ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

数カ月前に離婚が成立して、子供は私が引き取り現在実家に戻って生活をしています。

離婚の原因は、最初性格の不一致もありましたが、夫の不倫疑惑が原因の一つと考えられます。
しかし、そのときは「もう女とは別れたから関係ない」等と一方的に言われ、何の証拠もなかったので、離婚をしました。
婚姻中、たしかにあやしい行動もいくつかありましたが、お互いに不規則な仕事のせいか、すれ違いばかり、相手の行動もろくにわからず、会えば言い合いばかりで、同居している家族の仲も険悪、最後は一緒にいることも苦痛に思い離婚という道に逃げてしまったのです。
しかし、最近になり、元夫のもとに子供たちを会わせに行ったところ、今になって証拠が見つかったのです。
私が請求したはずの携帯電話の通話明細(隠してたそうです)、愛人名義の契約書類等、二人で旅行したかと思われる写真。。。
明らかに関係があったことを証明し、前夫に問いただしたところ浮気をすべて認めました。
夫はすでに300万の慰謝料を支払ってくれたのですが、愛人の存在がどうしても許せません!愛人がいなかったら、離婚には至らなかったのかと思うと…やはり子供には父親が必要なのです。
たしかにまわりから見たら、その女性と出会う前に仲は傾いてたかもしれません。しかし、夫婦というもの、そう簡単には別れませんし、何より子供のことを第一に考えますが、女性と出会ってからというもの、元夫は人が変ったように離婚してくれ離婚してくれの一点張り。明らかに女性の存在が大きかったはずです。

そこで今回お尋ねしたいのが…

1.夫から慰謝料を支払ってもらったほかに、愛人にも慰謝料を請求することはできるのか?また相場はどれくらいか?
2.愛人から「夫婦関係は破綻していたのでしょう」と言われても慰謝料の請求は可能か?
3.愛人の明らかな発覚は離婚後しばらくしてからだったのだが、請求の対象期間内であるのか?
(離婚後の発覚は請求対象外と聞いたことがあるので…)

以上の3点です。皆様の意見をお聞かせ願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

専門家の正確な回答が出尽くしていますので、それをわかりやすく言うと、弁護士費用はじめ諸経費を上回る収穫はなく、あなたが欲しがるだけ枯渇します。


1.夫から慰謝料を支払ってもらったほかに、愛人にも慰謝料を請求することはできるのか?この場合できません。
また相場はどれくらいか?この場合ゼロです。
2.愛人から「夫婦関係は破綻していたのでしょう」と言われても慰謝料の請求は可能か?現実には不可能です。
3.愛人の明らかな発覚は離婚後しばらくしてからだったのだが、請求の対象期間内であるのか?すでに回答済みなように、他人のことに口出しできません。

それよりも、ご自分の幸せ、子供の将来を考えて、元夫から長く気持ちよく養育費を受け取れる関係を築き上げて下さい。
    • good
    • 0

#3です。


お礼欄で追加の質問があったので重ねて回答いたします。

>前夫が不倫事実を認めれば、不貞行為の根拠となり、慰謝料は請求できるのでしょうか?
まず前提として、質問者さんが請求して前夫が承諾し、支払ってくれなど双方の合意ができていれば問題はありません。
但し交渉事ですしここは法律カテゴリーですので、話し合いで合意できずに最終的に訴訟となった場合も考慮に入れておく必要があると思っています。
その場合に双方の話し合いで前夫が不貞を認めていても、訴訟となった場合には証言を翻すことは少しも珍しいことではありません。
ですので、訴訟以前の段階の話し合いの時点で、訴訟となった場合に証拠とならない前夫の証言に頼らない証拠を質問者さんが握らないと、実際に慰謝料を得ることは極めて困難です。
従って、この質問の回答としては「請求することは質問者さんの自由であるが、相手が同意することは保障できない」となります。

>愛人にしゃべってたみたいなのですがそれで立証になるのでしょうか?
上記と同様に、根拠とするには貧弱です。

>愛人がいなければ、離婚するのを思いとどまっていた前夫の意思も変わらなかったのではと思うのですが…
ポイントがずれています。
愛人の定義にもよりますが、法律上は愛人がいることは不法行為ではありません。
愛人がいて、かつその愛人と不貞行為があることが客観的な証拠によって第三者にも認められた時に初めて不法行為であることが立証できます。
    • good
    • 0

>1.夫から慰謝料を支払ってもらったほかに、愛人にも慰謝料を請求することはできるのか?また相場はどれくらいか?


