平均寿命の男女差について

男女の平均寿命は5年くらい女性のほうが長生きと聞いていますが、
(1) 「男女とも老衰や高齢になってからの病気などによる死亡年齢(寿命)はそんなに違いはないにもかかわらず、
男性は女性に比べて、10代、20代でのオートバイ、車による事故死、
危険なレジャーでの死亡や危険な仕事(3kとか漁業など)での事故死など、若い年齢での死亡が多い」ので、
平均寿命をが女性より低くなってしまう。

(2)それとも、この平均年齢というのは若い頃の事故死などは統計に含めていなくて、あくまでも、
「老衰や高齢時の病気などでの70歳以上くらいで死亡する年齢が、男女で5歳くらいの差がありますよ」 ということなのでしょうか?


教えて下ださい。

この若いときの統計を含むなら、70歳まで生きてしまえば「男女とも寿命はそんなに大差ない」と思える。

含まないのであれば、70歳まで生きても「結局5年は先に死んでしまう」と考えられる。

どちらなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

平均寿命は、若い頃のの事故死なども統計に含めています。


具体的には、「平均寿命」とは「0歳児の平均余命」です。
「平均余命」とは、ある年齢の人が、平均して残り何年生きられるかを示す統計値です。
例えば「101歳の人が全然居ない(みんな死んでる)」社会であれば、「100歳の人の平均余命」は1年です。
99歳の人の半数がその後の1年間で死ぬとしたら、「99歳の人の平均余命」は、「亡くなる半数は余命1年」「生き延びる半数は余命2年(99歳の1年を生きぬいて、それプラス100歳の平均余命1年生きる)」を平均して、「平均余命1.5年」となります。
次に98歳の人の半数がその後の1年間で死ぬとしたら、「98歳の人の平均余命」は、「亡くなる半数は余命1年」「生き延びる半数は余命2.5年(1年生きて、それプラス99歳の平均余命1.5年は生きる)」を、平均して「平均余命1.75年」となります。

こうやってどんどん積み重ねていった「0歳の人は平均して○年生きるだろう」という統計値が「平均寿命」になります。

次に
> この若いときの統計を含むなら、70歳まで生きてしまえば「男女とも寿命はそんなに大差ない」

についてですが、平均寿命は若いときの統計を含んでいますが、
男性より女性の平均寿命が長い原因は、若い頃の違いではありません。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life …
こちらに平均余命の統計表がありますが、老人の平均余命も女性の方が長いです。
70歳まで生き抜いてきた人の場合、女性は平均してあと19年、男性は平均してあと15年生きられるという統計的計算になります。

平均寿命=0歳の時の平均寿命は7年の差があるのが、
70歳になってもその差が4年にまでしか縮まっていないことからすると、
「男女の寿命の差の元になるのは若い頃の死亡率の差である」とは言えません。
もし、若い頃の死亡率の違いが寿命差が原因だとすると、老人の平均余命は男女で等しくなるはずです。
    • good
    • 0

大まかに言えば、生まれたときは男は女に5歳分差をつけられています。


年を取るにつれその差はだんだん縮まっていきますが、逆転することはありません。
で、この男女差の原因は事故とかではありません。
女性ホルモンのため(特に抗動脈硬化作用)といわれています。
たとえば心筋梗塞は男性の場合40-50才で多いのですが、女性では閉経後に
発症し始めます。
痛風がほとんど女性に起きないのも、女性ホルモンのためとされています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未来の平均寿命。

平成14年の男の平均寿命は78.32年、女の平均寿命は85.23年です。
これは、戦前に生まれた人たちの平均寿命です。

今、これから日本に生まれる子や、30になる私はの平均寿命はどのくらいになるのでしょうか?
生活習慣病やジャンクフード等で平均寿命は縮まることも予想されるのでしょうか?
エイズもまん延等も寿命に影響があると思いますが、治療薬、予防薬の開発もある可能性もあるので、省いて頂いてもかまいません。
また、予想されない状況(天変地異)により、平均寿命が縮まる事は考えなくてもいいのです。

ここ数年は医学の進歩で、平均寿命は増加傾向にあると思われるのですが、ここ10年短くなった事はあるのでしょうか?その要因も分かれば教えてください。

Aベストアンサー

平均寿命は医学の進歩だけではないと思います。
健康保険制度が充実していない国ではお金のない人が大病したら死ぬしかないところはたくさんあります。
日本の健康保険制度が破綻したらお金があれば治せるけど、ないので死ぬしかないという人は増えると思います。
平均寿命は健康保険制度の充実度も影響すると思います。

健康保険制度が維持されて医学が進歩していけば平均寿命はまだ延びていくと思います。
ただし生活習慣病で健康で長生きする人は減って、医学の進歩のおかげで生かされている、という人は増えるでしょうね。

Q平均70歳ぐらいで死んでくれませんか?

