はじめまして、私は国土交通省の出先機関で働く国家公務員、47才の男性です。正看護師の資格取得と転職を考えています。

 4年前に急性膵炎で一ヶ月間の絶飲食を経験したことがあるのですが、その時にお世話になった色々な医師や看護師の方々の患者に対する接し方を見て、「人を助ける事」ってなんだろう?と悩み始めました。もともと水泳やマラソンが趣味だった事もあって、「人命救助」を目的とするライフセーバーの資格をとりました。(日本赤十字の水上安全法2や日本ライフセービング協会の資格です)
 仕事をしながら身体を鍛え、実際に大学生や社会人の仲間とボランティアや海水浴場のパトロールをしながら、命や救助について考えていました。そして、救急救命やレスキューの技術、心肺蘇生法やファーストエイドを学ぶにつれて、「プロフェッショナルとして医療に携わりたい」と考えるようになりました。

 正看護師の資格を取得し、医療従事者として残りの人生を送りたいと考えています。また、看護師という職種はその気であれば生涯現役を貫けるのではないかとも思っています。
「現実的に、47才の男性の私が看護師になれるのだろうか?」と思い、知り合いの看護師さんから情報収集させてもらったり、ネットで色々な情報を見ました。看護学校の予備校にも行って色々お話を伺いました。
知り合いの看護師さんからは、
「あなたは人あたりが良いし看護にむいてると思う、50代の看護学生もいますよ。」と言っていただきました。
看護予備校では、
「看護学校の入学試験に合格し看護師を目指すのは難しいと思います。男性というハンディもありますし年齢的にギリギリですね。看護学校側もその辺を考慮します。学力も当然ですが、面接や小論文で合否が決まる事も多いです。そうなると、性別や年齢的に不利である事は当然です。でもまるっきり可能性がないわけではありません。当校では准看なら50才台の男性が合格したことがあります。」と言っていただきました。
いまから予備校に通い受験勉強を開始して、来年看護学校か大学の看護科に入学して国家試験に合格できれば、50~51才で看護師デビューとなります。

 自分自身では「看護師は人生後半を賭ける価値のある仕事ではないか」と思っています。もちろん、「医療の現場は肉体的にも精神的にも大変な職場なのだ」ということも理解しています。

 救急や急性・重症の現場で働きたいと思っています。「中年期から老年期に差し掛かる男性だからこそできる看護」というのもあるのではないか?とも考えています。しかし、「自分の思いだけで仕事はできない」のも事実ですし、「チーム医療が重要」と聞きました。実際に医療の現場で働いていらっしゃる看護師の方々からのご意見をお聞かせくだされば幸いです。

現実として「50才の新人男性看護師を受け入れる医療現場」とはどのようなものがあるのでしょうか?

看護師として医療に従事できる可能性があるとすれば、来年の看護学校入学が最後のチャンスかもしれません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。

看護師として働いているものです。
看護の道へ進みたいという熱い意思に感銘を受けました。

率直な意見としては50歳代の看護師となると就職が難しいのではと思います。
semi1234さんは強い意志を持っておられるようですので私立系の学校でしたら入学できると思いますし(公立は学費負担の面で難しいと思います)、国家試験も学校の試験をそつなくこなせていれば難しいものではありません。

実際問題となるのは就職だと思います。看護師といっても職域が広いですのでsemi1234がどのような分野に興味があるのかはわかりませんが、どの分野に進んでも、全くの新人です。看護師として一人前になるにはそこからさらに5年はかかりますし、60歳が定年と考えると病院側が渋るんじゃないかなと思います。

そういった現実的な難しさを知って進むのならOKだと思います。最終的に決めるのは自分自身ですし誰も止める権利はありません。看護師は面白い仕事ですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

shizim 様 
早速のご回答ありがとうございます。また、過分な評価をいただいたことにもお礼申し上げます。
「就職が難しい」というご意見は、確かにその通りだと思います。
「一人前の看護師になるのに5年を要する」ということも、(認定看護師の受験資格に実務研修5年を要する)ということから、「おおむね3~5年で一人前になれるのではないか」とぼんやりと推察していました。実務に携わっているshizim様からの具体的で貴重なご意見はたいへんありがたいです。
「50才での就職活動」の難しさについて覚悟できるかどうかが私にとっての問題となりそうです。

ここからは少し余談ですが、もし看護師資格を取得した暁には、はやく一人前になるために「さまざまな症例・症状の患者さまに寄り添える、新人教育に厳しい病院に勤めたい」と考えています。そのうえで私の興味を引く分野の「救急」に進みたいと思っています。

お礼日時:2009/05/30 17:07

 semi1234さん、これは私の同期の方の経験ですが・・公立の救命救急センターの受験で、面接時に面接官から「あなたは熱意もあるし、救命救急看護を志望する動機もモチベーションもしっかりしていますが、年齢がちょっと・・」と言われて不採用だった新卒の方がいます。

(その方は30代後半でした。)
 ある公立病院の救命救急センターでは、より具体的に平成21年度の採用条件に「昭和49年以降に生まれた者」と書かれていました。
 年齢よりも体力があるとアピールされても、実際はこのような現実があります。私の同期の方の経験や採用条件に年齢を記載している救命救急センターの存在がある以上、50代で新卒の方の採用は極めて難しいと思います。 もちろん全く可能性がないとは言い切れませんので、一度、救命救急センターの採用条件を調べられたり、病院就職説明会に参加されて情報収集や問い合わせてみては如何でしょうか?

