加害者側の保険会社においての質問です。(私は被害者側です)

事故後、加害者側の保険会社から、最初に見積もりが必要なので、
破損部分の写真を送るように指示されました。
しかし、3週間たっても音沙汰がなく、こちらから連絡をしたら、
まだ、何も手を付けていない様子で、挙げ句の果てには、
時価の10%が上限で、それ以上は保証されないと法律で定められているといわれました。
事故の状況としては、駐車中の車に一方的にぶつけられたので、こちらに過失はなく、
こちらの知識としては、修理の全額は保証されると思っていたのですが、一体、事故の補償にそのような上限はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

拝見したところ、


すぐ下にあるご質問と
状況が同じようですね。

ご参考頂ければ幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4999227.html
    • good
    • 0

損害賠償ですので、受けた損害若しくは時価(再取得価格)を上限とします。


それ以上は認められません
時価は、その金額で同年式同程度の車が購入できる金額を指します。

同じ程度の車が50万で購入できるのに、修理代が300万となれば、経済論的に、修理する意味が無いと言う内容で、裁判所もこれを認めます。

時価を調べて交渉するのであれば、同じ年式で、同じ程度の車を中古車雑誌などから少なくても10~20位ピックアップして、それを一覧に纏め、時価として交渉する方法もあります。

10%というのは、時価ではなく、新車購入時価各の10%と言う事で、これば税制上の話しであって、損害賠償での話しではありません。
ただし、被害者が納得すれば法律上では良いので、こう言う風にごまかす事は保険会社では日常茶飯事に行なわれている内容です。
    • good
    • 0

事故状況からして質問者さんの過失は0ですから損害に対しては100%保障されますが、それはあくまでも時価評価額の範囲内です。


時価10万の車で修理代が20万といった場合には時価評価額10万までしか保険が下りません。
逆に評価額が100万で修理代が50万といつた場合には100%支払われるはずです。
>時価の10%が上限で、それ以上は保証されないと法律で定められているといわれました。
ここがよくわかりませんが新車時価格からすると今の評価が10%ということなんでしょうかね。
>しかし、3週間たっても音沙汰がなく
ルーズな担当者にあたってしまったようですね。
    • good
    • 0

自分が無過失なら基本的に修理費用は全額出ますが、車の時価を越えるようならその時価額が支払われるだけです(全損扱い)。

また、塗装だけで済むのに、交換ということは出来ません。修理中、代車費用が掛かるならそれも請求してください。
    • good
    • 0

過失割合が0:100ならば全額保証されます。


修理期間中の代車費用なども支払いを受けられます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報