自分がドラえもんのスモールライトを浴び,可視光の波長程度に小さくなったとします.

この時,可視光の波長以下の小さい物体の「形」はどのように見えるのでしょうか?ぼやけるのでしょうか?

また,「色」は正しく見えるのでしょうか?リンゴの色は赤のままなのでしょうか?
物理的に考えればリンゴが反射する色の波長はスケールが小さくなっても同じだと思うのですが,目の視細胞を考えるとどのような色に映るのかわかりません.つまり,人間のサイズが変わったら見える可視光の領域も変わるのでしょうか?

前提がSFのような話なのでばかばかしい質問かもしれませんが,どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらお教えください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

まず・・・可視光の波長以下の小さい物体の形は光学的に見ることはできません。

光学顕微鏡を使ってもその形を見ることは無理です。このことは体の大きさには関係しません。

それはなぜかというと、光は波長と同程度の物体に当たると、回折・散乱してしまうからです。

そのことを考えると、体が光の波長と同程度になると、光は体にあたったとたんに回折・散乱してしまいます。直感的に考えても、物体の形を見ることはできないでしょう。

それでは、明るさや色を感じることができるでしょうか。明るさや色を感じることができる状態というのは、網膜に綺麗に実像を作るかどうかには関係しません。視細胞に光が当たれば良いだけです。

眼の直径と体の大きさの比を考えると、目は光の波長の1/100以下の大きさになっているでしょう。それだけ小さいわけですから、光は眼の中には入れないということになるでしょう。

ただし、近接場光という光の波長より小さな光が発生すれば、近接場光が眼の中に入りこむことはできるかもしれません。しかし、視細胞の大きさはさらに小さいので光を認識できるとは思えません。

視細胞の機能として、可視光線を見る仕組みというのは変わらないでしょう。回折や散乱の影響にもよりますが、可視光線を認識できる条件であれば赤は赤ではないでしょうか。

しかしながら、体の大きさが可視光線の波長程度という質問の条件では色も感じることができないように思います。

というより、体が小さくなるということは、体を構成する原子の大きさが小さくなるわけです。原子の中の電子も小さくなります。そこに光が当たるとどうなるかということになるのですが、これは難しい・・・。

あと色が見えるというのは、本当は光の波長ではなく振動数です。光の振動が視細胞を刺激して色が見えるわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
大変参考になりました.

色が見えるのは光の波長ではなく振動数を見ていたんですね.
それであれば体が小さくなっても赤が赤に見えるのは自然なことと思えます.

一方,物の形は日常生活の場合と同じようには見えないのですね.
2つ問題があって,1つは光の回折・散乱によって適切な物の形の情報が目に届かないこと,もう1つはその情報が目の内部に入ってこれないこと,ですね.

最後に質問したいのですが,近接場光について回答者様は視細胞の大きさが小さいという理由から見えないとお答えしていますが,ここではスケールが問題となってくるのでしょうか?

お礼日時:2009/06/05 18:32

ちょっと、ざっと計算してみました。



身長が160 cmの人が 500 nmになったとすると、

( 500 × 10^-9) m / 1.6 m = 1/3200000

です。320万分の1になります。瞳孔の大きさを5 mmとすると、

(5 x 10^-3 m) / 3200000 = 0.0000000015625 m = 1.6 nm

可視光線の波長よりはるかに小さい1.6 nmに穴に可視光線は入りこむことはできないということになりそうです。光が眼にあたったときに、近接場光が眼の内部の方に漏れていくかなぁ・・・という感じです。

で、仮に入り込んだとしてですが。。。

視細胞の大きさはμメートルのオーダーと思います。10^-6 m / 3200000を計算すると、視細胞の大きさは1 nmの1万分の1以下となってしまいます。これは原子の大きさよりはるかに小さいです。光のエネルギーを受ける電子はもっともっとものすごく小さくなっていますね。これに光があたったら、原子や電子は激しくゆり動かされてしまい、ものを見るとかの次元ではなくなるような・・・。

(計算に間違いがあったら指摘してください)
    • good
    • 0

あ~, ちょっと考えたら「当然に可視光域が変わる」とは言えないですね....


#3 も言われていますが, ヒトが紫外線や赤外線を視覚で感知できないのは「大きさ」の問題ではなく, そのために必要な「オプシン」というタンパク質がないからです. ついでにいうと光を吸収するのは「レチナール」という物質で, オプシンによって吸収域が変化します.
いずれにしても, 小さくなったときに「どのような機構で視覚を得るのか」がわからないとなんとも, というところでしょうか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
物がちゃんと見えるかどうかは別として,可視光域は視細胞の大きさではなく備わっているオプシンの種類に依存していたのですね.