この回答への補足

すみません。文中に誤りがありました。
文中なかほどの「50才の新人看護婦」は「50才の新人看護師」の間違いです。補足訂正してお詫びいたします。

補足日時:2009/05/31 20:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nurse46 様
 「救急救命センター」への就職の困難さについて、具体的な事例を提示してご説明いただきありがとうございます。確かに「熱意やテクニックだけでは通用しない世界がある」ということなのだと思います。 
 私は現在、救命救急を学び続けたいと考えており、「実際にその現場で奮闘したいという思い」が強すぎるのかもしれません。
 これまでもいろいろな方にお話をお伺いしてきました。そして、必ず「年齢がハンディ」となることを知りました。ですから、「看護の世界に身を置くのが先決で、それも一年でも早く医療現場に勤務すること」が最重要事項なのではないかと思い始めています。
 救急や急性期、重症、慢性期、ターミナルケアなどなど、看護の世界は広い!とも思いました。もし、私が4年後(早ければですが)看護師の国家資格を取得したなら、その時に「もしかするとまた違った看護の世界が新たに誕生しているのかもしれない」とも思いました。

 「看護」とはなんなのでしょう?
 私は「看護とは痛みや苦しみで困っている人に手を差し伸べること」なのかな?と漠然と考えています。
 素人の甘い考えなのかもしれません。

 ここに質問を投稿させていただいたのは、「50才の新人看護婦」が医療現場で何ができるか?を知りたかったからです。
 「何も出来ない」、「役に立たない」というご意見をいただくのではないかと不安に思っていました。
 しかし、今のところそういったご意見はありません。

 いま私は、「何はともあれ、看護師の資格をとって医療現場に立つことは無理ではない」と心を新たにしました。

 とはいえ、まだまだ解決しなければならない課題(現在の職場のこと、受験勉強のことなど)が満載です。

 nurse46 様のご意見も参考にさせていただきます。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/31 18:27

NO.3で回答した者です。

ご丁寧なご返答ありがとうございます。
実際のライフセーバーの活動は存じ上げず、大変興味深く拝見しました。
semi1234様のご返答を拝見し、こんな看護師と一緒に働けたらとても刺激を受けますし、一緒に働けるスタッフとして良い影響があるだろうなぁと思いました。
また、先の投稿で、私としての具体的な看護活動分野をあげましたが、分野を限定するのではなく、つまりは自分で限度を決めるのではなく、
チャレンジする精神も大切であると、semi1234様の言葉より学ばせていただきました。
ぜひとも、いろんな分野で活動していただけたらなぁと思います。看護学生や実際の臨床の現場で、ご自分の看護師としての方向性もみえてくるものと思います。
どうか、御身体大切にされて、夢に向かいチャレンジされて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mw797979 様
 過分なご評価、身に余ります。
 たいした人間ではありませんが、やはり評価いただくと嬉しく思います。ありがとうございます。
 
 現実問題として、看護師として働けるのは10年間。定年延長していただいて13~15年間と考えています。
 その後は看護師の資格を生かして非常勤で働くことになるのかな?とも考えています。
 ですから、様々な職場で働くのがいいのか?一つの分野を全うするのがいいのか?はわかりません。

 ですから、私の場合はまず看護学校に入学するところから始めて「看護学校の3年間で、学業以外に医療についてどれだけのものを学べるか?」ということが重要になるのかもしれません。卒業時の進路決定のために。

 とりあえず、看護学校の入試突破を目標にしたいと思います。
 mw797979様のご回答から勇気をいただきました。本当にありがとうございました。

 以下は冗談6割、余談4割ですから、読んでお気を悪くされたら申し訳ありません。
 知り合いの女性臨床心理士に「看護師になりたいんだけど?」と聞いたところ、、、、
 「オフレコだけど、やっぱり女性の職場だから派閥とか妬みとかいじめとか陰湿な部分もあることを覚悟したほうがいい。」と言われました。私は「う~ん、、、そういう事もあるんだろうな~」と何故か妙に納得した記憶があります。
女性心理は難しいですから、そのへんの対応も看護学校で馴染んでおく必要があるのかもしれません。

