広告代理店就職を目指す学生です。

学生のうちに広告についてよく勉強したい。また将来の就職活動に役立つ何かをしたいんです。

たとえば、政治家になりたいのなら自民党学生部に入部し、根気よくやれば、勉強もできますし、就活のアピールにもなります。

広告マンを目指す学生団体なんか何か知りませんか?

自分で調べましたが大学のサークルぐらいしか分かりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。


余計なお世話だとは思いますが
steez-saruさんの履歴を見ると
質問数7件に対してお礼数2件しかありません。
データ上は「5件の回答に対して返信をしていません」。
コミュニケーションのやり取りを軽視する傾向が憂慮されます。
こういう資質は広告代理店では致命傷になりがちなので
自覚があるなら改善した方がイイでしょう。
    • good
    • 0

> 広告代理店就職を目指す学生です。


まず、電通の募集要項をリンクしておきますので見て欲しいのですが
http://www.dentsu.co.jp/dennavi/index.html
電通では制作職でアート業務を希望する場合は
美大、専門学校卒生に限定されます。
従来は概ねどの代理店も同様でしたが
最近は制作職でも4大卒もしくは院卒を条件にするところが出てきました。

制作職でも4大卒もしくは院卒を条件にする、というのは
学生レベルの広告知識を求めない、ということです。
総合職の場合は特にそういう傾向が強くなります。
広告代理店の業務は広範に渡るので
学生レベルの専門知識は実務上では役に立たないからです。
専門知識を持ってはいけない、ということでないので
> 学生のうちに広告についてよく勉強したい
大いに勉強して欲しいのですが
広告のことしか深く勉強していない学生だと困ります。
基本的には、どのような業種、どのような企業でも欲しがるような人材が
広告代理店においても欲しがられます。
あえて言えば、統計に強いと多少有利かな?
多変量解析とかが得意だと好かれる可能性はある。

> 広告マンを目指す学生団体なんか何か知りませんか?
そういうのはやめといた方がイイと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q就職活動での合同説明会のポイント

就職活動での合同説明会のポイント

ことし就職活動をはじめた大学生です。

合同説明会に参加したのですが、あまりの疲れから志望度の高い企業の説明会で、
大人数の中、一番前に座ったにもかかわらずウトウトしてしまいました。
というか少し寝てしまってたと思います。

これってやっぱり大きなマイナスポイントでしょうか?
企業の人事の人はやはり合同説明会で一日に100人近い人を説明していても、参加した人を覚えているものなのでしょうか?

また、人事の人の名前を覚えておいたり、積極的に個別に質問することは大切でしょうか?

何か合同説明会でのポイント等ありましたらぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1次面接に影響がある可能性もあるが内定や最終面接に直接影響は薄いと思います。

合同説明会で説明をされているのは、1次面接で面接をする人事の方である場合が多いです。
何百人いるといっても、印象に残っている人は覚えている事もあります。

話をしてい目の前で居眠りをされていては、あまり印象がいいものではなく
もし覚えてられていた場合いくら「すごく興味があります」と熱く語った所で説得力に欠けます。

ただ、合同説明会の情報までは、書類に残る事はほとんど無いので、
影響があるとすれば、1次面接だけと考えてよいと思います。


>また、人事の人の名前を覚えておいたり、積極的に個別に質問することは大切でしょうか?
これに関しても同様で、1次面接には影響を与える可能性もありますが
内定や最終面接には直接関係は薄いと思います。

