タイトル通りの質問です。
私は今、起きなければならない時間の1時間前から五分おきにケータイのアラームを鳴らし、そして起きる時間には時計のアラームを自分の手の届かない場所(ベッドから降りなきゃ届かない場所)から鳴らして起きるようにしてたんですが・・・最近効果が薄いです。
アラームが聞こえてもそのまま寝てたり、アラームを切った後そのまま二度寝に突入・・・なんてこともあります。
 
そこで、皆さんが行っている起床の方法や、朝気持ちよく起きれる方法などが在れば教えてください。
 
ちなみに、『強い意志を持て!』とか『早く寝ろ!』みたいなのはナシで。なんと言いますか、そんなの関係なく『起こされる』方法が望ましいです。気持ちよく起床できるに越したことはないんですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

目覚まし時計では慣れてしまうとのことなので、根本的な解決方法を…



朝起きた時は太陽光等の明るい光を浴びる(蛍光灯では光量不足)。
必ず朝食を食べる。
運動も夕方までに適度にする。
寝る2、3時間前には夕食を終える。
寝る数時間前には部屋を暗めにする。

これで、必要な睡眠時間も短くなると思います。一度お試しあれ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
さっそく試してみたんですが・・・すごく効果的でした!
部屋がちょうど東南にあるので朝日が直に部屋へ入り込んでくるんですが、カーテンを開けておくだけで目覚めも早く(浅く?)なり、なおかつ一度目覚めるとなかなか眠気が襲ってきません。 
 
まだ運動や部屋を暗くする等は試していませんが、そちらの方も早速やってみたいと思います。
 
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/06/03 11:41

1時間前と言うのが早すぎるんだと思います。



結局「まだまだ眠れる」という意識になってしまいますし、起きた時に
ぐっすり寝たなという実感も持てませんよ。

せいぜい20分前で5分毎にアラームがなるようにする。

あと、ギリギリ間に合う時間(顔洗って着替えは出来る)に手が届かない
場所で今までとは違う音でアラームがなるようにする。

これは割りと効果的です。
    • good
    • 0

何も使わない方法ですが、


ベッドは窓際において、カーテンは閉めません。
この頃でしたら5時前から明るくなりますから自然に目が覚めます。
ちなみにカーテンを閉めていたら9時まで目が覚めません。

日の出の遅い冬場は、寝る前にたっぷり水を飲んでおくとトイレの生理的欲求で冷え込む朝方に目が覚めます。
    • good
    • 0

目覚ましをかけないこと。


ちょっと激しい運動をすること。
    • good
    • 1

脳を活性化させれば良い



外部刺激による物は、同じ刺激を続けていると慣れ(麻痺)しますから、別の刺激を与え得るようにする
目覚ましの音を違う物を使う、激しい音楽を聴くなどは良い方法です

内部からではブドウ糖の摂取でしょうか
ブドウ糖は脳で消費される物質ですので糖尿病などの疾患がなければ、
チョコレートなどを一欠口に含むだけで10分から30分で目が冴えてきます
コーヒー飲料などカフェインを含んだ物でも良いでしょう

自力で何とかしたいなら、とりあえず布団を蹴飛ばしてください
寝ていることが至極幸せという状態を無くせば何とかなるかもしれません
    • good
    • 0

腕時計目覚ましなんてどうでしょうか?



セットした時間でなく、眠りの浅いタイミングでバイブレーションやアラームを鳴らして快適に目を覚ましてくれるそうです

参考URL:http://sleeptracker.jp/
    • good
    • 0

携帯のアラームは音が小さいので確実に起きないですね(^_^;



直径が10cmぐらいあるような鐘がついた目覚ましを使っています。
それを天井にぶら下げて、立ちあがらないと起きないよーにしています。

音量は、離れた部屋に住む家族が目覚ましの音で目覚めるぐらいですから(^_^;

家の外からでも目覚ましが鳴ってるのが判るぐらいです(^_^;
    • good
    • 0

友人がやって効果的だった方法を。



音の違う目覚まし時計を何個も設置して、時間差で鳴らすようにセット。

音色が違うと脳が反応するようだ、と言ってました。
同じ音色を時間差で鳴らしても、あんまり効果なかったそうです。
(質問者様と同様、すぐに慣れてしまったとか(笑)

それにも慣れそうになったら、鳴らす順番を変えたとか。
そうすると、脳はまた「違う音」と認識するのかもしれませんね。

早く起きられるようになるといいですね^^
    • good
    • 0

布団から出る(絶対に戻らない事)



窓を開ける
空気が篭っていると眠くなるので入れ替えを行います。

まだ眠い場合
濡れタオルをレンジで数分暖める。
暖めたタオルで顔を拭く。(ほかほか

それでもまだ眠い場合
激しいリズムの曲を聴く
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q睡眠が足りてなくても朝確実に起きる方法

最近平日夜とれる自分の睡眠時間が4, 5時間と短かくなってきています。
一方で日中の仕事はますますハードになってきています。
土日はまだ睡眠時間がとれますがそれでも色々用事が入りあまりリラックスできません。

これにより週の半ば、疲れが溜まってきて寝坊してしまうことが増えてきました。
とはいえこれから少なくとも二年間はこの過密なスケジュールが続くことが確定しており自分も是非このスケジュールをこなしていきたいと思っています。

そこで相談なのですが睡眠時間が少なく疲れていても朝確実に起きる方法として皆さんはどういう工夫をされているでしょうか?
お知恵を拝借願います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はそういう時、ベッドでなくソファーに寝ますね。
わざと熟睡しないようにする訳です。
ただし、疲れは抜けなくなるので、ずっと続くならおすすめはしません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報