お礼日時:2009/06/05 18:08

本来の可視光は見ることは出来ません


波長が体より大きいので目に入ることが出来ません

でもガンマ線領域の電磁波が網膜に結像するでしょうね
どういう色に見えるかというと
視細胞に対する可視光の波長と同じことだと思います小さくなった視細胞にはガンマ線が可視光にとって代わるだけです
ニュートンいわく
光に色があるのではない
視細胞が光を色として認識しているだけだ
ということで視細胞の大きさに対する電磁波の波長によって色が決まるらしいです
だから今と代わらないはずです
ただし今まで可視光で見ることが出来なかった物体なのでどういう色に見えるかは分かりませんが色そのものは今までと代わらないはずです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
可視光の領域が波長の短い側にシフトするのですね.

<<視細胞の大きさに対する電磁波の波長によって色が決まる
「大きさ」というのが長さ的なのか面積的なのか,それとも体積的なのかはわからないのですが計算してみました.
大雑把に赤色の波長を700nm,緑色の波長を550nmとしますと,体の大きさが550/700≒80%になると赤色が緑色に見えるという結果になりました.

他の回答者様のお礼の欄でも書いたのですが,視細胞が光の何を見ているのかがポイントになるようですね.
参考になりました.

お礼日時:2009/05/31 22:25

網膜に結像可能か、という意味では無理でしょう。


目の中の検出器のピッチの分解能を光学的に持たせることが出来ないと思います。
ですからどんなものを見ても可視光で見ている限りぼやけてしまうでしょう。

可視光の領域が変わるかということでは、検出器官の構成物質が変化しないで大きさのみが変化するということであれば、多分波長域は殆ど変わらないと思います。
人間の目が紫外線を検知できないのは、検出器官が物理的に紫外線と相互作用を起こしにくいことに由来していると思います。
この特性はスケールの問題ではなく検出している物質の物性に基くからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
rnakamra様は可視光の領域は殆ど変わらないというお考えですね.

前の回答者様は可視光の領域は変わるとお答えしていました.

これは,視細胞が物を見るとき,「相対的な」波長の長さに対して物が見えるのか,それとも波長のエネルギーに対して物が見えるかの違いですよね.

参考になりました.

お礼日時:2009/05/31 21:53

「可視光の波長」の方が視細胞より小さい気がするのはなぜだろうか.


ともかく, 「視細胞も同じ割合で小さくなる」なら「可視光」の範囲も変わるでしょうね.
光子の弾丸も怖いけど風がちょっと吹いたらどこかに飛んでいっちゃいますな. 自力で運動するのもほとんど不可能だと思う.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
可視光の範囲が変わるということは,今まで見えていたものが見えなくなったり,
今まで見えていなかったものが見えるようになるということですよね.
色も違って見えるのでしょうか.

お礼日時:2009/05/31 21:35

 光子の弾丸を浴びたくなかったら、そんなに小さくならないことをお勧めします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
ここまで小さいと光子も弾丸のようになってしまうのですね.

お礼日時:2009/05/31 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国人や韓国人の姓名の英語表記が姓→名の順なのは何故?

中国人や韓国人の姓名の英語表記が姓→名の順なのは何故でしょうか?
ハンガリー人は日本人と同様に英語表記の時は名→姓の順に書くそうですが…。
欧米人はどちらが姓でどちらが名前か混乱しないのでしょうか?
できるだけ詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私のこの件については何回か書きましたが、各国の文化は尊重すべきであり違いを素直に受け取る事は大切なことだと思っています。

中国人が、特に、英語環境の中でその文化そのものを持ってきて、英語文化というものを尊重しないことは私としては残念に思います。 そしてそれが英語環境では、知識人(頭がいい、ということではなく雑学でもこの逆の順序のことを知っている人という意味です)を除いて、どちらが姓なのか名なのかわからなくしてしまっています。

しかし、来月も中国に行きますが、私の知っている人たち「すべて」が英語環境のことを知っており姓と名を英語環境に合わせています。 しかし「漢字」で名前を書くときには中国環境のままでしていますし私もそれはそれでいいと思っています。

ですから、私としては、日本は昔「正しい」事をしたのです。 英語の環境だからこそ「英語表現」をしたのです。 英語文化を尊重したのであって必ずしも外国文化に「負けた」ということでは決してないはずです。