合同説明会は、選考というより企業側が学生に選考に応募してもらうべくアピールする場でもあり
選考とは直接関係が無い事が多いです。


応募するのが確実な企業よりは、受けようか受けまいか迷ってる企業の説明会に参加して
今後応募するしないを判断をする為に利用するのがオススメです。

1次面接に影響がある可能性もあるが内定や最終面接に直接影響は薄いと思います。

合同説明会で説明をされているのは、1次面接で面接をする人事の方である場合が多いです。
何百人いるといっても、印象に残っている人は覚えている事もあります。

話をしてい目の前で居眠りをされていては、あまり印象がいいものではなく
もし覚えてられていた場合いくら「すごく興味があります」と熱く語った所で説得力に欠けます。

ただ、合同説明会の情報までは、書類に残る事はほとんど無いので、
影響があるとすれ...続きを読む

Q建設業に興味を持つ学生で、就職活動をする学生です。

大学3年生で就職活動真っ最中です。
就職先を建設業と決めその方向で仕事を探しています。また、建設業の現場を知りたいと思っています。

そこで、ゼネコンや専門職(各会社)のことを取り上げている本または雑誌や、これから建設業がどのような方向に行くかを語る本やサイトを探しています。

そのほかにも、社会にでる前にてやっておけばよかったこと、読んでおけばよかった本、ためになる講座などの情報も募集しています。

Aベストアンサー

読んでおくとよい本

 経済情勢に関するもの。 
例えば船井幸雄氏の本を読むと、日本の建設従事人口がアメリカの10倍近いとか、今後の景気動向の予測とかがわかるでしょう。 funaiyukio.com

 日本の国家財政の現状と公共事業の学習。
例えば大前健一氏の近作 日本の真実 など。これは読まないと損でしょう。

 企業再生の記事
google などで建設業者がいかに経営を立て直したかの事例がみつかるでしょう。介護ビジネスや農業への転向で破綻をまぬがれた例は新聞などでもよくみかけます。

これらは、就職先を建設業と決めてかかられることの前提を見つめることにも役立つでしょう。

 エコ住宅、環境問題関連のサイト
供給過剰な建設業界の中で、今後の成長が期待される分野を探すのも重要でしょう。


本や雑誌よりもはるかに役立つ知識

それは、実際に建築の現場に出向いて第一線で活躍されている人々の生の声を聞くことでしょう。紙の上で読む内容は、あくまでそれを書いた人の視点でしかありません。現場に立たされている人たちが何を誇りに思い、何に困っているかは本人に聞くのが最も正確で手っ取り早い方法です。

読んでおくとよい本

 経済情勢に関するもの。 
例えば船井幸雄氏の本を読むと、日本の建設従事人口がアメリカの10倍近いとか、今後の景気動向の予測とかがわかるでしょう。 funaiyukio.com

 日本の国家財政の現状と公共事業の学習。
例えば大前健一氏の近作 日本の真実 など。これは読まないと損でしょう。

 企業再生の記事
google などで建設業者がいかに経営を立て直したかの事例がみつかるでしょう。介護ビジネスや農業への転向で破綻をまぬがれた例は新聞などでもよくみかけます。

これ...続きを読む

Q就職活動中の卒業生が、大学の学内合同説明会に出ているのが就職課のスタッフの人にバレたら、どうなります

就職活動中の卒業生が、大学の学内合同説明会に出ているのが就職課のスタッフの人にバレたら、どうなりますか?

Aベストアンサー

大学によってはまだ就職が決まらない卒業生向けに、就職支援している所もありますよ。
バレたらどうなるか心配しながら当日コソコソと説明会に出るより、
就職課に問い合わせて参加させてもらえるよう頼んでみてはいかがですか?
そういう行動力が就職につながるのではないでしょうか。

Qもう一度だけ「学生」にもどったつもりで一から勉強し直し、再就職したいのですが?

 僕は来年30歳になる会社員です。今、工業系の会社で働いていますが、能力的にも精神的にも限界を感じ、会社を辞めたいと思っています。しかし辞めた場合、普通に転職をするのではなく、もし30近い僕にも次のようなチャンスがあればぜひチャレンジしてみようかなと思っています。
 それは一度「社会」を離れ、もう一度「学生」から再スタートすることです。つまり会社を辞めた後、アルバイトしながらでももう一度一から勉強し直そうかなと・・・。勉強と言っても普通の大学に入って勉強するのではなく、仕事のキャリアやスキルアップにつながるような職業訓練系の学校で勉強するのです。もしくは大学院目指したりとか・・・。
 一応、僕は工業機械系の4年生大学を一度卒業しておりますが、違う分野の勉強をし、いろんなジャンルのスキルを身につけたいと思っております。
ちなみに経済的な面を考えた場合、今の僕は1300万ぐらいの貯金があるので1~2年位は勉強期間に使っても大丈夫ではないかと思います。
 
