このカテゴリーで質問するのがいいのかわかりませんが、
8月に子供が産まれる予定で、
産休をとってから退職するか、産休のタイミングで退職し、
夫の扶養に入るかで迷っています。

私は現在大学の事務パートで、はじめは産休をとってから退職する方が
得かもしれないと思っていたのですが、
よくよく聞いてみると産休中は無休休暇となり、
社会保険料も負担しなければならいないと聞き、
それならば産休のタイミングでスパっと辞めて、夫の扶養に入った方が
お得なのではないかと考え直しはじめています。

社会保険料は夫の扶養に入った場合とどれだけ変わるのか、
出産一時金は夫の会社でもらうのと大学でもらうのとでは
金額が変わってくるのか…

保険のこととか本当に無頓着でわからないことだらけです。
どなたか詳しい方、教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「出産手当金」



建前上はあくまでも産休をとって復帰すると言うのがスジなのでしょうが、退職してももらえる場合があるということです。
まあ、これについては非常に情報が錯綜していて一般的には間違っている方が多いようです。
つまり問題は出産予定日から42日前がポイントになってくるのです。
この日が退職日の前か後かで違ってくるのです。
従来は後であっても任意継続しているか脱退しても6ヶ月以内の出産であれば出産手当金はもらえたのですが、昨年4月の改正で後の場合は一切もらえなくなりました。
しかし前の場合はその時点で産休を取れば、出産手当金の受給資格が発生してしまいます。
またその後退職しても継続給付という形で出産手当金はもらえるのです。
この前者と後者をごっちゃにして、単に退職すると出産手当金はもらえないと錯覚してしまう方が多いようです。
つまり辞める日付によって、昨年の改正に引っ掛かってもらえなくなる場合ともらえる場合が出てくるということです。
ですから出産予定日の42日前に産休を申請して、出産手当金の申請をしてしまうのです。
そして支給の資格ができてから退職してしまえば、継続給付と言う形で出産手当金は支給されます。
またこの場合は退職日まで1年以上被保険者であることが条件です。

「出産育児一時金」

出産一時金は妻の方が任意継続の場合あるいはそれをやめて6ヶ月以内の場合(夫の扶養になっていても)はそちらの健保から出ます。
それ以外の場合は夫の健保から出ます(家族出産育児一時金)。
以上が原則です。
ただし健保(夫の)によっては、妻がやめて方6ヶ月以内でも出すと言うところはあります。
その場合は両方からはもらえませんが、どちらかを選択することが出来ます、例えば健保によっては付加金がついている場合があるので多いほうを選べると言うことです。
しかしそういう選択できる健保は多くなく、大部分は上記の原則に依るとことが多いようです。
それからもうひとつ受取代理制度というものがあります。
これは出産する前の段階で、必要な申請をすると、健保組合が出産にかかった費用として出産育児一時金を直接医療機関等に払う制度です。
つまり今までは一時的にせよまとまった金額を用意して、医療機関等に払わなければなりませんでした(出産育児一時金が支給されるのはその後)。
しかし直接支払われるので、その金額を用意する手間が無くなったということです。
もちろん費用の方が出産育児一時金よりも低ければ差額はもらえます。
ただし健保組合と病院の両方がこの制度に対応していなければ使えません(制度自体が新しいので対応していない健保組合や病院もあります)。

もう少し詳しく説明すると。
現在の勤務先で健康保険に加入しているなら、上記のように退職して6ヶ月以内なら質問者が現在所属している健保からが優先となります。

まず夫側の健保と、妻側の健保の出産育児一時金の金額を確認してください。
上記の出産育児一時金の説明を場合分けすると。

A.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万のみ
B.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万+附加金
C.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万のみ
D.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万+附加金

Aの場合はどちらも金額が同じなのでどちらでもいいわけです、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
B場合は妻側のほうが附加金分だけ多いのですから妻側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
Cの場合は夫側のほうが附加金分だけ多いのですから夫側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先です。
このときは夫側の健保に選べるかどうか聞くのです。
夫側の健保が

「あくまでも妻側の健保が優先であり、妻側の健保からもらえる状態であればこちらの健保からは出ない」

と言われたらあきらめて妻側の健保からもらいます。

もし
「どちらでもいいですよ、妻側の健保からもらわなければこちらの健保から出ます」

と言われたら夫側の健保からもらえばよいのです。
ただし恐らく妻側の健保からもらっていないと言う証明を出してもらって提出するように言われるかもしれません(二重取りを防ぐ為)。
Dの場合は附加金が夫側と妻側のどちらが多いかと言うことになります。
同じならAと同じ処理、妻側が多ければBと同じ処理、夫側が多ければCと同じ処理です。

>社会保険料も負担しなければならいないと聞き、

ということは質問者の方自身で健康保険に職場で加入しているということですね。
そして退職するならばその時点で被保険者期間は1年以上ですか?
もしそうなら出産予定日から42に前から産休を取ってそのまま退職しても継続給付と言う形で出産手当金が支給されます。
出産手当金のことは全く考えていないのでしょうか?
産前42日分、産後56日分、あわせて96日分、日額が4000円とすれば40万ぐらいの結構まとまった金額です、もらえるかもらえないかの差は大きいと思いますが。

>社会保険料は夫の扶養に入った場合とどれだけ変わるのか、

それから出産手当金を受給した場合の扶養です。
扶養には

・税金の扶養
・健康保険の扶養
・会社の扶養手当

の三つがあります。
これらは別のもので別の基準があります、ですからこれらをごっちゃにすると訳がわからなくなります、それぞれを別に考えましょう。

「税金の扶養」

税金の面では妻の年収が問題になります。
働く予定があるなしとかいつ働くとかは関係ありません、その年の1月から12月までの収入が問題になるということです。
この年収が103万以下であれば夫は配偶者控除を受けられます、103万を超えても141万以下ならば夫は配偶者特別控除を受けられます。
また非課税限度額以下であれば交通費は含まれません。
それから出産手当金は非課税なので税金に関しては一切考慮する必要はありません。

