現在、5月から休職をしており、会社には「6月いっぱいの休職を要する」という診断書を提出しています。

会社にはお休みしていて迷惑をかけていて聞き辛かったのでこちらでアドバイスいただければ、と思った次第です。

休職に関しては会社も了承済みで完全に復帰したら戻っておいで。と
とても理解がありありがたく思っているのですが。
診断書を提出して1ヶ月経過しましたが、傷病手当金の手続きに関して、
全くなにもしていない状態です。
会社からは賃金が発生しないはずなので、社会保険庁から私に振り込まれる形になると思うのですが、私自身全くなにも書類を提出していないため、傷病手当金がいつもらえるのだろうと不安になってきました。

休職期間終了後に手続きをするのでしょうか?
そうすると、それまでの生活と復帰してからの生活がとても苦しくなり、不安になってしまっております。
こちらに関して詳しい方、アドバイスいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず,確認ですが,傷病手当金の支給申請はされましたか?あくまで診断書は会社を休職するための書類ですよ.もしされていないようでしたら一生支給されませんよ.申請主義のため.


念のため,傷病手当金の支給申請の流れを書いておきますので,申請されてないようでしたら,参考にしてください.

1.社会保険事務所へ申請用紙を貰いに行く
2.自分にかんすることの必要事項を記入する
3.医師に労務不能である旨を記入してもらう
4.会社で賃金等必要事項を記入してもらう
5.出来上がった書類を社会保険事務所へ提出する(普通は会社がしてくれます)
6.1ヶ月に一度くらい,1~5を繰り返す.

このような流れになります.その他疑問があれば,社会保険事務所で聞いてみるといいでしょう.
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

自分で申請しなければいけなかったのですか!
以前、別の会社にいたころ骨折で休職した時に、診断書の提出の後に傷病手当て金の書類を会社から渡され、手配してもらった記憶があったので…

以前の会社では善意でやってくれたのでしょうかね…?

お礼日時:2009/05/29 09:57

まず、健康保険は健康保険組合ですか?


それとも、協会健保ですか?
話はそこからです。
いずれか該当するほうから請求書の様式を貰ってください。


1、傷病手当金請求書の様式を入手する

2、傷病手当金請求書に記入をする
  (1)本人記載欄はご自身で記入する
  (2)医師記載欄を主治医に書いてもらう
     ⇒通院の際にお願いしてください
  (3)事業主に賃金が発生していないことを証明してもらってください。

 (重要)
   傷病手当金の請求は、休んだ後になりますので、
   6月に休職であれば、7月以降に請求となります。

3、傷病手当金請求書の提出

  健康保険組合か協会健保に傷病手当金請求書を提出します。
  会社が提出してくれる場合があるので相談してください。

4、傷病手当金の支払い

  実際に傷病手当金が支払われるのは、
  請求から、1、2ヵ月後先の話です。
  従いまして、約2、3ヶ月の間、
  完全に収入が途絶えます。

5、社会保険料等について

  休職をしている間も、社会保険料は免除されずに、
  払わなければなりません。
  たとえ、賃金0円でも、健康保険料、厚生年金保険料、
  住民税は納めなければなりませんから、
  会社と相談の上で納める方法を考えてください。

  なお、傷病手当金は非課税ですので、
  所得税が発生しません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございます。

>まず、健康保険は健康保険組合ですか?
>それとも、協会健保ですか?
保険の種類についてよくわからないのですが、小さな会社なので保険組合などはなく、保険証には「東京社会保険事務局」と記載されています。
正社員なので国民健康保険ではありません。

1~3については全く無知でした。助かります。
4については、収入のめどが立たないとわかればそれなりに対処できるので、覚悟?ができました。
5について、これはまずいですよね。。
 以前の骨折での休職の時も社会保険のみは会社に払っていた記憶があります。忘れた頃に請求されるのも困りますし、会社からの連絡が来ない限り、休職明けに相談します。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/29 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傷病手当金を申請する場合の計算方法がいまいち分からなくて困っております。まず私の給料はとある商品

傷病手当金を申請する場合の計算方法がいまいち分からなくて困っております。

まず私の給料はとある商品を作った数×単価となっており、毎月同じ給料ではありません。

例えば月に30万円の時もあれば60万円の時もあります。

ですが給料はまず基本給が設定されていて、

設定されている基本給以上の金額になった場合、そのプラス分は会社に貯まっていって年に2回精算できることになっています。

例えば基本給が25万円と設定されている場合

今月の金額が50万円になったとすると25万円は会社に貯める分となります。

毎月振り込みされる金額は基本給の25万円から税金や保険料などが引かれた金額となっています。

年に2回はプラスの分を一気に受け取ることもできますし、そのまま会社に貯めておくこともできます。

※もし基本給よりマイナスになった月はそれまでに貯まっているプラス分から引かれます。

なので基本給以外のものは会社側にあってプラスマイナス管理されて年に2回の精算となります。

説明が下手でしたらすみません…

このような給料体制の場合

傷病手当金がもらえるのは基本給の25万円の部分だけと考えるべきでしょうか?