お礼日時:2009/05/31 19:04

私は、男性はハンデとは思いません。

男性を受け入れたい病院も増えているのは事実です。
質問者さまのおっしゃるように男性で、社会人として働いてきた経験と実績は、必ず役に立つと思います。
ただ、看護師はまだまだ女性が多い職場であり、年代も若い方が多い。急性期や重篤な患者のいる病棟はなおさらです。救急もです。
それだけ、心身ともにハードです。
父と娘ほど離れている年下の先輩看護師に指導を受けて、
素直に受け入れられる自信はあるでしょうか。
私が知る範囲ですが、新人の男性看護師(20代前半でしたが)は、結局は指導を受け入れず、我を通し、わが道を進んでいました。
正しいことでしたらよいのですが、改善点が多々あり、
結局伸びませんでした。
質問者さまは、キャリアもある方ですから、プライドが邪魔をしてしまう可能性もあるのではないかな?と勝手ながら思いました。
受け入れる医療現場という観点では、私の個人的な見解としては、
急性期というよりは、慢性期、老年、ホスピスなど精神面でのケアも重要となってくる病棟で生かされてくるのではないかなと思います。
情報収集をされ、どうか悔いのない選択をされて下さい。
応援しております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mw797979 様
まずはじめに、応援のお言葉ありがとうございます。
「経験と実績が役に立つ」というご意見は大変嬉しく力づけられます。

mw797979様のおっしゃるとおり、看護師の現場は若い女性が圧倒的に多いことは事実ですね。そういった彼女たち先輩看護師の指導を受ける際に、性別や年齢を気にすることなく受け入れることは大事なことだと思っています。「素直に受け入れる自信があるか?」と問われると、正直悩んでしまうのも事実です。年齢を経ると頭が固くなって、頑固になってきたと自分でも思います。

しかし、キャリアに対するプライドは、人命救助を学び始めた時に捨てました。
それは、ライフセーバー講習のときのインストラクターの言葉に衝撃を受けたからです。

「人命救助にあたって一番大事なことは、まず始めに自分自身の安全を確保することです。でなければ、死亡する者が一人ですむところが二人になる可能性があるからです。自信が無ければ救助に向かってはいけません。ですから、自信をつけるために、確実に救助できるスキルを身に付けるために日々のトレーニングが最も重要です。それは判断力の養成も含まれます。今までに、プライドが高く自分自身の力を過信した若い正義感の強いライフセーバーが何人も死にました。」

 この言葉で、私は余計なプライドは持たないことに決めました。
 そして、トレーニングや学習を続けていくうちに、「困っている人に寄り添う看護の道」に進みたいと思うようになりました。
現役のライフセーバーとして18才から20代の学生達と夏休みの休日に海水浴場でパトロールできるのは、あと3年ぐらいで限界だと感じています。ライフセーバー資格は3年毎の更新検定があります。心肺蘇生やファーストエイドのテクニックは年々上達しますが、溺者救助に向かう体力(泳力、走力、持久力、筋力など)は確実に衰えます。救助できなければ、パトロールに入ってはいけません。もちろんパトロールができなくてもライフセービング活動はできます。(車椅子のライフセーバーもいらっしゃいます)
 
 すみません。ながながと書いてしまいました。

mw797979様のおっしゃる、慢性期、老年、ホスピスなど精神面でのケアも重要となってくる病棟での勤務も視野に入れて考えて見ます。
ご意見ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/31 10:40

私も40代になってから看護学校に入学し、正看護師になりました。



男性看護師は以前より増えてきたとは言え、まだまだ多くはありません。
私の学校でも男子学生は全体の1割もいませんでした。
社会人経験者もいますが、ほとんどが10代の女の子です。
そのような中で、失礼ですが「オジサン」が学生生活を送るにはかなりの忍耐が必要であると思います。
勉強は努力次第でどうにでもなると思いますが、周囲との人間関係も無視できない重要なことです。
実際に看護師になってからも、先輩の「小娘」にガミガミ言われる毎日です。
現在高いキャリアをお持ちのようなので、そのような状況に耐えられる覚悟があるのかも老婆心ながら気になります。

また、就職についてですが、
私の看護学校は病院付属であったため、新卒時は苦労なくその病院に就職できました。
その後3年間働いて退職し、現在求職中です。
看護師不足と言われていますが、年齢を理由に応募を断られた病院もいくつかありました。
特に質問者さんが希望されているような救命などは体力勝負の現場ですから、若い人が求められるように思います。
就職は簡単ではないかもしれません。

今のキャリアを捨てて看護の道へ進みたいと思われるからには、強い決意をお持ちなのだと思います。
最後に決断されるのはご自身です。悔いのない結論を出さますように。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Anemone_fish 様
同年代の男性看護師の方からの情報ということで、実際の看護学校生活や就職後の職場での留意点等大変参考になります。
確かに、加齢による体力の低下は現実として受け止めなければなりませんね...
ライフセーバーのトレーニングなどで、現在は何とか20才代の体育会系の学生と同じように動けてはいますが、これから年齢を重ねるにつれて衰えてくるのは必至です。
「10代の女性と学生生活を送り、20~30代の先輩女性看護師の指導を受けて一人前の看護師となる覚悟ができるか。」
このあたりが、「看護師になるために必要な心構えのひとつ」ということになりますね。