一貫性を持たせる、ということは「和」につながるのです。 今日本名は英語環境でまったく問題ないですね。 これを、中国がやっているからという理由でか、日本もやるべし、なんて「いまさら」変える事で、英語環境に混乱を起こさない確信はどこにあるというのでしょう。

私の知っているハンガリー人はすべて英語式です。 英語環境だということを生活が管理しているのでしょうね、ちょうど在米日本人のように。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私のこの件については何回か書きましたが、各国の文化は尊重すべきであり違いを素直に受け取る事は大切なことだと思っています。

中国人が、特に、英語環境の中でその文化そのものを持ってきて、英語文化というものを尊重しないことは私としては残念に思います。 そしてそれが英語環境では、知識人(頭がいい、ということではなく雑学でもこの逆の順序のことを知っている人という意味です)を除いて、どちらが姓なのか名なのかわからなく...続きを読む

Q中学理科の光についてですが、なぜ波長が違うと見える色が違うのでしょうか?

中学理科の光について質問です。

なぜ波長が違うと見える色が違うのでしょうか?

波長が違うことが、見える色の違いになって現れることに、直感的に腑に落ちません。

Aベストアンサー

「色」と言う実体は世の中には無いぞ!

脳の視覚野が情報を捉え、前頭連合野と言う部分が情報を統制して意識の座に上げる。

意識の座が「あ~青だ」と認識する。主観として「そう思う」。

波長が違うと、網膜から脳の視覚野へ伝わる信号の電気レベルが異なり、受取る視覚野が、異なる詳細情報として識別する。

後は、前頭連合野→意識の座、の情報も少し異なり
「あ~赤だ」と、主観が「そう思う」。

色は、脳と、主観(意識の座)の成せる技。

Q大きさの順でk番目の素数をpkとするとき,pk<2^2^kを示せ.

大きさの順でk番目の素数をpkとするとき,pk<2^2^kを示せ.

Aベストアンサー

チェビシェフの定理はいらないです。

p_(k+1)≦p_1*p_2*・・・*p_k +1を証明する。…※

※の証明
p_1*p_2*・・・*p_k +1=p_1*(p_2*・・・*p_k) +1だから
p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_1で割り切れない。
p_1*p_2*・・・*p_k +1=p_2*(p_1*p_3*・・・*p_k) +1だから
p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_1で割り切れない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
p_1*p_2*・・・*p_k +1=p_k*{p_1*p_2*・・・*p_(k-1)} +1だから
p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_kで割り切れない。

したがって、p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_1,p_2,・・・,p_kのいずれでも割り切れない。
p_1*p_2*・・・*p_k +1の素因数qをとると、qはp_1,p_2,・・・,p_kのいずれでもない
から、q≧p_(k+1)がいえる
よってp_(k+1)≦q≦p_1*p_2*・・・*p_k +1がいえる。
以上より※が証明された。

※の証明ここまで。

※を利用して数学的帰納法で示す。
k=1のとき
p_1=2,2^(2^k)=4だからk=1のときp_k<2^(2^k)がいえる。

k<nのとき
p_k<2^(2^k)がいえると仮定する

k=nのとき
※の不等式
p_n≦p_1*・・・*p_(n-1) +1<2^(2^1)*2^(2^2)*・・・+2^{2^(n-1)} +1
=2^{2+2^2 +・・・+2^(n-1)} +1<2^{2+2^2 +・・・+2^(n-1)} +2^{2+2^2 +・・・+2^(n-1)}
=2^{1+2+2^2 +・・・+2^(n-1)}=2^(2^n -1)<2^(2^n)
よってp_n<2^(2^n)がいえる。

以上より数学的帰納法により任意の正の整数kに対してp_k<2^(2^k)であることが
証明された。

チェビシェフの定理はいらないです。

p_(k+1)≦p_1*p_2*・・・*p_k +1を証明する。…※

※の証明
p_1*p_2*・・・*p_k +1=p_1*(p_2*・・・*p_k) +1だから
p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_1で割り切れない。
p_1*p_2*・・・*p_k +1=p_2*(p_1*p_3*・・・*p_k) +1だから
p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_1で割り切れない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
p_1*p_2*・・・*p_k +1=p_k*{p_1*p_2*・・・*p_(k-1)} +1だから
p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_kで割り切れない。

したがって、p_1*p_2*・・・*p_k +1はp_1,p_2,...続きを読む

Q光の速さは光の色(=波長)によって速度が異なるんですか?

