低温で処理する(200度以下の温度で硬化あるいはUVで硬化等)誘電体用のインクは世の中で売られているでしょうか?
(誘電率は20以上で高いほどいいです)

A 回答 (1件)

誘電体インク


でgoogle検索したらありましたが、例えば下のものです。
http://el.unytek.co.jp/tecdeta/ceins-ink.pdf
15umの厚みで3000pF/cm^2と書いてありますから、比誘電率は50程かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
結構高い誘電率のものがあるんですね。

お礼日時:2009/06/04 14:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンタのインクやトナーの買取業者

プリンタのインクやトナーの買取業者を教えてください。

私の小さい会社では、利用目的にプリンタが何台もあります。しかし、利用頻度は多いとは言えません。
ですので、これらのプリンタで利用済みとなったインクカートリッジやトナーカートリッジがメーカー・型番がバラバラにあります。

利用済のカートリッジの買取業者へ売り渡したいと考えているのですが、素人ながら探すとメーカーや型番ごとに業者が異なる結果になってしまいます。

以下のようなカートリッジを取り扱っているような業者をお知りの方、よろしくお願いいたします。

 CANON インクジェット
  BCI-7e(Y・M・C・BK)
  BCI-9BK
 HPインクジェット
  HP135
 RICOHジェルジェット
  GC21(Y・M・C・K)
 CANONレーザー
  EP-65
 RICOHレーザー
  タイプ720A/B
 XEROX
  CT200623
  CT200624
  CT200625
  CT200626

Aベストアンサー

私はHPとLMの使用済みインクカートリッジ(純正のみ)を専門に買取をしている者です。
海外のリサイクルメーカーと提携してエコ活動をしております。

キヤノン7/9シリーズであれば、以前はパナシアさんが買取していたと思いますが、
このインクは以前ほどの需要が無く無料回収になっているかもしれません。
オフィネットさんも買取をしていますが、ポイント制です。

他にもアイトラストさん、エコプライスさん、彩saiさんなど。。。
ただし買取アイテムは限られていたと思います。
その他のモデル(リコー、ゼロックス)については全くわかりません。

念のため私の買取価格を参考までにURL貼っておきます。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~blackbaccara/

Q絶対零度に近いような極低温を測定する温度計について

自分の知識の範囲では全く思い当たりません。原理は普通の寒暖計と同じと考えてよろしいのでしょうか。

Aベストアンサー

数K程度の領域だと#2さん回答にあるような半導体温度計(CGR,セルノックスといったサーミスタの親戚)が結構使われているかと思います。
メリットは、極低温で大きく抵抗値が変化するので微小な温度変化を検出しやすい、というところかと思います。
液体ヘリウムなんかだと、ヘリウムの蒸気圧測って、バスの温度を見るというのも結構使われているようです。
あとは#1さん回答にある、金鉄―クロメルや金鉄ーノーマルシルバーの熱電対も良く使われているとか。

Qプリンターインクの買取

 職場のプリンターを買い換えたので未使用のインクが残ってしまいました。 エプソンのPM-4000PXのインクで使用期限がこの5月~10月くらいのものです。 どこか買取をしてもらえるいいところを教えてください。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですけど・・・・

オークションで売るくらいしかないでしょう。
インクの消費期限は新しいものであれば2~3年くらいはあるはずです。
数ヶ月~半年となると、売れる前に期限切れになる可能性が高く、普通のお店では買ってくれないでしょう。
たまたま、その機種を使っているお客さんを多く抱えている店とか、自分の会社で使っているという事が無ければ、難しいですね。
また、常に取引関係があれば可能でしょうけど、無関係な会社ではこと割られるでしょう。
保管状況も分からないインクを販売したり使用したりして、プリンタが故障した場合の責任問題に発展するからです。


ちなみに、私のところでは、プリンタを入れ替えてインクの種類が変わってしまった場合、古いインクと新しいインクを交換するサービスを行っています。
(キヤノンの物に限りますし、種類によって1対1とは限りませんけど)
ウチは古い機種も修理に入ってきますので、古いインクも使ってしまうので可能なサービスなのですけど・・・・