長生きって正しいのだろうか?孫子の世代に負担をかけるだけじゃないの?
年金問題も医療費問題もみんな長生きするからじゃないのか?
60歳ぐらいで親が死ねば、住宅もずいぶん入手しやすくなるだろうね。

そこで質問だけど、長生きが絶対的に正しいとされる理由を教えてください。

Aベストアンサー

長生きが正しいと誰も言ってないですね。

長生きしたい。という欲望だと思います。
欲望は突き詰めると害になりますよね。
それと同じかもしれません。

Q「平均寿命」とは、単に全国民の死亡時の年齢を平均化したものではなく、各

「平均寿命」とは、単に全国民の死亡時の年齢を平均化したものではなく、各年齢の人が平均してあと何年生きられるかを表した「平均余命」 の中から、0歳の平均余命を特に「平均寿命」と呼んでいると習ったことがありますが、
では最近問題になっている、高齢者や100歳以上の人の、既に生存していないと思われる人の戸籍が削除されていない件が相当数に上るという問題で、
上記の「平均寿命」算出には特に関係せず、世界トップの日本の平均寿命は変わらないのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

>各年齢の人が平均してあと何年生きられるかを表した「平均余命」 の中から、0歳の平均余命を特に「平均寿命」と呼んでいると習ったことがありますが、

その通りですね。
よく勘違いしている方が多いのですが、よくご存知でしたね。

>高齢者や100歳以上の人の、既に生存していないと思われる人の戸籍が削除されていない件が相当数に上るという問題

死亡届けを出さなければ、住民票も戸籍も消えません。
100歳以上(確か、坂本竜馬と同級生がいましたね)の方の戸籍の多くは、沖縄とか都市部で多いですね。
戦時中に親族が一度に死亡し、誰も届出を行っていないのが原因では?との説がありませ。

>世界トップの日本の平均寿命は変わらないのでしょうか?

基本的には、変わりません。
平均寿命は、国勢調査を元に行っています。
戸籍上は生きている人は、対象外です。

Q心不全で死亡する場合、死亡する当日に初めて症状が現れることはありますか

心不全で死亡する場合、死亡する当日に初めて症状が現れることはありますか?