 でも皆さんから見たらこのような考えってどうなんでしょうか?
こんな生き方ってアリだと思います? 他にもこんな経験ある人は存在するのでしょうか? それとも30近くにもなって今更、無謀なんでしょか?(例えば、今からでは勉強しても転職先が無いとか。)
とりあえず今の会社を辞めたい場合は、普通に転職したほうがマシなのでしょうか?
・・・・ちょっと最後ゴチャゴチャになってしまいましたが、皆さんの意見やアドバイスをお願いします。

 僕は来年30歳になる会社員です。今、工業系の会社で働いていますが、能力的にも精神的にも限界を感じ、会社を辞めたいと思っています。しかし辞めた場合、普通に転職をするのではなく、もし30近い僕にも次のようなチャンスがあればぜひチャレンジしてみようかなと思っています。
 それは一度「社会」を離れ、もう一度「学生」から再スタートすることです。つまり会社を辞めた後、アルバイトしながらでももう一度一から勉強し直そうかなと・・・。勉強と言っても普通の大学に入って勉強するのではなく、仕事の...続きを読む

Aベストアンサー

チャレンジするのは悪いことじゃないと思います。
でもある職種をするのに絶対必要な資格を取るために勉強するのであればまだいいですけど
(それなら職種にもよるけど別に学校行かなくてもできる。)
単純に学校行って何か資格を取れればって考えているのなら甘すぎます。
学生時代に習う内容って働ければ殆ど役に立たないことを
ある程度の責任のある立場を経験していればわかると思います。
年関係なく学生っぽい考え方で甘いと思います。
まぁー弁護士や医者目指すとかならわかりますけどね
誰でもできるような資格とっても経験も実績もないその年の新人って
企業は好き好んで雇いませんよ

それなら仕事しながら今の会社に役立つような資格を働きながら取ったほうがいいと思います。

Q私は昨年の3月に大学を卒業し就職活動中の既卒者なんですが、リクナビやマイナビなどの合同説明会や単独説

私は昨年の3月に大学を卒業し就職活動中の既卒者なんですが、リクナビやマイナビなどの合同説明会や単独説明会って今の大学3年生しか参加してはいけないんですか?親に、「そういった説明会は大学生しか参加してないんだから、参加するな」と言われました...

Aベストアンサー

既卒生も参加していますよ。

Q会社とは何か、そして何を目指すべきか

まったく問題外の質問ですが、如何でしょうか

「会社とは何か
 そして、何を目指すべきか」

Aベストアンサー

決して「問題外」ではなく非常に根本的な問題だと思います。

ここでいう会社とは、英語ではcorporationまたはcompanyでしょうから、「目的や利害を一にする人たちの集まり」ということだと思います。「株式会社」などはその一形態だと思います。
あとは、会社の参画者が「何を目指し」「何をするか」を決めるのであって、会社はその器に過ぎないと思います。

因みに「株式会社」ということであれば、営利目的として事業を行う「株主の集まり」といったところでしょうか。しかし、そこで会社を設立する以上は何らかの趣意に基づいて株主が参画するのでしょうから、高邁な理想や社会への使命感などがあるべきだと思います。

Qよく就職活動の合同説明会で「女子学生のためのメイクアップセミナー」みたいなのがありますが、あれって必

よく就職活動の合同説明会で「女子学生のためのメイクアップセミナー」みたいなのがありますが、あれって必要ですか?あんなのやるくらいなら、もう1社の企業講演をやった方が良いと思うのですが...

Aベストアンサー

見た目というか印象は大事です。
就活に強い写真屋さんが繁盛する時代ですから。

Q広告代理店に就職するために

 私は広告業界への就職を強く希望しているのですが、その実現のために今からできることはないでしょうか?
 やっておくべき勉強、就職時に売りになるもの、職に就いてから役に立つもの、広告代理店に就職する方法・秘訣など、どんな小さなことでも結構ですので教えていただきたいです。
 特に、マーケティングもしくは製作での仕事をしたいと考えているのですが、まずは何でもいいので広告に携わりたいです。
 現在、大学1年で経営学部に通っています。特に資格もなく、このままではいけないと考えています。
 ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前、コピーライターをしていた者です。
広告業界には、10年ほどいて、
「梅干し」から「原子力発電所」まで手がけました。(笑)
その経験からアドバイスします。

