以前、「大家が税金関係のトラブルを起こしたらしく、私が借りている一軒家に、税務署の調査が来た」という質問をした者です。

結局、差し押さえのようなトラブルになって、私たちは引っ越さなければならなくなったんですが……
新たな問題が出てきました。

大家が、在日朝鮮人だったんです。

私たちも、不動産屋も、その事を全く知りませんでした。

日本人名を名乗っていました。


私の会社から、毎月、家賃補助が出ているんですが……

社内規則では、「会社から家賃補助を受け、個人のオーナーの家を借りる場合は、日本人オーナーに限る」という規則があります。

人種差別ではなく、「大家とトラブルがあって、裁判になった時に、外国人だと面倒だから」という意味だそうです。
法人オーナーの場合は、外資系会社でもOKだそうです。


今回、大家が在日朝鮮人だという事が判明して、
「社内規則違反で、ペナルティが課される可能性がある。家賃補助の返金を要求するかもしれない」
と、総務の方から言われました。

実際、トラブルになって、会社に迷惑を掛けていますし……。

でも、日本人名を名乗られていたら、何人なのか分からないですからね。



この場合、どうなるんでしょうか?

(1)在日朝鮮人である事を隠していた大家が悪い。

(2)キチンと調べなかった、不動産屋が悪い。

(3)キチンと調べなかった、借り手の私が悪い。

(4)そもそも、この社内規則自体が、法律違反で無効。

(5)その他。


近いうちに、専門家に相談する予定ですが、とりあえず予備知識が欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今回のケースは、不動産屋に相談者さんが会社規定を言っていたとしても、在日だと知り得たかが問題になります。



よく似たケースを経験していますが、借り手側には日本人名を名乗られた場合には、相手が外国人だと知る事は不可能です。
確かに、会社からの補助があり、その分は会社からの規定は有効ですが、間に不動産屋が介入しており、その不動産屋も知らない事実がある以上、借り手側にはどうする事もできません。会社には、不動産屋も事実を全く知らなかったとして、無過失を主張するのがいいでしょう。
賃貸契約では、だいたいが大家が来ない事が多くあります。

弁護士に相談しても、借りる側が不動産屋も知らない事を知る術が無い事を説明してくれるでしょう。
会社規定だからと言う理由で、返還を請求するのでしたら、一旦保留して弁護士に早急に相談する事を薦めます。
    • good
    • 0

(1)在日朝鮮人である事を隠していた大家が悪い。



隠してたわけでは無いでしょう。
大家が外国籍の場合は契約時にその旨を言わなければならない。というような法律はありませんよ。

(2)キチンと調べなかった、不動産屋が悪い

同上です。
たとえ知っていても、借主に伝える義務はありません。

(3)キチンと調べなかった、借り手の私が悪い。

その通りです。
質問ような規則のことなど、大家も不動産屋も知るよしがありません。
ならば質問者さんが契約時に注意する以外にありません。

(4)そもそも、この社内規則自体が、法律違反で無効。

無効ではありません。
会社としても家賃補助という支出をする以上は、その使途を制限することは可能です。

(5)その他。

「社内規則違反で、ペナルティが課される可能性がある。家賃補助の返金を要求するかもしれない」

についてですが、「契約時に調べなかった私に過失はありますが、外国籍と知っていて隠していたわけではありませんので、遡っての返金は勘弁してください。」とでも言うしかないでしょう。

遡っての返金は無くなっても。今後の家賃補助が無くなることぐらいは覚悟する必要があります。

専門家に相談されるとのことですが、勤務先と喧嘩するつもりですか?

補助を貰っている立場では、どうしても勝ち目は無いと思いますけど。
    • good
    • 0

この場合は、社内規則の問題ですから、法律は関係ないでしょう



賃貸契約がちゃんと結ばれているのであれば、なんの問題もないでしょう
賃貸契約をした際に、社内規則の件を不動産屋さんにも話をしてあるのでしたら、不動産屋さんにも何らかの請求はしてもいいでしょうが

とりあえず、会社にすべての事を話し、会社としての対応を待つしかありません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報