Aベストアンサー

質問の意図が分かりませんが、結論から言うとあります。

血糖やコレステロールの値が高いと、動脈硬化を起こします。
悪玉コレステロール値が高いと、活性酸素を退治する能力が格段に落ちます。

この活性酸素が動脈硬化でボロボロになっている血管を内側から傷つけます。
そこに血小板が集まり血栓をつくり、血流が悪くなります。

ちなみにこの状態では、赤血球がくっついたドロドロ血です。

ある時この血栓がはがれ、心臓の血管を詰まらせることがあります。
血流が途絶えた心筋は死んでしまいます。

これが心筋梗塞です。

心臓を鷲掴みにされているような激痛が走ると言われています。

心筋梗塞の処置が遅れると、心臓からの血液が正常に来なくなります。
他の心筋もドミノ倒しのようにして機能しなくなり、
やがて心停止します。

心停止しても、脳死までは5分かかります。
この5分以内に心臓を再鼓動させないと、脳死に至ります。

心停止⇒脳死⇒多臓器不全⇒死 と言うことになります。

なので、この質問の答えはYESです。

蛇足
血栓がはがれ、脳の血管を塞いでしまうのを、
脳梗塞といいます。

質問の意図が分かりませんが、結論から言うとあります。

血糖やコレステロールの値が高いと、動脈硬化を起こします。
悪玉コレステロール値が高いと、活性酸素を退治する能力が格段に落ちます。

この活性酸素が動脈硬化でボロボロになっている血管を内側から傷つけます。
そこに血小板が集まり血栓をつくり、血流が悪くなります。

ちなみにこの状態では、赤血球がくっついたドロドロ血です。

ある時この血栓がはがれ、心臓の血管を詰まらせることがあります。
血流が途絶えた心筋は死んでしまいます。

これが...続きを読む

Q平均寿命について

最近の調査によると日本人の男の平均寿命は77・8、女性のそれは85・0歳とのことです。

この場合の平均寿命とは、明日をも知れない寝たきりの病人など、とにかく生きてる人全てを含んだ数字ですか。

Aベストアンサー

そのときの0歳児の平均余命をさして言います

参考URL:http://www.pref.oita.jp/12000/toukei/jumyou.htm

Q100歳の義母老衰どのくらい持つか

義母は100歳で一人暮らししています。妻とその妹が通いで世話をしています。ひとりで外出できるし認知症もまったくありませんでした。その義母が1ヶ月前に風邪をひき完全に治るのに3週間かかりました。その後、急速に食欲が衰え1週間ほどで固形物を食べなくなりました。現在は、近所のクリニックが処方したエンシュアリキッド250ml250kcalを一日1.5本飲んでます。これも飲む量が日に日に減っています。老衰だろうと思いますが、こうなった後どのくらい持つものでしょうか。個人差は大きいとは思いますが。このことをお聞きするのは今後の介護体制をどうするかという問題に直面しているからです。残された時間の長さによって、老人ホームに入れるか、妻と妹で在宅介護するか、病院に入院させるか、の選択を考えようと思います。ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

介護板で質問されたほうがアドバイスをいただけると思いますよ。
http://oshiete.goo.ne.jp/category/416/

Q平均寿命

少し前になりますが、日本人の平均寿命が発表された。
女性86歳、男性76歳。さて、この「平均寿命」って
定義は?そしてどの様にして計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

平均寿命とは、今年発表された物は去年生まれた人が後何年生きられるかを表した物だそうです。
つまり、直接私たちには関係ないのですね。

平均余命(平均寿命)の求め方は下記URLに載っています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life01/sanko-1.html

各年齢の平均余命は下の参照URLにのってます。厚生労働省のHPには生年度別で載っています。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life01/life-1.html

Q死亡原因の証明と追求

頸部椎間板ヘルニアで整形外科に入院して頸椎固定シーネを装着したまま寝かされ五時間後に容体が急変し意識不明になり24時間後に意識は戻りましたが容体は下降線のごとく悪くなり2週間後に亡くなってしまいました 病院は絶対認めないのですが シーネが死亡の引き金になったことを証明するにはどうすればいいのでしょうか? 教えてください

Aベストアンサー

少なくとも病理解剖、できれば行政解剖がなされていますか?
もしも行われていなければ、証明は不可能だと思います。

Q沖縄県の平均寿命の男女差(8.37年)が大きいのはどうして?

日本の県別平均寿命をみると沖縄県女性がダントツで一位なのですが、
男性は低く、その差8.37年もあります。
どうして極端なほど平均寿命が違ってくるのでしょうか?
男女の平均寿命の差は全国で6.91年です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/tdfk00/2.html

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

沖縄県民です。
男性の平均寿命が全国26位に転落した経緯については、県内でも大きな問題となっています。
短くなった原因は、戦後のアメリカナイズされた食・生活によって肥満が増え、いわゆるメタボリック症候群の増加です。肉消費の増加、車社会の蔓延などです。
沖縄は最近出来たモノレールを除いては完全な車社会です。
確かマクドナルドの日本進出の第一号店は沖縄だったような。
女性に関しては、男性よりも体型に気をつけていますのでそれほどのメタ症候群になっていません。
それが原因でしょうか。

Q点滴だけで寿命を待つか、経管(鼻)栄養補給するか

超100歳の義母が脳出血(+梗塞)で突然倒れ、入院中です。

倒れる前日までは在宅で、年齢なりの老衰は感じられましたが、デイサービスに通い、杖に縋って歩いてトイレにも行き、茶の間に出てきて普通食を自分でしっかり食べていました。
だから体力はあり、倒れて2日ほどでで昏睡状態から回復し始め、呼びかけに応えたり、点滴が漏れたとき「イダイ(痛い)」と訴えるようになりました。麻痺していた左手足が動くようになり、在宅での点滴ができにくくなり、往診の先生に入院加療を勧められ入院させました。

ここ1,2年は脈拍が30台~40台で安定していたのですが、血圧が高くなったこともあり入院当初は病院の先生から数日と宣告されましたが、持ち前の健康体のお陰でそのまま安定した状態になっているようです。
呼び掛けには声を出して応じ、入院1週間後くらいに手足をマッサージしてくださった療法士に「アディガドー(ありがとう」と、お礼を言って周囲を驚かせたのです。