就職については、いま私が考えている職域では、かなり難しいかもしれないとのこと。
まず看護師になるのを優先させて、どのような職場で働くか(働けるか)は、学びながら考えるのが良いのかもしれません。
 貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新人・再就職看護師さんのための「薬についての研修会」を頼まれました。

新人・再就職看護師さんのための「薬についての研修会」を頼まれました。

市民病院の薬剤師です。
来月末に当院に勤める新人・再就職看護師さん向けの「薬についての研修会」をお願いされています。
薬全般について教育して欲しいとの依頼なので、麻薬・血液製剤等の取扱いなど基本的なことはお話をする予定ですが、せっかくですので参加者にとって実りある研修会としたいと考えています。
親しい看護師さんからある程度情報は頂くつもりですが、同じような立場の薬剤師さんや新人・再就職看護師さんの立場として、「どのようなことを知りたいのか」「どのようなことが心配なのか」等…ご意見を頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

同じく現職です。

今、一番覚えたいのは、
先発品、後発品を結び付ける方法です。

あのジェネリックというやつは、
見た目が似ているくせに、名前がまるっきり違ったり、
見た目すら似てなかったり。
後発品なだけにつぎからつぎに薬品ができて来ますよね。

覚えた先からコストのために製薬会社が変わって、また名前が変わってしまったり。

一覧表を作ったり工夫はしていますが、まだまだ浸透していません。

厚労省の方針のおかげで、古参の職員はジェネリックに振り回されています。

新卒はジェネリックしか覚えていませんし、
古参の職員は先発品で覚えている状態です。

医師の指示も先発品の薬品名で言われて、
新人看護師が首をひねっていることがあります。

ここで、愚痴っているのもどうかと思いますが、
切実な現場の問題なんです。

Q社会人から看護師になられた方、働きながら准看護師から正看護師になるパタ

社会人から看護師になられた方、働きながら准看護師から正看護師になるパターンと全日制3年課程へ行き正看護師になるべきか悩んでいます教えていただけませんでしょうか。

はじめまして、私は正看護師を目指す家業手伝い26歳女性です。恥ずかしながら実家の仕事の事情もあり学費を入学までに全て工面出来そうになく、今年こそは学校に通いたいと思っています。(家族には了承を得ています。)

まずは学校調べからはじめたのですが、学費の相談もあり県庁の福祉保健部に問い合わせをしてみたのですが、お話を伺うと学費が困難であるというのを前提にした場合
◎准看護師取得後、正看護師(最短5年)
◎県の修学資金貸し付け制度
・貸付金額36000円(月)
その他、卒業後一年以内経過後学費を返還しなくてはならない。
卒業一年以内に免許を取得しなければならない。
特定施設に5年間業務に従事しなければならないとありました。

このほかに、病院が実施している奨学金制度というものがあるようですが、私が探したものですと就労しながら学校へ通うというものでした。全日制に通いながら、就労というものはやはりどちらかに支障をきたしてしまいそうですので、学業に集中するためにも最初に記述した准看護師から正看護婦になるものが良いように思うのですが、現在、現役として働いていらっしゃる正看護婦の方に恐縮ですが、アドバイスをいただければと思いまして質問いたします。

私の調べ不足も多分にあるとお思いますがどうぞ何でもよいので先輩たちのお話を聞かせてください。お願い致します。

社会人から看護師になられた方、働きながら准看護師から正看護師になるパターンと全日制3年課程へ行き正看護師になるべきか悩んでいます教えていただけませんでしょうか。

はじめまして、私は正看護師を目指す家業手伝い26歳女性です。恥ずかしながら実家の仕事の事情もあり学費を入学までに全て工面出来そうになく、今年こそは学校に通いたいと思っています。(家族には了承を得ています。)

まずは学校調べからはじめたのですが、学費の相談もあり県庁の福祉保健部に問い合わせをしてみたのですが、お話を...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
捕捉拝見しました。

そうですね…。
全日制に入学後に「奨学金は受けられません」ってなったら、もうどうしようもありませんね(>_<)
リスクが大きいですね。
う~ん、、、
確実に遠回りでも、宮崎看護専門学校で准看護師を取得後、3年間准看護師として勤務後に再度正看護師免許取得のために受験するのがいいのかもしれませんね。。。
生活そのものが立ち行かなくなってもいけないので。