また6割と聞いたのですがそれは税金や保険料などを引いた金額の6割でしょうか?

傷病手当金を申請する場合の計算方法がいまいち分からなくて困っております。

まず私の給料はとある商品を作った数×単価となっており、毎月同じ給料ではありません。

例えば月に30万円の時もあれば60万円の時もあります。

ですが給料はまず基本給が設定されていて、

設定されている基本給以上の金額になった場合、そのプラス分は会社に貯まっていって年に2回精算できることになっています。

例えば基本給が25万円と設定されている場合

今月の金額が50万円になったとすると25万円は会社に貯める...続きを読む

Aベストアンサー

下記URL参考までに。東京都の場合の保険料額表です。都道府県によって、保険料額が違うので、ご自分のが知りたければ全国健康保険協会のHPから調べて下さい。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h28/ippan/13tokyo.pdf

表をみてもらったらわかる通り、自分の総支給額がどこにあたるか見て下さい。
例の25万なら、報酬月額が250,000円以上270,000円未満という所に当てはまって、標準報酬月額が260,000円ということになります。
標準報酬月額を決めるのは、総支給額です。

質問者様の場合、多分基本給のみが標準報酬月額になっているのではないかと推測します。
プラス分の精算が年2回ということは、その分の支払は賞与扱いになっているとか、継続して毎月支払われていないので、標準報酬月額を変更する要件(固定した賃金の変動が3か月間続き、その額が2等級以上の差が出た時に変更します)に当てはまっていないので、基本給が標準報酬月額となっていると思う理由です。

ちなみに、厳密には6割ではありません。
標準報酬月額を30で割った金額(10円未端数は四捨五入)が、標準報酬日額となります。その日額の2/3が支給日額となります。
支給日額×休んだ日数(歴日)=支給される傷病手当金です。
例えば、12/1~1/31まで休んだとしたら、12/1~12/3が待機期間となるため、休んだ日数は12/4~1/31になります。休んだ期間は12/4~1/31の間は59日間となります。(土日祝は関係なくカウントします)
例の25万円なら 標準報酬月額が260,000円になりますので、標準報酬月額は8,670円。支給日額は5,780円
5,780円×59日=341,020円が支給されるという計算になります。

下記URL参考までに。東京都の場合の保険料額表です。都道府県によって、保険料額が違うので、ご自分のが知りたければ全国健康保険協会のHPから調べて下さい。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h28/ippan/13tokyo.pdf

表をみてもらったらわかる通り、自分の総支給額がどこにあたるか見て下さい。
例の25万なら、報酬月額が250,000円以上270,000円未満という所に当てはまって、標準報酬月額が260,000円ということになります。
標準報酬月額を決めるのは、総支給額です。

...続きを読む

Q病気で休職、退職し傷病手当金をもらっていた場合の雇用保険の算定基礎期間について

9年間企業で働き、病気のため休職し傷病手当金をもらうようになりました。
8ヶ月後に退職し、さらに7ヶ月後に再就職し、現在までに18年間働きました。
この場合、雇用保険の算定基礎期間はブランクが1年以上あると言うことで後の企業での18年間になるのでしょうか。それとも9年間も通算出来るのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですか。傷病手当金を受給されている方は求職の申し込みができませんので離職票はやはりお手元にあるかも知れませんね。
雇用保険の傷病手当ではないですよね?

雇用保険の算定基礎期間は、いわゆる加入期間のことです。
途中に給与の支払いがなく保険料が徴収されなくても、会社は社会保険料のように雇用保険料を毎月単位で国に納める訳ではないのでハローワーク側でこの月は入っている、この月は入っていないと区別できるわけではありません。
ですから基本的に資格取得から喪失までが一事業所での算定基礎期間となります。
ですから、質問者さんの場合は空き期間は7ヶ月になります。

Q傷病手当金について

傷病手当金を申請している者です。本日会社に書類を提出し来週手術を受ける為、退職しました。傷病手当金の計算方法判ってるよね。と担当者から言われ判っているつもりなので、はい。と言いましたが不安になったので確認の為、教えて下さい。
基本給を30で割った2/3で良いのでしょうか

Aベストアンサー

>公務員ではありません。会社員です。偶々受給している知り合いも会社員

民間の会社員であれば協会健保あるいは組合健保のはずで、協会健保あるいは組合健保の場合は下記のように健康保険法で標準報酬日額の3分の2と規定されている。
公務員は共済組合であり共済組合の場合はそれぞれの共済組合法で規定されているのでこの限りではないと言うこと。

「健康保険法」

(傷病手当金)
第九十九条  被保険者(任意継続被保険者を除く。第百二条において同じ。)が療養のため労務に服することができないときは、その労務に服することができなくなった日から起算して三日を経過した日から労務に服することができない期間、傷病手当金として、一日につき、標準報酬日額(標準報酬月額の三十分の一に相当する額(その額に、五円未満の端数があるときはこれを切り捨てるものとし、五円以上十円未満の端数があるときはこれを十円に切り上げるものとする。)をいう。第百二条において同じ。)の三分の二に相当する金額(その金額に、五十銭未満の端数があるときはこれを切り捨てるものとし、五十銭以上一円未満の端数があるときはこれを一円に切り上げるものとする。)を支給する。

