私は、i・アイプラン3000を利用しているのですが、NTTからの料金内訳書を見ると、通話料と通信料に1500円づつに分けられています。
私の場合、登録している番号で、通信しか利用していないので、通話の1500円分が、いつも適用されていません。登録番号は、一つなのに通話と通信に分けられるのは、何か、納得いかないのですが…。
NTTのホームページを見てみたのですが、NTTの方でも、通話と通信に適用すると記載しているところと、通信に適用するとしか記載されていないところがありました。
 それで、質問なのですが、i・アイプランを利用している方で、通話と通信、両方とも使用している方はいらっしゃるのか?と、いう事と、この事を、NTTに問い合せした方はいらっしゃらないでしょうか?と、いう事です。いらっしゃるのなら、その時の、NTTの返答がどうだったか、お教え願えないでしょうか?
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大丈夫です。


1500円ずつ記載されているのは、ISDNが2回線使用できるから
2つに分けられているので、毎月1200円を支払えば3000円分まで使用できています。

私もじっくりと見たのですが、1200円で3000分が無料になっています。
また、記載方法がわかりづらいのも事実です。

通信とはPCでのインターネット分(指定アクセスポイントの電話番号に限る)で、
通話とは電話で話をした電話料金と指定アクセスポイント以外の電話番号で
インターネットをした分のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分も見直してみたら、確かに3000円分で7000円分無料になっていました。
ありがとうございまた。

お礼日時:2001/03/17 22:04

通信と通話の両方に分けられて記載されている理由は、NTTではどちらに使っているか分からないからじゃないでしょうか。


使用者側にとっては、同じ相手先番号で通信と通話の両方に使えることはないと思います(FAXは通話ですよね)。
ただこれだけの理由だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見直してみると確かにそのようです。
ありがとうございまた。

お礼日時:2001/03/17 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTTの通話料を調べたいのですが・・・

NTTの通話料を過去に遡って調べたいのですが、友達に2ヶ月くらいしか遡れないと聞きました。
過去1年くらいを調べたいので何とよい方法はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

116へ連絡し、理由を明確にすれば再発行できるはずですよ。(窓口で本人確認後閲覧とかになるかも)通話明細ではなく、請求金額だけであれば、口頭で教えてくれるかもしれません。ただし、加入名義人本人を証明できないとダメかもしれません。

Qケンタくんとアイプラン(NTT)の仕組みがどうもよく分かりません、、、教えてください

アナログ回線で通信料金を安くしたいのでNTTのHPで割引サービスを探すとケンタくんやアイプランがいいかと思っているのですが、内容がいまいちよく理解できません。ケンタくんは通信料金の多い上位3つへの電話番号(同一県内)への通信料が安くなるみたいですが、でもこれってよく閲覧する3つのHPへの料金が安いよってことですか。違う気がしますけど。アイプランにしても同一区域内*の1電話番号への通信料,,,って何がどう割引になるんですか。同一区内、上位3つへの電話番号って一体どういうことを指しているのでしょうか。初心者みたいですがもう少し詳しく教えてください。

Aベストアンサー

アイプランっていうのは「i・アイプランではないでしょうか?
i・アイプランなら僕も入っているのでおおしえしましょう。
簡単にいうと、自分の決めた同一区域内(これは電話帳にのっています。分らなかったらNTTに聞きましょう)の一つの番号への通話が時間帯にかかわらず、一定額まで利用できます。
たとえば月額3000円払えば、7500円分その決めた電話番号にかけることができます。
ようするにプロパイダのアクセスポイントの電話番号を設定しておき、3000円払うと約37.5時間利用できるということです。
3000円払えば37.5時間まで電話代がいらないのはいいですね。
でも3000円分(37.5時間)をすぎるとまた3分10円に戻ってしまいます。
ご理解いただけたでしょうか?

QNTTとNTT-Xは同じ?

タイトルの通りです。気になって夜も眠れません。
皆さんは正直「バカか。」と思うでしょうが、漏れはバカです。
教えて下さい。

Aベストアンサー

   NTT(持ち株)
      |
      +--NTTコミュニケーションズ
      |
      +--NTT西日本
      |
      +--NTT東日本-→NTT-ME→NTT-X(旧:NTT-ME情報流通)
      |    
      +--NTTドコモ-→各地域ドコモ(ドコモ関西等) 
      |
      +--NTTデータ