なんだかお役に立てずで。。。

Q新人看護師のOJTについて

妻が看護師の資格を取り4月から新人看護師として働きはじめました。
最初は先輩の看護師について二人で、病棟をまわっていましたが2週間ほどして一人にされ、初めての処置なども自分でやらなければならないそうなのですが、そんなことあるんですか。
私は機械の整備の仕事を仕事をしていますが、新人には、処置ができることを確認した整備項目以外はさせません。
下手に触られて機械を壊されると困るからです。
医療の現場は、新人育成はどうなっているんでしょうか。
このままだと医療事故が起きそうだ。と、妻も不安になっております。

Aベストアンサー

看護師の仕事柄、指導看護師が 常に日勤でいることは不可能です。
ですので、奥様について回る看護師が変わります。
そうなると、何をしたことがあって、何をしたことがないのか把握できない状況になります。
習得しなくてはならない技術は少なくないので。
経験の有無などの新人チェックリストを使っている病院も多いですが
それでもチェックは、毎日できません。
また、指導者にあたる看護師は、経験年数を積んでいます。
その人が新人だった頃は、教えて貰える指導は なかった時代です。
奥様が、「これはしたことがないので、一緒に行って下さい」「教えて下さい」と
自分から主張していかなくては いけません。
自分の仕事ではなくても、先輩がやっているところを見学しに行ったり
自主的に知識・技術を磨いていかないといけません。

今、奥様に言う事は、医療ミスに繋がりそうな自信のないことは
誰かにサポートしてもらう。
解らない事は、解らないとハッキリ言う。
「ほうれんそう」報告・連絡・相談をしっかりすることです。

Q看護系の短大は卒業すると准看護師なのでしょうか?それとも正看護師なのでしょうか?教えてください

看護系の短大は卒業すると准看護師なのでしょうか?それとも正看護師なのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

同じ看護系短大といっても2年制か3年制かによって違います。2年制なら准看護師です。3年制は看護師です。
ちなみに 2年制短大は准看護師の人が看護師になるために再入学するケースが中心ですが 学校自体が少ないです。

Q50才の新人男性看護師

はじめまして、私は国土交通省の出先機関で働く国家公務員、47才の男性です。正看護師の資格取得と転職を考えています。

 4年前に急性膵炎で一ヶ月間の絶飲食を経験したことがあるのですが、その時にお世話になった色々な医師や看護師の方々の患者に対する接し方を見て、「人を助ける事」ってなんだろう?と悩み始めました。もともと水泳やマラソンが趣味だった事もあって、「人命救助」を目的とするライフセーバーの資格をとりました。(日本赤十字の水上安全法2や日本ライフセービング協会の資格です)
 仕事をしながら身体を鍛え、実際に大学生や社会人の仲間とボランティアや海水浴場のパトロールをしながら、命や救助について考えていました。そして、救急救命やレスキューの技術、心肺蘇生法やファーストエイドを学ぶにつれて、「プロフェッショナルとして医療に携わりたい」と考えるようになりました。

 正看護師の資格を取得し、医療従事者として残りの人生を送りたいと考えています。また、看護師という職種はその気であれば生涯現役を貫けるのではないかとも思っています。
「現実的に、47才の男性の私が看護師になれるのだろうか?」と思い、知り合いの看護師さんから情報収集させてもらったり、ネットで色々な情報を見ました。看護学校の予備校にも行って色々お話を伺いました。
知り合いの看護師さんからは、
「あなたは人あたりが良いし看護にむいてると思う、50代の看護学生もいますよ。」と言っていただきました。
看護予備校では、
「看護学校の入学試験に合格し看護師を目指すのは難しいと思います。男性というハンディもありますし年齢的にギリギリですね。看護学校側もその辺を考慮します。学力も当然ですが、面接や小論文で合否が決まる事も多いです。そうなると、性別や年齢的に不利である事は当然です。でもまるっきり可能性がないわけではありません。当校では准看なら50才台の男性が合格したことがあります。」と言っていただきました。
いまから予備校に通い受験勉強を開始して、来年看護学校か大学の看護科に入学して国家試験に合格できれば、50~51才で看護師デビューとなります。

 自分自身では「看護師は人生後半を賭ける価値のある仕事ではないか」と思っています。もちろん、「医療の現場は肉体的にも精神的にも大変な職場なのだ」ということも理解しています。

 救急や急性・重症の現場で働きたいと思っています。「中年期から老年期に差し掛かる男性だからこそできる看護」というのもあるのではないか?とも考えています。しかし、「自分の思いだけで仕事はできない」のも事実ですし、「チーム医療が重要」と聞きました。実際に医療の現場で働いていらっしゃる看護師の方々からのご意見をお聞かせくだされば幸いです。

現実として「50才の新人男性看護師を受け入れる医療現場」とはどのようなものがあるのでしょうか?