「健康保険の扶養」

出産手当金を受給すれば扶養になるのは難しいでしょう。
まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会健保かあるいは扶養の規定が協会健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」であるかどうかが問題になります。
健康保険の出産手当金の場合130万÷(12ヶ月×30日)=3611円と計算して日額がこの金額以内であれば扶養となり、これを超えると扶養になれません。
また3611円を超えてしまって扶養になれない場合はその期間ですが、出産手当金をもらい始めてからもらい終える日までです。

B.夫の健保が扶養の規定が協会健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

1.日額に関係なく扶養になれる
2.1円でももらえば扶養にはなれない

また

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません。
ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。

ということでまず夫の健保が協会健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば協会健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。

Aの場合は日額が3611円を超えれば給付が始まった日から扶養をはずれ、給付が終わった翌日から扶養になれます。
Bの場合は健保によって異なるのでまったくわかりません、夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いてください。
例えばBのロの場合は前年の収入よって判断しますので、妻の前年の年収が130万を超えていれば、その年の扶養になれず翌年の1月1日からしか扶養になれないというケースが多いようです。

もし扶養になれない場合は、市区町村の役所へ行って国民健康保険及び国民年金(第2号被保険者から第1号被保険者への切り替え)の手続きをします。
その際は退職した会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書が必要ですので発行してもらって下さい。
多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。
それから国民健康保険及び国民年金の第1号被保険者の際の保険料は夫の控除対象になりますから、夫の年末調整で申告すればたいした金額ではないですが税金が戻ってきます。
そのためには窓口で支払うときは関係ありませんが、口座引き落としのときは夫の口座から引き落とした方がよいですよ。
保険料は夫の収入から出ていることをはっきりさせる為に、夫の口座から引き落とすのです。

それから夫の扶養になるときは夫の会社に申し出ることになります(この場合は第3号被保険者の手続きも忘れずに)。
またこの場合は国民健康保険の脱退手続きをしなければなりません、健康保険の被扶養者になったからといって、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
市区町村の役所に連絡して健康保険の被扶養者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

「会社の扶養手当」

これは法律で決まっているものではなく会社独自の規定で決まっているものです(ですからそういう手当のない会社もある)。
ということでその規定については会社に聞いて見なければわかりません。
例えば妻が配偶者控除の対象である場合とか、あるいは妻が健康保険の扶養である場合とか色々ありますので、会社に確認してください。

失業給付については働ける状態であることが条件ですので、通常ですと妊娠している場合は受給資格がありません。
そういう場合には、安定所へ受給期間の延長をします、最大3年(本来の1年と併せて4年)の延長が出来ます。
そして出産後に働ける状態になったときに、仕事を探すのであれば失業給付を受けることが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変詳しく書いていただき、とても参考になります。
私の乏しい理解力で簡単にまとめさせていただくと、

1.出産予定日の42日前から産休をとれば出産手当金をもらえる。
2.産休に入ってから退職→6ヶ月以内なら私の健保から出産育児一時金がもらえる。(主人の健保と私の健保で選べる場合は附加金のあるもの・多いものを選ぶ)
3.出産手当金をもらった場合、その後主人の扶養に入れるかどうかは主人の健保の扶養条件によって変わる。

ということですか?
やはり手当金をもらう権利を得てから退職した方が
総合的にいいんでしょうか…?
会社によっていろいろなのでまずは主人の会社に聞かないとですね。

お礼日時:2009/06/01 13:15

>ということですか?



そうです。

>やはり手当金をもらう権利を得てから退職した方が
総合的にいいんでしょうか…?

極端な話ですが出産予定日42日前に産休を取って、その日に退職としても出産手当金はもらえます。
ただそれではあまりにもエグいので、それから1週間後あるいは半月後の月末あたりでの退職でよいのかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jfk26様
続けてのご回答ありがとうございます。
大変良く分かりました。
詳しく書いていただいたのでまた何回も読み直すと思います。
出産手当金をいただいてから月末に退職しようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/06/02 12:53

産後、同じ職場で子供を抱えて働くのは難しい環境なのでしょうか?



そもそも産休は、復職する人の為の制度なので、退職するつもりであれば、とらないのが普通ですよね。

しかしながら、実際産んで育てはじめてみると、やっぱり働きたい!と思うかもしれません。しかし妊娠、出産を期に退職してしまい、それから小さな子供がいる状態で新しい職を探そうと思っても、特別な資格やスキルがない限り、なかなか好条件では難しいものです。なので退職なさるかどうか今急いで決めるよりは、復帰の意思を伝えた上で産休をとっておき、実際復帰するかどうかはギリギリになってから決めるもいいかもしれません。

もう絶対復帰するつもりがないのに産休をとるのは、やはりいい顔はされませんね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私の勤務体系により育休をとることができないので
産後2ヶ月で働くのは不安ですし、
復帰はむずかしいのです。
大学側には一応産休後の退職の意思は伝えてあり、
大学側も「当然の権利」として認めてくれています。
ご意見参考になりました。

お礼日時:2009/06/01 09:56

同じように産休→退職→扶養に、を昨年しました。



まず、一時金は外資系の会社で独自の健康保険組合に加入しているなら金額が違うときがあります。中には50万ぐらいもらえるところも。
稀ですので、一応調べてみてください。

産休を産後2ヶ月までとると、出産手当はもらえるものの社会保険料はかかります。ですが、産休の予定日より前6週の日よりあとに、退職すると出産手当金を全額もらえます。
私は、前6週の日から10日後に退職しました。
その後主人の扶養に入って、出産育児一時金は主人の保健から、
出産手当金は全額もらいました。お給料の6割を96日分もらえるのは大きいです。