まず、広告代理店に就職する方法・秘訣ですが、
「これ」という答えはありません。
あれば苦労しないんですけどね~。(笑)

ですが、広告代理店が欲しがる人材には「これ」という基準があります。
それは「幅広い興味を持つ人物」です。
「好奇心旺盛な性格」と言い換えてもいいでしょう。
どんなことでも面白がって、
楽しみながら仕事をするような人材が求められます。
また、そのような人間でなければ仕事が辛いし、成功できない業界です。

では、学生のうちに何をしておくべきか。
答えは「遊ぶ」ことです。
どんな「遊び」をして過ごしたかで、人間の幅が決るからです。
「遊び」の内容については、ここではあえて申し上げません。
他人に聞かずに、自分で見つけてこその「遊び」だからです。

たくさん遊んでください。
幅広く遊んでください。
いろいろな人と遊んでください。
一見、ムダに思える時間が、あなたの感性を磨くのです。

同時に、広告業界でアルバイトすることを強く勧めます。
職種は何でも構いません。

今はまだ「憧れ」の段階でしょうが、実際にバイトを経験してみれば、
就職するためには、どうしたらいいか身をもってわかると思います。
それに、コネも出来ますよ。

そして、たまには他の業界へ就職することも比較検討してみてください。
就職できるかどうかは別にして、
「広告しかない」という人よりも
「いろいろ考えた結果、広告をやりたい」という人の方が
良い広告を創れます。

就職がゴールじゃないでしょう? 
就職は、あくまでもスタート。いい広告を創るのが最終目的でしょ?

何でも「考えるクセ」をつけてください。
物事の表面だけを見るのではなく、世間の常識で片づけるのではなく
あなたなりの価値観を養って、物事の本質を見るクセをつけてください。

最後にいいことを教えましょう。
広告創りは、ラブレターを書くのと同じです。
(この意味、わかりますか?)
たくさん恋をしてください。

大変だけど、とっても楽しい仕事ですよ。
夢が叶うといいですね。

以前、コピーライターをしていた者です。
広告業界には、10年ほどいて、
「梅干し」から「原子力発電所」まで手がけました。(笑)
その経験からアドバイスします。

まず、広告代理店に就職する方法・秘訣ですが、
「これ」という答えはありません。
あれば苦労しないんですけどね~。(笑)

ですが、広告代理店が欲しがる人材には「これ」という基準があります。
それは「幅広い興味を持つ人物」です。
「好奇心旺盛な性格」と言い換えてもいいでしょう。
どんなことでも面白がって、
楽しみなが...続きを読む

Q就職活動(合同説明会)についてです

こんにちは
PLEというものです

現在就職活動をしています。

銀行や物流系統の職業を目指しているのですが、
合同説明会に興味のある企業が出店している場合、
何度も行った方がいいのでしょうか?

その企業がビルの○○階を借りて行うセミナーですとか、
そういったものは逃さず予約をしているのですが、
合同説明会も同じように考えるべきなのかわかりません。

わからないと申しますのは、金融系は出席を数えているから
できる限り行った方がいいなど、そういう噂をよく聞くからです。

学校のキャリアセンターで聴いたりはしてみましたが、
曖昧なことを仰っていまして、信用できないといいますか・・・

よろしければ教えていたたきたいと思います
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ケースバイケースですが、たとえ出席回数を数えてたとして、それが採用につながるかはまた別問題な訳で。
ただ点数を稼ぐ(稼いだつもりになる)ためだけに行くなら時間の無駄です。
何度も足を運ぶことによって新たに得る情報があるなら行けばいいです。
噂ほどいい加減なものは無いです。大体ライバルがあなたに有用な情報タダで出すはずが無いでしょう。
すでに就職を勝ち取った先輩方にあなたの活動は何の興味も無いんですから、真剣に答えを出すはずが無いでしょう。曖昧なのもあたりまえです。

Q50代から資格、検定取りました、勉強中、目指してます。ありましたら教えていただけますか? 宜しくお願

50代から資格、検定取りました、勉強中、目指してます。ありましたら教えていただけますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

日本人ですか?まずは日本語の勉強をしてみては。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報