看護師として医療に従事できる可能性があるとすれば、来年の看護学校入学が最後のチャンスかもしれません。

はじめまして、私は国土交通省の出先機関で働く国家公務員、47才の男性です。正看護師の資格取得と転職を考えています。

 4年前に急性膵炎で一ヶ月間の絶飲食を経験したことがあるのですが、その時にお世話になった色々な医師や看護師の方々の患者に対する接し方を見て、「人を助ける事」ってなんだろう?と悩み始めました。もともと水泳やマラソンが趣味だった事もあって、「人命救助」を目的とするライフセーバーの資格をとりました。(日本赤十字の水上安全法2や日本ライフセービング協会の資格です)
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。看護師として働いているものです。
看護の道へ進みたいという熱い意思に感銘を受けました。

率直な意見としては50歳代の看護師となると就職が難しいのではと思います。
semi1234さんは強い意志を持っておられるようですので私立系の学校でしたら入学できると思いますし(公立は学費負担の面で難しいと思います)、国家試験も学校の試験をそつなくこなせていれば難しいものではありません。

実際問題となるのは就職だと思います。看護師といっても職域が広いですのでsemi1234がどのような分野に興味があるのかはわかりませんが、どの分野に進んでも、全くの新人です。看護師として一人前になるにはそこからさらに5年はかかりますし、60歳が定年と考えると病院側が渋るんじゃないかなと思います。

そういった現実的な難しさを知って進むのならOKだと思います。最終的に決めるのは自分自身ですし誰も止める権利はありません。看護師は面白い仕事ですよ。

Q施設で働く正看護師です。准看護師の先輩からの指示は?

施設で働く正看護師です。臨床でのキャリアは30年です。病棟、外来、救急、などを経験しています。最近、夜勤がしんどく施設に転職しました。私より年下の准看護師が1人で勤務していたところに、就職したわけです。
2人のうち、どちらかが上司となる話となった場合、准看護師が正看護師の上司となり、指示監督するのは、保健師助産師看護師法では、可能なのでしょうか。
病院ではあり得ない話ですが、施設ではよくある話なのでしょうか。

Aベストアンサー

興味深い疑問ですね。
法律上はジュンカンのひとがあなたに指示を出すわけにはいかないですよね。
だとしたら、あなたの上司にはなり得ないですね。

でも実際上はそのジュンカンの方がその施設でのことは遙かに理解しているわけですよね。
だったらあなたを指導するしかないことになりますね。

>施設ではよくある話なのでしょうか。
よくあるかどうかは知りませんが、あっても不思議ない話ですね。

ジュンカンの方って三つに分かれると思うんです。
1、ペーパーテストが苦手などの理由で准看護師だけど頭の回転や、人の行動はよく先読みできる。
2、いろいろあってジュンカンの資格は取ったけど、地頭がよくないのであんまり動けない。そういう人によくあるのはじぶんを有利な立場におきたいので、新人(正看を含む)をいじめる。
3、普通の人

言いたいことは、その准看護師さんがあなたに意地悪するのでなければ資格や法律のことは気にせずに、職場の先輩であるその人をたてて、仕事がうまく回るようにすればいいんじゃないかと言うことです。
それが大人というものです。

PS
あなたが常識人だったら多くの場合、数年経過すればあなたの方が優位に立てるようになります。

興味深い疑問ですね。
法律上はジュンカンのひとがあなたに指示を出すわけにはいかないですよね。
だとしたら、あなたの上司にはなり得ないですね。

でも実際上はそのジュンカンの方がその施設でのことは遙かに理解しているわけですよね。
だったらあなたを指導するしかないことになりますね。

>施設ではよくある話なのでしょうか。
よくあるかどうかは知りませんが、あっても不思議ない話ですね。

ジュンカンの方って三つに分かれると思うんです。
1、ペーパーテストが苦手などの理由で准看護師だけど頭の回...続きを読む

Q看護師の新人バッチ

看護師さんが新人さんが新人バッチをつけているのは何でだと思いますか?
私は新人バッチを見ても、あぁ1年目の人なんだなと思うくらいであまり必要とは思いません。
でもつけているには意味があると思うので、患者さんにとって新人であると分かるのはどんなメリットがあると思いますか?

Aベストアンサー

新人バッチをつけていない病院の方が多いです。
また、バッチをつける意味はその病院によって違うと思います。
その多くは、初心者なんだからある程度の失敗は許してね、という免罪符のような感じではないでしょうか。
新人だから未熟なんであって、うちの看護師全員がこういうレベルじゃないんだよ、ってところでしょうか。

Q看護師を目指してるものです 一般の人が考える理想の看護師ってどんな人ですか?また看護師が考える看護師

看護師を目指してるものです
一般の人が考える理想の看護師ってどんな人ですか?また看護師が考える看護師って結局は人それぞれだったりしますけどどんな人が理想なんでしょうか?

