お世話になります。

地デジ対応液晶テレビを買うにあたり、今回は次の質問をさせていただきたく思います。

フルハイビジョンの32型を購入しようと思っていましたが、色々調べているうちに以下の疑問がわいてきました。

1.
地上デジタル放送は1440×1080の解像度であるからフルハイビジョンの解像度である1920×1080パネルで映す場合 引き伸ばすことになる。

一般的に液晶は低い解像度のものを拡大して映すとぼやける。

現在ではフルハイビジョンの番組は少なく、帯域などの問題から、少なくとも近い将来、地上デジタル放送番組の多くがフルハイビジョンの解像度番組になることは考えずらい。

そうすると、ブルーレイなどを見るわけでなかったらフルハイビジョンを買っても大抵は、ぼやけた映像をみることになり、フルハイビジョンを買うのはかえって良くないのでは?特にSD画質のものは相当に拡大する事になるからボヤケもひどいのでは?

2.
そうなると、32型を買う場合でもフルではなく普通のハイビジョンを買った方が綺麗なのだろうか?

3.
また、いっそのこと26型のハイビジョンにした方がドットが小さい分 引き締まって見えるのだろうか?

などと考えてしまいます。

実際のところはどうなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かにフルHDの画面に地デジを映す場合は、横方向は拡大されることになります。

ただし、縦はそのままで済むため、縦方向の画質劣化が起きません。一般的にデジタル画像を拡大縮小する場合、元画像の整数倍であればきっちり変換できますが、そうでない場合は精度が低下するため、画質低下の原因になります。

HDパネルの場合、解像度はだいたい1366x768ですから、縦も横も1440x1080の整数倍になりませんし、フルHDの信号を受けた場合も同様です。ただ動画なので、実際には気になりませんが。フルHDパネルで地デジを見た場合も同様に気になりません。バラエティとかを見るには、無駄すぎるきれいさです(笑)。

SDを拡大した場合は、どっちかと言えば気になるのは画面サイズでは?画面サイズが大きいほど、拡大した場合のあらは目立ちます。同じ画面サイズだとパネルの解像度が低いものの方が、拡大でぼやけないかも知れませんが、代わりにドットが見えてギザギザの絵になります。どっちが許せるかという程度問題の話になりますね。すでにNo1の回答者さんから指摘されていますが、超解像などの凝った拡大機能を持つテレビなら、パネル解像度が高い方が面積あたりの使用できるドット数が多いので、よりごまかせる余地ができ、ぼやけを目立たなくできる可能性があります。

画面を小さくした方が緻密さが増すので、確かにきれいに見えます。その代わり画面が小さいと、没入感や臨場感は減りますけど。また、ぼやけを気にして画面を小さくするのは、あまり良い選択とは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>画面を小さくした方が緻密さが増すので、確かにきれいに見えます。

性格的にどうしても「くっきり」にこだわってしまいます。ただ、26型以下だと画質を向上させる機能が殆ど付いていないものばかりなので悩んでいます。

お礼日時:2009/05/31 01:53

実際にぼけが気になるかどうか、フルとそうでないものの差はどんなものか、いろんな電器店を見て回って比べるのが一番です。


理屈はともかく最終的には見た目ですので。
個人的にはフルとそうでないものの差はそれくらいのサイズまではほとんど差は感じませんし、ボケなどについても同じ。
もちろん小さいほど画質はしまって見えるのは当然ですしそこら辺も見て確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>いろんな電器店を見て回って比べるのが一番です。

確かにおっしゃるとおりなのですが、売り場だと

・いま映っている番組の元の解像度はフルハイビジョンなのか、ハイビジョンなのか、SDなのかがわからない。

・複数のテレビを見比べる場合、32型以上は画質向上に関する機能が付いているものもあるが、そのおかげで綺麗に見えているのかフルハイビジョンかハイビジョンかというパネルの問題で綺麗に見えているのかがわからない。

といったことが起こってくるので「本当に綺麗なのはどれなのか?」と大変迷ってしまいます。

お礼日時:2009/05/31 01:55

1、おっしゃる通り地デジは1440x1080です。

今後もこのままだと考えられます。BSデジタルは1920x1080の番組もあります。
人間の目は縦の解像度には敏感ですが横の解像度はそれほど敏感ではないことを利用した解像度です。
ですからSD解像度だとぼやけて見えると言われれば確かにその通りだと思います。
超解像度などと呼ばれる特殊な補完をする機種もありますが、その場合は軽減されます。

2、32型がフルHDとHDの境目のサイズとなっているようです。
従って32型ぐらいの大きさだと違いがわからない、わかりにくいのだと思います。
ただフルHDよりHDの方が綺麗ということはありません。

3、上記2の回答と同じです。違いはわかりにくいと思いますが、フルHDの方が綺麗に見える可能性はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>超解像度などと呼ばれる特殊な補完をする機種もありますが、その場合は軽減されます。

これには私も注目していましたが、いかんせん32型には搭載されていないようで、、、。残念です。

お礼日時:2009/05/31 01:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4Kテレビで地デジ放送はどう見える?