経験者はただ経験したと言うだけで、筋道を立てて全体を理解してるわけじゃなく一部をつまみ食いをするように覚えていてしかもそれを我流に解釈しているだけだから鵜呑みにするのは要注意。
このサイトでも経験者がウソやデタラメや間違いを回答することなんて日常茶飯事、質問する方はそもそも知らないから経験者と言う言葉の魔法にかかってそれを真に受けているけど危ない危ない。

それからもっと言えば

>と担当者から言われ

このサイトの回答者にも会社で健康保険や雇用保険の担当者と言うのがいるけどやはり怪しげな回答が結構多い、要するに会社の担当者なんて大企業の専門職でもなければ他の仕事の片手間にやっている連中が多いから素人に毛の生えた程度で無知な連中が多いということ。
だからその担当者も他人に念を押したくせに自分が間違っているという可能性も十分あるかもしれない。

>公務員ではありません。会社員です。偶々受給している知り合いも会社員

民間の会社員であれば協会健保あるいは組合健保のはずで、協会健保あるいは組合健保の場合は下記のように健康保険法で標準報酬日額の3分の2と規定されている。
公務員は共済組合であり共済組合の場合はそれぞれの共済組合法で規定されているのでこの限りではないと言うこと。

「健康保険法」

(傷病手当金)
第九十九条  被保険者(任意継続被保険者を除く。第百二条において同じ。)が療養のため労務に服することができないときは...続きを読む

Q病気による休職期間満了、休職期間中の妊娠。手続きは・・・

私のような人はいないので、誰に、どこに相談していいのか分からず
こちらにきました。

体調を崩して休職をしていましたが、来年2月に休職期間が満了し
「自然退職という方向になります」と会社から電話がありました。
しかし、この休職期間に心身の体調も快方にむかい、そんな中、不妊治療をして10年目にして妊娠をし現在7ヶ月となりました。
会社からは妊娠についてではなく、体調を崩した事による傷病手当金を頂いていました。
それもまもなく終了となります。ただ、このご時世、給料カットやボーナス廃止により、休職期間が満了となると生活は苦しくなってしまい、どなたかアドバイスを頂きたいのです。
それに今は働けるような身体でもないのでどうしたらいいのかと。

会社としても今は自然退職しか考えていないようですが
「休職期間満了による自然退職」と「出産による退職」は異なりますか?

ハローワークに行けば失業給付金というものが受取れるという話をききました。しかも妊婦ならば3年延長できると。

どのように会社に伝えればいいのか、ハローワークに行くにあたり
何が必要なのか、今どのような手続きができるか、どうしたら失業給付金をいただけるのか・・・どうかどうか教えてください。

私のような人はいないので、誰に、どこに相談していいのか分からず
こちらにきました。

体調を崩して休職をしていましたが、来年2月に休職期間が満了し
「自然退職という方向になります」と会社から電話がありました。
しかし、この休職期間に心身の体調も快方にむかい、そんな中、不妊治療をして10年目にして妊娠をし現在7ヶ月となりました。
会社からは妊娠についてではなく、体調を崩した事による傷病手当金を頂いていました。
それもまもなく終了となります。ただ、このご時世、給料カットやボー...続きを読む

Aベストアンサー

最初に休職と妊娠は何も関係ありません。
例えばうつ病などの精神的な病気ならば、肉体としては異常がないので休職中に妊娠と言う方も居られますので、それ自体は気にすることはありません。

>体調を崩して休職をしていましたが、来年2月に休職期間が満了し
「自然退職という方向になります」と会社から電話がありました。

就業規則にそういう規定があるのでしょうか?
あればやむを得ませんし、なければ自然退職にはならず解雇と言う形になります。
それよりも

「出産手当金」

建前上はあくまでも産休をとって復帰すると言うのがスジなのでしょうが、退職してももらえる場合があるということです。
まあ、これについては非常に情報が錯綜していて一般的には間違っている方が多いようです。
つまり問題は出産予定日から42日前がポイントになってくるのです。
この日が退職日の前か後かで違ってくるのです。
従来は後であっても任意継続しているか脱退しても6ヶ月以内の出産であれば出産手当金はもらえたのですが、平成19年4月の改正で後の場合は一切もらえなくなりました。
しかし前の場合はその時点で産休を取れば、出産手当金の受給資格が発生してしまいます。
またその後退職しても継続給付という形で出産手当金はもらえるのです。
この前者と後者をごっちゃにして、単に退職すると出産手当金はもらえないと錯覚してしまう方が多いようです。
つまり辞める日付によって、平成19年の改正に引っ掛かってもらえなくなる場合ともらえる場合が出てくるということです。
ですから出産予定日の42日前に産休を申請して、出産手当金の申請をしてしまうのです。
そして支給の資格ができてから退職してしまえば、継続給付と言う形で出産手当金は支給されます。
またこの場合は退職日まで1年以上被保険者であることが条件です。