光の速さは光の色(=波長)によって屈折率が異なる
ということについて質問です。

屈折率は n = (媒質Aでの速さ)/(媒質Bでの速さ)
で表され、波長が小さいほうが屈折率が大きいので

光というものは光の色(=波長)によって速度が異なると考えていいのでしょうか?

そうならば、下記の光速の値:

"宇宙の真空中における光速の値は 299,792,458 m/s(≒30万キロメートル毎秒)”

は、光の平均的速さになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません 明確に答えてなかったので補足します。
光というものは光の色(=波長)によって速度が異なると考えていいのでしょうか?
真空中では 同じ
物質中では 異なる。

なお、蛇足ですが、物質中では 真空中より遅くなります。

Q「見かけ上の大きさ」を英語で

「見かけ上の大きさ」を英語でなんと言うのでしょうか?

ご親切な方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 英語のカテと違いますか?
 seemingly; apparently
 外見的民主主義なら、前者が使われましたがlyをとって。
 

Q色と光の波長の関係について。色環と紫外線、赤外線。

可視光線の波長を調べると赤が一番長くて、以下次第に波長が短くなって青が一番短い、ということだと聞きます。
一方で色相の色環というのがあって、赤と青は一周して隣り合ってます。(もちろん中間に紫はありますが)
可視光線を波長の長い順に並べる、という直線的な並び方と、色環のような、ぐるっと回って元に戻るという感覚とがいまいち結びつきません。どういう関係になっているのでしょうか?
赤と青と混ぜると紫色になりますが、波長の長いものと短いものとの合成で紫色の波長はどうなるのでしょうか?紫外線、というくらいだから波長は短いのでしょうが・・・
色環は実は赤とすぐ隣の赤紫の間には絶壁のような断絶があるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に光源からの光はいろいろな波長の光が混ざっています。それを客観的に(=感覚器の事情から離れて)表現するには、各波長と強度のグラフ(すなわちスペクトル)を示すしかありません。
一方、「色」と呼ばれているものが3原色の混合で作ることができるのは、物理学上の問題ではなく、感覚器(眼)の構造上の問題です。すなわち、網膜の色を感じる細胞には3種類あって、それぞれ400~500nm辺り(赤)、500~600nm辺り(緑)、600~700nm辺り(青)の波長に最も高い感度を持っています。この3種類の刺激の割合が「色」というものを作り出しているのです。
ここで、赤(R)、緑(G)、青(B)の刺激の量をX,Y,Zとすると、X+Y+Z=1という条件で(割合の問題ですから)、x-y平面ですべての色を表すことができます(Zは1-X-Yとなる)。
このようにして作ったのが「色度図」(参考URL)であり、点(0,0)が「純粋な青」、点(1,0)が「純粋な赤」、点(0,1)が「純粋な緑」の位置です。この3点から成る直角三角形内部が、すべての色を表します。
しかし実際は、この直角三角形内部すべての色が実在するわけではなく、人間の眼に見えるすべての単色光をプロットすると、馬蹄形を描き(色度図の色のついたところの輪郭の曲線のところ)、いろいろな光を混合して作られるすべての色はこの馬蹄形の内部の点で表されます。(馬蹄形より外の色は実在しない理由は、3種類の細胞の感度分布がオーバーラップしていることによります。例えば「青の細胞のみ刺激する光」が存在しないため、さきほどの「純粋な青」は現実には知覚できません。)
さて、ひとたび網膜でR,G,Bの刺激に変換されれば、脳の中ではこの3つの刺激の割合で一つの「環」が作られます。可能性としてはさきほどの直角三角形の縁であり、現実には馬蹄形の輪郭です。この時、それぞれの刺激が元々どのような波長の光で作られたか、はもはや問題ではなくなります。

補足1:
「色の3原色」は、あくまで人間の眼に合わせたものに過ぎません。人間とは感度分布の異なる眼を持つ動物が人間のテレビや写真を見たら、妙な色あいに見えるでしょう。あるいは、もし人間の網膜が4種類の細胞から成っていたとしたら、テレビも写真も4原色要ることになります。
補足2:
ご質問に、「赤と青をまぜたら波長はどうなるか」とありますが、あくまで2つの波長の光が混在するだけです。新たに別の波長の光が発生するわけではありません。また、色度図の馬蹄形の内部は、単色光の混合で作り出しますが、その組み合わせは自由で、同じ「色」に見えても、さまざまな可能性があります。(#3さんの指摘内容。)
補足3:
「光の色と絵の具の色は別」というご意見がありますが、そのような区別は特にありません。「光の3原色」「絵の具の3原色」は、どのようにして色を作り出すか、という方法の違いです。どちらも知覚する際には光として眼に入ってくるのですから。
補足4:
#3さんの言われるように、「視覚はフーリエ変換していない。(聴覚はしているのに。)」という意見もありますが、私は、視覚もフーリエ変換していると考えてよいと思っています。聴覚がたかだか1000段階くらいの音程に分解しているのに対し、眼ではそれがたった3段階だというだけのことです。むしろ、聴覚では、複数の波長が混在していてもあくまで「混合物」として認識するのに対し、視覚では、混合物をその割合に応じてひとつの感覚(=色)として認識するという点に大きな違いがあると思います。

参考URL:http://www.shokabo.co.jp/sp_opt/spectrum/color3/color-d.htm

一般に光源からの光はいろいろな波長の光が混ざっています。それを客観的に(=感覚器の事情から離れて)表現するには、各波長と強度のグラフ(すなわちスペクトル)を示すしかありません。
一方、「色」と呼ばれているものが3原色の混合で作ることができるのは、物理学上の問題ではなく、感覚器(眼)の構造上の問題です。すなわち、網膜の色を感じる細胞には3種類あって、それぞれ400~500nm辺り(赤)、500~600nm辺り(緑)、600~700nm辺り(青)の波長に最も高い感度を持っています。この3種類の刺激の割合が「色」と...続きを読む

Qこの大きさを小さい順に並べたいんですが、これって通分で求められますか? 解き方を教えてください!汗

この大きさを小さい順に並べたいんですが、これって通分で求められますか?
解き方を教えてください!汗

Aベストアンサー

通分でも解くことができますよね。

各分母の最小公倍数90を分母にして分子を計算すれば自ずから代償は判別できるかと。

左から60/90、45/90、36/90、40/90となりますから後は順番に並べるだけと。

QCIE色度図で光の波長の数値を用いてどの色になるか見るには

CIE色度図で光の波長の数値を用いてどの色になるか見るには

実験で白色無機ELの製作をしております。
完成したデバイスの光がCIE色度図により白色光であることを証明したいのですが、測定の際に分光器では光の波長帯(nm)と相対的な光強度(Arb.Units)しか測ることが出来ません。
この場合どのようにしてCIE色度図で表せばよいのでしょうか。

現れた波形がもし590nm、490nm帯の場合、添付図のような黒線の線上の色になると考えて良いのでしょうか?
恐らくそんなに単純では無いのでしょうが、どうにかして証明したいと思います。

どなたかご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

2つの色を混合したときの色度座標ですが、一方の色の光束を F1 (lm)、色度座標を ( x1, y1 )、もう一方の色の光束を F2 (lm)、色度座標を ( x2, y2 ) としたとき、混合色の光束は F1+F2 (lm)、色度座標 ( x, y ) は
   x = ( F1*x1*y2 + F2*x2*y1 )/( F1*y2 + F2*y1 )
   y = ( F1 + F2 )*y1*y2/( F1*y2 + F2*y1 )
となります。この点は2つの光源の色度座標 (x1, y1)、(x2, y2) を結ぶ線分上にあります。また、2つの光源の明るさが同じとき( F1 = 2 のとき )
   x = ( x1 + x2*y1/y2 )/( 1 + y1/y2 )
   y = 2*y1/( 1 + y1/y2 )
ですが、この点が線分の中点に来るのは y1 = y2 のときだけです。

白色の色度座標を通る線分の両端の色を混合すれば白色が作れますが、混合して白色を作る組み合わせは無限にあります。なお、混合色の色度座標は、色度座標の定義から計算できます(以下の連立方程式の解)。
  x1 = X1/( X1 + Z1 + F1 )、y1 = F1/( X1 + Z1 + F1 )
  x2 = X2/( X2 + Z2 + F2 )、y2 = F2/( X2 + Z2 + F2 )
  x = ( X1 + X2 )/( X1 + X2 + Z1 + Z2 + F1 + F2 )、y = ( F1 + F2 )/( X1 + X2 + Z1 + Z2 + F1 + F2 )

2つの色を混合したときの色度座標ですが、一方の色の光束を F1 (lm)、色度座標を ( x1, y1 )、もう一方の色の光束を F2 (lm)、色度座標を ( x2, y2 ) としたとき、混合色の光束は F1+F2 (lm)、色度座標 ( x, y ) は
   x = ( F1*x1*y2 + F2*x2*y1 )/( F1*y2 + F2*y1 )
   y = ( F1 + F2 )*y1*y2/( F1*y2 + F2*y1 )
となります。この点は2つの光源の色度座標 (x1, y1)、(x2, y2) を結ぶ線分上にあります。また、2つの光源の明るさが同じとき( F1 = 2 のとき )
   x = ( x1 + x2*y1/y2 )/( 1 + y1/y2 )
...続きを読む

Qやめほむのま様 この大きさを小さい順に並べたいんですが、これって通分で求められますか? について

この大きさを小さい順に並べたいんですが、これって通分で求められますか? 解き方を教えてください!汗

解決済

質問者:やめほむのま
この大きさを小さい順に並べたいんですが、これって通分で求められますか?
解き方を教えてください!

→少数の方が解きやすい!
2/3=0・6666……
1/2=0・5
2/5=4/10=0・4
4/9 は分子が同じ場合は、分母が小さい方が大きい(例えば、1/2 >1/3 )
から、4/9 > 4/10
また、1/2= 4 . 5/9 >4/9
従って
2/3 > 1/2 > 4/9 >2/5=4/5 …Ans

Aベストアンサー

ベストアンサーが正しいとは限らない。この問題もその典型。
わからない人が質問しているので、ベストアンサーの選択も間違っていることか多い。だって、正しく選択できるくらい知ってりゃ聞かない。
 この掲示板システムの最大の欠点は、ベストアンサーを知らない質問者が決めること。goodの数なども参考にすべき。
 まあ、あまり早く締め切るとよくこういうことになる。

2/3 1/2 2/5 4/9

何でも良い。分子でも分母でも統一すればよい
この場合、分子のほうが単純なので
 2/3 1/2 2/5 4/9
  ↓ ↓ ↓ ↓
 4/6 4/8 4/10 4/9
よって、「分母が大きいほうが小さい」ので
 4/6 4/8 4/10 4/9
  1 2  4  3

もちろん、
 2/3 1/2 2/5 4/9
  ↓ ↓ ↓ ↓
 2/3 2/4 2/5 2/4.5
でも

 2/3  1/2 2/5 4/9
  ↓  ↓  ↓ ↓
 1/1.5 1/2 1/2.5 1/2.25
でもよい。

★なんで「馬鹿の一つ覚え」みたいに分母を合わせることしか考えないのかわからない(^^)
 3,2,5,9 の公倍数を求めるより、2,1,2,4 の公倍数を考えるほうが楽なことはちょっと数学かじってたらわかるはず。

ベストアンサーが正しいとは限らない。この問題もその典型。
わからない人が質問しているので、ベストアンサーの選択も間違っていることか多い。だって、正しく選択できるくらい知ってりゃ聞かない。
 この掲示板システムの最大の欠点は、ベストアンサーを知らない質問者が決めること。goodの数なども参考にすべき。
 まあ、あまり早く締め切るとよくこういうことになる。

2/3 1/2 2/5 4/9

何でも良い。分子でも分母でも統一すればよい
この場合、分子のほうが単純なので
 2/3 1/2 2/5 4/9
  ↓ ↓ ↓ ↓
 4...続きを読む

Q分光分布は色光、反射率曲線は物体の色が分かる、色光と物体の色は同じ?

分光分布グラフを見たら、色光が分かる
分光反射率曲線を見れば、その物体の色を知ることができる
と、色彩検定のテキストにあります。
色光と物体の色は同じ意味ですか?
違うのですか?
どうして分光分布グラフでは色光という言葉を使い、
反射率曲線では物体の色と言う言葉を使っているのか、
ややこしてくて分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

>色光と物体の色は同じ?

ではありません。

分光分布は、光源の発する可視光線の成分をグラフ化したもの。
つまり、色光とは、光の質の事で、白熱球は色温度が低い(赤味成分が強い)、三波長蛍光灯は鋭い波長のピークが三波ある、曇天や日陰では色温度が高い(青味成分が強い)と言う具合に光質が違うのです。

方や非発光体の色は、物体の反射率で左右される。黄色に見える物体は黄色の反射率が高い。白っぽく見える物体は、全ての波長に対し反射率が高いと言う具合に。それが反射率曲線。

だから、色光(光質)が違うと、同じ白い紙でも色味は違って見える筈。
ただ、それに気づく人は少ない。何故なら、紙は白いものとの思い込みがあり脳内で補正されるから。
これが、デジタルカメラだと、その辺融通が利かない。だから、自動でホワイトバランスを調整する機能が備わっているのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報