同じ状況でも退屈を感じる人と逆に興味を感じる人がいることがありますが、このような違いを心理学の立場からはどのように説明するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

再度、hk0105です。


>退屈はなにも感じていないというより逆に退屈感というのはかなり強烈な精神活動の結果なのではないでしょうか。

言われて見ればそうですね。なにも感じていてないことってないですよね。


>現在の日常生活において退屈はあまり問題とされていないとお考え

辞書で調べてもあいまいな表現なので、言葉の意味としては、あまり使いたくない言葉だなって思っていました。


>同じ状況でも退屈を感じる人と逆に興味を感じる人がいること

なかでも仕事は、取り組み次第で、だいぶ心境が違ってくるんでしょうね。
ただ、与えられた仕事をしても飽きるので、自発的になにか工夫したいと
思ってくると、おもしろさを見出せるから、その点では、意識の持ち方で
差がでてくるのではと思います。

この回答への補足

>辞書で調べてもあいまいな表現なので、言葉の意味としては、あまり使いたくない言葉だなって思っていました。

このことと、私が心理学的にと申したこととは同じ意味だったと思いました。心理学の用語を使って退屈を定義すれば退屈の本質が明確になるかと考えていました。仕事に対する取り組み方に関しては与えられた仕事を受動的にこなしていると前頭葉がやることがなくいやだいやだと思うのが仕事になってしまうことが鬱あるいは退屈の本体なのかと理解させていただきました。こういう場合、自発的に工夫することの方が退屈であると思うことより楽ではないと錯覚されているのかもしれないと思いました。

補足日時:2009/06/02 02:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び大変有り難いご感想を聞かせていただきましてありがとうございます。

お礼日時:2009/06/02 03:03

NO.9です。


>退屈かどうかは対象にあるのではなく頭の中にあるということになるように思われます。
これは当然ながら貴質問中の
>同じ状況でも退屈を感じる人と逆に興味を感じる人がいることがありますが
に対応してそういえるということになります。
NO.1 回答者のかたが権威ある専門的論述をされています。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御親切なご教示ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/03 17:58

>同じ状況でも退屈を感じる人と逆に興味を感じる人がいることがありますが


音楽会で同じ演奏を聴いても一向に感激にいたらないひとと、感動して涙を流すひとがいますよね。これはそのひとが「面白くも無い」と刺激に対して心を閉ざしてしまうか、逆に全部取り込みたい、それによって快感を得たいと活性化しているとの違いなのでしょうね。
それまでの各自の経験にもとづく期待感の差なのだろうと思います。
多趣味の人は無趣味の人に比べて周囲の刺激によく反応するはずだし、それだけ退屈しにくいのではないでしょうか。
何の刺激もない闇の防音室の中で長時間居ると人間は正気ではいられないといいますが、そんな状況では違いが出るのでしょうか。私は出ると思います。比較的退屈に弱い人はやはりそうでない人に比べて長時間耐えられないだろうと思います。多趣味の人はいわゆるひとり遊びが得意な傾向があるだろうし、内面のさまざまな記憶と対話することで退屈しにくいということが言えるのではないでしょうか。
一素人の雑感です。ご参考になれば。

この回答への補足

過去の体験によって作られた神経回路が目の前の対象からの刺激によって活動するかどうかということが退屈かどうかを決定するということでしょうか。そういう意味では退屈かどうかは対象にあるのではなく頭の中にあるということになるように思われます。自発的とか主体的にという言葉の意味は防音室に入ってみるとよく実感できるのだろうと納得いたしました。

補足日時:2009/06/03 03:31
    • good
    • 0

No.4です。

もう一度考えてみました。

自分の期待に見合った成果や反応が見られないと退屈と感じるのだと思います。

同じ状況でも退屈を感じる感じないの差は、学習や刷り込みといった、受け手側の下地の差もあると思います。
色んなものを見聞きして予め予備知識があれば、引き出しの広さから同じ様な物事からでもそこから発展して、何かひらめいたりする楽しさを感じる人もいるだろうし、また、もともと真っさらな状態にあればその物事自体を新鮮に感じることでしょう。