「出産育児一時金」

出産一時金は妻の方が任意継続の場合あるいはそれをやめて6ヶ月以内の場合(夫の扶養になっていても)はそちらの健保から出ます。
それ以外の場合は夫の健保から出ます(家族出産育児一時金)。
以上が原則です。
ただし健保(夫の)によっては、妻がやめて方6ヶ月以内でも出すと言うところはあります。
その場合は両方からはもらえませんが、どちらかを選択することが出来ます、例えば健保によっては付加金がついている場合があるので多いほうを選べると言うことです。
しかしそういう選択できる健保は多くなく、大部分は上記の原則に依るとことが多いようです。

もう少し詳しく説明すると。
現在の勤務先で健康保険に加入しているなら、上記のように退職して6ヶ月以内なら質問者が現在所属している健保からが優先となります。

まず夫側の健保と、妻側の健保の出産育児一時金の金額を確認してください。
上記の出産育児一時金の説明を場合分けすると。

A.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万のみ
B.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万+附加金
C.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万のみ
D.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万+附加金

Aの場合はどちらも金額が同じなのでどちらでもいいわけです、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
B場合は妻側のほうが附加金分だけ多いのですから妻側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
Cの場合は夫側のほうが附加金分だけ多いのですから夫側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先です。
このときは夫側の健保に選べるかどうか聞くのです。
夫側の健保が

「あくまでも妻側の健保が優先であり、妻側の健保からもらえる状態であればこちらの健保からは出ない」

と言われたらあきらめて妻側の健保からもらいます。

もし
「どちらでもいいですよ、妻側の健保からもらわなければこちらの健保から出ます」

と言われたら夫側の健保からもらえばよいのです。
ただし恐らく妻側の健保からもらっていないと言う証明を出してもらって提出するように言われるかもしれません(二重取りを防ぐ為)。
Dの場合は附加金が夫側と妻側のどちらが多いかと言うことになります。
同じならAと同じ処理、妻側が多ければBと同じ処理、夫側が多ければCと同じ処理です。

最初に前提として退職日まで1年以上被保険者期間があることが条件です。

ですから質問者の方の場合は出産予定日の42日前から産休を取ってそのまま退職すれば(特に退職日は休むこと)出産手当金を継続給付と言う形で退職後も受け取れます。

ですから傷病手当金をもらって、出産予定日の42日前から産休を取りその後に退職する、そうすることによって出産手当金の継続給付も受けられます。

失業給付については働ける状態であることが条件ですので、通常ですと妊娠している場合は受給資格がありません。
そういう場合には、安定所へ受給期間の延長をします、最大3年(本来の1年と併せて4年)の延長が出来ます。
そして出産後に働ける状態になったときに、仕事を探すのであれば失業給付を受けることが出来ます。
手続きとしては退職後30日を過ぎてから1ヶ月以内に雇用保険者証と離職票と母子手帳等を持って安定所へ行き申し出てください。
また代理人に依る書類の提出あるいは郵送に依る提出が認められています。

傷病手当金、出産手当金、失業給付が絡んでいて併給できないものもあります。
具体的には傷病手当金はいつまで受給できるのか、出産予定日がいつなのかがわからなければ詳しくはいえません。

最初に休職と妊娠は何も関係ありません。
例えばうつ病などの精神的な病気ならば、肉体としては異常がないので休職中に妊娠と言う方も居られますので、それ自体は気にすることはありません。

>体調を崩して休職をしていましたが、来年2月に休職期間が満了し
「自然退職という方向になります」と会社から電話がありました。

就業規則にそういう規定があるのでしょうか?
あればやむを得ませんし、なければ自然退職にはならず解雇と言う形になります。
それよりも

「出産手当金」

建前上はあくま...続きを読む

Q障害者年金を受給したら傷病手当金は返す必要がありますか?

障害者年金を受給したら傷病手当金は返す必要がありますか?

うつ病で2年間休職し、傷病手当金を貰っていました。
今年の9月より復職する事ができ、傷病手当金の受給は終わりましたが、
以前申請していた障害者年金を今年の2月にさかのぼって受給されることになりました。
この場合、2月から8月まで貰っていた傷病手当金は返還する必要がありますか?
傷病手当金と障害者年金は同時受給できないと聞いたことがありまして…。
ご存知の方、ご教示頂けると幸いです。

Aベストアンサー

まず、以下の計算式を頭に入れて下さい。
なお、障害厚生年金や障害基礎年金に加算(配偶者加給や子の加算)があれば、
その加算も含めた額で計算して下さい。

● 計算式

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

ここで「標準報酬月額 ÷ 30」の結果については、
5円未満の端数は切り捨て、5円以上10円未満の端数は10円に切り上げます。
その上で、2/3を掛けます。
2/3を掛けた結果については、50銭未満の端数は切り捨て、
50銭以上1円未満の端数があるときは1円に切り上げます。

障害厚生年金の日額
=(障害厚生年金の年額 + 障害基礎年金の年額)÷360

360で割った結果に1円未満の端数が出た時は、その端数を切り捨てます。
障害厚生年金3級のとき(障害基礎年金がないとき)も同様に考えます。
また、先述したように、加算があれば、その加算額も含めてから360で割ります。