個人的には、今まで仕事を頑張ってきて、安くない保険料を毎月納めてきたんだから、それぐらいの恩恵をもらってもいいと思いますが・・・

でも、これはあくまでも復帰する人のための制度であるので、
お勤め先が快く思わないこともあります。勤め先に負担は一切ないですが(手続きするのみ)上手に、前6週の日より数日でもいいので後で退職した方が得ですよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
夫は外資系ではないのでそんなにもらえないと思います。

>産休の予定日より前6週の日よりあとに、退職する
職場には少し言いずらいですね…
大学なので手続きも色々面倒なので…

産休前にスッパリ退職しようかと思います。
ご意見大変参考になりました。

お礼日時:2009/06/01 09:42

>産休をとってから退職する方が得かもしれない



このような非常識な発言をする人は産休取らないでください。
本当に働き続けたい人に失礼です。
こういう人がいるから産休制度が普及しないんですよね。

得かどうかはご主人とあなたの社会保険負担額によって変わってきます。
任意継続した方が得な場合もあれば、扶養に入った方が得な場合も
ありますし。逆に扶養に入った場合はご主人の会社に家族手当がつく場合もありますから扶養に入る人が多いと思いますけどね。
出産一時金は変わりません。住民税は払う必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「得」という言い方が悪かったかもしれませんが、
このご時世、少しでも損をしたくないだけです。
私の勤務形態では育児休暇はとれないので
産後2ヶ月の復帰も難しく、退職するしかないのです。
産休を取る権利ぐらいあると思っています。
ご意見参考になりました。

お礼日時:2009/06/01 09:36

>社会保険料は夫の扶養に入った場合とどれだけ変わるのか


ご主人の扶養に入れば、社会保険料は免除されます。

>出産一時金は夫の会社でもらうのと大学でもらうのとでは
金額が変わってくるのか…
変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2009/06/01 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職後、夫の扶養に入れないと言われました

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」はもらえません。
(出産後に35万円の出産手当金はもらえます)

失業保険の受給は働く準備が出来るまで延期する予定です。(2年後くらいを考えています)

という事で、今年の9月1日からは私の収入はゼロです。

それで夫の会社の組合に9月から扶養に入れるか確認してもらった所、「奥さんの源泉徴収票を出して下さい」と言われました。
今手元にあるのは去年の収入である「18年度の源泉徴収」です。
それを見て「扶養には入れません」と言われたそうです。

来年になってまた「源泉徴収を出すように」言われた場合、19年度の源泉徴収を見せる事になりますが、19年度(今年)は8月31日まで働いたので、退職金も合わせるとちょうど130万を超えると思います。
そうなると来年も私は扶養に入れないと言われました。

私は来年は全く無職の状態なのですが・・(失業保険などの給付もまだ受けませんし)扶養に入れないのでしょうか。

「保険」も「年金」も前年度の源泉徴収を見て判断されるものなのですか?

他の方の質問を見ていると、なんだかおかしい気がします。
でも夫が会社で聞くとそう言われるらしく・・。
夫の会社の組合規則が厳しいのでしょうか。

ご回答を頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」...続きを読む

Aベストアンサー

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に収入があっても、退職した書類(離職票等)を提出すれば、理解してもらえると思いますが、退職後の扶養申請のことだと伝わっているのでしょうか。退職前の状態(現時点)で扶養申請することを相談されれば、当然断られると思います。

決定権者は健保組合であり、会社は手続きの代行機関でしかありません。なので、直接組合に確認されることをお勧めします。
永久に入れないことはないと思います。

>退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。

任意継続制度は、健康保険法上当然生きています。継続療養制度と勘違いしているのではないでしょうか。これは、あなた様の会社が間違った情報を持っていると思われます。これについても、直接貴方様が入っている健康保険(政管健保なら社会保険事務所、組合健保ならその組合)にご確認されることをお勧めします。任意継続は直接健康保険に手続きしますので、会社に関係なく直接手続きできます。

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に...続きを読む

Q夫の扶養に入る一番良いタイミングとは・・・?

扶養に入るタイミングについて質問させていただきます。

現在、私はアルバイトで年収130万円以上稼いでいる為、自分で社会健康保険に加入しています。

年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

将来的に、妊娠・出産をした時にもらえる手当ては、自分で社会保険に入っている時と夫の扶養に入っているときで差は出てしまうのでしょうか?
それによっては、妊娠がわかるまではとりあえず今の雇用形態を継続していた方が得になるのでは・・・?と迷ってしまいました。

ちなみに、現在のはっきりとした年収は約170万円です。
そこから保険料などが引かれて、手取りは145万円程度になり、扶養に入って130万まで稼ぐのとあまり大差ない金額になります。

保険や手当てについて、調べてはみたのですが物によって受けられる・受けられないと様々でよく分からなくなってしまいました。

無知すぎてお恥ずかしいのですが、どなたか分かり易く教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

扶養に入るタイミングについて質問させていただきます。

現在、私はアルバイトで年収130万円以上稼いでいる為、自分で社会健康保険に加入しています。

年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

将来的に、妊娠・出産をした時にもらえる手当ては、自分で社会保険に入っている時と...続きを読む

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

つまり税金については国税庁をトップとしてそれぞれの税務署がその下にあるのでひとつの組織であり規定も統一されています、しかし健康保険については何らかの統括する機関がトップにあってその下に各健保がある統一された組織ではなく、各健保がバラバラに独自の規定を持って運営しているというのが大きな違いなのです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

「○○社会保険事務所」あるいは「全国健康保険協会 ○○支部」ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

「○○健康保険組合」ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。
またBの場合は扶養になれなくても、第3号被保険者にはなれることもあるので気を付けてください。