4Kテレビが発売したとニュースで出てましたが、
これで地デジを見るとどう見えるんでしょうか?
今の時点で4000x2000の解像度を生かすソフトはあるんでしょうか?

ソニー、84V型4K対応液晶テレビの国内発売を発表
http://www.yomiuri.co.jp/net/newproducts/kaden/20120928-OYT8T00514.htm

Aベストアンサー

Q/これで地デジを見るとどう見えるんでしょうか?

A/普通の1920×1080ドットのテレビより近くで見ても精細に見えます。
ただ、アップコンバート(超解像)を使っているので、どんな映像でも綺麗かどうかは、実際に店頭で見るのが良いでしょう。

Q/今の時点で4000x2000の解像度を生かすソフトはあるんでしょうか?

A/実を言えば、4K2Kの放送は始まっていません。BDコンテンツの提供は規格上は可能ですが、対応したコンテンツやハードもありません。(超解像で4K2K出力できるレコーダーはソニーから発表されています)
そのため、今のところはオーバースペックです。ちなみに、4K2Kの解像度は3840×2160(アスペクト比:16:9)あたりが一般的です。
4000×2000ではないのです。

では、何故4K2Kが売られたのかというと、大画面化すると1920×1080ドットでは、近くで見たときのドットの粒状感が大きくなるためです。
それを低減するために、ドットをより小さくして、それらを減らし、超解像で近くで見ても、多少なり粒状感を減らすことが出来、見栄えを良くしたのです。

それに加えて、テレビの価格をより高くすることで、テレビ事業における収支の悪化を食い止めたいという思惑もあるでしょう。

Q/これで地デジを見るとどう見えるんでしょうか?

A/普通の1920×1080ドットのテレビより近くで見ても精細に見えます。
ただ、アップコンバート(超解像)を使っているので、どんな映像でも綺麗かどうかは、実際に店頭で見るのが良いでしょう。

Q/今の時点で4000x2000の解像度を生かすソフトはあるんでしょうか?

A/実を言えば、4K2Kの放送は始まっていません。BDコンテンツの提供は規格上は可能ですが、対応したコンテンツやハードもありません。(超解像で4K2K出力できるレコーダーはソニーから発表...続きを読む

Qハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型

ハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型液晶テレビの購入をするものです。理由は龍馬伝を迫力ある映像でみたいからです。このサイトで質問して37型以上を買うことにしました。回答にフルハイビジョンというキーワードが何回も出てきましたが何の事かわかりません。現在ブラウン管の27型位でテレビを見てるので未知の世界です(笑)

Aベストアンサー

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

ここでは、すべてデジタルハイビジョンであるという前提で書きますが、
ハイビジョンコンテンツの規格には、国内では主に

1280×720(副ハイビジョン、順次走査放送に多く、衛星放送やインターネットコンテンツの一部などで利用)
1440×1080(国内の地上デジタル放送の解像度/HDVビデオカメラの標準記録方式)
1920×1080(最高解像度規格/Blu-ray Disc/NHK BS Digital Hi-Visionなど)

の3種類が使われています。
このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで余すところなく表示できるまたは録画再生できるのがフルハイビジョンです。

一般に液晶テレビやプラズマテレビでフルHDやフルハイビジョンとかかれている場合は、
1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイパネルを採用しています。
それ以外のパネルは、1366×768ドット、1440×960ドットなどの低解像度パネルが使われています。

高解像度パネルほど、解像感が高くなり、よりきめ細かく表示されます。
ただ、その反面VHSやDVDなどの元々解像度の低い標準放送コンテンツ(SDTV)に関しては、汚い画像に見えてしまうようになります。
それに対して、低解像度パネルは解像間が低くなり、フルHD映像では少しぼけたように映ることがありますが、DVDなどの低解像度コンテンツはフルHDパネルに比べると綺麗に見えることがあります。

まあ、今後のテレビ放送はHDTVが中心となりますから、フルHDを選ぶのが無難でしょう。
ただ、プライベートルームなど小さな部屋でみる場合や、VHSなどの低解像度のコンテンツを再生するための専門のテレビなどをお求めの場合は、あえて解像度の低いテレビを選ぶという手もあるかもしれません。

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

こ...続きを読む

Q大画面にして後悔しています・・・

大画面にして後悔しています・・・
28ワイドブラウン管から、52液晶テレビに買い替えをしました。
28ワイドは一人暮らしの時に使っていた物で、
部屋も広くなった現在では買うなら46以上を希望していました。
現在は10畳ほどのリビングです。