購入時に販売店に対してそういう条件をつけておけばよかったでしょう。

プリンタの修理屋です。

専門外のメーカーですけど・・・・

オークションで売るくらいしかないでしょう。
インクの消費期限は新しいものであれば2~3年くらいはあるはずです。
数ヶ月~半年となると、売れる前に期限切れになる可能性が高く、普通のお店では買ってくれないでしょう。
たまたま、その機種を使っているお客さんを多く抱えている店とか、自分の会社で使っているという事が無ければ、難しいですね。
また、常に取引関係があれば可能でしょうけど、無関係な会社ではこと割られるでしょう。
...続きを読む

Q乾球温度、相対湿度から湿球温度を求めたい

乾球温度、相対湿度から湿球温度を求めたいのですが、visual basicのプログラムがどこかのサイトにおいてないでしょうか。ご存知の方いませんか。

Aベストアンサー

回答 No.1 さん御紹介のサイトの中の人です。
回答 No.2 さんの仰っているペルンタ云々というのは知りませんが、VBE で宜しいのであれば、書いて追記しておきましたので、同じ参照先
http://d.hatena.ne.jp/owl/19760704#humidity2
を御覧になってみてください。

Q空インクカートリッジの買取

題名通り、空インクカートリッジの買取をしてくれる所(ネットで)を探してます。
個人でも企業でも良いですが、300以上からの所しか見つかりませんでした。
10~30個でOKの買取所を探しています。

オークションなどでも純正カートリッジに詰め替えたインクが売っていますので、
いくらか需要があると思うのですが・・・

Aベストアンサー

質問の趣旨とちょっと違うかもしれませんが・・・
家の近くの量販店では、空のカートリッジを持っていくと新品のカートリッジを多少安くしてくれました。新品一つに対して空一つですが。

Q非接触式温度計(放射温度計)で内温を測定できるのか

硫酸等の薬品の入った液体や物質の内温を測定するため、フッ素コーティングの棒状温度計を探していたところ、放射温度計というものが目に付きました。
接触しないので、薬液を気にすることなく温度を測れそうに思いますが・・・はたして内温を測定できるものはあるのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

放射温度計は、液体の温度は正確に測定できないです。
私もそのゆう考えでメーカーに確認しましたが、
出来ないという答えでした。

Qカラインクを買取ってくれるところを探しています。

使用済のカラインクを買取ってくれるとこを探してます。
キャノンのBC-310とBC-311です。100本近くあります。
詳しい方がいましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

カラインクなら検索すると以下のサイトが出てきます。1個100円だそうです。
サイト名がカラインクになっています。
BC-310、BC-311だけのようですが。
http://www.ecoprice.jp/kaitori.html

Q誘電分極

誘電体の存在によって、静電容量が増加するのですが、その原因を友禅分極現象とむずびつけて説明していただけませんか?御願いいたします。

なお、参考になるサイトなどがありましたら、是非お教え下さい!些細なことでもかまいません、是非御願いいたします。

Aベストアンサー

 静電容量というのは2つの電極に+Qと-Qの電荷をおいたとき、その電極間の電位差が小さいほど静電容量は大きいといいます。
 さて金属板に挟まれた誘電体に電圧がかかり分極が起きると+Qの電荷のある電極に-σの分極電荷が集まり、-Qの電荷のある電極に-σの分極電荷が集まります。分極電荷は自由に動けませんが、電極の表面では見かけ上の電荷は+Q-σ、 -Q+σ となります。この電荷の和を自由電荷といいますが、この電荷により2つの電極間の電位が決まることになります。この値は誘電体がない場合よりあきらかに小さくなります。すなわち最初に書いたように静電容量は大きくなります。誘電体の内部での電位の変化については議論していませんが、誘電体内部では分極が発生しても動くことができませんから、一様に分極する限りは誘電体のない場合と同じ分布になります。

Q【買取】インク・トナーの転売業を始めるに当たって…

プリンタや複合機のインク・トナー(ドラム、感光体ユニット等も)の転売業を始めようと考えています。
対象商品は純正・未使用品に限りますが、使用さえできれば期限切れ、箱痛みや箱無しは問わずで考えています。
販売方法については目処があるのですが、買取価格を安く抑えるつもりなので、売ってくれるお客さんを探すのが最大の課題と思われます。

そこで、ご相談させてください。

①似たような会社がネット上でもいくつかあるため、何かしら、他社にプラスアルファの買取価値が必要かと思います。
  〔こんなことをしてもらえるなら、ここに決めよう!〕と言うことはありませんでしょうか。
 例)どこでもどんなものも、直接引き取りにいきます 等 ※買取価格を上るというのは不可です。また送料は当社が負担するつもりです。