つまり夫の健保によって扶養の規定そのものが異なるということです。

>年内に、籍は入れるのですが年明け2月頃までは今の雇用形態のままフルタイムで働く予定です。(アパレル関係なので、繁忙期が過ぎるまでと考えています)
その後、夫の扶養に入った後は年収130万円以下になるよう雇用形態を変え、現在の仕事を続けるつもりでいます。

夫の健保がAであれば給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから年収ではなく月額が約108330円を下回ればその月から夫の健康保険の扶養と第3号被保険者になれるということです。
夫の健保がBであればその健保に聞かなければ扶養の条件は判りません。
例えば前年の年収を基準にしている健保であれば、その年一杯は扶養になれません。
ただし第3号被保険者にはなれる場合があります。

>将来的に、妊娠・出産をした時にもらえる手当ては、自分で社会保険に入っている時と夫の扶養に入っているときで差は出てしまうのでしょうか?

出産に関する手当てと言うと健保から出る出産育児一時金と出産手当金があります。
出産育児一時金は夫の扶養になっても夫の健保から出ます(名称は家族出産育児一時金ですが内容は同じです)、ですから扶養への切替時期に運悪くエアポケットのように無保険の時期が出来てしまってその時期にまた悪いことが重なって出産したと言うことでもなければ必ずもらえます。
ただ出産育児一時金にはどこの健保でも必ず出る最低金額として法定給付額があり、一部の健保ではそのほかに附加金がプラスαされます。
ですから質問者の方の健保には附加金があり夫の健保には附加金がない、ということですのでそういう場合に限ってどちらでもらうかによって損得があるということです。

一方出産手当金は質問者の方自身が被保険者として健保に加入していなければ受け取れません、夫の扶養では無理です。

出産育児一時金は平成21年10月1日から被保険者に支給するのではなく、直接支払制度という方式に変わりました。
直接支払制度というのは医療機関へ直接出産育児一時金が支払われます。
ですから今までですと退院時に妊婦側が出産費用を払って後日出産育児一時金を健保や国民健康保険に請求する方式でしたが、それですと一時的にせよまとまった金額を用意しなければいけませんでした。
しかし直接支払制度ですと出産育児一時金をオーバーした分だけを払えばよいので、まとまった金額を用意する必要はありません、また出産育児一時金より出産費用が少なければ差額は健保や国民健康保険に請求すればもらえます。
妊婦側としてすることは医療機関等の窓口などにおいて保険証を提示して、申請・受取に係る代理契約を締結することです。
ですから出産する医療機関の窓口で出産育児一時金の直接支払制度を利用したい旨を伝えれば、申請の用紙を渡してくれるはずです。

それと正確には出産育児一時金としては39万円です、3万は産科医療補償制度の保険料です。
ですから産科医療補償制度に加入していない医療機関ですと39万のみになります(そういうところは殆どないでしょうが)。
また42万は法定給付額なので、組合健保ですとその他に附加金が付くことがあります。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

つまり税金については国税庁をトップとしてそれぞれの税務署がその下にあ...続きを読む

Q産休を取ってから退職

産休を取ってから退職って可能なのでしょうか?育児休暇は取らずに退職する予定です。可能だとしたら、在籍は産休明けまで在籍している事になるのですか?

Aベストアンサー

なぜそのようなことを考えていらっしゃるのでしょうか?

退職後6ヶ月以内の出産であれば、出産手当金(健康保険組合から支払われる給料の6か月分)は申請できるので、産休期間の前で退職しても後で退職しても変わりません。

健康保険料・厚生年金保険料が、国保・国民年金にうつった場合より安ければお得ということでしょうか。
もしくは、ご主人の扶養に入れば安くなるでしょう。
このあたりは、出産手当金をもらう時に、ご主人の扶養に入っていられるか否かで変わりますが(収入の大きさで変わるようですね)。

会社は、産休中の健康保険料・厚生年金保険料の半分を負担しています(毎月の給与で引かれているのは、支払額の半額で、半額を会社に負担してもらっているのです)。
だから、会社にとっては、産休前に辞めてもらった方がいいわけです。

そして、一番は、会社の給与規定にどのように記載されているかです。
おそらくは、産休・育休は、復帰を前提にしている制度と思われます。
退職を前提に産休を取ることは、できないように記載されているのではないでしょうか?

復帰すると言っておいて、産休取得後に考えが変わって退職します・・・と言うのは可能でしょうが。


可能だとしたら、もちろん、在籍は産休明けまででしょう。
ただ、退職金の算定に、産休期間を含めるかどうかは、これまた会社によるので、給与規定を良く読んでください。

なぜそのようなことを考えていらっしゃるのでしょうか?

退職後6ヶ月以内の出産であれば、出産手当金(健康保険組合から支払われる給料の6か月分)は申請できるので、産休期間の前で退職しても後で退職しても変わりません。

健康保険料・厚生年金保険料が、国保・国民年金にうつった場合より安ければお得ということでしょうか。
もしくは、ご主人の扶養に入れば安くなるでしょう。
このあたりは、出産手当金をもらう時に、ご主人の扶養に入っていられるか否かで変わりますが(収入の大きさで変わるようで...続きを読む

Q妊娠をきっかけに、産休などを取らずに早めに退職された方教えてください。

妊娠をされ、産休などを取らずに、
早めに退職をされた方に、質問です。

1、いつ頃退職されましたか?
2、それは何故ですか?(つわりが酷かった等)
3、その時期に退職され、どうでしたか?

