時々モニターの動脈圧とオーグメンテーション圧の波形がフラットになります。
充填時にもなるのは知っているのですが、なぜ数秒フラットになるのでしょうか?
器機がトリガーを学習しているとか聞いたのですが、いまいちよくわかりません。
わかる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

moggol2002と同じく、「動脈圧とオーグメンテーション圧の波形がフラット」というのがどういう状況かわかりませんが、CS100にはフルオートモードで使用した場合には、2時間毎のガス交換作業のほかに、心電図トリガーで動作している場合には3分(IABP開始時及び不整脈感知時は20秒)ごとに2拍ポンピングを停止して、IABP拡張ポイントを探しに行きます。


また動脈圧トリガーで動作している場合には1分間に1回ポンピングを停止して、2:1トリガー(バルーンが1回の拡張期とその後の収縮・拡張期の間拡張している)になっていないか確認します。
これはCS100以前のポンプも動脈圧トリガーのときは同様の動作をしていました。動脈圧トリガーの際は、例えばHR60からHR120の様に急にレートが変わった際には、バルーン拡張中の血圧変化を認識できないために、2:1トリガーになる危険性があります。
    • good
    • 0

動脈圧波形がフラット?動脈圧波形上のバルーンアシスト波形が表示されないということでしょうか?


圧波形が完全にフラットということについては、わかりませんが・・・。

IABカテーテル内のヘリウム置換作業のために駆動が一時停止しているように見えるのではないでしょうか?マッケ社(旧:Datascope社)の装置はすべて2時間に一度30秒ほど停止せざるを得ないシステムとなっています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工呼吸器について (PPEPとPSについて)

CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。
なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。
以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nishi-kobe/masui/lecture.html

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系...続きを読む

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

Qペースメーカのモード(DDD・VOO)について

こんばんは。親がペースメーカを埋め込んでいる者です。

埋め込んで3年が過ぎ、今回整形外科(人工関節)の手術を受けました。その際、DDDモードをVOOモードに変更して手術したと主治医に言われました。電気メスを使用するので干渉がなんたらと・・・。
そこで質問です。
DDDモードは、
初めのDはペーシングする箇所
二番目のDはセンシングする箇所
三番目のDはセンシングしてからのペースメーカーの反応はどうするか
と私自身理解しています。
が、どう調べてもDの英語や日本語訳がわかりません。
またVOOの O の英語や日本語訳がわかりません。
どなたか業界関係者の方、ペースメーカ患者の方教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
普段はあまり深く考えずに「DDD」や「VVI」などと使っていますが、あらためて考えると・・・。うる覚えで申し訳ないですが、たしか・・・。

DDDは
1.2.DはDualのDで心房と心室の両方と言う意味です。
3.のDは抑制とトリガーの両方(Dual)の機能を備えていること

AOO,VOO,DOOペーシングはいずれもセンシング機構を有せず、設定レートでペーシングする方式であり、通常のペーシング様式には用いられない方式です。
ただし、手術時の電気メス使用時などの電磁障害が避けられない状況に用いられます。

VOOは 
1.ペーシング箇所は心室(VentricleのV)
2.センシングはしていない(offのO)
3.ペースメーカーの制御も起動していない(offのO)

の意味だったと思います。

あと、気になさってるかもしれませんので、ペースメーカを入れている場合、なぜ、VOOに切り替えるかの基準について以下、日本ペーシング学会「心臓ペースメーカー患者管理マニュアル」内の電気メスの影響についてです。

手術時に電気メスを使用すると、通電されている間、ペースメーカーのパルス発振が抑制されることがある。電気メス使用中心電図モニターが困難になるので注意を要する。パルス発生器(ペースメーカー)本体の近辺で使用すると、電気メスの電流が電極を経由し心筋に流れ、マイクロショックの原因となることもある。またパルス発生器の電子回路の電源電圧の変動で、バックアップモード(AOO、VOO、DOO)に変化することがある。
対応・・・・・ア)電気メスを使用する部位および対極板の位置に注意
     イ)連続して使用せず、断続的に使用する。
     ウ)ペーシングモードをAOO、VOO、DOO、OVOなどに変更して使用する。
     エ)使用後はプログラム内容を確認しておく。

参考URL:http://www.pacemaker-navi.jp/

はじめまして。
普段はあまり深く考えずに「DDD」や「VVI」などと使っていますが、あらためて考えると・・・。うる覚えで申し訳ないですが、たしか・・・。

DDDは
1.2.DはDualのDで心房と心室の両方と言う意味です。
3.のDは抑制とトリガーの両方(Dual)の機能を備えていること

AOO,VOO,DOOペーシングはいずれもセンシング機構を有せず、設定レートでペーシングする方式であり、通常のペーシング様式には用いられない方式です。
ただし、手術時の電気メス使用時などの電磁障害...続きを読む

Q房室解離と完全房室ブロックの違いについて

房室解離と完全房室ブロックの違いがいまひとつ理解できません。
文献を調べたりしましたが、よくわかりませんでした。ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