次に、具体的な併給調整のしくみです。
以下のとおりとなります。

● 調整のしくみ(傷病手当金の返却)

1)「障害厚生年金の日額 > 傷病手当金の日額」のとき

 傷病手当金は出ない。
 したがって、障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 いままでに受け取っていた傷病手当金は、重複期間分を全額返却。

2)「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」のとき

 重複期間分の傷病手当金については、実際には、
 1日あたり「元の傷病手当金の日額 - 障害厚生年金の日額」
 しかもらえない。

 言い替えれば、遡及で障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 1日あたり、
 障害厚生年金の日額の分だけ多くもらい過ぎているわけだから、
 いままでに受け取っていた傷病手当金から
 「障害厚生年金の日額 × 重複期間日数」を返却。

● その他の注意事項

健康保険の傷病手当金を受け取っているときに、
同時に、報酬(給与や賃金)の一部を受け取れる場合があります。
例えば、いわゆる「休職給」などがこれに当たります。

これは「報酬の日額 < 傷病手当金の日額」となる場合で、
「傷病手当金の日額 - 報酬の日額」を傷病手当金として受け取れる、
というものです。

このとき、「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となっていて
同時に障害厚生年金も受け取れる場合には、少しややこしくなります。

このようなときには、
「傷病手当金の日額 - 障害厚生年金の日額」と
「傷病手当金の日額 - 報酬の日額」とをくらべて、
どちらか額の少ないほうが、実際に受けられる傷病手当金の額となります。
そのため、そのようなときには、
「実際に受けられる傷病手当金の額」を上回っている分の返却が必要です。

● 障害基礎年金だけの受給者は、どちらも満額受け取れます

障害基礎年金だけを受給しているときには、
上記のような「健康保険の傷病手当金との調整」はありません。
障害基礎年金も傷病手当金も、どちらも満額受給することができます。

● 障害共済年金のとき

障害共済年金と傷病手当金との間にも、上記と同様な調整があります。
但し、「障害共済年金の日額」の計算方法が違います。

障害共済年金の日額は、以下の計算式で計算します。
360で割るのではなく、264で割ります。
1円未満の端数が出たときは、その端数は切り捨てます。

(障害共済年金の年額 + 障害基礎年金の年額)÷264

以上の併給調整は、同一の支給理由に対して行なわれます。
したがって、支給理由の異なる傷病(傷病名などが異なる傷病)だったときは、
たとえ支給期間が重複していても、どちらも満額受給できます。
 

まず、以下の計算式を頭に入れて下さい。
なお、障害厚生年金や障害基礎年金に加算(配偶者加給や子の加算)があれば、
その加算も含めた額で計算して下さい。

● 計算式

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

ここで「標準報酬月額 ÷ 30」の結果については、
5円未満の端数は切り捨て、5円以上10円未満の端数は10円に切り上げます。
その上で、2/3を掛けます。
2/3を掛けた結果については、50銭未満の端数は切り捨て、
50銭以上1円未満の端数があるときは1...続きを読む

Q傷病手当金と失業手当について

3月16日〜4月15日までの傷病手当金を申請しました。
これで傷病手当金の満期になりましたので、体調の方も完璧ではないのですが、転職活動をするつもりです。
3月16日〜4月15日のお金が約1ヶ月後に支給されるのですが、4月16日以降から支給されるまでの期間に転職活動はしていいのですか?

あと、失業手当なのですが、同じように支給されるまでの期間に失業手当をハローワークに申請してもいいのですか?
例えば4月24日にハローワークに失業手当申請しに行った場合、仮に傷病手当金が貰えるのが5月15日だったとしたら、5月16日から失業手当金に変わりますと言う風になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>3月16日〜4月15日のお金が約1ヶ月後に支給されるのですが、4月16日以降から支給されるまでの期間に転職活動はしていいのですか?
はい。
医師が就労可能と診断すればOKです。

もらえる傷病手当金は、いつからいつまでの分ってのが決まっているわけです。
あなたの場合はそれが3月16日〜4月15日までであり、医師はその期間は少なくとも就労不能と診断しているわけです。
4月16日以降に関しては、医師が就労不能と診断していなければ問題なく就職活動を行って問題ありません。
3月16日〜4月15日の分がいつ振り込まれようと、就労不能だったのは3月16日〜4月15日までですから。

そもそも失業してからどれくらいの期間が経過しているんでしょうか?
普通は失業した時に傷病手当を受給していたら、受給期間延長申請をしているのでしょう。
失業保険をもらって就職活動をするのであれば、受給期間延長申請をキャンセルしなければなりません。
医師から就労可能の診断をもらって、就労及び就職活動が可能であるとハローワークに行って手続きをすれば問題なく失業保険を受給することが可能になります。

>あと、失業手当なのですが、同じように支給されるまでの期間に失業手当をハローワークに申請してもいいのですか?
問題ないです。
今日から健康体なので就職活動しますよ!って申請しに行けば良いのです。