同じ状況でも、相手や出来事に期待しすぎる人ほど退屈を感じるのかもしれません。

自分から何か変えてみたいと思う人の方が、退屈を感じないのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。自発性(前頭葉?)が健全に働かないことが重要な意味を持っているように思います。御回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/02 20:52

退屈って、鬱そのもですね。


自分が何をしたいのか見出せない状況
退屈は、心の死そのもの。
なにも感じていない。普段からなにも思っていないってことは、
ありえないから退屈っていう言葉そのものが、死語ではないでしょうか。
意味不明な言葉

この回答への補足

退屈というものが鬱そのものというご見解には全面的に共感いたします。またそれが、自分が何をしたいのか見出せない状況であって退屈は、心の死そのものということにもなるほどという感じがいたします。しかし退屈はなにも感じていないというより逆に退屈感というのはかなり強烈な精神活動の結果なのではないでしょうか。普段からなにも思っていないってことは、いわゆる無気力ということで、無気力は退屈と違ってあまり苦痛にはならないように思います。最後の方の、退屈は死語というのは現代では退屈という言葉は使う人がほとんどいないというような意味になるのではないかと思いました。現在の日常生活において退屈はあまり問題とされていないとお考えなのでしょうか。
意味不明な言葉

補足日時:2009/06/01 02:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の最後のことばはよくわかりませんでしたが、ほかのところは大変有り難いご指摘でした。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/06/01 19:55

こんにちわ。

3番です。
ご返信ありがとうございます。

退屈自体が苦痛なのではなく、
退屈と戦おうとすることにパワーを使う、
そのことに苦しみを感じるのではないかと思います。
    • good
    • 0

退屈とは、思考が停止することだと思います。


停止とまでは行かなくとも、創意工夫を見いだせない状態だと言えると思います。
そこから先が見えていたり、発展する情景を思い浮かべることが出来ない、心が満たされない状況だと思います。

また、見限ると言うことと同意義なのだと思います。
何の可能性も無いと判断したり、価値を感じないと退屈になるのだと思います。


>同じ状況でも退屈を感じる人と逆に興味を感じる人がいることがありますが、このような違いを心理学の立場からはどのように説明するのでしょうか。

自分の欲求と無関係にあるもの、魅力を感じない事柄や状況には退屈に感じるものだと思います。つまり無関心と言うことです。
以前は関心があったことでも、満たされたり、繰り返し経験して飽きてしまうと必要と感じなくなり、退屈になるのではないでしょうか。
感動や喜びと言った刺激が脳に伝わらない状況だと思います。

また、自分の能力では推し量れない、攻略できないと判断すると、回避として退屈という感情が生まれることもあると思います。
いつまで経っても攻略できないゲームを投げ出すのと似ていると思います。
人は自分の成長を実感できると、その物事に対して好奇心が湧くのだと思います。
でも、何も手応えがないと自尊心を守ったり、疲労することを避えるため、他に関心を向けるのだと思います。他に関心が向かったときが、ある物事を退屈と感じたときと言えると思います。


つまり、「感動や喜び」を見いだせなくなると、退屈になるのだと思います。
    • good
    • 0

こんにちわ。



退屈とは、
欲望が無い状態、つまり、
「不足」と「欠如」が無いか、
あるいはあっても気づいていない状態だと思います。

仕合せの古くなったのが苦しみ、ということですが、
その少し前、という感じでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

退屈はやはり苦痛のようにも思いますが、そういう見解も可能ですね。どうもありがとうございました

お礼日時:2009/05/30 17:22

こんにちは、



本人の状況に対する態度(積極的or消極的)と“意味の発見”です。

例えは、同じような日々平穏な人生でも、そこに“人生の意味”を見出している人は
退屈とは感じませんし、ひとつの過程だと捉えることが出来ます。
その意味で、“意味”見出すことは、“希望”を持つことと、同義です。