私は、妊娠初期です。
現在は正社員として働いていますが、
会社の環境が非常に悪く、
(嫌がらせが当たり前のようにある、副流煙を吸わざるを得ない)
ストレスの悪影響などを考えたら、
早めの退職がいいかなぁと考え中です。
つわりはそこまで酷くないので、
5ヶ月頃、胎盤が出来て、食事がもろに胎児に影響する頃に
料理の勉強の時間も欲しいし(料理は苦手です…)退職をと
思っているのですが、
周囲からは、育児はお金が掛かるし、ギリギリまで働くべき!
と言われ、迷っています。
こちらでも、ギリギリまで働く派が多いようですが、
逆にギリギリまで働かなかった方の意見が聞いてみたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

妊娠おめでとうございます。
まだ初期ということで色々不安もあると思いますが、赤ちゃんを大切にして下さいね。

私は現在16wです。

1、妊娠9wで退職しました。(年末で)

2、つわりもありましたが、職場環境が非常に悪く、私にも、お腹の赤ちゃんによくないと考えたため。
もともと退職を考えていたのでいい機会だった。

3、つわりもどんどん酷くなり、電車が乗れない。精神的にも不安定になったので、辞めてよかったと思っています。

私は初期から出血が続いたので流産せずに安定期に入り、ホッとしています。

ある程度の収入がなくなることは辛いですが、ストレスで母体に悪影響を及ぼすことを回避しようと退職しました。
仕事は探せば何とかなるけど、赤ちゃんはこの子しかいないと考えました。

Q育児休暇後、復帰しないとどうなる?

現在一年間の予定で育児休暇中です。育児休暇手当てももらっています。産休中には職場の健康保険より出産手当金ももらいました。しかし、初めての子を育てていくなかで、だんだん仕事に復帰する自信がなくなってきました。もし仕事に復帰しなかった場合、育児休暇手当てや出産手当金もすべて返さなければいけないのでしょうか?詳しい方いましたらよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。
まず、出産手当金についてですが、
これは健康保険に入っている人(被保険者)を対象としているはずですので、職場復帰が前提ではないと思います。
よって返還はしなくてもよいかと思います。

但し、育児休暇手当(雇用保険からの育児休業基本給付金でしょうか?)は、育児休業終了後職場に復帰することが前提になっている人を対象として支給されるものではなかったかと思います。

ハローワーク郡山さんの一部を引用すれば
「育児休業を開始する時点で、育児休業終了後に離職することが予定されている方は、支給の対象とな」らない、ということになります。

よって、もしかしたら、こちらについては返還しなければならなくなるかもしれません。
しかし、育児休業を開始した時期には離職することが明らかではなかった場合には、この限りではないかもしれません。

なお、もし、健康保険組合や会社独自の制度として、
出産手当金に上乗せの給付がある、育児休暇手当等があるのでしたら、
そちらについては健康保険組合の規約や、
会社の就業規則で細かく決められていると思いますので、
手当等を支給しているところに問い合わせないといけないのではないかと思います。

なお、
出産手当金については健康保険に
育児休暇手当等についてはハローワークにそれぞれお問い合わせの上、お確かめくださるようお願いします。

http://www.hellowork-koriyama.go.jp/DutyStatus/ikujikyugyo.html

こんばんは。
まず、出産手当金についてですが、
これは健康保険に入っている人(被保険者)を対象としているはずですので、職場復帰が前提ではないと思います。
よって返還はしなくてもよいかと思います。

但し、育児休暇手当(雇用保険からの育児休業基本給付金でしょうか?)は、育児休業終了後職場に復帰することが前提になっている人を対象として支給されるものではなかったかと思います。

ハローワーク郡山さんの一部を引用すれば
「育児休業を開始する時点で、育児休業終了後に離職することが予...続きを読む

Q出産・産休後退職 扶養について

出産を1月中旬に控えた妊婦です。
現在は会社員として仕事をしています。初めは産休・育休後、復帰予定でしたが、やはり退職しようと決めました。
その際、産休後退職でも構わないと会社からは言われたので、出産手当金がもらえるかも・・・。と思ったんです。産休は来年3月中旬までとなるので、それに合わせて退職届の日付を合わせてくれるということなのですが、産休中は無給です。出産手当金(約40万)や、退職金(大した額ではありません。たぶん10~20万程度です)、出産育児一時金(42万)と収入はこれくらいになるのですが、来年産休後、退職してすぐに夫の扶養に入れるのでしょうか?
計算方法がいまいち自分の場合で計算できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 参考?URLをご紹介します。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20060202mk21.htm(退職後の出産手当金と扶養)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4690980.html(健康保険の被扶養者)

 ご主人が加入されている健康保険の保険者(健康保険組合or全国健康保険協会)にもよると思います。
 全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険の被扶養者(健康保険の扶養家族)の認定要件は、
「認定対象者の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合」
または
「認定対象者の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入を上回らない場合には、その世帯の生計の状況を果たしていると認められるとき」
となっています。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,230,25.html(被扶養者とは?)
 この場合の年間収入は将来に向けての継続的収入のことです。(産休期間中に受給された出産手当金は含まれませんし、出産手当一時金も継続して受けられる収入ではありませんので、含まれません。)
(出産手当金は継続給付として退職後も受給できる場合がありまり、1日あたりの出産手当金の額が3,612円以上の時は健康保険の被扶養者になれないのですが、これは出産手当金支給対象期間(産後56日まで)ことで、それ以後は関係ありません。)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.47826.html(Q5:被扶養者の年収(130万円(60歳以上180万円))の考え方)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20051219mk21.htm(出産手当金と夫の扶養家族)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20040922mk21.htm(出産手当金と夫の扶養家族)

 質問者さんのご主人が加入されている健康保険の保険者が全国健康保険協会(協会けんぽ)の場合、質問者さんが退職された後すぐにご主人の加入されている健康保険の被扶養者(健康保険の扶養家族)になるのではないかと思います。
 ご主人の加入されている健康保険の保険者が健康保険組合の場合は、その健康保険組合の規約等によりますので、何とも言えません。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20051207mk21.htm(健康保険組合の被扶養者条件)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/11,0,158.html(退職後の健康保険)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,61048,102,458.html(退職後の健康保険)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/38532/20110331-163125.pdf (退職後の健康保険)