すでに理解されておられると思いますが、通常は心房上部の洞結節ペースメーカーの刺激が心房に伝わり、この刺激が引き続き房室結節を通って心室に伝わります。
つまり心房P→心室QRSで、回数も同一で、その間隔も一定です。
しかし、心房と心室が異なったペースメーカーにより支配されている状態を房室解離といいます。

心房からの刺激が房室結節~心室に伝わらない(ブロック)ためにブロックされた先の別のペースメーカーで心室が刺激される完全房室ブロックも広い意味では完全房室解離とも言えますが、通常は完全房室ブロックと呼びます。通常、P波は増加し、QRSは少ないことになります。

房室解離と呼ぶことが多い状態は洞結節機能低下により心房側の刺激頻度が低下したか、房室接合部以降心室側の過敏性亢進などでここでのペースメーカー頻度が増えたことで、房室伝導は悪くなくても心室側が心房側からの刺激を待たないで独自に興奮を始め、心房P≦QRS心室の状態となっているものです。

参考URL:http://www.udatsu.vs1.jp/dissociation.htm

Q心電図波形について(フュージョン)

洞不全症候群、発作性心房細動の既往がある患者さんです。
ペースメーカーを入れており、24時間心電図モニターで経過を観察しています。
この前「フュージョン」ということばが出てきました。
本やネットを使って調べてみたのですが、「フュージョン」が何を意味しているのかよくわかりません。
ご存知のかた、よろしくお願いしします。

Aベストアンサー

フュージョンとは、この場合はペースメーカーによる心電図波形と自己心拍による心電図波形が融合したという意味です。ペースメーカーは自己心拍があると、心臓を刺激するための電気をださない抑制型が多く使用されますが、タイミングによっては自己心拍とほぼ同時にペースする(心臓を刺激するための電気をだす)時があります。その時に見られます。特に心配する必要のない所見です。。

QIABPのタイミング調整のコツを教えてください。

IABPに携わるコメディカルです。
IABPのタイミングの調整の仕方についてですが、本やネットで基本的なことはある程度勉強したのですが、いざ臨床でIABPのタイミング調整をする際、私がやるとどうもあまりタイミングが上手く合ってないようで、後すぐにからDrや先輩にタイミングを変えられたりします。。。。。。

何かタイミング調整のコツなどあれば教えてください。

あとIABPのタイミング調整では、最初にトリガーモード動脈圧でアシスト比「1:2」で合わせますが、今一「1:2」にする意味がわかりません。。。。。
IABPの「駆動した波形」と「駆動してない波形」を比較するのが目的とも聞きましたが、IABPの駆動した波形が適性にタイミングを調整されてなければあまり意味がないのでは・・・・・?

Aベストアンサー

以前も解答しましたが、最初に1:2ではしません。ですから、
"「1:2」にする意味がわかりません。。。。。"のは、当たり前です。
大動脈弁閉鎖のタイミングにあわせてinflateするだけで、それには大動脈圧波形(でのノッチ)をみるのが一番、簡単です。圧トリガーだろうが、心電図トリガーだろうが一緒で、大動脈波形(のノッチ)を見ながらタイミングを決めるだけです。ただ、患者が動いて心電図が揺れるときは圧モニターが確実ですが。
とはいえ、ローカルルールで決まっているようですから、それに従ってください。

Qアンテとレトロとは?

カニューレの挿入方法でアンテとレトロがありますが、順行性・逆行性ということは、分かったのですが、それがどういうことなのかがわかりません。分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

アンテとはanteriorのことで、「前方」。
レトロとはretroのことで、「後方」。
「後方」は別にポステ(posterior)ともいいます。

Q血液浄化

病棟でHDを行うことがあります。
CHFは簡単に言うと血液中の老廃物を浄化して体内に戻す・・・?
CHDFはさらに除水ができるのですか・・・?
Kが高く、CHFをまわしたり・・・?
エンドトキシン吸着・・・。
血液浄化の全般に関することを教えてください。

Aベストアンサー

まず『ろ過、透析、吸着の違い』を把握してください。
大まかに言えば、
「ろ過」は物理的な網目で物質を取り除くこと
中分子量物質の効率的な除去に向きます。
「透析」は半透膜を用いた拡散の原理により物質を取り除くこと。小分子量物質の除去が可能です。
「吸着」は科学的な結合能などを利用して取り除くこと
特定の物質に限定して取り除くことが可能です。
http://www.skh.saiseikai.or.jp/ce_eng/hd.htm
(質問の際は略号を避けるべきです。確実統一されている略号とは限りません。間違いを避けるためには必須です。)
CHFは持続的血液濾過
CHDFは持続的血液濾過透析です。
前者は差分を補うために補充液を追加します。
除水したければ補う量を減らせばいいことです。除水できるかどうかは違いにはなりません。二つの違いは『小分子量物質の除去(透析)の有無』にあります。中分子量物質の除去(ろ過)は共通です。
K(カリウム)は拡散で取り除くのが有効な小分子量物質ですからCHDFを用いる必要があるのです。

参考URL:http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/snp/3007_hd.html

まず『ろ過、透析、吸着の違い』を把握してください。
大まかに言えば、
「ろ過」は物理的な網目で物質を取り除くこと
中分子量物質の効率的な除去に向きます。
「透析」は半透膜を用いた拡散の原理により物質を取り除くこと。小分子量物質の除去が可能です。
「吸着」は科学的な結合能などを利用して取り除くこと
特定の物質に限定して取り除くことが可能です。
http://www.skh.saiseikai.or.jp/ce_eng/hd.htm
(質問の際は略号を避けるべきです。確実統一されている略号とは限りません。間違いを避ける...続きを読む

QスローVTとは?CRT-DのATPとは?