不貞は共同不法行為ですので、質問者さんは夫とその愛人の双方にそれぞれ慰謝料(=損害賠償)を請求する根拠があります。
但し、不貞を立証する義務は質問者さんにあります。
>私が請求したはずの携帯電話の通話明細(隠してたそうです)、愛人名義の契約書類等、二人で旅行したかと思われる写真。。。
>明らかに関係があったことを証明し、前夫に問いただしたところ浮気をすべて認めました。
だけでは、通常は不貞を証明する証拠とは言えません。
前夫が「不貞はなかった」と証言を翻したら質問者さんは立証できなくなります。
不貞の証拠は通常は極めて限定されていますので、そういった証拠を既に得られているのでしたら、請求の根拠となります。

>2.愛人から「夫婦関係は破綻していたのでしょう」と言われても慰謝料の請求は可能か?
破綻していたことの立証義務は愛人にあります。
また、その反証を挙げる義務は質問者さんにあります。
これができるのでしたら、請求する根拠はあるでしょう。

>3.愛人の明らかな発覚は離婚後しばらくしてからだったのだが、請求の対象期間内であるのか?
夫の不貞が婚姻の破綻の前であったことを質問者さんが立証できるのであれば、請求の根拠はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます。
とても参考になります。

前夫が不倫事実を認めれば、不貞行為の根拠となり、慰謝料は請求できるのでしょうか?

また、愛人に夫婦関係の破綻を言われた場合
夫が妻と現在破綻状態と同じような状況であると
愛人にしゃべってたみたいなのですが
それで立証になるのでしょうか?
一度、前の夫が愛人と関係を持つ前に
私のほうから「離婚してください」と言ったことがあります。
そのときは夫も子供のことや社会的立場を考え
一度は思いとどまりましたが…(保留という形でしたが)
その1か月後くらいに夫が愛人を作ったようで…
それから間もなく夫のほうより
離婚を進めていくような話が多くなり
関係がどんどん悪化して家族はみなばらばらになってしまったのです。
愛人がいなければ、離婚するのを思いとどまっていた
前夫の意思も変わらなかったのではと思うのですが…

お礼日時:2009/05/29 12:17

> 夫はすでに300万の慰謝料を支払ってくれたのですが、


> 愛人の存在がどうしても許せません!
> 愛人がいなかったら、離婚には至らなかったのかと思うと…
> やはり子供には父親が必要なのです。

子供には父親が必要なのです、というのであれば、いつまでも互いの
傷口をえぐりあうのは、やめておいた方が良いのではないでしょうか。

憎しみを胸に抱いた母親がいる限り、その子供さんも敏感に感じ取るもの
で、あなたに残されたその宝物さえ腐らせてしまいかねませんよ。


愛人がいなかったら、というお気持ちは、既に、元夫からの慰謝料問題は
解決しているのですから、そろそろ捨てて、現実を見据えなさった方が、
よいのではないでしょうか。

ご自身が、元夫と結ばれるまでの経緯を思い出してみてください。
愛が成就するのに、どれほどの愛情と努力が必要だったのか。
あなたは、結局のところ、婚姻後、その点で怠り、その愛人に、
愛情を注ぐことにおいて負けたのです。

離婚も済み、元夫との間の慰謝料問題も解決している以上、
いつまでも、自分をかわいそうだといって慰めるのではなく、
もっと前向きに進んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます。
やはりこのまま終わらせて、自分自身、子どもと新しい生活に踏み切るのが一番なのでしょうか…??
夫と元愛人は離婚成立後に別れているみたいです。

お礼日時:2009/05/29 10:12

>離婚後の発覚は請求対象外と聞いたことがあるので


その通り対象外です
元旦那はすでに法律上他人なので他人のすることに対しては口も法律も
手が出ません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます。

離婚後の発覚は請求対象外ということですが、不倫相手がいるということはわかっていても、はっきりした証拠が確認できなかったために、今に至ってしまったのです。

たまたま元夫が持っていた愛人の写真は家族で見たものがいるみたいなのですが、実際は私は見てなくて…
やはりそれでも慰謝料の請求は難しいものなのでしょうか??