Aベストアンサー

緊急事態で「パニックにならない人」しかし「パニックになっている人に共感できる人」でしょうか。

以前、入院中に「感染症の疑い」があり「個室に入る」ことになりました。
数日すると、あまりの「閉塞感」に少し参ってしまったところ、夜間の看護師さんがわざわざ「雑談」をしに来てくれました。大変うれしかったです。

こう言った「何げない配慮」ができる方は、素晴らしいですね。

Q新人看護師です。死のうか、悩んでいます。

はじめまして。新人看護師です。4月から看護師として働きはじめました。元々看護師になりたかった訳ではなく、適当に大学に入りました。入ってすぐ、看護師は向いていないんだ、と思ってしまいましたが、辞める勇気もなく、ズルズルと大学を続け、卒業しました。就職して、私はこの業界が嫌いで、看護師の仕事はやっばりやりたくないと思い、体調も崩し、1ヶ月で退職しました。両親も相当なショックを受けていました。恥かしい、とも言われました。わたしも、向いてないと思いながらもなんで、就職してしまったんだ、と自分を情けなく思いました。その後、いろいろ悩みましたが、職歴の短さ、仕事をたった1ヶ月で投げ出してしまった自分を変えたくて、もう一度看護師として就職しました。両親は喜んでいました。私もやり直したいという気持ちでいっぱいでした。しかし、実際働くと、また体調も崩しました。食べれない、寝れない、涙がでる、という状態になりました。頑張って2ヶ月勤めましたが、病院にまたいけなくなり、師長さんにも心配をかけている状態です。

私は、みんなが当たり前にできている仕事ができない、親にも迷惑をかけ、恥をかかせ、周りにも呆れられ、辛くなり、生きている意味がわからなくなりました。
死ぬことが、親孝行だとわかっていますが、どうしても、死ぬことが怖くなってしまいます。自分の人生をメチャクチャにしてしまった、でももう一回笑って生きてみたいという気持ちもあります。でも、笑ってなんて生きれないし、もう手遅れだと思う気持ちもあり、だったら死んでしまった方がいいとも思います。周りがキラキラしているのに、自分だけ生き恥をさらすような人生を送るのは嫌で、死にたいです。でも怖い、生きていたいという風に考えがグチャグチャです。

両親は、最初は病院を続けろと言いましたが、わたしが体調を崩しているのを見て、辞めて、休んで、ゆっくり次の道を探そうと言ってくれました。こんないい人に迷惑をかけてる私は死んだ方がいいです。仕事にもいけない、大学でておいて、お金かけさせておいて…。親戚にも白い目で見られるの、と思っていることでしょう。両親に気を使わせてあたしは最低です。

わたしは死んだ方がいいですが、勇気が出ないんです。生きる価値がないって分かっています。わたしはどうしたらいいですか、勇気を出させてください

はじめまして。新人看護師です。4月から看護師として働きはじめました。元々看護師になりたかった訳ではなく、適当に大学に入りました。入ってすぐ、看護師は向いていないんだ、と思ってしまいましたが、辞める勇気もなく、ズルズルと大学を続け、卒業しました。就職して、私はこの業界が嫌いで、看護師の仕事はやっばりやりたくないと思い、体調も崩し、1ヶ月で退職しました。両親も相当なショックを受けていました。恥かしい、とも言われました。わたしも、向いてないと思いながらもなんで、就職してしまったん...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、30代半ばの女性です。他人事と思えず。

私なんか私立の大学行かせてもらって、その間は親のお金で一人暮らししましたけど、
新卒で入った会社は6か月でやめました。いくつか転職して、今全然違う仕事してます。
私も死んだほうが良いということになりますね・・・、はは。
今だに親に「あのときは支払いきつきつやったで」って言われますけど
肩もみながら「すいませんデュフフ」って返してます。

さらに、うちの姉は大学出て会社勤めしてたんですけど、
先輩のいじめに耐えかねてやめて、短大入りなおして栄養士になりました。
食べる事好きだから楽しそうですよ。

人生スムーズに行く人なんていませんって。

向いてないって早くわかっただけでも良かったんですよ。
試さなかったら、「あー看護士になれば良かった」って
いつまでもうじうじ思ってるかもしれない。もう、スパッとやめられますね。
「違う」って思ったらやり直したらいいんですよ。

まずは体をゆっくり休めてくださいね。
少し元気になったら、散歩にでも行きましょう。
こもってると良くない。

若い人はおおいに悩んでいいんです。迷惑かけていいんです。
質問者さんがもう少し年をとったら、そのときは若い人の悩みを聞いてあげてください。
そのときに、きっと今の気持ちは役にたちます。

あとね、大学とは全然違う仕事してても、学んだことは結構役立ちます。

質問者さんが死ぬことは親孝行じゃありません。
凶悪なことしでかしたわけでもないのに。

親戚がウザいのは、雨が降るのと同じ、ごく自然なことです。
彼らは挨拶代わりに詮索してくるだけで、本当にこちらに興味があるわけじゃないですよ。
傘でもさしてやりすごすことです。

周りのためじゃなくて、これからは、自分がどうしたいかでいきましょう。
キャラ変えです。わかりました?キャラ変えですよ!
カレーでも食べて元気出して。

こんにちは、30代半ばの女性です。他人事と思えず。

私なんか私立の大学行かせてもらって、その間は親のお金で一人暮らししましたけど、
新卒で入った会社は6か月でやめました。いくつか転職して、今全然違う仕事してます。
私も死んだほうが良いということになりますね・・・、はは。
今だに親に「あのときは支払いきつきつやったで」って言われますけど
肩もみながら「すいませんデュフフ」って返してます。

さらに、うちの姉は大学出て会社勤めしてたんですけど、
先輩のいじめに耐えかねてやめて、短大入り...続きを読む

Q准看護師か正看護師か?