そんな状態で、できれば家に連れ帰りたいと夫と私は先生に申し出ていたのですが、嚥下不能で口からの摂取が無理だから在宅はできないと言われました(入院3週間後)。(実は嚥下の訓練をもう少し早く始めてくれていたら、と残念に思う節があるのですが、それは今は詮無い事なので。)
今後の措置は、点滴だけで寿命が終わるのを待つか、もう少し積極的に鼻からの経管栄養で延命するか、家族の判断でと言われました。
点滴については、必要なカロリーが800から1000なのに対し、点滴では50から100余りくらいしか吸収されないとも説明されました。(数字を聞き間違えていたらすみません。ご指摘ください。)

年齢が年齢なので、無理な延命は望まないけれど、たった3週間ほど前まで普通に食事して、薬も飲まず医者にかかる必要のなかった体を、急激に栄養不足にして寿命が尽きるのを待つなんて、とてもむごいことに思われるのですが、どのように判断するべきか専門の立場や、経験された方からのご意見をお聞きしたく、よろしくお願いいたします。

ここ1日2日、呼びかけへの反応が弱くなり、寝ていることが多くなったように感じます。体力も弱っているでしょうが、家に帰りたいだろう本人の諦めとも思えて辛いです。

質問のカテゴリーの選び方が間違っていたらご指摘ください。

超100歳の義母が脳出血(+梗塞)で突然倒れ、入院中です。

倒れる前日までは在宅で、年齢なりの老衰は感じられましたが、デイサービスに通い、杖に縋って歩いてトイレにも行き、茶の間に出てきて普通食を自分でしっかり食べていました。
だから体力はあり、倒れて2日ほどでで昏睡状態から回復し始め、呼びかけに応えたり、点滴が漏れたとき「イダイ(痛い)」と訴えるようになりました。麻痺していた左手足が動くようになり、在宅での点滴ができにくくなり、往診の先生に入院加療を勧められ入院させました。

...続きを読む

Aベストアンサー

病院に入院して治療をしていると一度始めた治療はやめられないといったことはよく聞かれることです。これは倫理的なことや医師の判断にゆだねられることが多いと思います。
最近は寝ていることが多くなってきているということですから、しっかり起きているときに飲み込みやすいものを口から飲み込めるか試してもらうことができるかもしれません。飲み込みの状況は入院先の職員がよくわかっているので、口からの取り込みは難しい状況なのでしょう。具合がよくなった時点でもう一度口から食べられるか試してほしいという希望は、お医者さんに伝えるのよいと思います。病院では食事に関係するチームが活動していますから、現場の職員が経管栄養を始めた後でも口から食べられそうだと感じれば試してみることはあると思います。
十分な栄養が口から飲み込めないにしても、点滴と併用しながら本人のほしがる分だけの量で在宅療養をはじめる高齢者の方もいます。
また、在宅では点滴は最小限の量で、訪問診療を受けながら訪問看護やそのほかの介護サービスを使って家で看取るつもりで家に帰ってくる場合もあります。
住み慣れた家を離れて家族と一緒にいる時間も少なく寂しい思いもしているのではと想像すると余計かわいそうに思うこともあるでしょう。手や足からする点滴はいずれは入りにくくなってくることもあります。希望した治療でもそれが続けられない状況になることもあります。
どこまで治療をするのかと悩むところではありますが、ご家族と相談の上答えを出すのが一番です。かかりつけの先生に相談をして今の状況でつれて帰ってこれるのか、どこまで治療を受ければ在宅で見てもらえるかなど相談してみればより答えが出しやすくなるのかもしれません。
入院していてもご家族のできることはイロイロあります。何もしてやれなかったと思うと後悔が多くなり寂しい思いも強くなります。入院中でもよく声をかけてあげて手足をさすったり、看護師さんと一緒に寝返りの手伝いなどをしていけばお母様もうれしいことでしょう。

病院に入院して治療をしていると一度始めた治療はやめられないといったことはよく聞かれることです。これは倫理的なことや医師の判断にゆだねられることが多いと思います。
最近は寝ていることが多くなってきているということですから、しっかり起きているときに飲み込みやすいものを口から飲み込めるか試してもらうことができるかもしれません。飲み込みの状況は入院先の職員がよくわかっているので、口からの取り込みは難しい状況なのでしょう。具合がよくなった時点でもう一度口から食べられるか試してほしい...続きを読む


人気Q&Aランキング