補足ですが、元夫は離婚後、すぐに愛人と破局しているそうです。

お礼日時:2009/05/29 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離婚裁判の弁護士費用は夫婦の共有財産から支払う?

離婚裁判の弁護士費用の着手金は夫婦の共有財産である預金から双方の分を支払うのですか?
それとも、それぞれの固有財産から支払うのですすか?裁判後の清算は敗訴した方が払うと聞いていますが、着手金を払う時はどこから捻出するのか教えてください。

Aベストアンサー

Q 離婚裁判の弁護士費用の着手金は夫婦の共有財産である預金から双方の分を支払うのですか?
A 違います。依頼した方が支払います。
Q それとも、それぞれの固有財産から支払うのですすか?
A そうです。依頼した方の財産から支払います。
Q 裁判後の清算は敗訴した方が払うと聞いています
A 敗訴した方が勝訴した方に支払うのは「訴訟費用」だけで、弁護士費用は訴訟費用に含まれないので勝敗には関係ないです。
Q 着手金を払う時はどこから捻出するのか教えてください。
A 着手金も、その後に支払う報酬も依頼する方が捻出します。

Q慰謝料は離婚前、離婚後どっちが多い?

昨年11月に調停離婚成立いたしました。しかし相手は慰謝料を請求してきてます。私が留守の間勝手に蒸発し(子供と友に)裁判を起こしてきました。
普通は慰謝料等を決めて離婚すべきと思います。
ここで質問です。
理由は何であれ慰謝料は離婚前、離婚後どっちが多いものなのですか?

Aベストアンサー

慰藉料請求は離婚後数年間可能ですので離婚前でも 離婚後でもどちらも出来ます。例えば不倫の場合などは 後からパートナーが浮気をしていたと判る場合もありますし 反対に慰藉料を離婚前に決めておく場合もあります。どちらがいいかはケースバイケースで不倫の場合は
不法(不貞)行為に対して慰藉料を言いたいのか 不貞の結果、離婚に至ったということなどは当然離婚後ですから 何に対して訴えたいのかによります。奥様の慰藉料の名目が判ればお答えできますが 後、先どちらが良いかは 場合によります。

Q離婚後の年金分割の請求をしたいと思いますが、手続きするのに、行政書士か

離婚後の年金分割の請求をしたいと思いますが、手続きするのに、行政書士か司法書士のどちらに
お願いしたらよいのでしょうか?手数料など、どの程度考えておいたらよいのでしょうか?
どうぞ、お教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

資格がない人がやると遺法かもしれません。

社会保険事務所で聞いてみてはどうですか?

年金は社会保険事務所だと思います。
必要があれば書類や分かれた旦那さんの同意書や委任状など
教えてもらえるのではないですか?

手数料とかも都道府県で違うかもしれません。
必要があれば家庭裁判所や弁護士を利用すればいいと思います。。

Q調停離婚後の慰謝料請求について

今月調停離婚が成立しました。
養育費のみ決めて、離婚しました。
離婚原因は夫のDV、借金、浮気です。すべて証拠はありますが、精神的につらく、慰謝料請求はしませんでした。

ですが、調停成立後すぐに夫の嘘が発覚したり、調停時に約束してこと(私の荷物を返してもらう)などが守られないため、やはり慰謝料請求をしたいと考えていますが、調停離婚後は慰謝料請求はできないのでしょうか?