こんな感じです。(NTTのグループ企業はもっとたくさんあります)
つまりNTT-XはNTT(持ち株)のひ孫会社になります。     

QNTTとNTTコミュニケーションズ ややこしいですね。

今回NTTのフレッツADSLからOCN(A)プランに変更いたしました。

その際に「ADSLマイラインセット割引」の大変お得なプランの記載があり、
申し込んだ次第です。実は、マイプランについては、すでにフレッツADSLを
以前申し込む際に「割引」があるということで「マイラインプラスセット割引」
を受けていましたので今回も同様に「ADSLマイラインセット割引」が適用
になるかと思ってました。

大きな間違いでした。私としては、「ADSL」を使用してるし、
「マインライン」を申し込んでいると思ったのですがまったく関係ない
会社だったんですね。「NTTコミニュケーションズ」のマイラインに
申し込む必要があったんです。(登録料800円)

NTTの名前を使っていますが似て非なるもの今回の件は仕方ないと思って
います。個人的には、消費者に誤解を与える社名?です。またOCN(A)の
HPもマイランについてもう少し説明が必要かと思います。
(※NTTのマイラインとは、別に申し込む必要があること)

皆さんどう思いますか? 本当にややこいしなぁと質問しました。

今回NTTのフレッツADSLからOCN(A)プランに変更いたしました。

その際に「ADSLマイラインセット割引」の大変お得なプランの記載があり、
申し込んだ次第です。実は、マイプランについては、すでにフレッツADSLを
以前申し込む際に「割引」があるということで「マイラインプラスセット割引」
を受けていましたので今回も同様に「ADSLマイラインセット割引」が適用
になるかと思ってました。

大きな間違いでした。私としては、「ADSL」を使用してるし、
「マインライン」を...続きを読む

Aベストアンサー

 たしかに同じNTTなのにややこしいですね。実はわたしもNTT東日本とNTTコミュニケーションズの区別はついていませんでした。
 ちょっと前にNTTの社員の方から聞いたのですが、NTTはもともと分割したくなかったみたいです。それが政治や新しい電話会社の圧力で結局分割という形になってしまったそうです。

 たとえば引越しで電話を移転する際など、NTT東西の116センターで移転の手続きをしても、NTTコミュニケーションズの割引サービスを使用している人などは、NTTコミュニケーションズにも移転の手続きをしないといけません。
 NTT東西の会社が電話請求の際に、別会社であるNTTコミュニケーションズの代金を代行請求しているので、結局のところ公平性を保つために他の電話会社の代行請求もしなくてはならないハメになってしまっています。
ですからNTT東西日本にしてみたら分割はあまり好ましいとはいえないようです。そのかわり、利用者である私たちがある意味恩恵を受けられるのではないでしょうか。(たとえば別会社の料金代行請求など)

 NTTコミュニケーションズは基本的に県外通話、国際。NTT東西は市内通話、県内市外通話となっていますが、東京都内においては、本来NTT東日本のサービスである、都内の通話サービスをNTTコミュニケーションズもはじめてしまったので、一部地域ではライバル会社になりつつあります。
 それから、NTTコミュニケーションズがもっているプロバイダのOCNもADSL回線をNTT東西の回線フレッツだけでなく、NTT東西にとってライバル会社である、アッカの回線も使用できるようになっています。(1860soranさんが申し込んだADSLサービスですね。)
 ということで、ややこしいですが「NTT」がつくとはいえやっぱり別会社なんですね。親方日の丸というのも一理あるかもしれないですが、NTTじたいにも分割されてしまったジレンマがあると思います。

 それからマイラインですが、今回800円かかるとはいえ、長い目でみればマイラインプラスに申し込んだ方がお得になると思うので、申し込んだ方がいいと思います。

 たしかに同じNTTなのにややこしいですね。実はわたしもNTT東日本とNTTコミュニケーションズの区別はついていませんでした。
 ちょっと前にNTTの社員の方から聞いたのですが、NTTはもともと分割したくなかったみたいです。それが政治や新しい電話会社の圧力で結局分割という形になってしまったそうです。

 たとえば引越しで電話を移転する際など、NTT東西の116センターで移転の手続きをしても、NTTコミュニケーションズの割引サービスを使用している人などは、NTTコミュニケーションズにも移転の手続きをし...続きを読む

Q冗談ですけど、nttドコモ nttソフトバンク nttau になると、お客様がどこのキャリア選んでい

冗談ですけど、nttドコモ

nttソフトバンク

nttau

になると、お客様がどこのキャリア選んでいいかまようね(゚∀゚)

Aベストアンサー

NTT・・・元国営企業(日本電信電話公社)
KDDI・・・元国営企業(日本電信電話公社)
ソフトバンク・・・元固有企業子会社(日本国有鉄道の子会社)を吸収合併している

これ、事実ね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報