 健康保険の被扶養者認定については、ご主人が加入されている健康保険の保険者(健康保険組合or全国健康保険協会)に直接確認されることをお勧めします。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/6,0,64.html(全国健康保険協会 都道府県支部)

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20060202mk21.htm

 参考?URLをご紹介します。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/qa/nenkin/20060202mk21.htm(退職後の出産手当金と扶養)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4690980.html(健康保険の被扶養者)

 ご主人が加入されている健康保険の保険者(健康保険組合or全国健康保険協会)にもよると思います。
 全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険の被扶養者(健康保険の扶養家族)の認定要件は、
「認定対象者の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障...続きを読む

Q妊娠で退職の場合は失業手当をもらえない。どうしたらいいの?

現在パートで働いていますが、雇用保険に加入しています。
妊娠のため10月いっぱいで退職の予定です。
年内に東京から主人の実家のある他県へ引っ越す計画です。

妊娠・出産などで一定期間働く事ができない場合は給付を受けられない。ということですが・・・せっかくちょっとずつでも払ってきたんだから、少しは受け取りたいと思っています。
「妊娠などの場合は給付期間(?)の延長が3年まで出来る」ということを聞きましたが、どのようにしたら良いのでしょう?

いろいろ自分で検索したりして調べてはみたのですが、なんだかチンプンカンプン状態です。
出産後しばらくしてから、引越し先のハローワークで手続きをしたら良いのでしょうか?

何も理解できていないので、なにを質問したらよいのかすらわかっていません・・・。
今まで仕事から離れれば誰でももらえると思っていましたので。(勉強不足です・・・)

また、同時に厚生年金や社会保険にも加入しているので、どうしたらよいのかも教えていただけると嬉しいです。
どなたかわかりやすい説明をよろしくお願いします。
m(__)m

現在パートで働いていますが、雇用保険に加入しています。
妊娠のため10月いっぱいで退職の予定です。
年内に東京から主人の実家のある他県へ引っ越す計画です。

妊娠・出産などで一定期間働く事ができない場合は給付を受けられない。ということですが・・・せっかくちょっとずつでも払ってきたんだから、少しは受け取りたいと思っています。
「妊娠などの場合は給付期間(?)の延長が3年まで出来る」ということを聞きましたが、どのようにしたら良いのでしょう?

いろいろ自分で検索したりして調べては...続きを読む

Aベストアンサー

たまごクラブの「働くたまごママのマネー講座」からの引用です。

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産する場合」は
・出産一時金
・出産手当金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産しない場合」は
・出産一時金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

が受け取れるそうです。

出産退職する人は、失業給付金の延長手続きが必要です。
会社を退職すると「失業給付金」がもらえますが、失業給付金は、働く意志と能力があって、求職中の人に支払われるお金です。 辞めたら誰でももらえるのではなく、働く意志と能力がないともらえないものなんです。

妊娠中は働くことが出来ないと見なされるので、失業給付金の申請はできません。
その為、妊娠中に失業給付金の受給期間(通常1年間)を最長4年間に延長する手続きを行います。
手続き期間は、退職日の翌日から30日経過後の1ヶ月間です。
その時点(質問者様の場合11月の一ヶ月間)でお住まいの地域のハローワークへ直接行って手続きをしてください。
体調が悪い場合は、郵送や代理人でも大丈夫です。

詳しい手続き内容や必要書類、引っ越してからの手続きに関しては事前にハローワークに電話して聞いてみてくださいね。

厚生年金や社会保険に関しては、質問者様の会社の総務もしくは人事で保険の担当者に相談するのがわかりやすいかと思います。

たまごクラブの「働くたまごママのマネー講座」からの引用です。

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産する場合」は
・出産一時金
・出産手当金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

「現在夫の扶養に入らずに働いていて、出産の為に仕事を辞め、退職後6ヶ月以内に出産しない場合」は
・出産一時金
・失業給付金(実際にもらえるのは出産後)
・医療費控除

が受け取れるそうです。

出産退職する人は、失業給付金の延長手続...続きを読む

Q出産手当金って扶養に入るともらえないの!?

今月いっぱいで今の会社を辞めて、6月中旬に出産予定の者ですが出産手当金についてよくわからない点があるので教えてください!
今は自分の会社の健康保険に加入してますが(1年以上払ってます)会社を辞めたらすぐ主人の会社の健康保険の扶養に入ろう!って考えてました。
でも、もし扶養に入ったら出産手当金ってもらえなくなっちゃうんですか?ネットで調べたら、任意継続がどうとか国保がどうとかって書いてあったので。。。
会社の総務の人に聞いても、このような手続きの経験があまりないらしく、「扶養に入っても大丈夫とおもうんだけど。」と言ってました。
なんだか曖昧で、もし扶養に入ったあとでやっぱりもらえなくなるなんてことになったら・・・。
どなたか詳しい方教えてください!