調停の最後に裁判官の方が、これで離婚は成立し、今後財産分与や慰謝料などの請求はしないと、口頭で言っていたのですが、やはりできないのでしょうか?
調停中は慰謝料請求は離婚後にと考えていたので(友人に離婚後に請求できると聞いていたため)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

調停の成立により、裁判所の調停により離婚やその条件についてお互いに合意したということになりますので、調停の条件になかった慰謝料を請求するということは、結果的に裁判所が同席したその合意をあなたが一方的に破棄したという形になります。
従って、調停後に状況が変わって裁判所が仲介した合意事項を覆すだけの合理的な根拠があなたに立証できるかどうかということになります。

ですので、今後は裁判所の調停が無効であることをあなたが立証することになるので、まずは裁判所とあなたの訴訟になるでしょう。
まずは弁護士に相談するべきであると思いますが、質問文を見る限り、裁判所の決定を覆す立証ができないのではないでしょうか。

>調停中は慰謝料請求は離婚後にと考えていたので(友人に離婚後に請求できると聞いていたため)
これができる根拠を確認しましたか?
仮にご友人が適当なことを言っていたとしても、それが正しいかどうかを確認する義務はあなたにあります。
仮に慰謝料請求が斥けられた場合、ご友人に対して損害賠償請求をできる根拠はありますか?
なければ、残念ながらあなたの間違った情報の入手方法に過誤があることになります。
行動に移す前に、きちんと弁護士などの専門家のアドバイスを受けたほうがいいでしょう。

調停の成立により、裁判所の調停により離婚やその条件についてお互いに合意したということになりますので、調停の条件になかった慰謝料を請求するということは、結果的に裁判所が同席したその合意をあなたが一方的に破棄したという形になります。
従って、調停後に状況が変わって裁判所が仲介した合意事項を覆すだけの合理的な根拠があなたに立証できるかどうかということになります。

ですので、今後は裁判所の調停が無効であることをあなたが立証することになるので、まずは裁判所とあなたの訴訟になるでし...続きを読む

Q女性方が原因の熟年離婚。年金分割は?

50歳代の義両親が離婚することになりました。
原因は義母の浮気。
義母は慰謝料を払うようなことも自分で言っているのですがこのようなケースでも年金分割されて義母に年金が払われるのでしょうか?
また払われる場合どの程度の割合になるのでしょう?

Aベストアンサー

> このようなケースでも年金分割されて義母に年金が払われるのでしょうか?
> また払われる場合どの程度の割合になるのでしょう?
まず、年金分割には2種類存在いたします
・国民年金第3号被保険者としての期間に対する部分
  条件:平成20年4月以降に離婚
  対象となる期間の厚生年金部分に対して5割が自動的に分割される。
・離婚時の厚生年金の分割
  条件:平成19年4月以降に離婚。
  協議により定めた割合(最高5割まで)を分割できる

其処でご質問に対する答えですが、年金の加入状態が不明なので、明確な割合は出せませんが最高で5割です。
但し、この5割とは計算対象となる期間に係る二人の年金受給額を合算した額を折半するという意味であり、夫の年金の半分が全て妻に行くという意味ではありません。

社保庁hp等のURLを載せますので、私の拙い説明を読むよりはこちらの方がわかるのではないでしょうか?
【社会保険庁】
http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1003.html
【離婚時の年金分割制度】
http://www.kyupin.com/

> このようなケースでも年金分割されて義母に年金が払われるのでしょうか?
> また払われる場合どの程度の割合になるのでしょう?
まず、年金分割には2種類存在いたします
・国民年金第3号被保険者としての期間に対する部分
  条件:平成20年4月以降に離婚
  対象となる期間の厚生年金部分に対して5割が自動的に分割される。
・離婚時の厚生年金の分割
  条件:平成19年4月以降に離婚。
  協議により定めた割合(最高5割まで)を分割できる

其処でご質問に対する答えですが、年金の...続きを読む

Q刑事裁判で有罪が確定した判決が民事の慰謝料請求の裁判で覆ることはあるのですか?