循環器病棟に勤めて2か月の看護師です。
CRT-Dをいれてる患者のモニターをみている先輩看護師が「スローVTだ。ここでATPあってる」といってました。
スローVT???スローだったらそもそも頻拍っていうのがおかしいのでは?
またATP???アデノシン・・・なわけないですよね・・・CRT-Dからそんな物質・・・CRT-Dがカルディオバージョンかけるのはわかりますが・・・

スローVTなんてどの本にも書いていませんし、ATPというのもわかりません(CRT-D自体資料がなくて)

ご教授よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> スローだったらそもそも頻拍っていうのがおかしいのでは?

ごもっともな意見だと思います

通常、VTは120bpm以上の心室起源の頻拍で用いられる言葉ですが、心室起源と考えられるが120以下の場合にslow VTと呼ばれることがあります
多くの場合はVTのように心室内リエントリーによるものではなく、房室ブロックの場合に見られるような心室調律の頻度が高まったもので、血圧もある程度以上保たれることが多く、緊急性はそれほど高く無いものです
促進固有心室調律AIVR(accelerated idioventricular rhythm)と呼ぶことのほうが多いものです

AIVRは緊急性がそれほど高くありませんし、VTでもこれに対してCRT-Dの高エネルギーのショックを作働させるのは患者さんへの影響やバッテリー消耗の点からなるべく避けるべきものです
そのための方法として停止が必要と判断した場合でもショックではなく抗頻拍ペーシング(ATP)と呼ばれる 頻拍より少し早いタイミングで低エネルギーのペーシングを行うことで停止しようとする機能がついています

参考URL:http://www.sjm.co.jp/general/crt_leaflet/chapter_05_02.html

> スローだったらそもそも頻拍っていうのがおかしいのでは?

ごもっともな意見だと思います

通常、VTは120bpm以上の心室起源の頻拍で用いられる言葉ですが、心室起源と考えられるが120以下の場合にslow VTと呼ばれることがあります
多くの場合はVTのように心室内リエントリーによるものではなく、房室ブロックの場合に見られるような心室調律の頻度が高まったもので、血圧もある程度以上保たれることが多く、緊急性はそれほど高く無いものです
促進固有心室調律AIVR(accelerated idioventricular rhythm)と呼...続きを読む

Q酸素流量と酸素濃度について

蛇管用の酸素流量計(気管切開していて患者さんに酸素を投与する場合など)には酸素流量と酸素濃度が設定できますが、マスクやカヌラに用いる酸素流量計では酸素流量しか設定できませんよね?なぜそのようになっているのかがわかりません。
また、蛇管用で例えば8L50%と4L100%は同じ酸素濃度なのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に設定すると、50%の酸素濃度の混合ガスが40.9L/分で流れます。

 ただし、設定した濃度の酸素がきちんと患者さんに行くためには酸素流量をある程度高くしておくことが必要で、例えば酸素濃度を35%に設定したときには酸素は6~8L/分、40%では8~10L/分、50%以上にするときには10~15L/分にしておかなければ、設定どおりの酸素濃度にはならないようです。

 以上よりご質問の8L/分50%と4L/分100%では、前者では50%の濃度の酸素が21.8L/分の流量で患者さんに流れますが、後者では100%の純酸素が蛇管から4L/分の流量でしか流れて来ませんので、呼吸回路が閉鎖回路のときは患者さんは呼吸不全に陥りますし(流量不足のため)、一部が大気に開放された回路であれば、患者さんは不足分を空気から吸入し、濃度のずっと低い酸素が患者さんに入ることになると思います(インスピロンの使い方としては不適切です)。

 また、マスクとカヌラとの違いですが、マスクについては、蛇管を接続してインスピロンを使用することが可能です。ですから流量と酸素濃度を調節するやり方もできます。

 インスピロンを使わなければ一般的には、普通の酸素マスクでは流量が5~6L/分で酸素濃度40%、6~7L/分で50%、7~8L/分でも60%程度の酸素濃度にしかなりません。

 鼻カヌラでは流量1L/分で酸素濃度は24%、2L/分では228%、3L/分では32%、4L/分でも36%程度です。(カヌラで5L/分以上の酸素投与は患者さんにとっては拷問です)。

 以上詳しくは成書を参考にしてください。

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報