>例えば4月24日にハローワークに失業手当申請しに行った場合、仮に傷病手当金が貰えるのが5月15日だったとしたら、5月16日から失業手当金に変わりますと言う風になるのでしょうか?
先ほども申し上げました通り、傷病手当金を受け取れる日と就労不能な日は関係ありません。
したがって、いつ傷病手当金を受け取ろうが、あなたが就労可能であればいつでも失業保険の申請に行って構わないです。
傷病手当金が失業保険に変わるなどは言わなくて良いです。
そもそも性質の違うものですから、変わるとかそういう問題じゃないです。
傷病手当金は、基本的に病気で仕事ができない人が保険組合からお金が出るものです。
失業保険は、就職する意志とできる身体を持ちながら仕事が決まらない人が受け取るものです。
全く別に考えてください。
あなたの状況は「今まで病気だったので傷病手当金を受け取っていましたが、健康になったので就職活動します。失業保険の受給期間延長申請を行っていたのでそれを撤回して、失業保険の申請を行い、就職活動を始めます」というものです。

>3月16日〜4月15日のお金が約1ヶ月後に支給されるのですが、4月16日以降から支給されるまでの期間に転職活動はしていいのですか?
はい。
医師が就労可能と診断すればOKです。

もらえる傷病手当金は、いつからいつまでの分ってのが決まっているわけです。
あなたの場合はそれが3月16日〜4月15日までであり、医師はその期間は少なくとも就労不能と診断しているわけです。
4月16日以降に関しては、医師が就労不能と診断していなければ問題なく就職活動を行って問題ありません。
3月16日〜4月15日の分がいつ振り込...続きを読む

Q質問番号:4810341【傷病手当金と障害厚生年金(3級14号)】のご回答について

質問番号:4810341【傷病手当金と障害厚生年金(3級14号)】のご回答についてですが、

回答番号No.1に、

 >2.「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となるとき
 >○ 質問者さんの場合、もしそうならば、「傷病手当金の日額 - 障害
 >厚生年金の日額」を返済する必要があります。

と、ございます。
これがどうも理解力が足りず、理解できません。
これをそのまま計算式にすると、
(例)
   傷病手当金日額(13,000円)-厚生年金3級(約1,700円)=11,300円
を、健康保険組合に変換することになります。
つまり、年金を受け取ると、大損する、ことになりそうです。

一方、傷病手当金を出している健康保険組合は、
 ■「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となるときは、
   障害厚生年金を傷病手当金から差し引いた金額を支給する。」
と言っています。
つまり、傷病手当金(13,000円)から年金金額(1700円)を差し引くだけですよ、と言っています。
もし年金が遡及して支給された場合、1700円×傷病手当金支払い日数を健保に
返金すれば良いと思っていたのですが、まちがいでしょうか。

理解力が足りず大変申し訳ありませんが、
よろしければご回答お願いいたします。

質問番号:4810341【傷病手当金と障害厚生年金(3級14号)】のご回答についてですが、

回答番号No.1に、

 >2.「障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額」となるとき
 >○ 質問者さんの場合、もしそうならば、「傷病手当金の日額 - 障害
 >厚生年金の日額」を返済する必要があります。

と、ございます。
これがどうも理解力が足りず、理解できません。
これをそのまま計算式にすると、
(例)
   傷病手当金日額(13,000円)-厚生年金3級(約1,700円)=11,300円
を、健康保険組合に変...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘のとおりです。
肝心なところをミスしておりました。
たいへん申し訳ありません。正しくは以下のとおりとなります。

――――――

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

例:(協会健保[東京]で21年9月分以降と仮定した計算)
 傷病手当金の日額が13000円となるのは、
 標準報酬日額(= 標準報酬月額 ÷ 30)が19500円のときで
 このときの標準報酬月額は、少なくとも560000円以上になる

――――――

障害厚生年金の日額
=(障害厚生年金の年額 + 障害基礎年金の年額)÷360

例:(3級障害厚生年金の最低保障額のみの受給と仮定した計算)
 594200円/年 が最低保障額なので、
 障害厚生年金の日額は1650円になる

――――――

傷病手当金と障害厚生年金を同期間重複して受け取れるときは、
以下のような調整が行なわれる。

1)障害厚生年金の日額 > 傷病手当金の日額
 傷病手当金は出ない。
 したがって、遡及で障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 いままでに受け取っていた傷病手当金は、重複期間分を全額返却。

2)障害厚生年金の日額 < 傷病手当金の日額
 重複期間分の傷病手当金については、
 実際には「元の傷病手当金の日額 - 障害厚生年金の日額」
 しかもらえない。
 言い替えれば、遡及で障害厚生年金が出て傷病手当金と重複したら、
 障害厚生年金の日額の分だけ多くもらい過ぎているわけだから、
 いままでに受け取っていた傷病手当金から
 障害厚生年金の日額の分は返却。
 

ご指摘のとおりです。
肝心なところをミスしておりました。
たいへん申し訳ありません。正しくは以下のとおりとなります。

――――――

健康保険の傷病手当金の日額
=(標準報酬月額 ÷ 30)×(2/3)

例:(協会健保[東京]で21年9月分以降と仮定した計算)
 傷病手当金の日額が13000円となるのは、
 標準報酬日額(= 標準報酬月額 ÷ 30)が19500円のときで
 このときの標準報酬月額は、少なくとも560000円以上になる