傷害事件の被害者です。先日相手(被告)は裁判で20万円の罰金刑が確定しました。私は並行して相手に対して慰謝料40万円の支払督促申立をしましたが、相手は「債権者(私)の言い分は認めない」ということで支払いを拒否。私が原告で通常の慰謝料請求の裁判になりますので、本日準備書面を提出してきました。「債権者(私)の・・・・認めない」という中身はどのようなものかはまだ判らないのですが、この裁判の中で仮に相手が「私は悪くない、悪いのは原告なので支払い義務はない」なんて言いだすことなんてありえるんでしょうか。慰謝料は民事なので、そのような主張はこの裁判では取り上げてもらえないと思うのですが如何でしょうか?
準備書面には相手の刑は確定していることを書いてあります。
おかしな質問で申し訳ありません。なにしろ恐らく一生で一度の経験なので判らないことだらけです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

民事と刑事は別なので、それぞれ判断が矛盾する
ということはあり得ます。

しかし、刑事の事実認定は民事よりも厳格です。

その刑事で認められたことを、民事で認めない
というのは本来オカシイのです。

オカシイけど、現実にはまれに生じます。

ま、滅多に生じませんが、実際にそういう事件も
ありました。

さすがに不合理だし、滅多にない事なので
新聞沙汰になりましたが。


余談ですが
米国で発生した有名な事件で、O・J・シンプソン事件
てのがあります。
これは刑事で無罪だが、民事で損害賠償が認められた
という、質問者さんとは逆の事例でした。
民事は刑事よりも事実認定が緩いので、こういうことが起きても
不合理ではありません。

Q離婚時、財産分与の対象でしょうか

離婚時の財産分与についてお伺いします。

結婚前から持っていた資金を、結婚後に投資しましたが、

1.その元本は財産分与の対象でしょうか?

2.利益は財産分与の対象でしょうか?

続きまして、結婚後、相続した遺産で投資しました。

3.その元本は財産分与の対象でしょうか?

4.利益は財産分与の対象でしょうか?

その人は結婚前から投資を趣味にしており、その利益等で家族旅行に連れて行ったりしてます。
配偶者は投資に関して非協力的で、配偶者は財産形成に寄与していないのではないか、と思います。
いかがでしょうか。

Aベストアンサー

お尋ねの項目の順にアドバイスさせていただきます。

1.その元本は財産分与の対象でしょうか?

↑元本は特有財産ですので、離婚時の財産分与の対象にはなりません。(元本が特有財産だと言う事を証明する必要があります。)

2.利益は財産分与の対象でしょうか?
続きまして、結婚後、相続した遺産で投資しました。

↑投資から得られた利益は財産分与の対象になります。但し、財産分与の二分の一原則ではなく、あなたの寄与分が考慮されます。特段の事情がある場合は、二分の一ルールというわけにはいきません。(芸術家、発明家、金融取引のディーラー等)
相続遺産は財産分与の対象外です。(特有財産)

3.その元本は財産分与の対象でしょうか?

↑特有財産が元本の場合、それを証明する必要があります。特有財産を元に投資されたのなら、特有財産は財産分与の対象になりません。(証明できればです。預金通用とかその他での証明)

4.利益は財産分与の対象でしょうか?

↑利益は財産分与の対象になります。但し、二分の一ルールに則って財産分与されるわけではありません。当然あなたの方が財産形成に寄与されたのですから寄与分は大きいでしょう。

後段のご質問は、家族生活の内容ですので、財産分与に関係ありません。例え利益で家族旅行に行ったり、豊かな生活が出来ていたとしてもです。

お尋ねの項目の順にアドバイスさせていただきます。

1.その元本は財産分与の対象でしょうか?

↑元本は特有財産ですので、離婚時の財産分与の対象にはなりません。(元本が特有財産だと言う事を証明する必要があります。)

2.利益は財産分与の対象でしょうか?
続きまして、結婚後、相続した遺産で投資しました。

↑投資から得られた利益は財産分与の対象になります。但し、財産分与の二分の一原則ではなく、あなたの寄与分が考慮されます。特段の事情がある場合は、二分の一ルールというわけにはいきません。(...続きを読む

Q離婚の慰謝料

離婚合意後に妻と別居したので、同居していた家に会社の友人が男女問わず泊まりにきていました。
妻が残りの荷物を取りにきたとき、友人のパジャマ、女性用の化粧品、コンドームなどを見て、写真に撮ったそうです。
その写真と女性と二人で写っている写真もあわせ、それらを根拠に不貞行為だと言い出し、妻の実家から200万の慰謝料の請求がきました。

離婚合意後なのに不貞行為になるのでしょうか?
慰謝料は払わないといけないのですか?