希望したSONYのテレビは46か52しかなく、サイズで迷いましたが、
映画が好きな事と、迷ったら大きい方がいい、
慣れてくるとうちょっと大きくても良かったかなと思うなど、
アドバイスを受けた事と、主人が52を押していたので、
大き過ぎではないかと迷いながらも52にしました。

友人などからも慣れると言われてましたが、
二週間以上たつ現在も慣れられず、イライラする日々です。

TVから180センチほど離れた場所に居る事が多いです。
家具をずらせばもう少し離れる事も可能です。

圧迫感があり、映画などはなぜかとても良く見られるのですが、
普段のドラマやバラエティやニュースなど見ていると、
酔いそうになったり、うっすら頭痛もしたりして、
TVをつけておく時間もかなり少なくなりました。

損もするし、売ってしまい、46に買い替えようか
本気で悩む日々です。
同じように液晶にしてサイズを大きくし、後悔してるかたや、
失敗した方いらっしゃいますか?

その後、どうしたかを知りたいです。
また、改善出来そうな点などありましたら教えてください。

宜しくお願いします。

大画面にして後悔しています・・・
28ワイドブラウン管から、52液晶テレビに買い替えをしました。
28ワイドは一人暮らしの時に使っていた物で、
部屋も広くなった現在では買うなら46以上を希望していました。
現在は10畳ほどのリビングです。

希望したSONYのテレビは46か52しかなく、サイズで迷いましたが、
映画が好きな事と、迷ったら大きい方がいい、
慣れてくるとうちょっと大きくても良かったかなと思うなど、
アドバイスを受けた事と、主人が52を押していたので、
大き過ぎではないかと迷...続きを読む

Aベストアンサー

基本は46型で視長距離1.7m以上、52型で視長距離1.9m以上が目安です。
距離の確保ができれば、したほうが良いです。
画面の明るさをSONYのリモコンは、オプションキーから調整できます。
標準かカスタムで、試してから調整。
目安は部屋の明るさと同等にして下さい。オートがあればテレビが勝手にします。
人間側の視点位置が、画面中央部よりやや高い位置が良いです。(5~6度)
最低でも水平、逆に低位置からの視聴だと疲れます。

QTVケーブルが邪魔。無線化は可能ですか。

よろしくお願いいたします。

現在、壁からTVへ同軸ケーブルで接続しております。
TVの移動に伴い、ケーブルが邪魔になってしまいました。
無線で可能かと思い調べてみたのですが、
「PCと一緒に」的なものしか分からず、ここへ相談した次第です。

あくまでTVのみの使用と考えて(PC無し)、
壁からTV間の同軸ケーブルを無線化することは可能なのでしょうか。
(家庭用のルータ程度なら、無線機器を設置するスペースはあります。)

TVの型番は
HITACHI WOOO
L32-WP03
という物です。

以上から、何か良い案、物はございますでしょうか。(コスト低いと嬉しいです)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

地デジ電波やBS/CS電波の再送出(再送信)は電波法にて免許が必要と定められているため、基本的にはそのような製品はありません。

ただ、UHFであれば、ブースターに微弱電波再送信機能(微弱であるため免許不要)が搭載されているものがあったりもしますので、それを使用してTV側に室内アンテナをつければ、「運が良ければ映る」かもしれません。
運が良ければ映る、というのは、この製品でも良好な受信を得ようと思ったらこのブースターから1m以内に受信側があることが望ましいからです。
しかも、これも対応しているのはUHFのみですので、BS/CSは視聴できません。
製品の例 EXEMODE VHF/UHFブースター B660
http://www.exemode.com/product-exe/tv/b660.html

諦めて、「細くて取り回しのいいケーブル」等を使用するしかないでしょう。
参考 http://www2.elecom.co.jp/avd/cable/av-atls/

以上、ご参考まで。

Qフルハイビジョンよりも4Kテレビの方が良いですか?

今テレビの買い替えを検討しています。
フルハイビジョンのテレビか4Kのテレビか迷っていますが、値段的にもかなり違ってきます。
電気屋で見比べて見ると、差ほど画質に違いは無いとも思ったのですが、将来的に見て買い換えるのならば4K対応のテレビの方が画質的にも良いものでしょうか?

Aベストアンサー

TVはパネルは4Kでも4K放送のチューナーはまだ入っていません。
そのため4Kの放送を見るには専用のチューナーも買わなければなりません。
また、現在は試験放送中で本放送時に試験放送のチューナーが使える保障がありません。
4K放送は衛星のみが計画されており地上での放送は現在のところ未定です。
そして、2020年には8Kの放送開始も予定されています。

新し物好きでお金に余裕があるならいいですけど
そうでないようならまだフルハイビジョンで十分だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報