細胞にギムザ染色する時、細胞固定でメタノールを加えると細胞が剥がれることがありますが、なんででしょうか?解決法はありますか?

私のギムザ染色法:細胞上清除去ー>乾燥5分ー>メタノール加える3秒ー>ギムザ液(1%)を加えて30分

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

蛋白含量の少ない水っぽい検体でよくありますね。



対策としては、
・市販の細胞剥離防止剤で処理されたスライドグラスを使う(高い)。
http://www.mutokagaku.com/seihinpage/gurasu/siln …

・スライドグラスに卵白グリセリンを薄く塗布しておく。
卵白グリセリンの作り方・使い方は参考書や検索をご利用ください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギムザ染色法について

塗抹標本の固定、染色を行う時にギムザ染色法を用いるとして、メイ・グリュワンド染色液にいれて固定した後にリン酸緩衝液で軽く洗ってから、ギムザ希釈液に入れて染色すると書いてあったのですが、どうしてリン酸緩衝液で洗うのでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

染料粒残存を洗い落とすということなのでしょうね。
20年前まで血液像や骨髄像を見ていたものですが
そのときは20枚ラックに入れて、ガラスつぼ使用、300枚ほど見ていたのですが今は染色法が変わったのでしょうか?
 標本を並べてやるよりは失敗がないです。
 MAY-GWLD液は粒子が結構粗いです。
もちろん#1さんの言うとおりですが、ギムザのほうでpH管理を
しっかりしていれば問題ないですね。
 私はMAI-GWLDにメタノールを少し入れて粒子の解離率と
血球の固定率を上げて染色していました。
 その時はP液では洗っていなかったかな。

 楽しくてだいじなお仕事がんばってくださいね。
今でもちょっと見てみたい仕事ですね。
 #1さんもがんばってね。
 ガンセンター、がん研とか逓信病院の教授とメタのことで
だいぶん討議絞られたことを思い出しました。
数をこなし、異常例に出会うことが実力を磨く世界ですね。

 文献にこだわらずベストを!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報