした小説をさがしていますが、堺市でしたら別のところでもかまいません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

城山三郎「黄金の日々」戦国時代の堺を中心とした話です。NHKの大河ドラマにもなっています。

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Q太宰治の娘さんが小説家のように

太宰治の娘さんが小説家のように
父親が有名小説家で娘さんも
小説家をやっている方を
沢山 教えてください年齢不問でOKです

Aベストアンサー

森茉莉・・ 森鴎外の長女。恋愛小説で有名

犬養道子・・犬養健の長女

斎藤由香・・北杜夫の娘

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Qヨーロッパを舞台にしたお薦め現代小説を教えてください

ヨーロッパを舞台にしたお薦めの現代小説を教えて下さい。
私は平岩弓枝さんの小説や「冷静と情熱のあいだ」など、
ヨーロッパが舞台で日本人が主人公という小説が好きです。
どなたかお薦めのものがあったら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。ヨーロッパでしたら割と宮本輝さん、藤田宜永なんかが多いと思います。特に藤田さんはエールフランスに勤務されていたようですので、初期の作品はフランスを舞台にした物語が多いです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4260315.html←の3番目にフランスを舞台にした小説を載せたのですが、それ以外のヨーロッパの作品を御紹介します。
●宮本輝さん「朝の歓び」「ドナウの旅人」「海辺の扉」
 半分以上がイタリアのあまり知られていないようなバカンスの場所が舞台です。一度終わったゆるい恋愛とイタリアの風景が心地よいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19926210
 「ドナウの旅人」は母と娘の物語で、ドナウ川に沿って物語が進みます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/05414215
 「海辺の扉」は東京とギリシャ半々が舞台の物語です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18763321
●群ようこさん「かもめ食堂」
 映画かもされましたが、ふとした事からフィンランドに旅立ち食堂を始めた主人公と同じようにふとした事からフィンランドに来た2人の女性2人の淡々とした交流をえがいた作品です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32098587

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。ヨーロッパでしたら割と宮本輝さん、藤田宜永なんかが多いと思います。特に藤田さんはエールフランスに勤務されていたようですので、初期の作品はフランスを舞台にした物語が多いです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4260315.html←の3番目にフランスを舞台にした小説を載せたのですが、それ以外のヨーロッパの作品を御紹介します。
●宮本輝さん「朝の歓び」「ドナウの旅人」「海辺の扉」
 半分以上がイタリアのあまり知られていないようなバカンスの場所が舞台です。一度終わったゆるい恋愛とイ...続きを読む

Qオンライン小説の長さの基準

別のカテゴリで質問をしていたのですが、こちらの方が適切なようなので、改めて質問させていただきます。

オンライン小説で短編・中編・長編と表示されているものがありますが、長さの基準といいますか、定義はどのようになっているのでしょうか?
小説(書籍)には大体の基準があるのは知っています。

5ページのオンライン小説が短編なのはわかりますが、それを中編や長編としているサイトもありました。
長編と書いてあったのに、読んでみたら10ページ未満だったこともあります。
ケータイ小説だともっと違いが出ています。

書籍もオンライン小説も好きでよく読むのですが、オンライン小説の長さの基準は作者次第だと思った方がいいのでしょうか?
ちょっと疑問に感じたので、皆さんのご意見をいただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者様のおっしゃるとおり、作者次第だと思います。
特にオンライン小説は素人さんが書いているものが主だと思うので、書籍での基準を知らないのではないでしょうか?(かくいう私もしっかりとしたものは知りません。)

5ページを長編としているサイトさんは、基本が1ページものなのでは
ないでしょうか?
(5ページが長編といわれると、肩透かしを食らった感はありますね)

ちなみに私の感覚だと、短編は3ページくらい、中編は10ページくらい、長編は1晩じゃ読み終わらないくらい、です。(1ページはショート・ショート)曖昧ですね。

Q伊勢神宮、もしくは伊勢・鳥羽を舞台にした歴史小説はありますか?

こんばんは!

 今週、伊勢・鳥羽に一泊旅行の予定で、その中で伊勢神宮に参拝して来る予定です!

 しかし、伊勢神宮に関する知識がほとんどありません。
 そこで伊勢神宮を舞台にした小説などご存知でしたら是非教えてください。
 歴史教科書や歴史資料を読むより小説など物語で読んだほうが頭に入るし、実際旅行に行くのもわくわくすると思うのです。

 また鳥羽にも行く予定ですので鳥羽を舞台にした小説などがあればぜひおしえてください。

 紹介してくださる小説タイトルとともに、その小説の設定された年代なども教えていただけるとありがたいです!!

 また、伊勢神宮の知識欲の背景は以下の通り。
1.上述のようにこの旅行を楽しめるため
2.受けていない歴史教育をこの機会に勉強するため
 というのは祖母の話を聞くと、どうやら戦前の歴史区養育と私が受けたのは全く異なるようなのです。
 祖母曰く「アマテラスオオミカミ・・・ジンムテンノウ・・・・」といったことを教わってきたようですが、私には単語を聞いたくらいしか覚えがありません(一応真面目に授業を聞いていたほうですが)。
 日本の成り立ちなど、ぜひ勉強するために何か参考になるものをご存知でしたらお教えください。

 よろしくお願いします。 

こんばんは!

 今週、伊勢・鳥羽に一泊旅行の予定で、その中で伊勢神宮に参拝して来る予定です!

 しかし、伊勢神宮に関する知識がほとんどありません。
 そこで伊勢神宮を舞台にした小説などご存知でしたら是非教えてください。
 歴史教科書や歴史資料を読むより小説など物語で読んだほうが頭に入るし、実際旅行に行くのもわくわくすると思うのです。

 また鳥羽にも行く予定ですので鳥羽を舞台にした小説などがあればぜひおしえてください。

 紹介してくださる小説タイトルとともに、その小...続きを読む

Aベストアンサー

またお邪魔しました(^^;

こんなところを見つけました。
『安吾・伊勢神宮にゆく (著)坂口安吾』

http://72.14.203.104/search?q=cache:zeRdhMCOAZcJ:www.kankomie.or.jp/bungaku/ichiran.html+%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E3%80%80%E8%88%9E%E5%8F%B0%E3%80%80%E5%B0%8F%E8%AA%AC&hl=ja&lr=lang_ja
伊勢神宮を舞台にした小説というよりは、なぞを解明するような本らしいのです。

http://66.102.7.104/search?q=cache:UjQexYaEXHAJ:item.furima.rakuten.co.jp/item/48884094/+%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E3%80%80%E5%B0%8F%E8%AA%AC&hl=ja&lr=lang_ja

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q佐渡島が舞台の小説

佐渡島に行こうと思っています。
だから佐渡が舞台の小説を読んでいきたいです。
何出版?なに文庫?作者。タイトル。教えてください

Aベストアンサー

佐渡島、良いところですよ!個人的に、北の方にある大野亀の辺りの景色が好きです。

さて、太宰治の「佐渡」なんていかがでしょう?
下記のURLで読めますよ!!

ぜひぜひ楽しんで来て下さいね。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/dazai/sado.html


人気Q&Aランキング