――――――

障害厚生年金の日額
=(障害厚生年...続きを読む

Q雇用保険、傷病手当金、出産手当金

社会保険関係に詳しい方、また同じような経験をされた方に、アドバイスをお願いします。

16年8月から派遣社員として働いており、現在妊娠(双子)5ヶ月となりました。
妊娠初期はつわりもなく、業務に支障をきたさず勤務でき、17.4月末まで勤務する予定でしたが、17.2月中頃に突然の出血があり、入院&自宅療養となってしまい、そのまま出勤していない状態です。
その後1ヶ月経ち、体調も随分よくなり、以前のように7.5時間勤務は難しいですが、自分では数時間で数日おきの勤務ならできそうだと思っています。

派遣会社、派遣先からは、退職までに引継ぎの為、数日出勤してほしいと言われています。
有休は11日残っています。
また、派遣会社からは「傷病手当金」についての案内があり、請求をしようと思っています。
健康保険は任意継続し、出産手当金を受給する予定です。

そこで、質問なのですが、
1.1日の出勤は難しいので、数時間の出勤になると思うのですが、数時間出勤しただけでも、その日の傷病手当金は支給されませんか?

2.失業保険は退職前6ヶ月で計算されると思うのですが、傷病手当金を受給していた月は除いて計算されますか?(月半ばからの場合はどうなりますか?)

3.引継ぎの為に、1.のように数日出勤し、残り11日の有休を使った場合、給料が発生するのですが、そうした場合、2.の質問はどうなりますか?(有休で足りない日数は欠勤します)

4.医師が3月末まで「労務不能」と診断した場合も、多胎妊娠ですので無理をしないように、自分では3.のように出勤する予定です。そうした場合は、失業保険の計算対象月になりますか?

5.傷病手当金を受給することにより、また直近の給料が下がることにより、出産手当金に影響がありますか?

質問の件数が多くなってしまい、申し訳ございません。1件のみの回答でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

社会保険関係に詳しい方、また同じような経験をされた方に、アドバイスをお願いします。

16年8月から派遣社員として働いており、現在妊娠(双子)5ヶ月となりました。
妊娠初期はつわりもなく、業務に支障をきたさず勤務でき、17.4月末まで勤務する予定でしたが、17.2月中頃に突然の出血があり、入院&自宅療養となってしまい、そのまま出勤していない状態です。
その後1ヶ月経ち、体調も随分よくなり、以前のように7.5時間勤務は難しいですが、自分では数時間で数日おきの勤務ならできそうだと思っています...続きを読む

Aベストアンサー

1について
傷病手当金は有給・無給にかかわらず休んだ日について支給されるものですから、1時間でも出勤ですので支給対象となりません。

2について
受給要件の緩和措置があります。
在職中に傷病や妊娠などのために1ヵ月の出勤日数が14日未満であればその分最高2年まで遡ります。

3、4について
同一賃金計算期間内で出勤と有給休暇を併せて14日以上となれば算定対象となります。

5について
連続して3ヵ月賃金に変動があった場合には標準報酬額が変更されますが、あなたの場合は影響ありません。


傷病手当金は退職後にも支給されますので当面は医師の指示に従って無理をしないで傷病手当金を受給されたほうがいいと思います。

双子とのことですので分娩の日以前98日から分娩の日後56日までの間出産手当金が支給されますので、退職後数ヶ月でその支給対象となりますので、雇用保険の失業給付は受給期間の延長手続きをしてください。
この延長申請は代理人や郵送でもOKですので、わざわざ公共職業安定所に行かなくてもまず電話してください。
退職した翌日から30日経過して1ヵ月以内の申請ですので、3月いっぱいでの退職でしたら、5月中に申請してください。(早すぎても受け付けてもらえませんよ。)

なお、傷病手当金の支給が長引いて出産手当金の支給対象日と重なる場合には出産手当金が優先され傷病手当金に支給が止まりますので念のため申し上げておきます。

1について
傷病手当金は有給・無給にかかわらず休んだ日について支給されるものですから、1時間でも出勤ですので支給対象となりません。

2について
受給要件の緩和措置があります。
在職中に傷病や妊娠などのために1ヵ月の出勤日数が14日未満であればその分最高2年まで遡ります。

3、4について
同一賃金計算期間内で出勤と有給休暇を併せて14日以上となれば算定対象となります。

5について
連続して3ヵ月賃金に変動があった場合には標準報酬額が変更されますが、あなたの場合は影響あ...続きを読む

Q育休直後の病欠、傷病手当金の算定方法は?