Aベストアンサー

あなたは1年以上の被保険者期間があって6月中旬の出産予定ですから十分出産手当金も出産一時金も受給要件を満たしています。
ご主人の加入されている健康保険で扶養になれるかの対応が変わってまいります。

「ご主人の健康保険が政府管掌健康保険」でしたら、
あなたが退職前の過去の収入は一切関係なく、退職後の向こう1年間の見込み額が130万円未満であれば扶養になれます。
しかし、退職後すぐに産前42日が始まる場合は、あなたの出産手当金の日額が3,612円(130万円÷12ヶ月÷30日)以上になりますと、「受給中だけ」は、あなたはご主人の社会保険の扶養を抜けなければなりません。
あなたの標準報酬月額が分からなかったら、会社の担当者にお尋ねください。

例えばあなたの標準報酬月額が24万円だとします。
出産手当金の日額は 標準報酬日額の6割で 計算されます。
標準報酬月額24万円÷30日=標準報酬日額8,000円  
標準報酬日額8,000円×0.6=4,800円
この場合は出産手当金の日額4,800円ですから、3,612円以上になりますから、「受給中だけ」市町村役場で国民健康保険と国民年金第1号被保険者の加入手続きをして保険料を納付することになります。


問題は「ご主人の健康保険が健康保険組合」の場合です。
運営上独自の扶養認定基準があり、健保組合によってまちまちです。政府管掌健康保険と違って厳しく退職前の収入まで見られる事があります。
健保組合によっては出産手当金を受給するか、健康保険の扶養になるかの選択をさせられることもあります。
どちらにしても政府管掌健康保険同様、出産手当金の日額が3,612円以上になりますと、受給の期間も扶養になることはできません。
「いつから扶養になれるか」直接健康保険組合へ事前に調べてください。

扶養になれない期間は、市町村役場で「国民健康保険」と「国民年金第1号被保険者」の加入手続きをして保険料を納付することになります。
ただし、扶養になれない期間が出産手当金の受給期間を超えるようであれば「任意継続」の加入も視野に入れて「国民健康保険」とそれぞれの保険料を調べられて、保険料の安いほうを選択されても良いと思います。どちらの保険も保険料は比較的高いです。

退職後、任意継続には標準報酬月額に上限があり、あなたの標準報酬月額がその上限の標準報酬月額に下がる場合は出産手当金の日額も下がってしまいます。
その場合は出産手当金の日額も下がらない国保を選択されたほうが良いかもしれませんが、保険料と出産手当金の試算などもしてよく比較検討された上、有利なほうを選択してください。
なお、ご自分の「現在の標準報酬月額」「退職後の標準報酬月額」「任意継続の標準報酬月額の上限」を良く知ることをです。


「任意継続について」
任意継続は、退職後も在職中と同様に健康保険が使えます。
出産手当金や傷病手当金など国民健康保険にない保険給付がありますが、出産手当金については任意継続にならなくてもあなたの場合受給資格がありますから、加入しても国保との違いはあまり感じられないでしょう。

在職中と違う点は
・任意継続は退職後20日以内に手続きをしないと加入できませんので気をつけてください。
・保険料は全額負担となります。つまり現在の保険料と事業主分が加わりますから、政府管掌健康保険ならちょうど2倍になります。
・標準報酬月額に上限(政府管掌健康保険の場合28万円)もありますから、あなたがそれ以上の標準報酬月額の場合は下がります。それに伴って保険料も出産手当金の日額もそれぞれ下がってしまいます。
・保険料を納付期日まで納付しないと任意継続の資格は失ってしまいます。

なお、任意継続の喪失の仕方は下のURLを参照(中ほどに記載)してください。

『任意継続の注意点』
http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/CU20050906A/

あなたは1年以上の被保険者期間があって6月中旬の出産予定ですから十分出産手当金も出産一時金も受給要件を満たしています。
ご主人の加入されている健康保険で扶養になれるかの対応が変わってまいります。

「ご主人の健康保険が政府管掌健康保険」でしたら、
あなたが退職前の過去の収入は一切関係なく、退職後の向こう1年間の見込み額が130万円未満であれば扶養になれます。
しかし、退職後すぐに産前42日が始まる場合は、あなたの出産手当金の日額が3,612円(130万円÷12ヶ月÷30日)以上になり...続きを読む

Q育児休暇か退職か迷っています

初めて質問させていただきます。

民間会社に正社員(事務)として勤務しており、現在で6年目になります。
昨年結婚し、現在妊娠中です。

今の会社には当然、産休や育児休暇の制度がありますが、実際上は、事務職員で育児休暇後も仕事に復帰できる環境(雰囲気)ではありません。
これまでから妊娠と同時に退職をと考えていたのですが、いざ妊娠すると、現在の生活費や将来の育児にかかる費用等々、正直、少しでもお金が必要です。

そこでどなたか教えていただきたいのですが、”退職”と”産休・育休後に退職”では、どちらが良いのでしょうか。

産休・育休でギリギリまで会社に籍を残し、育児休業基本給付金で(勤めている会社は育休中は無給です)生活する方が良いのかなぁと思う一方、退職し退職金と失業保険(出るのでしょうか?)で生活する方が良いのかなぁという思いもあり、現在、大変迷っています・・・。

どなたか教えていただけませんでしょうか。
そもそもどんな給付があるかや、保健制度についてもよく分かっていないのが現状です。もしかしたら、全く的はずれなことを言っているかもしれません・・。その辺りもご指摘いただけたら幸いです。
また経験談でも結構です。
なにとぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

初めて質問させていただきます。

民間会社に正社員(事務)として勤務しており、現在で6年目になります。
昨年結婚し、現在妊娠中です。

今の会社には当然、産休や育児休暇の制度がありますが、実際上は、事務職員で育児休暇後も仕事に復帰できる環境(雰囲気)ではありません。
これまでから妊娠と同時に退職をと考えていたのですが、いざ妊娠すると、現在の生活費や将来の育児にかかる費用等々、正直、少しでもお金が必要です。

そこでどなたか教えていただきたいのですが、”退職”と”産休・育休後に...続きを読む

Aベストアンサー

出産未経験なので、参考にはならないと思いますが、これは社会保険手続に携わる私の計画です。

>産休・育休でギリギリまで会社に籍を残し、育児休業基本給付金で(勤めている会社は育休中は無給です)生活
したいです。育休明けにやめるのが前提の人は受給できないという決まりがありますので、あくまで建前上は復帰が前提です。(辞めたくなったら、育児してみて両立は無理だと分かったので辞めますって感じで。)
私は復帰希望です。子供がいると新しく就職先を探すのが非常に困難であるという話を聞いていますので・・・。