人はトンネルの向こうに、(希望という)光が見えたとき、
そこに向かって歩くことは意味と方向性を持ってきますし、積極性も芽生えてきます。

そして、同じ作業でも、積極的に関わっている人は、
その作業に“面白さ(刺激)”と“意味”を見出します。

最初に、“意味”を見出して、積極的に関わる人もいれば、
嫌々ながらも、作業しているうちに、面白さを見つけて、積極的に成ることもあります。

逆に言うと、私たちが“退屈”を感じる時は、進行中の作業に意味を感じられない時、
やらされている(自分が積極的に関わっていない)時、終りが見えない(希望がない)時、です。

参考文献です。
http://www.amazon.co.jp/%E6%84%8F%E5%91%B3%E3%81 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意味はすなわち希望であるということですね。御回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 12:25

こんにちは。


退屈とは「無報酬刺激に対する嫌悪反応」です。
そのときの気分にもよりますので一概に割り切れませんが、我々の脳は環境からの入力が報酬と判定される場合は接近行動を選択しますが、無報酬の場合は嫌悪刺激と判定され、不快や回避行動が選択されます。
このような反応は大脳辺縁系の情動反応として発生する「心の動き」であり、個人差といいますのは「生後学習の違い」によって現れます。
「大脳辺縁系(偏桃体)」といいますのは環境からの入力情報に対して「利益・不利益」の判定を下す中枢です。ここで過去に利益という結果が学習されていればそれは報酬反応となりますが、不利益という体験があれば嫌悪感が発生します。また、まだ未体験のひとには新奇刺激ですが、体験済みのひとに好奇心は発生しません。このように、与えられた状況に反応の異なるのはそれぞれの生後の学習結果によるものであり、それが個人々々の性格や価値観の違いとなって現れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

報酬すなわち利益ということですね。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 12:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退屈はなぜつらいのでしょうか。特に鬱状態との関係で

退屈というのはやりたいことができない、あるいは見つからないときに感じる苦痛ですが、鬱というのも退屈に似たところがないでしょうか。それとも鬱の状態というのは頭が活発に動いているものでしょうか。

Aベストアンサー

ANo.1 の方の答えに近い考え方ですが、人間は動く生き物です。動かないことがストレスになります。

ウツ病の時も同じですし、神経症も同じです。

原因不明な頭痛や腰痛はたいてい動かずに暮らす為に痛みが強くなっています。

あなたが処方されている薬も、気分を変えて動きやすくなる薬が入っている筈だと思います。

可能な限り動く方が改善は速いと思いますよ。

高齢者がウツ病にならなように、介護では外に連れ出して歩かせるようにします。

歩けないなら、身体を動かす運動をして貰います。

昔から、言い伝えられているウツ病対策は、歩くことであり、一心不乱に体を動かすことです。

「静養」とは何かを考え直した方が良い時期だと思いますよ。

Q急に悲しくなる

感情の波があるようで、何かささいな事をきっかけに、どんどん悲しくなっていって、泣いてしまうことが、毎月あります。 
 毎月ということを、指摘したのは、彼なんですが、過去にさかのぼって、辛かった事や、悲しかった事を、すごい勢いで、思い出し、最初の悲しい出来事が、何だったかも、分からなくなるほどです。
 彼はもちろん、自分自身でも、収集がつかなくなってしまい、こんな私に、いつか彼が愛想をつかすのではないか。とか考えて、また悲しくなる状態です。
 普段は、仕事の立場上、あまり、自分の感情を表に出すことはなく、子供のころから、親には「手のかからない子供」だったようです。
 その波と休みが重なると、昼間からお酒を飲み、酔っ払っています。
 私はどうにかなってしまうのでしょうか。こんな自分が嫌です。
 

Aベストアンサー

先日、私も似たような質問をしました。きっと情緒不安定でしょう。私は夜一人になったりすると必ずといっていいほど感情の起伏がありました。すぐに心療内科へ行き、今は薬を飲んで生活してます。あなたの場合も早急に専門家に見てもらうべきでしょう。自分がどういう状態かということ、また悩みもあればそこで全てさらけ出してください。そうすれば適切な処置、薬がいただけると思います。自分でもおかしいとお気づきのようですから酷い状態にはなっていないと思います。私の経験上このまま放っておくと後々大変なことになり、家族や友達にも迷惑をかけてしまうでしょう。