②法人で、冒頭で述べた対象商品を持っている&売ってくれそうなところ…のアイディアはありませんでしょうか?
 例)中小規模の引越し屋さん 等

古物取り扱いについてのご指摘は不要です。
どのような条件であれば、またどんなお客さんを対象にすれば、多くの品を買い取れるかのアドバイスのみいただけましたら幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

プリンタや複合機のインク・トナー(ドラム、感光体ユニット等も)の転売業を始めようと考えています。
対象商品は純正・未使用品に限りますが、使用さえできれば期限切れ、箱痛みや箱無しは問わずで考えています。
販売方法については目処があるのですが、買取価格を安く抑えるつもりなので、売ってくれるお客さんを探すのが最大の課題と思われます。

そこで、ご相談させてください。

①似たような会社がネット上でもいくつかあるため、何かしら、他社にプラスアルファの買取価値が必要かと思います。
  〔...続きを読む

Aベストアンサー

①とにかく手間がかからないのが良い。
例えば売ろうと思っても、それを梱包して発送となるとめんどうなので、引き取りに来てくれるってのはありがたいです。
その場で決済もできると思うので、その手軽さが良いですね。
もちろんそのサービスは会社の近くのエリア限定でしょうけどね。

遠方だったら、専用の発送箱みたいなのを無料でくれるとありがたい。
これはディスポのダンボールなどだと最終的に経費が嵩むので、プラスチック等の使い回しのきく箱が良いかと。
それに入れておいて佐川とかヤマトに集荷しに来て貰うと、宛先を書かないでも勝手に貴社に届くというシステムだとありがたいです。

要するに送る方の手間が省ければ省けるほど気軽に利用しようという気になります。

②だいたいどこの会社でも使う物ですから、そこにターゲットを置くのは得策じゃないと思います。
ただあえて言うなら、大きな企業よりも、一般的な中小企業の方が需要がありそう。
私も中小企業を経営していますが、大きな企業よりも市販のプリンターなどを購入して使う事が多いです。
で、大きな企業と違って、特定のメーカーと取引をしていない場合が多く、適当に買っちゃうプリンターなどもあって、ストックしていたトナーなどが無駄になる事があり、倉庫で眠っている事がままあります。
従って、中小企業が入っているようなビルのポストに片っ端からチラシを入れるという方法かな?と考えました。
まあ根拠が乏しいですが……

ご参考になれば僥倖です。

①とにかく手間がかからないのが良い。
例えば売ろうと思っても、それを梱包して発送となるとめんどうなので、引き取りに来てくれるってのはありがたいです。
その場で決済もできると思うので、その手軽さが良いですね。
もちろんそのサービスは会社の近くのエリア限定でしょうけどね。

遠方だったら、専用の発送箱みたいなのを無料でくれるとありがたい。
これはディスポのダンボールなどだと最終的に経費が嵩むので、プラスチック等の使い回しのきく箱が良いかと。
それに入れておいて佐川とかヤマトに集...続きを読む

Q極低温における屈折率

大学で光デバイスの最適化(取り出し効率の向上、指向性、Q値)をFDTDを用いた電磁解析を行っています。
シミュレーションを行う上で、計算領域にある物質に屈折率(複素屈折率)を与えるのですが、その値のは室内の実験における屈折率の測定によるものです。(論文の値を使ってます)
極低温(30K以下)でその光デバイスを使う場合においても、シミュレーションの妥当性は保てるのでしょうか?

言い換えれば、室温における複素屈折率は、極低温にすることで、変化するのかということです。それがシミュレーションにどれくらいの影響を与えるのか。場合によっては、シミュレーションの妥当性が崩れてしまうのか。良かったら教えてください。




説明が下手ですみません。

Aベストアンサー

回答しておきます。

その素材の「屈折率」を測定してみないと何ともいえません。極低温領域で、その物質の結晶間において、どんな風に電子雲が振舞うのか?や結晶状態が変化するのか?などの要素が絡んでくるはずです。

実際に、室温領域では見られなかった物質でも、極低温領域の一部の物質では偏光が見られます。逆に、室温領域で偏光が見られた物質でも、極低温領域では偏光が見られないなどの現象は一部ですが測定されています。

よって、一番妥当と思われるモデルは、その物質の低温屈折率を測定した上で処理したほうが良いでしょう。

では。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報