初めて質問させていただきます。

全くの無知で申し訳無いのですが…
私は看護師をしています。約1年間の産休・育休を経て昨年10月に職場復帰したのですが、普通に働いていただけにも関わらず、復帰初日から師長のパワハラともいえる不当な扱いを受け、復帰1ヶ月後には『うつ状態』で休職・自宅療養の身になりました。今も復帰の目処は立っていません(休職後も散々私を目の敵にしているような言動が目立つ、と同僚から言われました)。

そこで看護部長の勧めもあり、このたび『傷病手当金』の給付を受けることになりました。
ですが、標準報酬月額(日額?)の算定時期と思われる3ヶ月は育児休暇中であり育児休業給付金の受給のみで、全くの無給です。このままでは傷病手当金を申請しても『0円』になってしまうのではないか?と旦那に言われ、2人で悩んでいます。
保育園代をはじめとする支出額も多く、貯金も底をつきそうです。

こういった場合の傷病手当金は、どういった計算方法で算出されるのでしょうか。やはり、私には傷病手当金を受給する資格は無いのでしょうか。

Aベストアンサー

標準報酬月額の算定とありますので、医師国保等ではないと仮定して回答させて頂きますね。

育児休業から復帰した後の一月分を元に「育児休業等終了時改定」をされるのではないかと思います。その一月分の出勤日数が17日に満たなければ、保険者算定がされるか改定自体がされないのではないかと思います。
>標準報酬月額(日額?)の算定時期と思われる3ヶ月は育児休暇中であり
これは4.5.6月を指しているのでしょうか?育児休業者には定時決定はされません。更にどんなに低い級になっても0円になるという事はありません。
「育児休業等終了時改定」に関して社会保険庁のwebページURLを参考までに貼っておきますね。

現在でも社会保険料(健保・厚生年金)に関しては自己負担金を徴収されている事と思います。その金額から等級を逆引きされると良いかも知れません。
万が一、社会保険料の育児休業時免除を受けたままだと傷病手当金の申請は無理なので、そこだけは確認してみて下さい(社会保険料の自己負担分に関する記載がないので、そこが少し引っ掛かっています)

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo09.htm

標準報酬月額の算定とありますので、医師国保等ではないと仮定して回答させて頂きますね。

育児休業から復帰した後の一月分を元に「育児休業等終了時改定」をされるのではないかと思います。その一月分の出勤日数が17日に満たなければ、保険者算定がされるか改定自体がされないのではないかと思います。
>標準報酬月額(日額?)の算定時期と思われる3ヶ月は育児休暇中であり
これは4.5.6月を指しているのでしょうか?育児休業者には定時決定はされません。更にどんなに低い級になっても0円になるという事は...続きを読む

Q傷病手当をもらってからの失業手当

こんにちわ、いつもお世話になっています。私は現在ざっくりいうとがんなのですが、その闘病の関係もあり、会社からアルバイトへの降格を示唆されています。

でも、アルバイトへすぐきりかえとなると失業手当ももらえないですよね?そこで、今私が考えているのは

解雇(最後の方は病気のためとして欠勤する)→傷病手当を限度までうけとる→失業保険をうけとりつつ、許される範囲内でアルバイトをもとの職場なり別のところでする→アルバイト生活

というものなのですが、これって無理はないでしょうか?現在の職場は人手不足がひどいのでたぶんさらっとアルバイトなら1年くらい間があいても使ってくれると思うのですが・・・。正直再就職は目指しますが、闘病中だと難しいだろうなあというのもありまして、どうせアルバイトならなれてる仕事の方がいいかな、と(病気のこととかもすでに知っているので)考えています。

何か注意点とか問題があれば教えてください。ほかにこうした方がいいとか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>なので、アルバイトが雇用保険に入る要件を満たすのがちょっと難しいので

雇用保険の加入条件は以下のようなものです。

1.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
2.31日以上引き続き雇用されることが見込まれること。

ですから逆にこれを満足しないような労働条件であれば雇用保険を外すことは可能です、ですから繰り返しますが単純にアルバイトであるかどうかではなく労働条件が問題になります。
ですから極端な話、会社がアルバイトと呼ぼうがパートと呼ぼうが上記を満足させれば雇用保険に加入させなければなりませんし、加入しているものを外すことも出来ません。

>受け取りたい雇用保険は正社員時代のものになってしまうので

失業給付には受給期間といって期間に制限があるので期間が開きすぎると無効になるケースもあります。

>失業期間も挟まないで社員からアルバイトになってしまうと傷病手当も失業手当ももらえないかな

健康保険も同じです。

たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

要するに収入の金額ではなく労働時間で決まります。

ですから極端な話、会社がアルバイトと呼ぼうがパートと呼ぼうが上記を満足させれば健康保険に加入させなければなりませんし、加入しているものを外すことも出来ません。

どうも

社員→保険あり
アルバイト→保険なし

見たいなワンパターンの考えに嵌っているのではないですか。

アルバイトになって労働条件が変わって加入条件を満足させないから保険を外すというのは正しいかもしれませんが、アルバイトになって単にアルバイトは保険に入れないから保険を外すというのは間違いです。

>なので、アルバイトが雇用保険に入る要件を満たすのがちょっと難しいので

雇用保険の加入条件は以下のようなものです。

1.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
2.31日以上引き続き雇用されることが見込まれること。

ですから逆にこれを満足しないような労働条件であれば雇用保険を外すことは可能です、ですから繰り返しますが単純にアルバイトであるかどうかではなく労働条件が問題になります。
ですから極端な話、会社がアルバイトと呼ぼうがパートと呼ぼうが上記を満足させれば雇用保険...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング