私自身はいたって家庭円満なのですが、
この前読んだ小説が、
不倫・略奪婚した主人公の女性がその後幸せな生活を送るという
オチでなんかちょっと釈然としないものが残ってしまいました。
そこで、今度は逆に略奪婚したものの、苦労したり不幸になるという
パターンの小説を読みたくなってしまいました
(我ながら性格悪いですが…^^;)
もし、そういうストーリィのものを何かご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

夏目漱石の『こころ』もそんな感じですよ。


ああ、でも女性というより、男性が悩んでるのでした・・・・。
最終的には妻も不幸ではないかと思いますが。

林芙美子『浮雲』
こちらは女性が主人公です。不倫の果てに。
個人的には、戦中~戦後の世の中の様子が興味深かったです。
文庫本の後ろ表紙に書いてあるあらすじが「ボロ布のように疲れ果てた男と女は、ついに雨の屋久島に行き着く。」ってなんじゃそりゃ!?
と思って読み始めました。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B5%AE%E9%9B%B2-%E6%9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
『こころ』もそういう感じのお話でしたよね。
だけどどちらかというと女性が主人公のほうが好みなので、
『浮雲』の方をちょっと見てみようと思います。
ありがとうございました^^

お礼日時:2009/06/09 10:38

No.3です。


すみません、『浮雲』は略奪「婚」ではなかったです。
失礼しました。

アンナ・カレーニナですかね、やはり・・・・。
    • good
    • 0

お邪魔します。


源氏物語の女性からお名前を取られていらっしゃる方なら、色々と既読なのでしょうけれど。。。^^

トルストイ「アンナ・カレーニナ」
井上靖「氷壁」
灰谷健次郎「少女の器」

ちょっとずれているかも知れませんが。。。いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、大して読んでおりません^^;
特に昔の文学作品はさっぱりです。
と言うわけでトルストイはちょっと厳しそうですが(苦笑)
どれも未読ですので、今度手にとってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 10:08

夏目漱石の「門」なんかはどうでしょう?



参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%80_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夏目漱石とは思いつきませんでした。
ちょっと古そうだけど読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 10:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡き姉の夫と結婚10数年・・・覚悟していたのにつらくなってきました。

亡き姉の夫と結婚10数年・・・覚悟していたのにつらくなってきました。

私には約10歳年上の自慢の姉がいました。
美しく優秀、快活で、私立最難関大学を卒業後、バリバリ社会で活躍していました。
姉は30過ぎで、高校時代の同級生とおめでた婚をしました。
大学は別でしたが高校時代からの長い付き合い(彼が大卒後米国ロースクールに留学した際、一旦別れたようですが、帰国後暫くして復活)で、とてもお似合いのカップルでした。
彼は家庭に複雑な事情があり、ご実家からかなりの財産分与を受けてほぼ絶縁、私たちの家の近くに庭付きの家を建てて新婚生活をスタートしました。

ところが、娘がよちよち歩きを始めたころ、姉が他界してしまったのです。
あまりの悲劇に、残された義兄と私たち家族は本当に嘆き悲しみましたが、両親、二世帯住宅に住む兄夫婦、大学で幼児教育を学び幼稚園教諭になったばかりの私も、義兄の子育てを全面サポートする毎日が始まりました。

私は、思いを寄せてくれていた男性と友達以上恋人未満のお付き合いをしていたのですが、超多忙な仕事をこなしながらも懸命に子育てをする義兄に接するうち、それまでの憧れが真剣な恋愛感情に変わっていくのを止められませんでした。
もちろん義兄は姉のことを深く思い続けていて、私は義理の妹としか見てもらえていないのは明らかでした。

一周忌が過ぎると、義兄のもとにお見合い話が来るようになったようです。
三周忌の法要の後には、上司が私の両親に遠慮がちに言っていました。
「子供が物心つかないうちに新しい母親が出来たほうがよいし、優秀な彼にもっと思い切り仕事をさせたいと思っていろいろ薦めたのですが、やはり、奥さんが忘れられないようで、ことごとく断られましたよ。」

そのうち他の女性と再婚してしまうかも、可愛い姪を取られてしまうかも・・と、居ても立ってもいられなくなった私は、ボーイフレンドとの関係を清算して、義兄に
「○ちゃんのママになりたい。」
と言いました。
「それは○子は君に一番懐いているからありがたい申し出だけど、恋人もいるんだろう?こんなオジサンの犠牲になることはないよ。」
と言われ、私は嘘をつきました。
「恋人には振られた。もう男の人を愛することは多分できない。でも結婚して家族が欲しい。お義兄さんと○ちゃんの家族にして。」
「君はまだ若い。これからいい人がきっと現れるよ。」
という兄を説得しました。
・私なら本当に愛情をもって○ちゃんを育てられる
・義兄が姉のことを愛し続けていることを理解している。姉は私にとっても大切な存在、嫉妬せず仏壇やお墓も大事に守れる。他の人との再婚ではそうはいかない。

かくして結婚、娘は高校生、実の母娘と変わらず、その後生まれた息子も小学生になりました。
夫は仕事でますます大活躍、多忙な毎日ですが、家庭では良い夫であり、父親です。
でもやはり、心の中では姉の存在が大きいのだな・・と思います。
毎朝毎晩仏壇に手を合わせること、命日、誕生日、お彼岸などにお墓参りをすることは私も一緒にしていますが、結婚記念日にも一人でお墓に行っているようです。
家中に姉が選んだ家具や食器があり、姉の写真が飾られています。
私は姉の亡くなった歳をとうに超えました。
写真の姉はいつまでも若くて美しい、そして夫の心を捉えたままです。
(寝室にだけは写真は置いていませんし、姉と使っていたWベッドは客用寝室に移動しました。)
子供たちは仏壇の姉を「おかあさん」と、私を「ママ」と呼びます。
夫のことは「おとうさん」、、姉夫婦がペアですよね。

わかっていたことなのに、時々無性に悲しくなって、仏壇の姉に言ってしまいます。
「お姉ちゃん、もういいかげんに彼を私にちょうだい。」
でも、そんな自分に自己嫌悪、罪悪感も覚えるのです。
子供を残して逝かなければならない無念さは察するに余りあります。
自分で産んでよくわかります。
姉の大事な家族を盗り、姉が住むべき家で、姉の選んだ物に囲まれて当然のように暮らしている私のことを姉は怒っているかもしれません。

この頃この複雑な思いに捕らわれて、気分が不安定になっています。
まだまだ、子供たちにも私が必要だと思うのですが、、どうしようもなく落ち込んでしまうのです。
夫にこんな気持ちをぶつける訳にはいきません。
約束違反ですし、夫にも罪悪感を抱かせてしまうでしょうから。

長々と悩みや愚痴を綴ってしまいました。
自分で選んだ道なのに、今更何を・・と自分でも情けなくなります。
こんな状況で、どんな風に気持ちを切り替えて家庭生活を送っていったらよいか、亡き前妻を思い続ける夫とどう向き合って生きていったらよいか、アドバイスを頂けたら嬉しいです。

亡き姉の夫と結婚10数年・・・覚悟していたのにつらくなってきました。

私には約10歳年上の自慢の姉がいました。
美しく優秀、快活で、私立最難関大学を卒業後、バリバリ社会で活躍していました。
姉は30過ぎで、高校時代の同級生とおめでた婚をしました。
大学は別でしたが高校時代からの長い付き合い(彼が大卒後米国ロースクールに留学した際、一旦別れたようですが、帰国後暫くして復活)で、とてもお似合いのカップルでした。
彼は家庭に複雑な事情があり、ご実家からかなりの財産分与を受けてほぼ絶...続きを読む

Aベストアンサー

No.5です。
三度、失礼致します。
私は、お姉様に対する罪悪感はあっても当たり前のように思います。
前妻が他人なら感じることはないかもしれませんが、これがお姉様だからこそ持つ罪悪感ではないでしょうか。
私の長男は突然交通事故で他界しましたが、息子に対しては今でも罪悪感がありますよ。
加害者に100%の過失があったので、私が悪いのではないことは十分承知しています。
でも、助けてあげられなかった自分を責め、生きていたときにもっとやってあげられたことはなかったのかという後悔に苛まれています。今でもそうです。
極端に言えば、自分だけが生きているという罪悪感があり、今でも人生を謳歌できていません。
メンタルクリニック通院、カウンセラーのお世話になったこともあります。
「亡くなった息子さんはどう思っているだろうか」と主治医に問われたとき、
「そんな感情は捨てて、自分の分まで精一杯生きて欲しいと思っているでしょう」と答えました。
自分でもわかっているのです。でも、どうしてもできません。
主治医にこのように言われました。
「そうでしょう。私もそう思います。
亡くなった人の気持ちなんて誰にもわかりません。
たとえ違ったとしても、そう思って生きた方が楽でしょう?
世の中には、物事を自分の都合の良い方にとらえて生きることができる人と、それができない人がいる、Pさんは後者ですね」

私のことを書いてごめんなさい。
でも、質問者様も後者ですよね。
私は質問者様のように優しくはありませんが、貴女は周囲の人に対して優しすぎるのだと思います。
亡くなったお姉さまに遠慮し気を遣いすぎている、それがご自分の首を絞めているように思えるのです。
亡くなった人の気持ちなんて誰にもわかりません。
生きている人間の気持ち、その生活を優先して当然のことです。

質問者様は罪悪感をなくそう、消してしまいたいと思っているから辛くなるのではないでしょうか。
質問者様の性格上、それは無理だと思うのです。
どろどろした辛い気持ち、罪悪感とともに生きていくしか方法はないと思うのです。
要領よく生きる人、自分の気持ち最優先で生きることができる人は、最初から罪悪感など持っていません。
いますよね、平気でよその男性と不倫して妻の座を奪ってしまう人が。
そういう人は、他人の気持ちなどお構いなしで行動するから罪悪感もないと思います。

そのお気持ちもご主人に話して受け止めてもらったらどうでしょう。
前の回答にも書きましたが、私はご主人もお姉様に対して、少なからず罪悪感を持っていると思います。
天寿を全うした人なら別ですが、若くして亡くなった大切な人に対しては、皆、何らかの罪悪感を持ちながら生きているのではないでしょうか。
ご主人も罪悪感をお持ちなら、その気持ちを共有できるはずです。
そうすればお互いにもっと楽になれると思いますが、いかがでしょう。

No.5です。
三度、失礼致します。
私は、お姉様に対する罪悪感はあっても当たり前のように思います。
前妻が他人なら感じることはないかもしれませんが、これがお姉様だからこそ持つ罪悪感ではないでしょうか。
私の長男は突然交通事故で他界しましたが、息子に対しては今でも罪悪感がありますよ。
加害者に100%の過失があったので、私が悪いのではないことは十分承知しています。
でも、助けてあげられなかった自分を責め、生きていたときにもっとやってあげられたことはなかったのかという後悔に苛まれて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報