30代、文系の短大卒です。

過去のログでも調べたのですが、看護師という仕事をめざすには、准看護師からか、正看護師からかどちらを選択するのかという相談をよく見かけました。

そこで気になるのが

1.准看護師から正看護師になるのと(2+2=4年通う)
最初から正看護師でレギュラーコース(3年通う)
と比べると給与の面でも待遇が違うのでしょうか。

2.准看護師養成学校や、准看護師資格後、進学コースというのは(准看資格者が正看をめざす学校)減っているのでしょうか。

3.准看護師から始めて無駄足になったという経験はありますか。

4.准看護師学校と正看護師の学校の入学試験の難易度の差を知りたい。

この年齢から考えて勉強についていくには限度があるかもしれませんが、私の学力のことは置いておいて、質問いたしました。

Aベストアンサー

はじめまして。私は、高校卒業後に3年制の看護学校を卒業し、正看護婦の免許を取得しました。

私は、正看護婦を取得後に付属の大学病院にて10年程勤務しました。
その中での経験からお話させていただきますね。

私の看護学校は元々準看護婦の学校も併設されていたのですが、現在は医療の充実・看護婦レベルの向上という面で、準看護婦制度は廃止の方向にあると聞かされました。
このため、私が学校に入学した際には準看護婦の学校は無くなり、正看護婦の学校のみになりました。
就職の際も、準看護婦はできる限り受け入れない方針の大学病院でしたので、私が配属された時には準看護婦の方は病院内に2人のみとのことでした。
その方達も、正看護婦の資格を取る為に2年程で退職されていきました。
実際に働く上では、年数を重ねていけばそれなりに知識・技術はそれ程差はありません。
しかし、私の経験上ですが、大学病院という常に勉強を求められる場に限っての事だと思います。

大学病院を退職後、老人保健施設や開業医で働きましたが、そこでは殆どが準看護婦ばかりでした。
そこで感じた事は、やはり知識が薄いのとレベルの違いをとっても感じました。
もちろん、何の差も無い素晴らしい準看護婦の方も沢山いらっしゃると思います。でも、レベルは低いのにそれを分かっておらず、「私は出来る看護婦よ~」みたいな準看護婦ばかりに出会いました。
首都圏よりも、地方の方がその傾向は強く感じました。
あと、失礼な事は承知でお話しますが、準看護婦の方達はヤンキー上がりとか、バツ一の人がすっごく多くて、ガラがメチャクチャ悪い感じでした・・。言葉使いも悪いし、若い子だとルーズソックスに白衣・・だったり、ケバくてお水みたいな子も沢山いました。言葉が悪くてすみません。。

お給料ですが、病院にもよりますが2~3万円程度の違いだと思います。
以前病院の当直バイトをした事がありましたが、正看護婦の私は一回3万円でした。准看護婦の方は一回1万5千円でしたよ。

のんびりと開業医で働くのであれば、準看護婦でも構わないのでは?と思いますが、いずれは正看護婦を・・との事でしたら、始めから正看の学校をオススメしますよ。
でも、準看の学校の方が簡単に入れる(試験が超簡単!)ので、ブランクがある人には向いているかもしれません。
ちなみに私の受験では、数学・理科・英語(英作文あり)でした。一応、医学系の塾に通っていましたよ。

待遇は上記の様な金銭的な事の他には、雇う側も多少選ぶと思います。賃金を準看護婦で安く済ませたい病院であれば、無理なく雇ってくれるでしょう。
でも、看護婦のレベルや質を考える病院であれば、正看護婦を雇うと思います。私の実家と叔父の家が開業医ですが、やはり准看護婦は雇用していません。

長々となりましたが、こんな感じで伝わりましたでしょうか??

はじめまして。私は、高校卒業後に3年制の看護学校を卒業し、正看護婦の免許を取得しました。

私は、正看護婦を取得後に付属の大学病院にて10年程勤務しました。
その中での経験からお話させていただきますね。

私の看護学校は元々準看護婦の学校も併設されていたのですが、現在は医療の充実・看護婦レベルの向上という面で、準看護婦制度は廃止の方向にあると聞かされました。
このため、私が学校に入学した際には準看護婦の学校は無くなり、正看護婦の学校のみになりました。
就職の際も、準看護婦...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報