皆様の知恵を貸してください、困ってます。

Aベストアンサー

離婚合意後、すぐの事ですか?
一般的に、慰謝料は離婚の原因を作った方が払いますが、あなたにその認識がありますか?
そもそも、離婚の原因は何でしょうか?
あなたの方に原因があるのなら払う必要があるだろうし、納得出来ないなら法的に争えばいい事です。

離婚合意後と言っても、まだ離婚届けが提出されてない状況なら問題ですよ。
裁判などになった時に、その写真を証拠として提出されると不利になりますよ。
その写真がどこまで証拠能力があるのかは見ないと不明ですが、離婚合意後すぐにそのような交友を普通はしませんよ。

たぶん言う通りに支払わないと、法的な解決をされますね。
もし、離婚届けがまだ提出されてないなら、慰謝料の事が解決するまで保留でしょうね。

Q税金対策

よく税金対策として、マンションを購入するというお話を聞きますが、それがなぜ税金対策になるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問の前提条件が不明確ですが、『事業用資産』として購入すれば、減価償却費や諸費用を『経費』として処理できて所得を減らすことが出来る、ということでしょうか。

ただし、あくまで『事業用資産』として認められることが条件ですし、借入金があった場合の支払い利息などは考慮していませんが。

Q離婚と慰謝料について

私どもは、結婚7年、子供なし夫婦二人九州地方に暮らしています。
自宅は持ち家(住宅ローン返済中)すべて、私が支払いしており、妻から購入に関して費用を出してもらっていません(参考まで)。
結婚当初、妻がパチンコをするのに、貯金を引き出していたのが発覚、それ以来、お金の管理は私が行い、生活費のみを与えております。
また、数年後何に使ったか不明(パチンコもあると思いますが)キャッシングで100万ほど借り入れしてました。(現在、アルバイトをさせ、自力で少しずつ返済させています)この他、性格的に不一致な部分もあり、私は離婚を考えております。上で生活費だけを・・と記載しましたが、食費、雑費で10万(うち、私の車のガソリン1万円、ペットの犬のえさ代等で1万5千円)差し引き7万5千円渡しています。住宅ローン、光熱費、通信費等、固定費用は全て私が払っております。純粋に、食費・雑費(妻の車のガソリン代1万円程度含む)で7万5千円です。妻はこれで足りないというので、家計簿をつけるように言いますが、つけません。足りないなら足りない正当な理由があれば渡すのですが、つけない為、それ以上はわたしておりません。(本当に足りていない時は叔母からもらったりしているようです)妻の金銭感覚のなさ、気丈が激しいところなどが、離婚を考えている原因です。このほか、私は仕事も忙しく深夜に帰ることが大半のせいか、私も知っている女友達と夜中までファミレス等で話をしたり(最近は仕事を始めたのでなくなりましたが)、コンビニ弁当やほか弁も結構多いですね。このような状況下で、離婚するのに慰謝料とか払わなければならないのでしょうか?

私どもは、結婚7年、子供なし夫婦二人九州地方に暮らしています。
自宅は持ち家(住宅ローン返済中)すべて、私が支払いしており、妻から購入に関して費用を出してもらっていません(参考まで)。
結婚当初、妻がパチンコをするのに、貯金を引き出していたのが発覚、それ以来、お金の管理は私が行い、生活費のみを与えております。
また、数年後何に使ったか不明(パチンコもあると思いますが)キャッシングで100万ほど借り入れしてました。(現在、アルバイトをさせ、自力で少しずつ返済させています)こ...続きを読む

Aベストアンサー

合意による離婚ならば、別に慰謝料は発生しないでしょう。ただし、どの様な理由でも、結婚後に作った財産は分けあわないといけません。そちらの方が問題でしょう。
もし、奥さんが離婚を拒否したらどうします。その程度の生活のルーズさで、「その他、婚姻を継続できない理由」になりますかね。ギャンブルでの浪費、借金は理由になります。しかし、証明できないと難しいでしょう。奥さんが、認めれば問題ないですが、その中には家計費も多く含まれているなんて主張されるかもしれませんからね。離婚を持ち出す前に、そこを詰めておいた方がいいような気がします。


人気Q&Aランキング