食後の安定剤、就寝前の睡眠薬を使って私は以前の生活をほぼ取り戻しました。あなたも焦らずに時間をかけて治してみてください。あと、お酒を飲んでらっしゃるようですが、悲しいときや憤りを感じているときの飲酒は体にはよくないといいます。お酒に走る前にまずは専門家に見てもらいましょう。彼も、収集のつかなくなったあなたを見るより、昼間から酔っ払ったあなたを見るほうがつらいと思いますよ。駄文で申し訳ないです。くれぐれも体を壊すことはなさらないでください。

先日、私も似たような質問をしました。きっと情緒不安定でしょう。私は夜一人になったりすると必ずといっていいほど感情の起伏がありました。すぐに心療内科へ行き、今は薬を飲んで生活してます。あなたの場合も早急に専門家に見てもらうべきでしょう。自分がどういう状態かということ、また悩みもあればそこで全てさらけ出してください。そうすれば適切な処置、薬がいただけると思います。自分でもおかしいとお気づきのようですから酷い状態にはなっていないと思います。私の経験上このまま放っておくと後々大変...続きを読む

Q長年付き合っていた二人が別れる理由

ある程度長い期間(2年以上くらい?)付き合っていたカップルがいたとします。
そんな長い間付き合ったのに、別れてしまう場合がありますよね?
その理由として、何があげられるのでしょうか?
性格の不一致や、価値観の違いなどは、もっと早い段階で分かる事ですよね?
それを踏まえた上で3年以上の長い月日を一緒に過ごしてきたのに、結局別れを選ぶ理由とは何なのでしょうか?
どちらかに好きな人ができた、というのが一般的でしょうか?
できれば、経験談をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別れた、ではないんですが。別れようと思っているところです。
交際9年になります。そのうち5年は遠距離です。
お互い休みが不定期だったので月1回会うペースでメールは毎日でした。

彼は真面目だし、借金も(多分)ないし、ギャンブルもしない。
普通にいい人です。
特に金銭感覚や趣味が大きく違うということもありませんでした。

別れようと思った理由は2回プロポーズを断られたことでしょうか。
1回目は私24歳のとき。理由は「貯蓄もない、収入も多くない。幸せにする自信がない」ということでした。
「だから、もう少し待ってくれ。いつか迎えに行く」
そういわれて3年待ちました。
3年後、また「そろそろ結婚しない?」と言うと、まったく同じ事を言われました。
「貯蓄がない、収入が少ない、自信がない」と。

私は「お金がないなら私も稼げばいいでしょ」という考えなので、彼だけに稼がせるつもりはありません。
彼が、経済的な問題をちゃんと現実的に考えている、いい人なのかもしれません。でも私にしたら
「じゃあ3年間、貴方は何をしてたの?貯金はした?なにか努力した?」という感じです。
「それなら『いつか』っていつ?貴方はいつ私と結婚しようと考えてるの?」と聞いたら。
「…それは特に考えてないけど…」との答え。

そうか、この人は何が何でも私と結婚したいわけじゃなくて、ふと思いついた時に出来るようならしようと思ってるだけなんだ。

そう思ったら急に醒めました。
以来1年になりますが、会っていません。

別れた、ではないんですが。別れようと思っているところです。
交際9年になります。そのうち5年は遠距離です。
お互い休みが不定期だったので月1回会うペースでメールは毎日でした。

彼は真面目だし、借金も(多分)ないし、ギャンブルもしない。
普通にいい人です。
特に金銭感覚や趣味が大きく違うということもありませんでした。

別れようと思った理由は2回プロポーズを断られたことでしょうか。
1回目は私24歳のとき。理由は「貯蓄もない、収入も多くない。幸せにする自信がない」ということで...続きを読む

Q「うつ」と「甘え」の違いがわからない(長文です)

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し...続きを読む

Aベストアンサー

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング

おすすめ情報