現在の制度では1年半後には復帰金がもらえます。これは働いていなくても在籍していればいいので、2年くらい育児休業を申請します。もしかすると10月に少し制度改正があるかもしれません。
簡単に言えば育児休業給付は毎月今のお給料の30%(手続は2ヶ月に1回まとめて)、復帰金は10%×育児休業給付を受給した月数
育児休業中(産後56日までは産休ですので社会保険料は免除されません)は社会保険料が免除されるので(最高子供が3歳まで可能)、保険料を払わず厚生年金の期間が増えます。(将来の老齢年金もそうですが事故や病気で障害が残った場合など、国民年金より厚生年金のほうが手厚いので、できるだけ入っておきたいです)また、健康保険も今までどおり使えます。(もちろん会社側も免除です。)

復帰する予定がない人の管理をするのは会社的に面倒で嫌がられるかもしれませんが、もらえるものはもらいたい、私の計画です。

>退職し退職金と失業保険(出るのでしょうか?)で生活
失業保険はお腹の大きいうちは「延長」でしょうね。ちゃんと延長の手続をしないと、ほうっておくと1年で受給権はなくなってしまいます。
すぐに就業に応じられない人は失業保険もらえませんよ。
また出産といえど自己都合退職なので、最初に職安に行ってから3ヶ月は出ません。出ても現在のお給料の半分から6割くらいだと思っておいたほうがいいです。
また勤続6年でしたら受給できるのは90日分ですね。
一応、もらってる間はご主人の扶養に入れないこともあります。(奥さんの離職票を取り上げる会社もあるようですので)
退職→ご主人の扶養に入り出産→働けるようになって失業保険を受ける間は金額によりご主人の扶養を抜けて国民健康保険&国民年金→就職がきまらないまま受給終了したらまたご主人の扶養に
って感じでしょうか。

また、辞めても住民税の支払いは前年の所得に応じて来ます。こればかりは仕方ないです。

と、思いつくままに書いてしまいましたが、結局は会社とのやりとりだと思います。
6年も勤めたんだし、いろいろ良くしてくれるといいですね。

出産未経験なので、参考にはならないと思いますが、これは社会保険手続に携わる私の計画です。

>産休・育休でギリギリまで会社に籍を残し、育児休業基本給付金で(勤めている会社は育休中は無給です)生活
したいです。育休明けにやめるのが前提の人は受給できないという決まりがありますので、あくまで建前上は復帰が前提です。(辞めたくなったら、育児してみて両立は無理だと分かったので辞めますって感じで。)
私は復帰希望です。子供がいると新しく就職先を探すのが非常に困難であるという話を聞いて...続きを読む

Q育休復帰後すぐの退職はダメ?

1年の育児休暇が明け、復職して2ヶ月がたちます。子供を生む前は、せっかくの育休制度を使わないともったいないと思い、気軽な気持ちで取得しました。でも、実際生まれてみると本当にかわいくて、離れたくなくなりました。
1年みんなに迷惑をかけたのだし・・と、大きな葛藤を抱えながらも現在に至ります。運良く倍率の高い保育園にも入園でき、仕事も融通が利く為(お給料はとーっても安いです)これを捨てるのがもったいないというかすかな気持ち。その反面、主人の収入だけでもなんとかやっていける見込みができ、あとやっぱり子供と離れたくない・・というこの2つの感情で揺れています。
現在は辞める方向で気持ちが傾いているのですが、あまりにすぐ辞めるのは職場にも申し訳なく感じます。あと、保育園がとても近所なので感じ悪いかな?とか・・育休復帰後に仕事を辞めるには、どのぐらいの期間が適当でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は復帰して約2年になります。

私も復帰するまでは嫌で嫌で、途中で辞めようかと何度も悩みました。
でも自分で決めたことだから頑張れるだけ頑張ろうと思ったら、あっという間に2年になろうとしてます。

復帰されて2ヶ月ということですが、ちょうど疲れがたまる時期ですよね。私も復帰後の2~3ヶ月は体力的につらくて辞めたいなとは思いました。でも3ヶ月を過ぎた今ではやっぱり復帰して良かったなと思います。先に復帰した友達も2ヶ月過ぎれば慣れてなんとかなるよと言ってましたが、そのとおりでした。あまりすぐ辞めると後産休とる人の迷惑にもなるだろうし。

それにみなさん2歳をすぎると専業主婦の方ってやっぱり息抜き出来なくて大変そうなんで。(私は専業主婦向いてないから復職したんですが)子供も保育園で刺激があるので楽しそうにしてるし。(ママだけでは味わえない)

もしお辞めになるなら半年までは働いて、復職後の給付金を受け取ってからでもいいんじゃないでしょうか?その頃にはまた考えも変わってるかもしれませんし。新入社員と同じで、やはり元に戻るには3ヶ月はかかると思います。それでも辞めて子供といたいと思うなら、やはり春に辞めるのが一番いいのではないでしょうか。

こんにちは。
私は復帰して約2年になります。

私も復帰するまでは嫌で嫌で、途中で辞めようかと何度も悩みました。
でも自分で決めたことだから頑張れるだけ頑張ろうと思ったら、あっという間に2年になろうとしてます。

復帰されて2ヶ月ということですが、ちょうど疲れがたまる時期ですよね。私も復帰後の2~3ヶ月は体力的につらくて辞めたいなとは思いました。でも3ヶ月を過ぎた今ではやっぱり復帰して良かったなと思います。先に復帰した友達も2ヶ月過ぎれば慣れてなんとかなるよと言ってました...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報